第60話 運命の赤い糸

男の子はある朝起きたら自分の指に赤い糸が結ばれている事に気付く。
そしてその糸をたどって町へ出ると、みんなに赤い糸が結ばれている。

ずっと赤い糸を辿っていく男の子。
その糸はある女の人に繋がっていた。

女の子も自分の指に赤い糸が結ばれているのに気付き糸を辿る。
その糸は妻子ある男性に繋がっていた。

男の子は自分の赤い糸と、その女の子の赤い糸を引きちぎり、2つの糸を結ぶ。
結ばれた糸は溶けて、一本の繋がれた糸になる。

キャスト: 中村繁之/長山洋子/高橋由美子
放送日: 1991.2.21
原作・脚本: 関澄一輝
 

コメント投稿

名前:

コメント:

コメント一覧 (50件)

 過去ログから詳細あらすじを再掲。

--------------------------------------------------------------------------------
主人公タカシは会社員。昨夜彼女と飲み過ぎたらしく、朝、妹のユキコに無理矢理起こされる。すると、小指に赤い糸が巻きついていた。

ハサミや包丁で切ろうとするが切れず、ユキコに見せてみたが、どうやら見えないらしく飲み過ぎのせいだと言われる。そのまま朝食をとる兄妹だが、タカシの糸はまだ消えない。ユキコに糸の色を聞かれてタカシが赤と答えると「運命の赤い糸かぁ…やっぱりカエちゃん(彼女の名前)と繋がってんのかな?」と言いだした。



会社に向かうと、道行く人の小指と言う小指から赤い糸が伸びていた。中にはホース並みに太い糸をぶら下げている人も。

タカシの赤い糸は前に伸びている。それを辿るように会社に向かっていたが、気付くと隣の女性と並行していた。その女性・ルミも赤い糸が見え、辿っていたらしい。やがて二人の赤い糸は左右に分かれ、二人はそのまま互いに名を名乗って別れた。



社内でも赤い糸は錯綜し、中には4本もの赤い糸を結び付けている女性社員がいたり、男性社員同士(片方が眼鏡のオカマちゃんっぽい社員)で繋がっているのが見えたりしていた。

タカシの糸を辿るとカエの机まで延びていた。が、カエの小指の糸はタカシ以外に隣の男性社員の小指にも…。(チャララーの効果音)



橋の下で傷心のタカシ。そんな時、大きな赤い毛玉を持った老人と出会う。どうやら自分の赤い糸を巻き取って作った毛玉らしく、それを編んでマフラーにして首に巻いていた。赤い糸の見えるタカシのそばに寄ろうとして、重い毛玉をうっかり転がしてしまう。それを足で止めて拾ったのはルミだった。

老人曰く、やはりこれは運命の赤い糸で、彼は運命の相手を探し糸を辿って5年10年20年と巻き続けたが、未だに運命の相手には会えていないらしい。「ここまで来たがもう駄目だ。気力体力尽き果てた」と諦める様に笑った。

「だったら放り出して他の相手探せばいいじゃないですか」とタカシが意見すると、

「馬鹿言いなさい! 運命には逆らえんもんだよ。行けよ! 行って相手を見つけろ。君達の糸はまだ赤い!」

二人の糸の色を見つめながら、老人は諭すように言った。

タカシとルミは再び糸の分かれ道で別れるが、二人にはまた会える予感がしていた。



夜道、糸を辿りながら老人との昼間のやり取りを思い出していたタカシ。

レストランの脇を通り過ぎようとすると、ユキコが窓を叩いているのが見えた。隣のボーイフレンドと思わしき青年がタカシに会釈をしようとしたのか立ち上がろうとして、そのままウェイトレスの運んできた飲み物を引っ繰り返してしまった。呆れるタカシ。

店内、自分の赤い糸と向かいの席に座るユキコとボーイフレンドの既に繋がっている糸とを見比べるタカシ。ふと窓を見ると、外には糸を辿っているルミの姿が。すぐに窓を叩いて彼女も店の中に呼んだ。

互いに自己紹介し合う4人。

「この人、新しい先っぽの人?」小指を立ててタカシに訊くユキコ。

「はぁ?」怪訝な顔のタカシを放っておき、ユキコは「お兄ちゃん好きですか?」と笑顔でルミに訊ねた。

「会ったばっかりだけど…うん、好きなんだと思う。ドキッとしたもん、さっき」少し照れたように笑いながら答えるルミ。

「お兄ちゃんの意見は訊くまでもない。目つき違うもんねー」「バーカタレ」



二人の気持ちを理解したユキコは、「じゃあ簡単じゃない。糸をちょん切って繋げればいいのよ」とアドバイスをした。

「そう言うのはね反則なんだよ」

「やってみたわけ?」「やってみたよ何度も」タカシは反論するが、

「一人でやるからよ。運命なんてね、二人で力を合わせれば…」と逆にユキコに諭された。



店を出て橋の上に佇むタカシとルミ。

ユキコがいつの間にか大人になっていた…とタカシが感心する一方、「運命を待ち、流され、逆らわず、誰かが作った大きな仕掛けに身を任せ」「やがて無涯に朽ち果てるか…やなこった」ルミもタカシも、昼間の老人の事を思い出し、このまま糸を手繰り続けるべきかを考えていた。

