第378話 自分カウンセラー

俳優になる事を夢見ている主人公は、未来をシュミレーションできると言う研究所に行く。
的中率は99パーセントである。

そして、未来を見る主人公だが時が経てば経つほどどんどん破滅的になっている未来を見る。
主人公「何でこんなどん底まで落ちてんだよ。」
年老いたホームレスになった未来の自分が話しかける。
未来「お前に俳優なんて無理だったんだよ。
お前のせいで俺は人生の可能性を全部つぶされちまった。」
それでも反対する主人公

未来「馬鹿かお前、お前は選ばれた人間なんかじゃない、俺を見ろよ、現実を見ろよ。」
主人公「何が現実だ、あんたなんかただの機械じゃねぇか。
俺はこんなの信じない、100人いたら99人しか当たらないんだろ。
だったら俺は残りの一人になってやる、俺は自分を信じてやる。」
機械の鏡を壊す主人公。

そして月日が流れシュミレーションのとおりボロボロのホームレス姿の主人公。
「あの時私は本気で覚悟をしたんだ。
そうでなければ今頃、本当にあのシュミレーションどうりになっていたかもしれない。100人中99人の普通の人間に。」
昔主人公を反対していた人達も観客席で成功を祝っている。
「俺は自分を信じる。」

タモリ「世の中には2種類の人間がいます。
現実を突きつけられた時に、それを受け入れる人間と。
そんなはずはないと反発する人間。私?私は。」

キャスト: 井ノ原快彦
放送日: 2004年 春の特別編
 

コメント投稿

名前:

コメント:

コメント一覧 (42件)

今から五年後ぐらいには今と状況が変わっていてオヤジとオフクロが仲良くなっているかも知れないが、オフクロと実家を出て行きたいと思っている。
今住んでる実家はオヤジの物だから、オヤジを追い出してオフクロと住み続けるわけにはいかないから、オヤジと暮らしたくないなら私とオフクロが実家を出て行く他ないが、私の部屋に学生時代の教科書や今までに買った漫画や辞書や勉強になる本や要点をまとめたノートや、これから手に入れたい本が有って、どーせその全てを持って出て行けないだろうし、甥が小さいうちは、うちに遊びに来るたびにいろんなことをしてあげたいし、今のところはまだ甥も私のことを慕ってくれてるし甥が小さいうちは甥に会えなくなるのはイヤだから、今出て行く気になれないが、甥が大きくなり次第私の立場が危なくなるから、その時になったらど田舎だろうが、CDプレーヤーやCDどころか本もロクに持ってけないような狭い安ボロアパートだろうが、どこだろうが行く覚悟でいる。
投稿者:30代で独身のプー太郎おばさん 2017-10-27 00:16:28
今思えば、あんまり捻りのないストーリーではあったけど、イノッチの演技が迫真だったからグッときたのかなぁ。
オチをひねくり回すよりも大切なものがあると教えてくれた話でした。
投稿者:名無し 2017-10-25 20:35:53
この物語、途中から何だか私ばっかりコメントしている。
第一私は大学なんてもんに行かなかったし、学生時代勉強嫌いで、いかに勉強してなかったかだ。
投稿者:30代で独身のプー太郎おばさん 2017-10-25 01:26:32
どうでもいい事ですが、
この後、ガラスモニター代請求させられたのかな?
投稿者:名無し 2017-03-28 19:20:21
慕われてるのは今のうちで、甥が私を追い越すのなど時間の問題だ。
確かに飲食店でのバイトだけが仕事じゃないが、学歴がなく何の資格もない私にできるのは、それぐらいしかないし、生活していくだけでなく、これから大学行くには幾ら勉強しようとも学費を何とかしなきゃいけない。
投稿者:30代で独身のプー太郎おばさん 2017-03-08 15:48:14
↓今のコメント「何度かしなきゃいけない。」じゃなくて「何とかしなきゃいけない。」だった。
投稿者:30代で独身のプー太郎おばさん 2017-03-07 17:13:25
今から10年後、そして20後には甥は何も面倒みてやる必要ないぐらいの優等生になっているかも知れない。
それはいいが私は完全に彼に見下されていて立場がなくなっているだろう。
「俺将来おばさんの面倒みるのはごめんだよ!」と言われて。
だから親が「バイトを探すな!」「働きに行くな!」と言おうと、せめて自分のことだけでも何度かしなきゃいけない。
投稿者:30代で独身のプー太郎おばさん 2017-03-07 17:10:09
今も相変わらず英単語や横文字や英文には馴染めなくて覚えにくいし、おばさん(私)はバカだから英語やカタカナに限らず物覚え自体が人より悪いけど。
投稿者:30代で独身のプー太郎おばさん 2017-02-27 00:52:16
私は中2の時から理系に強くなりたいとは思っていたし数学はそこそこだったが理科がさっぱりわけが分からなくて苦手だったし、英文もチンプンカンプンで、英文以前にそもそも英単語とか横文字(カタカナ文字)自体が苦手で頭に入らないったらなかった!
中学時代から理科と英語が苦手で、勉強しなかったわけじゃないのにテストの点数は半分以下で成績はいつも1か2だった。
やるだけつらいだけでバカらしいから理科と英語は、もうやらないことにしようかと思ったりもした。
分かんないと悔しいが、この調子で、どうせ私はバカだから高校に行っても勿論理系クラスになど行けるわけがなかったし、英文科の大学にも行けなくて勉強を諦めていたが、今大人になってから勉強してみると「ああ、なるほど!」と思えることがある。
それをやるべき学生時代当時は難しくて投げだしていたが。
今からこの調子で勉強していって、甥が中学生になる頃「おばさんが勉強教えてやろうか。」と言っても、その頃は彼に「おばさんは僕に構わないで自分の将来の心配して友達の一人でも作った方がいいよ!」と言われるだろう。
投稿者:30代で独身のプー太郎おばさん 2017-02-27 00:43:10
あのオヤジ自分勝手で、強引に理不尽に人の気持ちを踏みにじって思い通りにさせて生きてきたのに、よくバチが当たらないな。


