第300話 完全治療法

末期がんに侵されたミュージシャンの大友は、
人工冬眠により完全な治療法が確立するのを
待つことを選択する。

二十年後、大学病院のベッドで目覚めた大友は
「あなたは治療法が見つかるまで
 コールドスリープしていた
 その時から何十年も経っていて
 今は治療法が確立している」と聞かされるが
記憶がはっきりしない。

そんなある日、自分にそっくりの男性を
見かけて驚く大友。
何か秘密があると
院内を探る内に、ある部屋に辿り着く。
そこには体にナンバーが打たれた
大友のクローンが何体もいた。
医師に見つかり、説明を受ける大友。

「治療」とはクローンからの移植だった。
クローンは当然、内臓を抜かれて死んでしまう。
無為なショックを与えないために
大友に秘密にしていたのだ。
病院で見かけたのもその一体と知って
安心する大友。

手術直前。
ふと、自分の体に巻かれた包帯が
気になった大友は、麻酔が効き始めた状態で
包帯を取ってみる。
その下には、あの部屋で見たクローンたちと同じ
ナンバリングがあった。
自分が手術のために蘇生させられた
クローンだと気付く大友。
だが、麻酔が効いて動けない……。

キャスト: 武田真治
放送日: 1997年 春の特別編
 

コメント投稿

名前:

コメント:

コメント一覧 (47件)

作った人凄い
投稿者:ななしのごんべえ 2017-10-09 08:35:52
↓最後にマネージャーに車椅子引かれて出てた。それで手術室に向かって、培養槽に入った予備のクローンが映って終わり。病室に現れたのも様子を見に来たオリジナルだったんだろうね。オリジナルは病気だったからか目の下にクマ(?)があって、顔色が悪かったように見えた
投稿者:名無し 2017-08-22 14:37:10
医師が言うには、ごく稀に培養過程で自然に自我が芽生える事があるみたいで、主人公がそれ(CL_1-7)。麻酔ってとこは、自分がクローンだった事に気がついて悲鳴を上げて錯乱した時に防護服着た二人に取り押さえられて、首元に何か打たれた時のことだね。確か、その後に本物(オリジナル)が車椅子で登場してたような。
投稿者:名無し 2017-06-17 15:03:20
予想通りの結末だった・・・


投稿者:名無し 2016-06-08 11:14:34
発端は違うが新井素子の「今はもういないあたしへ…」を思い出した
話の流れも大体同じだな
投稿者:名無し 2016-03-05 21:38:51
あのデカい水槽欲しいわ
投稿者:名無し 2015-12-03 21:28:01
96年の羊のドリーはあくまで世界初の「哺乳類のクローン」の成功例で、ドリーより一世紀以上前の1891年が世界初、人の手で生み出された生物(ウニ)のクローンが作られた年。
最低でもその頃からヒトクローンは議論されてるものだから、先見性もクソもない。
ただ直近で成功例(しかも人と同じ哺乳類の)が出て話題になったので、こういう作品が「流行った」だけ。
法律もヒトクローンが空想の産物からいよいよ現実のものになりつつあったから成立させただけ。
もうひとつ言えばES細胞やiPS細胞、STAP細胞みたいな再生細胞研究の大元が、こういう「医療目的でクローン作って移植手術」だったりする(実際再生細胞で身体の一部作るより、クローンで身体丸ごと作る方が早かったわけだし)。
投稿者:名無し 2015-01-14 04:14:40
先見性が凄かったってのを否定する気はないけど
ヒトクローン問題はクローン技術が確立するより遥かに前から議論されていて
当時すでに漫画や映画でも近いテーマを扱ったものがあったはずだよ
投稿者:名無し 2014-05-29 21:50:12
あらすじ少し間違ってますよ

物語は手術室入る前に終わってますから、実際はクローンだって気づいたのは、水槽のある部屋から出ようとした直前ですよ

麻酔効き始めてとか書いてありますけど、ほとんど麻酔関係ないですよ
投稿者:三鳥羽土 2014-05-15 16:05:39
クローンを作り出すことはとっても恐いのだということが分かった。
投稿者:桜貝 2014-04-27 01:16:20
まさかの平凡なオチに言葉を失いそうだ・・・
投稿者:ヒッチコック 2013-06-14 11:52:29
この話、傑作ですね。主人公と医者の演技が、上手で、怖かったですね。

