第33話 仰げば尊し

「吉村さんですね。今日入園予定の」
「はい」
「私ここで雑用などさせて頂いております、山口です」

戦時中に中学教師をしていた老人・吉村(浜村純)の、老人ホーム「福寿園」での生活が始まった。
スタッフの山口(山田吾一)に園内を案内される途中、針が逆に回る時計が目についた。

「変わってるでしょうあの時計。時間をどんどん戻して、皆さんにどんどん若返って戴こうという…園長のお考えなんです」

案内された部屋は日当たりも良く、窓からの眺めも富士山が見えるほど素晴らしい物だった。
吉村はぼーっと窓からの景色を眺めていると、ガチャリと茶碗の割れる音がした。山口が吉村の愛用している湯飲み茶碗を割ってしまったのだ。

「いやぁすいません。昔からこういう粗相ばかり繰り返してましてねえ…。昔はこういう失敗をしてよく殴られました。吉村さん、中学で数学の先生をなさってたんですってね? 私は数学が苦手でしてね。中学の時に嫌な数学の先生が居まして、ますます嫌いになりましたよ…」

笑顔で当時の事を語る山口に、吉村は何となく嫌な感じがした。その数学教師は軍隊出身の暴力教師だったらしいのだ。

山口の語りは続く。

「『山口、貴様それでも日本男児か!』というのが決まり文句でね…」

山口が通っていた学校の場所を尋ねる吉村に、彼は「ここですよ」と答える。昔この老人ホームがあった場所は中学校だったのだという。

「山口…」
吉村は、何となく聞き覚えがあったその名を呟いた。

その日の夕食。
ご飯のお代わりを勧める山口だったが、
「痛っ!!」
彼のよそった米の中に小石が混じっていた。痛む頬を押さえながら部屋に戻って寝床に入る吉村。しかし…
「っ!!」
鋭い痛みが全身に走る。痛みの原因は布団に刺さっていた針だった。吉村は大声で山口を呼んだ。布団を敷いたのは彼なのだ。

「…申し訳ありません!入園早々私のせいで不愉快な思いばかりさせまして…」
と土下座する山口だったが、すぐに笑顔に戻り、吉村が持ってきた竹刀を手に取った。そしてまた昔の事を話し始める。数学教師によく竹刀で殴られ、耳が悪くなったのだと。

その瞬間吉村は思い出していた。
かつて自分が竹刀で耳の辺りを殴ったその子供の事を…。

翌朝――。
外を散歩していた吉村は、大型犬の散歩をする山口に出くわす。犬嫌いな吉村が石を投げつけた途端、その犬が彼に襲いかかった…。
はずみで斜面を滑り落ちる吉村。

「吉村さん大丈夫ですか?バロン(犬)は向こうに崖があるから危ないって教えてくれたんですよ」
「キバを剥いてかぁ!」
見え透いた嘘をつく山口にいい加減苛立った吉村は「貴様…それでも…」と怒鳴りかけてしまう。

治療のため一旦部屋に戻った二人。看護師によると、ソフトボール大会のため、他のスタッフや老人達は園を留守にするという。夕方まで吉村は山口と二人きりなのだ…。

表向きは笑顔だが確実に恨みのこもっている山口の視線に耐えられなくなった吉村は、這いつくばりながら園を出ようとする。

「誰かぁ!殺される!助けてえっ!」
「なに?散歩に行きたい?なら私が連れてってあげましょう…」

とぼけた山口に無理矢理車椅子に乗せられ、表へと連れて行かれる吉村。

「身体が感じる痛みは傷が治るに従って薄れていきますけど、心が感じた痛みは時が経っても一向に薄れないんですよ。むしろ…日増しに激しくなる事だってあるんですから!」

森に入り、崖ぎりぎりの所で車椅子を止める山口。つんのめる様にして車椅子から降りる吉村。
「覚えてるでしょうこの場所。立って下さいよ…吉村先生?」

 (山口…貴様…それでも日本男児か!!)

