第299話 2040年のメリークリスマス

漫画家を志す主人公がデパートの警備員のバイトをしていると
自分の孫だと名乗る少女から電話がかかる。
売れない漫画家の萩原に、孫が2040年の未来から電話をかけてくる。
最初は信じない萩原だが、警備員のバイトをしているビルでボヤがあるという
予告が当たったため、だんだん孫の話を信じるようになる。捨てようとしていた
原稿を完成させるように孫から助言を受け、描き上げた原稿が採用される。
人生がいい方向に動き始めたお礼を孫にするが、過去への違法電話がばれ
電話はこれで最後だと言われる…

キャスト: 萩原聖人/木村佳乃
放送日: 1996年 聖夜の特別編
 

コメント投稿

名前:

コメント:

コメント一覧 (102件)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★動画紹介★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

https://www.youtube.com/watch?v=QGpve4Mu5sQ

 漫画家を目指し、警備員のバイトをしている多喜田利彦(荻原聖人)のもとに、未来の孫だという少女から電話がかかってきた。最初は半信半疑の利彦だったが、未来を言い当てていく少女のことを、次第に信じるように。そして、少女からのアドバイス通りに、自らボツにしていた原稿を完成させてみると、これが見事に採用された。そこから利彦の人生は好転するのだが…。(フジテレビ引用)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
投稿者:女女会 2019-05-12 14:54:06
マチコが51歳ならマチコの元彼乞爺魔吐死汚はマチコより干支一回りも上だから63歳で定年で寮から追い出されてホームレスだわ❗
でもトビ職に定年はないから体が動き次第いつまででもできるから働ける間はトビ寮に住めるわね。
投稿者:美少女マチコ 2019-04-13 23:13:46
https://www.youtube.com/watch?v=QGpve4Mu5sQ

ニセモノマチコは、寝たきりになってコメント投稿できなくなってほしいわ❗動画は、感動すると思います。
投稿者:ホンモノの美少女マチコ 2019-04-07 02:07:08
まあ、51歳のばばあって誰のことよ?
マチコは平成生まれの少女よ❗
投稿者:美少女マチコ 2019-04-07 02:06:05
「男二人兄弟は、女子高生を見たらすぐ襲う」って乞爺魔吐死汚以外でもそんなことあるわ、ニセモノは黙りな、オカリナ❗
投稿者:美少女マチコ 2019-04-07 02:04:56
そういえば思春期に浅田美代子の赤い風船のレコードを買ってよく聞いたわ❗♪あの娘はどこの娘 こんな夕暮れ♪
投稿者:美少女マチコ 2019-04-07 02:02:49
センチメンタルジャーニー❗これで昭和生まれだということがわかったわね❗
投稿者:美少女マチコ 2019-04-07 02:01:47
マチコは、「令和生まれ」だわ❗
投稿者:美少女マチコ 2019-04-07 02:00:44
昭和生まれマチコ、あー 長崎は今日も 雨だった❗
文句アンカー❓❗
投稿者:美少女マチコ 2019-04-07 01:59:40
乞爺魔吐死汚は例の店長さんの転勤真際の最後のデートのチャンスの日も「その日以降はまた今まで通りまた毎日会えるんだから、その日だけはマチコに会えなくても我慢して!」って言っても聞かなかったように、あの日の件に限らず毎日マチコに会えるって前提で「もうすぐ門限だから今日はもう帰らなきゃ!明日また会えるんだから。」って言っても「お前俺とパパやママとどっちが大事なんだよ?」っておどしてきたから「だって門限を遅刻するとママに怒らて学校が終わったらすぐに帰るように言われて今までより門限が厳しくなって休日は外出禁止になるし、ヘタすりゃおうちに入れて貰えなくなっちゃうかも知れないんだから!マチコだって門限さえなきゃもっとあんたと居るつもりなのにマチコが悪いみたいな言い方しないでよ❗」って怒鳴ってやったからまさにこれがマチコの「夜の声」だわ。
夜ってゆーか、正解にはまだ夜じゃないけど、夕方暗くなって帰ろうとするのを乞爺魔吐死汚に引き止められた時に出すマチコの「夜の声」よ!
世にもの「一本足りない」ってお話にもコメントしたよーにノーミソのシワが一本もない乞爺魔吐死汚は性欲と同じように一事が万事で、こっちが明らかにいやがってたり困ってても、ただその場のマチコと居たいって感情だけで相手を自分の思い通りにしようとするから誰かが世にものコメントで言ったよーに確かにご両親に責任があるのかも知れないけど、もし乞爺魔吐死汚のご両親が生きてたらマチコがめそめそ泣きながら「だって早く帰らないとママに怒られるんだもん!」って言っても帰らせてくれなかったら「可哀想に・・・彼女を帰してあげなさい!」と言って乞爺魔吐死汚を張り倒してくれたと思うわ。
投稿者:美少女マチコ 2019-04-07 01:58:37
自称「美少女マチコ駆除隊」マチコ世にもの「禁じられた遊び」とか「昔みたい」って物語でも言った通り天使のように無邪気な美少女だから、無邪気に「サンタのおじさんに来年も会いたい」って言ったのに、何で無邪気な気持ちをわざわざ踏みにじるようなこと言ってケチつけんのよ❗
意地悪ね。
それにいいおじさんが少女相手に大人げないわよ。
あんたも小山登志夫と変わらない悪者だわ。
「昔みたい」って物語にしたマチコのコメントにもいちいちケチつけたけど。
投稿者:美少女マチコ 2019-02-21 16:23:52
まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ま
投稿者:美少女マチコ 2019-01-17 21:46:25
美少女マチコは死なないぜ
投稿者:クラーク・スティル 2019-01-15 22:33:59
美少女マチコ、死ね!って失礼ね❗
投稿者:美少女マチコ 2019-01-15 21:15:59
↓止めやがれ!!!
投稿者:名無し 2019-01-15 13:55:14
また出やがったな。お前、マジええ加減にせいや!
「あかり兄」さんが優しく説得してるとこを、つけ込みやがって。
もう、我慢の限界だからはっきり言う!

