第28話 生き蟹

夕食のために生きた蟹を購入する二人の主婦。

ゆかり(岡田奈々)の家庭では、「生きているのにかわいそうだ」と息子が泣きながら抗議する。
ゆかりはその言い分をもっともだと思い、次の日、海に返しに行こうと約束して食べるのをやめる。

ゆかりと共に蟹を買ったもう一方の家では、美味しく蟹を調理して食べていた。

その夜、蟹を食べた夫婦の元に泥棒が入り、二人は犯人に蟹のハサミで刺し殺される。

一方、ゆかりの家ではボヤが起こるが、蟹達が吹き出した大量の泡によって消火され、大事には至らなかった。

海。砂浜に放たれる蟹達。
見送るゆかり一家。

キャスト: 岡田奈々/斉木しげる
放送日: 1990.8.30
原作・脚本: 関澄一輝
 

コメント投稿

名前:

コメント:

コメント一覧 (102件)

本物が改心したとしたらまったくもって皮肉なもんだな・・・
投稿者:名無し 2019-04-08 14:26:34
https://www.youtube.com/watch?v=es_V3hKCRD8

世にもに関係ない「美少女マチコ」のコメントはすべてニセモノマチコの仕業です❗どんどん攻撃してください❗その証拠に、ホンモノのマチコは世にもが好きだから、誤解されないように今後動画紹介以外しないわ❗ニセモノに変わって、ホンモノが謝りますm(_ _)m
投稿者:ホンモノの美少女マチコ 2019-04-08 02:26:18
チコは高校生の時、元カレとラブホテルに行って、元カレの精液をたっぷり体中にかけられたわ❗
投稿者:美少女マチコ 2019-04-08 01:45:06
令和になっても、みんなのアイドルマチコはコメントし続けるわ❗みんなの要望に応えるだけね❗
投稿者:美少女マチコ 2019-04-08 01:44:01
さあ皆、マチコを罵って❗
投稿者:美少女マチコ 2019-04-08 01:42:57
そういう男に限って、チップ全然出さないんだよね❗立場わきまえてほしいわ❗
投稿者:美少女マチコ 2019-04-08 01:41:55
吉原で風俗してて一番つらかったのは、バーコード頭の客を相手にしたことだわ❗バーコードリーダーにかざして、そのゲスな男の価値をレジで見てみたいわ❗
投稿者:美少女マチコ 2019-04-08 01:40:54
新永久法加法のススメ❗

⑫小山登志夫の気持ちがよくわかるという人の話

被害者は32歳男性。両親と自分と弟(29)の4人家族。(生まれてれば18歳の妹がいたはず)
被害者が12歳の時に、両親に「妹が欲しい」と頼んだのに断られ、現在に至る。
被害者の今の職業は、フリーター。実は23歳の時に1回正社員になって一人暮らしをしていた。しかし、弟は一人暮らしができないうえに、部屋でタバコを吸ったり、ゴミ箱にSHASEIしたりと、長男に幾多の迷惑をかけたという。究極は、水商売の女を「俺の友達」というバカさ❗

当時は塾経営していたものの、パワハラと妹がいないことによる、性欲の暴走を危惧して退職してしまった。精神科医に、「あと1日退職が遅れたら、女子生徒を襲い、手錠かけられてた」とまで言われたそう❗

結局、実家に帰って実家近くの塾講師になったものの、正社員は自分から断念したという。
理由は、弟が生活苦になれば自分のところに扶養が回るおそれがあり、それをおそれて豊かな富を得ない、アルバイトでいるということ。

ちなみに、そこの弟は依然問題になったカルロス・ゴーン逮捕のNI●SANで働いている。被害者は、妹がいないのに車の免許を持ってても、悲しくなるだけだからと、免許を返納したという。
今は弟が実家を出て一人暮らしをし、被害者は実家で暮らすことで、一人暮らし時に損害を受けたことを避けている❗

自動車免許返納は、妹がいないこと、弟しかいないことへの報復行為❗

クリニックは、この男性にこう言ったそうよ❗
「今のあなたには、恋人や結婚相手、正社員の道は捨てるべきだ。生まれてこれなかった妹を思えば、妹をもうけることを優先的にすべきことは、わかるね。あなたが性犯罪を犯して女の子を泣かせないためにも、必ず妹をもうけなさい、人間の妹が来るまでは初音ミクのぬいぐるみを妹とみて生きなさい❗あと弟と会わないといけないなら、必ず弁護士を通しなさい❗」

小山登志夫みたいな弟だから、人生真っ暗に感じる❗クリニックの結論は、どう考えても、両親が悪いだった❗
投稿者:美少女マチコ 2019-04-08 01:39:43
↓結局は、『兄弟構成に最初から姉妹がいない環境を作った』上に、『親の教育がしっかりしていなかった』ことが原因だから、最大要因は『親』ということで、小山登志夫を100%は責められないわね❗
 だから、仮に男子校なんかに入れれば、街にいる女性を通り魔のように襲うでしょう❗だから、

『性犯罪を誘発する兄弟構成や教育方針には、連帯して親も責任を取る』という文面が、性犯罪を防止する法案にいるんじゃない❓

 では、問題は両親がくたばり、男2人兄弟の次男にさせられた『小山登志夫』をどう性犯罪回避させるか❗それが問題なのだー❗
投稿者:美少女マチコ 2019-04-08 01:37:58
小山登志夫は公立中学で現に義務教育中の年齢でも中3で無理矢理女の子に妊娠させちゃったから、小山登志夫のよーな輩は共学には行かせないで一貫して男子校に入れるべきなのよ❗
投稿者:美少女マチコ 2019-04-08 01:36:06
小山登志夫のお兄さんは姉妹がいないから好きな女性がいても女性とどう接せばいいのかわからなくて女性と接する自信がなくて、女性に接することに積極的になれず、性行為に関して内向的になったけど、小山登志夫の場合は姉妹がいなくて常に女に飢えたオオカミだし、理性がない獣と同じだから気に入った女性を見次第性犯罪しちゃうのよ❗
投稿者:美少女マチコ 2019-04-08 01:34:47
新永久法加法のススメ❗