「反則…する?」

先に言いだしたのはルミだった。



「これが僕達の第一歩だ、よし」と自身の糸を両手で握るタカシ。糸は光り出し、脳内にユキコの声が蘇る。「一人でやるからよ。運命なんてね、二人で力を合わせれば…」

「そっか…」気付いたタカシは、同じく自身の糸を握っていたルミの手に自分の手を重ねて糸を左右に引くと、糸はやすやすと引き千切れた。更に輝きを増す糸。

驚きながらも、微笑んだルミが同じ様にタカシの糸を二人で引き千切り、互いの小指の糸を近付けると、絡み合った糸は伸び、ハートの形になって一本の糸へと繋がった。微笑み合う二人を祝福するかの様に、繋がった糸は輝きを増していった…。


投稿者:名無し 2021-04-22 18:28:36Thanks!
投稿者:名無し 2021-04-25 18:03:17
 

















































































































































投稿者:名無し 2021-04-25 18:02:16
マチコからのお知らせだわ❗4月29日(木)、5月1日(土)~5月5日(水)はどれも13時00分に秋葉原のドンキホーテ前でマチコ待ってるわ❗マチコとエッチしてくれるおーじ様ぼしゅーだわ❗いなかったらパパと秋葉原で6時間ルマン耐久エッチするわ❗
投稿者:美少女マチコ 2021-04-25 16:34:38
コロナの終息を願って偽物近親相姦留年マチコを悪魔の生け贄にしよう

















































































































投稿者:名無し 2021-04-25 16:29:50
略奪女が出てるから、二度と再放送ないわね❗だから、マチコサスペンス劇場のほーが再放送おーくてゆーのーだわ❗
投稿者:美少女マチコ 2021-04-25 14:54:19
21.首相動静2021年4月18日(日)❗
北別府総裁「昨日の合同審査会、記者会見の後も木綱愛幹事長や神岸幹事長代理と話したが、やはりせっかく試験に近づきSYに来たのに現場を知らないハゲ社長のせいで撤退とかありえん。これからは特管秘密として扱う前提でGWはこっそりやる。明日からいつも通りにサードパルティールールで実施してもらいたい。ハゲ社長の圧力のせいでお客様に不利益があってはならない。副業転職による7-0や6-1については、今週以降の情勢を見る。あと、マスタックスについて金曜日21時20分ルールを今週から適用する。よって、月曜日がS1・Zルート、火曜日がS2・S2ルート、水曜日もS2・S2ルート、木曜日がS3・M2ルート、金曜日がM1・S3ルートとする。また、金曜日のコロナ飛ばし野郎対策としては第6局と1本後帰宅ルールを適用する。コロナ飛ばしでは弱いので明日からは変異株飛ばしとして、殺人未遂と扱い、マスク外してまずい酒飲むコロナ飛ばしを毅然たる体制でいく。マスタックスも国の承認基準より厳しくし、より頑張る者を報わせていく。分析班は解体する。明日からは2019年水準でいく。2019年ならまだ女子大生と結婚できる。そういうこと、終わり。」

22.首相動静2021年4月19日(月)❗
北別府総裁「私が総裁になって初めて手抜き車両にひっかかった。明日手抜き車両乗せないと圧をかけたから、何とかマスタックス不成立でよかったな。何にしても、変異株車両はあってはならないし、ギリギリクリアしたが死んでてもおかしくなかった。無事に月曜日第3校舎は無事に荷物格納が終わった。仕事道具は土日消える。明日はネブライザー方式とパン買い物、佐渡井軍配は明日の結果で明後日、明後日の結果で木曜日俺の解説で組む。変異株車両にならねえよう、緊張感もて、以上。」

23.首相動静2021年4月20日(火)❗
北別府総裁「今日は、あの世が近いくそじじい2人による変異株車両が出た。警告は残しながら明日の結果次第でどうするか決める。あと、GWめぐり出る杭が打たれた。休養になってもおかしくないレベルだ。これについては、以後は社員からの指示なく勝手な行動は慎み、GWは一切禁止。来年度からはGWなき仕事にしてもらう。20時30分の件は、変異株車両が原因で間違いないだろう。金曜日が早出勤になったが、OMニャンレーがもろにきている。社員がいくら言っても社長命令に反すればそれを盾に、余計なおせっかいは一切禁止するのが得策だ。今度やったらドルチェダブル開催の刑で財産みな失うぞ。とにかく、社員よりやりすぎて社長から顰蹙を買っただけだから、社員より手を抜け。やることやれと怒られるより名誉と思え。変異株車両問題は、毅然たる対処をする。よく考えろ。いい歳こいたバカじじいが。」

