第69話 8時50分

うだつの上がらない商社マンの夫に嫌気がさしている主婦。
ある日、道端で占い師の老婆にアドバイスを受ける。
それに従った所、思わぬ幸運に預かる主婦。
再び老婆を訪れ、きちんと見てもらうことにする。

「……誕生日の夜、8時50分に海外に行くことが決まれば、
 生涯幸運に恵まれるだろう。
 だが、それを逃すと不幸に見舞われる。」

アドバイスを自分なりに解釈し、
夫の殺害と海外への高飛びの計画を練る主婦。
手筈を整え、運命の日が来るのを待つ。

誕生日当日、なぜか夫に連れ出される主婦。
手筈が狂ったものの夫を殺害する。
家に死体を隠そうと急いで戻る途中、
さまざまなトラブルに見舞われる。
何とか8時50分ぎりぎりに家に到着し、
死体を引きずって戸口を開ける。

そこには、パーティの支度を整えた
夫の同僚達が待ち構えていた。
部屋には「海外赴任おめでとう」の横断幕。
妻を驚かせようとした夫が
サプライズパーティを企画していた。
老婆の予言はこの事をさしていたのだ。

自ら取り返しのつかない事態を招いた主婦。
時計は、8時50分をとっくに過ぎていた。

[おまけ]
キー局並びに同じ時間帯(木曜夜8時〜8時55分)で
放映した所では、主婦がドアを開ける瞬間が
ちょうど8時50分になるよう作られていました。

キャスト: 桜田淳子/岸田今日子
放送日: 1991.3.14
原作・脚本: 小野沢美暁
 

コメント投稿

名前:

コメント:

コメント一覧 (25件)

占いを信じた可愛い女性のお話。
占いを信じた女に殺された男のお話。

どう受け取るかは、あなたの自由。
投稿者:ヨニモン 2016-06-26 13:39:30
エピローグ。花屋の前に立つタモリ。

タモリ「たった今、今宵8時50分、一人の男が死出の旅に立ち、そして、一人の女が念願の新しい人生のスタートを切りました。どんな人生になるかは、神のみぞ知るといったところでしょうか。まぁしかし、それにしても女というのは、誕生日、結婚記念日、果ては二人が最初に会った日、時間、天候まで、実に細々としたことをよく覚えているものですねぇ。」

店の奥から女性店員が出てきて、タモリに誕生カードの付いた花束を手渡す。

タモリ「いや、ちょっと知り合いの女性の誕生日でしてね。君達もこういうことはちゃんとやっておかないとねぇ。女は覚えてますよ。」

エンドロールが流れる中、突然ゾンビが現れる。ゾンビは花屋の軒先に置いてあった花を毟り取り、ゆっくりとその場から立ち去っていく・・・・・・。
投稿者:名無し 2015-09-15 03:52:33
高校生の時この話が入った世にもの本を読んだ事が有るが、本では夫を殺すのが8時50分じゃないと一生幸運を逃すというストーリーで、海外へ旅立つのは、それ以降なら別にいつでもいいといった話だったが、それにしたって殺人を犯せばサツに捕まって一生ムショ暮らしになるだろと思います。
まして実際テレビでやってたであろうこのページに書いてあるあらすじを読むと夫を殺せと命じられたわけではなさそうで、海外へ行くのが8時50分ならいいようだから夫を殺さなくてもいいのにと思いましたが、海外行きの妨げになるならやっぱ殺すしかないよね。

投稿者:小春 2015-09-07 12:01:28
ラストの切なさが良かった
投稿者:ひろにい 2015-09-03 16:39:48
死体をひきずったまま誕生日&昇進祝いをお祝いされるという
ミスマッチなラストカットは凄く印象的
放送時間も8時50分っていう粋な演出も素晴らしい
投稿者:名無し 2014-11-17 21:45:02
ぼくは2000年生まれなんですけどこの話を動画で見て衝撃でした。
投稿者:名無し 2014-04-22 21:28:08
でんでんさんのおならの音が好きです(笑)

