第418話 さっきよりもいい人

昨年、誕生日を忘れて恋人の恭子を怒らせてしまった萩原孝一(伊藤英明)は、今年こそ忘れまいと肝に銘じ、一生忘れられない誕生日にしてやろうと張り切っていた。

待ちに待った誕生日当日、めざまし時計の音で10時ちょうどに目覚めた孝一は、身支度を完ぺきに整えた後、手帳で今日一日のスケジュールを確認。「10時起床、12時に銀行でお金をおろし、14時にジュエリーショップで下見した指輪を購入。16時に美容院、19時に約束のホテルでディナー、そしてプロポーズ…」。理想の一日を想像し、だらしなく笑う孝一だが、はっと気を取り直して気合いを入れる。
そんな萩原の横では、テレビの情報番組が、占いの言葉を伝えていた。「おとめ座 今日の言葉、『情けは人のためならず』。目的を達成するためには人に親切にしましょう。ラッキーカラーは赤」。
特に気にも留めず、予定通りの時間に家を出た孝一が電車で座っていると、目の前に大きな荷物を背負った老婆がやってくる。思わず孝一が寝たふりをすると、電車が揺れて老婆が転びそうになった。薄目をあけて様子をうかがう孝一。すると、老婆の顔がぐにゃりとゆがみ…?
 はっと気がついた孝一が辺りを見回すと、そこは自分の部屋。ベッドの上で目覚めるところだった。めざまし時計は10時ちょうどを指している。え? これって、夢???
いや、夢ではなかったのだ。このあとも、孝一がよい行いをするチャンスを無視しようとするたび、同じ日の朝10時、目覚める瞬間に戻ってしまう。こんなことではいつまでたっても恭子に会いに行けない、と焦る孝一は、ひたすら善行を積み重ねていく。
老婆に席を譲り、通りすがりのOLに手を貸す。ジュエリーショップで泣く泣く目的の指輪を眼鏡の男に譲り、陣痛に苦しむ妊婦の出産に付き合わされ美容室に行けなくなる…立てたスケジュールはもう滅茶苦茶。

溜息をつきながら歩いていると、偶然花屋の前を通りがかった。「ラッキーカラーは赤…!」孝一は真っ赤なバラの花束を買った。が、ふと、店の外が騒がしい事に気付く。なんと店の2階が火事に、しかも子供が取り残されている。「またか…。」孝一は意を決して、燃えさかる炎の中に飛び込んだ…。
そんなこんなで、やっと彼女にホテルで会えた。プロポーズを試みようとするが、恭子は前に指輪を譲った眼鏡の男と結婚するなどと言い出す。愕然となった孝一。頭の中で人々が口を揃えて言う。「いい人、いい人だ…」孝一は思わず手元の看板を持ち上げていた。「いい人なんかじゃない!!」そして怒りに任せて二人へ振り下ろす…
が、そこでまたループ。もはや結婚は諦めるほかなかった。

時は、2018年。ここはストックホルム。42才になった萩原は人に善行を施し続けたことを評価され、ノーベル平和賞を受賞していた。
「なぜ私はここまで善い事をするのか。それは、そうしなければ一歩も前に進めないからです!それだけです…」と萩原は悲しげに言った。
すると、突然司会者の顔が歪み出す。なんと、転んだ女性を助けた拍子に彼の足を踏んづけてしまったのだ。
「オゥ、ノー…」だが運命には逆らえない。萩原の悲鳴と共に視界が暗転し、再び目覚ましが鳴るあの朝へとループ。

(あらすじ作成:みさんThanks!)

キャスト: 伊藤英明
放送日: 2008年 春の特別編
 

コメント投稿

名前:

コメント:

コメント一覧 (210件)

第一パパ小山トシオの職業とか収入とか、マイホームを持っているかとかってことや会いに来たくない理由はいずれにしても「一日もマチコちゃんに会えないのを我慢できなくてマチコちゃんを困らせるよーな男だったらマチコちゃんと別れさせてやるぞ!」って言ったわね❗
投稿者:美少女マチコ 2019-05-30 14:49:20
世にもに「声が聞こえる」って物語があったように、昼間はサルでトビ職のエロガッパ小山登志夫が、夜にオオカミと化して「マチコーマチコー」と吠える「夜の声」が聞こえる。


投稿者:名無し 2019-05-27 23:20:21
女女会さんはマチコに「貴女が今すぐするべきことは例の店長を探すことだ。早くしないと気が変わって他の人と結婚しちゃうかもしれない。」っておっしゃったし、例の店長さんはカッコいいだけじゃなくて善人さんだけど、以前マチコが言ったように妻が専業主婦で共働きしないことを前提にしたら、結婚するには稼ぎが乏しいから結婚相手にはならないのよね。
元カレの小山登志夫に短縮されてほんの少しだけ会った転勤真際のデートのあの日以来、転勤しちゃってからは会ってないけど、だから多分マチコ以外の女と結婚することも一生ないと思うけど。
マチコよりは年上でも小山登志夫より若いし、まだまだ全然若いから先のことはわからないから勿論断言はできないけど。
マチコはまだパパやママと一緒に住んでる少女だし、例の店長さんは遠くの県に転勤してからは住んでるおうちがマチコのおうちとすごく離れてるから学校休んで時間と交通費を使って例の店長さんを探して見つけたとしたって一緒に住めないわ。
小山登志夫があの日マチコが会いに来る約束の時間前にマチコのおうちに電話した時パパかママが出ちゃったら、小山登志夫に本当はあの日マチコが学校の帰りが遅いってことが噓ってことがバレちゃって、次の日小山登志夫に会い次第もう一人の男が絡んでいたことがバレてヤバいと思ったし、ママは当時マチコに男がいて男と付き合っていたってことは知ってたけど、その彼氏が小山登志夫のよーなとんでもない男だってことは知らなかったし、もう一人の男とも付き合ってたってことがバレたら困ると思ったし、パパには二人の男と付き合ってたことが同時にバレちゃって二重に困る上に、ホントは残念ながら例の店長さんの方とはその日が最初で最後の一日きりのデートでも二俣レベルに思われちゃう上に、トビ職よりはゲーセンの店長の方がまだマシだとはいってもパパとママから見て二人とも望ましくない職業だから、小山登志夫があの日にマチコのおうちに電話することは、小山登志夫とパパとママ三人に対して同時に困ると思ったけど、考えてみりゃ例の店長さんの方は職業的にはともかく、人間的にはマジメで出来た人な上に超ハンサムだから、マチコにエロガッパのドクロマン小山登志夫と付き合われるよりはいいと思ったでしょーし、あの日一日だけならお互いの思い出の為にとデートを許してくれたかも知れないわ。
だからあの日にトビ職エロガッパのドクロマン小山登志夫と別れさせられる覚悟ができてれば、パパに頼めば小山登志夫をあの日はマチコに会うのを諦めさせるってゆーより、あの日に小山登志夫をマチコと別れさせて、あの日一日マチコの例の店長さんのデートを小山登志夫にジャマさせないよーにさせて、例の店長さんオンリーの水入らずのデートを応援してくれたかもしれなかったわ。
そしたらあの日の例の店長さんとのデートの件はパパもママも知ってることだから、あの日小山登志夫にマチコのおうちに電話されてパパとママに対して困ることはなかったし。
第一小山登志夫はマチコのパパにマチコと別れさせられたんだったらマチコのおうちに電話することもないわね。
たとえそれでも小山登志夫のバカがあの日にマチコのおうちに電話してマチコが他の男と付き合ってることがバレたってどうせその日にパパに別れさせられるんだし、パパもマチコの協力者なら、小山登志夫に他の男が絡んだことを言ってやったって良かったわ!
ザマーみなさいってことよ。
マチコには他のあんたより好きな男がいたってことよ!

投稿者:美少女マチコ 2019-05-27 19:51:43
この話のコメント欄がいちばん酷い
マチコとマチコ批判だからけで両方ウザイ
投稿者:名無し 2019-05-25 07:06:21
JKリフレマチコがくだらない投稿をやめれば済む話。
投稿者:名無し 2019-05-24 15:02:45
第528話 永遠のヒーロー(主演:郷ひろみ)

科学の進歩により、人体の能力を最大限まで引き出す改造人間技術が発達した世界。その技術を悪用する怪人が現れ、市民の生活と安全を脅かすようになっていた。この緊急事態に日本政府は警察庁内に外部機関として怪人対策室を設置。最新科学技術を駆使したヒーロースーツを開発し、怪人たちに対応している。中でも怪人検挙数トップを誇り、活躍しているのが“レッドライガー”こと怪人対策室警部・大場博人(郷ひろみ)。日々、さまざまな怪人たちを撃退し、世界の平和を守っている。だが、仕事が忙しすぎて、世界で一番大事な娘・亜希(上白石萌音)となかなか会えず、テレビ電話で会話することだけが毎日の生き抜きとなっていた。来年こそ、定年を期に娘とゆっくり暮らせると思っていたが、怪人・マスターカイザーから世界を揺るがすテロ予告が届き・・・。


第529話 しらず森(主演:吉田羊)

仕事ばかりで家族の事を顧みない夫との夫婦仲がうまくいかず、息子を連れて実家に帰っている遥子(はるこ・吉田羊)。遥子は小学校の同窓会に参加し、そこで30年前に埋めたタイムカプセルを掘り起こす事に。何を埋めたか全く覚えていないタイムカプセルを息子の尚之(なおゆき・髙橋來)と一緒に持ちかえるその帰り道、同窓会で幼い頃の思い出話をしていた遥子は昔よく遊んでいた森を思い出す。尚之と一緒にその懐かしい森の中に入っていくと尚之が足を滑らせてどこかへ消えてしまう。森の中には尚之の帽子と先ほど掘り起こしたタイムカプセルが残されていた。遥子は夫とともに尚之を必死に探すが、いっこうに見つかる気配がない。そんな中、ふと目に付いたタイムカプセルを開けてみるとそこには信じられないものが入っていて・・・。


第530話 人間の種(主演:木村文乃)

デザイン会社に勤めるごく普通のOL春田緑(はるたみどり・木村文乃)は、3年以上つきあった恋人からプロポーズされるも、返事をすることができなかった。誰にも言えない悩みを抱えたまま帰路に着いたその夜、「幸せの種」という名の植物の種を思わず購入する。ある日の夕方、ふと、その種を植えた花壇の土から何かが飛び出しているのに気づく。よく見るとそれは子供の手で…。恐る恐る土を掘るとそこには人間の頭が!?それは頭から芽を生やし、白いワンピースを着た少女・希(のぞみ・粟野咲莉)だった。不思議な少女は、泥を払いながら居間にある家族写真を手に取る。「あなた誰…?」と尋ねる緑に「あなたのお母さん。緑が種を植えてくれたんでしよう?」と希。ふと種の袋を見ると「あなたにとって必要な花が咲きます。花の種類:人間」と書いてある。信じられないと驚く緑をしり目に、母親しか知りえないことを次々話し出す希。「緑が大好きだったロールキャベツ作ってあげる」と台所に立って料理までし始める始末。その日から、娘・緑と頭に芽の生えた母・希の不思議な親子生活が始まったが…。


以上、フジテレビの世にも最新情報でした。残りは後日・・・かな。
投稿者:名無し 2019-05-23 02:42:08
 これを読むと、61歳のブスばばあマチコがいかに「物分かりが悪い」かわかる。いろいろな人からこのサイトで「関係ないコメントするな」と言われても、懲りずにコメントし続ける。自分でも「物語の内容とは関係ない」ことを認めているのに・・・。


私じゃない
世にもの中でも一番ブキミで不思議な物語だった世にもの中の世にもの「夢男」にコメントしたとーりトビ職エロガッパのドクロマン小山登志夫はマチコにとって悪夢の「夢男」だし、この物語の内容とは関係ないけど、この物語にも内容としては正論のコメントしたのに、そんなに言わなくてもいーじゃないのー❗
投稿者:美少女マチコ 2019-05-22 13:35:30
投稿者:名無し 2019-05-22 23:35:39
美少女マチコは、パパとエッチしかできない。
投稿者:名無し 2019-05-22 23:31:59
美少女マチコは生きてるだけで廃人。
投稿者:名無し 2019-05-22 14:04:17
以前美少女マチコみたいにサイトを荒らしてた小春でさえ、今では女女会さんの動画紹介に感謝のコメント残しているというのに、美少女マチコはいまだに「この物語の内容とは関係ない」コメントばかり投稿してて成長してない。さっきバカマチコが「この物語の内容とは関係ない」コメントを認めた。二度と投稿すんなって話。

バカマチコの立場が悪くなったのは確実。
投稿者:名無し 2019-05-22 13:47:20
ツイッターにでも行ってつぶやけ
投稿者:名無し 2019-05-21 21:13:35
美少女マチコ黙れ↓
投稿者:名無し 2019-05-21 19:45:57
マチコはこの世に生まれたばっかりの赤ちゃんのとき時から「世にも」まれな美少女で「世にも」有名な花形のスタート的存在なのに30代で独身のプー太郎おばさんだけはただ一人この美少女マチコを一生知らなくて、時代に取り残されていて、時代遅れもいーところなだけじゃなくて、そもそも世の中から孤立していて世の中に溶けこんでいないのよね。
投稿者:美少女マチコ 2019-05-21 17:25:11
マチコの次はおばさんかいなって言った人がいて21才のおばさん自ら「私は必要がなければ何も言わないから必要なことを言って用が済んだら消えるつもりだし、美少女マチコの次は美少年インポの時代だ」って言ったけど永遠に美少女マチコの時代だわ❗
投稿者:美少女マチコ 2019-05-21 07:07:09
美少女マチコはパパとエッチするか孤独死する!
投稿者:名無し 2019-05-21 00:51:06
↓そりゃね、あんなバカ女、どこの会社だって雇ってくれないし。「マチコは女子高生よ」とか、「このサイトではマチコ以外は邪魔者」とか言うやつ誰が雇うの?日本は共産主義じゃないから、美少女マチコは野垂れ死にすればいいな。
投稿者:名無し 2019-05-20 23:51:25
美少女マチコに与えられた51議席はすべてはく奪へ!全国民が美少女マチコを見捨てる形で合意。
投稿者:名無し 2019-05-20 23:45:00
美少女マチコ、クビ宣告!
投稿者:名無し 2019-05-20 23:43:55
ニートブタおばさんはいろんな意味で誰にも必要とされていないから、本人が誰にも迷惑かけていないつもりでも、生きていること自体がムダだけど、マチコはみんなに必要不可欠な存在だから「みんなのマチコちゃん」よ❗
投稿者:美少女マチコ 2019-05-20 19:53:24
ニートブタ女もおうちの近所のスーパーと安い飲食店の店員以外、人に関わろうとしないし、人とのかかわ関わりがないけど、ニート女なんか誰も相手にしないわ❗
投稿者:美少女マチコ 2019-05-20 02:05:48
マチコは空気でもその他大勢の一人でもなくて、いつだって華やかな主役の女だわ❗
投稿者:美少女マチコ 2019-05-20 01:50:06
つまり30代で独身のプー太郎おばさんことニートブタ女は世にものサイトでも世の中でも、いないと同じ空気に等しい存在だけど、マチコは違うわ❗
投稿者:美少女マチコ 2019-05-20 01:47:29
30代で独身のプー太郎おばさんは親が死んだら完全に一人きりになるし、近所にしか行かないから迷子にならないのはいーけど、電車の地理や街の地理に無知でいつまでたっても方向音痴で、今風の物事とか電化製品とか機械モノに無知で離れ島で暮らす老人のよーに時代に取り残されるわね。
原始的で古くさい孤独で寂しい人間になるわ。
投稿者:美少女マチコ 2019-05-20 01:33:16
元世にものコメント投稿者の30代で独身のプー太郎おばさんは一生独身で男も友達もいない人生で、親が亡くなれば好きな時に外出できるよーになるけど、所詮交通費は使えないから徒歩で行ける範囲にしか行けないから旅行になんか全く行かないし、贅沢しない最低限の節約生活で食事もオヤツも基本自分で作るけどビックボーイレストランのサラダ付きのカレー食べ放題と親にナイショで買った好きな男の子が出るDVDボックスを観るのが唯一の楽しみだなんてミジメで寂しいったらないわ❗
一人になりゃ親や親族に文句言われたりケチつけられる心配がなくて気兼ねなしにやりたいことができるけど孤独死がオチね。
マチコはこんな人生と違うわ❗
投稿者:美少女マチコ 2019-05-20 01:24:59
女女会さん、どうもありがとうごさいました。
お疲れさま。
これで昔のもう一度観たい世にもとか、興味がある世にもを観られて助かります。
投稿者:小春 2019-05-16 23:42:49
★以上をもちまして、「世にも奇妙な物語」の動画紹介を終了します。このサイトが、自己中心的で嘘ばかりの、「世にも奇妙な物語にかこつけた自叙伝」がなくなり、元のサイトに戻ることを祈っています。