⑪性犯罪を防ぐ『防衛談義、RNR』

 国の防衛において、『交戦規定』が議論されることがある。あくまで戦争のための武器使用ではなく、他からの攻撃を防ぐための武器使用に限られる❗
 ここでは、その話は省略❗『少女』と『ゆがんだ兄弟構成』に泣くそれぞれの人たちが、性犯罪の加害者・被害者にならないようにするために取り決められているのが、『防衛談義(女子力復活規定)』、別名を『RNR、The Rule Of Nyamma Revival』と呼んでいる❗防衛談義を提唱した西明石にゃんま氏からとっている❗

 『少女たち』は、どうすれば性犯罪から回避できるか❓
もちろん、見知らぬ男についていかないのは当たり前だが、『電子媒体経由の男に、いかなる理由でも体を捧げないこと』をあげている❗
 つまり、『SNS』や『メール』だけの関係で、金銭を理由に体を壊す円光をしないようにすることが重要である❗お金がない、経済的に苦しいことを理由にして体を売ることは、いかなる理由でもするべきではないし、ついて行った相手次第では処女はおろか命まで奪われるリスクもある❗まずは『性』を奪われない仕事を探し、どうしてもお金が足りず『水商売』にせざるを得ない場合には、『風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(風営法)』を承認しているか確認して働けばよい❗
 「女子高生はみな友達」でおなじみの「神岸あかり幹事長」は、「女子高生の性犯罪防止は、日本の性犯罪対策でもっとも頑丈な防衛がなされければならない」と言っている❗ロリコンの注意点はあるが、小中学生の少女は行動範囲がさほど広くないこと、女子大生以上になれば結婚する人も出てくることなどから、性をもてあそぶ男に狙われやすい『女子高生』は、最も『性犯罪』から守られる環境が必要である❗
 日本で今後、民法改正等が起これば話は別だが、女性の結婚16歳以上はなかなか頭が痛い❗小山登志夫はそれを利用して美少女マチコと付き合っていた❗高校に行くことになり、これまで以上に行動の幅が広がり、今まで以上に見知らぬ男がいる世界に行くので、より注意が必要である❗

 では、『ゆがんだ兄弟』に泣かされている男子は、どうすれば性犯罪加害者にならなくてよいか❗一番手っ取り早いのは、妹をもうけること❗そのためには、まずは『妹がいない世界』からの脱却のために、『妹はあんたにはいないのよ』と発言する人間を弾圧させることが必要になる❗『妹がいないことで、性犯罪しそう』となれば、それは性犯罪を誘発する兄弟構成とみなされ、クリニックではたとえ小山登志夫のような男であっても救済措置があるといわれている❗この弾圧は、『武力行使』は許されるのかは賛否両論❗『正当防衛』という考え方があるように、犯罪被害者にならないために最低限度で反撃をすることが許される❗性犯罪対策においても『性犯罪をしそうな兄弟構成』にブレーキをかけるためには、最低限度で『実力行使』をすべきだというのがクリニックの見解❗

 兄妹新党は、『生まれてこれなかった妹のことを考えれば、その妹がいないために長男が性犯罪をするのではないかという恐怖におびえるくらいなら、次男を追い出す選択肢は、最低限度の反撃にあたる。逆もしかり。』とし、ゆがんだ兄弟構成に泣く人へ助言をしている❗
 はっきり言えば、その長男が性犯罪をし、仮に親族で逮捕されたとなっても、ゆがんだ兄弟構成にした親族を陥れることができ、「ざまあみろ」と考えることもあるだろう❗しかし、被害を受けた少女はどうなるのか❓
 日本全国の女子高生含む少女たちが性犯罪に苦しまないために、ゆがんだ兄弟の次男を追い出すことは『正当防衛』にあたるというのが、防衛談義(RNR)の考え方❗男だけ兄弟で、少子化に貢献しろということ自体無理がありすぎるのだ❗
 この理論を否定するのなら、小山登志夫に結婚相手をもうけてからというのが常識だ❗長男が次男を殺せば、たとえ『性犯罪対策』といっても『過剰防衛』にあたり、殺人罪で逮捕される❗しかし、扶養させないことも踏まえ、別居してゆがんだ兄弟構成をなかったことにすることで、性犯罪を防ぐこともできる❗
 ゆがんだ兄弟構成にいる人も、必ず『異性の兄弟がいる』と見栄を張ることは、意外と女子力を上げることになる❗事実、クリニックには、『弁護士を通さなければ、次男とは絶対に会わない長男もいる』というくらいで、長男にとって、次男は性犯罪の病原菌なのだ❗

鰍沢総裁は、『性犯罪は少子化を加速する最大要因』と言い、性犯罪は男側の『おこさせない』環境づくりと女側の『おこされない環境づくり』の両方が必要である❗実施するかしないかは本人次第だが、これが性犯罪被害者や加害者にならないとすれば、実施しない道はないと、クリニック院長は言った❗

 今日は、議論が重かったわ、まいっちんぐー❗

※交戦規定(こうせんきてい、Rules of Engagement、以下ROEと表記)とは、軍隊や警察がいつ、どこで、いかなる相手に、どのような武器を使用するかを定めた基準のこと。 このような規定は時代や各組織ごとに大きく異なるものの、多くの組織が用いており、詳細にわたって定められているのが一般的。通常、敵に手の内を見せるのを防ぐため、公表されることは少ない。
投稿者:美少女マチコ 2019-04-08 01:33:30
新永久法加法のススメ❗