美少女マチコ、死ね!
投稿者:美少女マチコ駆除隊 2019-01-15 00:31:23
サンタのおじさん→また来年も会いたい❤

貧乏神のおじさん(小山登志夫)→二度と会いたくないわ❗ケッケッ
投稿者:美少女マチコ 2019-01-14 15:03:12
小山登志夫!
「あんなナルシスト」って、あんたがナルシストの嫌味男じゃないの❗
サルか貧乏神みたいなくせして!
マチコがうるせーって何言ってんのよ❗
マチコはあんたなんかとやりたくなかったけど、あんたがマチコとにやりたくてしょーがなくて嫌がるマチコを無理矢理やったんじゃない❗
他の男とはそんなことなかったけど、あんたとやった時だけいつも尿意を感じておまんこが気持ち悪くなって気分が悪かったわ❗
あんたとは相性が悪いってゆーか、要するにマチコは始めからあんたを心底愛していなかったってことで、あんただけが満足してたんじゃないの❗
投稿者:美少女マチコ 2019-01-14 14:57:43
https://www.youtube.com/watch?v=QGpve4Mu5sQ

最後に、私が最も好きなお話を紹介してお別れしようと思います。それでは、さようなら。
投稿者:女銘女慈 2019-01-13 00:21:50
美少女マチコさんが求めてもいないのに、ホテル代出してやったとか、小山登志夫マジ終わってる・・・。
投稿者:名無し 2019-01-06 17:29:22
↓お前、自分の立場わかってんのか?
あんたがやったことは、言うまでもなく犯罪だ。
世の少女たちのために、死んで償えや。
投稿者:774 2019-01-06 16:09:38
違う、美少女マチコがうるせーから、10000円で買ったんだ、わかったか!あんなナルシスト1000円でもお釣りほしいくらいだホテル代出してやったんだ感謝しろ
投稿者:小山登志夫 2019-01-06 15:59:37
↓だから小山登志夫と付き合ってた一年間散々ラブホで性的暴行されたって言ったじゃない❗
投稿者:美少女マチコ 2019-01-06 15:13:02
> 小山登志夫のチンチンを思い出して・・・

美少女マチコさん、しっかりしてください。何かあったんですか。
投稿者:名無し 2019-01-05 17:25:54
↓チンチンチン・・・って小山登志夫のチンチンを思い出して気持ち悪くなったじゃないの❗
投稿者:美少女マチコ 2019-01-05 13:34:09
♪あわてんぼうの小山登志夫