24.首相動静2021年4月21日(水)❗
北別府総裁「亀蔵さんにとっては、皮肉にもマスタックス成立のために軍配組んだはずが、空回りばかり。佐戸井まで組んで外すんだから、よほど運があるよな。もっとも亀蔵さん自身は不幸と言うだろうが。今日は最寄り駅からストーキングもあってYMニャンレー組んだのに、亀蔵さんは10週連続マスタックス不成立。大変だな。GW突き放しはあれでよし。あと帰りは変異株たかりが多すぎる。いつも言ってるがコロナになりたけりゃ、お前だけがなれ、他人巻き込むな。クズと言われないよう、明日マセキ組まれないよう、改めろボケ。今日はGWの卒業式があり式典に出たから、明日からは新たな時代でいこう。明日変異株たかりへのマセキ組むかは審判部と協議する。とにかく、ソーシャルディスタンスはとれ、変異株飛ばし犯罪者め❗」

25.首相動静2021年4月22日(木)❗
北別府総裁「朝、さらばこたばポンタをした。これで自身が持つポイントカードはなくなった。キャリーオーバーは罰則にする。今日はクソガキ含む親子が変異株をとばし、ガキが暴行。さすがに、クソ親にクソガキだな。YMニャンレーの罰を与え、反省しろ。最期のゲーセンめぐりはすべり、遠回りすれば780円拾い、帰りはマスタックス成立。変異株とばし多発で始発送り。明日14時00分前ルール破ったらただちにSMニャンレーとする。遠回りは明日でおさらば。とにかく亀蔵さんに始発与え、俺のとこでマスタックス不成立にしろ。変異株じじいめ❗」

26.首相動静2021年4月23日(金)❗
北別府総裁「」

27.首相動静2021年4月24日(土)❗
北別府総裁「」
投稿者:美少女マチコ 2021-04-23 00:47:32
 過去ログから詳細あらすじを再掲。

--------------------------------------------------------------------------------
主人公タカシは会社員。昨夜彼女と飲み過ぎたらしく、朝、妹のユキコに無理矢理起こされる。すると、小指に赤い糸が巻きついていた。

ハサミや包丁で切ろうとするが切れず、ユキコに見せてみたが、どうやら見えないらしく飲み過ぎのせいだと言われる。そのまま朝食をとる兄妹だが、タカシの糸はまだ消えない。ユキコに糸の色を聞かれてタカシが赤と答えると「運命の赤い糸かぁ…やっぱりカエちゃん(彼女の名前)と繋がってんのかな?」と言いだした。



会社に向かうと、道行く人の小指と言う小指から赤い糸が伸びていた。中にはホース並みに太い糸をぶら下げている人も。

タカシの赤い糸は前に伸びている。それを辿るように会社に向かっていたが、気付くと隣の女性と並行していた。その女性・ルミも赤い糸が見え、辿っていたらしい。やがて二人の赤い糸は左右に分かれ、二人はそのまま互いに名を名乗って別れた。



社内でも赤い糸は錯綜し、中には4本もの赤い糸を結び付けている女性社員がいたり、男性社員同士(片方が眼鏡のオカマちゃんっぽい社員)で繋がっているのが見えたりしていた。

タカシの糸を辿るとカエの机まで延びていた。が、カエの小指の糸はタカシ以外に隣の男性社員の小指にも…。(チャララーの効果音)



橋の下で傷心のタカシ。そんな時、大きな赤い毛玉を持った老人と出会う。どうやら自分の赤い糸を巻き取って作った毛玉らしく、それを編んでマフラーにして首に巻いていた。赤い糸の見えるタカシのそばに寄ろうとして、重い毛玉をうっかり転がしてしまう。それを足で止めて拾ったのはルミだった。

老人曰く、やはりこれは運命の赤い糸で、彼は運命の相手を探し糸を辿って5年10年20年と巻き続けたが、未だに運命の相手には会えていないらしい。「ここまで来たがもう駄目だ。気力体力尽き果てた」と諦める様に笑った。

「だったら放り出して他の相手探せばいいじゃないですか」とタカシが意見すると、

「馬鹿言いなさい! 運命には逆らえんもんだよ。行けよ! 行って相手を見つけろ。君達の糸はまだ赤い!」

二人の糸の色を見つめながら、老人は諭すように言った。

タカシとルミは再び糸の分かれ道で別れるが、二人にはまた会える予感がしていた。



夜道、糸を辿りながら老人との昼間のやり取りを思い出していたタカシ。

レストランの脇を通り過ぎようとすると、ユキコが窓を叩いているのが見えた。隣のボーイフレンドと思わしき青年がタカシに会釈をしようとしたのか立ち上がろうとして、そのままウェイトレスの運んできた飲み物を引っ繰り返してしまった。呆れるタカシ。

店内、自分の赤い糸と向かいの席に座るユキコとボーイフレンドの既に繋がっている糸とを見比べるタカシ。ふと窓を見ると、外には糸を辿っているルミの姿が。すぐに窓を叩いて彼女も店の中に呼んだ。