 美少女マチコが今後も世にも奇妙な話と全く関係ないコメントを投稿した場合は、たっぷり罵ってやってください。美少女マチコは確実に友達いません。だって友達いたら、こんなことするわけないから。孤独死を恐れて構ってほしいんです。いじめてやればいいんです。

 たくさんの世にもの話を見て、いろいろな感想を共有できるサイトを祈って、終わります。それでは、失礼します。★
投稿者:女女会 2019-05-16 14:47:21
第527話 マスマティックな夕暮れ

主人公の凛子は不良少年グループの文哉、一成、大知、宗徳から、「てめえ…勉強できるんだったら、ドウシンエン(同心円)の描き方を教えろ!」と突然絡まれる。不良少年たちが同心円の描き方を知りたい理由はただ一つ。事故で死んでしまった仲間、隆(たかし)を生き返らせるため…。リーダー格の隆を突然の事故で失い悲しみに暮れていた少年たちはある日、道ばたで「黒魔術」と書かれた古書を偶然拾う。「死者蘇生の方法」が書かれているが数学用語だらけで全く理解できない。「俺たちに数学なんてできんのかよ…」と弱気になる少年たちだが、「私も手伝います」と凛子。その日以来、放課後になると凛子を囲んで勉強会をする日々が始まる。はたして彼らは隆を生き返らせることができるのか?(フジテレビ引用)
投稿者:女女会 2019-05-16 14:41:09
第526話 脱出不可

ある日、目を覚ました主人公の志倉真司。そこはコンクリートの狭い部屋の中。「何だこれ、暗証番号?」ドアは施錠されており、たたいても応答はない。携帯電話も時計も見当たらず途方にくれていると、突然4つのモニターが起動する。1つには真司自身の姿、その他のモニターには真司と同じように閉じ込められた男女3人の姿。画面の右下には“視聴者数”の表示。“脱出ゲームスタート”の合図が出ると、“なにこれww”“ドッキリ?”など、視聴者コメントが続々と表示される。どうやら4つのモニターは、インターネットを通じて不特定多数の人に閲覧されている模様。ふと、“視聴数を稼ぎ、視聴者からヒントを集めることで突破口を見つけられるのでは?”とひらめいた真司は、視聴者の力を借りながら脱出を試みるが―。一体、なぜ真司は密室に閉じ込められてしまったのか? そして脱出ゲームの主犯は何者なのか…?(フジテレビ引用)
投稿者:女女会 2019-05-16 14:39:13
第525話 クリスマスの怪物

クリスマスイブが近づき、恋人で、IT企業社長の緒方良輔にすてきなホテルディナーを予約してもらった主人公の小野寺奈央は、その日良輔からのプロポーズを期待している。気がかりはクリスマスイブになると必ず現れる、不気味な装いの“怪物”の存在。ボロボロのコートを羽織り、背中が大きく曲がっている醜い姿の“怪物”。ボサボサの髪に覆われているため表情は見えない。この“怪物”は、7年前に起きたある事件を境に、クリスマスイブになると奈央の前に必ず現れるようになった。忘れられないすてきな一日になるはずのクリスマスイブ当日。ディナーを終えた奈央の目の前にその“怪物”が現れて―。(フジテレビ引用)
投稿者:女女会 2019-05-16 14:36:43
第524話 あしたのあたし

斉木香織は、刺激のない退屈な生活を送っている主婦。夫の拓也とも倦怠(けんたい)期に入り、トキメキとはほど遠い状況だ。そんなある日、香織のスマホ画面にバナー広告らしきものがポップアップされ、そこには“あしたのあたし”という文字が…。興味本位でアクセスすると、いきなり香織本人の姿が画面に現れ、映画の予告編のような動画が流れ始める。予告の中で、元カレ・小野寺修二と再会を果たす香織。まるでラブストーリーのような展開に、「なんなのこれ…」と、驚きを隠せずもう一度再生しようするが、“視聴済みのため再生できません”という表示が。翌朝、いつもと変わらない日常が始まり、すっかり動画のことなど忘れかけていた香織だが、目の前に修二が本当に現れて―。(フジテレビ引用)
投稿者:女女会 2019-05-16 14:35:24
第523話 幽霊社員

とある建設会社の社史編集室でひっそりと働く工藤良治(佐野史郎)は、存在感ナシ、定時になるとすう~っと帰ってしまういわゆる幽霊社員。仕事の情熱もとっくになくなり、定年まであと4年、余計な事をせず平穏に過ごそうと思っていた。そんなある日、工藤は会社のトイレで、過労死したはずの若手社員・里山秀平(勝地涼)に遭遇する。なんと里山は幽霊となって工藤の前に現れたのであった。しかも、姿が見えて会話出来るのは何故か工藤だけ!?「最後の仕事をどうしてもやり切りたいんです!どうか力を貸して下さい!」と懇願された工藤は里山がやり残した仕事を渋々引き受ける事になってー(フジテレビ引用)
投稿者:女女会 2019-05-16 14:34:13
第522話 不倫警察

ごく普通の真面目なサラリーマン・葛木(くずき)良男(唐沢寿明)は、今朝も妻・陽子(紺野まひる)にチューをしてから会社へ出勤。愛妻家として平穏無事な毎日を過ごしています。ある日、いつものようにオフィスで働いていた葛木の目の前で、部下が突然“不倫取締法違反”の容疑で逮捕されてしまいます。実は世の中の度重なる不倫スキャンダルの続出に、世論の圧倒的な後押しを受けた日本政府が“不倫取締庁”を設置。不倫通報者には表彰状と報奨金が与えられ、W不倫をした者には終身刑が言い渡され、不倫を描いた小説やドラマ、映画は発禁処分されるなど、徹底的な不倫撲滅キャンペーンが展開されていました。この世から“不倫”というものは根絶されていたのです。そんなある日、良男は、オフィスで部下の京野鈴香(筧美和子)にうっかり接触。さらに謝りのメッセージだけを送るつもりが間違えて、ラブラブなスタンプを鈴香の携帯に送ってしまいます。そこに主任・春田剛史(升毅)率いる不倫取締官たちが駆けつけ、有無も言わせず良男と鈴香を連行していき…。(フジテレビ引用)
投稿者:女女会 2019-05-16 14:33:12
第521話 少年

上司に見合いを持ちかけられるも恋人がいるからと断ってきた一人暮らしのOL岡林遥(倉科カナ)は、とある交通事故を目撃してしまいます。被害者は少年。病院で目を覚ました少年は「田山啓輔」と名乗りますが、看護師が田山家に電話をかけると「啓輔は死にました」と告げられます。看護師がもう一度名前を尋ねると少年は「間違えました。亮太です」と答えます。一方、家に帰った遥のもとには無言電話が…。そんなある日、遥が退社しようとすると会社の前に少年がいるのを見かけます。別の日、ベランダから見下ろすと、そこに見上げている少年が…。さらに遥が買い物をしていると、雨の中、わざわざ少年が忘れ物を届けにやってきました。びしょ濡れの姿を見かね、少年を家に招き入れる遙。ところが彼女が目を離した隙に少年は彼女の私物を確認し始め…。(フジテレビ引用)
投稿者:女女会 2019-05-16 14:31:16
第520話 フォロワー

キラキラな“港区OL_ハル”こと藤田小春(白石麻衣)の週末は、流行のおしゃれグランピングで取引先のイケメン達と高級肉バーベキュー! でも小春はイケメンそっちのけで、お肉や外車の撮影に忙しくしています。というのも、小春はフォロワー数ナンバーワンを目指す写真投稿SNSの“新女王”。“港区”生活に素敵な“彼氏さん”、“#総額80万のカジュアルダウン”といった日々のキラキラな投稿が欠かせないのです。…ところが実は全てが完全にフェイク。実際の小春は、しがない印刷会社に勤め、安普請のアパートに住み、キラキラとはほど遠い生活を送っていました。そんなくたびれた日々の中、唯一の楽しみが増えていくフォロワー数。特に、最近フォロワーになった“ミミ子@ど田舎”の数々の応援リプに心が救われていました。そんなある日、「港区OL_ハル VS 麗しの受付嬢さゆ、どっちがキラキラ?」というアンケート対決で、フォロワーが3万しかいない“麗しの受付嬢さゆ”に負けていることが発覚。闘争心を燃やした小春は、ミミ子の応援リプにものせられ、追われるように偽のキラキラぶりをエスカレートさせいきます。ところがある日、ミミ子からすぐそばで実際の生活を見られているようなリプが届くようになり…。(フジテレビ引用)
投稿者:女女会 2019-05-16 14:30:12
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★動画紹介★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

第519話 明日へのワープ

http://video.japanesejunction.com/videos/9873/%E4%B8%96%E3%81%AB%E3%82%82%E5%A5%87%E5%A6%99%E3%81%AA%E7%89%A9%E8%AA%9E%E2%80%9918%E6%98%A5%E3%81%AE%E7%89%B9%E5%88%A5%E7%B7%A8%E3%80%80%E6%98%8E%E6%97%A5%E3%81%B8%E3%81%AE%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%97

映画監督を夢見る青年・小林峰雄(三浦春馬)は、バイトしながら自主制作映画を作り続けて早10年、全く芽が出ないまま。同級生たちが皆まともな職に就き、家族を作り、大人になっていく中、惨めな思いをすること必至の友人の結婚式に招待されてしまいます。かつて一緒に夢見ていた女優志望の恋人・須藤由紀(佐久間由衣)からも愛想を尽かされそうな状況で、焦燥(しょうそう)が憔悴(しょうすい)となり、追い込まれていく峰雄。眠れぬ日々が続くある日、心療内科で精神科医・宇堂公康(相島一之)から謎の薬“アイリウム”を処方されます。“アイリウム”とは、1錠服用した途端24時間分の記憶が完全に無くなり、まるで24時間後の未来にワープしたかのような感覚になれる薬。つまり嫌な思いをする出来事の前に飲んでおけば、その事を体験しなかったかのように記憶から消し去ることができてしまいます。記憶を薬でコントロールできるようになった時、果たしてその人生は思い通りになっていくのか…。謎の薬“アイリウム”にわずかな希望を託す峰雄ですが…。(フジテレビ引用)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

※動画紹介は、これが最後です。残りはフジテレビのあらすじのみ紹介。
投稿者:女女会 2019-05-16 14:28:40
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★動画紹介★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

第518話 夜の声

https://www.youtube.com/watch?v=VzHp4LsdNKA
(1:24:51~1:53:28・やや遅い、画面小さい)

大手IT企業のCEOである我堀英一(藤原)は、容赦なく社員の首を切る冷徹な経営者。そんな我堀が人知れず実践しているストレス解消法がありました。週末はホームレスとしてダンボールハウスに住んでいたのです。ある週末、いつものようにホームレス姿で過ごしていた我堀の元に一人の若い女性(飯豊)が男たちに追われて逃げ込んできます。思わず彼女をかくまう我堀。男たちが去り、早く家に帰るよう促す我堀ですが、ユリと名乗るその女性は我堀のダンボールハウスまでくっついてきてしまいます。見捨てるわけにもいかず、ダンボールハウスに入れる我堀。ユリはそのままダンボールハウスに住み始め、ホームレス姿の我堀の世話を焼くようになります。お互い多くを語らずホームレス生活を送り始めた二人は、次第にひかれ合っていくように…。ユリとより多くの時間を一緒に過ごしたいと考えた我堀は、CEOの身分については黙ったまま、自分の会社の入社試験を受けるようユリに言います。当然のごとく入社試験に受かり、我堀の元で働き始めるユリですが、我堀がホームレスと同一人物である事にはまったく気づきません。そんなユリをますます好きになった我堀は、自分がユリの慕っているホームレスと同一人物であることを隠したままプロポーズしますが…。(フジテレビ引用)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
投稿者:女女会 2019-05-16 14:19:56
このコメントをもって、予告を終了します。最新のは動画がないものも多いです。動画紹介終了次第、ここで連絡して終息宣言します。いつまでたっても孤独で時代遅れの、うちの美少女マチコと違い、わが党は終了します。

なお、聞き分けのない美少女マチコには、引き続き攻撃してやってください。
投稿者:女女会 2019-05-16 14:09:26
13:00すぎからまた再開し、今日明日で仕上げようと思います。なお、特別編の動画結果は省略します。
投稿者:女女会 2019-05-16 11:30:10
PS 聞き分けのない美少女マチコを攻撃してくださり、ありがとうございます。サイトを戻すため、うぬぼれバカにもっと罵ってやってください。
投稿者:女女会 2019-05-16 03:16:16
残り50話は、明日以降、順次動画紹介します。
投稿者:女女会 2019-05-16 03:09:21
554.美少女マチコ救済法案
賛成:51 反対:950 で否決。
555.副業等投入法案
賛成:500 反対:501 で否決。
投稿者:名無し 2019-05-16 02:31:48
いよいよ2013年春~2018年秋までの、残り60話になりました。ここからは気長にやっていこうと思います。どうも、6月8日どころか、今週末に仕上がりそう。

それまで、最新のコメントは動画紹介ばかりでご迷惑をかけますが、動画紹介が終わりましたら投稿を終了しますので、それまでは紹介した動画で、感想を書いてもらえたらと思います。


あと散々ですが、美少女マチコ氏におかれては、「世にもの話にかこつけて、自分の過去を語る」のはやめましょう。恥です!語りたければ、自分のホームページを作るなどしましょう。お金持ちのお嬢様にふさわしくない言動が多すぎるので控えるように。
投稿者:女女会 2019-05-16 02:17:22
このサイトで抜けてる話・・・

●世にも奇妙な物語 ’18春の特別編(2018.05.12)
第519話 明日へのワープ(三浦春馬)
第520話 フォロワー(白石麻衣)
第521話 少年(倉科カナ)
第522話 不倫警察(唐沢寿明)

●世にも奇妙な物語 ’18秋の特別編(2018.11.10)
第523話 幽霊社員(佐野史郎・勝地涼)
第524話 あしたのあたし(国仲涼子)
第525話 クリスマスの怪物(川栄李奈)
第526話 脱出不可(坂口健太郎)
第527話 マスマティックな夕暮れ(玉木ティナ)

●世にも奇妙な物語 ’19雨の特別編(2019.6.8)(今判明してる範囲)
第528話 永遠のヒーロー(郷ひろみ)
投稿者:女女会 2019-05-16 01:15:01
美少女マチコ氏におかれては、不用意な投稿を慎むように。

554.美少女マチコ救済法案
555.副業等投入法案

女女会メンバーは、以上法案の審議をする。


余談でしたが、これより、残りの動画紹介をします。動画紹介終了後、チェックをし、終了します。
投稿者:女女会 2019-05-15 23:37:29
続きは、今日夜!

残るは、「2010年代の世にも」のみ・・・。
投稿者:女女会 2019-05-15 14:48:14
おかげさまで、残るは特別編100話弱になりました。最後まで紹介し続けます!(2009年秋以降)さすがに、一度も見たことない話も多く、チェックに時間がかかっていますが・・・。


さて、美少女マチコ氏に連絡です。先に伝えたように、あなたがすべきことは「元カレの悪口を趣味で書くこと」ではなく、「別れてしまった店長を探すこと」です。今や科学技術の進歩でネットや探偵など手段はあります。こうしてコメントを書く暇があったら店長を探すべきです。

あなたが店長を好きで、店長があなたを好きだと思っているのならなおさらです。早く探さないと、店長も結婚してしまい、あなたと恋愛できなくなります。

どうしても会いたいのなら、門限あれど、親に頼んで協力をしてもらうといいでしょう。あなたはまだ幸せなほうです。わが党がサポートしている友之さんは、そもそも妹が欲しいと親に頼んでも拒否され、性犯罪してばっかの弟が唯一の兄弟で、これまでトラウマになっています。彼は、「どんなことをしても、妹が欲しい」と本気です。だから、今年切りにはなるけど妹を確保するためのガイドラインをもうけ、同時に自らが性犯罪者にならないための会議を開いています。それでも、このサイトで「妹産まなかった両親が悪い」と悪口を書き込まないのは、自分がつらくなるだけだし、これからやってくると信じている妹も悲しむとわかっているから。

彼は妹ができなければ、「妹に申し訳がない」と言って一生独身を貫くそうです。存在しない妹を作る、これ、相当大変です。あなたのように、ただ別れただけで店長が実在するのなら、すぐにでも行動を起こしてください。わが党としても、必要なら助言をします。

最後に美少女マチコ氏へメッセージ。あなたの過去のつらいこと、気持ちはお察しします。でも、このサイトは「世にも奇妙な物語」ファンのためのサイトです。時代も「令和」です。新たな時代に、新たな行動を起こしてみてはどうでしょう?

