第44話 あの日に帰りたい

タイムマシンを完成させて学会で発表した佐藤博士。
一方、その博士の親友だった江森(松尾貴志)は、昔研究を博士に譲り恋人を選んだのだが、今では妻の玉枝に邪魔者扱いされて散々な日々を過ごしていた。

「あの時佐藤に玉枝を譲って、自分だけで研究を進めていれば…」

江森は研究所にいる佐藤の首を機械で切断して殺すと、タイムマシンを使い学生時代の自分に戻った。

そもそも自分が玉枝と婚約しなければあんな生活を送ることも無かったんだ。そう考えた江森は、玉枝を振って佐藤と妻を結婚させることに成功。
そして自分一人でタイムマシンの研究をする。

元の時代に帰ってきた江森。
江森がタイムマシンの発明に成功する一方で、妻に邪魔者扱いされている佐藤の姿が。

研究所で高笑いをしている江森の元に、佐藤が現れた。
彼の手にはチェーンソーが握り締められていた…。

キャスト: 松尾貴史/村上里佳子
放送日: 1991.1.17
 

コメント投稿

名前:

コメント:

コメント一覧 (131件)

たけき者もついには滅びぬ・・たけくないけど滅びたな
投稿者:名無し 2019-10-20 23:59:58
たぶん、この話が図星で動揺していて口調があせってるか、本当のなりすましか、どっちかでしょう。
投稿者:名無し 2019-10-20 23:11:43
↓×6 ところで、この美少女マチコのコメントは本物なのか?もしや、なりすましでは?本物だったら、

> (略)こまかいことをつついて揚げ足取るのはやめてほしーわ❗
それから例の店長さんの名前はもー忘れてほしーし、書かなかったことにしてほしーわ❗

こうなると思うけど、なんか気になるな。
投稿者:名無し 2019-10-20 23:05:15
↓参議院議員の西田昌司先生の、西田砲を思い出した。前原元外務大臣を大臣辞任に追い込んだ件。
投稿者:名無し 2019-10-20 22:58:17
★再拡散まとめ★
①詐欺メス猿(美少女マチコ)が22歳であることの証明。

 「この話」の「2015年11月19日・0時4分30秒」の投稿。

> 私も一年前17才の時、学校帰りに寄ったゲーセンで知り合って付き合った男(以下略)

 さらに、「恐怖のカラオケ歌合戦」の「2019年10月14日・19時18分7秒」の投稿。

> (略)でもマチコは3月生まれで(以下略)

 つまり、2014年11月に17歳の女子高生なら、1997年(平成9年)3月に生まれたことになり、今の年齢は22歳になる。

 当時と書いてる内容が変わらないことを考えたら、美少女マチコは今、女子高生じゃないことは自明の理。


②店長さんの名前が貴弘の証明。

 これは、「呪web」の「2017年8月23日・12時44分42秒」の投稿。

> 小山登志夫を呪Webにかけて殺したいわ。
今さら貴弘さん(転勤前に良い思い出を作ってくれと私に最初で最後、(以下略)

 コメントをやめなければ、このことを拡散するしかない。つらいけどね。
投稿者:名無し 2019-10-20 22:52:10
その通り、書かなかったことにはできない。二度とコメントしないことでしか自分を守れない。
投稿者:名無し 2019-10-20 22:13:21
↓×2 なに、自分の罪も隠すって⁉自分の意志で墓穴を掘る証拠を残しておいて、バカじゃないか、この女は。蒸し返されたくなければ、何でコメントなんかしたんだ。お前がサイトに迷惑をかけ続けるなら、実年齢と貴弘の件は、永久に拡散するよ。だって、サイト荒らしに待ったをかけてくれた方が、貴重な証拠をつかんで証明してくれたんだからね。もう一度、大事なことだから言う。二度と投稿しないことが自分を守る唯一の手段。なりすましに遭ったときに学習しなかったツケでしかないな。
投稿者:名無し 2019-10-20 22:10:40
↓書かなかったことにすることは自身の罪も隠すって意味ですよね?
マチコの罪が既に外部へ蒔いているから覚悟してください。
あなたは現実を拒んでいるのはここに書いている皆さんもお分かりですからね?
二度と鼻で笑う事は許されませんよ?将来、恐怖の現実で痛い目に遭う羽目になります。
これでも問答無用で忌み嫌い続けるのなら、例の店長さんこと貴弘さんにもマチコのコメントに
絶句するはずです。22歳としてあるまじき行為でしたね?
投稿者:名無し 2019-10-20 21:46:23
遠い昔のコメントから「マチコが今女子高生なわけない」とか、こまかいことをつついて揚げ足取るのはやめましょうね❗
それから例の店長さんの名前はもう忘れてね❗
書かなかったことにしましょう❗
投稿者:美少女マチコ 2019-10-20 20:54:05
ネットって恐ろしいよ((((;゜Д゜)))
自分で投稿したコメントが、逆に自分を苦しくするから。読む人が読んで揚げ足を取るし。
この話にはマチコの実年齢が、「呪web」には店長の名前が載ってるからね。ああ恐ろしや…
二度と投稿しないことが自分を守る唯一の手段。
投稿者:名無し 2019-10-20 00:52:12
↓×13 見つけてくれた方に感謝。
投稿者:名無し 2019-10-19 19:11:37
22歳の詐欺メス猿マチコ、いい名前だな。
投稿者:名無し 2019-10-18 22:44:29
↓よく見つけたよね。でも、これよりもっと古い投稿があれば、実年齢上げられるね。
投稿者:名無し 2019-10-18 08:37:26
★再拡散希望★
 ウソツキメス猿(美少女マチコ)、お前は散々自分は今、女子高生と言っていたが、自分のこれまでの投稿で、違うことが証明された。この話の2015年11月19日0時4分30秒を注目しよう。

> 私も一年前17才の時、学校帰りに寄ったゲーセンで知り合って付き合った男(以下略)

 さらに、「恐怖のカラオケ歌合戦」では自分は女子高生という意味不明なことを言ってるけど、この話の2019年10月14日19時18分7秒の投稿。

> (略)でもマチコは3月生まれで(以下略)


 つまり、2014年11月に17歳の女子高生なら、1997年(平成9年)3月に生まれたことになり、今の年齢は22歳になる。

 もし、4年前の下にあるコメントが本物なら、書いてある内容が今と変わらず筋が通ってるし、仮になりすましだとしても、なぜ4年たった今も、4年前のコメントがなりすましと弁解しないか。以上から考えても、美少女マチコは若くても22歳と考えて間違いない。


 これが美少女マチコが今、女子高生じゃない証拠で、それでも女子高生と言い張るなら、住民票や生徒手帳、マイナンバー、保険証をSNSで公開してみろ。保険証をSNSで公開してみろ。じゃないと、誰も信じないぞ。
投稿者:名無し 2019-10-18 00:42:54
サイト荒らしてないで、はやく答えろ、ウソつきメス猿。

①自宅の電話にかけた元カレの事件で、なぜ元カレに自宅の電話番号を教えたのか。それについての非がなぜないのか。

②いくら貴弘との別れのデートとはいえ、小山登志夫と付き合ってたのに、浮気をしているという自覚はないのか。

③「カラオケBOX」の「2019年1月12日・22時29分17秒」引用。
> (略)それから鈍感な小山登志夫が、カラオケルームに必ずあるそのカラオケの機械に入った歌が全部載ってる本を枕にして(中略)「大体選曲するのにその本使うに決まってるのに、その上で寝るなんてバカねー❗」「歌う歌を見つけられないし、機械に歌いたい歌を入れられないじゃない❗(以下略)
一体、今から何年前の話だ?明らかにデンモクが出る前の話だろ。そうしたら、2003年より前になるから、22歳どころか、31歳の可能性だってある。

