第292話 壁の小説

主人公の女刑事(大塚寧々)は連続殺人犯を追っていた。
女刑事はその事件の手がかりから、
ある精神病院施設に隔離されている「ある男」に辿り付くことが出来た。

「問題の男」は、先日まである精神病院施設に隔離されていたらしい。
その施設に調査にやって来た女刑事。
院長(升毅)は女刑事を、男が居た部屋まで案内する。
その部屋の壁には細かい字でぎっしりと文章が書き込まれていた。

女刑事は小説を読んだ。
問題の男は、
「書いた事が全て現実になってしまう」という能力を持つという事が分かる。
その小説を裏付けるかのように、
「女刑事はふと後ろを振り返ると、扉には鍵がかけられていた」
という文章。
女刑事が咄嗟に振り返ると、先程まで開いていた扉が閉ざされ、
鍵がかけられていたのだ。
女刑事は小説の続きの方が気になり、さらに読み進めた。
小説で書いたことが現実になる、そう気付いたのは彼が子供の頃で、
自分の憧れの女の子についての物語を文章に描くと、
本当にその女の子が近所にやって来た。
彼はその女の子に恋をしたが、
その恋は実らぬまま彼女はアメリカに引っ越して行ってしまったのだと言う。

しばらく読み進め、女刑事はあの院長こそが、
この部屋に隔離されていた事に気付いた。

女刑事は持っていたピストルで鍵を壊した。
部屋を出ると、同僚の刑事が怪我している姿が目に飛び込んだ。
院長にやられたのかと訊く女刑事。
同僚は「俺は大丈夫だから早く行け!」と叫んだ。

女刑事はまっすぐ院長室に向かった。
院長は不敵な笑みを浮かべて待ち構えていた。
「後ろに気をつけろ」
院長は目にもとまらぬ速さでワープロを叩いた。
女刑事が後ろを振り返ると、ゾンビのような大男が立っていた。
咄嗟に女刑事はピストルを大男に向け、
二発、三発・・と撃ち続けるが全く効果が無い。
院長は愉快に笑いながらワープロをなおも打ち続ける。
女刑事はハッと気付き、院長の方に銃口を向けた。

バン!

院長の体に弾丸が撃ち込まれるのと同時に、大男は消え去った。
「よく気付いたな・・私を殺せば、消えるという事に」
女刑事は、院長に駆け寄った。
「今、救急車を・・」
女刑事は携帯電話で救急車を呼んだ。
院長はワープロをカタカタと叩いてから床に突っ伏した。
子供の頃近所に住んでいた女の子は、引っ越した先で立派に成長し、
そして刑事になった、
そして私が犯す殺人を刑事になったその子がつきとめる・・
そういう物語を私は描いたんだと院長は話した。
「その子は・・君なんだ」
院長は絶命した。
女刑事はしばらく呆然としていたが、思わずハッとする。
確かに私は子供の頃アメリカに引越し、そして刑事になった・・。

(よく気付いたな、私を殺せば、消えるという事に・・)
院長の言葉が女刑事の頭をよぎった。
「想い出が・・無い・・・いやぁぁぁぁぁぁぁ!!!!」
フッと、女刑事の姿が消えた。

少し遅れて救急車がやって来た。
救急隊員達が、怪我をしている刑事に声をかける。
「先程女性の刑事さんから通報があったんですが」
「・・女性の? うちには女の刑事は居ませんが?」

キャスト: 大塚寧々/升毅
放送日: 1996年 秋の特別編
 

コメント投稿

名前:

コメント:

コメント一覧 (62件)

これだけの作品は そんなには 簡単

には つくれないように 感じました
投稿者:名無し 2017-04-05 15:50:39
凄い作品でございました

YouTubeで 見られて

幸運で ございました


ありがとうございました

投稿者:名無し 2017-04-04 14:11:30
これだけ、めっちゃ覚えてる。
見たい。連絡求む。20161105
投稿者:私 2016-10-03 22:02:26
浅野温子のあのドラマを思い出した。何のドラマか言わんでもわかるよね?
投稿者:21年 2016-09-01 05:42:22
たしか「書いたことが・・全部・・本当になるんだぁ!!」とかいうやつだよね。また見たい・・・再放送求む
投稿者:名無し 2016-07-15 19:49:00
演技も雰囲気もすごく良かった。
内容も良作と言える構成だと思う!
投稿者:名無し 2016-06-02 10:42:41
大塚寧々さんはこのドラマの翌年に、実写版『サイコメトラーEIJI』の志摩亮子役をやるけど、やっぱりこの作品でのFBI上がりの刑事役がハマってたから抜擢されたのだろうか。
投稿者:名無し 2016-05-21 15:23:48
当時ビデオ録画→DVDへ移行したのを見たら、画面がちょこちょこフリーズして満足に見れんかった。雰囲気が沙粧妙子みたいだったなぁ。