吉村は転がっていた石を手にすると、山口の頭へと振り下ろした……。

一ヶ月後。
行方不明になった山口の代わりに、新しいスタッフ・内田が派遣されて来た。彼は山口と中学が一緒なのだと言う。

「嫌な教師が居ましてね。山口と私だけがいつも制裁を加えられていたんです」

彼の言葉に思わず顔をしかめる吉村。

「私の左腕はこれ以上上がらないんです。これもその男の暴力のせいなんですよ…」

キャスト: 山田吾一/浜村純
放送日: 1990.9.6
原作・脚本: 末谷真澄
 

コメント投稿

名前:

コメント:

コメント一覧 (67件)

荒らしも大概にしろよ
投稿者:名無し 2017-04-30 13:55:54
小学生の時と中学3年の時男子にいじめられたことがあって小学生の時の担任はいじめ問題に取り合わなかった。
小中学生時代私が望んだことは男子に構われないことと落ち着いて勉強ができる静かな環境だけだった。
それは最低限の望みで何にも贅沢な望みじゃない筈なのに。
授業や掃除や学校行事での強制的なグループ行動を除いて男子と関わりたくなかった。
男子に関わられて構われていじめられたから落ち着いて勉強したり絵や工作などにじっくり取りんだり劇や道徳や勉強に関するテレビ番組を視聴したり味わって歌や音楽を聴くことができなかった。
投稿者:名無し 2017-03-24 12:28:49
全く怒らなかった。
投稿しようとする言葉だけが今投稿されないので、言葉を変えて投稿しました。
投稿者:名無し 2017-03-23 12:09:02
それ、もう一回!
私をいじめる男子らを全く
投稿者:名無し 2017-03-23 12:05:38
あともう少しで全文完成だっていうのに何でその言葉だけが投稿されない?
投稿者:名無し 2017-03-23 12:03:37