投稿者:匠 2013-05-19 20:44:21
何故かこの話を思い出してたが

もう15年経ってたのかwやんなっちゃうな

武田もいい役者になったw

この頃は好きじゃなかった。去年やってた酷い某ドラマで気を吐いて一生懸命やってたのは見えて僅かな救いの一つかも
投稿者:ミノル 2012-10-09 14:50:27
オチは読めなくないが、凄みがある。

この頃の世にもに戻ってくれ〜
投稿者:星流ウル 2012-01-16 17:58:32
途中でオチは読めたけど怖かった。

もし自分が自我を持ったクローンだったら・・・

考えただけでもゾッとするな。
投稿者:BUZZ 2011-12-02 12:40:24
クローンひつじのドリーちゃんが生まれたのが1996年。その翌年に既にヒトクローンの危険性を想像し本作は制作された。ちなみにクローン人間の製作を罰則をもって禁止するクローン規制法ができたのは本作から3年後。規制法の制定3年前に製作されたという時代背景を考えると、本作の先見性は凄い。
投稿者:ドナドナ 2010-10-08 01:27:31
自我に目覚めるって、

内臓を作るだけの生体部品に、

自我を生成するまでの教育を誰がしたんだ!?

する必要ないだろ。

みたいな突っ込みを持った記憶がある。

(作中、きちんと説明されていたら、

すみません、記憶違いです)



役者の演技物としては、面白かった記憶もある。

この手の裏切りで、ストーリー的にもしっくり来たいなら、

ハリウッドの映画だけど、「シックスデイ」とかが、

それなりに見れたものだった覚えがある。
投稿者:  2010-09-11 10:33:37
2020年の姿はどうなっとるねん。
投稿者:WAKYAうぉ 2010-08-21 16:15:20
綾波レイ
投稿者:新世紀エヴァンゲリオン 2010-04-04 01:12:20
オチが読めました           怖いけど                                                                                 
投稿者:llllllllll 2009-12-27 12:21:33
オチが読めました           怖いけど                                                                                 
投稿者:llllllllll 2009-12-27 12:20:57
なんかオチがよめましたね

これどっかで見た事あるような・・・
投稿者:ha 2009-10-10 13:13:59
プロローグに出てくる絵は「いかさま師」です。前のコメントで抜けていたので。
投稿者:翔 2009-10-10 12:54:39
アイランドって映画の視点に似てますね。
投稿者:あるごまん 2009-09-01 11:48:34
動画探して見て気付いたのですが、

この話で逃亡したクローンは主人公1体だけだったみたいですね。

「CL1-7(=主人公)は特に完成度が高かったが、残念なことに自我が芽生えて逃げ出した」と医者が言っていました。



要するにこの話は、自我が芽生えて逃亡したクローンを医者らは一旦取り押さえた。が、予想以上に早く目覚めてしまったので、仕方なくナンバリングを包帯で隠し、うまく本人だと騙して培養槽に戻そうと試みたのを、クローン側の視点で描いた話ですね。記憶があいまいなのは、目覚めたばかりのクローンだったから。ただそうすると、主人公が出会った同じ顔の男はもしかしたら様子を見に来た本人かあるいは医師の言う様に夢だったのか?と疑問は残ります。

個人的には落ちのみ「美女缶」と似てるなとも思いました。
投稿者:Feather moon 2009-08-10 19:59:32
ブラック系では、「あなたの物語」「おばあちゃん」と並んで凄みがある。



最後、手術台でなく培養液に戻されるあたり、一層救いの無さを感じる。
投稿者:qwerty 2009-07-03 13:44:15
確かに自分がクローンだったら怖いわな。
投稿者:ok 2009-04-03 16:52:57
何というか…色々凄かった。

