第35話 配達されない手紙

結婚適齢期を過ぎたOL・恵子(山口果林)。
会社では陰口を叩かれ、自宅のマンションに帰っても嫌味な隣人・由起子(旦那と子持ち。実は苗字が一緒!)が気に入らない。

ある日、間違えて隣の郵便物が恵子の家のポストに入っていることに気づく。
最初は届けようとするが、ノックしようとした瞬間自分の悪口が聞こえてきて、届けるのをやめて封を切ってしまう。

手紙の内容は不倫相手の男性からだった。一計案じた恵子はワープロで手紙を捏造し、違う日取りのデートを伝えたりした。
ある日、郵便ポストの前で由起子と会った恵子。由希子は思いつめたような顔をしていて、恵子はそれを見てニヤリと笑う。

しかし後日、由希子は夫を殺害してしまう。
恵子の家にも刑事が聞き込みに来るが、彼らの話によると由希子は不倫相手から離婚と金を要求されていたというのだ。
「そんな手紙、自分は出していないのに!」
慌てて隣人から盗んだ手紙をキッチンで焼却する恵子。証拠さえ燃やしてしまえば…。

後日、恵子のポストに無数の手紙が舞い込んできた。
不倫相手の男性が今度は自分宛に。

怖くなり引っ越すことにした恵子。マンションの一角で三人組の主婦が井戸端会議をしている。
「よかったよかった、あの二人、このマンションの嫌われ者だったものね」
「しかしだからって、金まで要求するとは良く考えたわねぇ〜」
「私はやってないわよ?あなたじゃないの?」
「ちがうちがう!」
「じゃあ一体誰が?」

新しいマンションに引っ越した恵子。ポストに名札を貼っていると郵便配達がくるが、その中にはまた例の手紙が入っていたのだった。

キャスト: 山口果林/伊藤幸子
放送日: 1990.9.13
原作・脚本: 江頭美智留
 

コメント投稿

名前:

コメント:

コメント一覧 (39件)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★動画紹介★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

https://www.youtube.com/watch?v=pd0nV2judxU
(最初~10:00・やや早い)

 川崎恵子(山口果林)は、同じマンションに住む川崎由紀子を嫌っていた。ある日、恵子の郵便受けに由紀子宛ての手紙が間違えて配達されていた。恵子は由紀子の家に届けに向かうが、インターホンを押そうとした瞬間に、自分への悪口が聞こえてきたため、届けるのをやめ封を切ってしまう。それは由紀子の不倫相手からのものだった。仕返しを思いついた圭子は…。(フジテレビ引用)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
投稿者:女女会 2019-05-13 02:29:11
AH:言葉にしなきゃ、正確に伝わらない事ってありますよね。
投稿者:平成1桁マン チーム山形 2019-05-12 07:18:34
↓本物が動画紹介してニセモノがやらかした悪事を謝ってるのに、ニセモノが逆切れしてるからいけないんだろ。それとニセモノマチコは身分低いんだから、「こいつ」じゃなくて「あなた様」と言え、ボケ!
投稿者:名無し 2019-04-09 23:43:33
↓✖2
こいつ何言ってんの⁉
全く意味不明だわ❗
投稿者:美少女マチコ 2019-04-09 23:24:55
↓いや~ん、まいっちんぐ~❗
投稿者:美少女マチコ 2019-04-09 15:20:59
↓ニセモノマチコは、ホンモノの、世もが好きなマチコに謝れ!どうせこの文句でも感じてるんだろ、変態!
投稿者:名無し 2019-04-09 14:09:54
世にものサイトから消えた21才のおばさんは、そもそも猫みたいなもんだし動物も無職のうちに入るから、留衣がただの想像で21才のおばさんのことを無職だって言った時は必ずしも人間扱いしたとは限らないけど、話題にしたってことはその時点では存在を認めてたってことで、少なくとも存在がある生き物だって前提で話してたけど、世にもの密告ネットってお話で誰かさんがマチコに同じ乞爺魔吐死汚が人間からサルに変わるなんてあり得ないって言ったよーに、生き物が死んだとしたって死体にはなっても完全に火葬しない限り存在そのものが消えるなんてあり得ないから途中から消えて存在がなくなって空気になるなんてあり得ないから同じ21才のおばさんを途中から空気と見なした留衣は発言が矛盾していておかしいから、密告ネットで誰かさんがマチコのことを始めから乞爺魔吐死汚がサルだとわかってて好きで付き合ったのか、サルか人間かの区別もできないバカか、そのどちらでもなければ単なる気まぐれだから発言に一貫性を持って乞爺魔吐死汚でも最低限人間扱いしろと言われたよーに(いやだけど。冗談じゃないけど。)留衣も自己撞着してて辻褄が合わない発言をしたのは、その時の都合や気分で発言を変える身勝手で気まぐれで気分屋で無責任な女か、そーじゃなければ始めに21才のおばさんのことを生き物もしくは生きてなくても存在はしてる「物」なのか、見えなくて人間にとって存在してない空気同然の物なのかの区別もできなかった知恵遅れってことになるよーに、乞爺魔吐死汚のやつもマチコと付き合ってた時マチコに「マチコのママ、マチコに、もう高校生なんだからせめて大学に入れるよーにもっと勉強しなさい!って言うんだろ?だったらもう小学生じゃないんだから門限なんて決めないで夜になっても俺と居ていつ帰ったっていいだろ!」ってマチコを自分と居させたいって都合ってゆーより、その場のマチコを何が何でも自分と居させたいって感情だけでママに逆らえよって文句言って「高校生だから勉強しなさいって言うなら、同じマチコをどーして勉強させる時だけ大人扱いして早く帰れって言う時は子供扱いするの?パパとママの気分で同じマチコを大人扱いしたり子供扱いするんじゃ合わないって言え!」って言って「マチコのパパもママもワガママか、同じマチコが大人か子供かの区別もできなくて扱いが合わないってこともわからなんて知恵遅れだよ!」って言ったけどパパとママは矛盾してないわ❗ 単にマチコを自分と居させたいってだけでパパとママに逆らえだなんて乞爺魔吐死汚こそワガママだし、大人は仕事や買い物や用事があるから帰りが遅くなるってだけで、何の必要もないのにただお外で遊んで時間だけ潰して遅く帰るのが大人なんじゃのに、マチコより干支一回りも上の大人で、そこらへんの区別ができないなんて乞爺魔吐死汚の方こそ知恵遅れだわ! 乞爺魔吐死汚は背は普通の大人の男以上にあるけど河童頭のお子ちゃまがそのまま体だけ大きくなったよーなもんだから世にものバカばっかりだってお話の主人公じゃなくても乞爺魔吐死汚は中味がお子ちゃまだと思うでしょーし、しかもそれで背だけは普通の大人の男以上だから、河童頭のお子ちゃまがそのまま大きくなったよーな化け物みたいに見えて気持ちわるくて気味が悪いし、主人公には乞爺魔吐死汚は河童頭のお子ちゃまに見えるわね。
投稿者:美少女マチコ 2019-04-09 11:15:36
> もはやこの話みたいなサイトになっております

