第62話 家族の肖像

一家3人とペットの犬が乗った車が、
交通事故に遭い少年1人だけが生き残る。

その後、少年は親戚の家に預けられたが、
なんとなくなじめず、無人の実家に帰り一家が幸せだった頃に撮った
ホームビデオを見て過ごす毎日を送る。

しかし、ある日。
いつものように実家に帰ると父親と母親と犬が普段通り生活してる。
不思議に思いながらも彼は団欒の一時を過ごす。

その日から、見違えるように元気になっていく少年だったが
幸せが長く続かず、ある日学校から帰ると預先のおばさんに
実家が人手に渡った事を告げられる。

慌てて実家へと走り出す少年。
辿りついてみると、
今まさに家財がトラックに乗せられて運ばれる所だった。
発車するトラックを追いかける少年だったが、
その途中に車にはねられてしまい意識不明の重体に陥り病院に運ばれる。

気がつくと目の前に家族が居て、少年の事を諭す様に勇気付ける。
最後に父親が『お前は強く生きろ!!』
そう言って、去って行く家族達。

死の淵から生還した少年。
その出来事を機に人間として大きく成長した彼は、
今日も元気に暮らしてゆく。

キャスト: 土倉有貴/本田博太郎/友里千賀子
放送日: 1991.2.28
原作・脚本: 林誠人
 

コメント投稿

名前:

コメント:

コメント一覧 (34件)

こういうことって本当にあるんやろなぁと思った作品。
死んでも見守っていてくれると思うと気持ちが楽になるよね。
投稿者:名無し 2016-03-23 16:29:45
よそ見運転ダメ絶対!
いい話だけど、もう少し続きそうなところで終わってしまうのは残念
ところでタモリはおつりをもらえたんだろうか?
投稿者:ヤモリ 2016-01-29 20:06:46
これもただひたすら泣ける作品のひとつ。
投稿者:名無し 2015-12-13 23:56:56
子供がしてた帽子をかぶって車を運転する父

手のひらを太陽に(歌)

100点の答案用紙

ホームビデオ(ここ泣いた)

家に帰って来てくれた家族

元気を取り戻した少年

心のシャッター

「人間はな、いろんなものにさよならを言わなきゃならない時がある。言いたくなくても言わなきゃならない時がある。そりゃつらいけどみんなそうやって生きてくんだ」(父のセリフ)

「僕を一人にしないって言ったじゃないか!」

「おさむはひとりぼっちじゃないんだよ...」

個人的に印象に残ってるものをピックアップしただけなので何のことやらわからないかもしれませんが、感動作でした。
投稿者:名無し 2015-11-23 13:25:51
これが今回の傑作選に入っていないのが残念
確かラストシーンで父親が手をカメラに見立てて写真を撮るシーンがあったと思ったけど思い違いかな?
投稿者:名無し 2015-11-23 12:23:25
コレ一番好きなのは作品です。感動系たくさんあるけど特別です。当時小学生でしたが泣いてしまい、一緒に見てた母を見たら母も泣いていましたね(T ^ T)
この作品を覚えている人がこんなにいることにも感激です。
投稿者:名無し 2015-11-13 22:31:17
こんなに切なくなる話も世にも奇妙でやるんだなぁ、と思った。
当時、ものすごい泣いた作品。
もう一度見たい。
投稿者:名無し 2015-10-23 08:35:37
幼くして両親を亡くしてしまった少年が不憫で仕方ない
子供は両親との死別を受け入れなければならないがあまりにも酷だ
まだ幼い息子を残してこの世を去ってしまった両親もどんなに無念だったろうか
幸せだった日々は一瞬で壊れうるものなんですね
投稿者:名無し 2015-07-27 06:20:10
もっと評価されるべき名作
投稿者:ひろにい 2015-05-04 20:17:35
「世にも奇妙な物語」
は轢かれることが
多いと思うのは
自分だけでしょうか

投稿者:名無し 2014-11-30 08:15:58
私もこれで大泣きしました
シンプルな話だけど、めちゃ感動した
投稿者:名無し 2014-04-06 18:49:30
子供の頃、号泣したことを思い出しました。
おいてかれるほうも、おいてくほうも、つらすぎますよね
投稿者:名無し 2014-01-28 20:40:07
いい話すぎるー!!