④もし、今後も女子高生とホラ吹くなら、いつ公的証明書(生徒手帳、マイナンバー、保険証、住民票など)をSNSに公開するのか。女子高生でないと認めるなら公開しなくていい。


貴弘は、サイト荒らしのお前なんか、嫌いに決まってるだろ。他人の迷惑がわからない奴を好きになるほど貴弘は変人なのか!?
投稿者:名無し 2019-10-17 11:17:08
↓22歳のマチコに、最高の特大ブーメランだね。★拡散希望★これは、みんなに共有してもらい真実だね。そういえば、「協力者」にて美少女マチコ無罪、小山登志夫有罪とかいって、自ら痴漢冤罪でっち上げた「斉藤飛鳥」は行方不明だし。美少女マチコだって、元カレの悪口ばかりで冤罪生み出してるから同じだけど。
投稿者:名無し 2019-10-16 07:36:05
お前の質問に答えた。今度は22歳のマチコが答える番だ。もしちゃんと質問に答えられず、また世にもにも質問にも関係ない長文コメントを羅列し、ほかのコメント投稿者に迷惑なコメントをかけた場合は、↓★拡散希望★の部分を外部にばら蒔く。そうしたら、お前は二度と女子高生だとは信じてもらえず、サイト荒らしとして罵詈雑言を浴びせられる。今やお前なんか誰も信じてない。


①自宅の電話にかけた元カレの事件で、なぜ元カレに自宅の電話番号を教えたのか。それについての非がなぜないのか。

②いくら貴弘との別れのデートとはいえ、小山登志夫と付き合ってたのに、浮気をしているという自覚はないのか。

③「カラオケBOX」の「2019年1月12日・22時29分17秒」引用。
> (略)それから鈍感な小山登志夫が、カラオケルームに必ずあるそのカラオケの機械に入った歌が全部載ってる本を枕にして(中略)「大体選曲するのにその本使うに決まってるのに、その上で寝るなんてバカねー❗」「歌う歌を見つけられないし、機械に歌いたい歌を入れられないじゃない❗(以下略)
一体、今から何年前の話だ?明らかにデンモクが出る前の話だろ。そうしたら、2003年より前になるから、22歳どころか、31歳の可能性だってある。

④もし、今後も女子高生とホラ吹くなら、いつ公的証明書(生徒手帳、マイナンバー、保険証、住民票など)をSNSに公開するのか。女子高生でないと認めるなら公開しなくていい。


さあ、答えてみな。みんなが納得する形で。できないなら、二度とこのサイトで、小山登志夫やら貴弘のコメントはするな。お前はこれまで、このサイトに投稿する自由・権利を履き違えただけだ。長文になったことをお詫びします。
投稿者:名無し 2019-10-16 07:26:57
↓22歳のマチコに答弁しましょう。「呪web」の「2017年8月23日・12時44分42秒」の、お前のコメントに書いてあった。自分で書いたんだぞ。マヌケコメント読み返してみな。

> 小山登志夫を呪Webにかけて殺したいわ。
今さら貴弘さん(転勤前に良い思い出を作ってくれと私に最初で最後、(以下略)
投稿者:名無し 2019-10-16 07:03:37
それに「さて、世にもの感想に戻るか!」って乞爺魔吐死汚に例の店長さんの方からマチコにお願いしてきた最後の、しかもそれまでにあの日以外も例の店長さんの方からデートをお願いしてきて何度かチャンスがありながら、その日たまたまマチコに他の用事があったりママに夜の外出を止められたりでお互いデートできなくて、一日だけの例の店長さんとのデートを短縮された上に、ただマチコにとって不運にもたまたま乞爺魔吐死汚が自分のケータイ買ったってだけで、マチコが乞爺魔吐死汚に会いに来る約束した時間前に乞爺魔吐死汚にマチコのおうちに電話までされる目にあってパパかママが出ちゃったらパパとママに対しても乞爺魔吐死汚に対しても困るハメになったんだから、マチコこそが「絶世の美少女なのに幸せになれない」または「絶世の美少女故の悲劇」ってことで充分世にもの悲劇の主人公だわ❗
投稿者:美少女マチコ 2019-10-16 06:40:54
ちょっと何であんた例の店長さんの名前を知ってんのよ⁉
投稿者:美少女マチコ 2019-10-16 06:20:52
↓エンディング「RCサクセッション」
♪台風あがりにあの世へ♪(雨あがりの夜空へ)

こんな台風に マチコいかれちまった
マチコのポンコツ とうとうつぶれちまった
どうしたんだHeyHeyBaby ムダ投稿だけビンビンだぜ
いつものように罵り ぶっ飛ばそうぜ
そりゃあひどいなりすまし した奴もいた
だけどそんなときも お前は投稿
どうしたんだHeyHeyBaby 根性直してくれよ
いつものように書いて ぶっ飛ばそうぜ
Ohどうぞ勝手に死んでくれ くたばるまで
Wooいつまで続くのか 見たくはないぜ
こんな日に マチコの根性悪い
こんな台風に 成長しないなんて
こんな事いつまでも 長くは続かない
いい加減明日の事 考えた方がいい
どうしたんだHeyHeyBaby いつまでそんなウソつくの
昔のようにサイト 見守ろうぜ
投稿者:名無し 2019-10-16 02:08:47
じゃあ今週のマチコサスペンス劇場(最終回)は、実年齢22歳が発覚して、サイト荒らしとウソツキがバレて、貴弘に一生会えずに死んでゆく、ウソツキメス猿の惨めな人生物語。最高の結末だな。さて、世にもの感想に戻るか…。
投稿者:名無し 2019-10-16 01:47:48
↓そうでしたか。美少女マチコは2015年11月19日0時4分30秒のコメントを使い回してたのか。これは明らかに美少女マチコが今女子高生でない証明だね、博士、やりましたな。そういうわけで、実年齢がバレた以上、もうサイト荒らしはやめるんだ、マチコ君。
投稿者:名無し 2019-10-16 01:33:04
★拡散希望にしとくか★
 ウソツキメス猿(美少女マチコ)、お前は散々自分は今、女子高生と言っていたが、自分のこれまでの投稿で、違うことが証明された。この話の2015年11月19日0時4分30秒を注目しよう。

> 私も一年前17才の時、学校帰りに寄ったゲーセンで知り合って付き合った男(以下略)

 さらに、「恐怖のカラオケ歌合戦」では自分は女子高生という意味不明なことを言ってるけど、この話の2019年10月14日19時18分7秒の投稿。

> (略)でもマチコは3月生まれで(以下略)


 つまり、2014年11月に17歳の女子高生なら、1997年(平成9年)3月に生まれたことになり、今の年齢は22歳になる。

 もし、4年前の下にあるコメントが本物なら、書いてある内容が今と変わらず筋が通ってるし、仮になりすましだとしても、なぜ4年たった今も、4年前のコメントがなりすましと弁解しないか。以上から考えても、美少女マチコは若くても22歳と考えて間違いない。