互いに自己紹介し合う4人。

「この人、新しい先っぽの人?」小指を立ててタカシに訊くユキコ。

「はぁ?」怪訝な顔のタカシを放っておき、ユキコは「お兄ちゃん好きですか?」と笑顔でルミに訊ねた。

「会ったばっかりだけど…うん、好きなんだと思う。ドキッとしたもん、さっき」少し照れたように笑いながら答えるルミ。

「お兄ちゃんの意見は訊くまでもない。目つき違うもんねー」「バーカタレ」



二人の気持ちを理解したユキコは、「じゃあ簡単じゃない。糸をちょん切って繋げればいいのよ」とアドバイスをした。

「そう言うのはね反則なんだよ」

「やってみたわけ?」「やってみたよ何度も」タカシは反論するが、

「一人でやるからよ。運命なんてね、二人で力を合わせれば…」と逆にユキコに諭された。



店を出て橋の上に佇むタカシとルミ。

ユキコがいつの間にか大人になっていた…とタカシが感心する一方、「運命を待ち、流され、逆らわず、誰かが作った大きな仕掛けに身を任せ」「やがて無涯に朽ち果てるか…やなこった」ルミもタカシも、昼間の老人の事を思い出し、このまま糸を手繰り続けるべきかを考えていた。

「反則…する?」

先に言いだしたのはルミだった。



「これが僕達の第一歩だ、よし」と自身の糸を両手で握るタカシ。糸は光り出し、脳内にユキコの声が蘇る。「一人でやるからよ。運命なんてね、二人で力を合わせれば…」

「そっか…」気付いたタカシは、同じく自身の糸を握っていたルミの手に自分の手を重ねて糸を左右に引くと、糸はやすやすと引き千切れた。更に輝きを増す糸。

驚きながらも、微笑んだルミが同じ様にタカシの糸を二人で引き千切り、互いの小指の糸を近付けると、絡み合った糸は伸び、ハートの形になって一本の糸へと繋がった。微笑み合う二人を祝福するかの様に、繋がった糸は輝きを増していった…。


投稿者:名無し 2021-04-22 18:28:36
2021年4月20日(火)
新マチコサスペンス劇場だわ❗
主演:グラッデン瑛太
あの懐かしいお盆の日
主題歌:青いメロディー(TUBE)

 お盆にきゅうりの馬と茄子の牛で亡き人を呼び寄せ、帰りはゆっくり帰っていく、そんな話。グラッデンは同級生を自殺で失い、自身も15時間連続勤務などで疲弊していた。そんな年のお盆休みに同級生の霊がやってきて1日だけ話したり遊べるとあって、グラッデンは過労でそっち(あの世)に行く方法を聞いたりした。しかし、「お前は生きて頑張らなければならない。無理なら辞めてしまえ」と言われ、そのままあの世に帰っていった。結局グラッデンは辞表を提出せず、むしろいつ死んでも悔いが残らないよう、全身全霊仕事に取り組んでいった❗
投稿者:美少女マチコ 2021-04-22 01:06:45
赤い糸が見えるのは、本人の心の中
投稿者:名無し 2021-04-03 13:21:21
オールスター感謝祭period3のコマーシャルだわ❗
マチコ、あのばかなんかには負けないわ❗
マチコサスペンス劇場だわ❗
主演:平成1桁おじじ
小学生女児に純愛を捧げた男
主題歌:感謝カンゲキ雨嵐

 場所は国会。特定の性の子供ばかりを作った親には罰則が科される「ゆがんだ兄弟構成矯正クリニック関連法案」が全会一致で可決された。そのシーンを見た平成1桁おじさんの友人は、平成1桁おじさんの遺影をテレビに向けて、「ついに夢がかなったぞ」と感激していた。

ストーリーテラー「日本では、性犯罪が起きるとよく家庭が荒れているとか、その人が育った環境に影響があると言われてきました。しかし、家庭が荒れていなくても性犯罪は誰にでも起き得ます。意外と知られていないのが、兄弟構成による、性犯罪を起こす率。特に姉妹なき男2人兄弟は最悪です。小出恵介、狩野英孝、山本圭一、山口達也。確かに未成年の少女に手を出した彼らは悪いでしょう。しかし、そんな兄弟構成にした親も、あきらかに犯罪者を生み出した犯罪者です。全国の男2人兄弟に悩む人は、是非姉妹をもうけるために、人生を捧げてはどうでしょう。性犯罪兄弟構成にした親には発言権はありません。」

 場面は代わり、平成1桁おじさんが20歳。あるテレビドラマで男が女子小学生を神社の裏に連れていき、いかがわしいことをするシーンを見かける。そのシーンを見て、興奮してきた。ただ、通りがかりの女子小学生を襲う勇気がなかったので、仕方なくオリエント工業でロリコン用ラブドールを買い、いたずらをしていた。ちなみに平成1桁おじさんには弟が1人いる。

 平成1桁おじさんが21歳のとき、故郷山形で帰宅途中の女子小学生を見かけ、人がいないことを、いいことに胸や局部を触りまくった。突然の出来事に女児は叫ぶこともできず、平成1桁おじさんは触り済んだら、さっさと逃げていった。こうして山形県内だけで10件の被害が出てしまった。
 そんなことがあり、山形県内に防犯カメラを設置したこともあり、山形県内ではこの事件が起きることはなかった。
 しかし、平成1件おじさんは北海道遠征をしていた。女子小学生にわいせつをする遠征に。北海道でも同様に女子小学生へのわいせつ事件を起こす。「女子小学生は、大人の女やJKと違って胸は小さくてプニプニする、グワシ。」