このまま投稿を続けて「援助交際」だの「近親相姦」だの根も葉もないうわさを言われたり、「うざい」など誹謗中傷されるよりは絶対に良い方向に行くと思います。

美少女マチコ氏が、令和の時代が幸せ多き時代になることを祈ります。おせっかいながら、わが党の女子大生幹事長も同じ少女として、あなたを心配しています。


長くなりましたが、もう少し動画紹介をします。途中仕事のため紹介を休み、今日の夜また再開します。
投稿者:女女会 2019-05-15 14:31:31
今日は放送まであと24日・・・みたいなので、それまでにあと100話超の動画紹介を仕上げます!
投稿者:女女会 2019-05-15 10:24:57
今日はこれにて終了。では明日。
投稿者:女女会 2019-05-15 03:02:32
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

レギュラー放送回の動画紹介結果

全207話・動画あり:172話
けっこう動画があがってますね。

動画がなかった35話は、フジテレビのあらすじだけつけています。

29.ゲームセンターの奇跡
54.さよなら蔵町キネマ
64.コインランドリー
68.離れません
72.ど忘れ
76.愛車物語
82.目撃者
85.ルームメイト
97.あの世への伝言サービス
110.19XX
119.替え玉
127.耳鳴り●
128.赤い雲●
129.真夜中のディスクジョッキー●
130.聞こえる●
131.死にたくない●
132.ボクの好きな先生●
146.悲鳴●
152.まだ恋は始まらない
153.佐藤・求む
155.神様
157.けむり男●
158.デンデラ野●
159.血も涙もない●
169.タガタガの島●
170.声が聞こえる●
172.リフレクション
181.水を飲む男
187.顔色
193.右手の復讐
194.城
199.被害者の顔●
200.サムライが斬る●
203.おやじ
376.奇跡を呼ぶ男●

●は、自分が見たことがないもの。

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

※動画は消されたら終了。消される前に見てください。
投稿者:女女会 2019-05-15 02:38:22
ただ今、特別編以外のレギュラー放送回の動画紹介が終わりました。休憩後は特別編の残りを紹介します。
投稿者:女女会 2019-05-15 01:11:27
↓×2
とりあえず、美少女マチコ氏におかれては、不必要な発言を避けるように求めます。

あなたがすべきことは、「このサイトで趣味としてやってる元カレの悪口」ではなく、「どうしても忘れられないのなら、どんな手法を使ってでも別れてしまった店長を探すこと」です。このサイトで悪口を書いているだけ時間の無駄です。

もしかしたら会えるかもしれない可能性を失うだけ。あきらめて悪口を書き込むだけ、結局は誰も信用してもらえず、自分がつらくなるだけです。

場所が分からないなら「探偵」を使えばよく、お嬢様育ちなら、探偵費用くらいはあるはず。


また、わが党には女子大生幹事長がいるので、悩んでいるなら相談すればよいのです。くりかえし、このサイトは「世にも」のサイト。


以上注意・喚起をし、これより動画紹介を再開します。
投稿者:女女会 2019-05-14 23:47:22
放送まであと25日。祝・コメント数500件達成!
投稿者:平成1桁マン チーム山形 2019-05-14 19:45:56
「おだまり❗」って何も美川憲一が作ったあの気持ち悪いオカマジジイ専用の言葉じゃないんだからマチコがあのオカマジジイに謝る筋合いないわ。
それから元々根拠がないただのあんたの想像でマチコのこと悪く言って勿論実際にそれがウソでも、マチコがウソよ❗って言ったら本当になるなんてあり得ないじゃない❗
バカねー❗

投稿者:美少女マチコ 2019-05-14 16:05:01
とりあえず、「もれパス係長」まで終了。
今日の夜、「リフレクション」以降のレギュラーを紹介します。終了後は特別編の残りを紹介し、動画紹介を終えます。

なお、美少女マチコにおかれては、不必要な投稿は控えるように。自分のイメージが悪くなるだけです。
投稿者:女女会 2019-05-14 14:44:46
美少女マチコって、お嬢様育ちだから人生で「電車に乗った」ことがないんだって。もし満員電車に乗ると、サラリーマンたちを見ながら電車内でオナ●ーするんだって。

この話が「ウソ」だというのなら、このサイトでくだらないコメントをするな!「ウソ」だと言えば言うほど、サイトを荒らしたお前の言葉を誰も信じず、この話が本当になる。
投稿者:名無し 2019-05-14 14:00:21
美少女マチコが「おだまり」だって、美川憲一に謝れ!俺は美少女マチコが大嫌いだ!
投稿者:名無し 2019-05-14 13:42:54
↓何ふざけてんだ、うぬぼればばあ!「もうやめてくんねえかなあ」とか、批判コメントばっかじゃねえか!それとも父親とSEXしすぎて脳細胞死んで、とうとうそんなことすら理解できなくなったか!!

じゃあ、お前のコメントが聞きたくてたまらない人のコメントでも書いてもらえ!!そう思ってる証拠は?ないんだったら、くだらねえコメントするな!
投稿者:名無し 2019-05-14 13:38:51
いやだわ❗
世にものサイトはマチコが居てこそ成り立っているんだからマチコが主役よ。
おだまり❗
投稿者:美少女マチコ 2019-05-14 12:29:09
今から13:00ごろまで休憩し、その後はちまちま動画紹介します。なお、レギュラーの動画紹介はあと50話弱になりました。今日の夜までには仕上げたいですな・・・。
投稿者:女女会 2019-05-14 11:43:31
美少女マチコの援助交際疑惑の件は、こちらでお答えします。12歳近く離れた男と付き合った美少女マチコは高校の時に「ホテルでの肉体関係」をお互いの合意の下で行いました。そのため「援助交際は成立しない」と言っています。

けれど、このサイトで散々元カレの悪口を不用意に何度も書き込み、本来「世にも」のあらすじや感想を共有する場で求めてもいない発言を繰り返し、皆様に迷惑をかけたことは間違いありません。

小山登志夫と別れて以降、元カレの悪口を趣味で投稿している今、「その男と高校時代にお金を伴わない肉体関係があった」と考えることに無理があり、「美少女マチコに援助交際疑惑がある」発言は、美少女マチコがくだらない投稿をやめない限り、永久的に援助交際発言を受け付けなければなりません。

相手に自叙伝をこのサイトで押し付けている以上、美少女マチコには「パパとエッチした」発言や「援助交際疑惑」を受諾することを、きつく言っています。ただ、サイトで世にもと関係ないコメントをやめさえすれば、わが党としても、相談には応じるつもりです。


少しづつ動画紹介再開します。
投稿者:女女会 2019-05-14 10:40:23
女女会さん

夜分遅くまでお疲れ様です、わかりました。このサイトを世にものサイトに戻すため、サイトを荒らす「美少女マチコ」のような戦犯を厳しく処分します。秘密はなんでもばらす!
投稿者:名無し 2019-05-14 03:07:09
レギュラーも、「135話 死神」まで動画紹介が終了しました。レギュラーも、あと70話くらいになりましたが、次回は5月14日の昼頃から数時間だけ再開します。

PS わが党の美少女マチコがパパとのSEXや援助交際を巡り負け惜しみを言うかもしれませんが、美少女マチコは散々このサイトを荒らした戦犯です。毅然たる態度で接してやってください。
投稿者:女女会 2019-05-14 03:04:23
私は今、「カラオケBOX」見てます。動画紹介は「もう酒ヤ・メ・タ」まで終了。もう少し頑張ります。
投稿者:女女会 2019-05-14 02:37:55
【初めて来られる方に向けて】

 平成時代終盤、わが党(兄妹新党)に属する「美少女マチコ」が散々、このサイトで世にもと関係ない話を羅列・連投してご迷惑をおかけしました。所属する党としても、今後美少女マチコには厳しく対処します。

 それを受けて、現在「世にものサイト」に戻ることを祈って、わが党が美少女マチコがやったことへの責任を取り、動画紹介を行い、このサイトをもとに戻しています。今は「令和」であり、「平成生まれ」だからというのは言い訳にほかなりません。

 YouTubeをはじめ、PANDORAなども使って動画紹介、フジテレビのあらすじをつけています。初めて世にもを見られる方に向けております。1話でも見ていただき、感想などを共通できる、元のサイトになればと思っています。

 なお、動画は削除されるおそれもあるため、できるだけ早く見られることをお勧めします。動画がないものは、フジテレビのあらすじだけ添付し、今後動画がUPされ次第使おうと思います。

 今年初の特別編が始まる6月8日までには仕上げたいと思います。長くなりましたが、以上ご挨拶になります。
投稿者:女女会 2019-05-14 01:43:26
悪夢から解き放たれた気分☆
投稿者:名無し 2019-05-14 01:29:39
> 美少女マチコの元彼のトビ職エロガッパの小山登志夫は美少女マチコが普段から「土日はパパが居るからマチコのおうちに電話しないで❗」って言ってあるし、美少女マチコが学校帰りに転勤真際の例の店長さんとラブホで会ってた日は土曜で、しかもそれから小山登志夫に会いに来る約束の時間前なのに土日は電話しないって約束を「ど忘れ」して美少女マチコの家に電話した。
美少女マチコは約束を守って例の店長さんとのデートを短縮してまで小山登志夫に会いに来たのに。


 そういう男を選んだのも、美少女マチコじゃねえか。それに、それだけ会いたいって言ってるんだから「純愛」じゃねえか。それが嫌だとか苦痛だというのなら付き合わなければいいだけ。恋愛は1人ではできないから、この問題は男女ともに責任がある。よって小山登志夫も悪いが、美少女マチコも悪い。そう思われたくなかったら、このサイトでの態度を改めること。以上
投稿者:名無し 2019-05-14 00:09:17
【お詫び】

 わが党の「美少女マチコ」が、またしてもくだらない投稿をし、世にもファンの方々に多大な迷惑をかけていますことをお詫びします。このサイトは世にも奇妙な物語の感想やあらすじのサイトであって、「美少女マチコ」の自叙伝ではありません。

 わが党の、「死んだティッシュオナニー対策の会」代表、美少女マチコには厳重に注意し、再発防止に努めます。

 なお、動画紹介中に「美少女マチコ」のくだらないコメントに対し、美少女マチコの秘密をばらすと言ってくれた、名無しさんには、引き続き「美少女マチコ」がくだらないコメントをした場合、厳重に対処してくださいますよう、お願いします。皆様も、美少女マチコについては、「パパとエッチした」などと、真実を言って攻撃してもらって結構です。


 前置きは長くなりましたが、準備が整い次第、動画紹介を再開しようと思います。
投稿者:女女会 2019-05-14 00:05:36
レギュラーは、「87.着せ替え人形」まで終了。続きは夜再開するとして、いったん散会。
投稿者:女女会 2019-05-13 13:47:23
今日は、「第1シリーズ」までで終わります。明日以降、第2シリーズから順に再開します。
投稿者:女女会 2019-05-13 02:36:35
↓今、聞いています。さて、ある「平成生まれ」がこのサイトで迷惑をかけてきましたが、もう時代は「令和」。これまでのふざけたコメントを払拭すべく、動画紹介中です。「追いかけた男」から再開。
投稿者:女女会 2019-05-13 01:57:15
女女会さん、お疲れ様です!休憩に、「甲斐バンド/HERO」をリクエスト!
投稿者:名無し 2019-05-13 01:53:35
1990年・秋の特別編~2003年・秋の特別編まで動画紹介完了。次は、2004年春の予定でしたが、ここから先は見たことがない話も多いため、

レギュラー回(恐怖の手触り~蟹缶)

こちらを先に紹介します。特別編は、レギュラーが終わり次第再開します。今1:00すぎか・・・。
投稿者:女女会 2019-05-13 01:01:44
2002年春まで終了。
投稿者:女女会 2019-05-12 23:29:49
これより、寝るまでの間に可能な限り動画を紹介していこうと思います!ちなみに平日は土日ほど数こなせないけど、全話できるだけがんばります!
投稿者:女女会 2019-05-12 21:44:22
女女会さん

こうやって紹介してもらうと、前に見た世にもを新鮮な気持ちで見れて、すばらしいです。このサイトは本来、世にものあらすじ・感想をみんなで共有する場ですからね。
人によっては、生まれる前に放送された話もあるでしょうから、そういう方の感想も動画を見ることで共有できていいですね。私情を書いて自己満足する輩は問題外!
投稿者:名無し 2019-05-12 17:44:06
★★★★★★★★★★★★★補足:いろんな方が紹介しているサイト★★★★★★★★★★★★★

http://kimyofansite.g1.xrea.com/

それぞれの話のキャストやスタッフが知りたい方は、上記サイトを参照ください。劇中BGMも載っています。噂では、このサイトの管理人は世にも全話持っているそうです。

※キャストを知りたい場合
上記サイト→上の方の、左から2番目「EPISODE」→「タイトルリスト」より、知りたい話の放送日(左側)

※劇中BGMが知りたい
上記サイト→上の方の、左から4番目「DATA」→真ん中の「番組関連データ」→上から4番目の「劇中BGMリスト」

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

こちらは、後ほど2000年代の特別編の動画紹介でもしようと思います。
投稿者:女女会 2019-05-12 17:33:04
とりあえず、1990年代の特別編の動画紹介終了。こうやって見ると、けっこうたくさん動画あがってますね。動画は消される前に見てもらえればと思います。
投稿者:女女会 2019-05-12 16:58:37
1998年秋の特別編まで終了
投稿者:女女会 2019-05-12 16:30:12
特別編・公園デビューまで完了。これで90話。令和初の特別編までには仕上げたいですが・・・。昼食べよう(笑)
投稿者:女女会 2019-05-12 14:26:05
現在、「絶対イヤ!」~「マエストロ」+映画の特別編まで完了。今だいたい80話分くらいで、まだ100話まで届いてない、遠い・・・。

あと、名無しさん情報で「美少女マチコ」が世にものあらすじ・感想と関係ない話をしたときは、「パパとエッチした」と罵声を浴びせてほしいとのことでした。

さて、小休止したら「ミッドナイトDJ」から再開。
投稿者:女女会 2019-05-12 13:55:55
×2↓ よろしくお願いしますm(_ _)m
投稿者:名無し 2019-05-12 13:46:04
令和初の世にも奇妙な物語まで、あと27日!元号が変わって以降、奇妙検定さんはどこに行ったのでしょう・・・。現在、動画を載せてます。
投稿者:女女会 2019-05-12 12:56:53
↓昨日書いた分の書式はそろったけど、先に「映画の特別編」をまとめてから続きに入ります!
投稿者:女女会 2019-05-12 12:23:55
今日は、世にも奇妙な物語 '95春の特別編 から、動画がある限り紹介します!その前に、昨日載せた話のうち、書式が違うところを統一します。
投稿者:女女会 2019-05-12 12:06:43
★平成最後のコメント
これは、平成最後の投稿か❓
投稿者:女女会 2019-04-30 23:58:57

★令和最初のコメント
令和元年5月1日からの政権、決まる❗
与党・兄妹新党が5期連続で全議席を確保する❗


●与党・兄妹新党(1001議席)❗

①新女子力大綱の会(750議席)❗
★鰍沢三男総裁:350議席
★神岸あかり幹事長:250議席
★所俵権蔵幹事長代理:150議席

②ゆがんだ兄弟構成矯正クリニックの会(200議席)❗
★丹波路哲治院長:90議席→小川つば九郎氏、与田プリン氏に議席を半分ずつ山分け
★小川つば九郎氏:55議席→100議席
★与田プリン氏:55議席→100議席