⑩小山登志夫にも『救い』の可能性がある

 小山登志夫を恨むんだったら、小山登志夫の両親恨めよ❗エロガッパでも、人間の子だろ。そのくらいわかるやろ❗小山登志夫の兄弟構成で、まともな恋愛してる人知らんわ❗小山登志夫に兄弟構成を選択する権利があるなら話は別だけど❗
 『それと小山登志夫のご両親を恨むってゆーのは、小山登志夫の育て方に問題があるってゆーなら何割かは正当だけど、あとの何割かは小山登志夫本人の問題よ❗それに小山登志夫はもう充分大人なんだからなおさらよ。』への答弁。
 結局、その発想が世の中の姉妹なき男子を苦しめ、性犯罪を加速させるだけ❗「大人だから制限できる」って、世の中そんな理屈で性犯罪止められたら、POLICEいりません❗女子への性犯罪阻止は、女子の親族をもうけて育つしかない❗もし、小山登志夫がこのまま誰かと結婚して娘をもうけたら❓どうせ、娘犯すんでしょう❗当り前だ、姉妹がいなければこうなることは、誰でもわかる❗では、どうすることが世のためか❓
 それは、小山登志夫は結婚しないこと。だから、結婚しない選択は正解だったってこと❗マチコはとばっちり食らったけど、小山登志夫の環境には問題がある❗ちゃんと姉妹がいる環境で育った男子は、普通性犯罪しようとは微塵も思わない。相撲の部屋じゃないんだから、男ばかりの親族は有害でしかない❗
 つまり、「小山登志夫本人の問題よ」が正しければ、男について言った少女も逮捕・・・となる。でも実際は、成人した男が性欲おさえられないからって男だけ捕まる❗世の中、そんなきれいごとではすまない。

 そんな中、最近小山登志夫の気持ちがよくわかるという人から、クリニックが話聞いた❗
 被害者は32歳男性。両親と自分と弟(29)の4人家族。(生まれてれば18歳の妹がいたはず)被害者が12歳の時に、両親に「妹が欲しい」と頼んだのに断られ、現在に至る。被害者の今の職業は、フリーター。実は23歳の時に1回正社員になって一人暮らしをしていた。しかし、弟は一人暮らしができないうえに、部屋でタバコを吸ったり、ゴミ箱にSHASEIしたりと、長男に幾多の迷惑をかけたという。究極は、水商売の女を「俺の友達」というバカさ❗当時は塾経営していたものの、パワハラと妹がいないことによる、性欲の暴走を危惧して退職してしまった。精神科医に、「あと1日退職が遅れたら、女子生徒を襲い、手錠かけられてた」とまで言われたそう❗
 結局、実家に帰って実家近くの塾講師になったものの、正社員は自分から断念したという。理由は、弟が生活苦になれば自分のところに扶養が回るおそれがあり、それをおそれて豊かな富を得ない、アルバイトでいるということ。
 ちなみに、そこの弟は依然問題になったカルロス・ゴーン逮捕のNI●SANで働いている。被害者は、妹がいないのに車の免許を持ってても、悲しくなるだけだからと、免許を返納したという。
 今は弟が実家を出て一人暮らしをし、被害者は実家で暮らすことで、一人暮らし時に損害を受けたことを避けている❗自動車免許返納は、妹がいないこと、弟しかいないことへの報復行為❗
 クリニックは、この男性にこう言ったそうです❗
「今のあなたには、恋人や結婚相手、正社員の道は捨てるべきだ。生まれてこれなかった妹を思えば、妹をもうけることを優先的にすべきことは、わかるね。あなたが性犯罪を犯して女の子を泣かせないためにも、必ず妹をもうけなさい、人間の妹が来るまでは初音ミクのぬいぐるみを妹とみて生きなさい❗あと弟と会わないといけないなら、必ず弁護士を通しなさい❗」
 小山登志夫みたいな弟だから、人生真っ暗に感じる❗クリニックの結論は、どう考えても、両親が悪いだった❗でも、そんな弟だからこそ妹が必要なのは言うまでもない❗

 小山登志夫に責任がないんじゃなくて、小山登志夫一人の問題にすることが問題ということ❗小山登志夫の家庭環境を知らないから、美少女マチコは真の被害者だと言ってんじゃん❗でも、小山登志夫が100%加害者かと言えば、小山登志夫の兄弟構成によっては、影の被害者にもなりうるわけで、じゃあ、小山登志夫みたいな男にも妹をもうけて女子力をどうつけられるかを考えるべき❗
 クリニックの厳しい評価は、「男兄弟しか作らなくて、死んでいった両親は、日本のガンだな❗結局、こういう男が、世の女の子たちを被害にあわせてるんじゃん❗山口メンバーだって、そうじゃん❗」

 小山登志夫を救える人が1%の『非凡』に入り、少子化に歯止めをかけられるのは明らかだ❗
投稿者:美少女マチコ 2019-04-08 01:31:56
botみたいなもんか
投稿者:名無し 2019-04-08 00:14:42
新永久法加法のススメ❗