 そして平成1件おじさんが実家に帰ると、自分の部屋にあったロリコンラブドールを、弟が勝手に使って射精したらしい。平成1桁おじさんは怒って、ラブドールを捨て、実家を飛び出した。そして栃木に引っ越し、弟を夜の郡山に呼び出し、そこで弟を刺殺してしまう。

 翌日、ニュースが流れるが、平成1桁おじさんは黒磯にいた。そこで女子小学生を一人連れ去り、ホテルでみだらなことをしていた。こうして、平成1桁おじさんは女子小学生に中●しをして気がすんだのか、3万円渡して帰っていった。しかし、こんな生活も長くは続かない。

 平成1桁おじさんが22歳になって3日後、児童福祉法違反と殺人容疑で逮捕された。しかし、平成1桁おじさんは最後まで、「僕に妹をもうけなかった親がすべて悪い、グワシ」と、自分が性犯罪者になったのは親が悪いの一点張り。「別に、小6のときに妹がほしいと言っても聞き入れられなかった親なんか不幸になっても構わない。被害に遭わせた女児には申し訳ないけど、この兄弟構成で何十年も苦しめられた僕の気持ちもわかってもらいたい。慰謝料はすべて親に払ってもらう」と、平成1桁おじさんは、刑事事件で訴えられてる一方、民事裁判で親を訴えることに。

 平成1桁おじさんが23歳のとき、民事裁判は結局負けてしまい、ついに親から勘当されることに。しかし、「扶養義務がある以上、そんな法的拘束力はないし、慰謝料はお前らが払え」と、裁判は修羅場になった。
 その半年後、刑事裁判の判決は懲役5年の実刑判決を受けた。ちなみに、女児たちにわいせつをした慰謝料は親が肩代わりしたというから、あきれて物が言えない。

 平成1桁おじさんが28歳のときに刑期を終えたが、早速女子小学生を物色し始めた。ただ、平成1桁おじさんは友人に会い、自分に小学生の娘がいて、そこで友人家族に話をして、自分の現状を説明した。
「僕は姉妹が欲しかったのに聞き入れてもらえず、しまいには性欲に勝てなくなって襲った。友人の娘を見て、取り返しのつかないことをしてしまったと。でも、時が経つと、姉妹がいない反動で女児にいたずらしたくなる。」これを聞いた友人は近くの精神科を紹介してくれて、そこでカウンセリングをすることに。

 しかし、平成1桁おじさんが29歳のときにやはり不満が爆発した。友人の女子小学生とは関係なんか持てないから、また女児を物色するしかないと。そして、岡山に遠征したとき、帰り道で見た女子小学生を連れ去った。ホテルに連れるまでは優しく振る舞い、わいせつな言葉をたくさん浴びせて快感を得て、やはりおさわりしまくり、最後は性行為。刑務所での矯正は無駄に終わった。そして5万円渡し、翌日最後に向かった先はなんと国会議事堂。
 その女子小学生とともに、国会議事堂まで向かうと、国会議事堂の前で平成1桁おじさんは奇声を上げた。「姉妹をもうけないクソ親を放置したのは政治家が悪い。僕のロリコンも性犯罪も政治家が悪い。」当然、ガードマンに止められ、その場で現行犯逮捕・・・にはならず、子供は泣き出し、その子供を人質に性犯罪兄弟構成にした親を裁け。性犯罪兄弟構成にさせられた僕は被害者だと訴えた。
 こうして6時間の人質の末、平成1桁おじさんは警察官に撃たれてしまった。断末魔「最後に、まーちゃんと関係が持ててうれしかった。僕が最初で最後に、まーちゃんを本気で愛してしまった。」そして絶命。

 このニュースは全国ネットで話題になり、ツイッターでは平成1桁おじさんの性犯罪を生んだバカ親というハッシュタグまで出る始末に。結局、岡山から国会議事堂に向かう交通費で全財産が1万円だったため、これまで女児にいたずらをしていた遺族は平成1桁おじさんの親に損害賠償を請求し、このバカ親は慰謝料払えず自己破産に。

 場面は戻り、国会議事堂。女子小学生が相次いで大人の男に襲われる、痛ましい事件を起こさないよう、性犯罪しそうだという悩みを打ち明けることができるよう「ゆがんだ兄弟構成矯正クリニック」をもうけること、子供の同意なしに特定の性の子供を作り、兄弟姉妹の性のバランスを崩した親には罰則を科す「ゆがんだ兄弟構成矯正クリニック関連法案」が全会一致で可決された。テレビを見ていた友人も、平成1桁おじさんの遺影を掲げて、「ようやく思いは叶ったよ。」

 皮肉にも、この年の流行語は「性犯罪兄弟構成」で、受賞者の故平成1桁おじさん代理の親は受賞を拒否。まもなく、このバカ親は心中してしまった。(エンドロール)

 場面は新たにできた、ゆがんだ兄弟構成矯正クリニック。そこにはなぜか小山トシオもいて、自分の性犯罪は親のせいだと、助けを求めた。マチコを冷たくしたのも、兄しか兄弟がいないせいで、マチコが離れるのが怖くて支配的になったと・・・。様々な性犯罪兄弟構成に悩む男女がやってきて悩み相談を受ける行政機関。そして、その悩み相談の裏に飾られている平成1桁おじさんの笑顔の写真。被害に遭った女子小学生は累計30人と悪質だが、それだけの息子にした親を絶対に許してはいけない。