③死んだティッシュオナニー対策の会(51議席)❗
★美少女マチコ氏:51議席


●野党・こじるり党(0議席)❗


❤与党・兄妹新党の支持率100%は、1年7か月連続更新中❗
❤鰍沢総裁は2年6か月連続総裁に就任中❗
投稿者:女女会ニュース超速報 2019-05-01 00:00:04


↓OKです。これからは美少女マチコが変な投稿をしないよう、党として厳しく対処していきたいと思います。

 先ほど「絶対イヤ!」から「サブリミナル効果」までの動画紹介をしました。動画がないものは、フジテレビのあらすじだけ付けています。動画は消されないうちに見てもらえればと思います。
投稿者:女女会 2019-05-12 01:40:53
このサイトを、世にも奇妙な物語のサイトに戻そう!女女会さん、またよろしく!
投稿者:名無し 2019-05-12 01:04:29
好きな歌手はペギー葉山よ❗
投稿者:美少女マチコ 2019-05-11 21:37:34
「こ」は
①バカマチ「こ」は態度が悪く、サイトで元カレの揚げ足取り。
②「こ」じわが出た初老の61歳のばばあマチコ
③ただ実年齢より精神年齢が極端に低くて美少女だと「こ」どもっぽすぎるウソだけじゃなくて、知恵遅れのノータリンレベル❗

「や」は
①「や」なヤツ
②「や」じうま
③「や」りマン

「ま」は
①「ま」ぬけ
②「ま」がさして、パパと毎晩エッチするために門限決められてるヤツ。
③このサイトで「ま」ずいことばかりしでかすヤツ。

「と」は
①脳みそが「と」ろいトロスケで他人のコメントが理解できない
②「と」んま
③「と」んでもないことしでかすばばあ。

「し」は
①言うまでもなく、このサイトの「し」にがみ女。遺体がしゃべった!
②「し」らけさせるばばあ。
③今でも61歳の老害だけど、これから「し」らがが増えるほど輪をかけて貧乏神や死に神らしくなる。

「お」は
①「お」にみたいに意地悪で、みんながいやがる連続投稿や困ることしたり、マチコは図星を言われるとあそこが濡れるヤツ。
②「お」ぶつや「お」すいのよーに汚いおまんこと体と心の持ち主で「お」とうさんとしかSEXできない61歳のくそばばあマチコ!
③「お」ばけのように不気味なドクロ女!
投稿者:美少女マチコ 2019-05-11 21:35:15
●川崎ドルチェ開催文書書簡

 今日は、ある意味人生の分岐点になることと思います。

 私は、小学校6年生の時に将来を見据えて「妹が欲しい」と親に頼んだけれど、親に拒否されて結局、性犯罪弟しかいないことにトラウマばかりでした❗

 あれ以来、初恋相手に振られ、中学ではいじめに遭い、高校では告白してくれた子を振ってしまった❗

 高校の時は、メル友の女の子にきついメールを送り、もう自分で反抗期を止められなかった❗大学でもそれが続き、一度は就職をして正社員だった。でも、大阪まで行くことになって独り暮らし❗

 そのときも、性犯罪弟は実家暮らしですねかじり❗自分は大阪で「郵便物は転送をかけなさい」と社長に教わった❗

 でも性犯罪弟は郵便物の転送すらかけられず、2年前から一人暮らしすると言っておいて、実家に送り付けるような人❗

 そんな人間しか兄弟がいないせいで、今や結婚願望は皆無❗明日にも、少女を襲って捕まるんじゃないかと毎日不安に駆られている❗

 大学も退学するのではという不安しかなく、何とか卒業できたものの、もう社員を退職した自分には、妹なくして正社員の道は全くなくなってしまった❗

 生まれてくることが許されなかった妹を思いながら生きる人生がいかにつらいか、生まれてこれなかった妹もつらいが、妹がいない環境で性犯罪と戦わないといけないつらさは計り知れない❗

 そんな自分を救ってくれたのがある精神科医の言葉だった。「弟がいるから少女たちを襲うのなら、いっそ弟は死んだ環境を作り、現れたら離職して引きこもるなど、親に脅しをかければよい」と。

 「そうすれば、親は引きこもりの息子を作りたくないから絶対にその弟と会わなくてすむ方法を実施しに来る。もし会わされたら圧力をかければすむ。」と。

 事実、2016年に週6日で働いていたところ、あのバカ弟のせいで精神的に追い込まれ、正社員の道がなくなった。日産で車の整備しかできない、一人暮らしもできない人間は男兄弟に必要ない。妹ならまだしも・・・。

 たしかに、ありがたい言葉。でも、変態弟しかいない環境に置かされた自分には、いまだ性犯罪をするのではという不安はぬぐえない❗

 2005年8月15日に自動車免許をとった。しかし車に乗るたびに生まれてこれなかった妹の分まで幸せになることへの悲しみから、福島の会社に内定した2011年に車に乗ったものの、それを最後に2011年3月の震災で大阪へ、さらに翌年の3月には岡山へ出向になった。こうして車に乗ることがなくなり、2016年に会社を週3回まで減って休みをとるまでに追いつめられたのは「車の整備しかできない弟」がすべrて悪いと精神科で言われ、その怒りと抗議から2016年11月末に車の整備しかできない変態弟への抗議から免許を返納し、人間の妹ができるまでは絶対に免許を取り直さないことを決意した❗後悔はしていなくて、むしろ妹にさらに会えるような気さえしている。

 「正社員でない自分というのはまちがいなくあの変態弟しかいないせいである」と医者から言われたことで、失業によって1度は考えた自殺も止めることができた。

 2008年の卒業論文も、もし妹がいれば退学するくらいの精神状態に追いつめられることもなかった。あのとき妹をもうける方向にまとめ、2000年6月11日に生まれていれば、今日ここにきているあかり姫(18歳)のような妹がすでにいて、今ごろ結婚して子どももいたことでしょう。

 そんな人生をぶちこわしたのは、まぎれもなく、親どもであり、性犯罪を加速させた戦犯と言うべきだと思う。

 今日ここに来たのは、人間の妹を確保することを令和の課題とし、もし妹ができたらという仮想空間を体感し、妹確保がどのような雰囲気化を体験することが目的。

 だから、あなたにお願いすることは、「あなた自身がそれをすることが仕事上とはいえ不幸になるのなら、しなくていい」ということ。
 ここに来て変なことを言うと思うかもしれないけど、変態弟のように、本番行為をしないと恐喝するようなゴミと同じ兄弟だと思われたくないから、今日は本気で妹確保のため、準備としてここに来ました。

 この短い時間で、今後の人間の妹確保が加速するならば、それはこの時間が貴重な時間になることでしょう。

 1998年に生まれてこれなかった妹をもうけ、その妹とともに幸せを共有し、ようやく婚活ができるようになるの。妹の分まで幸せになるのではなく、妹ともに幸せになるのです。そういう意味で、この短い時間では、私はあなたを「本物の妹」と見てすべてを託します。

 「人間の妹」になったあなたがすることは、自分にできることを「妹らしく」してくれれば結構です。

 この短時間で、自らの将来の「結婚」や「正社員復帰」などがすべて決まるといっていいでしょう。だから、ここに来るための費用を何年もかけてためてきたの。


 令和の人間の妹確保が有意義になることをお祈りして、この手紙を終わります❗

 PS 封筒の中にはこの手紙のほかに、今年入ってから行ったボウリングのスコアもすべて入れてあります。妹確保に役立つかわからないけれど、4月27日には人生で最もスコアが高い162点をとった記録も、この間だけでも妹になるあなたへ渡します。それが生まれてこれなかった妹からのメッセージだと思っています。

では、以上です。

あなたの仮想の兄より
投稿者:美少女マチコ 2019-05-11 21:34:14
●所信表明演説(2019年5月4日実施)
鰍沢光男総裁(兄妹新党・新女子力大綱の会)

 この令和で友之さんに、人間の妹を絶対にもうける、これがわが党の使命である❗

 私は、与党・兄妹新党を代表して、先の選挙で全議席を確保した与党総裁として、これより所信表明演説を行います❗これまで平成では、男2人兄弟の長男として、これまでの30年の歴史を刻んできました❗小学校の頃、特に1998年の「12歳の嘆願軍配」では、友之さんは両親に「妹が欲しい」と頼んだにもかかわらず、その思いは踏みにじられた。そのせいで、中学ではいじめの被害に遭い、それを親に相談しても取り合わず、中学校では片想い相手に告白もできなかった。すでに、裁判所でもこれは兄弟が性犯罪弟しかいないことが原因だということが立証され、カウンセリングが絶対に必要な状況に追い込まれていった。告白できなかったことで、いまでも告白すればよかったという後悔が残ってしまった。

 女姉妹であれば、たとえ振られても姉妹がいるからやはり女子力がついて、立て直しがすぐにできる。しかし、姉妹がいないせいで、告白して振られたら、残るのが性犯罪弟。こんな状態でも、友之さ
投稿者:美少女マチコ 2019-05-30 17:36:43
↓美少女マチコ氏におかれては、このように、あなたの投稿には「否定的」意見がほとんどで、自分もやめてもらいたいと思っているので、わきまえるように。
投稿者:女女会 2019-05-15 23:31:50
やめてくんねぇかな
投稿者:名無し 2019-05-15 20:38:35
トビ職エロガッパのドクロマン小山登志夫と付き合ってた一年間のうち、例の店長さんの方からマチコにお願いしてきた転勤真際の思い出作りのデートをする約束の日の件のマチコは小山登志夫に対しては充分すぎるぐらいいい人だったから、あれ以上小山登志夫にいい人になるって言ったら、これが最後のチャンスってゆー、一度きりしかない例の店長さんとのデートを完全に断ってこれから転勤しちゃう例の店長さんには少しも会いに行かないで、パパに別れさせられることを考えなければ、それまで通り毎日会える前提の小山登志夫一人だけにあの日も学校が終わったらすぐに会いに来てあげるってことしかないから、そしたらマチコは小山登志夫には「さっきよりも」どころか、これ以上がないぐらい完璧ないい人になるわけだけど、それじゃお互い一緒に居たかった例の店長さんとマチコにはあんまりだから、マチコはこの主人公みたいに例の店長さんの転勤前に時間が戻ったらジャマ者の小山登志夫を完全にフッてあのあの日学校が終わったら門限ギリギリまで例の店長さんだけと過ごして例の店長さんにとって「さっきよりもいい人」になりたいわ❗
投稿者:美少女マチコ 2019-05-15 15:02:35
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★動画紹介★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

https://www.youtube.com/watch?v=pY2dTR3_Ds8
(OPつき・最初~24:52)

 昨年、誕生日を忘れて恋人の恭子(藤澤恵麻)を怒らせてしまった萩原孝一(伊藤英明)は、今年こそ一生忘れられない誕生日にしてやろうと張り切っていた。待ちに待った誕生日当日、めざまし時計の音で10時ちょうどに目覚めた孝一は、身支度を完ぺきに整えたあと、手帳で今日1日のスケジュールを確認。「10時起床、12時に銀行でお金をおろし、14時にジュエリーショップで下見した指輪を購入。16時に美容院、19時に約束のホテルでディナー、そして…」。理想の1日を想像し、気合いを入れる。
 そんな孝一の横では、テレビの情報番組が、占いの言葉を伝えていた。「今日の言葉、『情けは人のためならず』。目的を達成するためには人に親切にしましょう。ラッキーカラーは白」。(フジテレビ引用)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
投稿者:女女会 2019-05-15 13:26:03
61歳にもなってなにしてんだよ
投稿者:名無し 2019-05-05 18:48:05
↓61歳の認知症マチコは、このサイトから出てけ。
投稿者:名無し 2019-03-31 21:00:11
例の店長さんは乞爺魔吐死汚よりもいい人
投稿者:美少女マチコ 2019-03-31 20:38:50
桜(DA PUMP)
投稿者:名無し 2019-03-22 01:11:43
まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗
投稿者:美少女マチコ 2019-01-17 23:27:07
メン男はカップ拉麺食い過ぎて馬鹿になった
投稿者:名無し 2018-12-16 08:28:54
麺男(メン男)はYouTubeで見れば解る。
投稿者:名無し 2018-12-16 08:27:26
小山登志夫はさっきよりも悪い人。日に日に賞味期限が切れて腐る・・・。
投稿者:名無し 2018-12-16 00:14:54
↓小山登志夫のニセ者だ!
そもそもメン男って何者?
世にものどの物語に出てきたの?
投稿者:名無し 2018-12-13 23:38:25
メン男は人の意見を舐めてシカトした無視した
投稿者:小山登志夫 2018-12-13 00:36:33
そーいやこの物語から丸10年経ってこの主人公がストックホルムでノーベル平和賞を受賞するのって、ついに今年じゃん!
この物語が放送された当時は遠い未来に思えたけど。
ところでこれは世にもの世界で今年受賞されたわけで、現実の世界では現在ないね。
投稿者:ラン丸 2018-11-06 21:47:59
新元号のスタートまであと176日、放送まであと4日!!この物語の中の『ノーベル平和賞授賞式』って、もう終わったのかな?
投稿者:奇妙段位2段 2018-11-06 20:12:13
あいうえお
投稿者:名無し 2018-10-20 11:13:11
占いで主人公が良いことしないといけないって気付いただけだから、占いはループとは無関係だと思うよ。
投稿者:名無し 2018-10-02 09:37:05
新元号のスタートまであと309日。10日間のコメント戦争にようやく決着がつきました。本当に今日まで理不尽なゲームや賽の河原の石積み、はたまたこの物語のような仕打ちを受けているようでした。美少女マチコさんには、念を押す意味でも喝を入れさせてもらいます。ドーーーーーーーーーン!!
投稿者:奇妙検定準2級 2018-06-26 08:27:45
もう誰を恨むかとかって言うんじゃなくて、高校時代時代から会社での面接と学生時代についての作文を書かされるに至るまでが私を主人公にした世にもの物語の一つだったら、視聴者や読者はまず「丸で主人公の親たちも含めて大勢で組んで計画的に主人公を不幸にしたかのような、主人公にとって重ね重ねの悲惨続きの偶然は奇妙な物語と言えば奇妙な物語だし、世にもの別物語の「お前が悪い」みたいに主人公ばっかりがバカにされたり悪者扱いされたけど、主人公がアホ過ぎる上に気も弱くて主人公の言動の演出が半端だ」とか「ちょっとこの主人公は心がけや言動と受けるることや結果が割に合わなくてかわいそうだよ!」とか、「主人公は理不尽な目にばっかり遇って悲惨だけど、アホ過ぎて嫌いだから惨めなだけで、同情する気にならない」「この主人公には、なりたくない」って言われてるだろう。
投稿者:ラン丸 2018-05-16 11:53:25
いまゅたん許さねぇ
投稿者:名無し 2018-04-17 20:29:32
何人も書いてるけどその日の占いなのにラストで10年飛んでるのおかしいよな
投稿者:名無し 2018-04-17 07:52:03
↓だよね。
同感!
投稿者:ラン丸 2018-03-15 22:54:53
理不尽過ぎる
こんなん絶対切れるわ
投稿者:名無し 2018-03-12 18:53:24
1日遅れましたが、平成30年、明けましておめでとうございます。例年でしたら『恐怖の手触り』に投稿していましたが、この物語の終盤が今年の設定だったので、ここに投稿する運びとなりました。では、コメント数が150件以上の物語、ベスト33でございます。 33位 クイズ天国・クイズ地獄 150件 32位 自殺者リサイクル法 157件 31位 迷路 159件 30位 ヴァーチャル・メモリー 164件 29位 サブリミナル 166件 28位 思い出を売る男 169件 同率26位 呪web・爆弾男のスイッチ 175件 25位 日の出通り商店街いきいきデー 181件 24位 さっきよりいい人(現在地)185件 23位 行列のできる刑事 193件 同率21位 13番目の客・ストーリー・テラー(オリジナル)198件 20位 ボランティア降臨 210件 19位 回想電車 211件 同率17位 23分間の奇跡・見たら最期 216件 16位 才能玉 218件 15位 真夜中の殺人者 228件 14位 夜汽車の男 232件 13位 理想のスキヤキ 240件 12位 過去からの日記 242件 11位 午前2時のチャイム 244件 10位 密告ネット 250件 同率8位 家族会議・ハイ・ヌーン 261件 7位 これ……見て…… 273件 6位 昨日公園 282件 5位 ズンドコベロンチョ 294件 4位 懲役30日 302件 3位 おばあちゃん 316件 2位 BLACK ROOM 325件 1位イマキヨさん 396件 以上。あと約1年と4ヶ月で〈平成〉が終わってしまいますが、みなさん最後の最後まで、逞しく頑張っていきましょう!!
投稿者:奇妙段位2段 2018-01-02 09:31:29
怖い話よなぁ
世にも奇妙な物語の中でも屈指の奇妙な話
現代において手放しの善行で称えられてる人はこういう目にあってるんじゃないかって思うくらいにはゾッとする
まあ無いだろうけどね
投稿者:名無し 2017-11-04 00:12:40
こんなのあり?
投稿者:名無し 2017-10-13 20:49:39
親切にし続ける事で
ありふれた幸せに沢山出会ってる☆優しい時間♬
指輪で揺らぐ関係(T-T)、大切なのは心の中に一本の赤いバラを持ち続ける事(^ ^)
投稿者:シング 2017-06-16 16:56:33
赤いバラを手放さないのは
何百回もの戦いがあってやっと掴んだ幸せだから(^-^)
投稿者:アレカヤシ↪️ネリネ↖︎ 2017-06-16 16:24:25
火事の中、子供を助けたとき、なぜわざわざバラの花束を持っていったんだ?