投稿者:名無し 2017-03-23 12:01:48

投稿者:名無し 2017-03-23 11:59:37
全く
投稿者:名無し 2017-03-23 11:56:37
スマホの調子がおかしくなった。
投稿者:名無し 2017-03-23 11:55:06
全く
投稿者:名無し 2017-03-23 11:53:35
あームカつく!またやり直しだ。
全く
投稿者:名無し 2017-03-23 11:52:14
↓下の文の続き。
全く
投稿者:名無し 2017-03-23 11:49:55
小学4年の時の担任は、男子らが私をいじめる件に関しては、私をいじめた男子らを全く
投稿者:名無し 2017-03-23 11:48:33
あの文の続きを投稿したが、また最後まで入力したのに、途中までしか投稿できなかった。
前はそんなことなかったのに、一度に投稿できる文字数が限られたのかな?
投稿者:名無し 2017-03-23 11:45:41
私も小学5年の時の担任には怒られたことがなかった。
小学5年の時の担任のように徹底して全てに無気力で、誰に対しても甘いんならまだいいが、小学4年の時の担任はすぐ怒るし体罰をする割には、男子らが私をいじめる件に関しては、私をいじめる男子らを全く
投稿者:名無し 2017-03-23 11:41:03
あっ、今投稿したのは全文コメントされた!
何でだろう?何でだろう・・・何でだ何でだろう・・・ってあの「何でだろう」の歌を思いだした。
投稿者:名無し 2017-03-23 01:44:26
↓何度投稿しても同じ結果になる。
なんでここから先の文が投稿されないんだろう?
投稿者:名無し 2017-03-23 01:40:55
私も小学5年の時の担任には
投稿者:名無し 2017-03-23 01:38:55
私も小学5年の時の担任には
投稿者:名無し 2017-03-23 01:26:28
↓下にしたこのコメントを投稿するのこれで三度目になるが、以前の二回とも伝えたいことを最後まで入力したのに投稿するとなぜか同じ所で文の途中までしかコメントされない。
また投稿するけど次も同じ結果かな?
小学5年の時の担任の女の先生は一見穏やかだが、優しいと言うより生徒の教育に無気力で生徒に無関心で、クラスの問題に取り合おうとせず、とにかく手抜き主義で最低限ただ授業だけやってりゃいいといった感じだったから、私をいじめる男子らを叱ることがなかったが、私も小学5年の時の担任には
投稿者:名無し 2017-03-23 01:25:17
小学5年の時の担任の女の先生は一見穏やかだが、優しいと言うより生徒の教育に無気力で生徒に無関心で、クラスの問題に取り合おうとせず、とにかく手抜き主義で最低限ただ授業だけやってりゃいいといった感じだったから、私をいじめる男子らを叱ることがなかったが、私も小学5年の時の担任には
投稿者:名無し 2017-03-23 01:17:54
小学5年の時の担任の女の先生は一見穏やかだが、優しいと言うより生徒の教育に無気力で生徒に無関心で、クラスの問題に取り合おうとせず、とにかく手抜き主義で最低限ただ授業だけやってりゃいいといった感じだったから、私をいじめる男子らを叱ることがなかったが、私も小学5年の時の担任には
投稿者:名無し 2017-03-23 01:08:47
1986年に小学4年だった女だが、当時の担任教師はやせ形で木刀を持ったヒゲ男で生徒への体罰が正当な場合と不当な場合が有ったが、私も含めて不当な体罰をされた生徒本人も、それを見ていた周りの生徒たちも「違っている」と言わなかった。
不当な体罰をされている生徒が異性の場合、ただ正義感でかばったまででも「アイツのことが好きなんだ」と変な噂を立てられて自分だけでなく、かばった生徒も返って迷惑するからヘタにかばえないが、ヤツに不当な体罰を受けたのが自分でも他の生徒でも「間違っていると思います」と言ったら、あの担任は、どうしただろうと思う。
もともと不当な体罰をされたのが自分でも逆うと余計にヤツを怒らせて危害を加えられるだろうから何も言えないが、もともと自分と関係ないのに、わざわざ他の人をかばったおかげで、自分にも危害が及ぶなら誰も言いたくないわけだよね。
投稿者:名無し 2017-03-22 23:04:51
世にもの「復讐病棟」「ボクの好きな先生」「いじめられっ子」にも投稿したことがある1986年に小学4年だった女だが、小学3年と4年の時の常に木刀を持ったやせ型でヒゲ男の担任が日頃からふざけていて生徒らをからかってもてあそんでいることを母に言ったら「それぐらいいいじゃない!冗談の一つも言わないで真面目に授業ばっかりじゃ面白くないから。」と言われたが、私は真面目に授業をやってくれた方が良かったし、面白がってたのは先生だけだっただろと思います。
投稿者:名無し 2017-03-18 20:01:28
小学校の頃、忘れ物をするとよく先生からビンタをくらっていたな。
投稿者:たわけたわけ 2017-03-14 06:45:47
忘れてた若い頃の恨みを思い出したわ
おい○○、待ってろよ必ず復讐するからな!

でもその前に自分がした事も清算せにゃイカンわな・・
投稿者:名無し 2016-09-03 12:44:27
俺は何人もやってきたが仕返しなんてされてねえぞ

投稿者:鶴田竜典 2016-03-11 03:19:00
2人だけではないと思います。
制裁を受けた教え子はまだいますよ。
きっと…
投稿者:名無し 2015-11-29 16:14:46
因果応報 また見たい作品
投稿者:名無し 2015-11-23 19:06:49
この話しは怖いですよね。ところで吉村が山口にたいして最後石を脳天に振りかざしたあと山口はどうなったと皆さん思いますか?私は意識不明になって死んだと思います。想像の世界ですが多分
吉村先生は山口を殺した後施設の人に行方不明だと嘘をいったとも思います。
長々と失礼しました。
投稿者:名無し 2015-11-05 08:53:48
高校の時の卒業式にはピッタリですね!
投稿者:名無し 2015-05-08 22:10:34
吉村は山口の時点で
出てけよ!
投稿者:名無し 2014-11-29 19:18:09
復讐病棟だ!
と思ったらすでに何人か書いてらっしゃいましたね。
投稿者:名無し 2014-10-19 13:29:20
世にも初期の傑作中の傑作。出演者も少ない地味な作品ながら、テレビ放送から四半世紀たっても印象は鮮烈。
過度の演出もなく、ベテラン俳優2人の抑えた演技が、かえっていつまでも消えない復讐心の恐ろしさを心底、感じさせて忘れられない。