 このスローガンでできたクリニックのおかげで、全国の性犯罪被害が前年比90%も抑えられ、平成1桁おじさんの死は、決して無駄にならなかった。今日も全国の女子小学生たちは防犯につとめるとともに、学業に遊びに励んでいた❗
投稿者:美少女マチコ 2021-03-28 18:34:12
マチコとおーじさまの恋物語も、いーわね❗
投稿者:美少女マチコ 2020-10-23 23:29:54
↓女女会さんの動画紹介も古いから、新しいのを載せてもらって感謝です。
投稿者:名無し 2020-09-22 17:41:51
https://m.youtube.com/watch?v=aHXA08Ak3UU

マチコには絶対にない。
投稿者:名無し 2020-09-22 17:33:55
或先生は、目に見えない物が人を突き動かすと言っていました。最初其れを聞いた時には意味が分からなかったのですが、今なら分かる気がします。運命の赤い糸…本来は見える物では有りませんが、自分の小指と、他の誰かの小指が、目には見えないけど、赤い糸で繋がっていて、其の誰かが運命の人だと決まっているとしたら。運命の人が誰なのかは分かりませんが、其の人の為に何かしたいって思う…そう考えると、目に見えない物が人を突き動かすと言うのは当たっている様に思えますね。先生は全然別の事を言っていたかも知れませんが
投稿者:世界一の一般人 2020-02-24 20:52:46
赤い糸で繋がってると言うのはよく聞く話。じゃあ誰が何の為に赤い糸で繋げたの??その赤い糸は本来見えないんだよ。繋げる必要が有るの?
投稿者:名無し 2020-02-05 18:00:58
エンヤの曲はいい曲が多いなあ。
投稿者:名無し 2019-10-20 00:42:01
この話ってよく考えたら、現実にも通じるものがあるよね。赤い糸を信じて追ったために、老人になっても縁がなく赤い糸が球になってるシーンがあったけど、白馬に乗った王子様ばかり追う女と変わらない。赤い糸を切ってつなげられるように、目の前にいる人と結ばれる方が大切だと教えられる。
投稿者:名無し 2019-10-12 21:52:31
小山登志夫は結婚するに値しない男だってことに気がついて目が覚める前に、そして小山との子供を妊娠する前に「運命の赤い糸」はパパが切ってくれたし、マチコと小山登志夫が「運命の赤い糸」でつながってなかったのは良かったけど、どーせ小山登志夫と一生を共にするほどの「運命の赤い糸」がつながっていなかったなら例の店長さんの転勤前の例の店長さんとデートする日の前に切れて欲しかったわ❗
投稿者:美少女マチコ 2019-06-23 14:10:19
撮影大変じゃったろうな。絡まっては撮り直し、絡まっては撮り直し…監督の叫び声が聞こえて来そうじゃわい。所で赤い糸の相方が死んでたらどうなるんじゃ?
投稿者:孤高の老婆 2019-06-21 22:16:47
これ、奥博哉の『変』の盗作だからね
投稿者:名無し 2019-06-21 15:02:40
BG:ステキな物語ですね。
投稿者:平成1桁マン チーム山形 2019-05-20 20:18:31
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★動画紹介★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

https://www.youtube.com/watch?v=ddmWNmdYET0

 二日酔いで目覚めた奥田高志(中村繁之)は、左の小指に結ばれた赤い糸に気づくが、妹の由紀子(高橋由美子)には見えないらしい。だが、高志には自分だけでなく、由紀子をはじめとした周りの人たちの小指に結ばれた赤い糸が見えていた。高志は自分の赤い糸をたどっていく。すると、出勤途中、高志と同じように、赤い糸をたどっている女がいた。それが、篠崎留美(長山洋子)だった。(フジテレビ引用)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
投稿者:女女会 2019-05-13 12:48:55
https://www.youtube.com/watch?v=ddmWNmdYET0

いい話ということで・・・。
投稿者:名無し 2019-03-31 19:47:12
https://www.youtube.com/watch?v=ddmWNmdYET0

なるほど、運命とか赤い糸ばかり信じていると、おじいさんみたいに縁がないまま年とっちゃうのかな。
投稿者:留衣 2019-03-03 22:55:40
まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗
投稿者:美少女マチコ 2019-01-18 01:27:30
小山登志夫とマチコの糸はパパが切ってくれたわ❗
ってゆーか、別れたってことは始めからマチコは小山登志夫とは赤い糸でつながれていなかったってことよね。
投稿者:美少女マチコ 2019-01-04 01:10:03
美少女マチコさんの運命の赤い糸は、果たして誰につながっているか・・・。
投稿者:名無し 2019-01-03 19:49:07
主人公みたいに糸をたぐってたぐって毛糸のボールみたいになってた腰の曲がったオジイチャンと、その脇を綱引きの縄みたいな太さの糸を担いで歩いてくお兄さんを覚えてる。
会えない事もあるし、強固な絆で繋がれるっていうのが強烈に印象に残った。同時に一本ではないっていうのも…
投稿者:名無し 2018-06-14 03:29:45
有料ですがフジテレビオンデマンドで見られます。
配信期間は2018/04/07までだそうです。
投稿者:名無し 2017-07-31 10:13:54
懐かしい~。エキストラで会社に来た主人公に挨拶する社員やったんですよね~。
赤い糸がたくさんですごかった。
投稿者:名無し 2017-01-06 23:42:06
昔の恋愛ものって感じ。まあまあかな
投稿者:名無し 2016-01-30 12:04:02
ありがとうございました