 これが美少女マチコが今、女子高生じゃない証拠で、それでも女子高生と言い張るなら、住民票や生徒手帳、マイナンバー、保険証をSNSで公開してみろ。じゃないと、誰も信じないぞ。
投稿者:名無し 2019-10-16 01:14:50
このサイトができる前のサイトはここまで執拗に荒らすやつはいなかったと思う。
投稿者:名無し 2019-10-11 15:14:48
AQ:708ある経絡秘孔の一つ、『あの日に帰りたい』という秘孔を突いた。お前はまだ、25だ。byケンシロウ
投稿者:平成1桁マン チーム山形 2019-05-15 07:37:56
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★動画紹介★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

https://www.youtube.com/watch?v=-ERtC94Mo4g
(最初~11:59)

 タイムマシンの開発に成功した博士の佐藤誠一(五代高之)。一方、大学時代に佐藤と一緒に研究していた江森和彦(松尾貴史)は、今は小さな会社の研究員で、妻の玉枝(村上里佳子)や子供たちに邪魔者扱いされ散々な日々を送っていた。もしもあの時、佐藤に玉枝を譲って、自分が研究を続けていたら…江森は、タイムマシンで過去に戻ろうとする。(フジテレビ引用)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
投稿者:女女会 2019-05-13 11:10:45
https://www.youtube.com/watch?v=-ERtC94Mo4g

削除される前に、見てしまおう。
投稿者:名無し 2019-03-31 18:56:15
まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗
投稿者:美少女マチコ 2019-01-18 00:44:48
↓今のコメントは、日経新聞の活字よりもきついです。
投稿者:名無し 2019-01-03 18:39:40
昔のコメントは長文でもほんとに熱心でいいね
投稿者:名無し 2018-12-19 17:23:13
ブラック系
投稿者:名無し 2018-10-25 22:43:31
例の店長さんとの最後のデートのチャンスの日に門限ぎりぎりまで例の店長さんだけとデートするには、その前の日に小山登志夫に嫌われるようにするしかなかったのよね。
てか、別に嫌われるように意識しなくても例の店長さんとデートの約束した日の件で「どーしても明日も会いに来い!」って駄々こねた時点でフッてやりゃ良かったけど。
その時は、ただひたすらその日は例の店長さんだけとデートしたかっただけで、何も小山登志夫に嫌われたいとまでは思わなかったけど、今の気持ちで言うとってゆーより、当時の自分で気がつかなかった本当の気持ちは小山登志夫に何だかんだ会いに来いって駄々捏ねられた時の心境は、まさに「嫌われたいのに愛される」だったわ❗
投稿者:美少女マチコ 2018-06-25 00:41:30
本来なりすましは正真正銘の迷惑行為だが、(自称)美少女マチコのなりすましに関しては自業自得・因果応報の一言に尽きるな
以前に自分がここの他のスレッドで言った「自由」という言葉の意味を自身だけに都合のいい様に曲解して、今後もこのサイトのコメント欄に好き勝手書いていく旨を宣言したことで、偶々そのコメントを見た見ず知らずの荒らし愛好者達に「それなら自分達が美少女マチコになりすますことも自由だよな?」という更なる曲解を招いた結果では?とも思えるしな
とにかく、(自称)美少女マチコは自身のなりすましを止めて欲しければ、まずは自身がここのコメント欄を私物化して主旨違いな発言を羅列することをやめるしかないな
(自称)美少女マチコが今のやり方を継続する限り、なりすましも粘着を止めないと思えるしな

投稿者:名無し 2018-06-17 20:56:41
毎日毎日よく飽きないね。誰も読んでないのに・・
投稿者:名無し 2018-06-17 20:15:52
自作自演でしょうが
投稿者:名無し 2018-06-17 20:10:22
自作自演なんかじゃないわ❗
投稿者名に私の名前勝手に使って私になりすまして投稿するやつがいるのよ❗
投稿者:美少女マチコ 2018-06-17 17:55:53
何か、美少女マチコの自作自演が最近ひどくなってる。
悪いこと言わないから、もうやめた方がいいよ。
せっかくあらすじ書いても、コメントが酷くて嫌になってしまった。
投稿者:留衣 2018-06-17 15:49:04
あ~ら、↓×2のコメントは本物の私がしたのよ❗
だから↓×1のコメントの方がニセ美少女マチコよ❗
でもまあ確かに親切とか律義ってことにしてもバカって表現はしないべきだったわ。
親切で律義過ぎるって表現までにしとけば良かったし、「その日は学校が終わるから」ってとこは「その日はいつもより学校が終わるのが遅いから」の間違いだったわ。
投稿者:美少女マチコ 2018-06-17 14:44:07
↓私こんなコメントしてないわよ❗
勝手に私の名を使って美少女マチコになりすまさないで欲しいわ❗
それに私は絶世の美女で、バカじゃない。 まいっちんぐー❗
投稿者:美少女マチコ 2018-06-17 12:01:43
あの店長さんの転勤真際にあの店長さんの方からマチコに頼んできたデートの日も、バカ親切もいいところなぐらい律義に、せっかくの本来ならあの店長さんともっと居られた時間を短縮してまであの約束した時間までに遅れないで小山登志夫に会いに来てあげてから「お前んちに電話した」って言われた段階になってから小山登志夫と別れようと思ったとしても甘いし遅いのよね。
あの店長さんとの最初で最後のまたとない貴重なデートの日も、マチコが「その日は学校が終わるからたった五分程度の為だけにあんたに会いに行くなんて面倒くさいから行きたくない」とか「時間がないのよ」とか「その日は都合が悪いの❗」って言ってるのに何だかんだ「俺に会いに来い!」って聞かなかった時点で別れるってか、そんな男は振ってやるべきだったのよ❗
投稿者:美少女マチコ 2018-06-17 09:52:54
あの店長さんとの最後のデートのチャンスで、既にあの店長さんとお別れ真際のデートを約束してた時も、小山登志夫が「明日も俺に会いに来い!」って言った時「あんたはいつも通りに待ち合わせ場所のゲーセンに来るだけだから特に疲れていないでしょうけど、私は学校が遅く終わるから待ち合わせ場所まで行くのに疲れるし、あんたはそれから私の門限までのたった五分程度でも会いたいほど私を好きだけど、私はそこまでしてあんたに会いに行きたくないから私はあんたをそれほど好きじゃないのよ❗」って言うべきだったわね。
投稿者:美少女マチコ 2018-06-03 23:41:00
新元号のスタートまであと349日。あのー、美少女マチコさん、知ったこっちゃないって感じでしょうが、余計な仕事を増やすような真似はやめたまえ!!ホント、何の勝負をしているのか分かったもんじゃありません。
投稿者:奇妙段位3段 2018-05-17 07:29:43
小山登志夫と付き合っちゃったのは人生の汚点だわ❗
投稿者:美少女マチコ 2018-05-16 22:49:08
あの店長さんの転勤真際の最初で最後のデートのチャンスの日に小山登志夫に会いに行かないとか、別れるって以前に、そもそも始めから小山登志夫と付き合わないべきだったのよ❗
だからマチコはあの店長さんが元居たとことは別の、通学中の乗り換え駅に最寄りの始めて入った出会ったゲーセンで小山登志夫と出会う直前に戻って、小山登志夫と顔を合わせないで小山登志夫と関わらないようにしたいわ❗
投稿者:美少女マチコ 2018-05-16 22:45:14
何で小山登志夫なんかと付き合っちゃたのかしら⁉
見たばっかりの始めは性格まで分かるわけなくて、性格は見た目の印象からしか想像できないけど、外見的にもマチコがホントに好きなタイプじゃない筈なのに。
今思うと小山登志夫なんか見るからに不真面目そうで、やらしいエロそうな顔で、実際エロくて針金のような直毛の河童頭だからエロガッパで、性格最悪だから付き合ってからもっと外見も醜く見えたってのも有ると思うけど、もしあの店長さんのような外見的にマジメそうでカッコ良くてマチコの好みの男が小山登志夫の性格で、付き合ってから精神的に散々傷つけられたとしたらショックで、外見がカッコ良くてマチコの好みなだけに始めに抱いていたイメージを崩されて失望するから、まあ、小山登志夫が性格最悪で、あの店長さんはいい人で良かったわ❗
投稿者:美少女マチコ 2018-05-16 22:32:46
小山登志夫なんていうマチコと一日会えないのも我慢できない(つまり一日の間も空けずにマチコに毎日マチコと会わなきゃ気が済まない)その上普段から「土曜は家にパパが居るから電話しないで❗」って言ってあるし、しかも「約束した時間までに会いに来る」って言ってるのにマチコの家に電話しちゃう、そんな情けないヤツと付き合ってたなんて泣けてくるわ・・・・・・・・・
投稿者:美少女マチコ 2018-05-12 20:46:31
でもあの時小山登志夫に「電話されるならあんたに会いに来なきゃ良かったわ❗」って言えば良かったわ。
そしてハッキリと「来たくないのに、あんたが駄々こねるから大変な思いして無理に来てあげたのに」とも言って。
投稿者:美少女マチコ 2018-05-12 11:34:59
どーせあの店長さんとデートのチャンスの最後の日に小山登志夫にうちに電話されるハメになるなら、小山登志夫に会いに行かなきゃ良かったわ❗
でも来る約束しといて行かなきゃ行かないで、約束した時間過ぎたらまたうちに電話されて、次には親が(特にパパが)出たら困るのよね。
始めから会う約束しなくてもマチコにとって運悪く小山登志夫が携帯買ったって理由で用件もないのにうちに電話することは変わりないから、あの店長さんとのデートの前に小山登志夫と別れるべきだったのよね。
投稿者:美少女マチコ 2018-05-12 00:50:32
マチマチコの言う小山登志夫はサル顔で針金みたいな硬くて太い直毛の河童頭で背高ノッポで骨男か雌蚊のように痩せ細りんで幽霊か貧乏神みたいな外見の男よ❗
そいつには注意しましょう。
投稿者:美少女マチコ 2018-05-10 23:31:11
マチコの言う小山登志夫と名前も字も同じ同姓同名の別人なら、その男は別だけど。
投稿者:美少女マチコ 2018-05-10 23:26:20
世の女性の皆さん、小山登志夫と付き合うと大惨事になって悲惨で最悪な目にあうから小山登志夫って男がいたら付き合わないようにしましょう❗
あんなやつと付き合ってしまってから付き合う前の「あの日に帰りたい」なんて思っても手遅れなのよ。
投稿者:美少女マチコ 2018-05-10 23:23:52
何か、世にもと全く関係ない話が・・・