マチコに会う前に早漏した

あいたたドンドンドン あいたたドンドンドン 

死神ミイラのお顔 チンチンチン チンチンチン チンチンチン♪
投稿者:名無し 2019-01-05 11:56:52
26日になった。
あわてんぼうのサンタクロースのお爺さん、クリスマス前、つまりクリスマスイブから会えるなんて、かえって嬉しかったよ❗
さようなら❗
また来年❗
やっぱ「赤鼻のトナカイ」より「あわてんぼうのサンタクロース」の歌の方が好きだな。
赤鼻でみんなの笑い者って歌詞がまさに今年の世にもの「クリスマスの怪物」で合唱部だからって無理矢理赤鼻のトナカイにさせられて赤鼻のトナカイを歌わされたあの女と重なって惨めで聴いててつらくなるし。
クリスマスにサンタクロースに会えるのは嬉しいけど、「クリスマスの怪物」の主人公にとって、あの女と会うのはイヤだよね。
あの女が毎年クリスマスに主人公の前に現れて赤鼻のトナカイを歌うけど赤鼻のトナカイの歌は最終的にはトナカイが今年こそはと喜ぶことになるのに、毎年その歌うってことは結局トナカイはその年も笑い者で、毎年笑い者って設定で「今年こそは」と思うのかよ!と思います。
赤鼻のトナカイは次の年のクリスマスも歌うんじゃ「今年こそは」と思っても結局笑い者のままで悲劇の結末だったってことなのに来年も「今年こそは」と思うってことだし、まして毎年赤鼻のトナカイを歌うってことは毎年笑い者になるのにクリスマスのたびに「今年こそは」と思うのかと思います。
まさに「クリスマスの怪物」で毎年クリスマスに主人公の前に現れては赤鼻のトナカイを歌うあの女みたいに懲りないトナカイだなと思います。
投稿者:名無し 2018-12-26 00:42:39
あわてんぼうのサンタクロース クリスマス前にやって来た 急いでリンリンリン 急いでリンリンリン 鳴らしておくれよ鐘を リンリンリン リンリンリン リンリンリン♪ あわてんぼうのサンタクロース 煙突覗いて落っこちた あいたたドンドンドン あいたたドンドンドン 真っ黒黒けのお顔 ドンドンドン ドンドンドン ドンドンドン♪ あわてんぼうのサンタクロース 仕方がないから踊ったよ 楽しくチャチャチャ 楽しくチャチャチャ 皆もおどろよ僕とチャチャチャ チャチャチャ チャチャチャ ♪ あわてんぼうのサンタクロース も一度来るよと帰ってく さよならシャラランラン さよならシャラランラン タンブリン鳴らして消えた シャラランラン シャラランラン シャラランラン♪ あわてんぼうのサンタクロース 愉快なお髭のお爺さん リンリンリン チャチャチャ ドンドンドン シャラランラン 忘れちゃ駄目だよおもちゃ シャラランリンチャチャチャドンシャララン♪
投稿者:あわてんぼうのサンタクロース 2018-12-25 22:47:47
クリスマス本番
投稿者:名無し 2018-12-25 09:21:33
今年の秋の世にもの「クリスマスの怪物」面白かった。
2040年のクリスマスになってもクリスマスの怪物は主人公の前に現れて赤鼻のトナカイを歌うのかな?
2000年前に放送した未来の「2040年のメリークリスマス」と今年の世にもの「クリスマスの怪物」クリスマスモノ同士でコメントがわ混ざった
投稿者:名無し 2018-12-21 14:52:55
今年の秋の世にもに「クリスマスの怪物」って物語をやったってことは、今年は世にもの「クリスマスの特別編」の放送予定はないってことね。
だから今年の秋の世にもが今年最後の、そして平成最後の世にもだわ❗
投稿者:美少女マチコ 2018-12-20 17:13:02
川栄李奈さん、ありがとう❗
嬉しいわ。
あの日の小山登志夫のワガママな行いはマチコだけじゃなくて、それは同時に例の店長さんにも迷惑かけたことになったし、結局小山登志夫の要望に応えて泣く泣くせっかくの例の店長さんの方から頼んできた最初で最後のデートを短縮してまで小山登志夫の言いなりになったから、こっちに何の落ち度も必要もないし、あの日は土曜で普段から「土日はパパがおうちに居るから電話しないで❗」って言ってあるのに電話されることにもならない為に、さっさと小山登志夫を事前に絞め殺しとけば良かったって思うけど、電話の件はその時にならなきゃかけられるか分かんないし、幾ら小山登志夫がジャマでも殺したらマチコが殺人犯になっちゃうから、どっちにしても実際に殺せるわけなかったのよね。
投稿者:美少女マチコ 2018-12-19 23:23:21
私が美少女マチコちゃんを守り、小山登志夫をぶっ飛ばすわ。
投稿者:川栄李奈 2018-12-19 20:58:31
小山登志夫死ね!
投稿者:川栄李奈 2018-12-19 17:45:30