 加えて言えば、外野から見ている俺の立場であれだけど、「替え玉」みたいな感じになってる気もします。「美少女マチコ」が「美少女マチコ」を乗っ取られたような・・・。結局、ニセモノマチコよりも本物マチコの方が目立つようになった・・・。反対かな?よくわかんない。
投稿者:名無し 2019-04-05 00:07:14
https://www.youtube.com/watch?v=pd0nV2judxU

↓とび職が何のとか、ニセモノが騒いでいるだけだわ❗ホンモノはお嬢様育ちだから、人の悪口なんか言いません。まして、元カレの悪口とか、結婚できなくなるだけだし❗
投稿者:ホンモノの美少女マチコ 2019-04-05 00:03:36
もはやこの話みたいなサイトになっております
投稿者:名無し 2019-04-04 23:40:21
https://www.youtube.com/watch?v=pd0nV2judxU

10分弱で終わるので、やや速い。気持ち悪い話だった。
投稿者:名無し 2019-03-31 18:51:00
結局、手紙の送り主は誰だったんだろう・・・。
投稿者:名無し 2019-01-13 23:19:14
山口果林さんて、宮本信子に似てる気がする。
投稿者:名無し 2018-06-15 09:30:43
世にものコメントにマチコが綴った小山登志夫への恨み事と、あのゲーセンの元店長さんへの謝罪心と恋心は彼らに届かないでしょうから「配達されない手紙」だわね。
投稿者:美少女マチコ 2018-05-11 17:27:36
山口果林さんは、ちょっと前に相棒に出てたな。前後編編成で、右京さんがピンチな回だった。
投稿者:名無し 2018-05-10 23:33:02
フライパンで手紙を燃やしてるところと、パニックになって洋服をハンガーごとスーツケースに詰め込んでるところが印象的だった。
投稿者:名無し 2018-02-05 01:00:31
世にも奇妙な物語のなかでも一番くらいに好きな話です。鈴木よしこが誰なのか、こわい。
投稿者:名無し 2017-07-30 20:03:16
再放送で90年代の話もっと見たいですね〜♪
春夏秋冬と年4回新しい話を放送したところで昔ほどの名作はないでしょうね。寂しいです。
投稿者:世に子 2016-07-16 16:54:08
↓同感です☆
投稿者:名無し 2016-07-13 19:52:14
こうゆう味のある話が最近の世にもには全くないのが寂しいです。。
90年代の世にもは、画質の悪さも良い味が出てそれがまた面白さがあります。
投稿者:名無し 2016-07-10 23:04:12
これは未だに分からない話・・主人公以外の人も混乱してるし
投稿者:名無し 2016-06-13 01:16:39
警察は「隣の主婦が何者かに不倫のことで脅迫されてた」とは言ったけど
脅迫したのが不倫相手だとは言ってませんでしたよ
投稿者:名無し 2016-02-25 02:02:20
最近「私鉄沿線97分署」の再放送見ててこの刑事役の人どっかでみた事あるような?と思ったら山口果林さんでした。他にも鹿賀丈史や斎藤慶子、古尾谷雅人、四方堂亘(「君だけに愛を」でおっかない役をしてた)と世にもの出演者達が皆刑事役で共演してた。
投稿者:割れた卵 2016-02-12 21:18:33
本筋よりご近所付き合いの陰険さが怖かった
投稿者:ヤモリ 2016-01-20 20:35:06
結局「鈴木よしこ」が何人いたのかも謎。確実と思われるのは