「世にも」のあらすじですよね?自叙伝多すぎ・・・
投稿者:名無し 2018-05-10 11:35:42
母は私の学校のスケジュールを把握してるから学校の帰りが遅いということにはできず、その日も当時彼氏だった小山登志夫といることにしてたから、あの日ヤツがかけた電話にお姉ちゃんじゃなくて母が出たとしたら、貴弘さんとの思い出が中途半端になった上に、私はその時彼氏だった小山登志夫といないってことになって「どこで何してたの?」って言われることになって親はゲーセンという場所を嫌っていて、ましてそこにいる人と私が関わらないで欲しいという考えだから彼がいかにハンサムでいい人だとは言え、「ゲーセンの店長とデートしてたの」とは言いづらいし、ヤツにもその日は学校の帰りが遅いって言ったことが嘘だと分かって「学校が早く終わってるのに、すぐ俺に会いに来ないでどこで何やってたんだ?」 って言われることになったでしょうから二重に困る上に貴弘さんとのデートも中途半端になるって踏んだり蹴ったりで大泣きする目にあってたわ!
父はその時小山登志夫はってゆーか、私の彼氏の存在を知らなかったから真相がバレ次第「何だ男と付き合ってたのか!しかも二人もとはどーゆーことだ!」ってことになってもっと大変だったわ。
ヤツがうちに電話したことによってヤツにも両親にも同時に責められることになっても貴弘さんとのデートは満足にできたか、その逆で貴弘さんとのデートは中途半端になってもヤツにも親にも真相がバレないかのどっちかならまだいいけど、ことのなりゆきによっちゃー両方マズくなった場合だってあったわ。
あいつ要件もないのに電話なんてしてバカじゃないの?
投稿者:美少女マチコ 2017-08-03 23:42:39
今考えると小山登志夫なんて別の好きな男が絡まなくても単独にしたって会いに行くに値しないヤツだし、その日私がヤツに会いに行かなきゃヤツが死ぬとしたって会いに行くに値しない存在だったわ。
だから待ち合わせ時間に遅れたワケでもないのにただ携帯を買ったってだけで必要もないのにうちに電話したって聞いた時は本気で「あんたなんか死んじまえ!」って思ったし頭に血が上って血管がブチ切れそうになって、そんなヤツの為に牢屋に入れられて美少女として生まれた私の人生を棒に振るうなんてバカみたいだから殺しはしなかったけど殺意を感じたわ。
ヤツに他の男と付き合ってたことがバレるから、それも口にできなかったけど「あ~ん貴弘さーん!」(ハンサムな店長さんの名前)って叫んで涙と声がかれるまで泣き続けたかったわ。
「貴弘さんとの私の時間かえせー!」
投稿者:美少女マチコ 2017-08-03 23:09:39
そりゃ小山登志夫とかゆー貧乏神に似たトビの男とまともに付き合ってやったのは美少女マチコだけだろーから、ヤツにとって美少女マチコはたった5分間だけでもその日も会いたいと思うに値する人物だったワケだよ。
美少女マチコにとっちゃーそのたった5分の為に好きな男との一回切りのデート(しかもその彼の方から頼んだデート)を中途半端にするなんて冗談じゃなかったワケだし、たった5分でなくたって、ヤツはその好きな男との一回切りのデートを中途半端にしてまで会いに行くに値しない男だったワケなんだろーが。
投稿者:名無し 2017-07-31 00:51:03
あれが本当に3才の男の子だったらってゆーか、それぐらいの年の自分の子供だったら、学校や仕事がなければ、これと言った必要が無くてただ一緒にいるだけでも「ママぼくといて、どこへも行かないで!」って言ったら一緒にいてあげるし、小さい自分の子供をほったらかして愛人の男に会いに行くようなことは、しないわ。
でも小山登志夫は、滅多に無いせっかくの色男の誘いを断ってまで一緒にいてあげなきゃいけないほどの存在だったのかしら?
投稿者:美少女マチコ 2017-06-23 16:08:07
そもそも猿や貧乏神の外見でエロガッパで3才のガキ程度の中味の小山登志夫と付き合わなければ、いつも小山登志夫と待ち合わせしていたゲーセンと別のゲーセンの店長だったハンサムな男が「もうすぐ遠くに転勤するから今週の土曜は俺とデートしてくれ」って言う言葉に思う存分応えられたし、必要も無いのに小山登志夫にうちに電話されることもなかったのよね。
それにしても何で私はあの日小山登志夫に「土曜はダメだからいつもの待ち合わせ場所に行かないから!」って言わないでヤツに合わせちゃったのかしら?
いつも仕事で忙しかった彼がわざわざ私を誘ってくれたのに腹が立つったらないわ!
あの店長さんとのデートの思い出が中途半端になったことと彼の希望に応えてあげられなかった悔しさは忘れられないわ!
投稿者:美少女マチコ 2017-06-23 15:43:32
こわ

