第64話 コインランドリー

主人公は一人暮らしを始めたおとなしいOL。
近所のコインランドリーを利用し始めるが、
店にある乾燥機の一台には
ずっと「故障中」の張り紙が貼られている。

ある日、そのコインランドリーで
男性と知り合う主人公。
優しく、スマートに接する彼に恋心を抱き、
今まで以上に店に通うようになる。

そんな主人公に怪異が起こる。
無人の店でなぜか視線を感じる主人公。
「故障中」の張り紙が外された乾燥機を使うと
衣類の左胸に原因不明の血痕のようなシミが付く。

ある深夜、視線を感じてその源を辿る主人公。
そこには例の乾燥機。
意を決して扉を開く主人公。
背後からその肩を掴む手。
振り向いた先には血相を変えた男がいた。
「お前、俺がやったのを覚えているんだろ?
 そうやって俺を脅しているつもりなんだろ!?」

男の正体は結婚詐欺師。
別れる際のトラブルにより女を殺して逃げた。
あの乾燥機は女性の他殺死体が発見されたため
使用禁止となっていたのだ。

通りがかった主人公に
この店での口論を見られた男は
監視のために彼女に近付いた。
そんなことは全く記憶になかった主人公だが、
男にのしかかられ、首を締められる。

その時、乾燥機から殺された女の霊が現れ、
シミは、主人公への警告だったと告げる。
男を捕らえ、乾燥機に連れ込む幽霊。
一人取り残される主人公は泣き叫ぶ。
「……それでも、はじめて優しくしてくれた人だったのに……」

キャスト: 相楽晴子/竹内力
放送日: 1991.3.7
原作・脚本: 末谷真澄
 

コメント投稿

名前:

コメント:

コメント一覧 (38件)

 過去ログに載っていたあらすじと、今日自分が動画を観て気付いた描写を統合するとこんな感じかな。

 冒頭、被害者のハイヒールが洗濯機に入れられて「故障中」の貼り紙が貼られる・・・

 主人公は引越しの為、同僚と一緒に車にのっている。
 荷物をおろそうとした時に主人公は、ある男性とぶつかり荷物が散らばってしまう。
 それをきっかけに2人は意気投合し食事をしたりする。
 引越ししたばかりの主人公の家には洗濯機がまだ無い為、あるコインランドリーに通う事になる。
 しかし1つだけ故障中の貼り紙が貼られている洗濯機が気になる主人公。
 洗濯が終わり家に帰ると、主人公の着ている服に身に覚えの無い血がついている。
 次の日会社に行っても血がついている。
 ある夜、以前ぶつかった男性が主人公の家に訪問してくる。
 ちょうどその時、留守電に同僚からの
『コインランドリーでOLが結婚詐欺師に殺されて、
 そこの洗濯機の中に死体が入れられたんだって。
 しかもその犯人はどこかで見た事のあるような気がして、
 以前あなたがぶつかったあの男にそっくりなんだけど・・・』
という伝言が入る。

 その伝言を聞いた男は急に顔色を変え、主人公を殺そうとする。
 主人公はあわててコインランドリーの中に逃げ込むが、男は先回りしてその中で待ち伏せていた。
 前の奴らと同じ場所に逃げ込んでくれたと喜ぶ男。
 そこで主人公は、今まで自分の服に着いていた血は、ここでこの男に殺された人達が教えてくれたものだと気付く。
 その話を聞かされるも、気味が悪いと切り捨てて迫り来る男。
 しかし主人公が殺されかけたとき、男の眼前の乾燥機と故障中の洗濯機の扉が開いて男を吹き飛ばす。
 尚も男は主人公を殺そうとするが乾燥機に引き寄せられ、遂にはその中に吸い込まれてしまう。
 殺された人達の無念が晴らされたかのように、乾燥機と洗濯機の扉が閉まる。
 命の危機を脱してその場に座り込む主人公。
 彼女の服に着いていた血も、あの男の脅威が去ったことを暗示するかのように、綺麗に消えていった・・・

投稿者:名無し 2020-06-20 22:10:47
 過去ログに載っていた正しいあらすじを読んで実際の映像が気になっていたところなので、女女会(2019-09-17 01:04:16)のリンク紹介に感謝。
 終わり際数秒間の描写だったためか、過去ログで全く触れられていないようだが、被害者達の霊が宿る乾燥機に竹内力演じる殺人犯が吸い込まれた後、相良晴子演じる主人公の服に着いていた被害者達の血が綺麗に消えていく様に、被害者達の無念が無事に果たされたと同時に、主人公に自身を脅かす存在はもういないと伝えているようにも思えて、ホラー要素とサスペンス要素の強い作品ながら最後の最後に救われたような気分を味わえた。
 あと、展開的に偶然の出来事っぽいとは言え、主人公が怯えてしゃがみこんでいるところで、被害者達の霊が宿る乾燥機の扉が思いっきり開いて殺人犯を吹っ飛ばす場面も、何だかカッコイイと思ってしまった。
 そして舞台となったコインランドリーは、ラスト以降も曰く付きということで半永久的に立ち入り禁止になるんじゃないかな‥‥無事に無念を果たせた被害者達はともかく、復讐に遭って永遠にもがき苦しみ続ける殺人犯の呻き声が夜な夜な聞こえてくるとかで。