投稿者:名無し 2016-04-16 08:00:25
升毅はミステリアスな役が似合う。
投稿者:1995夏 2016-04-14 20:00:44
主人公がそもそも院長の小説から出てきた架空の人物だった…という設定がよかったですね。最初の「FBIあがり」とかやけに繰り返すのが伏線になっていたんですね…。
投稿者:名無し 2016-04-02 22:23:09
砂粧妙子を思い出した。
投稿者:浅野 2015-12-01 06:49:34
昔見てて強く印象に残ってた話だ。
マウスオブマッドネスを糞マイナーとか言いやがるアホがいるのは残念
投稿者:ヤモリ 2015-11-27 19:23:15
長江英和さん、殺人鬼役・・・って、かわいそうな感じがした。
投稿者:名無し 2015-11-20 01:10:22
これどっかで見れへんの?
誰か教えてくれー
それかUPしてくれーーー
投稿者:名無し 2015-08-17 22:39:36
マウス・オブ・マッドネス?
知らんわ、そんな糞マイナーな映画w
投稿者:名無し 2015-07-03 21:15:33
元ネタのサム・ニールそっくりな升毅を起用してる辺り、ホラーファンには爆笑もののオマージュなんだがなw
まあパクリといえば丸パクリだからそこに反論はしない
投稿者:神 2015-04-09 05:07:26
パクリパクリ言うのは好きじゃないが
マウス・オブ・マッドネスの影響受けまくりだね
病室のビジュアルとか特に
投稿者:名無し 2014-05-23 14:44:08
壁の小説のBGM 前から探してたら ついに見つけました

Shinjuku Thief - Waltz of the Midwives / The Witch Hammer  http://www.youtube.com/watch?v=7n7qDyMRn3c

フルで聴けます
投稿者:だんだん 2014-05-20 12:45:45
Youtubeにアップされてますよー!
投稿者:名無し 2014-04-23 16:11:30
どなたかこの動画上げてください!(>_<)
投稿者:あー 2012-12-09 19:00:45
音楽が見事にハマった秀作と思います。「腐ったトマトは好きか?」のタイミングも良いです。女性の遺体がちょっと動いちゃったのはご愛嬌ですね。それにしてもあれだけの量の文字を壁にビッシリ書いたスタッフさん、結構大変だったでしょうね。
投稿者:昔の世奇ファン 2010-09-11 02:40:43
BGMが秀逸な作品だったと思います。ぜひもう一度見たかったのですが、you tubeでもニコ動でも削除されてしまっているのが残念です。1996年秋の特別編は面白い作品が多いので、DVD化して欲しいですね!

投稿者:unknown name 2010-07-05 04:52:45
消えた消えた消えた消えた消えた消えた消えた消えた

削除削除削除削除削除消去消去消去
投稿者:ミユ 2010-03-25 18:14:01
消えちゃったぁ。(笑)
投稿者:ミユ 2010-03-25 18:11:00
映画「マウス・オブ・マッドネス」のパクリですね。

良作だとは思うけど元がパクリじゃね・・・。
投稿者:mo 2010-01-06 04:32:14
漫画で見たときあります。
投稿者:T 2009-08-11 17:07:55
これと、いかりやさんの「穴」とで僕の中の1,2位を争ってます。



甲乙付けがたいとは、まさにこのことですね。
投稿者:よっしー 2009-05-15 15:59:00
傑作の部類に入ると思う

哲学的でおもしろかった。
投稿者:ストレンジャー 2009-05-01 04:41:28
やばい、久々にyoutubeに出されてた。



19歳なのに小学校一年の時に見たときと同じ感情になってる。。。



やばい心臓バクバクしてる^^; トラウマって治りにくいものなんだなあと実感しました。 今見てもめちゃくちゃ怖い 19歳なのに^^;;;
投稿者:ダンダン 2009-04-28 22:04:07
エピローグ 壁に小説が書かれた部屋で、タモリが何かを書いている                           「奇妙な世界の壁につづられた、人生の数々。このたくさんの文字の中に、もしも書かれていたとするならば、誰かの想像の産物に過ぎないのかもしれません。あなたの人生も。」そしてタモリもふっと消える・・・
投稿者:翔 2009-04-07 09:21:56
こういうの好きだ。
投稿者:k 2009-04-06 15:37:46
同じ創造物である殺人鬼と女刑事が同時に消えなかった理由がわからん。
投稿者:仮 2008-09-24 18:40:10
凝りすぎて駄作!雰囲気も狙いすぎ。


投稿者:ロベルト 2008-05-12 21:49:21
2040年のメリークリスマスとこの壁の小説にはガツンとやられました。

壁の小説DVDになんないかな〜
投稿者:70meets 2008-03-31 13:52:21
2040年のメリークリスマスとこの壁の小説にはガツンとやられました。