投稿者:30代で独身のプー太郎おばさん 2016-08-31 14:38:17
私の甥は今4才。
オヤジは甥と週に一度か二週に一度程度しか会ってないけど、母曰くちょっと前に甥もオヤジを毛嫌いしている感じが有ったそうだが今はそんなことはない。
しかしこの未来をシュミレーションできる研究所に入って甥がもっと大きくなった時、甥はうちのオヤジをどう思っているかも見てみたいが、これはその研究所に入った人の未来を見る所だから自分と関係ないことは見れないだろう。
それよかその頃オヤジは死んでりゃ一番いいんだよ!
投稿者:30代で独身のプー太郎おばさん 2016-08-31 01:24:35
↓名前ありの投稿者は私以外にも多数いるから私のことじゃないよね。
あの時はまだ実感なかったし家出を実行する勇気もなかったけど私は子供の時からオヤジにイジメられてばっかりでロクな扱いされてこなかったし、そもそもオヤジにイビられた学校を卒業した年の20のあの夏の夜にそれを機会に家を出てけば良かったんだよ。
20になれば私みたいに何の取り柄も特技もない女でもそこそこの器量さえあればピンサロで働いて食ってけたし。
いまじゃそれももう手遅れだが。
あの時は気がつかなかったってか、そこまで考えなかったが他人から見りゃ我慢してくすぶってこの家に居たってオヤジの面倒みるだけの将来になるのは、この物語で言う未来をシュミレーションできる研究所なんかに入らなくても目に見えていただろうに。
勿論ピンサロじゃ相手になる男を選べないし二度と家に戻れないつもりで親子の縁を切らなきゃならないけど、オヤジが世界一嫌いな男っていうか人物だから、どの男もうちのオヤジよりはマシだし、私は男好きの傾向が有って、男はよっぽど嫌いなタイプ(自分のオヤジ)じゃなければ皆好きだとか学生時代ノートに書いてたぐらいだったし。
寮ありのピンサロで働きだしてから「自分カウンセラー」で将来の自分を見たら金はガッポガッポ稼げてモテモテのバラ色人生で、少なくともオヤジと関わることはないだろう。


投稿者:30代で独身のプー太郎おばさん 2016-07-14 18:08:00
なんか…コメント読み始めてちょっとすると投稿者(名前ありの人)が分かるってくらい、あれだねw長文+何とも言えない、ああいう文章。同じように感じる人、多少はいそうな予感(笑)
投稿者:名無し 2016-07-14 17:33:59
ところでこの物語自分の未来を見るのにカウンセラーと言うのは違うと思う。
そしてオヤジの死ねばラッキーだが、それからさらに時代が進み、私が老人になったら私の面倒を甥に見て貰うことになっていないかを見たい。
そうなる前に死にたいけど私には自殺の勇気がないだろう。
今からジタバタしたって私の想像の私の未来の的中率も99%だろうから未来をシュミレーションできる研究所に行って自分の未来を見たら私が想像している通りになってるだろう。
この主人公のように「最後の一人になってやる!」と思っても実現できるだろうか!
現実をつきつけられた時に、それを受入れる人間と、そんなはずはないと反発する人間がいるとタモリさんが言ったが反発する人間は現実を認めたくなくて現実から目をそらしたいだけだと思います。
投稿者:30代で独身のプー太郎おばさん 2016-07-14 01:35:38
私も未来をシュミレーションできる研究所が有ったら今から何年後かに自分が単なる食器洗いのアルバイト以外の英語を活かした仕事をしているか、オヤジの介護をしてるか、今のところ私を慕っている甥が私のことを「あのおばさん何で仕事も結婚もしていないの?」とか言っていないかを見たい。
その私の一番恐れていることが起きないかと。