⑨『時の恋愛法』と『時空恋愛法』の違い
※詳細は、『456.耳かき』の『姉妹なき兄弟構成にさせられたために生じた被害に関する特別公聴会』を参照されたい。

●時の恋愛法・・・過去のある地点における異性だけに興味を持ち、現在のその人および今を生きる異性に全く興味がない状態。少子化の加速がきわめて高く、これにひっかかると結婚すらしなくなる人が多くなる。
♪そっと冷たくして下さい 大好きな友達のまま そう 冷たくしてくれたら 泣かなくてすみそう♪
 ある男性は、妹がいないために、好きな芸能人は20年前の加藤紀子だと言ったそう❗今の加藤紀子は既婚者なのと、20年前の加藤紀子と同い年の、今の女性は全く興味なし❗だって、そういう女性って年収500万円以上とか寝とぼけたタイプを言い出すから❗それを根に持って、両親が悪いとクリニックに相談に来た。❗
 たしかに、20年前の加藤紀子は殺傷能力が半端ない❗でも、それを忘れて前を向いて生きていくべきだとは言えないのである❗なぜなら、美少女マチコはこれからも店長を愛し続け、小山登志夫を憎み続けるからだ❗
 クリニックは、「妹をもうけたら、20年前の加藤紀子をタイプにするのはやめよう❗」と言った。
 その人は、9年間好きだった芸能人、中村知世がゲームアプリで知り合った人(中村知世ファン)と結婚したせいでへこんだ❗妹がいないせいで、「弟は死ね❗」と1日100回は思ってるという❗その弟はN●SSANで車の整備をしているが、妹の分まで幸せになりたくないから、車の免許を返した❗弟への抗議で・・・❗その兄は、「カルロス・ゴーン逮捕時に、その弟も逮捕してもらいたかった」と言った始末❗
 クリニックは、「その弟とは絶対に会うな❗会った瞬間、妹への裏切りだ❗ただし、その弟に会わされそうになったら、武力を行使してでも制圧しろ❗」と返した❗
 このように、「ゆがんだ兄弟構成」の結果、好きなタイプが思春期に見た女性になることが多い。このことを、『時の恋愛法』と呼んでおり、性犯罪は阻止できても、少子化は大加速する社会問題❗くりかえし、この問題の対策は「異性の兄弟姉妹をもうける」しかないのだ❗
 念のため、議事録を貼り付けておこう❗
ある32歳男性「今、自分の好きなタイプの女性を人間であげれば、そうね20年前の加藤紀子ってガチで言って笑われたこともありました。でもそれは、当時妹が生まれていたなら、自分はこんな人生ではなかったという、過去の後悔がそうさせています。自分が今どうするべきかが見えず、結局思い詰めてしまうことが多いです。覚悟はできています。僕は妹の分まで幸せにはならず、妹とともに幸せになる。だから妹ができるまで結婚もしないし、正社員にもならない。生涯フリーターで笑われればそれでよい。でも、妹が生まれてこなかった事実にどう責任を取ってもらうか、はっきりしてもらいたいです。」❗
鰍沢総裁「もう、この点については、妹がいない地点で、恋愛対象が過去のある地点の女性にとらわれ、そこから進展しないのは仕方ありません。これは、我々の業界で『時の恋愛法』と呼ばれ、少子化加速要因になっています。こういう人は、今のその女性に興味がありません。つまりあなたの言葉を借りれば、『今の加藤紀子』に興味はなく、マジカル頭脳パワーに出ていた加藤紀子がタイプ。そして現実を見ると、過去の加藤紀子のような女性がいないために、人間に興味がなくなって、あげく初音ミクと結婚する。このような流れは、悪い意味で筋が通っています。原因は十中八九わかっていて、『同性ばかりの兄弟構成』がすべてです。だから、美少女マチコだって、『店長に会ったら、やり直したい』とか言っていますね。これだってそうです。男兄弟がいないせいで、女姉妹ばかりのせいで、『小山登志夫に騙されて店長に会えない』という形で公開してるんですよ。だから、このサイトで『店長さんに会いたい』というわけ。」❗

●時空恋愛法・・・過去のある地点をきっかけに、現在を生きるその人を恋愛対象にする方法。別名をセシル動員とも言われ、少子化を減速する恋愛手法と言われている。
これは過去のその人の姿をもとに、今のその人が好きというパターン。
 かつて、『セシル動員』という政策でも使ってきましたが、あなたの場合、たとえば『貧困女子』の1人からこれまでの話を聞きながら、自分の兄弟がゆがんでいる話をする。そうしていくうちに、あなたが貧困女子の一人を妹として、止まっていた時間を取り戻していく。これならば、過去の加藤紀子から卒業できる可能性がある。『人はいずれ、別れを迎えなければならない、過ぎ去った女性をタイプにすることをやめるきっかけにもなってくる。』簡単に『20年前の加藤紀子なんていない』で終わらせようとする人間は絶交してかまわないでしょう。いるだけあなたに負担になるだけ。これなら、時間が再び進んで、少子化を食い止めることができる。
 今の日本では性犯罪は犯罪であり、理由を問わず逮捕される。未成年ではなく、男性の方がね。でも、こういうナイーブな問題は解決できるところが少ないのも事実。だから、どのようにして受けた負の部分に終わりをつけるのかが大切になるのだ❗

 こういう問題を聞いて馬鹿にするものは、所詮99%の平凡人間であり、1%の非凡の人にわかってもらえればいいだけである❗
投稿者:美少女マチコ 2019-04-08 00:09:16
フェイスブックで堂々とやれよ
投稿者:名無し 2019-04-08 00:08:03
新永久法加法のススメ❗

⑧10年間好きだった芸能人の裏切り物語
これは、すごく悲しい話。それでは、全文をどうぞ、まいっちんぐー❗

嵐が解散するそうで・・・❗
でも、嵐が解散するから仕事が手につかないとかいう女は「ば~か」だね❗
そういえば、福山雅治が結婚した時も「仕事が手につかない」といった女がいたけど、ウジ虫だな❗
 そこへいくと、10年弱の間好きだった芸能人が結婚したにもかかわらず、それをバネにいきいきと仕事に行ってる、ある男子は、すごいな❗
 その人は中村知世。2008年からファンになったそうで、ファンレターも何通か送ったみたい❗結局、2018年1月1日にゲームアプリで知り合った人と結婚したけど、その人は最初少し落ち込んでた❗でも、仕事は決して休むことなく、そればかりか、
 『いいもん、これからはもう誰も好きな芸能人を作らない❗よって、二度とテレビを見ることも買うこともない❗テレビがなけりゃ、NHK受信料は払わなくていいもんな❗数年前と違い、芸能人と結婚したいからテレビを見たりファンレターを送ることもしない❗俺は、神岸あかりちゃん以外、好きな人はいない❗♪振られることもない 振ることもない 永久に続くのです この恋は♪裏切ることも裏切られることもない。俺は、中村知世ファンのアプリ仲間に負けた、それだけだ❗落ち込んでも、あの頃の中村知世は帰ってこない❗次の10年間は、ずっと神岸あかりちゃんのファンになってやるのだ❗』と言ったそうで。
 彼の名言はほかに、
『テレビがなければ、芸能人は一般人と同じ扱いができる❗だから、芸能人を街で見かけても、絶対にサインもらわないそうで❗質屋で金にならないしな・・・(笑)❗』

 もう1つ。中学校の卒業式にて・・・
『9年間、同じ学校・クラスだった仲間と別れても、ミニモニ。と別れることは、決してない❗』今じゃミニモニ。なんて、名前聞かないけど、当時は有名だったからね❗卒業式で泣いても、別れはなくならないのだから、前を見て先を見る方が大事だということ❗