今年の秋の世にもの「クリスマスの怪物」ってお話のデータベースがないからクリスマス関係のコメントはここに書くけど、小山登志夫は顔からして、いかにもエロでやらしい感じな上、自分を外見中味共にいい男だと自惚れてるような顔つきで(見た目通り実際も自惚れ男だし)まさに気色悪い道化師みたいでもある顔だから、「クリスマスの怪物」になる前の無理矢理赤鼻のトナカイに変装させられて夜道で赤鼻のトナカイのお歌を歌わされた女を見て、まさに小山登志夫が鼻を赤く塗って路上でこの歌を歌えばいいじゃん❗って思ったわ。
その女が「クリスマスの怪物」と化して主人公と彼氏が居るホテルにまで来て例年の如く赤鼻のトナカイを歌った時に主人公が「何でこんなとこにまで来て私が彼とクリスマス過ごすのジャマするんだよ❗そりゃあんたには彼氏なんていないだろーけど、自分に彼氏がいないからって僻んで私と彼の間に割り込もうとしないでさっさと死ねよ❗」って首を絞めて殺そうとしたのを見て、私も例の店長さんの転勤真際の最後のデートのチャンスの日にも小山登志夫が「何だかんだ俺んとこに来い!」って言って例の店長さんとラブホで過ごすのジャマした時、小山登志夫を「さっさと死ねよ❗」って言って絞め殺してやりたかったわ❗
世にもの別物語の「顔色」ってお話に小山登志夫が「マチコーマチコー」って何度も名前呼んで、そのたびに「なあに⁉」って言わせる上に話すのを待たせといて何も話さないで、相変わらずただ名前だけ呼んで反応させるのを繰り返した時、小山登志夫に「言いたいことが有るならさっさと言いなよー❗」って言ったけど、それどころじゃなくて「彼(例の店長さん)との時間をジャマするなら、さっさと死ねよ❗」って殺したくなるわ。
投稿者:美少女マチコ 2018-12-19 00:12:33
小山登志夫のキスはお口とお口を合わせるローーーングキスだから、ただばっちくてエイズウイルスとかの伝染病をうつされるだけじゃなくて、小山登志夫の肺活量と女の子の肺活量との違いが有るから小山登志夫にキスされた女の子側は息ができなくて窒息死するし、小山登志夫は吸血鬼ヤローだからキスと共に体中の血を吸われて貧血になってめまいと吐き気がして頭痛になるわ。
女性は男と違って生理も有って、ただでさえ貧血気味なのに。
貧血以前に小山登志夫にエレベーター内で強制的にキスされたことを思い出すだけで吐き気がするわ❗
小山登志夫は性格的にも人の弱味を突いて困らせたり、弱味にズバリ触れるよーな図星の嫌味を言う無慈悲な吸血鬼ヤローだけど。
投稿者:美少女マチコ 2018-12-18 11:25:26
小山登志夫は性格歪んでて捻くれているけど、低能で単純だから「巧妙な手」なんか使えないわよ❗
ワガママで意地悪だから、いっぱい迷惑かけられたけど。
投稿者:美少女マチコ 2018-12-18 10:06:19
なるほど、小山登志夫は巧妙な手を使って女性を泣かせたんだな。
投稿者:名無し 2018-12-18 02:30:12
小山登志夫からのクリスマスプレゼントは口同士を密着させたロングキスで、小山登志夫はキスしてあげるってゆープレゼント感覚で勘違いしてるけど、実は小山登志夫は単に気に入った女にキスしたいだけだから気に入った女とキスできることが小山登志夫へのプレゼントだから、その女の方が小山登志夫にプレゼントをあげたようなもので逆でしょ❗
投稿者:美少女マチコ 2018-12-18 01:35:02
白人とのハーフのような美少女マチコにお似合いのクリスマスソングは「サンタが街にやって来た」とか「We wish your MerryChristmas」よ❗
街とマチは漢字とカタカナで字は違うけど、どっちもマチって読むから、マチコだけに「サンタが街にやって来た」って歌がマチコに一番お似合いだし、街って字がマチコのお名前と共通してるってだけじゃなくて、お歌の歌詞やメロディーの可愛らしくて綺麗で優しげな雰囲気もマチコにソックリなのよ。
マチコのお名前はカタカナだから意味が限定されないけど、マチコのお名前には真知子とか真智子とか満知子とか満智子とか磨知子とか磨智子のように真に知的もしくは智恵がある子、真実や真理を知る子とか、知恵や智恵や知識に満ちた子、知恵や智恵や知識を磨く子ってゆー知恵や知識に関する意味も、街のように都会的でオシャレな女の子って意味も含まれてるわ。
「サンタが街にやって来た」ってお歌に「待ちきれなくてお休みした子にも、きっと素晴らしいプレゼント持って」って歌詞の「待ち」ってのもマチコのマチと字は違っても読みは同じマチだし。
マチコは要するに華やかだけどハデ過ぎなくて控えめで可愛らしくて優しげでムードがあるクリスマスの夜に光るイルミネーションやショートケーキや、ショートケーキに乗せる甘いけど甘過ぎない白砂糖のかたまりに薄い色を付けた飾りみたいなのよ❗
投稿者:美少女マチコ 2018-12-18 01:13:38
小山登志夫からのクリスマスプレゼント

