第37話 通勤電車

人暮らしながらも、めでたくマイホームを持った佐藤(美木良介)。
手伝いに来てくれた同僚達と一仕事終え、雑談に花を咲かす。いつしか「未来について」の話に。

……だが、彼の家は都心から電車で2時間はかかるほどの場所。月曜日の朝、休みと遠距離通勤の疲れから、車内で寝てしまう。
ようやく職場へ到着、が、同僚からおかしなことを言われる。
「お前、昨日休んだよな?」
だが佐藤には覚えが無い。なぜなら、昨日は日曜日だったから。ところが同僚は「今日は火曜日だ」という。
おかしいと思うも、カレンダーでは確かに火曜日となっている。おまけに、職場での彼女も妙に親しげで、他人行儀で話しかける佐藤をいぶかしげに思っている。
しかも「今度からは名前で呼んでよ」などと言う。
だが彼には覚えが無い。いつの間にそうなったんだ?

翌日、彼はまた車内で寝てしまった。
彼女に名前で声をかけるが、今度は怒ってしまった。
どうやら怒らせる原因を作ってしまったらしい。だが、身に覚えは無い。いつの間に?

さらに翌朝来てみると、自分の机の場所が変わっていた。係長になったというのだ。

そして佐藤は朝刊の日付を見てある事に気が付いた。
朝、通勤途中に寝てしまうと、1年のタイムラグが生じる、ということに。
かくして、通勤途中に寝るとあっという間に未来がやってくるという日々の繰り返しが続く。

ある日は、家に戻ると彼女が出迎えていた。
ある日は、彼女が子供を抱えて待っていたりと……

いい気になった佐藤は、新幹線を使って通勤することを思い立つ。だが、一眠りして目覚めると、彼の姿はすっかり老けていた。
驚きを隠せない佐藤は、オドオドと会社にやって来る。すると社員から「おはようございます、専務」。
何と出世してそんな地位にまで上り詰めていたのだ。
次の日の朝、調子付いた佐藤は、新幹線の中で睡眠薬を取り出してつぶやく。
「よし、これで俺も会長だ」

駅に到着した新幹線。だが、車内では……
「大変だ、人が倒れている!」
事切れた老人を前に慌てる車掌の姿があった。

(あらすじ作成:荒馬大介さんThanks!)

キャスト: 美木良介/向井亜紀
放送日: 1990.9.20
原作・脚本: 浜田金広
 

コメント投稿

名前:

コメント:

コメント一覧 (25件)

ちょっと主人公が間抜けすぎる気もする…1年後リストラされてるかもとか,死んでるかもとか…考えなかったんですかね?
投稿者:名無し 2016-04-02 22:17:08
精神面では若さが残るのに地位が上がっても困るだけじゃないか?
出世は嬉しいだろうけど能力が伴ってないとね。
投稿者:ヤモリ 2016-02-01 14:39:52
ロングブレスwwwww
投稿者:名無し 2015-04-15 16:27:26
身に覚えのないのに
なぜ出世?
誰が?

投稿者:名無し 2014-11-29 19:49:45
救いようのない駄作

投稿者:名無し 2013-12-24 16:52:06
美木良介だと…?

投稿者:名無し 2013-08-25 20:59:23
電車で寝ると未来に跳ぶというアイデアは印象に残ってた。過程も大事だよなと思わせる話。
投稿者:loki 2012-10-13 21:51:39
いまいちだったかなー
投稿者:福袋 2012-04-25 14:13:53
世にも奇妙な物語はシンプルイズベストではない
投稿者:ケンボイ 2012-04-16 19:02:26
「もしも昨日が選べたら」に似てますね。
投稿者:萌 2010-11-22 05:43:13
結果が幸福じゃないんですよね


投稿者:  2010-11-05 14:29:06
あーあ未来があったのにもったいねー
投稿者:吐き捨て野郎 2010-10-01 08:21:07
うわぁー、SFなんだか違うんだか。
投稿者:ミユ 2010-03-27 18:56:53
オチがわかっちゃうんだけど

のんびりゆこうよ
投稿者:ネロ 2010-02-18 20:30:12
2039年没か、あんまり長生き出来なかったんだね。

2019年にプルタブの外れる缶ジュース…

でもこれ、あほらしくて面白いです。
投稿者:Burdock 2010-01-29 06:05:14
主人公がバカ過ぎるのは置いておくとして、

幸せな人生ってなんだろうか?

「終わり良ければすべて良し」か「過程が重要」か。

確かな事は、結果がすべてなら「生きている必要は無い」という事だ。
投稿者:DINDON 2009-06-25 01:37:47
いくら地位が上がっても過去経験や知識が伴わなければ意味無いじゃん。仕事にならないだろう。
投稿者:MURA 2009-04-19 18:14:52
単純な話だね
投稿者:マリオ 2008-12-01 07:52:36
なんかもったいない

未来を待とうよ
投稿者:息づまれ食欲 2008-10-18 11:15:22
オチが読めた。
投稿者:SML 2008-09-30 16:26:55
主人公が途中からバカすぎる気が・・・

新幹線乗ったら20年以上進むんだから、

専務の状態で乗ったら死ぬのは解るでしょ。

肩書きを重視する人間であることがわかる

ような性格描写がないのに電車に乗り

つづけるなんておかしい。

時間を操る能力ではないからもっと悲観

したり混乱して欲しかった。
投稿者:ねこ 2008-03-04 15:45:10
プロローグ、〜時計店らしき場所にて〜



タモリ「人間の一生は誰にも平等です。赤ん坊として生まれ、子供時代を経て大人になり、老人となって死んでいきます。貧しい人であろうと王様であろうと、この過程を変えることはできません。それは時が止まることがないからです。でももしも、時が思い通りになるとしたら、それは果たして幸せなことでしょうか?それとも・・・」
投稿者:区間快速! 2007-08-15 02:13:13
ちょっとね
投稿者:こうた 2007-07-01 10:10:15
時間を失ったのに「楽して出世できた」ってだけで喜べるか?さらに先へ行こうって思うか?
投稿者:purple 2007-03-09 21:52:43
補足:電車の中で未来に向かっていると確認したのは、新聞の日付(「年」の部分)が増えていることです。
投稿者:くまっち 2007-03-07 13:05:27
あらすじ検索

キーワードを入力し、「検索する」をクリックしてください。複数のキーワードがある場合は、半角スペースで区切ってください。

クレジットカード比較の専門家
脱毛人気口コミランキング
青汁通販
車買取
車査定相場表
レーシック口コミ
FXとは
白髪染めランキング
フレッツ
楽天カード