なんか切ない感じのラストでしたよねー

チーズフォンデュが食べたくなりました(笑)
投稿者:福袋 2012-04-17 10:31:22
夫は妻の事を想っていたと思うとせつないですね


投稿者: 2010-11-12 14:30:02
この話フレデリック・ブラウンにまったく同じと言っていいものがあります。見た当時、原作に名前があるかなと思っていたけどありませんでした。
投稿者:こず 2010-04-12 00:58:26
タクシーを降り、時間に焦る桜田さんにつられて、なかなかハラハラする話でした。

殺人計画が失敗するだろうと思っていたが、ラストは意外な結果だった。

まさかあの夫が昇進するとは…
投稿者:Burdock 2010-02-02 05:07:07
冒頭で本当に桜田さんの小さい頃〜高校時代の写真が使われてて

ちょっとおかしかった
投稿者:0 2009-12-27 18:59:42
先ほど改めて動画を見てきて、人の記憶っていかに曖昧なものかを実感しました。

先ほど書いた↓のコメントも結構間違っていたのでウザいながらも訂正と補足を。



冒頭は真っ黒な背景→産声と同時に白い光が広がり、横へ流れて消える。その下に「8時50分」の文字。



成長して有名女子校を卒業したまでは良かったけど、会社の冴えない同僚と結婚して家庭に収まったのが失敗だった…と主人公のモノローグ。「こんなはずじゃなかった」と思った主人公はタロットや手相の占いにのめり込む様になり、ある水晶玉占い師の元を訪ねて占ってもらう。占い師は主人公のあまりにも悲惨な未来を憂い、運勢を変えるアドバイスをする。「30歳の誕生日の8時50分に不幸を打ち捨て、新しいスタートを切りさえすればあなたは生まれ変わる事が出来る」

少女マンガを買い、預金を下ろし、旅行代理店に行ってニューヨーク行きの旅行券を買う主人公。最後に赤い金槌を購入。

その上で「誕生日の日にレストランで食事に行きましょう」と夫を誘う。しかし夫は了解はしたものの会社の同僚と何やら電話で打ち合わせをしていた。主人公には隠しておきたい事らしい。(ここが伏線だったんですね)



「夫と6時に待ち合わせし、酒に弱い夫にワインたっぷりのチーズフォンデュを食べさせて酔わせる。7時半頃レストランを出てタクシーで40分くらいで帰宅。少女マンガが好きな夫が夢中になっている間に、8時50分になったのを見計らって金槌で撲殺して高飛びすれば、薔薇色の生活が…」と計画する主人公。

しかし当日、何故か夫は待ち合わせに遅れてやって来る。一緒にレストランへ行き、焦っていた主人公は夫が注文する前にチーズフォンデュを注文して夫の目を盗んでワインを入れるが、ばれてしまい、結局別の料理を注文しなおす夫。何とか早く帰りたかった主人公は腹痛を訴えて強引にレストランを後にする。しかし夫はそんな主人公を気遣って途中薬局で薬を買いに降りてしまう。ようやく門の前に着き、夫がお金を落としながら清算している間、主人公が腕時計を見ると8時45分の所で止まっていた。

鞄の中に隠しておいた目覚まし時計を見ると、もう8時48分位に!焦った主人公は釣りはいらないとタクシーに言い、手荷物をぶちまけてしまう。ふと、目覚まし時計を置いたそばにあるレンガに目を付け、散らばった物を拾っている夫の上からレンガを構える。レンガを投げて夫を殺したのは、目覚ましが鳴り始めた直後だった。



後は、あらすじと同じですね。

エンディングでタモリさんは、どうやら知り合いの女性の誕生日のために花束を買っていた様子。「女性は何かと記念日にうるさいですから、ちゃんとやっておかないと」
投稿者:Feather moon 2009-06-28 16:46:11
リアルタイムで見ていた数少ない話の一つです。