投稿者:名無し 2020-06-20 19:25:19
人は見掛けによらないとはよく言った物です。まさかあんな優しそうな人が犯罪者だったなんて…とか、あの人はあんな事をする様には見えなかった…とか、色々な場面で耳にします。結婚詐欺…未だに居るんですよねえ
投稿者:世界一の一般人 2020-02-24 21:55:57
↓見れて感動しました。
投稿者:名無し 2019-10-23 23:51:39
↓×4 まだ動画残ってた、よかった。
投稿者:名無し 2019-10-20 02:08:54
竹内力の作品で最近見たのは大馬鹿代・・もはや別人だw
投稿者:名無し 2019-10-16 15:11:53
怪奇現象が主人公を助けることもあるんですね。
投稿者:名無し 2019-10-16 01:50:32
ドッペルゲンガーがよい結果を招く話でした。
投稿者:名無し 2019-09-23 13:04:31
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★動画紹介★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

https://m.youtube.com/watch?v=COMc3c-VAk8

 黒沢直美(相楽晴子)は、引っ越しのために荷物を下ろそうとしていた。そこである男性とぶつかってしまう。それがきっかけで直美と中沢稔(竹内力)は意気投合、食事をしたりするようになる。ある日、引っ越したばかりで洗濯機のない直美は、仕方なくコインランドリーへ。しかし、そこで洗濯すると、洗濯物になぜか見覚えのない赤いシミがついていて…。(フジテレビ引用)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 美少女マチコのバカが大変迷惑をかけているそうで、お詫びします。美少女マチコ解任決議案を出し、美少女マチコには相応の処罰を検討します。美少女マチコは小山登志夫をダシに、かまってちゃんタイプなので、どんどん攻撃してやってください。

↑上のあらすじが?の方は、動画見てください。
投稿者:女女会 2019-09-17 01:04:16
↑こんなあらすじしか書けないから、マチコちゃんのコメントが必要なんだわ❗
投稿者:ホンモノの美少女マチコ 2019-09-15 09:52:49
理解不能 意味不明
投稿者:こやまとしお 2019-05-29 20:59:25
BK:理解不能です。
投稿者:平成1桁マン チーム山形 2019-05-22 19:42:56
 黒沢直美(相楽晴子)は、引っ越しのために荷物を下ろそうとしていた。そこである男性とぶつかってしまう。それがきっかけで直美と中沢稔(竹内力)は意気投合、食事をしたりするようになる。ある日、引っ越したばかりで洗濯機のない直美は、仕方なくコインランドリーへ。しかし、そこで洗濯すると、洗濯物になぜか見覚えのない赤いシミがついていて…。(フジテレビ引用)
投稿者:女女会 2019-05-13 13:02:41
小山登志夫をコインランドリーで洗いたいわ❗
投稿者:美少女マチコ 2019-01-12 21:21:31
石田部長代理の災難は糞
投稿者:名無し 2018-12-07 20:23:56
ビー玉のお京を思い出した
投稿者:名無し 2018-05-21 21:15:42
子供の頃見てトラウマレベルで怖かった話だぁ。
竹内力を草刈正雄に脳内変換してたわ。
投稿者:178504 2018-05-08 01:51:09
何だか怖かった話で僕は震えまし
投稿者:名無し 2017-05-14 08:53:24
ミナミの帝王になる前の竹内力が見れる。
最後の豹変ぶりで萬田さんっぽくなっているw
投稿者:ヤモリ 2016-01-21 10:43:53
さわやか青年役の竹内力の変貌ぶりが怖かった。映画「晴れときどき殺人」の犯人みたいで
投稿者:名無し 2015-11-22 22:01:07
後タイトルの出方が印象的
投稿者:名無し 2015-08-27 17:51:44
見てきた
中々面白かったけどあらすじが若干違うね(^_^;)
投稿者:名無し 2015-08-27 17:50:37
動画あった!!
投稿してくれた人に感謝!!
今から見るぜ(^ω^)
投稿者:名無し 2015-08-27 17:21:43
動画が出たぞーずーと見たかった
投稿者:名無し 2015-08-26 17:42:44
動画あるんですか?
投稿者:名無し 2015-08-16 14:14:17
プロローグ、追加します