初体験。


司会:世の女の子たちは、こういう変出者には気をつけたいね。
投稿者:名無し 2018-12-18 01:12:15
今年の秋の世にもは、ちょっと早く「クリスマスの怪物」ってお話をやったけど、マチコは怪物じゃなくてクリスマスのキラキラのイルミネーションやクリスマスのデコレーションショートケーキがお似合いの超美少女だし、今年の世にもの「クリスマスの怪物」ってお話では無理矢理赤鼻のトナカイにさせられて夜道で赤鼻のトナカイのお歌を歌わされた合唱部の女が怪物になって、それから毎年クリスマスイブの夜に主人公のそばに現れて赤鼻のトナカイのお歌を歌うようになったってお話だったけど、世にもの他の物語にもコメントを投稿したことあるけど特に「私の赤ちゃん」と「猫が恩返し」のコメント投稿者の21才のおばさんもトナカイってゆーよりサンタさんの格好の方がお似合いでしょうね。
21才のおばさんが白いワタか毛糸のボンボンやモコモコが付いた赤いサンタクロースのコートを着たりお帽子をかぶったらサンタさんに変装した赤ちゃんみたいできっとすごく可愛いわ❗
ウフフ。
21才のおばさんは赤ちゃんとか天使とか白猫か白や黄色の小鳥とか白アザラシ、つまり赤ちゃんアザラシとか、菊科の白や黄色の素朴なお花とか白梅のお花と実とか、タンポポの綿毛みたいだけど、マチコは立体的な小顔だから動物にたとえると綺麗な小鳥の他は、カッコいいお顔とスタイルのワンちゃんや、赤くないお鼻の美形のトナカイみたいでもあるけど。
投稿者:美少女マチコ 2018-12-17 20:43:18
クリスマスの未来
投稿者:名無し 2018-12-11 21:36:57
クリスマスが大好き❤️
投稿者:名無し 2018-12-11 21:35:16
クリスマスソング
投稿者:名無し 2018-12-10 07:25:56
あわてんぼうのサンタクロース
投稿者:名無し 2018-11-24 21:42:47
グラッティス!
投稿者:名無し 2018-11-22 14:11:13
クリスマス
投稿者:名無し 2018-11-21 15:49:39
この手の話はタイムパラドックスを言い出すとキリがないですが
未来に希望が持てる世にもの中でも感動系の良作だと思います
最後の伏線回収もタイトルも素敵でした
萩原さんはこういう役似合いますね
投稿者:名無し 2017-06-04 17:49:32
事故死の回避も出来ないわけじゃないけど……あれか、タイムパラドックスが起こる可能性もあるのか。でもそうなるとそれまでの事も……あーややこしい
投稿者:名無し 2017-05-17 10:51:00
パンツみえてねーし!
投稿者:名無し 2016-10-30 23:09:38
孫が生まれてからは常に事故死との恐怖に怯えながら暮らすことになりますね(笑)

でも、いい話でした。
投稿者:名無し 2016-07-27 17:42:04
感動できる話ではありますが,主人公が孫からの電話を本物だと理解するまでの展開がちょっと長すぎて,感動シーンが駆け足になってしまっている感がどうしても…まあ,26歳の男が「未来から」を名乗る電話で「おじいちゃん」と呼ばれたら…すぐに信じないのは自然といえば自然ではあるのですが…。
投稿者:名無し 2016-01-10 21:37:50
それから数日後 こどもが生まれた。
投稿者:名無し 2015-10-31 23:36:40
ずっと探してた。
タイトル思い出せて良かった、ありがとう。
投稿者:名無し 2015-02-13 16:52:07
タキタ・コハク役は長尾陽春さんです。
投稿者:名無し 2014-09-18 14:37:03
孫の声だけではなく姿も見たかった。
投稿者:桜貝 2014-04-28 11:59:03
これしきで感動するほど感情の大安売りはしてないが、「ちょっといい話」として秀逸だな。
投稿者:ぶひ 2013-06-11 02:48:53
Wiki引用



キャスト [編集]



多喜田利彦(萩原聖人) - 漫画家を志すデパートの警備員

片桐由美子(木村佳乃) - デパートの受付案内係

警備員・山本(江良潤)

編集者・橘(大鷹明良)

デパート店員(河野大輔)

デパートガール(吉田容子)

消防士(佐野和敏)