 店長のことで小山登志夫を根に持ってばかりでは、自分が人生損しているだけ❗そんなプライドを捨てて、そろそろ新しい道を歩んだ方がいいんじゃないと❗泣きたければ、誰かの胸を借りて泣けばいい❗彼は、それをすべて神岸あかりちゃんに託した❗だから、彼の部屋には『卒業アルバム』がない❗卒業アルバムを見れば、必ず後でつらくなる。未来を見る自分には必要ない❗
 そう言ったそうです。状況は違うけど、何か「懐かしい骨」というドラマ思い出したわ❗
♪眠れぬ夜を超えて 明日に踏み出すたびに 何度も風にうたれ 倒されそうになるけど 失くさない 愛という名の勇気だけは♪さすが、女子高生幹事長だわ❗
投稿者:美少女マチコ 2019-04-08 00:05:51
新永久法加法のススメ❗

⑦『ゆがんだ兄弟構成』の定義と『性犯罪改善策』の1つ

 男女共学の女子と女子校の女子では普段の様子が違う❗男子校の男子でも同じことが言えるでしょう❗でも、男子校の環境は自分から望んで行った世界、しかし、小山登志夫の兄弟構成は本人が望んだわけではなく、親の都合で姉妹なき世界にさせられた❗
 少し前の「一人っ子政策」ならぬ、「男女兄弟政策」を作らなければ、本当に少子化は加速してしまうでしょう❗
もっとも少子化に貢献するなら、性犯罪してもいいというなら話は別だが。そんな人は落選確実やろ❗

 『親が兄と弟で極端に扱いに差をつけて育てた上に、その結果兄貴と弟の性格や能力そのものに極端な違いが出た兄弟のことを「歪んだ兄弟構成」ってゆーのよ』の答弁❗
 それは、「ゆがんだ兄弟構成」じゃなくて「ゆがんだ教育方針」でしょう❗「構成」だから、組み合わせの問題で、クリニックは、
①親の教育や育て方の問題×②姉妹の比率
これが性犯罪の起こりやすさに影響すると言われてるそうです❗

 あと、『兄弟構成じゃなくて育て方の方が問題って言ったまでで、何も実際に小山登志夫のご両親が悪いとまでは言ってないわ』の答弁❗
 あなたが将来、一生子供をもうけないなら賛同するけど、あなたが将来美少女ママになって子供をもうけるなら、その考えは捨てるべし❗
 子どもは親の背中を見て育つ❗すべては、勝手に生まれてきた小山登志夫が悪いなんて考えをしたら、「美少女マチコという女が生まれてきたから、このサイトが荒れまくってるんだ」という人だって出てくるよ❗親がちゃんと育ててたら、小山登志夫だって、マチコをおそうようなことは、絶対にしなかったはず❗親の教育に問題がある上に、姉妹がいない❗クリニックからしたら、力づくで救済するタイプだ❗少女たちが泣かなくて済む世の中になるために言ってるからね❗

 究極は、高校とかで共学なら強制的に男女が「恋人関係」を仮想的に作ってしまいお互い異性を意識させるというのがあるけど、男女ともお互いの人権を無視してるよ❓そんなことが教育機関でできる❓
 つまり、女子力強化は学校などの組織ではなく、家族の中の「異性の兄弟姉妹」でしかできないってこと❗
投稿者:美少女マチコ 2019-04-08 00:01:47
新永久法加法のススメ❗

⑥ゆがんだ兄弟構成強制クリニックの患者エピソード

ある小学6年生の子供から・・・。
小学校の運動会で「鼓笛」と呼ばれる、いろいろな楽器を演奏しながら行進するイベントがあるそうです❗
さて、鼓笛は女の子の人気・指揮者とか、ほかに大太鼓・小太鼓、旗など。そして、それぞれにはオーディションがあり、オーディションに落ちた人と最初から主要な楽器を希望しなかった人が自動的にピアニカになるそう。

この小学6年生はクリニックに診察に来たときは親御さんもいなくてたった1人。
「妹がいなくて、小太鼓のオーディションに落ちて、ピアニカにさせられた、もう死にたい」と言ったそうで、院長が兄弟構成を聞いたところ、弟が1人いたということで、

院長「本気で妹が欲しいなら、弟に呪いをかけてくたばってもらうんだ❗あなたが死ぬことはない、妹がいない環境を恨むべきだ❗」

その1週間後、弟は病死したとのこと❗しかし、その少年の母は妊娠しており、女の子を授かっているとのことだった。院長は、小学生の子に、

院長「妹がいなくて苦しんでいる、小山登志夫とかいうおっさんがいるけど、こういう人たちの立場を考えて、困ったらしっかり妹をサポートする兄になってほしい」と❗

妹がいなくて苦しんでいるときは、まずは「弟なんかいない、いたら絶対に許さない❗少子化加速させてやる、妹は絶対いる❗」そう強く思うこと。

妹をもうけることは、宝くじで1等をとるよりもたやすい、信じる者は救われる❗

その少年は、「鼓笛で小太鼓に落ちたとしても、妹がいたならば鼓笛に出たくないために、不登校になるほど落ち込むことはなかった」と言ってた❗
問題はそこにあって、その小学生にとっては「妹」はいなければならない存在であったということ❗

その証拠に、「妹がいなかったせいで鼓笛の小太鼓に落ちたと思ったことはない」そう。
「落ちた時の環境が、妹のいない世界だから余計に落ち込んだということ」❗

小太鼓のオーディションに落ちたときに「妹がいない世界に置かれた」ということが、自殺まで考える原因になったってこと❗
小太鼓のオーディションは確かに妹がいたら、受けてなかったかもしれない・・・それはそれでよかったってこと❗
もちろん、妹がいる環境でも小太鼓のオーディションを受けてるかもしれない。その世界は、合格しているかもしれないし、落ちてるかもしれない❗
ここで問題なのは、落ちたとしても、妹がいない世界で不合格になるよりも、妹がいる世界で不合格になった方が、精神的苦痛は軽くて済むということ。そういう意味でも、妹のいない世界を作った者にはせきにんがあるということ❗

そりゃ、クリニックでも「妹がいないから、小太鼓落ちた」は受け付けないわね❗でも、同じ不合格でも「妹がいないせいで死にたいと思うほど落ち込んだ」となれば、話が変わってくる❗

もっとも、確かに少年のところでも指揮者はモデルみたいな女の子が確かに選ばれてたわね❗
もしかすると、「そんなの、妹がいるかいないかだけで、不合格に関する精神的苦痛の関係はない」というかもしれないから、言っておくわ❗