「人と人とのコミュニケーションが失われつつあります。
隣に住んでいる人が誰なのか知らない。また、知ろうともしない。
コインランドリーもそうです。
まったく知らない者同士が肩を並べて、洗濯という孤独な作業をし、お互いにコミュニケーションを図ろうともしません。
コインランドリーはそんな人間たちをずっと観察しています。」

(タモリ、コインランドリーの窓を見る)

「昼間はおとなしい彼らも、夜になると何をしでかすかわかりません。お気を付けください。」
投稿者:神岸協会 2015-08-16 13:39:18
さっきこの話を見ましたが、あらすじは下にある「マッチ」さんが正しいです。
↑これって、小説版もしくは原作版???ちょっとどころかかなり違っています。
投稿者:神岸協会 2015-08-16 13:08:35
あらすじ
違うなら
書かないでもらいたい

投稿者:名無し 2014-11-30 10:53:41
すごく懐かしい!
子供の頃に見ました
動画あるのかな?
投稿者:名無し 2014-01-04 21:53:37


ビックリの一言です!
投稿者:習熟 2012-07-30 20:35:24
子供の頃見てコインランドリーの近くに寄るのが怖くて避けてました。不気味な空気と血の染みが思いだされて軽くトラウマだったのかな
投稿者:鈴 2011-12-12 22:34:14
血のつくシーンならば近年では「呪い裁判」が印象的ですよ。

あれば物凄いイメージがあります。
投稿者:朝顔 2011-02-01 14:55:08
 血が幾度もつくシーンが怖かった。今の世にもは、ちょっと食傷気味です。
投稿者:ウル 2011-02-01 10:16:34
現実で考えたら『あの血は殺された人達が教えてくれたんだ』とは普通思わないかな.たぶん「気持ち悪い」で終わりそう.世にもは奥が深いですねえ
投稿者:神岸協会 2010-09-13 15:20:56
私もリアルタイムで観ていたのですが、あらすじはマッチさんの書かれたようなものだったと記憶しています。

コインランドリーに追い詰めたときの男の顔がとても怖かったです。
投稿者:かせき 2009-09-13 05:38:31
この話、「世にも」で一番最初にリアルタイムで見た話なのでよく覚えています。

冒頭で、被害者のハイヒールが乾燥機に入れられて「故障中」の張り紙が張られる・・・

そこから↓の話に繋がります。(私の記憶では↓の方が正しい)



ラストは『あの血は殺された人が教えてくれたんだ』と主人公が言った後に乾燥機に男が吸い込まれて・・・だったと思います。



今考えてみると、主人公が亡霊に祟られず逆に助けられる話は「世にも」では珍しいですね。


投稿者:Feather moon 2008-07-12 23:26:17
上記のあらすじは微妙に違うような・・・



主人公は引越しの為、同僚と一緒に車にのっている。荷物をおろそうとした時に主人公は、ある男性とぶつかり荷物が散らばってしまう。それをきっかけに2人は意気投合し食事をしたりする。引越ししたばかりの主人公は洗濯機がまだ設置されていない為、あるコインランドリーに通う事になる。しかし1つだけ故障中の貼り紙が貼られている乾燥機が気になる主人公。洗濯が終わり家に帰ると、主人公の着ているTシャツに身に覚えの無い血がついている。次の日会社に行っても血がついている。そんな時、以前ぶつかった男性が主人公の家に訪問してくる。ちょうどその時、同僚からの電話があり留守電に『コインランドリーでOLが結婚詐欺師に殺されたんだって。しかもその犯人はどこかで見た事のあるような気がして、以前ぶつかったあの男にそっくりなんだけど・・・』と。

ちょうどそこに居た男は急に顔色を変え、主人公を殺そうとする。主人公はあわててコインランドリーの方に逃げる。しかしそこには誰も居なく、ついに男に追いつかれてしまう。殺されかけた時、男は乾燥機に吸い込まれてしまい、最後に『あの血は殺された人達が教えてくれたんだ』と主人公がつぶやく。
投稿者:マッチ 2007-08-07 09:48:07
最後の一言はいまいちだった
投稿者:とし 2007-04-12 08:08:36
あらすじ検索

キーワードを入力し、「検索する」をクリックしてください。複数のキーワードがある場合は、半角スペースで区切ってください。

クレジットカード比較の専門家
脱毛人気口コミランキング
青汁通販
車買取
車査定相場表
レーシック口コミ
FXとは
白髪染めランキング
フレッツ
楽天カード