投稿者:名無し 2017-06-14 22:12:21
短大時代少年ジャンプの雑誌に連載されてたアウターゾーンとかいう「光橋伸(みつはししん)」という作者の漫画の一話に登場した男はミザリーという謎の女に記憶を持って過去に戻れる(つまり人生をやり直せる)という腕時計を恵んで貰った。
その話では、この物語と違って基本的に戻る時期と生き方を選べるから、この物語より条件がいいことは勿論のこと、過去に戻れない普通の人生より都合がいいが、運転中時計が壊れてからは本人の意志と関係なく勝手に何度も同じ時期に時間が戻って、いい事をしようがしまいが時間が戻るたんびに同じ悲惨な体験を繰り返すことになったが。
投稿者:ラン丸 2017-05-06 11:41:34
周りを変化させて恒久的に定着させる行いって、こんな感じなんだろうと体現してる気がした。
自分が何かを変えようとしても一時的に変わっただけで元に戻ってしまうという感じだろうか。
投稿者:名無し 2017-02-18 15:53:06
ラストで単に10年前と同じ目覚ましを使ってるだけさ。戻されたのはその日の朝のはず

投稿者:名無し 2017-02-16 13:15:00
↓これって善行をする人より善行をしてもらう人の方が価値があるってこと?

投稿者:ラン丸 2017-01-29 00:34:44
善行する事は可視価値にはならない。
善行してもらう事が可視価値に繋がるのだ。
投稿者:名無し 2017-01-28 00:46:58
バッドで殴られないと先に進めないなんて・・・
投稿者:名無し 2017-01-04 16:09:32
「目標を達成する為には人に親切にしましょう。」ってこの場合は目標を達成する為にじゃなくて繰り返しにならない為にじゃん!
投稿者:名無し 2016-07-09 19:26:22
繰り返しの物語は数あれどこの物語は延々といいことをし続ける(自分を犠牲にし続ける)
選択を続けなければ何度も何度も理不尽に繰り返しを強いられて
例え死んだとしても(物語ラストで何年も進んでいる事を考えると)
繰り返しから逃れる事はできないある意味懲役30日にも並ぶ悲惨な物語だと思います。
きっといいこと(正解を選択)をし続けて天寿を全うするしかこの繰り返しから逃れる術は無いんでしょうね。
無間地獄ですね。
投稿者:名無し 2016-07-09 12:28:50

投稿者:名無し 2016-06-11 09:57:24
↓この続きも書いたのに何故かここまでしか投稿できなかった。
赤いバラを買ったのにいいことなかったじゃん。
それからすぐ炎の中に飛び込まなきゃならなくなったから、せっかく指輪の代わりに彼女に買ったバラも燃えちゃうし、火も赤だけど自ら火に飛び込むハメになるなんてラッキーどころか悲惨としか思えません。
赤はラッキーカラーどころか世にもの別の物語の「黄色が恐い」のように危険カラーじゃん。
引っ越し祝いに赤い花は贈っちゃいけないってテレビで観たこと有るけど、それは赤は家事の炎を連想させるから、これから住む家が火事に遇って燃えることにつながって縁起が悪いからです。
この物語の場合引っ越しとは関係ないけど引っ越しの件と同じように
赤い花を買ってすぐ火事につながったじゃん。
まさにこの赤は悪いなり行きを呼んでいて悪い組み合わせじゃん。
投稿者:名無し 2016-06-11 09:53:03
これ絶対話に無理が有る。
何で今年こそ一生忘れられない誕生日にしようと誓った恋人の誕生日の朝から人生狂って失敗するとそこに戻されるのか分んない。
それにテレビの情報番組の乙女座に対する「目的を達成する為には人に親切にしましょう」ってのは、その日だけの筈なのに、その日から一生続くのもおかしい。
情けは人の為ならずで目標を達成する為には人に親切にしましょうって言っても全ては人の為で自分の為になんか一つもなってない。
人に親切にの方だけは放送した日が過ぎても続くのにラッキーカラー赤ってのは全然当たっていないじゃんと思った。
赤いバラ
投稿者:名無し 2016-06-11 03:49:50
目覚まし時計が鳴った恋人の誕生日の朝からの主人公の人生をエンドにするには、命に代えて誰かを助けるしかないだろう。
そうすれば人にとって都合のいい人になったからやり直しになることはないし死ねて、この人生は終わりになる。
投稿者:ラン丸 2016-06-11 00:03:11
巻き戻るのが直前じゃないことがラストの絶叫になる訳で、それがとても笑えてしまうんだけど、めっちゃ怖い。
投稿者:名無し 2016-06-10 19:37:08
せめていい人(自分以外の人にとって都合がいい人)になるのに失敗した直前に戻されるなら物語のタイトル通りなのに。
投稿者:名無し 2016-06-06 23:34:38
この物語のような「さっきよりもいい人」になるなら少女時代まで戻って貧しい国の小児科医になるように人生やり直すぐらいしなきゃならないってことになる。
それには志だけでなく頭も良くならなきゃいけないが。
ところで「さっきより」なのに何でいい人になり直すのに失敗したら、その時点からどんなに大昔だろうとあの目覚ましが鳴った恋人の誕生日の朝にまで戻されるワケ?と思います。
その場面でいい人になるのに失敗する前に戻るなら分かるけど。
投稿者:名無し 2016-06-06 23:29:02
観ている間は大爆笑。だけど、エンディングを観た後よくよく考えるとコレ、怖い話…ですよね。
投稿者:名無し 2016-06-06 02:30:11
あーぁって思わず言っちゃうなー
投稿者:たらこ 2016-04-23 16:42:29
いい事をしてる最中に起こった悪いことくらいはノーカンにしてほしい
投稿者:名無し 2015-11-23 09:21:22
自分がどんな目にあっても自分以外の人全員にとって都合のいい人にならなきゃやり直しになって次に進めない人生で、繰り返す分他の人より人生長くなるなら自分にとって都合良くやり直しできなくても戻れず年を取っていくだけの普通の人生の方がいいが、自分以外の人に都合がいい人にならなければやり直しになるとしても、自分以外の人にとって都合がいい人になれなくて間違えた直前に戻るならまだいいのにあ、どんなに時が進んでも間違えるといつも目覚ましが鳴ったあの日の朝に戻されるなんて、どう考えてもそこまでする必要ないだろ!と思います。
投稿者:モナミ 2015-11-08 23:39:06
今日は文化の日。「傑作復活編」まであと18日、「映画監督編」まであと25日。これは、ちょっとした壮大なゲームの世界の話ですね。こんな面倒な人生は送りたくないですね。
投稿者:奇妙検定8級 2015-11-03 09:25:10
確かに。
言っちゃ悪いですが、らん丸さんの高校時代からの人生、少し問題かも
投稿者:匿名 2015-10-19 11:16:42
ラン丸さん、あなた高校時代からの学生時代の件を解決しない限りある意味前に進めない人になってますよ!
投稿者:名無し 2015-10-10 15:51:26
「自分以外の人にとって都合のいい人」ではなくて「自分が満足する完璧な言動ができるまで時間が戻って同じ人生を繰り返す」つまり自分が満足できる人物にならない限り次の場面に進めないとかだったらいいけど。
投稿者:名無し 2015-10-10 15:20:28
皆この物語の主人公にだけは、なりたくないって言うし私もそうだけど、私の高校時代と、その後も偶然高校時代同じ学校だった女と再会していじめられるハメになったのと、高校時代がもととなる親も含めていろんな人から受けた理不尽な対応を知ったら「ラン丸は絶対自分がなりたくない人物だ!」と思うでしょう。
まさに人生はドラマです。
そして私は悲劇の主人公になってる気分です。
私も自分が高校時代から経験したことで世にも奇妙な物語の主人公になれると思います。
「僕たちが住んでいるこの世界も、本の中の物語かも知れない」というのを聞いたことがある通り、もしかしたら私も本やドラマの登場人物の一人かも知れません。
そう考えると何が現実なのか分らなくなりますが、そうだったら私は、なりたくない登場人物第一位と言われてると思います。


投稿者:ラン丸 2015-10-10 02:05:53
人生やり直したいとよく思うけど、この物語の主人公は、やり直す時代と生き方を選べないので、どんな状況でもいい人(この物語の場合自分以外の人全員にとって都合のいい人)にならないと繰り返しになるなら過去に戻れない普通の人生を送るか死んだほうがマシだと思いました。
私は高校時代の始めに戻って人生やり直したいけど、高校時代に戻れても高校時代の一番始めを選んで戻れない上に、悪い状態になってからの高校時代を永遠に繰り返すことになって高校卒業後の人生に進めないなら、人生やり直せなくても普通に年とってって死ぬ方いいと思いました。
私の高校時代は入学してすぐある部活に入ってから、たった一か月しかその部活にいなかったのに、それがきっかけで悲惨なものとなり、いろいろ理不尽な目に遭って、それだけで一生モノの心のキズとなった上に、さらに悲惨なことはドラマではなく実際の世界では皆人生を繰り返すことや時間が止まることはなく、年をとっていってるのに、私が高校を卒業してからも私が高校生の時と中味が全く変わらず精神年齢が低いままの女に高校時代と同じようにいじめられたので、時間が戻ったワケじゃないのに同じ人生が繰り返されることになったので、そりゃないだろ!と高校時代が繰り返される以上に腹が立ちました。



投稿者:ラン丸 2015-10-09 23:16:59
私も主人公になりたくない話のランキング一位は、この話と世にも奇妙な物語のリフレインという話です。
投稿者:小春 2015-10-08 03:04:46
自分も主人公になりたくないランキング1位です。
投稿者:名無し 2015-09-12 20:12:52
「そして、くりかえす」より嫌な話だな

午前0時までは普通に生活できる←まだわかる
親切にしなきゃ永遠に時の狭間から抜け出せない←嫌すぎるわ
投稿者:名無し 2015-09-12 02:26:40
親切以外の道がない作品ですね。
わたしも今まで見てきた中で、この主人公だけは どうしてもなりたくありません。
万が一、この人生になってしまえば、会社どこも勤まらないだろう...

投稿者:名無し 2015-09-11 22:32:36
でも亡くなった人とかやり直したいことがあったりするといいかもって考えられるけど戻される日を決められないしいい人以外生きる道はないってのがツライ
投稿者:名無し 2015-08-23 00:54:59
フィクションでありつつ現実に起こったらどうしよーか考えてしまう、からの自殺すればいいやんって思ってしまうけど自殺してもループしてしまうかもって考えてまう
泣きそう 笑

投稿者:名前の入力に失敗しました 2015-06-12 17:41:52
一日家に居ても戻される、自殺しても戻される。
投稿者:名無し 2015-06-07 00:12:22
豊丸「イグ~イグ~」
投稿者:名無し 2015-05-04 01:40:17
ノーベル平和賞はストックホルムじゃなくてオスロのはずなんですが
投稿者:名無し 2015-04-10 15:23:49
この物語は、聖書にある話を思い出しました。それは「先にあったことは、また後にもある、先になされた事はまた後にもなされる。日の下には新しいものはない。」(伝道の書1:9)

この物語で人間は一生勉強すべきだということです。主人公は毎日いいことをしないと時間がもどり、前に進めないという話でなんか自分の弱点が分かっても、それを直さなければ、豊かな人生になれないと覚悟しました。

しかし、人に優しくすることは行うことは言うより難しいと思います。自分の力なり積極的に人を助けてあげることは言うだけなら簡単に達成するようですが、人を助けることにかえて自分が損してしまって、そこまでに致してはいいことをすることはもうこんな簡単に実践するとは言えないだろう!

人は誰しも完璧ではありません。誰も完璧なところに追求すべき気持ちを持っているわけです。
投稿者:桜貝 2015-03-23 16:32:50
本日、関西テレビにて傑作選が放送されました。

この物語の主人公は
とりわけいい人でもなく悪い人でもない
ごくごく普通の男である。

そんな普通の男が「いい人にならざるを得ない」
悲惨な運命に巻き込まれてしまった。

…そこがこの物語の面白味だろうな。
怖かったけど。すげえトラウマでしたw
投稿者:ああああだらすた 2015-03-09 23:02:52
ある意味
懲役30日、地獄のタクシーより、この回の主人公の運命には遭いたくない。
投稿者:サブゼロ 2015-03-09 15:40:42
起きる
足を踏む
リピート

なんじゃそりゃ
投稿者:名無し 2014-11-02 15:03:02
火事のとこに助けに行く伊藤英明見たら海猿思い出した
投稿者:名無し 2014-10-21 16:57:33
私なら自殺する…
いい人だと言われること以外
生きてるいみなくなるし
でも自殺しようとしても戻るのかな…

投稿者:名無し 2014-10-20 00:50:27
これ昔観てトラウマになってそれから
奇妙みなくなって
一昨年くらいからまた観るようになって
この間再放送でみたら
全然怖くない、という感じに落ち着く
投稿者:はりー 2014-10-19 10:44:20
基本引きこもってたまに好きなことしてループってのに落ち着きそう
投稿者:名無し 2014-10-18 18:42:39
主人公が可哀想。

こういう系統の話は好きなんだけど
なんかなぁ……
投稿者:あ。 2014-10-18 15:04:39
永遠に続くこのループ

どこで間違ってしまったのか
怖すぎる
投稿者:はりー 2014-10-18 15:00:57
この話だけ何故か強烈に覚えてるんだよなぁ・・・

よく考えたら今日の言葉なんだからその日だけにしといたげてよ・・・可哀想だな
投稿者:名無し 2014-10-17 17:49:49
主人公かわいそすぎる…。
ちょっと申し訳ありませんが、今まで見てきた「世にも奇妙な物語」で、一番自分的に主人公になりたくないのは、




これ…。
投稿者:匿名 2014-09-03 19:47:56
まるでゴールド・エクスペリエンス・レクイエム。

しかも主人公は何も悪くないのに、ディアボロよりも悲惨な目に遭うという・・・

後味の悪い話ベスト1。
投稿者:http://t.co/7AbuyrVu7k 2014-07-05 21:10:42
これって、朝のニュースの占いは今日のことなんだから、その時間のループが2018年にまで及ぶのはおかしくねえ?
投稿者:名無し 2014-05-15 16:53:04
気持ち悪いこわい
投稿者:名無し 2014-04-05 23:26:46
個人的に
おばあちゃんよりトラウマっす…

オチが。
投稿者:名無し 2013-11-25 12:34:37
最近の話では結構面白いとは思う。
投稿者:名無し 2013-10-31 23:23:21
伊藤英明かっこよすぎ。好きなんでいいですけど 笑 
投稿者:名無し 2013-10-31 23:17:35
↓×5
いや、逆だろ

投稿者:名無し 2013-10-24 21:54:07
↓ボカロ厨きめええええええ!!
別に私もボカロ嫌いじゃないし好きなのは勝手だからどこでもボカロの話すんのやめなよ
しかもドヤ顔で歌詞乗っけてるし…お前人生リセットボタンの歌詞乗っけたかっただけだろキモイなあ
投稿者:名無し 2013-10-18 20:33:54
六兆五千三百十二万四千七百十年の果てに果てに飛び込んだんだ午前五時始発の終着点。カイバ先生カイバ先生。僕のいない世界こそ、きっときっと答えと思ったがどうでしょうね?