田端マモル(佐藤裕一) - 利彦の高校の同級生

タキタ・コハク(長尾陽春) - 利彦の孫


投稿者:ミルキー 2013-02-09 21:45:49
たった今、この作品によく似た夢を見ました、この作品では孫娘の姿は登場しませんが、夢では登場して、自分を未来に連れて行ってくれました、そこで老人の自分を見ました、未来の我が家も、孫娘は可愛かったです、そして最後のほうは、自分の娘、つまり孫娘の母親が孫娘を連れ戻しに来て、「いや!私はおじいちゃんといる」って自分の首に後ろからしがみつかれたところで目が覚めました、この作品によく似てますよね、起きたとき、やっぱり年寄りにとって孫というものは本当にかわいいもんなんだな〜と実感しました、今でも自分は、祖母とは仲がいいし祖母のことが大好きで祖母も自分をかわいがってくれています、死んだ祖父との仲は最悪でしたが、ところで、この「2040年のメリークリスマス」に出てくる琥珀ちゃん役の方が誰なのかご存知の方がいらしたらお教えしてくれないでしょうか、ぜひ宜しくお願い致します
投稿者:スーチャイ 2013-02-08 16:20:29
いちいちこういう感動系な話にツッコミ入れる奴は感動する心、失ってない?



物語は一度見ただけじゃわからない。何度か見て良さがわかるもの^^



ツッコミ入れる前に物語をもう一度見て見ましょう?
投稿者:ドラえもんの手は丸い 2012-06-19 11:56:17
30年後に会えるのって、主人公の男だけじゃね?孫にとって30年後に会えるんじゃないし。
投稿者:q 2012-05-28 20:28:04
まぁまぁだったかなー
投稿者:福袋 2012-04-25 11:30:15
感動系だが、何度も見たくなる話じゃないな。多分、他の作品で良いのが多いからだろう。孫、もっと良いやりとりしようよ。
投稿者:星流ウル 2012-01-16 18:49:26
感動モノでしたね。

ただ、会ったばっかりで話したこともない二人が、落とし物がきっかけで結ばれるとは・・・やっぱドラマだなあ。
投稿者:BUZZ 2011-12-01 14:08:27
駄作って,僕はこれまで4百何十話の中で最も好きな話なのに・・・

 事故死した将来を聞いてしまい寂しくなるが,でも今を一生懸命生きる事の大切さを実感した,感動でした.また涙・・・
投稿者:神岸協会 2010-09-13 17:44:47
萩原聖人はよにきみょにたくさん出てるけど、よにきみょに似合う俳優だと思う。この人の話で一番好きな作品は「親切成金」ですよ
投稿者:な、なんじゃと?レーダーに映らない特殊金属がほしいじゃと? 2010-04-09 17:31:30
動画見てきました。

ずいぶん原作をアレンジしてクリスマス物の感動作に仕上げている所に拍手。生まれた時から祖父のいない私としては、琥珀ちゃんに感情移入してちょっと泣きました。

以下、詳細版あらすじ↓



主人公は漫画家を志していたが、出した原稿は出版社に酷評され、諦め半分でデパートの警備員の仕事で食いつなぐ日々だった。

ある夜、夜の見回り中に通り過ぎた公衆電話が鳴った。受話器を取ると「おじいちゃん?」と問いかける様な女の子の声。人違いだと言って切る主人公。



主人公には気になっている女性がいた。しかし、華やかな彼女は同じデパートの接客員。自分は無理と諦めていた。

その日、警備員の詰め所の電話が鳴った。主人公が出るとまた「おじいちゃん?」と先日と同じ声が。またも人違いだと言って切るが、その後自宅の電話にも彼女はかけてきた。先日万引きで補導した女子高生だと思い、「学校に報告するぞ」と脅してみるが、「だったら報告してみなよ」と言い返される。



彼女は琥珀と名乗り、2040年から過去のおじいちゃん=主人公へ電話をかけていると話した。

主人公が試しに名字を聞くと、同じ名字。主人公は母方の祖父で、母親は1998年(現在から2年後)に誕生したと言う。

「琥珀は、おばあちゃんが大切にしているブローチの宝石で、おじいちゃんとはクリスマスツリーの下で運命的な出会いをしたんだって」

と話すが、主人公は一向に信じようとしない。主人公は今女子高生の間で流行っている遊びだと思い込み、止める様にと言って切った。

その直後、今度は主人公の同窓生から電話があった。同窓会に出席するかどうかの返事を主人公だけ出していなかったからだ。見栄を張り、今は漫画を描いていて、締め切りが迫っているからと嘘をついて断る主人公。ゴミ箱に捨てた描きかけの原稿を見つめる。



