第92話 夢

主人公はエリート医師。
モノクロームの夢の中では
殺人を犯して裁判を受けている犯罪者だった。
あまりにリアルな夢に悩まされた主人公は
同僚の精神科医に相談する。
「夢のリアリティを壊してしまえば?」
というアドバイスに従い、
夢の中の裁判で裁判官に暴言を吐き、
傍若無人な態度を取り続ける。
「どうせ夢なら何でもしてしまえ……」

突如、それまでモノクロームだった「夢」がカラーに変わる。
主人公は法廷の被告席にいた。
「エリート医師である自分」こそが夢だと気付く主人公。
それまで「夢」の中で取った言動を思い返し
心証がどれだけ悪くなっているかと絶望する
主人公の耳に裁判官の声が届く。
「判決を言い渡す!」

キャスト: 世良公則/郷田ほづみ
放送日: 1991.6.6
原作・脚本: 鈴木たか子
 

コメント投稿

名前:

コメント:

コメント一覧 (10件)

ミュージシャンの世良さんと声優の郷田さんの
コラボはいい感じが出てますよね。両者とも
いい演技に仕上がってますよ。
投稿者:名無し 2015-08-30 21:59:34
世良公則さんは有罪になったんですか?
投稿者:名無し 2014-09-14 21:25:15
精神病患者の犯罪に対する皮肉かな?
あらすじ読んで途中までは実際に犯罪を犯した統合失調症の患者が実際と自分が医者という妄想の区別が付かないという感じで、もしそうなら判決は常人とは大きく違うもの(責任能力の有無により)になる現状に対する抗議のような気がします。
映像見てないですが、面白かったです。
投稿者:よりぬきなんとかさん 2014-04-27 19:59:58
郷田さんが出てるとは!!!
投稿者:名無し 2014-04-25 20:25:43
微妙でしたかねー↓
投稿者:福袋 2012-05-10 08:42:52
インセプションみたい。

同僚の人が言ってた、ベッドから落ちる瞬間、夢の中では一つのストーリーになってる、とか本当にあるんだ。
投稿者:萌 2010-12-08 08:03:16
皆さん厳しいコメントですが、私はこれ好きです。夢でも現実でも「赤」を印象づけるパーツを多用してたりして、結構凝った演出してるなあと関心しました。
投稿者:昔の世奇ファン 2010-09-11 00:46:04
あらすじに補足。



冒頭、モノクロームの夢の中で逃亡途中、手の平に怪我した主人公。

次の瞬間夢から覚めるが、夢の中で負った傷から血が滲んでいるのに驚く・・・

タイトル「夢」



現実(と思っていた)病院内でも、「殺人事件の加害者になっている夢」のリアルな記憶に振り回されて、仕事が手に付かなくなって同僚の精神科医に相談していたと思います。同僚は「リアリティーを壊してしまえば」というアドバイスと(これに従って、夢の中では傍若無人になる)、最終的には「夢を見ない様に」と睡眠薬を渡し、主人公はそれに従って最後睡眠薬を飲む・・・



オチはその睡眠薬を飲んで見た夢の中の裁判で主人公が高笑いし、「これは夢の中なんだよっ!!」と叫んだ直後、手の傷から流れている血が赤くなり、周辺がカラーになって・・・

「・・・夢じゃ・・・ないのか・・・」

今まで夢と思い込んでいたのが現実だと気付いた瞬間、

「判決を言い渡す!」



夢の中(と思っていた現実)では確か無数の時計が不気味に時を刻んでいました。

エンドロールでも、「ガラスの靴」と共にこの時計群が写ってました。



個人的には「8分間」にも似ているような気がします。


投稿者:Feather moon 2008-07-12 22:58:58
意味分からないですハイ。
投稿者:夕刊 2007-11-26 09:43:38
完全にオチが途中で読めたな
投稿者: 2007-01-24 00:39:48
あらすじ検索

キーワードを入力し、「検索する」をクリックしてください。複数のキーワードがある場合は、半角スペースで区切ってください。

クレジットカード比較の専門家
脱毛人気口コミランキング
青汁通販
車買取
車査定相場表
レーシック口コミ
FXとは
白髪染めランキング
フレッツ
楽天カード