第82話 目撃者

夜の電話ボックスで電話をかけていた布川は
殺人現場を目撃してしまう。
慌てて受話器を置いて逃げようとするが、
テレホンカードが戻る時の音で犯人に気づかれる。
追われて逃げる青年は財布を落とす。財布を拾い、
中に入っていた名刺を見つめる犯人。

布川は長距離バスに乗り込み最後尾に座るが、
財布を落とした事に気付く。
発車間際、バスに乗り込んでくる犯人。
発車後、前の席から乗客一人ずつに名前を尋ねる犯人。
目撃者の名字を名刺で知り、口封じしようというのだ。
後部までやってくる犯人。

腹をくくる布川だったが、自分の近くの席の人が
自分と同じ布川で犯人に殺されてしまう。
なんにせよ助かったと息をついた主人公に
偶然同乗していた知り合いが気付く。「おい、布川!!」
主人公を睨みつける犯人。
その時、運転手がハンドル操作を誤る。

事故現場。
次々と乗客が担架で運び出され犯人が乗っている。
にやりと笑う顔のアップで終わる。

キャスト: 布川敏和/六平直政
放送日: 1991.5.9
原作・脚本: 浜田金広
 

コメント投稿

名前:

コメント:

コメント一覧 (20件)

これかなり昔に最後の方だけ見て、
どんな話かわからないのにめっちゃ怖くて未だに覚えてる。こういう話だったのか

最後は、
主人公がターゲットだと気付いた犯人が、主人公に親しげ?に話しかけながら隣の席に座る(2人席)
犯人が何やら話しながら自分のカバンを開ける。そこには剥き出しの包丁が。
主人公はパニックになり、犯人を押しのけて座席を飛び出す。包丁を振りかざして追う犯人。(バスは走行中)
包丁を構えながらバスの通路を走ってくる2人をバックミラーで見た運転手が、驚いてハンドル操作を誤る→転落

って流れだったと思う。ほんと怖かった
投稿者:名無し 2016-04-22 01:24:53
これもう一度見たいですね。DVDか動画でもあればいいんですが。
投稿者:名無し 2016-04-16 22:24:08
CSの録画したやつだけどついさっき見ました。ラストの六平さんの顔が夢に出てきそうだ。。。それではおやすみなさいm(__)m
投稿者:白ぶちメガネ 2016-04-03 23:14:49
↓100%soかもね
投稿者:名無し 2015-11-18 14:44:39
確か警官に声かけるタイミング逃してたよね
投稿者:名無し 2015-11-08 13:51:06
最後のシーンで六平さんがピースしてるしてないでもめたことあった。。してないっての(^^;
投稿者:名無し 2015-10-25 16:15:41
あらすじ間違ってませんか?布川ではなく佐藤ですよ?
投稿者:名無し 2015-07-02 02:19:48
昔の知り合いの「佐藤?!佐藤じゃないか~!」ってデカイ声で声掛ける奴にマジでムカついたw
あいつさえいなければ助かったのに
投稿者:名無し 2015-06-13 08:36:29
目撃者は疑い深いですね。布川敏和さんは何も悪くありません。
投稿者:名無し 2015-04-28 21:16:09
結構恐かった
投稿者:ファイヤー 2010-04-21 18:37:19
違う、下のコメントは、稲葉ザルが書いたんですよ
投稿者:稲葉ザル 2010-02-08 17:44:52
この話は昔見たけどけっこうこわかったな、六平はバスの中で佐藤という人物を探してて人違いされたオッサンが殺されて布川はほっとしたんだけど、六平がバスを降りようとしたときに布川の友人が「おう、佐藤じゃないか」とでかい声でぬかしてしまって、それが六平に聞こえてしまったんだよねそれさえなければ布川は助かったんだけど、最後に六平が担架から画面に顔を向けてニヤっとして終わるところがかなり怖かった
投稿者:みんなどうしてた 2010-02-05 18:05:37
最後は本当にゾクっとした。

犯人は死んでないから、またフックンを殺すために追いかけるのかな><
投稿者:ごま 2008-10-08 21:36:04
ふっくんの怯える姿と当時は無名の六平直政のバス車内での獲物を狙ってる様な鋭い目が緊張感を醸し出していて良かった。現在は名脇役としての地位を確立させた六平さんの今後の活躍を期待してます。
投稿者:りもた 2008-09-25 22:11:18
いまでは六平もよく見るが当時は怖かった。

彼の怖さは顔じゃなくて声だね
投稿者:ロベルト 2008-05-12 21:47:22
最後の部分で補足を…



事故後、軽傷だった主人公は意識を取り戻し、

倒れている犯人を見つける。犯人は頭から血を流し、

ぐったりとして動かない。



死んだと思い安心する主人公だったが、

その時かすかに犯人の手が動く。





場面は変わって、事故に遭った乗客達が次々担架に乗せられていく。

それとともに背後ではニュースの音声が流れている。



「・・・これまでに佐藤〜さん(主人公の名前)一人の死亡が確認されています・・・」



そのニュース音声が流れ続ける中、担架で運ばれていく犯人。

アップになり、にやりと笑顔を浮かべる。





こんな流れだったと思います。ずいぶん昔なので

ニュースのセリフや、主人公の下の名前は忘れてしまいましたが、

最後の犯人の笑顔にゾッとしました。面白かったです。
投稿者:seiya 2007-08-19 14:37:54
ラストはどういう意味?
投稿者:怪奇大作戦 2007-08-18 15:43:45
最後の顔怖かった…

あとあらすじが違う

主人公の苗字は佐藤

あと落としたのは財布じゃなくて、なんか名前のかいてある紙 領収書?ではないか
投稿者:堺 2007-08-08 21:54:21
プロローグ



タモリが街を歩いている。

「私たちは、毎日の生活の中で、いろんな物を目にします。」

タモリが横を向くと、ベンチに一組の男女。傍らにもう一人男が立っている。

女はベンチに座っている男が靴紐を直している隙にもう一人の男とキスをする…。

「…少しばかり珍しくても、どうせすぐに忘れてしまう物ばかり。貴方の日常には、何の関係もありません。

しかし。ある日たまたま、他の誰もが見てないのに、貴方だけが、見てはならない物を見てしまうかもしれません」

タモリがどこかを見る→本編スタート
投稿者:TUTUIST 2007-08-02 21:12:29
確かトンネルに入ったかなんかで暗くなった所で“人違いされたおじさん”が殺されるシーン、トラウマになりました。
投稿者:カル 2007-02-22 17:25:44
あらすじ検索

キーワードを入力し、「検索する」をクリックしてください。複数のキーワードがある場合は、半角スペースで区切ってください。

クレジットカード比較の専門家
脱毛人気口コミランキング
青汁通販
車買取
車査定相場表
レーシック口コミ
FXとは
白髪染めランキング
フレッツ
楽天カード