早速、チェックしてみます。
投稿者:大ちゃん 2012-09-01 19:07:07
一番最初のシーンで流れる歌は

久石譲さんのアルバム「PRETENDER」に収録されている「MEET ME TONIGHT」ですね。



久石譲さんのボーカルです。
投稿者:ava 2012-08-27 12:11:05
懐かしい〜。

好きなお話でした(*´ェ`*)

中村繁幸だったんですね、そこはすっかり忘れてましたww
投稿者:an 2012-06-21 18:53:03
すみません言い忘れたことがあったんで連続投稿になりますが、この回の一番最初のシーンで流れた歌のタイトルは何ですか?気になります。
投稿者:大ちゃん 2012-01-25 15:29:43
これ放映された当時は、同じフジテレビで東京ラブストリーやってましたね。あの当時は私はかなりませてました。小6で結婚相手(一応は)になる予定の彼女がいました。

彼女の存在そのものが私にとって運命の赤い糸でした。高校の時にお互いに考え方が違うのが理由でその彼女と別れました。現在その彼女は一体どこでどうしてるかわかりませんが・・・・・・。



ところでこの話があってから20年以上たって現在未だに私は独身です。あの時がモテ期だったんだと実感しました。なんかせつなくなりました。
投稿者:大ちゃん 2012-01-25 15:09:01
最後のシーンが幻想的で印象に残ってます。

最後の場面で流れていた幻想的な

音楽のタイトルは

エンヤの「To go Beyond」という曲です。
投稿者:Tomo 2010-10-19 19:39:36
赤い糸はロマンがあっていい.
投稿者:神岸協会 2010-09-13 15:12:29
Feather moon さんに感謝です

すごく印象に残ってた話で一番好きな話です
投稿者:ゆき 2010-09-08 23:44:19
最後の赤い糸を互いに結ぶシーンで流れていた幻想的な音楽の名前、わかる方がいれば教えてください。全体的に普通でしたけども、あのシーンがよかったので星3つ!
投稿者:キム君 2010-07-27 21:47:49
動画探して見ましたが、正確なあらすじはくまっちさんの方が正しいですね。

以下、詳細版あらすじ。



主人公タカシは会社員。昨夜彼女と飲み過ぎたらしく、朝、妹のユキコに無理矢理起こされる。すると、小指に赤い糸が巻きついていた。

ハサミや包丁で切ろうとするが切れず、ユキコに見せてみたが、どうやら見えないらしく飲み過ぎのせいだと言われる。そのまま朝食をとる兄妹だが、タカシの糸はまだ消えない。ユキコに糸の色を聞かれてタカシが赤と答えると「運命の赤い糸かぁ…やっぱりカエちゃん(彼女の名前)と繋がってんのかな?」と言いだした。



会社に向かうと、道行く人の小指と言う小指から赤い糸が伸びていた。中にはホース並みに太い糸をぶら下げている人も。

タカシの赤い糸は前に伸びている。それを辿るように会社に向かっていたが、気付くと隣の女性と並行していた。その女性・ルミも赤い糸が見え、辿っていたらしい。やがて二人の赤い糸は左右に分かれ、二人はそのまま互いに名を名乗って別れた。



社内でも赤い糸は錯綜し、中には4本もの赤い糸を結び付けている女性社員がいたり、男性社員同士(片方が眼鏡のオカマちゃんっぽい社員)で繋がっているのが見えたりしていた。

タカシの糸を辿るとカエの机まで延びていた。が、カエの小指の糸はタカシ以外に隣の男性社員の小指にも…。(チャララーの効果音)



橋の下で傷心のタカシ。そんな時、大きな赤い毛玉を持った老人と出会う。どうやら自分の赤い糸を巻き取って作った毛玉らしく、それを編んでマフラーにして首に巻いていた。赤い糸の見えるタカシのそばに寄ろうとして、重い毛玉をうっかり転がしてしまう。それを足で止めて拾ったのはルミだった。

老人曰く、やはりこれは運命の赤い糸で、彼は運命の相手を探し糸を辿って5年10年20年と巻き続けたが、未だに運命の相手には会えていないらしい。「ここまで来たがもう駄目だ。気力体力尽き果てた」と諦める様に笑った。

「だったら放り出して他の相手探せばいいじゃないですか」とタカシが意見すると、

「馬鹿言いなさい! 運命には逆らえんもんだよ。行けよ! 行って相手を見つけろ。君達の糸はまだ赤い!」

二人の糸の色を見つめながら、老人は諭すように言った。

タカシとルミは再び糸の分かれ道で別れるが、二人にはまた会える予感がしていた。



夜道、糸を辿りながら老人との昼間のやり取りを思い出していたタカシ。

レストランの脇を通り過ぎようとすると、ユキコが窓を叩いているのが見えた。隣のボーイフレンドと思わしき青年がタカシに会釈をしようとしたのか立ち上がろうとして、そのままウェイトレスの運んできた飲み物を引っ繰り返してしまった。呆れるタカシ。