結局、ループを止める方法は主人公が死ぬしかないんだよね。
投稿者:名無し 2013-10-14 17:22:37
ある意味、永遠の寿命を手に入れた(笑)
投稿者:名無し 2013-10-09 11:23:54
うわあ10年前戻ると取れるか最後
目覚まし鳴ったのはなんとなく覚えてるが
投稿者:名無し 2013-08-05 00:00:59
「正直者は馬鹿をみる」ってこと?

この話観てると悪い事をしたくなる
投稿者:名無し 2013-07-29 16:56:19
せめてさ、ループは初めの1日だけにしといたげようぜwww
一生人に気を遣わなきゃならん人生なんて、可哀想過ぎるよ…

最近の作品じゃ面白い方なんじゃないかと思うけど、
軽くトラウマやわぁ
投稿者:名無し 2013-06-20 18:53:59
まさに、生き地獄ですね・・・・・・
投稿者:S.K 2013-03-03 09:28:18
歪んだ顔面白いぢゃん。
投稿者:の○太」 2012-05-06 09:40:44
顔が歪むのが不気味だった!

『情けは人のためならず』身に染みます
投稿者:福袋 2012-04-25 13:43:16
顔が歪むのはトラウマw
投稿者:マヨ 2012-04-24 17:34:54
笑わせてもらいました

前に進めないからですw
投稿者:マクスウェル 2012-04-21 23:59:52
途中の銀行のオバさんオレオレ詐欺ひっかかっとるがなw
投稿者:ところてん 2012-04-20 00:46:16
世界から認められるほどのいい人が足踏んだだけでアウトだったのは笑えました

まあ実際にこんな世界があったら笑えないんですが・・・
投稿者:揄 2012-04-02 09:25:51
これこそ不老不死の誕生なんじゃないのかな。事故とかは別として。



老いてきたら嫌な人になって逆戻り、それまでいい人の仮面さえ被っていればたくさんの人生が楽しめる



最終的にヒッキーが安泰かもしれないですが(笑)
投稿者:kinoko2 2012-03-28 02:58:28
これは自分の大好きな話の一つ。

まさに「奇妙」って感じ。

オチも最高に面白いw

そして何より10年間も我慢してきた主人公が不憫すぎるw
投稿者:BUZZ 2011-11-30 21:00:52
人にしんせつしなくちゃいけないの    なんでめんどくさ
投稿者:TAISHI 2011-02-24 20:34:57
なんだかかわいそうな男です、人生は何度も繰り返してしまいました。
投稿者:まるこ 2011-01-25 01:10:17
む・・無限のループ

そして パラレルワールド追加と増加・・
投稿者:ゆい 2010-11-28 13:32:18
僕にとって一番主人公になりたくない作品は

  「さっきよりもいい人」だな。
投稿者:s 2010-11-28 13:31:13
おもしろかった。伊藤英明かっこいい。
投稿者:伊藤英明 2010-11-14 12:02:36
15498回ループ
投稿者:zoon 2010-10-11 21:39:17
面白かった。

最後の場面の「前に進めないからです」で吹いた。
投稿者:レモンパイ 2010-10-09 23:44:38
顔が歪むところがトラウマ(´・ω・`)未だに夢に出てきます…。
投稿者:@ゆま。 2010-10-07 17:57:37
昨年、誕生日を忘れて恋人の恭子を怒らせてしまった萩原孝一(伊藤英明)は、今年こそ忘れまいと肝に銘じ、一生忘れられない誕生日にしてやろうと張り切っていた。



待ちに待った誕生日当日、めざまし時計の音で10時ちょうどに目覚めた孝一は、身支度を完ぺきに整えた後、手帳で今日一日のスケジュールを確認。「10時起床、12時に銀行でお金をおろし、14時にジュエリーショップで下見した指輪を購入。16時に美容院、19時に約束のホテルでディナー、そしてプロポーズ…」。理想の一日を想像し、だらしなく笑う孝一だが、はっと気を取り直して気合いを入れる。

そんな萩原の横では、テレビの情報番組が、占いの言葉を伝えていた。「おとめ座 今日の言葉、『情けは人のためならず』。目的を達成するためには人に親切にしましょう。ラッキーカラーは赤」。

特に気にも留めず、予定通りの時間に家を出た孝一が電車で座っていると、目の前に大きな荷物を背負った老婆がやってくる。思わず孝一が寝たふりをすると、電車が揺れて老婆が転びそうになった。薄目をあけて様子をうかがう孝一。すると、老婆の顔がぐにゃりとゆがみ…?

 はっと気がついた孝一が辺りを見回すと、そこは自分の部屋。ベッドの上で目覚めるところだった。めざまし時計は10時ちょうどを指している。え? これって、夢???

いや、夢ではなかったのだ。このあとも、孝一がよい行いをするチャンスを無視しようとするたび、同じ日の朝10時、目覚める瞬間に戻ってしまう。こんなことではいつまでたっても恭子に会いに行けない、と焦る孝一は、ひたすら善行を積み重ねていく。

老婆に席を譲り、通りすがりのOLに手を貸す。ジュエリーショップで泣く泣く目的の指輪を眼鏡の男に譲り、陣痛に苦しむ妊婦の出産に付き合わされ美容室に行けなくなる…立てたスケジュールはもう滅茶苦茶。



溜息をつきながら歩いていると、偶然花屋の前を通りがかった。「ラッキーカラーは赤…!」孝一は真っ赤なバラの花束を買った。が、ふと、店の外が騒がしい事に気付く。なんと店の2階が火事に、しかも子供が取り残されている。「またか…。」孝一は意を決して、燃えさかる炎の中に飛び込んだ…。

そんなこんなで、やっと彼女にホテルで会えた。プロポーズを試みようとするが、恭子は前に指輪を譲った眼鏡の男と結婚するなどと言い出す。愕然となった孝一。頭の中で人々が口を揃えて言う。「いい人、いい人だ…」孝一は思わず手元の看板を持ち上げていた。「いい人なんかじゃない!!」そして怒りに任せて二人へ振り下ろす…

が、そこでまたループ。もはや結婚は諦めるほかなかった。



時は、2018年。ここはストックホルム。42才になった萩原は人に善行を施し続けたことを評価され、ノーベル平和賞を受賞していた。

「なぜ私はここまで善い事をするのか。それは、そうしなければ一歩も前に進めないからです!それだけです…」と萩原は悲しげに言った。

すると、突然司会者の顔が歪み出す。なんと、転んだ女性を助けた拍子に彼の足を踏んづけてしまったのだ。

「オゥ、ノー…」だが運命には逆らえない。萩原の悲鳴と共に視界が暗転し、再び目覚ましが鳴るあの朝へとループ。



自殺しようとしてもまたループする。

「自殺してもループするのはあたりまえだろう。」と主人公は言う。

とその時、主人の耳に時の神様が現れ突然言った。

「前に進むしかないんだ。あともう一歩でノーベル平和賞を受賞してループを終わりにしようと思ったのに、何で人の足を踏んずけたんだ。」

そしてここからまた世界一いい人になると決心し、世界中の手伝いと勝負はここからはじまった!!


投稿者:さ 2010-08-24 15:17:01
久しぶりに投稿してみました。



これおかしくないですか??



おかしい点?

占いって1日だけなはずなのに

どうして10年も続いたのか。



?髪の毛の色の変化が早すぎる。



火事の時、別に顔ゆがんでなかったし。

感動狙いとしか思えないです。


投稿者:カルボナーラ 2010-06-27 15:38:40
いかがでしたでしょうかこよいも世にも奇妙な物語5人の壇上は危険をかんしず奇妙な世界への裕人となってしまいました
投稿者:そうたゆうき 2010-03-31 11:58:35
今年こそ忘れまいと肝に銘じ、一生忘れられない誕生日にしてやろうと思ったからこんな事になったんじゃ・・・
投稿者:N・S 2010-03-09 09:41:19
おもしろかったです。

実際こんな世界だったらやっていけないと思った・・・!
投稿者:きききききりん 2010-03-03 23:14:45
オープニング

タモリ「人生に危険はつきものです。ささやかで平凡な生活を夢見ても、思い通りにならないのが人生。」

タモリの頭上に巨大なダーツの矢が降ってくるがタモリには当たらなかった。

タモリ「一度かわしてもまた次の危険がやってくる。」

そう言いながらタモリが歩いていくと、頭上に次々と巨大なダーツの矢が降ってくる。

タモリ「逃げても逃げてもその追いかけっこが終わることはありません。」

その瞬間、タモリのすぐ一歩前に巨大なダーツの矢が降ってくる。

タモリ「おっと危ない。まあ、その追いかけっこを終えることができるのはこの世の最後を迎えた人間だけなんですがね。今宵も迫りくる危険にとらわられてしまった五人の奇妙な物語をお送りします。」

そういうタモリは五本の矢が刺さった巨大なダーツの的の上に立っている。

タモリ「さて最初の犠牲者は・・・。」

タモリ、ダーツの矢を投げる。

矢は最初の主人公(伊藤英明)の写真に当たる。
投稿者:k 2010-02-28 18:19:50
オチが面白かった。傑作だと思う
投稿者:あり 2009-11-03 10:13:29
確かに。

あきらめるなこれはさすがに
投稿者:ごれら 2009-11-02 21:19:08
俺だったら、こんなことまでして行かないw

あきらめる。
投稿者:優雅 2009-10-24 14:33:25

この話はもう一度見たいな

投稿者:きいつ 2009-05-23 20:03:59
ブラックですね〜

「目的を達成するためには、人に親切にしましょう」

ある意味、最強にブラックですね 

 なにげに、主人公の職業は大手マスコミ(テレビか雑誌)なんですね…


投稿者:兼六園 2009-05-23 13:17:23
最悪ー最悪ー

本当に人間として最悪

きもーきもー
投稿者:コッキーちゃん 2009-05-22 18:40:45
最悪ー最悪ー

本当に人間として最悪

きもーきもー
投稿者:コッキーちゃん 2009-05-22 18:40:42
最悪ー最悪ー

本当に人間として最悪

きもーきもー
投稿者:コッキーちゃん 2009-05-22 18:40:26
本当に漏れも下品だし最悪だと思う

気持ち悪いなあ
投稿者:よう 2009-05-22 18:37:44
ノーベル平和賞はストックホルムでなくオスロで渡されるもの。ここの誰も気がつかないし。ばーか
投稿者:you dolts 2009-05-22 07:28:41
気がついたら同じ場面ばかり遭遇

そしていつも黒く顔歪む

あきらめずにさっきよりもいい事するけど

すぐに朝に戻るよ



赤い物があれば少しでも道は開けるけど

全然無駄無駄 だって恋人

他の男と結婚するよ〜♪
投稿者:いい人が倒せない 2009-04-16 09:39:42
今年こそ忘れまいと肝に銘じ、一生忘れられない誕生日にしてやろうと思ったからこうゆうことになったんじゃないかな?
投稿者:N・S 2009-04-01 10:38:51
こーゆーの一番苦手…(怖)
投稿者:S・T 2009-03-30 17:05:45
なかなか先へ進めない・・・・。
投稿者:世にも最高! 2009-03-29 12:10:29
ありきたり。おちにも意外性なし。

もうこのネタは使わないでほしい。
投稿者:緊急非難 2009-03-23 22:58:16
KINOKOコメントがゆとりすぎてワロタwwwwwwwwwww
投稿者:  2009-03-15 16:26:44
面白い。あの主人公が、あのあとどうなるのか気になる。
投稿者:三毛猫 2009-01-04 21:13:03
映画の「時をかける少女」と少し似てるなぁ
投稿者:息づまれ食欲 2008-12-05 16:42:09
懲役30日思い出す作品。



個人的に伊藤英明さんが好きなんで星5.
投稿者:たからんぼ 2008-12-04 22:18:26
主人公が可哀想。
投稿者:名無し 2008-09-28 18:32:55
確かに面白い。うん。でも、昔の『よにきも』をパクらないといい作品が作れないなんて、近頃の『よにきも』は哀しいねぇ…
投稿者:KINOKO 2008-09-28 14:12:45
火事場にいたお母さんってニャースの声優さんだったんだ・・・
投稿者:アホ 2008-09-21 09:18:15
ちょっと疲れた
投稿者:かりけん 2008-08-29 16:48:48
こわすぎだよ。



似たような人生繰り返しの内村光良の

「そして、くりかえす」があるけど

それよりもさらにこわかった。

何年生きりゃいいんだ?
投稿者:英明 2008-08-25 17:31:55
俺が見た中ではある意味一番怖かったかもしれない。
投稿者:やきそヴぁ 2008-08-05 17:00:43
面白い!最高!
投稿者:ぐはっ 2008-07-29 12:01:33
途中マンネリだしありがちなループ系だけど、オチで秀逸だと思うw
投稿者:yuki 2008-07-18 22:50:57
夢 さん、司会者の顔が歪んだのは主役の人が司会者の靴を踏んでいたからですよ。
投稿者:^^ 2008-07-08 19:03:45
面白かった

だが悲惨だ・・
投稿者:  2008-07-07 21:42:29
これは好きだな
投稿者:筋肉パンダ 2008-07-06 18:44:42
でもこの無限ループはある意味懲役30日より怖いかも…
投稿者:レム睡眠 2008-06-20 09:27:20
苦労が水の泡…
投稿者:ミユ 2008-06-14 10:14:21
人造人間18号>またあんたか・・・。いいかげんデタラメなあらすじ書くのやめてくれる?迷惑なんだけど・・・。マジで。
投稿者:eva 2008-05-16 13:46:03
あらすじ



昨年、誕生日を忘れて恋人の恭子を怒らせてしまった萩原孝一(伊藤英明)は、今年こそ忘れまいと肝に銘じ、一生忘れられない誕生日にしてやろうと張り切っていた。待ちに待った誕生日当日、めざまし時計の音で10時ちょうどに目覚めた孝一は、身支度を完ぺきに整えた後、手帳で今日一日のスケジュールを確認。「10時起床、12時に銀行でお金をおろし、14時にジュエリーショップで下見した指輪を購入。16時に美容院、19時に約束のホテルでディナー、そして…」。理想の一日を想像し、だらしなく笑う孝一だが、はっと気を取り直して気合いを入れる。そんな萩原の横では、テレビの情報番組が、占いの言葉を伝えていた。「今日の言葉、『情けは人のためならず』。目的を達成するためには人に親切にしましょう。ラッキーカラーは白」。

 予定通りの時間に家を出た孝一が電車で座っていると、目の前に大きな荷物を背負った老婆がやってくる。思わず孝一が寝たふりをすると、電車が揺れて老婆が転びそうになった。薄目をあけて様子をうかがう孝一。すると、老婆の顔がぐにゃりとゆがみ…?

 はっと気がついた孝一が辺りを見回すと、そこは自分の部屋。ベッドの上で目覚めるところだった。めざまし時計は10時ちょうどを指している。え? これって、夢???