投稿者:りんご 2017-05-30 11:59:21
妻がいい人でも結局けんかしそうだな

投稿者:名無し 2017-05-29 17:21:48
結婚する女は、よく考えてから選びましょう。
世にも奇妙な物語。
投稿者:名無し 2017-05-29 02:14:44
「ズバリ理想の低い美少女でしょう!」
投稿者:マリ 2017-05-07 14:37:54
幾ら一年前で過去のこととは言え、小山登志夫と結婚を前提に付き合っていたなんて、美少女マチコは何て理想の低い女でしょう!
そんなヤツと結婚するぐらいなら一生独身主義で自分の人生は自分で切り拓く方がマシでしょう!
投稿者:マリ 2017-05-07 14:13:25
どちらも玉枝を振って共同でタイムマシン開発に着手して見事成功する、がトゥルーエンドってことか
でもお互いそれに気付かないまま相手を○してタイムマシンで過去に戻って…の無限ループ
投稿者:名無し 2017-05-01 16:43:13
あんなやつ二度と会いたくないわ。
ケッ、ケッ!!
投稿者:美少女マチコ 2017-04-18 12:19:44
うちのパパもトビ職の元カレ小山登志夫のことを「何じゃ?あの男は!見るからにサルか貧乏神みたいじゃないか。あんな男と結婚したらマジで貧乏になるぞ!」と言った。
投稿者:美少女マチコ 2017-04-08 22:34:37
私が以前行ってたゲーセン(今は閉店した)で知り合って付き合った猿や貧乏神に姿が似たひねくれ者で僻みっぽいくせに私に意地悪な、私より干支一回りも年上の(つまり12才上)のトビをやってる元彼の名は小山登志夫です。
私の親もヤツのことを「まさかトビだとは思わなかった!」と言っていました。
この物語の教訓は「男が結婚する女はよく考えてから選ぶべきだ」ということであるように、女も付き合う男は、よく考えてから選びましょう!
投稿者:セクシー美少女マチコ 2017-02-08 13:03:39
チェーンソーが怖かった
こうやってお互いを殺しあってきたんだ
投稿者:名無し 2016-11-26 18:45:55
これ面白いんだけどなあ
チェーンソーってのが怖すぎるw
投稿者:名無し 2016-11-13 01:40:29
ヤツらに会うことはもうないけど、あの頃はいずれにせよ若いってだけでこの先長くて将来の希望が有るから良かった。
高校時代からの学園時代に帰りたくて帰りたくない。
男二人組のボーカルのBZ(ビーズ)の稲葉浩志の歌の一つ(曲名忘れた)の歌詞にも「あの頃に戻りたい戻りたくない」ってのが有ったなあ。
投稿者:ラン丸 2016-09-12 00:28:57
私の場合、高校に入学してからすぐに惚れた男性教師が顧問の部活に入ったことで、その男性教師とどーのこーのってことはなかったが、その部活の部員だけでなく、その学園の2才下全員に有名なってヤツらに会うたびに時と場合と所構わず騒がれて、からかわれケンカを売られ嫌がらせをされるハメになっただけでなく、それによって先生や親にまで理不尽な対応をされるハメになったってワケだから異性関係ではないけど。
投稿者:ラン丸 2016-01-21 15:30:19
そりゃあ私の場合はただ一言「高校に入学してから顧問の若い男性教師に惚れたという理由で2才下がいるあの部活に入る前の日に帰りたい」

投稿者:ラン丸 2016-01-16 09:33:16
↓なるほどそういう意味か。
お気の毒に。
その人にもよるけど、そりゃ中国より日本の方がいいよ。
日本に帰りたいとか日本にいた日に帰りたいっていう意味でこの物語にコメントなさったんですね。
人それぞれ事情が有って「あの日に帰りたい」と思うし、おのおのその事情は違えど「あの日に帰りたい」という思いは同じですね。
投稿者:名無し 2016-01-16 00:06:00
わたしは中国人です。今中国にいる。日本に行きたい,日本が好きですから。
投稿者:名無し 2016-01-15 23:19:33
♪どうでもいいですよ
投稿者:だいたひかる 2016-01-15 19:10:06
美少女マチコさんがハーフだろうがクオーターだろうが、どうでもいいけど世にもの「ハイヌーン」のコメントに美少女マチコさんについて日本一のかわい子ちゃんかも知れませんと有ったが、ハーフよりかわいいってことは日本一どころか世界一のかわい子ちゃんなのでは?
投稿者:名無し 2016-01-15 17:40:55
もうハーフだろうがクォーターだろうがどうでもいい
投稿者:名無し 2016-01-15 12:58:38
↓中国人とか、ここに全部日本人ですかとか意味不明。
ここにコメントする必要有る?
それこそこの物語やこの物語に対する意見や感想と無関係じゃん!
ハーフ顔負けのかわい子ちゃんということは美少女マチコさんは日本人の両親から生まれた純粋なる日本人でもハーフの女よりかわいいということで、ハーフではないってことでしょ。
投稿者:名無し 2016-01-15 10:01:39
ここに全部日本人ですか。日本が好きです。
投稿者:名無し 2016-01-14 23:38:06
中国人だぞ
投稿者:名無し 2016-01-14 23:35:33
今日の午前中にここにコメントした名無しだけど「昔みたい」と「幸福の選択」だった。
投稿者:名無し 2016-01-13 12:35:21
きちんと感想を述べている人もいるけどここもずいぶん荒れたなぁ。。。幾つも名前変えてよくわからんこと書いてるのもいるし。。。10年前の方が楽しかったな。
投稿者:さようなら 2016-01-13 12:00:54
世にもの「あの日に帰りたい」と「幸福の選択」のコメントも読んだことあるから自称美少女マチコことハーフ顔負けのかわい子ちゃんが女子校の女子高生だって知ってるのさ。
世にもの最新のコメントを読んでいれば分かるでしょ。
女子校に居りゃあ、そりゃ男が恋しくもなるわな。
投稿者:名無し 2016-01-13 09:53:45
自作自演が半端ない
投稿者:名無し 2016-01-12 16:19:30
何をしでかすか分からないノータリンの猿トビ男に自宅に電話された時に、たまたまお姉ちゃんが出たから良かったけど、美少女マチコさんが一人っ子だったら両親のうちのいずれかしか出ないに決まってるから逃げ場がなかったから、貴女にきょうだいがいて良かったですね。
貴女のママの方は猿トビ男の元彼に会ったことがなくて当時はどんな男かも知らなかったワケだけど、マチコさんに彼氏がいることは知っていて、その日学校の帰りが遅くなるとは思っていなくて、その日もいつも通り授業が終わったらその男といると思ってたようだからママに出られても困ったし、パパの方は貴女に男がいること自体を知らなかったから、その時間学校にいるとばかり思っていたからパパに出られたら尚更困っただろうし、パパが出てパパがその場に居るママに事情を話せばママも状況を知ることになっただろうし。
でも両親ともマチコさんの彼の存在を知らなければってゆーか、親がパパだけだったら学校が終わったらすぐ帰宅しなきゃならなくて、男とデートとか寄り道による帰宅までの自由な外出すらできなかったでしょう。
人生イヤなこともいいことも有るから、その猿トビ男と別れた後すぐに優しいオジさんと知り合えて良かったですね。
マチコさんは希なほどの美少女なのに女子校にいるから同世代の男と知り合う機会がなくて勿体ないけど、そのオジさんとの関係が続くといいですね。
猿トビの元彼と付き合ってた時と違って週に一度しか会ってないようだけど、だからこそ、そのオジさんとの付き合いを大切にして今のところは二股かけたりそのオジさんを裏切るようなことは、しない方がいいよ。
貴女の経験からも二股かけると(貴女の場合二股とは言えないが)両方の男に気を使わなきゃならなくなって大変だけど、付き合ってる男が一人なら、その男の為だけに尽くせるし何とかなるから。
今のところは若い男との付き合いがなくても学校を卒業して社会人になれば、これから男と接する機会や若い男を選ぶ機会は幾らでも有るよ。
貴女ほどの美女なら。