壁の小説DVDになんないかな〜
投稿者:70meets 2008-03-31 13:52:15
まあ面白かったですネ♪
投稿者:夕刊 2007-11-26 09:53:41
駄作。

事前に壁に書かれていたことが現実と一致するという現象を

どうまとめるのかと期待していたら、「そういう超能力を持っていたから」

夢オチなみに酷いシナリオ。
投稿者:hoge 2007-11-26 00:55:39
なんで、あの隣の男は「腐ったトマトは好きか」っていってるんだろう?そこら辺僕疑問。みなさんはなぜだと思います?
投稿者:ダンダン 2007-10-03 19:06:39
壁の文字だけでストーリーが進めば絶対面白かった。
投稿者:ザンバラ 2007-09-28 20:42:42
最初から最後まで惹きつけられました。
投稿者:みる 2007-08-19 12:53:02
この音楽を担当してた方は誰なんでしょうか・・・

気になる!
投稿者:うめ 2007-07-04 06:27:04
これは面白い!!
最初からさ以最後まで惹きこまれた。

投稿者:pinky 2007-05-09 00:20:24
音楽がいいね!ぞくってくる。
そして片足をひきずりながら女のあとを
追う大男の体型がいい感じに気持ち悪い。
「腐ったトマトは好きか?」ってセリフが
すごくいい!何度マネしたことか・・・
投稿者:まんじろう 2007-05-07 14:46:45
これはかなりの名作ですね
投稿者:ラグ 2007-05-06 19:04:26
これはかなりの名作ですね
投稿者:ラグ 2007-05-06 19:03:55
大塚寧々の悲鳴と加藤あいの悲鳴は下手さでは双璧やね。
投稿者:30代デビュー 2007-05-05 18:15:27
この話一番好き!
投稿者:あつかん 2007-05-03 14:00:25
>ABC

つStage6
投稿者: 2007-03-29 04:19:34
大塚ネネの演技よりも、ますたけしの演技のほうがひどかった。ストーリーはGOOです。
投稿者:野田然 2007-03-17 12:55:39
この前you tubeで見ました。
おもしろかったです。特に壁一面に文字が書き連なっているシーンは印象をつけるのが演出的に面白かったです。
もともとはコミック版で見たので少し違いますけど見比べてみるのもいいと思います。では・・・。
投稿者:不思議な番組 2007-03-11 22:22:15
you tubeでみましたが
(昔微かに見た記憶があってやっと見れた)

最後のロゴが出てくる前に切れてて
ちょっとがっかりでした
ラストシーン(ロゴが出てくるシーン)は
どんな感じなんですか?
投稿者:ABC 2007-02-27 11:51:07
じっくり観てしまいました。升毅がいい味。
投稿者:purple 2007-02-11 18:06:41
これって 映画in the mouth of madness のパクリですか?それともたまたま世にもの脚本家がラヴクラフトが好きだったとか(w?
投稿者:ぴのこ 2007-01-31 22:29:01
ダンダン様
わかりました(^^)お騒がせしましたm(_ _)m
投稿者:ゆみ 2006-12-28 14:31:23
もう1度見たくて必死でビデオを探していたら、ここを見つけました。
ダンダン様、「壁の小説」と打ち込んでも検索されないのですが、ローマ字で打ち込むのでしょうか?おしえてくださいm(_ _)m
投稿者:ゆみ 2006-12-28 14:24:46
これもよく覚えています。
壁にびっしり書かれた文字が印象的でした。
内容もとても面白かったです。
投稿者:るう 2006-12-16 02:59:36
最後良かったじゃんw
投稿者:↑ 2006-12-05 01:15:19
音楽が良い
最後が良かったらなぁ・・・
投稿者:コズエパーティー 2006-11-03 22:00:44
壁にびっしり殴り書きされた文字が奇妙で
怖さをましていた気がする.
升毅はやはり沙粧妙子以来犯罪者が似合いすぎる.
投稿者:ws 2006-10-31 19:59:01
最初のほうに遺体の口の中に、君の人生は本物か?とか書いてあるメモがあったような今思えば演技はいまいちだったかも知れないけど覚えてました。
投稿者:1 2006-10-30 22:20:52
大塚寧々の演技がもう少し上手だったら・・・。
投稿者:koba 2006-10-21 16:41:00
音楽が印象に残ってます
ひきこまれる展開もGOOD
投稿者:いるか 2006-10-06 04:29:29
あらすじ検索

キーワードを入力し、「検索する」をクリックしてください。複数のキーワードがある場合は、半角スペースで区切ってください。

クレジットカード比較の専門家
脱毛人気口コミランキング
青汁通販
車買取
車査定相場表
レーシック口コミ
FXとは
白髪染めランキング
フレッツ
楽天カード