演出もアイデアも。

突っ込もうと思えば突っ込めるかもだけど、

全体的に良くできてると思う。
投稿者:同じ名前がいたので改名 2009-03-30 03:36:51
プロローグ 「これは、<いかさま師>という絵です。三人の男女が、この男をだまそうとしています。一枚のカードがゲームの勝敗を決めるように、ちょっとした出来事が、人の人生を大きく変えてしまいます。人生はまさに、ギャンブルといえるでしょう。」一枚のカードを表に返す・・・
投稿者:翔 2009-03-15 11:28:11
僕の中ではベスト10入りです
投稿者:ああああ 2009-03-14 16:56:35
レンタルでみました。ブラックと言うよりはクローンや未来系なのでSFっぽく思えます。とは言え、まぁまぁ面白い作品だと思えます。
投稿者:奇の文字が怖い人 2009-01-19 13:18:12
今まで人間だと思っていた自分が、本当はクローンだったと考えると、何だか恐ろしいですね。でも、主人公はどうして恐怖とか、悲しみとか、疑問といった感情をもっていたのでしょうね。クローンに感情ってあるんですかね。
投稿者:世にも奇妙な人 2008-12-21 16:43:54
悟空に見えた
投稿者:たも 2008-10-23 10:56:18
なぜ最初に遭遇したヤツは首を絞めてきたんだ
投稿者:コンセント 2008-09-12 23:14:21
小さい頃ツタヤにあったから借りたら       つまんない
投稿者:耕太 2008-04-04 11:10:20
>手術直前



>自分が手術のために蘇生させられた

>クローンだと気付く大友。

>だが、麻酔が効いて動けない……。

 

これだけだと手術室の寝台に載ってるのか、

まだクローン生成工場に居るのか分からないね。

一応後者で、悲鳴も上げてた気がする
投稿者:ddd 2008-02-19 00:01:50
やばい、本編よりもコメントにツッコミたい。あちこちでツッコミ入れられてるね、某氏(笑)

ストーリーは他の方も言っている通り、クローン野放しにしてる意味ワカンネっていう。
投稿者:  2008-01-06 21:20:59
自分がクローンだったと気づいたときの気持は怖いでしょうね。
投稿者:Dr、名無しマン 2007-11-18 17:58:25
先読み出来ない自分にも先が分かってしまったほぼ唯一の話...
面白かったですけどねw
投稿者:REB 2007-10-04 17:04:28
おもしろい、あの続きが見たい。でもこういうのは2度目からは楽しめない。
投稿者:ザンバラ 2007-09-28 19:46:58
自分がクローンだと気付いた時の恐怖は想像を絶するでしょうね・・・。
投稿者:撫肩 2007-07-31 02:56:23
結末は「世にも〜」らしかったが最後、
本体の主人公が薄く笑ったのが気味悪い。
投稿者:フォールト 2007-04-09 14:48:57
同意。
投稿者:コナン 2007-03-28 19:50:34
あったとしたら技術は進んでいる。
投稿者:キング 2007-03-28 10:13:07
>>本物の人間の主人公がクローンにされちゃった、
ならまだわかるけれど。
わからねーよwww
この話はクローン社会の恐怖と自分が思い込んでたことが実は違ったっていう点で視聴者側も驚かせようって主題なんだから
そもそも伝えたい根本から違うんだよ

>だってクローン人間はクローン人間なわけであって

わけがわからん・・・

だいたいオチに文句つける前に、それうんぬん以前になんでクローンをぎりぎりまで野放しにしていたかにつっこむべきだろw
投稿者: 2006-12-31 05:39:04
あらすじ見て火の鳥思い出した;
見てみたいなぁ…
投稿者:ツバメ 2006-11-30 13:16:25
う〜ん・・・。
主人公は結局クローン人間だったって、
なんか同情できるオチでは無かったですよね。
だってクローン人間はクローン人間なわけであって、
人間だと思っていたら違かったっていう初歩的なオチだったので。。。
(説明下手ですみません)
本物の人間の主人公がクローンにされちゃった、
ならまだわかるけれど。
投稿者:INA 2006-11-19 19:53:30
あらすじ検索

キーワードを入力し、「検索する」をクリックしてください。複数のキーワードがある場合は、半角スペースで区切ってください。

クレジットカード比較の専門家
脱毛人気口コミランキング
青汁通販
車買取
車査定相場表
レーシック口コミ
FXとは
白髪染めランキング
フレッツ
楽天カード