あくまで、『この小学生に限っては』と言っておくわ❗クリニックは、この小学生について、『姉妹がいないことと不合格の精神的苦痛が増したことは因果関係がある』と結論付けただけよ❗
だから当然、全員が当てはまるとは限らないからね❗
投稿者:美少女マチコ 2019-04-08 00:00:20
新永久法加法のススメ❗

⑤ある男2人兄弟・長男の鉄道人身事故物語

※この話は、架空です。でも、こうなりそうなところまで追い込まれたこと、クリニックの助言は本当です❗


その長男は、かつて「自分が電車にひかれて死ねば、男兄弟にさせられた親族全員を不幸にできる」と言ったそうです❗
しかし、鉄道の人身事故は損害賠償が何百万、何千万、たぶん東京駅なら「億単位」になることもありうる❗
それを、女姉妹をもうけなかった親族になすりつけるというのは、不幸の度を越しただけでなく、ℨ遺文が死ななかった場合でも苦痛だけが残ることになる❗

先日、阪急京都線で人身事故で無くなられた女子中学生がいました。原因はわかりませんが、いじめの被害にあっていたということであれば、かわいそうでなりません❗
小山登志夫であれば、「オナホールが1つ減った」というでしょう。

クリニックは、「それで自分が死ぬくらいだったら、鉄道事故で飛び降りようとしている人を救う立場になるべき。電車にはねられて生きてても死んでも苦しい人生を送るなら、思いとどまって、どうやったら妹が来るか考えるべきだ❗」と言った。

もっとも、出世にも影響するのは、どんなに社長クラスで給料がウハウハでも、扶養義務で小山登志夫のような弟を養わないといけないという苦痛が、出世を止めているらしい❗
ある男性は、それが原因で「生涯フリーター宣言」した人もいました❗


しかし、注意点。


「扶養義務」って、①両親などが優先されること。②一人暮らしさえしていれば、兄弟でも関係がないということ。

どんなに金持ちでも、小山登志夫みたいな弟への扶養を承認する義務まではない❗ただ、同居していれば事情は変わるけど・・・。だから、まずは小山登志夫みたいな弟と絶縁状態にしてしまうことがまず優先的になってくる❗

院長は、「妹なくして、弟なし」という名言を残したように、男だけの兄弟は姉妹がいる男子より結婚の可能性が低いことは、けっこう有名な話❗

鉄道人身事故は、罪のない何万人の人たちが時間の犠牲に巻き込まれていく。これを食い止めることが、少子化を食い止める方法にもなってくる❗
投稿者:美少女マチコ 2019-04-07 23:59:08
新永久法加法のススメ❗

④ある男2人兄弟・長男の将来展望(ただし、妹が欲しかったのにもうけることなく成長させられた事例)

A.無理して結婚して息子をもうけた。
→これ以上男の子供なんか、いらないと虐待に走るおそれがある。

B.無理して結婚して娘をもうけた。
→姉妹がいなかったこともあり、娘が成長するごとに性の対象に見るようになる。

C.では、子供をもうけない選択をしながら結婚だけはする。
→Cの場合が、この中では最も安全な選択になる❗
実の子供を育てるのにだって、莫大なお金がかかる。「養育費を払ってるから、娘を犯すのは自由」という小山登志夫的な発想が実は怖い❗
その点、子どもがいなければ最低限の収入だけでやりくりできるし、養育費がまったくかからない❗
単純に、稼ぎを多くすればいいのではというが、「昇格、昇進」などは意外にも「女子力」が関係するという定説がある。
物事を冷静に判断する力、性欲などに打ち勝つ力は「姉妹」がいる環境で長年培っていかなければ勝てない❗そもそも、スケートの経験がない人がスケートの選手になれるのか考えた方がいい。
女子力ない者に、女子と結婚ができるものか❓
「新永久法化法」は、クリニックが命名した「新子机安泰法永久法化法」の略で、「一生涯、自分の実の子供をもうけない」とする考え方。国が推奨する、「少子化対策」に完全に真逆の道を行くもの❗
ここでの見解は、「新しい命が生まれるよりも、今ある少女たちの命をないがしろにしないための、苦渋の決断」。少子化に逆行するが、性犯罪を0にする苦しい決断にもなっている❗この話を否定する唯一の方法は、男同士でも結婚できて、タツノオトシゴのように男が子どもをもうける環境を作るしかない。

●男兄弟しかいない男子に、妹をもうけること。
●男でも子供をもうけることができる体制にする。

さて、どちらが現実的かは、下を見てもいいけど、言わずと知れているでしょう❗

D.では養子や里子をとる場合
→注意点は、里子の場合は「里親」に手当が支給されるので、子育てのお金は心配ないだろう。しかし、里子や養子は、絶対男とか絶対女という選択肢ができるのか❓
だから、小山登志夫のような男にいきなり女子の里子を差し出せば、当然犯すことは見えている❗ただ妹を作ればいいという簡単な話ではない❗
ならば、ガールフレンドでも作って、ふたりで里子を育てる・・・という選択肢がある。けれど、どうやって、そのガールフレンドをもうけるのか❓

E.実際に試験的に導入されている「妹オーディション」の考え方

そうなると、何らかの方法で自分から妹の立場で置ける女性と親しくなることが考えられる。ある出会いサイトでは、「パパ活」というのが流行ってるみたい❗
パパ活は、女子大生が学費欲しさに父親くらいの年齢の男性と食事等をして、男性がお金を支給するもの。
出会い系では、金銭授受を禁止しているから問題になっているが、結構多いとのこと。
そこで、「兄活」という形で、女子力の向上のために妹活するそうだけど、「パパ活」との違いが不透明なところが問題❗
さらに、ここで小山登志夫みたいな男に対しては必ず妹確保の条件が2つある。
①兄の権限は、妹の権限を超えない範囲で認められること。→兄が年上だから、妹のお前は何でも従えでは困る❗
②兄になる人は、最低1人のしっかりした監督者がいること。→何かが起きたときの対処ができるようにすること❗