2014春の「復讐病棟」と筋書きは類似しているが、ぞっとする怖さの余韻が後々まで残る点で、本作の方が数段優れている。
最近の世にもには、本作のような心胆を寒からしめるような作品が少なくなった。
投稿者:萬尋 2014-09-08 12:38:05
復讐病棟に似てるなぁ~
投稿者:名無し 2014-08-18 05:46:42
2014年春の特別編でやっていた藤木直人と赤井英和の【復讐病棟】にあらすじが少し似ていますね。

恨みはこわい
投稿者:チューリップ 2014-04-15 19:37:22
人を傷つけたらダメだという事ですね。

ところで山口さんは先生に殴られて死んだんですかね?
投稿者:花 2012-07-01 14:49:18
結構ゾクゾクするし長年の恨みって恐ろしいなぁーと思いますよねー

まさかこんな運命が待ってるなんて…
投稿者:福袋 2012-04-16 15:44:16
 山口って人の気持ち、痛いほど解る!!!!
投稿者:t 2012-02-08 00:21:23
すごく印象に残っている作品!

最後にまたかつての教え子がやってきて・・・腕が肘までしかあがらないと言っているシーンが妙にゾクッとした覚えがあります。
投稿者:ばんび 2012-01-27 08:49:16
過去の因果が現在の己に巡り・・・という秀逸な恐怖譚でしたね。
投稿者:オヤシロ 2011-01-26 23:09:45
悪人のほうを主人公にして感情移入できる視点がいい。いじめられた側を主人公にしちゃうと相手が悪い奴、やったー復讐したーで終わっちゃうから。

自分が気づかなくても相手をひどく傷つけてる事がある、突然しっぺ返しを食らう事もある、と反省を促す設定で○。
投稿者:sdy 2010-10-23 22:49:58

投稿者:raven 2010-03-24 12:53:42
タイトルも良し、傑作ですね。

しかし、こんな形での再会は恐ろしいですね。

時に、非常に重大な教訓を、世にもは教えてくれますよね。
投稿者:Burdock 2010-01-29 06:28:26
人間て恐ろしい生き物ですね。
投稿者:ジャスティス 2009-11-07 21:46:22
これ、結構怖かったなぁ・・

内容改めて今読んでぞっとしました・・

めぐり合わせってどこでどうくるかわからないし、やっぱり人を傷つけてはいけないなって思います。

世の中の先生方もちょっとどきっとした一作だったのでは・・・?



最後のシーンで、再び体罰を受けた生徒が派遣されてくるっていう設定も、もう逃げられない恐怖をそそりたてますね・・

怖い〜。。
投稿者:ゆか 2009-11-04 23:05:08
エピローグ:老人ホームのロビーらしき場所にて。



タモリ:「人はその人生の中で多くの過ちを犯します。そして多くの場合、自分の犯した過ちに気づく事無く生涯を終えます。当の昔に忘れてしまった取るに足らないイタズラや意地悪でも、される側には深い傷となって一生残ったりします。皆さんもお気をつけて。それではまた・・・」



山口と内田を尻目にどこかへと立ち去っていくタモリ。
投稿者:区間快速! 2009-04-14 00:02:20


傑作。
投稿者:unio 2009-03-27 11:27:50
 まだ卒業のときにお礼参りとしてパンチをお見舞いされるほうがましだよ。
投稿者:YS 2009-03-11 14:28:43
ラストは血の気が引いた。

こういう人間の怖さこそが「よにも」の真骨頂だと思う。


投稿者:怪奇大作戦 2008-09-30 20:56:36
世にも奇妙な物語のなかでも歴代1位の作品だと自分的には思う。現実的にも起こりうる話だし誰かを傷つければその代償は払わなければいけないと言うこと!ラストの木村元が怖かった。山田吾一のアクセントをつけた演技は素晴らしいと思う。
投稿者:りもた 2008-09-25 21:52:45
強烈なインパクトがあった話です。「体の傷は癒えても、心の傷は癒えることがない、むしろもっと肥大して憎しみが増す」というような台詞を山田吾一が言ってますが全くその通りだと思います。この元教師、人生の終焉近くになって過去の自分の罪(しかも相手からここまで恨まれてる事など全く知らなかった)に対する罰を受けたんですね。そして隠蔽したものの、殺人者になっちゃった。最後にこれでもか、とばかりにもう一人の元生徒がやってきて・・・怖い、怖すぎる。このおじいさん、後味悪い人生ですね。人に恨まれることをすれば、めぐりめぐって自分に返ってくるって事の教訓ですね。
投稿者:ぴよぴよ 2007-10-30 23:20:55
これって、清水義範の「復習病棟」と設定・展開がよく似ているのですが…。