いや、夢ではなかったのだ。このあとも、孝一がよい行いをするチャンスを無視しようとするたび、同じ日の朝10時、目覚める瞬間に戻ってしまう。こんなことではいつまでたっても恭子に会いに行けない、と焦る孝一は、ひたすら善行を積み重ねていく。ある時は老婆に席を譲り、ある時は通りすがりのOLに手を貸し、またある時は、取り残された子供を助けるために、燃えさかる火の中に飛び込むことまで…。

そして、やっと彼女にホテルで会えた、

しかし、前に萩原が指輪を譲った眼鏡の男と恭子が結婚するという。そこでまたループ。結婚は結局諦めたらしい。

時は、20018年。

萩原は人に善行を施し続けたことを評価され、ノーベル賞を受賞していた。萩原は

言う、なぜ善行を続けるのかというと、

「そうしないと前に進めないからです」と

会場でも転んだ女性を助ける。

しかし、再び人々の顔が歪みだす。

萩原の悲鳴と共に再びループ(過去へ)



そして、エンドロール




投稿者:人造人間18号 2008-05-16 00:17:30
結構面白かったです。

あとラッキーカラーは赤っていうのは

多分その日からまだ抜け出せていないっていうのをしめしたかったんだと思います
投稿者:匿名じゃあああ!! 2008-05-08 18:03:01
 「ラッキーカラーは赤」が物語のなんの伏線になっているのかわかる方、教えてください。

 バラの花束を買う行為は、物語にさして絡んでないような感じがするので・・・
投稿者:??? 2008-05-08 11:57:02
誰もあらすじ書こうという人いないじゃん。この回つまんなかったんだろな。
投稿者:ツマ 2008-05-02 13:15:30
最後に顔が歪んだのは

足をふんずけちゃったからだろ…
投稿者:七誌 2008-04-28 23:47:09
セーブポイントが無いとは・・

良作でした。

いろいろ考えさせられますね
投稿者:be 2008-04-26 09:25:44
何かリピートしている部分がくどいかな?

と思う作品でもありました。
投稿者:Alice 2008-04-19 03:39:42
「さっいよりもいい人」



 主人公の男は、悔やんでいました。 それは自分の大事な彼女の誕生日を忘れていたことを。 だから今年こそは。 去年のような失敗はする訳にはいかない。 メモ帳に誕生日当日のスケジュールを書き込んでいました。 電車に乗って、花屋に行って、プレゼントを買って、美容院に行って、最後は予約してあるホテルで。 







━━━当日。







ジリリリ!! 時間通りに目覚ましが鳴ります。男はスーツに着替えると予定通りに事を運ばせる為、駅へ。 電車はシルバーシートしか空いてませんでした。 男はそこに座ります。やがて一人の老婆が乗ってきました。 男は席を譲りません。 するとブレーキの関係で老婆が転びます。 近くの青年が老婆を助けます。 男は老婆と目が合います。 すると、老婆の顔が歪み始め・・







━━━ジリリリ!!







ベッドの上。 目覚ましが鳴ります。 テレビは朝の占いをしています。







「俺は、夢をみていたのか・・」







男はスーツに着替え駅へ。 同じ展開。 老婆が来ます。 転びます。 老婆の顔が歪み・・。







━━━ジリリリ!!







ベッドの上。 また繰り返し。 男は夢でないことを知ります。 じゃあ、どうしたら? 男は席を老婆に譲ってみました。







「ありがとう。 いい人ねえ。」







老婆の顔は歪みません。 ‘もしかして’男は思い始めました。 駅から降りると今度は自転車置き場で女性が自転車をドミノ倒しにしてしまいました。 男は助けようとしましたが、先を急ぎます。 振り返るとその女性の顔が歪みはじめ・・







━━━ジリリリ!!







ベッドの上。 またです。 男は状況が理解できました。 ‘いい人にならなければ先へ進めないんだ’ 自転車の女性を助け先へと進みます。 宝石店。 男は彼女が欲しがっていた指輪を買い、この日プレゼントして、プロポーズするつもりでした。 指輪はその宝石店オリジナルのもので1つしかありません。 男は、迷わず言いました。







「これください!」







同じタイミングで







「これください!」







一人の男性が現れたのです。 こればかりは譲れません。 すると男の顔が歪み・・







「またかよ〜」







━━━ジリリリ!!







繰り返し。 男はしょうがなく指輪を譲ります。 先に進めないから。 それは彼女にも会えないという事も意味しています。 その後も男には様々なトラブルが。 火事の現場では体を張って子供を助けます。 そして、ようやく彼女の元へ。 体はボロボロです。 渡すつもりで買っていたバラの花束もボロボロ。 それでも男は想いを伝えようと彼女の前に。 男が口を開こうとすると彼女が、







「実は・・」







「実は私結婚するの!」







「えっ・・」







立ち尽くす男の目に入ってきたのは、彼女の薬指に光っている指輪。







「どうして・・・まさか」







そこに現れた一人の男。 紛れもなくあの時指輪を譲った男でした。





その男は笑顔で言いました。







「この人、すごくいい人なんだあ」







「こんなのってアリかよ・・」







呆然と立ち尽くす男。











━━━時は経ち。











大きな会場のステージ上では、ノーベル平和賞の受賞式が行われていました。 ノーベル平和賞を受賞したのは男でした。 外国人の男性司会者にインタビューされ、男は答えます。







「いい事をしないと、いい人にならないと先に進めないんです・・」







男の“謙虚”とも取れる発言に沸きあがる歓声、鳴り止まない拍手。 男の心境は複雑です。





金髪の派手な外国人女性が、男に表彰状のようなものを渡そうとステージ上で詰め寄ります。





その時でした!





女性が躓き、思わず転倒しそうになります。 間一髪、それを男が抱きかかえるような形で助けました。





再び沸き起こる歓声と拍手。





男は苦笑い。





背中に視線を感じた男が、女性を抱いたままの格好で振り返ると・・











司会者の男性の顔が歪み始めていました。













※主演・男:伊藤 英明











   ★













《感想》





 またかという展開ですね。 この手の話は過去に何ケースかありました。 ‘繰り返し’目が覚めたらまた戻ってたとか、同じ道をぐるぐる回ってたとか。 代表的な作品は“峠の茶屋”。 先が読めるんで次の場面がわかってしまいます。 今までのに少しアレンジしただけ。 マニアならすぐにわかる展開。 コメディー系ですね。 おもしろいとは言えません。 最後の司会者の顔が歪んでいたのは、女性と関係があるからということだったのでしょうか。 無理矢理過ぎる感があるのでダメですね。





点数:35点
投稿者:夢 2008-04-17 21:14:05
オチがよかったです!悲惨だぁ・・・。

でも、主人公がいいことをしないといけなくなってしまったわけが気になりますね・・・。
投稿者:イヨッペ 2008-04-17 19:28:25
あらすじ



昨年、誕生日を忘れて恋人の恭子を怒らせてしまった萩原孝一(伊藤英明)は、今年こそ忘れまいと肝に銘じ、一生忘れられない誕生日にしてやろうと張り切っていた。



待ちに待った誕生日当日、めざまし時計の音で10時ちょうどに目覚めた孝一は、身支度を完ぺきに整えた後、手帳で今日一日のスケジュールを確認。「10時起床、12時に銀行でお金をおろし、14時にジュエリーショップで下見した指輪を購入。16時に美容院、19時に約束のホテルでディナー、そしてプロポーズ…」。理想の一日を想像し、だらしなく笑う孝一だが、はっと気を取り直して気合いを入れる。

そんな萩原の横では、テレビの情報番組が、占いの言葉を伝えていた。「おとめ座 今日の言葉、『情けは人のためならず』。目的を達成するためには人に親切にしましょう。ラッキーカラーは赤」。

特に気にも留めず、予定通りの時間に家を出た孝一が電車で座っていると、目の前に大きな荷物を背負った老婆がやってくる。思わず孝一が寝たふりをすると、電車が揺れて老婆が転びそうになった。薄目をあけて様子をうかがう孝一。すると、老婆の顔がぐにゃりとゆがみ…?

 はっと気がついた孝一が辺りを見回すと、そこは自分の部屋。ベッドの上で目覚めるところだった。めざまし時計は10時ちょうどを指している。え? これって、夢???

いや、夢ではなかったのだ。このあとも、孝一がよい行いをするチャンスを無視しようとするたび、同じ日の朝10時、目覚める瞬間に戻ってしまう。こんなことではいつまでたっても恭子に会いに行けない、と焦る孝一は、ひたすら善行を積み重ねていく。

老婆に席を譲り、通りすがりのOLに手を貸す。ジュエリーショップで泣く泣く目的の指輪を眼鏡の男に譲り、陣痛に苦しむ妊婦の出産に付き合わされ美容室に行けなくなる…立てたスケジュールはもう滅茶苦茶。



溜息をつきながら歩いていると、偶然花屋の前を通りがかった。「ラッキーカラーは赤…!」孝一は真っ赤なバラの花束を買った。が、ふと、店の外が騒がしい事に気付く。なんと店の2階が火事に、しかも子供が取り残されている。「またか…。」孝一は意を決して、燃えさかる炎の中に飛び込んだ…。

そんなこんなで、やっと彼女にホテルで会えた。プロポーズを試みようとするが、恭子は前に指輪を譲った眼鏡の男と結婚するなどと言い出す。愕然となった孝一。頭の中で人々が口を揃えて言う。「いい人、いい人だ…」孝一は思わず手元の看板を持ち上げていた。「いい人なんかじゃない!!」そして怒りに任せて二人へ振り下ろす…

が、そこでまたループ。もはや結婚は諦めるほかなかった。



時は、2018年。ここはストックホルム。42才になった萩原は人に善行を施し続けたことを評価され、ノーベル平和賞を受賞していた。

「なぜ私はここまで善い事をするのか。それは、そうしなければ一歩も前に進めないからです!それだけです…」と萩原は悲しげに言った。

すると、突然司会者の顔が歪み出す。なんと、転んだ女性を助けた拍子に彼の足を踏んづけてしまったのだ。

「オゥ、ノー…」だが運命には逆らえない。萩原の悲鳴と共に視界が暗転し、再び目覚ましが鳴るあの朝へとループ。



そこで物語は終わる。


投稿者:み 2008-04-14 19:01:06
最後、目覚ましなってるってことは、彼女の誕生日まで戻ったのかな?



でもおもしろい話だった。
投稿者:うめ子 2008-04-13 21:31:45
どうでもいいことだけど、ラッキーカラーは赤だった気がする...
投稿者:ポリデント 2008-04-12 12:46:54
あらすじ



昨年、誕生日を忘れて恋人の恭子を怒らせてしまった萩原孝一(伊藤英明)は、今年こそ忘れまいと肝に銘じ、一生忘れられない誕生日にしてやろうと張り切っていた。待ちに待った誕生日当日、めざまし時計の音で10時ちょうどに目覚めた孝一は、身支度を完ぺきに整えた後、手帳で今日一日のスケジュールを確認。「10時起床、12時に銀行でお金をおろし、14時にジュエリーショップで下見した指輪を購入。16時に美容院、19時に約束のホテルでディナー、そして…」。理想の一日を想像し、だらしなく笑う孝一だが、はっと気を取り直して気合いを入れる。そんな萩原の横では、テレビの情報番組が、占いの言葉を伝えていた。「今日の言葉、『情けは人のためならず』。目的を達成するためには人に親切にしましょう。ラッキーカラーは白」。

 予定通りの時間に家を出た孝一が電車で座っていると、目の前に大きな荷物を背負った老婆がやってくる。思わず孝一が寝たふりをすると、電車が揺れて老婆が転びそうになった。薄目をあけて様子をうかがう孝一。すると、老婆の顔がぐにゃりとゆがみ…?

 はっと気がついた孝一が辺りを見回すと、そこは自分の部屋。ベッドの上で目覚めるところだった。めざまし時計は10時ちょうどを指している。え? これって、夢???

いや、夢ではなかったのだ。このあとも、孝一がよい行いをするチャンスを無視しようとするたび、同じ日の朝10時、目覚める瞬間に戻ってしまう。こんなことではいつまでたっても恭子に会いに行けない、と焦る孝一は、ひたすら善行を積み重ねていく。ある時は老婆に席を譲り、ある時は通りすがりのOLに手を貸し、またある時は、取り残された子供を助けるために、燃えさかる火の中に飛び込むことまで…。

そして、やっと彼女にホテルで会えた、

しかし、前に萩原が指輪を譲った眼鏡の男と恭子が結婚するという。そこでまたループ。結婚は結局諦めたらしい。

時は、20000000018年。

萩原は人に善行を施し続けたことを評価され、ノーベル賞を受賞していた。萩原は

言う、なぜ善行を続けるのかというと、

「そうしないと前に進めないからです」と

会場でも転んだ女性を助ける。

しかし、再び人々の顔が歪みだす。

萩原の悲鳴と共に再びループ(過去へ)



そして、エンドロール
投稿者:わ 2008-04-11 18:55:16
20018年で合ってるんですか?

2018年じゃなくて?

2万?
投稿者:も 2008-04-11 18:30:42
あらすじ



昨年、誕生日を忘れて恋人の恭子を怒らせてしまった萩原孝一(伊藤英明)は、今年こそ忘れまいと肝に銘じ、一生忘れられない誕生日にしてやろうと張り切っていた。待ちに待った誕生日当日、めざまし時計の音で10時ちょうどに目覚めた孝一は、身支度を完ぺきに整えた後、手帳で今日一日のスケジュールを確認。「10時起床、12時に銀行でお金をおろし、14時にジュエリーショップで下見した指輪を購入。16時に美容院、19時に約束のホテルでディナー、そして…」。理想の一日を想像し、だらしなく笑う孝一だが、はっと気を取り直して気合いを入れる。そんな萩原の横では、テレビの情報番組が、占いの言葉を伝えていた。「今日の言葉、『情けは人のためならず』。目的を達成するためには人に親切にしましょう。ラッキーカラーは白」。

 予定通りの時間に家を出た孝一が電車で座っていると、目の前に大きな荷物を背負った老婆がやってくる。思わず孝一が寝たふりをすると、電車が揺れて老婆が転びそうになった。薄目をあけて様子をうかがう孝一。すると、老婆の顔がぐにゃりとゆがみ…?

 はっと気がついた孝一が辺りを見回すと、そこは自分の部屋。ベッドの上で目覚めるところだった。めざまし時計は10時ちょうどを指している。え? これって、夢???

いや、夢ではなかったのだ。このあとも、孝一がよい行いをするチャンスを無視しようとするたび、同じ日の朝10時、目覚める瞬間に戻ってしまう。こんなことではいつまでたっても恭子に会いに行けない、と焦る孝一は、ひたすら善行を積み重ねていく。ある時は老婆に席を譲り、ある時は通りすがりのOLに手を貸し、またある時は、取り残された子供を助けるために、燃えさかる火の中に飛び込むことまで…。

そして、やっと彼女にホテルで会えた、

しかし、前に萩原が指輪を譲った眼鏡の男と恭子が結婚するという。そこでまたループ。結婚は結局諦めたらしい。

時は、20018年。

萩原は人に善行を施し続けたことを評価され、ノーベル賞を受賞していた。萩原は

言う、なぜ善行を続けるのかというと、

「そうしないと前に進めないからです」と

会場でも転んだ女性を助ける。

しかし、再び人々の顔が歪みだす。

萩原の悲鳴と共に再びループ(過去へ)



そして、エンドロール






投稿者:人造人間18号 2008-04-10 23:19:29
なんだか面白かった。         少しあのおばあさんが不気味でした。  でも、いい話!! 
投稿者:ごり 2008-04-10 17:28:13
イマイチ、トップバッターとしてはビミョーな作品。

確かにいい人にならなきゃ先に進めないのだが

世界中の人々を救うまでには行かないんとちゃう??
投稿者:ルーラー 2008-04-09 16:02:26
オチが予想外で面白かった。気の毒な主人公に苦笑するしかなかった。それにしても主人公の彼女があまりにもありえないキャラ・・・二股かけてていきなり笑顔で彼氏に「他の男と結婚するの☆」?!