投稿者:名無し 2016-01-12 13:05:22
何マジになってんの?
投稿者:怖い 2016-01-12 07:18:10
すごいな
投稿者:名無し 2016-01-12 07:15:50
それに美少女マチコさんはロクでもない男と長期間付き合った経験も有るからこそ、「付き合う男はよく考えてから選びましょう!」っていう忠告ができるんです。
投稿者:名無し 2016-01-12 00:10:05
この物語は主人公が男で玉枝という女ではなく研究を選べば良かったという物語で、二人のうちどっちの異性を選べば良かったとか、二人以上のどの異性を選べば良かったという話ではないが、付き合う異性を間違えるなというこの物語の教訓として「付き合う男は、よく考えてから選ぶようにしましょう!」という忠告は、男を選べないようなブス女が言うなら説得力ないってゆーか、言う資格もないけど、美少女マチコさんが言うからいいんですよ。
投稿者:名無し 2016-01-11 23:50:03
↓この方は美少女マチコさんが自分で自分のことを絶世の美少女だって言ったのか疑ってらっしゃるようですが、自他共に認めてるなら、かなりの美少女に間違いないし、その確率が高いと思うのが普通じゃないでしょうか?
彼女自身が例のサルトビ男より、その男と出会っていつも待ち合わせ場所にして会ってたのと他のゲーセンの店長だった若くてハンサムな男と付き合った方が良かったことは勿論ですが、男側にとってもサルトビ男より元そこのゲーセンの店長だったハンサムな男の方が美少女マチコさんに付き合って貰うに値したと思います。
ワガママでガキみたいなサルトビ男が彼女と付き合えて、何でハンサムで性格のいい方の男が転勤で別れ間際の一日たりも彼女とロクにデートできなかったんだと理不尽に思えてなりません。
そのハンサムで性格がいいマジメな彼すら美少女マチコさんにロクに付き合って貰えなかったのに、どうしてそのサルトビ男が付き合えたのよ?と思います。
美少女マチコさんにもハンサムな方の彼にとってもお互い良くない結果になったので神様は不公平過ぎて、そのハンサムな男に厳しくトビ男の方に甘いじゃんと思ったが、それは神様ではなくてサルトビ男のせいだと思いました。
若くてハンサムなその男は仕事の都合で遠くの県に転勤してしまったから付き合い続けられないし、転勤する前も仕事が忙しくて女とデートどころじゃなかったし、店長でもゲーセンに勤めてたぐらいだから収入だって満足にないかも知れないから結婚の対象にはならないとしても最後の一日ぐらいまともに付き合ってあげれば良かったですね。
その男かわいそうです(涙)。
投稿者:マリ 2016-01-11 23:17:06
「自分で言いますか。。。」大事な事なので2回言いました。
投稿者:ブランディアのCM 2016-01-11 22:11:40
私は自他共に認めるハーフ顔負けのかわい子ちゃんで、正統派の美少女なの!
投稿者:美少女マチコ 2016-01-11 20:27:42
自分で言いますか。。。。
投稿者:ブランディアのCM 2016-01-11 19:41:26
そのノータリンで捻くれ者のサルトビ男(顔と髪質も含めて髪形と体形が猿みたいでトビ職の男)たとえどんなにつらく当たられたとしても美少女マチコさんのような女性と付き合えた事(しかも一年間も)が自分にしては如何に幸せだったかを思い知るべきだね。
投稿者:名無し 2016-01-11 12:35:54
美少女マチコさん、貴女曰く貴女は絶世の美少女だし、貴女自身が「美人ほど男を選ぶ幅が広くなる」って言ったのに、貴女、干支一回り近くも年上の外見的にも猿や幽霊みたいなロクでもない男とよく一年間も付き合えましたね。
相当我慢強いっていうか、さぞかし相当ストレスが溜まったでしょう?
ある意味尊敬しますよ。
私は特別美人でもブスでもない普通の女ですが、私だったらそんな猿男と一日たりとも付き合えませんよ。

投稿者:マリ 2016-01-11 12:16:56
世にもの他の物語の「ボクの好きな先生」にコメントした人が言った通り私は「ブス女は男を選べない」って言ったけど、この物語にコメントした時は「付き合う男は、よく考えてから選びましょう!」って言ったから、それは私ほどじゃないにしても、ある程度の容姿と魅力を持った女性に対して言ったことよ。
それ以外は論外なのよ。
でもそりゃあブス女だって私が以前付き合った例のトビ男のような男じゃイヤなら振る権利だって有るわ。
ブスだって自分と付き合ってくれる気が有る男なら誰でも付き合わなきゃいけないってことは、ないのよ。
ブスは、どーせロクな男と付き合えないでしょうから、男は選べないけど、そのロクでもない男と付き合うか一人者でいるかは選べるわ。
ブスができる選択は、それしかないわね。
でもまあ、どんなにどーしょもない男だってブスよりかわいい女の方がいいに決まってるから私は美少女だからトビ職でノータリンで性格的にもひねくれていてワガママで意地悪で外見も幽霊や猿みたいな男とでも付き合えたんだけどね。

投稿者:美少女マチコ 2016-01-08 01:01:49
チンカスが喋っとる
投稿者:名無し 2016-01-07 23:07:45
それにここにコメントした人で私のことコイツって何よ!
私を誰だと思ってるの?!