12月22日、詰め所にいた主人公は、琥珀からの電話で「急いで、4階の女子トイレが火事よ」と教えられる。冗談半分で行ってみると、確かにトイレが燃えていた。すぐに消火器で火を消し、駆けつけてきた消防士に「あと5分遅かったら・・・」と感謝された。

帰宅後、電話をかけてきた琥珀に礼を言う主人公。「おじいちゃんから聞いたの。1996年12月22日に火事があったって」と琥珀は言ったが、主人公は「まさか君がやったんじゃ・・・」と疑いを捨てきれないでいた。傷ついた琥珀は電話を切ってしまう。

その後、再び自宅に電話をしてきた琥珀は「今描きかけの原稿を今晩中に仕上げて」と言ってきた。渋る主人公に「夢をあきらめないで、私を信じて」と続けたが、「お前に何がわかるんだ!」と激高した主人公はそのまま電話を切ろうとする。が、琥珀も母親にバレかけたらしく、彼女の方から電話は切れた。

彼女の指摘通り夢を諦めきれていない主人公は、捨てた原稿に再びペンを入れて描き上げた。すると、描き上げた直後に電話が。かつて原稿を突き返された出版社からで、「連載に一つ穴が開いたんで、先日の原稿の後半部分を手直しすれば使えるんじゃないかと」との事。出来たての原稿を持っていくと、あっさりと採用された。



12月24日、主人公の居る詰め所に琥珀から電話が。

未来の自分から話を聞いていて、その通りに事が行く様助言をしてくれた琥珀に礼を言った主人公は、ようやく琥珀の事を名前で呼び、彼女は嬉しそうだった。

しかし、主人公が2040年の70歳になった自分の事を尋ねた瞬間、彼女の声が曇る。

2040年より前に主人公は事故死していたのだった。

「大好きなおじいちゃんにもう一度会いたかった」

だから琥珀は違法とは知りつつ過去の主人公に電話をかけてきたのだ。しかし、過去への違法通話がばれ、電話はこれが最後だと言う。

「さよならじゃない。また30年後に会えるよ」と主人公は彼女を慰め、琥珀はそれを受け入れて電話を切った。



そこに仲間の警備員が入ってきた。様子が変な主人公を見咎めるが、主人公はそのまま見回りに出かけた。

すると、1階で何やら探している女性がいた。顔を見ると主人公の憧れの接客員だった。

「大切なものを落としてしまったんです。昼間も探したけど、諦めきれなくて」

一緒に探し始め、詰め所にいる仲間に「探し物があるそうなので明りを点けて下さい」と頼む主人公だったが、明りが点く前に落し物が見つかった。それは琥珀の埋め込まれたブローチ。もしかして・・・と思った主人公の目前で、1階の明り=クリスマスツリーが点灯した。何もかも琥珀の言う通りだった。

互いに「メリークリスマス」と微笑み合う二人・・・



おまけ:公衆電話も番号を知っていれば掛けられます。普通はやらないけど。
投稿者:Feather moon 2009-08-10 16:05:36
微妙。感動よりも孫の電話がとてもウザい記憶しか残ってない...。
投稿者: 2009-08-08 22:45:38
久々に感動した。確かにいつもの世にもシリーズのテイストとは異なる面が多かったように思うが...これを観て少なくとも未来に向けて頑張る事の大切さを思い出した気がする。
まだ若い時に孫と話すなんて本当に不思議な気分だろうと思う、想像だに出来ないけど...私は単純に良かった。
観る方々の感性で評価が割れるのは当然ですよね。
名作なんて言われてる映画など周りがそう評価するせいで自分はそう感じてなくてもそう思わなければならないような感じにかられている場合が少なくないし。傑作も駄作も観た本人の主観の中にしかないように思う。
こんな意見一つも私の主観に過ぎないので「正しい」とは主張しません。間違ってるとも言いませんけど(x_x;)
投稿者:白 2009-07-22 01:36:03
自分が好きな感動系3部作の一つ。



酷評も多いけど、短編作としては割とまとまってると思うし、実写を生かしたラストのシーンは「世にも」屈指という感想。
投稿者:qwerty 2009-06-26 00:32:07
なかなかいいドラマでした。
投稿者:かずみ 2009-04-23 08:28:02
突っ込みどころが多すぎ。話が単調。



同時代に放送された「壁の小説」の方が良作。
投稿者:k 2009-04-06 15:36:12
シンプルだがいい話じゃないか。

世にも奇妙な物語は未だにこういう話をつくれるのがいいところだ。

他でやったら王道すぎてつまんないぜ。
投稿者:ok 2009-04-03 16:23:43
プロローグ 「運命とは、あらかじめ定められているものなのでしょうか。それとも、自ら切り開いていくものなのでしょうか。ここに一人の青年がいます。彼もまた、今まさにその答えを出さなければいけない場合に遭遇することになります。」
投稿者:翔 2009-03-18 14:43:44
この作品、すごく感動しました!