でもコメディーとしては許せる。
投稿者:コアラ 2008-04-08 23:30:49
今回の話で一番面白かった★

笑えたしwwww
投稿者:12 2008-04-08 23:23:24
最終的にノーベル平和賞とるとは・・・笑

あの時、一瞬、現実でノーベル平和賞とる人は実はこんな生き地獄を味わってるのではないかと思ってしまったが・・・それはないか笑
投稿者:ルールー 2008-04-07 09:22:08
結局いい人ってのは、誰かにとって都合のいい人ってことなんですね。

正義を貫いたって、それが何の役にも立たなければ誰も評価しない。


投稿者:赤道 2008-04-06 16:34:12
あんなことあったらやだなあーーーうん。
投稿者:すずき 2008-04-06 09:56:44
あんなことあったらやだなあーーーうん。
投稿者:すずき 2008-04-06 09:55:49
これは、明らかにホラー系じゃない えいきゅうじゃやないか、 人間完璧じゃない 人間はいつか死ぬじゃんかだから、人生じゃないか、 永遠ということは、プリズナー並に怖い、怖すぎる、 しかし、プリズナーは、世にもで、一番怖い 


投稿者:コメンター 2008-04-05 19:46:27
「恋はデジャブ」っていう映画のパクリ??
投稿者:rei 2008-04-05 18:00:43
良くも悪くもって感じですね。

トップバッターとしては、相応しかったかな。

まぁこの世の中、偽善者ばかりですよ。

人の目を気にして、良い人ぶってるだけ。

そういう風刺もあったんじゃないかと、僕は思います。
投稿者:K 2008-04-05 13:29:37
主人公がだんだん可愛そうになってきた。

ノーベル平和賞を受賞するまでどんだけ過去に戻ってんだろ?足を踏んだときの「オウ・・ノー・・」が最高だった。あと顔が歪んだときとか。


投稿者:喜助 2008-04-04 22:03:13
春の特別編の中では一番。

結局戻されてしまう主人公は可哀想だけど、

最後のオチはいい感じだったと思う。
投稿者:懐 2008-04-04 16:36:16
あらすじ



昨年、誕生日を忘れて恋人の恭子を怒らせてしまった萩原孝一(伊藤英明)は、今年こそ忘れまいと肝に銘じ、一生忘れられない誕生日にしてやろうと張り切っていた。



待ちに待った誕生日当日、めざまし時計の音で10時ちょうどに目覚めた孝一は、身支度を完ぺきに整えた後、手帳で今日一日のスケジュールを確認。「10時起床、12時に銀行でお金をおろし、14時にジュエリーショップで下見した指輪を購入。16時に美容院、19時に約束のホテルでディナー、そしてプロポーズ…」。理想の一日を想像し、だらしなく笑う孝一だが、はっと気を取り直して気合いを入れる。

そんな萩原の横では、テレビの情報番組が、占いの言葉を伝えていた。「おとめ座 今日の言葉、『情けは人のためならず』。目的を達成するためには人に親切にしましょう。ラッキーカラーは赤」。

特に気にも留めず、予定通りの時間に家を出た孝一が電車で座っていると、目の前に大きな荷物を背負った老婆がやってくる。思わず孝一が寝たふりをすると、電車が揺れて老婆が転びそうになった。薄目をあけて様子をうかがう孝一。すると、老婆の顔がぐにゃりとゆがみ…?

 はっと気がついた孝一が辺りを見回すと、そこは自分の部屋。ベッドの上で目覚めるところだった。めざまし時計は10時ちょうどを指している。え? これって、夢???

いや、夢ではなかったのだ。このあとも、孝一がよい行いをするチャンスを無視しようとするたび、同じ日の朝10時、目覚める瞬間に戻ってしまう。こんなことではいつまでたっても恭子に会いに行けない、と焦る孝一は、ひたすら善行を積み重ねていく。

老婆に席を譲り、通りすがりのOLに手を貸す。ジュエリーショップで泣く泣く目的の指輪を眼鏡の男に譲り、陣痛に苦しむ妊婦の出産に付き合わされ美容室に行けなくなる…立てたスケジュールはもう滅茶苦茶。



溜息をつきながら歩いていると、偶然花屋の前を通りがかった。「ラッキーカラーは赤…!」孝一は真っ赤なバラの花束を買った。が、ふと、店の外が騒がしい事に気付く。なんと店の2階が火事に、しかも子供が取り残されている。「またか…。」孝一は意を決して、燃えさかる炎の中に飛び込んだ…。

そんなこんなで、やっと彼女にホテルで会えた。プロポーズを試みようとするが、恭子は前に指輪を譲った眼鏡の男と結婚するなどと言い出す。愕然となった孝一。頭の中で人々が口を揃えて言う。「いい人、いい人だ…」孝一は思わず手元の看板を持ち上げていた。「いい人なんかじゃない!!」そして怒りに任せて二人へ振り下ろす…

が、そこでまたループ。もはや結婚は諦めるほかなかった。



時は、2018年。ここはストックホルム。42才になった萩原は人に善行を施し続けたことを評価され、ノーベル平和賞を受賞していた。

「なぜ私はここまで善い事をするのか。それは、そうしなければ一歩も前に進めないからです!それだけです…」と萩原は悲しげに言った。

すると、突然司会者の顔が歪み出す。なんと、転んだ女性を助けた拍子に彼の足を踏んづけてしまったのだ。

「オゥ、ノー…」だが運命には逆らえない。萩原の悲鳴と共に視界が暗転し、再び目覚ましが鳴るあの朝へとループ。



そこで物語は終わる。


投稿者:勝手にあらすじ修正 2008-04-04 12:52:54
「オゥノウ・・・」ワロタ。。。
投稿者:新一 2008-04-03 21:36:29
確か、女の人を助けた時に司会者の足を踏んでしまったから...だとw
投稿者:濱西 2008-04-03 19:41:42
ラッキーカラーの

意味がわかんない
投稿者:ha 2008-04-03 19:34:52
一番最後は

主人公が何をしたからまた過去に戻されたんですか(´・ω・`)?

女の人を

抱きかかえた後

主人公は何をしてしまったんですか??
投稿者:ふっふ−ん 2008-04-03 19:30:17
この話は、今回の中で一番良かったとおもいました

おもしろかったなぁ

最後の悲惨さいいっすね
投稿者:ユーモラス 2008-04-03 19:23:04
あらすじ



昨年、誕生日を忘れて恋人の恭子を怒らせてしまった萩原孝一(伊藤英明)は、今年こそ忘れまいと肝に銘じ、一生忘れられない誕生日にしてやろうと張り切っていた。待ちに待った誕生日当日、めざまし時計の音で10時ちょうどに目覚めた孝一は、身支度を完ぺきに整えた後、手帳で今日一日のスケジュールを確認。「10時起床、12時に銀行でお金をおろし、14時にジュエリーショップで下見した指輪を購入。16時に美容院、19時に約束のホテルでディナー、そして…」。理想の一日を想像し、だらしなく笑う孝一だが、はっと気を取り直して気合いを入れる。そんな萩原の横では、テレビの情報番組が、占いの言葉を伝えていた。「今日の言葉、『情けは人のためならず』。目的を達成するためには人に親切にしましょう。ラッキーカラーは白」。

 予定通りの時間に家を出た孝一が電車で座っていると、目の前に大きな荷物を背負った老婆がやってくる。思わず孝一が寝たふりをすると、電車が揺れて老婆が転びそうになった。薄目をあけて様子をうかがう孝一。すると、老婆の顔がぐにゃりとゆがみ…?

 はっと気がついた孝一が辺りを見回すと、そこは自分の部屋。ベッドの上で目覚めるところだった。めざまし時計は10時ちょうどを指している。え? これって、夢???

いや、夢ではなかったのだ。このあとも、孝一がよい行いをするチャンスを無視しようとするたび、同じ日の朝10時、目覚める瞬間に戻ってしまう。こんなことではいつまでたっても恭子に会いに行けない、と焦る孝一は、ひたすら善行を積み重ねていく。ある時は老婆に席を譲り、ある時は通りすがりのOLに手を貸し、またある時は、取り残された子供を助けるために、燃えさかる火の中に飛び込むことまで…。

そして、やっと彼女にホテルで会えた、

しかし、前に萩原が指輪を譲った眼鏡の男と恭子が結婚するという。そこでまたループ。結婚は結局諦めたらしい。

時は、20018年。

萩原は人に善行を施し続けたことを評価され、ノーベル賞を受賞していた。萩原は

言う、なぜ善行を続けるのかというと、

「そうしないと前に進めないからです」と

会場でも転んだ女性を助ける。

しかし、再び人々の顔が歪みだす。

萩原の悲鳴と共に再びループ(過去へ)



そして、エンドロール










投稿者:人造人間18号 2008-04-03 18:36:19
うちの人も面白いだってさおれたち家族どこまで起きてられるか競ってたんだ


投稿者:伊藤英明 2008-04-03 18:16:49
やっぱり良い人じゃない人も必要だと思う


投稿者:いさむ 2008-04-03 18:16:18
この話、最近の世にもの中では1番かも。

シュールで恐怖。

下手なホラーよりよっぽど怖い。
投稿者:よにきもファン 2008-04-03 18:13:11
主人公は何故突然人に親切にしないとふりだしに戻ってしまう様になってしまったのか分からない。

後、糸色sの言ってる事はまさにそうっすね!
投稿者:眞屡 2008-04-03 17:52:53
酷/奄・・・・椏_s1S部灯
投稿者:宮_ 2008-04-03 16:16:43
「・・しないと前に進めないんです。」

のセリフにはウケた。



こういう人は死なないんですかね。

あぁ、タモさん曰く、もうこの世の人ではないんでしょうね。



ダーツドーン!
投稿者:もやん 2008-04-03 16:07:35
スゲェ面白かったw笑
良い人になればなる程、不幸になってく主人公が哀れ??で。
良い人になるのは良いけど、良い人になり続けなきゃ進めないってのも考えものなんスね。笑

で、俺からしたら長い長-い人生の中の、ちっぽけなミスに過ぎないはずなのに主人公は強制的に「はい、やり直し♪」ってオチはウケルw笑

しかも最終的に主人公、偽善sy((オィ<-調子のってスイマセンでした


投稿者:濱西 2008-04-03 15:40:20
おもしろかったです。

すべての人に対し平等に親切にしないといけないっていうのは大変だし、難しいことですね・・・。

主人公はさっきよりもいい人になれたけれど、さっきよりも不幸になってしまったような・・・。
投稿者:糸色 2008-04-03 13:25:56
コメディ系かな〜と思って見てたんですが、最後のシーンは物凄い恐怖感を覚えました(笑)え、また何十年も戻るの!?って考えると・・・・本当に気が狂いそうなくらい怖いですね。あの顔が歪むシーンも「うわ!?」ってなりましたぁ・・・。
投稿者:ユリK 2008-04-03 13:05:45
最後は爆笑した。

また何十年も前からやり直すというのは生き地獄。

今回、唯一面白かった。
投稿者:世にも奇妙な視聴者 2008-04-03 12:32:44
情けは人のためならずはその日だけで良いと思った
投稿者:解 2008-04-03 11:51:44
可もなく不可もなく

藤澤恵麻さんは世にもでは悪女の役ばかりですね。
投稿者:naoya 2008-04-03 11:23:56
今回一番面白かった。


投稿者:ぷーん 2008-04-03 09:40:43
「そうしないと前に進めないから」という言葉が本当にその通りで(笑)かわいそうですね。でもその前に気が狂いますよ。
投稿者:どうだか 2008-04-03 09:02:12
あの恭子っていう女、すごい悪女だと思うんだがww

別れ話する前に他の男作っちゃうとか・・
投稿者:あ 2008-04-03 08:15:36
「昨日公園」と少し似てる。
投稿者:名無し 2008-04-03 08:05:08
これはある意味、かなりの恐怖ですよ。たった一度のミスでまた何年、何十年ものループ。気が狂います。
投稿者: 2008-04-03 07:25:05
僕はいい人なんかじゃない! そうね。貴方は、いい人のフリをしているだけ。
投稿者:どうでしょう 2008-04-03 00:58:25
要はたくさん良い事をし続けていても、たった一回の失敗で全てが台無しになりますよってことかな
投稿者:syo 2008-04-03 00:38:37
確か、彼女から「結婚する」と言われたところでループしたのは、主人公が怒って、近くにあったブライダルの案内板?みたいなもので、二人に殴りかかったからで、最後のループは、つまずいた女性を助けたときに、司会者の足を踏んでしまったからだったような…



間違ってたらすみません。


投稿者:H.T 2008-04-03 00:30:54
さっきよりもいい人・・意味がよく分かりました。いいことをしなければやり直し。強制的に「さっき」よりいい人にならないといけないこの世界、疲れます。「そうしないと前に進めないから」という言葉は主人公の本音そのものです。その後顔が歪んでしまったのはお気の毒です。

老婆の歪んだ顔が案外気持ち悪かったというのは個人的感想です。それと夫婦喧嘩のくだりはあれはどちらを助けても・・。      ・・長文スマソ。
投稿者:エレべスト 2008-04-03 00:15:42
情けは人の為ならず

彼が心から人の為に動いていたなら

ハッピーエンドになっていたのかな…
投稿者:どうでしょう 2008-04-03 00:15:09
これは、とても面白いアタイ気に入った。

わぁいヾ(゜ー゜*)(*゜∀゜)/わぁい

アタイは、この話が気に入った。

アタイはこの話、みんなに話みんなに広めたい。これは、ハマル

((笑´∀`)aヶらヶら

僕らはいつも、死んでいる。

二人はいつも死んでいる。

死、なんてすぐそこにあるよ

だから殺しああってよ
投稿者:奇妙な話が好きな人 2008-04-03 00:14:09
20018年!?2018年の間違いでは?確かに年はとってたけれども2万年はないでしょ。

世にもらしい話だね。ウッちゃんの「そして繰り返す」とちょっと似てた
投稿者:世にも奇妙な物語ゴッコ 2008-04-02 23:59:12
おもしろかった☆えまチャンかわいい〜
投稿者:にゃんちゅう 2008-04-02 23:35:28
ノーベル賞受賞するまで何万回と繰り返してきたかと思うと主人公がかわいそうになってくる・・・



けど、1日中寝て、寝るの飽きたら悪いことして

コンテニューって考えたら案外悪くないのかなぁ・・・



結構面白かったです


投稿者:あああ 2008-04-02 23:25:43
20018→2018

ラッキーカラー白→赤
投稿者:xxx 2008-04-02 21:58:32
あらすじ



昨年、誕生日を忘れて恋人の恭子を怒らせてしまった萩原孝一(伊藤英明)は、今年こそ忘れまいと肝に銘じ、一生忘れられない誕生日にしてやろうと張り切っていた。待ちに待った誕生日当日、めざまし時計の音で10時ちょうどに目覚めた孝一は、身支度を完ぺきに整えた後、手帳で今日一日のスケジュールを確認。「10時起床、12時に銀行でお金をおろし、14時にジュエリーショップで下見した指輪を購入。16時に美容院、19時に約束のホテルでディナー、そして…」。理想の一日を想像し、だらしなく笑う孝一だが、はっと気を取り直して気合いを入れる。そんな萩原の横では、テレビの情報番組が、占いの言葉を伝えていた。「今日の言葉、『情けは人のためならず』。目的を達成するためには人に親切にしましょう。ラッキーカラーは白」。

 予定通りの時間に家を出た孝一が電車で座っていると、目の前に大きな荷物を背負った老婆がやってくる。思わず孝一が寝たふりをすると、電車が揺れて老婆が転びそうになった。薄目をあけて様子をうかがう孝一。すると、老婆の顔がぐにゃりとゆがみ…?

 はっと気がついた孝一が辺りを見回すと、そこは自分の部屋。ベッドの上で目覚めるところだった。めざまし時計は10時ちょうどを指している。え? これって、夢???

いや、夢ではなかったのだ。このあとも、孝一がよい行いをするチャンスを無視しようとするたび、同じ日の朝10時、目覚める瞬間に戻ってしまう。こんなことではいつまでたっても恭子に会いに行けない、と焦る孝一は、ひたすら善行を積み重ねていく。ある時は老婆に席を譲り、ある時は通りすがりのOLに手を貸し、またある時は、取り残された子供を助けるために、燃えさかる火の中に飛び込むことまで…。

そして、やっと彼女にホテルで会えた、

しかし、前に萩原が指輪を譲った眼鏡の男と恭子が結婚するという。そこでまたループ。結婚は結局諦めたらしい。

時は、20018年。

萩原は人に善行を施し続けたことを評価され、ノーベル賞を受賞していた。萩原は

言う、なぜ善行を続けるのかというと、

「そうしないと前に進めないからです」と

会場でも転んだ女性を助ける。

しかし、再び人々の顔が歪みだす。

萩原の悲鳴と共に再びループ(過去へ)



そして、エンドロール












投稿者:人造人間18号 2008-04-02 21:34:58
たぶん良い人でいないと

その日をループする・・・

って話かと思う、まあたぶんだけど。
投稿者:適当人EX 2008-04-02 17:41:24
あらすじ検索

キーワードを入力し、「検索する」をクリックしてください。複数のキーワードがある場合は、半角スペースで区切ってください。

クレジットカード比較の専門家
脱毛人気口コミランキング
青汁通販
車買取
車査定相場表
レーシック口コミ
FXとは
白髪染めランキング
フレッツ
楽天カード