投稿者:美少女マチコ 2015-12-18 11:39:06
つまり私はオジさんだけじゃなくてハンサムな若者にもモテる上に決して二股かけたワケじゃないってことと、私は綺麗でまだ若いから男にしても将来に対しても充分望みが有るってことです。
昭和のアニメにの「魔女っ子メグ」の歌に「お化粧なんかは、しなくても、あなたは私にもう夢中」という歌詞が有るし私もそうだけど、その上「勉強なんかは、しなくても、あなたは私にもう夢中」です。
同じメロディーで歌えます。
私はたとえ勉強ができなくても、それを充分フォローできるぐらいのかわい子ちゃんということだけど、そこそこに勉強は、してます。
30代で独身のプー太郎おばさん、あなたは既に人生終わっていますよ。
投稿者:美少女マチコ 2015-12-17 22:54:18
私のコメントに対して「なにいってんだコイツ」って言った人いるけど、結論としては「付き合う異性はよく考えてから選ぶべきだ」ということで「選んだ異性によって人生失敗したから、あの日に帰りたい」と思ったのが、この物語と私の経験との共通点ということだから私がコメントした内容は、この物語と関係なくないわ。
私は、この物語と自らの経験から「付き合う男はよく考えてから選ぶようにしましょう!」って世の女性方に忠告してあげたのよ。
実はその「学校の都合で帰りが遅くなって門限も有るから、いつもの待ち合わせ場所(例のやせほそりんで貧乏神か骨男のような見た目の僻みっぽくて嫌味で意地悪でワガママなロクでもない元彼と出会ったゲーセン)に行って会うの無理」と言った日は、他のゲーセンの若くてハンサムな店長とデートの約束した日だったの。
元彼は、その店長の存在を知らないけど私は元彼と付き合ってから知り合ったそのゲーセンの店長の方が好きになっていたし、私凄い美少女で希なぐらいのかわい子ちゃんだから、その店長も私に気が有ったから、すぐにそっちに切り替えたかったけど、いつも私の方からデートのお願いしても仕事が忙しくて無理だったけど、その店長の勤務先が他の県のゲーセンに移動されることになって「引っ越してお別れする前に俺と一日デートして、いい思い出作っておくれ。」って、その店長の方からデートに誘ってくれたんです。
だからその店長とのデートは、しかもその店長から誘ってくれたことは、それが最初で最後でした。
その店長は、いつも仕事が忙しいし遠くの県に引っ越してしまうからどうせ付き合えないけど、元彼とは毎日会えるけど、その店長とのデートは、その日だけでした。
だからその貴重な一日を私にとってもいい思い出にしたかったし、その店長の期待に応えて楽しい思い出作ってあげたかったのに、元彼がだだをこねるから、思い出もが中途半端になってしまいました。
その日だけでも元彼のことを忘れて思う存エンジョイしたかったのに、ちゃんと前もって言った時間までに元彼が居る方のゲーセンに行ったにも関わらず、新しい携帯を買ったってだけの勝手な理由で必要もないのにうちの自宅に電話したんだから何しでかすか分からなくて気の休まる暇が有りません。
ママは私が当時まだ会ったことがなかったその元彼と一緒にいるとばかり思ってるし学校のスケジュールを把握しているから特別帰りが遅くなる理由がないからハンサムな店長とデートしてた時間について「何してたの?」って聞かれることになるし、第一その元彼には学校の都合だって言ったんだから、その時私は学校に居て家に居るワケがない筈なのに自宅に電話したってしょーがないのにバッカじゃないの?と思います。
私が家に居ないのに電話して「マチコさん居ますか?」とでも聞くつもりだったのかと思います。
パパは、その時点ではそいつと付き合ってたことを知らなかったからパパが出たら尚更困ったと思います。
パパがその電話に出ればママだって事情を知ることになるし。
ヤツ曰くお姉ちゃんが出たから良かったけど。
今用事が有るのでこの続きはまた後で送信するね。


投稿者:美少女マチコ 2015-12-17 21:04:23
美少女マチコさん、そんなクソ野郎とは別れて正解だったよ!
待ち合わせも何も「その日は都合悪いから。」って言ってもその日一日すら我慢できずに貴女を困らせるような男なら、その時点でさっさと振っちゃえば良かったんだよ。
そうすりゃ無理にそいつの為に待ち合わせ場所に行く必要なかったし、第一既に別れた身だから貴女の家に電話されることもなかったのに。
貴女は全く優し過ぎるんだから!
どう考えたってそいつに、そんな美少女な上に心も優しい貴女は勿体ないね。
投稿者:名無し 2015-12-15 12:31:04
トビ職の男と付き合った美少女って・・・?
その一年間をムダにしたね。
投稿者:名無し 2015-12-15 00:04:11
同感です。↓
投稿者:名無し 2015-12-01 09:33:07
なにいってんだコイツ↓
投稿者:名無し 2015-12-01 03:24:12
この話の主人公と結婚した女は結婚相手が主人公でも佐藤博士でも良かったってこと?
そしてこの女は主人公でも佐藤博士でも邪険に扱って夫を大切にしないということですね。
父に件の男と別れさせてもらって(私もそいつに愛がサメていた。)私美少女だから、それからじきに別の男ができて親子ほども年が離れてるから援交だけど、そのオジさんに恋愛感情まではないものの人間として凄くいい人で、大人だから物事をいろんな角度から考えられて、相談ごとをすると沢山得ることがあるのでプラスになるし、今はそのオジさんと週一の頻度でデートしているから親バレせず互いに無理なく関係を続けられているし、例の元彼のように会うたびにムカついてイジメてやりたくなることはありません。
付き合う男はよく考えてから選びましょう!

投稿者:美少女マチコ 2015-11-19 09:15:58
私も一年前17才の時、学校帰りに寄ったゲーセンで知り合って付き合った男(とは言っても今考えると11才も年上だから援助交際みたいなもんだった。)と知り合う前に帰りたいです。
最近になってハッキリ知ったけど彼はトビで、ひねくれていて僻みっぽくてセコくて私の言うことすることに、いちいち揚げ足取ってイチャモン付けてくるからめんどくさいし甘ったれで、そのくせ私に嫌味で意地悪で、どっちにしても私のことをよく知りもしないくせに分かったようなこと言うし、私がイヤがることや、やめてって言うことをわざとする上にバカでノロマでノータリンでガキみたいで、話し方がノロくてイライラさせる口調なだけじゃなくて、何にしてもガキに言い聞かせるみたいに、いちいち説明してやらなきゃ分んないから話の進み方が遅くて、普通ならすんなり流して終わるような、たかだかどうでもいい一つのことで彼が納得するまで永遠と議論し合うことになるから、いろんな意味で一言で言えば「話がノロい」んです。
全くどっちが年上だか分からなくて「何で18の私が29にもなるあんたにいちいち説明してやらなきゃいけないのよ!」とその彼と付き合うこと自体にバカらしさを感じました。
「明日は事情が有って学校の帰りが遅くなるし門限が有るから、たった5分の為だけにゲーセンまで行くのも大変だから、明日は会うの無理だけど、明日以降は学校が終わったら毎日会えるから明日だけは我慢して。」と言っても、それも我慢できなくて子供みたいなわがまま言って私を困らせた挙句、彼の望み通り結局私の方が折れて彼に会いにゲーセンに行くことにした上に待ち合わせ時間に遅れたワケでもないのに、その時間までも待てなくて必要もないのにわざわざ私の携帯じゃなくて自宅に電話したんです。
しかもその日は土曜で父がいるから電話しないでって前から言ってるのに。
全くロクでなしでちょっとでも目を離すと何するか分からないから油断も隙もなく、安心できないんです。
その上ヘビースモーカーでで飲んべえという自堕落を絵に描いたようなヤツで、見た目は長身だけどガリガリに痩せていて髪はボウボウで骨男か貧乏神みたいなんです。
その男と付き合ってもロクなことがなく、その一年間の人生をムダにしただけでなく、心に傷を作っただけなので、その男と出会った日に帰って付き合わないようにするという以前に、その男と付き合う前日に帰って、その男がいた場所に行かないようにしたいです。
投稿者:美少女マチコ 2015-11-19 00:04:30
妊娠してる妻に対して「お前がポコポコ勝手に産むからいけないんだろう」ってドラマ史上最低のセリフでは。笑
今テレビで流せないんだろうなー。