てっきり、設定を変えた焼き直し作品だと思っていたのですが、他に原作者がいたとは。
投稿者:そうざ 2007-10-06 20:00:46
これはすごく好きな作品です。学校でのいじめのような展開。大人になってもひどいめにあわされたことは、忘れない.ということですよね。


投稿者:風花 2007-08-04 14:56:35
これは名作。

主人公と教え子が二人きりになり、主人公が逃げ纏うシーンは凄くゾクゾクした。
投稿者:名無し 2007-07-27 10:35:56
「吉村センセイ」ってセリフが頭に残って 恐怖です。
投稿者:sound of jewel 2007-07-07 15:29:38
yontubeにありましたよね。

霊関係ではないホラーがいいです。
投稿者:なたでここ 2007-06-07 19:47:18
僕はホラーよりもこういう精神を追い詰めるのがいい。
投稿者:みっつー 2007-05-06 22:18:57
幽霊とかそういう直接的な描写よりもこういう精神的に追いつめられる様の方が怖いかも
お気に入りのツボ(だったかな?)を(わざとだが)壊したりご飯の中に石とか見てる方も鳥肌立つような演出がいいです
投稿者:匿名係長 2007-04-29 19:33:54
追加です。主人公の吉村(元教師)が山口(元生徒)の働いていた老人ホームに入所してくるんです。
で、そこは以前学校だったところ。
あと杖ではなく石で殺してますね。

投稿者:猫仮面 2007-04-25 19:28:05
あらすじ、少しまちがってますね。
sasugaさんの方がより正しいです。
最後に出てきた人は元生徒の同級生であることと元教師に自分達だけが虐待されていたことを話してタモリが出てきてやったことは忘れても、やられたほうは忘れませんって感じの話をして終わりです。
これは本当にそうですよね。
投稿者:猫仮面 2007-04-25 19:14:16
今でも雰囲気が思い出せる良作
投稿者: 2007-03-29 10:06:37
浜村純さんと山田吾一さんの名演技
特に浜村さんは元体罰教師という風情を上手く出せていた
投稿者: 2007-03-11 22:07:44
原作よりもいい出来。
面白かったあ・・・。
最後のシーンはゾクゾク。
投稿者:ねこ 2007-03-03 00:32:54
心理的に追い詰めていく様が怖い。
投稿者:purple 2007-02-22 21:09:59
老人ホームに来たのは元教師の方ですね。
そこでかつての教え子と対面します。


投稿者:区間快速! 2007-02-18 20:33:47
うろ覚えで失礼します。

たしか主人公の老人は元教師だったように思います。老人ホームで暮らす主人公の所に新しい介護の人が来る。それがかつての主人公の元教え子だった。様々な事故(故意かどうかははっきりとは語られない)の後、山奥の散歩の途中で怪我をした車椅子の主人公を怯えさせた教え子が彼への恨みを述べる。恐怖の余りに主人公が脳天へ石で殴り付けるシーンで画面が真っ赤に染まる。
次の場面で主人公はかつての元通りの老人ホームの生活に戻る。教え子は行方不明扱いです。するとまた新しい介護人がやって来る。彼は主人公に懐かしそうに老人ホームがかつて通った学校そっくりだと話し、その時の教師に殴られたせいで右腕が肘までしか挙がらなくなった事を話す。

という所で終わるのではなかったでしょうか?まとまらなくて申し訳ありません。TVで見たのは小学生の頃でした。
投稿者:sasuga 2006-10-31 03:21:59
あらすじ検索

キーワードを入力し、「検索する」をクリックしてください。複数のキーワードがある場合は、半角スペースで区切ってください。

クレジットカード比較の専門家
脱毛人気口コミランキング
青汁通販
車買取
車査定相場表
レーシック口コミ
FXとは
白髪染めランキング
フレッツ
楽天カード