店内、自分の赤い糸と向かいの席に座るユキコとボーイフレンドの既に繋がっている糸とを見比べるタカシ。ふと窓を見ると、外には糸を辿っているルミの姿が。すぐに窓を叩いて彼女も店の中に呼んだ。

互いに自己紹介し合う4人。

「この人、新しい先っぽの人?」小指を立ててタカシに訊くユキコ。

「はぁ?」怪訝な顔のタカシを放っておき、ユキコは「お兄ちゃん好きですか?」と笑顔でルミに訊ねた。

「会ったばっかりだけど…うん、好きなんだと思う。ドキッとしたもん、さっき」少し照れたように笑いながら答えるルミ。

「お兄ちゃんの意見は訊くまでもない。目つき違うもんねー」「バーカタレ」



二人の気持ちを理解したユキコは、「じゃあ簡単じゃない。糸をちょん切って繋げればいいのよ」とアドバイスをした。

「そう言うのはね反則なんだよ」

「やってみたわけ?」「やってみたよ何度も」タカシは反論するが、

「一人でやるからよ。運命なんてね、二人で力を合わせれば…」と逆にユキコに諭された。



店を出て橋の上に佇むタカシとルミ。

ユキコがいつの間にか大人になっていた…とタカシが感心する一方、「運命を待ち、流され、逆らわず、誰かが作った大きな仕掛けに身を任せ」「やがて無涯に朽ち果てるか…やなこった」ルミもタカシも、昼間の老人の事を思い出し、このまま糸を手繰り続けるべきかを考えていた。

「反則…する?」

先に言いだしたのはルミだった。



「これが僕達の第一歩だ、よし」と自身の糸を両手で握るタカシ。糸は光り出し、脳内にユキコの声が蘇る。「一人でやるからよ。運命なんてね、二人で力を合わせれば…」

「そっか…」気付いたタカシは、同じく自身の糸を握っていたルミの手に自分の手を重ねて糸を左右に引くと、糸はやすやすと引き千切れた。更に輝きを増す糸。

驚きながらも、微笑んだルミが同じ様にタカシの糸を二人で引き千切り、互いの小指の糸を近付けると、絡み合った糸は伸び、ハートの形になって一本の糸へと繋がった。微笑み合う二人を祝福するかの様に、繋がった糸は輝きを増していった…。





感想としては、「世にも」には珍しく可愛い感じの話ゆえ好き嫌いがはっきり分かれるんだろうなぁ…と思いました。個人的には割と好きですが。長山洋子さんが可愛いのには同感。でも個人的には糸が見えないながらも良いアドバイスをした妹さんがMVPかな?
投稿者:Feather moon 2009-09-06 17:31:05
くっさw
投稿者:ボギー 2009-04-01 22:35:00
ロマンチスト

♪お前はっ!
投稿者:ネロ 2009-03-24 19:27:58
糸っていうか蛇腹ホースみたいなのまであったのを

よく覚えていますw
投稿者:なつい 2008-12-10 01:05:25
青春だな〜。
投稿者:ミユ 2008-11-06 17:12:03
青春ですねぇ。
投稿者:ミユ 2008-06-14 10:19:38
このデータのあらすじは奥浩哉の漫画「糸」と混合してる気がします。凄く似た話ですけど。
投稿者:matsu 2008-04-28 21:13:21
↑そんな話だっけ?
 主人公は子供ではないよ。男の子ではなく男の人。
 で、女の人の糸は最後は主人公の男とつながるけれど、妻子のある男性に繋がっていた・・・って、あらすじ混乱させてない?

1.主人公が起きる。
2.妹に小指の赤い糸を見せるが、見えない。
3.主人公が会社に向かう。赤い糸がありふれている。
4.主人公が会社に着き、赤い糸が錯綜している。
5.主人公の赤い糸の先に女の人がいた(同僚?)が、その女性の横にいた男性社員にもつながっていた。(チャララーの効果音)
6.その後、赤い糸をたどり続けたおじいさんに会う。
7.赤い糸はその後、女の人の糸は最後は主人公の男とつながって感動のフィナーレ。

・・・誰か新世にも奇妙な物語あらすじデータベースを作ってほしい。旧型では真実が見えないですから。
投稿者:くまっち 2007-03-08 16:17:44
長山洋子ってこんなに可愛かったんですね。
投稿者:purple 2007-02-19 21:43:31
なぜか可愛くて好きでした、この話。
いろんな糸があるんですよね。
投稿者:わあ 2006-10-19 01:13:15
あらすじ検索

キーワードを入力し、「検索する」をクリックしてください。複数のキーワードがある場合は、半角スペースで区切ってください。

クレジットカード比較の専門家
脱毛人気口コミランキング
青汁通販
車買取
車査定相場表
レーシック口コミ
FXとは
白髪染めランキング
フレッツ
楽天カード