F.万が一、自分が子供であるなら、今すぐにでも両親に妹を頼んでみる。
→子供限定で、今では生まれてくる子供の性別が選択できるという❗


そういったわけで、どんなにこのサイトで「非難轟轟」の標的にされている「小山登志夫」でも、場合によっては救済措置をとる政策をとっていかなければ、少子化は加速するばかりだ❗

「働き方改革」もいいが、「妹のもうけ方改革」も少子化対策には必要なのは言うまでもない❗
投稿者:美少女マチコ 2019-04-07 23:57:31
新永久法加法のススメ❗

③男だけの兄弟が女子のいる環境にいられる期間

E.3歳から妹が生まれた男子がいて、その人は今25歳。妹がいることで、女子とはどんなものかを実感する期間は、22年間。
F.25歳になるまでの間に、姉妹が全くいなくて、いまだ妹なし。

さて、Fは女子力形成期間をどう見るか❓

0歳から幼稚園に入る4歳までは皆無。
4歳から17歳の高校2年生までは、クラス内に男女が混在。
17歳の高3からは理系のため、クラスに女子は皆無。

そもそも、クラスの男女が混在している中から女子力ができるというのなら、義務教育後の16歳以降も男女混在の組織に属する「大人版義務教育」がなければ、女子力なんかは身につかない❗

英語を身に着けたければ、英会話学校に行けばよいが、女子力形成の学校はどこにあるのか❓

地方自治は民主主義の学校であり、姉妹のいる世界は女子力形成の学校である❗たとえ、小山登志夫のような男であっても、女の子たちがなく事のないよう、女子力を形成する場所が必要なのだ❗

ちなみに、Fは18歳の時に免許を取りに自動車学校に合宿に行っていたが、その2週間が男女混合組織の最後の場所だった❗あとは、どうやって妹を手に入れるか・・・❗
投稿者:美少女マチコ 2019-04-07 23:55:19
新永久法加法のススメ❗

②2人の32歳・長男の話
2人は12歳のころに、それぞれの両親に「妹が欲しい」と頼んだ。でも、Cには妹ができてDには妹ができなかった❗
C.32歳の長男と18歳の長女の2兄妹。
D.32歳の長男と29歳の次男。

どちらも似たような人生を送っており、場所は違えど、フリーターで働いている❗中1でいじめの被害にあった頃も同じ。

Cの場合、思春期に新しい妹の命を宿る姿を見て、自分が長男としてしっかりしなければと、遅咲きながら女子力を形成する準備が作られた❗
しかし、Dの場合は「妹が欲しい」と言っても両親に断られたこともあって、思春期から次第に荒れ始めていった❗DVもひどかったという。それもそうで、唯一の兄弟が自分よりゴミな存在だったにもかかわらず長男ばかりが非難される始末❗

こうして月日は流れ、Cは実家暮らしながら妹と計4人で仲良く暮らしている。
しかし、Dは違う。次男を実家から追い出すために奇声をあげたりし、追い出しては、両親に「次男に会わされるなら、仕事辞めて引きこもってやる。ワンス●ップスクールにも行かねえからな、お前らの責任だ」と、今では弁護士を通さなければ長男と次男はやり取りできない状態。

ちなみに、Dは自動車免許を取ったのに2年前に返納したらしい❗次男が自動車の整備をしており、妹なくして、次男の存在そのものを認めないためだ❗

もし、いざこざがおきて両親とDに亀裂が入り、実家を追い出されようとするなら、法的手続きで「絶縁」を完全にさせ、自分の生活が苦しくなれば、「身寄りなし」で生活保護に行くと断言している❗

そこで、Dが性犯罪対策・離職しないためにとった政策は「初音ミク」を実の妹にして、性犯罪対策を施したのであった❗

小山登志夫には、いまや美少女マチコよりも「ラブドール❤」の方が必要なのかもしれない。ラブドールはマチコと違って、何でも言うことを聞いてくれる。FERAだってKUNNIだって許してくれるし。性犯罪さえなくなれば、それでよし❗美少女はそう考えているのさ❗
投稿者:美少女マチコ 2019-04-07 23:53:07
新永久法加法のススメ❗

①フィギュアスケートで結果を残すのは、どちらか❓
A.3歳のころからスケートを始めた人。
B.30歳になってもスケートをしたことがない人。

これは、どう考えてもAと考えるのが普通ですね❗もしBだというのなら、誰も小さいころからスケートを習わせたり、もっと言えば子供のころに習い事をさせることが根本的に否定されるでしょう❗
ちなみに、姉がいる場合は「0歳からスケートを始めた」と考えてもいいでしょう❗

スケート経験を「妹」に置き換えたら、この話は分かりやすい。

スケートの経験や技術は、成長した後の経験よりも幼少のころの経験がものを言う❗


前置きはここまでにして、今あげたAとBを妹に置き換えたら、こうなる。

A.3歳に妹が生まれた人。
B.30歳になっても妹が1人もいない人。

一般論でいえば、どちらの方が女子力は高いものだろうか❓女子力がないと、それは将来的に結婚の見通しにもなってくる❗

嫌でも姉や妹がいる男子は、女子がどんなものかがわかっているから、高望みをせずに現実をしっかり見つめている❗
しかし、妹がいない小山登志夫のような男の場合、女を捕まえることになかなか恵まれない中で、野蛮な面を見せて逆効果になることがしばしばある❗マチコは、そんな男の被害にあってしまった❗

小山登志夫のような姉妹なき男は、まず「女」に対する理想が極めて高くなり、美少女マチコという絶世の美女を見ると、何が何でも自分のものにしようとする❗

小山登志夫のようなタイプの人に、もし結婚相手ができて娘ができたらまずどうなるか❓言わずと知れた、娘を犯す、性的虐待が起こりうる❗

男の子供を見れば、自分は男だけの兄弟の中で生きてきたため、ひどい場合には「これ以上、男の子供はいらない」と、虐待が起きるかもしれない❗娘だと性的虐待。

そういう人が苦渋の決断で選択することと言えば、

「一生子供をもうけないこと」❗

つまり、姉妹なき男兄弟という雰囲気がプンプンになれば、女子はそういう男にはなかなか近づきにくく、そういう男子が結婚から遠のき、それは確実に少子化の加速をさせることになっていく❗