妻を変えたところで人生の華やかさは変わらなかった。ってオチを予想したんだけどなあ。
投稿者:名無し 2015-10-02 13:51:51
とにかく机の上の生首で覚えてた。やはり、このくらいインパクトがないと記憶に残らないな。
投稿者:名無し 2015-08-07 00:09:45
止めてくれ!助けてくれ!は済まない!
投稿者:名無し 2015-04-28 21:08:51
日本一カッ飛び男では脇役としては顔が変わらないですね。
投稿者:名無し 2015-02-04 20:43:46
松尾貴史さんが死んだことになるよね。
投稿者:名無し 2014-09-14 21:39:02
最後の主人公の松尾貴史さんの首をチェーンソーで裁断する小宮孝泰さんが登場してそのロボットを自分のものにバトンタッチをするつもりです。主人公が死体になってるみたい。

投稿者:名無し 2014-08-29 21:27:21
最後笑った
投稿者:名無し 2014-07-29 02:03:27
ヤリチンですな。
投稿者:gajm 2013-05-12 01:24:29
悪循環って訳じゃないけど循環かな?
投稿者:何とか野郎 2011-01-05 09:28:55
これが本当のオーロラプラズマ返し
投稿者:バルイーグル 2010-11-09 14:48:14
無限ループってこわいなー
投稿者: 2010-11-05 14:30:15
主人公の勤めている研究所の耳を怪我している職員はタモリでした。

オチは途中で読めたけど世にものSF系では一番好きかも
投稿者:lash 2010-03-25 13:50:09
上のかたも言っているように、佐藤と江守

は何度も入れ替わってサイクルを繰り返すんだな〜
投稿者:ああ 2010-01-09 19:58:42
太陽戦隊サンバルカンのバルイーグル(赤レンジャー)がタイムマシンを発明するなんてスゴイ。でも強いからチェーンソー使わなくてもタイムマシン取り返せたんじゃないの?
投稿者:文武両道 2009-12-18 01:09:19
こうやって繰り返していくんですね・・・
投稿者:あり 2009-09-19 09:03:06
切断された生首が普通に出てますw
投稿者:もけ 2009-07-24 22:05:34
この後に、キッチュのバーチャル・プレー・ゾーンと言うラジオ番組で、

松尾さんは、素敵な26世紀の科学者Dr.キッチュを演じます。

タイムマシンや、助手の20世紀の少年など、楽しい設定がいっぱいです。
投稿者:ラフ絵馬 2009-04-22 20:57:35
このまま繰り返していくのでしょうか?
投稿者:S・T 2009-04-01 12:51:25
殺した…
投稿者:ミユ 2008-07-24 16:09:33
うん、ホラーのはずなのに俺もなぜか最後笑ってしまったww

やつれ果てた男2人に比べて、嫁ふてぶてしいな〜
投稿者:えだまめ 2008-04-03 21:23:53
なるほど〜。入れ替わったというオチなんですね。てか、子ども生みすぎやろ!やたら、下ネタが多くておもしろかった。
投稿者:風花 2008-03-09 17:34:07
ちょっと笑えた。

松尾さん演技うまいし、なかなかでした。
投稿者:Dr、名無しマン 2007-11-18 17:59:31
ごめん、最後笑ってしまったw
投稿者:松尾 2007-09-14 00:39:21
二人が入れ替わったと同じだから、やる事は同じだと言う事でしょう。あらすじの付け足しで、論文に「親友、佐藤にこの文を捧ぐ」というので、江森は、これがあるということは、佐藤が俺のために書いてくれたと言う事か。主人公が、ジンと感動してる時に、「佐藤という親友と名乗る方がいますが」と言う秘書(?)。「いいだろう。奴に償いたい事がある。」と簡単に通すが、これが後の後悔になるとは知らずに。もう近くに来たときに「あっしまった。」というころには、佐藤が部屋に入ってきた。壁に逃げる主人公。「くるな。」というと「どうしたんだよ。」という佐藤。「お前は俺の座を狙ってるだろう。」と恐る恐る言う。「だから、何を言ってるんだよ。ただ俺は、お前に話が・・・」と疑問に言う佐藤。「ウソをつけ。お前は俺を殺してタイムマシーンを乗っ取って俺を玉枝にくっ付ける気だろう。」とオドオドしく早口で佐藤に言った。佐藤は、「何だそんなことか。」と言って江森に近づいた。江森は、壁にへばり付いてオロオロしてる。「道理で立場が逆だと思ったんだよ。」とうれしく言う佐藤。っそれでバックから出したチェーンソーが、キラキラと輝いてる。「どうしたんだよそれ。」と江森。「意識が朦朧としてるときに、ガソリンスタンドで貰って来たんだ。」とチェーンソーを江森の首に巻きつける・・・
そこは、研究所の中。仕事の多い中佐藤が「いやー今日は、本当に疲れるな。」と笑みを浮かべて呟いた。そのとき秘書が、「あのーこれ「親友、江森にこの文を捧ぐ」と書いてありますが・・・」と論文を渡す。「何ですかそれ、江森って初耳ですなー、たぶん早稲田の教授の江守の間違いでしょう。」といって近くにあった赤ペンで、「森」にバッテンと書いて「守」と書いた。「これでよし。」と高笑いをした。
するとモニターが写って、男が現れた。ガードマンだ。「あの、さっき言ってた異常な男を捕まえたので、どうしますか。」との報告。「手荒に扱うな。」と佐藤。「どうしてですか。」と言うガードマン。「なーに、そいつにゃー冷め果てたワイフがある。そう簡単に捕まっちゃぁー、そいつの奥さんと子が取立て屋の毎日で苦しめられるだろう。そいつだけが、借金に逃げたら不公平だろう。」「よくこんな奴のこと知ってますね。」「いつもじゃないけど、暇があるときは、必ず一般の家を覗いてんだ。」「へー、それじゃーこの男は、二度と中に入れないように・・・。」「勝手にしててくれ。」とモニターを切る。佐藤の声とともに廊下で聞こえる江守の声が「放せこの野郎、佐藤に合わせろ。」と声が聞こえなくなる。それと同時に高笑いが聞こえた。「まさかあいつが、同じ手でくるとな。」と笑いが立ち込める。「なー江守、お前は疑い深かったが、俺はそうでもなかったな。」と笑いを増す。机に放置してあった論文を見て「親友、江守にこの文を捧ぐ」をもう一度繰り返し唱える。「親友・・・か。」と言ったのか、赤ペンに手を伸ばして江守の「守」を赤ペンで塗りつぶして、また新たに「森」と塗りつぶした隣に書き換える。「あの日はよかったな、江森」とつぶやく佐藤。と原作にあったので書き足した。 
投稿者:シュウ 2007-05-19 11:35:00
最近タイムマシン関連の本を読み思い出しました.
まとまりがあってよかった.
投稿者:ws 2006-10-31 22:06:13
あらすじ検索

キーワードを入力し、「検索する」をクリックしてください。複数のキーワードがある場合は、半角スペースで区切ってください。

クレジットカード比較の専門家
脱毛人気口コミランキング
青汁通販
車買取
車査定相場表
レーシック口コミ
FXとは
白髪染めランキング
フレッツ
楽天カード