カレーうまそう(´∀`)
投稿者:福袋 2012-04-25 13:32:00
この頃は僕はまだ生まれていませんが、当時の世にも奇妙な物語は引き込まれるものがありました。

家族の肖像も涙が出ました。昭和臭さが残っていて、何とも味のある時代だったんだな〜と思って、この時代が羨ましく思います。
投稿者:今の高校生 2012-01-27 23:04:00
ハングル字幕の無料動画で観られました。

当時は主人公のスタンスから観て涙がこぼれました。月日を経てから改めて観ると、本田博太郎たちが演じる両親のスタンスから観ている自分が居ました。未だ幼い息子を残し、突然逝かなければならなかった両親はどんなに無念だったことか…。セピア色での両親と息子と愛犬の憩いのシーン…。息子の笑顔を見ながら、ふっと寂しげな視線を向け合うシーンは涙を誘います。
投稿者:饕餮 2010-12-21 13:14:08
「父さん! 母さん! 僕を一人にしないって、言ったじゃないか!」



家族の思い出の染み付いた家財道具一式を載せたトラックを、絶叫しながら追いかける少年。

一度奪われた家族を、再び奪われる恐怖に駆られて。

この「家族を追いかける」能動性の芽生えが、たった一人になった少年に生き抜く力を与えたのだと思う。

泣ける名作。
投稿者:ドナドナ 2010-10-07 18:00:19
泣けます.この話,トリにしてほしかった.
投稿者:神岸協会 2010-09-13 15:16:24
短い時間でかなり内容が詰まってました。

少年が可哀そうすぎで哀しくなります。

目が潤みました。

この歳で家族との別れを受け入れなければならないなんて。


投稿者:ねこ 2009-05-06 18:27:34
これ小学生の頃見て切ない話だったんで

強く覚えてました。

家族の肖像ってタイトルだったんですね。

ありがとうございました。
投稿者:めぐみ 2009-02-28 20:10:07
私も、この回で初めて泣きました

あまりに泣きすぎて、次の日目が腫れてたのを想いだします

又、見たいなぁ・・・
投稿者:バンビ 2009-02-04 13:42:12
たしか最後の手術のシーンで主人公の傍で家族が励ましの言葉をかけた後で、皆でとった家族写真を握らせて去ってゆく話だったと思います。(家族写真は事故の後、家族で家で皆で撮ったもの)
投稿者:ありゃりゃ 2009-01-18 01:52:16
読んでただけで泣けた。見てみたいな。
投稿者:優樹菜 2008-11-09 04:37:33
こりゃ泣くわ。。。

でも、昔の「世にも」は、何となくあのタイトルの字が出るタイミングに何とも言えない怖さが襲ってくるのはなぜだ?
投稿者:ごま 2008-10-08 21:38:52
これは一番覚えています。初めて泣いた回です。

でもはっきりとしたラストが語られていなかったので後味はあまりよくありません。
投稿者:MAMI 2008-09-21 21:16:14
ラストが違います。

最後は男の子の手術中の場面で助かるということを暗示させるかたちで,終わっていました。
投稿者:怪奇大作戦 2008-09-18 22:33:52
涙がとまらへん
投稿者:ごり 2008-05-06 13:08:28
ふつーに涙
投稿者:KM 2007-11-18 15:14:19
そーかなーんなんか泣くのを誘ってる感じがして嫌だった。それに、さよならしなきゃいけないこともあるってのをお父さんは伝えたかったんだから、少年が、前向きになるシーンとかほしかった


投稿者:あき 2007-07-17 05:57:51
少年が「お父さん、お母さん」と叫びながらトラックで運ばれる家財道具を追う姿に不覚にも涙してしまった記憶がある。
投稿者:おしょー。 2007-06-03 08:30:21
なけた
投稿者:みっつー 2007-05-06 22:22:26
ベタだが秀作。最後の「手〜のひらを〜♪」は生きる希望を与えてくれる。ほろり>号泣
投稿者:gonghong 2007-04-30 19:11:10
ええ話や


投稿者:きみ 2007-04-22 17:47:02
僕は16年前、これを観て初めてテレビで泣きました。また観てみたいな。
投稿者:シンジ 2007-04-01 23:38:26
ええ話や
投稿者:WHITE 2006-10-30 19:10:20
あらすじ検索

キーワードを入力し、「検索する」をクリックしてください。複数のキーワードがある場合は、半角スペースで区切ってください。

クレジットカード比較の専門家
脱毛人気口コミランキング
青汁通販
車買取
車査定相場表
レーシック口コミ
FXとは
白髪染めランキング
フレッツ
楽天カード