いろいろと補足。

冒頭で真っ白?な画面の中、音声のみの出産シーン(赤ん坊の泣き声と「おめでとうございます!8時50分、元気な女の子です」(うろ覚え)と看護士の声)。その後どろっとした物が流れてタイトル「8時50分」。

その女の子の成長写真(桜田淳子さん御本人の写真)の後、現在結婚して夫にうんざりしている場面へ。



占い師の助言後、主人公は「食事を終えて帰宅後、8時50分に引き出しに隠しておいた赤い金槌で夫を殴り殺して高飛び」と計画していました。が、何故か夫はその日に限って食事の時間を長引かせようとし、仕方なく主人公は腹痛を装って早く帰宅しようとする(この時、やけに夫が優しい)。タクシーに乗ったが、今度は渋滞に巻き込まれてしまう。(おまけに夫は、途中の店で赤い薔薇の花束を買おうとしていたが、主人公に止められたというシーンがあった様な気がします)自宅に着いた時、時間はもうギリギリで金槌を取りに入る時間はない。そこで庭の赤いレンガで隙を見て背後から夫を殴り殺す。同時に8時50分にセットしておいた目覚ましが鳴る(赤い物で殴ったのは占い師の助言の中に赤がラッキーカラーとあったから?このあたりうろ覚えです)。夫の遺体を引きずって家に入ると、そこには夫の同僚達が。「海外赴任おめでとうございます!」このパーティーの準備のため、夫は食事を長引かせていたのだった。



エンディングで、花屋の前のタモリさん。「女性は細かい時間を気にし過ぎる傾向があるみたいです」(うろ覚え)
投稿者:Feather moon 2009-06-28 13:21:26
・凪
投稿者:纜励ィ 2008-10-25 02:04:57
天罰…
投稿者:ミユ 2008-07-30 14:02:27
夫役はでんでんさんです。
投稿者:区間快速! 2008-04-12 02:29:29
ハラハラして最後は絶望。

後味悪くていいですね。
投稿者:ねこ 2008-01-26 00:33:08
あのとき夫を殺してなければ幸せにニューヨークで暮らせたのに・・。

淳子ちゃんはあのあと殺人者としての新しい人生を送ったのでしょうか・・。

そういえば、最初に淳子ちゃんの若いときの写真が出てきましたね^^

岸田今日子さんはちょっと怖かった・・。

好きな女優さんなんですけどね^^
投稿者:ユリ 2007-11-19 14:18:14
小説じゃ「8時45分」だった。
まさに「よにきも」だね。
4月26日くらいにDVDがレンタルする。


投稿者:ボーイ 2007-04-07 19:54:32
確かこの後に花屋の前でタモリが一言を述べた後にエンディング、その際その花屋の花をホームレスが盗んでいく、というエンディングロールだった記憶がある
投稿者:トンベリ 2007-03-21 15:24:00


「世」にもですw
投稿者:むー 2006-12-25 18:32:22
関西テレビでは木曜日、
この作品を含む3編が再放送されていました。
岸田今日子さんの訃報に合わせたかのような
この再放送・・・。

ある意味「夜にも奇妙」でした。
投稿者:むー 2006-12-22 01:52:42
このお話のエピローグを知っている人がいたら教えてください。
お願いします。
投稿者:シェパンディーマン 2006-10-27 23:24:54
主人公の女の頭の悪さに引いたけど、
オチの絶望感は良かった。予想できるオチだけに演出がいい。
投稿者:高速道路 2006-10-04 23:14:45
チーズフォンデュにワインを混ぜたところを見咎められたシーンは、悪いけど笑わせてもらいました。
投稿者:玖翠 2006-10-04 06:26:27
あらすじ検索

キーワードを入力し、「検索する」をクリックしてください。複数のキーワードがある場合は、半角スペースで区切ってください。

クレジットカード比較の専門家
脱毛人気口コミランキング
青汁通販
車買取
車査定相場表
レーシック口コミ
FXとは
白髪染めランキング
フレッツ
楽天カード