本物(由希子だっけ?の浮気相手)
恵子(主人公)が偽造した偽物

…の2人ですよね?そこに「300万円脅迫する謎の鈴木よしこ」,「由希子逮捕後に恵子に白紙の手紙を送り続ける鈴木よしこ」が出てきますがこれらは本物と同一人物である可能性もあり…この「?」が最後まで残る感じがこの番組の醍醐味かもしれませんね。
投稿者:名無し 2015-12-23 09:21:01
誰が300万円脅迫したんだろう?
相手の女はキャリアウーマンらしいから団地以外でストーカーとか
恨みを買われていたのかもしれないね。
それだとナゾトキの意味がなくなっちゃうんだが、知らないところに人の悪意はあるんだね……。
ネットやメールじゃないからこそ怖かった。ワープロで打った紙を
封筒に糊つけしてあるところが特に。
投稿者:ねこ 2015-02-08 19:50:44
あらすじじゃ
よく分からん

投稿者:名無し 2014-11-29 19:35:35
由起子と由希子は別人?
投稿者:名無し 2014-07-17 19:02:08
手紙の差出人は、役場(住民課)勤めの団地の住人じゃないかな。
投稿者:qwerty 2014-06-19 12:11:04
こういう終わり方よくあるからぜんぜん怖くなかった〜(^0^)←からかってる
投稿者:文句野郎 2010-09-19 18:46:59
小説でもテレビでも結末は同じでした

ただ、小説では途中に感動系的な雰囲気なシーンがありました。



僕は感動と見せかけておいてバットエンドという展開が好きなので、小説の方が良かったと思います
投稿者:lash 2010-07-14 21:08:15
逮捕された女が怖かった。
投稿者:y 2010-04-20 15:11:26
OL→手紙すり替えてちょっと捏造

(主婦逮捕後、脅迫される)

隣人→不倫相手からの手紙の偽物に脅迫され、夫を殺害

と言う事は、主人公が手紙をすり替えた後に誰かが更に別の手紙をすり替えた事になりますね。

主婦3人は2人の悪口を言ってはいましたが、手紙のすり替えはやっていないと言っていますし…(お互いにやったと思っていたみたいですが)

おまけに引っ越した場所まで知っていると言う事は、真犯人はある意味ストーカー?



この話が成立するのは、携帯電話がまだ普及していなかった?時代だからこそなんでしょうね…。
投稿者:  2009-11-28 19:43:43
サスペンスもどき?
投稿者:かりけん 2009-04-09 16:10:42
思ったより怖くなかった。
投稿者:シードル 2009-03-11 22:29:48
うわー…
投稿者:ミユ 2008-06-13 17:30:12
主婦三人の犯行かと思いきやあのラスト・・・

二重オチみたいなのがよかったです
投稿者:マース 2008-04-05 06:38:06
楽しい作品、でもラストの主婦達の会話がよく分からない。
投稿者:ザンバラ 2007-09-28 20:35:23
一体誰が?的な怖さより、女同士の絡みに怖さを感じる・
投稿者:purple 2007-03-09 21:51:04
あらすじ検索

キーワードを入力し、「検索する」をクリックしてください。複数のキーワードがある場合は、半角スペースで区切ってください。

クレジットカード比較の専門家
脱毛人気口コミランキング
青汁通販
車買取
車査定相場表
レーシック口コミ
FXとは
白髪染めランキング
フレッツ
楽天カード