投稿者:30代で独身のプー太郎おばさん 2016-07-14 01:14:19
イノッチ意外と演技が上手いと思った!
投稿者:名無し 2016-05-09 18:48:35
リスク負う覚悟が無ければ夢を追う資格なし...夢を実現させる為にはリスクも付き物。遊び半分でやる奴などまっさきに爪弾きモノ。この作品では徹頭徹尾真剣にやらなければ実現出来ないという事を教えてくれました
投稿者:名無し 2016-03-06 09:27:54
何か、お前らみたいで笑ってしまった(笑)
投稿者:名無し 2015-10-23 17:25:11
最後の、ホームレスを演じる「名俳優」となった主人公に、胸がすくような気分でした。
投稿者:名無し 2015-08-06 20:59:25
警視庁捜査一課9係の部下としては記念に出来ます。
投稿者:名無し 2015-04-28 08:16:49
普通にいい話ってのも面白いね。イノッチかっこいい!
投稿者:名無し 2014-09-22 19:00:59
ホームレスないのっちはなかなか見物!
投稿者:福袋 2012-04-25 11:06:14
オチが効いてるwww



未来は変えらるのか?単にシミュレーションが間違ってたかとも言えなくない?
投稿者:ウレトレマンダイゴ 2012-03-12 12:50:05
イノッチとぶつかった女性がすげー意味あり気に映ったからそればっか気にしてたら終わっちゃった。


投稿者:WB 2010-10-14 20:46:13
これは昔に見たのですが何かずっと覚えていました。

このサイトに感謝です。
投稿者:ぷろろー 2010-02-23 00:25:52
これさいこう!

めちゃぐっとくる
投稿者:ちゃま 2010-02-06 13:28:46
これは面白かったので、今でも新鮮に覚えています
投稿者:あり 2010-01-04 20:40:27
シュミレーションじゃなくてシミュレーションじゃないのかと。
投稿者:かか 2009-08-23 14:54:08
これは良いですね。
投稿者:899 2009-07-22 21:14:45
<エピローグ>

タモリ「人間には二種類あります。現実を突きつけられたとき,素直に受け入れる人と,『そんなはずない!』とそれを否定する人です・・・・えっ私?・・・」

首を傾げるタモリ。
投稿者:怪奇大作戦 2009-01-15 13:23:24
初めて世にもをみて、良いと思った話。

もうだいぶ前の物だから、忘れている人も多いだろうけれど、世にもずきなら見たら思い出せるハズ。
投稿者:くま 2008-10-06 22:01:03
俳優って設定を作ったのは賢い。

結果的に反発しようが受け入れようが、自分の望んだ未来などその先にはないのは至極当然の事である。

望んだ事をすべて未来に繋げられるのならこんなにつまらない事はないと思う。

波乱万丈とは行かなくても人間はそういう人生を楽しんでいる節がある。

じゃなければこんな番組を見る、そもそもこの番組を作る意味がない。

出来てるのは人間の考え合ってこそ。
投稿者:ダークスイミ〜 2008-07-29 16:53:05
「未来を覆した」と言う解釈が多いみたいですが、

某所で見たオチでは、実は俳優として大成功を収めていた未来の自分が過去から覗きに来た若い自分を奮起させる為、

わざと落ちぶれた芝居をしていたという話だった様な・・・

こうしてカウンセリングを行ったからこそ、ホームレス姿の自分がいるという感じで。
投稿者:Feather moon 2008-03-28 22:37:05
これは面白かった。話のテンポもよかった。でももぉちょっと奇妙がほしかったかな。。。
★4.5ってとこ。
投稿者:pinky 2007-05-11 00:59:49
主人公が、最後の最後まで自分の意志を貫き通している姿が良かったと思います。あれ?バッドエンドじゃなかったんだ?という終わり方も好きですし、主演の井ノ原さんにピッタリの作品だったと思いました。
投稿者:清 2007-03-23 17:10:55
演技力があったら、もうちょっと楽しめたけど…ストーリー自体はよかった。
投稿者:たかや 2007-02-21 19:18:47
人間には2種類いる。
現実を突きつけられたとき、それを受け入れる人と、そんなはずはないと反発する人。
後者が必ずしも成功するとは限らない。自分はどちらかというと、それで失敗した人です。
あの主人公以外にも、シュミレーションに反発した人もいるのでしょう。しかし、皆成功したとは限りませんね。

投稿者:通りすがりの正義の味方 2007-01-26 17:48:56
この話は面白い
将来の夢が俳優のイノッチが年取って
ホームレスになってる自分と話す話だ
投稿者:えび子 2007-01-15 19:01:01
すごいみたいです〜〜!!
誰かyoutubeにないんですよね・・・。
投稿者:  2006-12-15 14:19:03
面白かったー。一度落としておいて実は…というのは「世にも〜」の定番ではあるけどそれが良い具合に作用してたと思う。
投稿者:コータロー 2006-12-14 20:48:53
ベタベタだがなかなか良かった。
投稿者:ライラック 2006-10-18 15:46:35
こういう話は大抵未来を覆せないものですが、これはいい意味で意外性のある終わり方でした。
原作は『2999年のゲームキッズ』だそうですが、確かにそれらしい結末でした
投稿者:玖翠 2006-10-03 08:40:47
あらすじ検索

キーワードを入力し、「検索する」をクリックしてください。複数のキーワードがある場合は、半角スペースで区切ってください。

クレジットカード比較の専門家
脱毛人気口コミランキング
青汁通販
車買取
車査定相場表
レーシック口コミ
FXとは
白髪染めランキング
フレッツ
楽天カード