最後の方、若干展開は読めましたが、泣けました。

おじいちゃんとコハク、また出会えて語り合えたらいいですね。

駄作だという声も多いですが、私は傑作だと思います!
投稿者:陽輝 2009-03-15 17:47:46
ストーリー構成・展開は悪くは無いが、世にもには似合わない作品ですね。

見ていてハラハラドキドキしないし、オチも弱い。


投稿者:るるぷ 2009-01-30 08:15:25
んー、いまいち。木村佳乃パンツ見えてるし。
投稿者:原島哲生 2009-01-27 16:42:09
とてもよい作品だと思います。主人公演じた俳優さんは見事な名演技だったし。ただこのドラマに不自然な点はいくつかありましたが。例えば何年の何月何日にどこで火災が起きたなどそこまで詳しく孫に教えないでしょι...まぁドラマですからね。
投稿者:まあめ 2008-12-27 15:43:12
そうでしたっ

のび太の孫でした!!
投稿者:れお 2008-12-11 12:36:13
そうでしたっ

のび太の孫でした!!
投稿者:れお 2008-12-11 12:36:12
そうでしたっ

のび太の孫でした!!
投稿者:れお 2008-12-11 12:36:11
たぶん・・・え?ちがう?
投稿者:息づまれ食欲 2008-11-27 15:36:56
セワシ君って,のび太の孫だったけ?
投稿者:れお 2008-11-12 12:32:42
なんかドラえもんのセワシ君をおもい出したの僕だけ?
投稿者:息づまれ食欲 2008-11-11 19:11:36
↓確かにww
投稿者:れお 2008-11-10 12:36:16
あのマンガ、あんましおもしろくなさそうだな〜。
投稿者:ミユ 2008-11-06 17:06:18
いや、なる場合もあるよ。

…知らなかったの?


投稿者:れお 2008-10-15 10:03:05
公衆電話って普通鳴らねーよなあ!!
投稿者:のび太 2008-06-07 17:52:25
何故世にもの中で一番感動出来る傑作が

こんなに酷評なのか?

凄く感動できる傑作。
投稿者:世にもファン 2008-06-02 17:31:08
昔の少女漫画みたいだった。

いまいち。
投稿者:ゆい 2007-10-22 15:41:40
名作だと思います、話もリアル。評判悪いのは何ででしょう。
投稿者:ザンバラ 2007-10-02 11:21:34
ぱっとしない駄作。以上
投稿者:poifull 2007-08-18 18:30:33
これは本当に駄作だった。

ラスト意外は、本当にどうしようもない出来だったと思う。



第一孫がバカ過ぎるし、序盤中盤の内容が荒削り過ぎ。

最近の作品のほうが大分マシなんじゃないかな。
投稿者:名無し 2007-07-27 11:16:15
これはそれなりに感動したし面白かった。
投稿者:pinky 2007-05-08 23:15:01
あらすじを教えて!!

投稿者:まやこ 2007-04-14 14:59:07
面白いと思わない。
投稿者:ボーイ 2007-04-08 10:46:16
普通に心地よくさせてくれると思います。
投稿者:purple 2007-02-10 08:09:26
なんかこの話みて俺もがんばろうって思った
投稿者:小池 2007-01-22 01:57:36
世にも奇妙な物語ではない.
読むのはそこまで苦ではないC級漫画
みたい.
投稿者:ws 2007-01-20 20:34:34
創作する人の気持ちを表した台詞に個人的に感動。
さすが脚本の作家さんは上手いね。
だから作家や漫画家が主人公って多いのかな。
話は平凡でした。
何故、自分が事故で死ぬ時の詳細を孫に聞かないんだろう
幾つの時に何の事故で…とか絶対知りたいのに。
孫は答えなくてもいいけど、
最後、孫と分かってから未来を色々聞きたがらないのが不自然。
投稿者:りりか 2006-12-17 03:43:52
何かただ普通の感動系だったのが残念。
でも二人のやりとり、次第に信じてゆく主人公のやりとりが面白かった。
投稿者:INA 2006-11-21 20:50:40
あらすじ検索

キーワードを入力し、「検索する」をクリックしてください。複数のキーワードがある場合は、半角スペースで区切ってください。

クレジットカード比較の専門家
脱毛人気口コミランキング
青汁通販
車買取
車査定相場表
レーシック口コミ
FXとは
白髪染めランキング
フレッツ
楽天カード