第36話 人面草

小夏(浜田万葉)は故郷の村に帰る途中の沼で奇妙な行列と出会う。それは「沼送り」と呼ばれるものだった。

祖父の家に到着し、彼の元気な姿を見てホッとする小夏。実は彼女が今日村に戻って来たのは、死んだ祖母が夢に出て来て「おじいちゃんを助けてあげて」と言われたからだった。

沼送りと遭遇したことを話す小夏。
それを聞いて動揺する祖父。

「沼送り」とは、死者の住まう世界である「沼」から、縁故者や友人がもうすぐ亡くなる人の元を訪れるというものだった。
だが、罪を犯した者は「沼送り」されない。
「昔、戦争に行って人を殺した。罪を犯した自分は沼には行けない」
悲しむ祖父。
沼送りしてもらえなかった人は、死後に縁故の人達に逢う事が出来ないとされていた。
その回避策として、沼のほとりで自分そっくりな「人面草」を見つける事が出来た人は罪を赦されて沼に行けると聞く小夏。

小夏は祖父とともに必死になって「人面草」を探すがどうしても見つからない。二人が諦めかけた時、祖母の幽霊が現れる。
人面草が見つからないと嘆く祖父に答える祖母。
「何バカな事を言ってるんです。小夏が居るじゃないですか」

人面草とは、その人の血を受け継ぐ子孫の事。祖母は「沼送り」のために祖父の前に現れたのだった。
近い内に訪れるであろう死を心安らかに受け入れる祖父。
小夏も、いつかは訪れる自分の死の際には「沼送り」されるような生き方をしていくと誓った。

キャスト: 浜田万葉/下條正巳
放送日: 1990.9.13
原作・脚本: 吉村和久
 

コメント投稿

名前:

コメント:

コメント一覧 (29件)

途中までは、横溝正史の世界を思わせるホラー系かと思いましたが、最後はいい感動系の話でしたね。沼におばあちゃんが出てきてからのシーンは最高でした。自然と涙が出てきました。
投稿者:名無し 2016-12-27 23:02:24
浜田さん最近みないけど、元気かなあ?
投稿者:名無し 2016-12-12 07:27:30
ぬ、ま、お、く、り のたぬきメイクの男の子が恐かったー!
内容は恐くないけど、子供の頃見た時はあの群衆が恐かったな(笑)
投稿者:世に子 2016-07-16 17:01:27
女優の演技が下手すぎる。。
投稿者:名無し 2016-05-13 18:38:35
珍しい終わりかただったような。浜田万葉がどことなく満島ひかりに似ていたような。
投稿者:ような星人 2016-02-23 14:47:19
この回のEDはタモリのドライブw
投稿者:ヤモリ 2016-01-22 18:38:01
youtubeで見ましたけど、神秘的な内容に続き、感動のラストで本当によかったです!
投稿者:名無し 2014-08-25 00:24:00
いい話でした(涙)
投稿者:名無し 2014-02-15 15:04:53
素直にいい話だと思えました。

ただ、エンドロールの「ここも沼だったとしたらここにいた人達はどうなったのでしょうか」の締めにはなんかぞくっとくる後味の悪さがありました。
投稿者:ヒカル 2012-12-31 01:00:21
ちょうど今日12月29日千葉テレビで再放送してるのをたまたま見ました。初めてです。

いい話でしたね、最後のお別れが感動しました。
投稿者:ねこたん 2012-12-29 23:00:39
自分に似た花ってどんな花なんだろー?
投稿者:福袋 2012-04-25 13:34:56
うーん。女の子が棒読み過ぎて残念。
投稿者:bw 2011-01-30 05:50:39
孫娘って,いいですねえ
投稿者:神岸協会 2010-09-13 14:54:25
これお婆ちゃんと一緒に見ました。

感動したのを覚えています。

最後に出てきたタモリさんに笑えました。
投稿者:充 2010-08-06 22:30:36
これお婆ちゃんと一緒に見ました。

感動したのを覚えています。

最後に出てきたタモリさんに笑えました。
投稿者:充 2010-08-06 22:30:18
エンドロールの後にタモリが出てきた!

「沼送り」「人面草」といったことばも神秘的で良いし、映像も美しかったのだが、話の構成はいまいちですね。
投稿者:Burdock 2010-01-26 05:53:14
演技が…
投稿者:ボギー 2009-03-01 16:41:05
今年に入ってYouTubeにアップされたので、相当久々に観ました。



子どもの頃印象的だった作品ですが、改めて観ると展開が稚拙で残念でした。

元アイディアがもったいない感じがします。
投稿者:Tundie 2009-02-21 23:53:38
<エピローグ>

主人公がお墓参りをしている横の道でオープンカーに乗っているタモリ。

「人生を全うした人間が行き着く先がお墓だけだと味気ない気がしますが,この物語のように沼でみんなと会えるとしたらね・・・・」

車で走り去っていくタモリ。



<エンドロール>

温泉につかっているタモリ。

「ここは先ほどの村から数分の所にあるリゾート地です。もしかするとここも昔は沼だったのかもしれません。だとすると村の住人たちは一体どこへ行ったのでしょうか・・・・

それでは,また次回お会いしましょう。ふぅ〜・・・」

<END>





(この回では,エンドロールの後に再びタモリが登場するという珍しい回でした。)
投稿者:怪奇大作戦 2009-02-03 17:00:35
う〜ん…
投稿者:ミユ 2008-06-13 17:42:50
これ再放送でみて感動した
投稿者:なむし 2008-05-31 16:08:25
かんどう
投稿者:さく 2008-02-09 16:14:40
女優の演技がへたくそで、イライラしながら見てました。

ストーリーも平凡で、惹かれるところがなかった。
投稿者:hoge 2007-11-23 00:24:22
一番感動しまた。この物語は何度見ても泣けます。

この物語があまりメジャーでないのが凄く残念です。もっと注目すべきです。
投稿者:玲 2007-11-02 21:26:24
何度も涙がこぼれました。百合の花が咲く沼のほとりはもう天国の様な風景で‥不思議な光が点滅しながらお迎えが来た場面は本当に切なかった。死んでしまうのに優しい笑顔‥このお話の演出はもっと注目されるべきだと思います。
投稿者:繭 2007-09-10 02:34:27
 良いお話だと思います。

 浜田万葉が「おじいちゃん・死んじゃやだよ…」と下條さんにすがり付いて泣くシーンや、沼おくりか叶い、天国のおばあちゃんや村人たちと共に去っていくおじいちゃんに、涙しながら手を振って見送るシーンは、いつ観てもじーんと泣けてきます。
 
 ドラマの中の・広大な田園風景や、百合の花や野花が咲く・このお話の中の夏の田舎の風景が心に焼きついていて、夏の日に田舎の方にドライブに行くと、このお話をいつも思い出します。
投稿者:RS 2007-05-02 21:16:32
この物語が一番心に残りました。
田舎の風景、風習、そしておじいちゃんと孫の心の交流が、たまらなく素敵でした。
投稿者:思い出の話 2007-03-12 09:53:04
いいですなぁ。下條正巳さんが素晴らしい。
浜田万葉ってどこへ行ってしまったのでしょう。
投稿者:purple 2007-02-22 20:01:22
じーんときました、泣けますね
投稿者:綺乃 2006-12-07 22:18:55
あらすじ検索

キーワードを入力し、「検索する」をクリックしてください。複数のキーワードがある場合は、半角スペースで区切ってください。

クレジットカード比較の専門家
脱毛人気口コミランキング
青汁通販
車買取
車査定相場表
レーシック口コミ
FXとは
白髪染めランキング
フレッツ
楽天カード