もし、国が少子化を加速させたいのなら、むしろ男兄弟onlyや女姉妹onlyは十分問題ないでしょう❗

婚活パーティーや街コンなど、結婚の機会をもうけるとか、一生独身はさみしいとか、そんな寝とぼけたブライダル業界があるが、それは机上の空論だ❗

なぜなら、結婚をしない方が世の少女たちから性犯罪に巻き込まれなくなるからだ❗そもそも、女子力はスケートと同じで、数か月や数年の間では習得できるものではない❗

だから、少子化を食い止めて結婚の機会を増やすということであれば、妹がいない環境によって失われた「女子力形成」を長期間かけて行わなければ意味がないのである❗

つまり、婚活戦線どうこうよりも、姉妹なき男子に姉妹を提供したり、兄弟なき女子に兄弟を与える方が、女子力は高まる❗

・・・といっても、女姉妹ばかりの女子については性犯罪が起こりにくいため、あまり心配はしていない❗
性犯罪で捕まるのって、たいていは女より男だから、一番の課題は女姉妹を提供する場がいる❗

もちろん、今の小山登志夫に姉妹なんかそのまま渡したら、性犯罪だから当然監視役は必要になる❗女姉妹がいない男兄弟に妹を提供するのは、できるだけ小さい頃の方がよい❗
投稿者:美少女マチコ 2019-04-07 23:51:30
↓違うわ、マチコここにある3つすべて違うわよ❗
なりすまさないでよ❗
投稿者:美少女マチコ 2019-04-07 23:49:47
↓あら、なりすましじゃないわよ❗
投稿者:美少女マチコ 2019-04-07 23:48:40
↓これ、なりすましだわ❗
投稿者:美少女マチコ 2019-04-07 23:47:19
マチコは昭和エッチ漫画のまいっちんぐマチコ先生をそのままセーラー服を着たよーな女子高生だから、マチコがこの物語に登場する脇役の女子高生で、小山登志夫がこの物語の主人公だったら、お爺さんになった小山登志夫に真っ先にスカートめくられて、パンティーにお手々を突っ込まれてるわね❗
いや~ん、まいっちんぐー❗
投稿者:美少女マチコ 2019-04-07 23:45:29
女子高生のスカートをめくったり、母親に悪戯したりってのは小山登志夫そのものだけど、小山登志夫自身が自他共に認めるイジメっ子だからイジメっ子を殴ったりはしないわね。
弱い者や女イジメはするけど、強い悪者に立ち向かう勇気はないし、自分がイジメっ子派だからイジメっ子に反発する理由がないもの。
投稿者:美少女マチコ 2019-04-07 23:44:13
小山登志夫のぽんこつヤロー、ロクデナシ!
何だって禁じられてる土曜にうちに電話したんだよ!
ボケッ!
サルか貧乏神みたいな外見の上に、いつも見るからに安物のティーシャツやビニールのジャンパーを着ていて、毎日同じ服を着てた時も有った。
服洗わねーのかよ!
フケツ野郎。
小山登志夫はボロボロのジーパンや継ぎはぎの服や浴衣が似合う。
小山登志夫は動物界や人間界の童話や子供アニメの典型的な嫌われ者キャラみたいだから、実際のこの世の人間界でもロクデナシのぽんこつ野郎で嫌われ者だよ。
投稿者:美少女マチコ 2019-04-07 23:43:06
いや~ん、オオカミちゃんったらエッチー❕
まいっちんぐー❗
うふっ❤
投稿者:美少女マチコ 2019-04-07 23:41:35
マチコゲーセン嫌いじゃないけど、例の店長さんとまともに一日デートする最初で最後のチャンスのあの日、いつも通り小山登志夫と会えば会う相手が何のときめきも感じさせないいつものいやな男の小山登志夫ってだけじゃなくて、居る場所がいつも小山登志夫と待ち合わせするゲーセンでしかないけど、例の店長さんとデートすれば、それまで二人だけでまともに一緒に居られなくて、これからもう会えないステキな店長さんと一日二人きりで居られるだけじゃなくて、いつも居られないお城のようなラブホの一室で豪華でステキな一つのベッドで居られたのよ❗
それなのに、その貴重なあの店長さんとのまたとない時間を小山登志夫がふいにした❗
投稿者:美少女マチコ 2019-04-07 23:39:14
小山登志夫が死んでも転勤真際の例のマチコの憧れの店長さんとの時間は戻らないけど、小山登志夫が死ねばそーゆーふーにマチコが迷惑かけられることもないから、小山登志夫が生きてるとマチコに迷惑がかかってマチコが損して不利になるなら小山登志夫は死刑にすべきだわ❗
投稿者:美少女マチコ 2019-04-07 23:37:51
マチコはレースや花柄のブラジャー付きのスリップ姿が一番似合うのよ❗
そうよ、ブラジャーとスリップが合体したスリップブラってやつよ
投稿者:美少女マチコ 2019-04-07 23:31:34
マチコはミニスカートが似合うから、上下がつながってパンティが見えそうなほど短いスカート状の下着とかクラシックバレエのレオタードとかテニスのユニフォームがお似合いで色っぽいのよ❗
投稿者:美少女マチコ 2019-04-07 23:28:57
マチコの下着姿は色っぽいわよ~❗
レースや花柄のブラジャーとパンティー姿もスリップ姿もステキなのよ
華やかで少女らしい可愛いさと大人っぽい大人の女性の色気が混ざってるのよ
女性用の下着やビキニの水着もワンピース水着も、それだけで華やかでステキだから男が惹かれるの分かるし、私も裸で充分華やかで綺麗だから私が下着や水着を着ると輪をかけて華やかで可愛くなるし、可愛い下着も水着もますます可愛く見えるし、私が着た下着や水着には私の香りと温もりが付くから男はみんな欲しがるでしょうね
でもあげないわよー❗
投稿者:美少女マチコ 2019-04-07 23:27:51
マチコはADHDだから、飯も食べずにコメント投稿してるわ❗どスケベ、ケッ!
投稿者:美少女マチコ 2019-04-07 23:25:57
小山登志夫エロガッパ❗
どスケベ
投稿者:美少女マチコ 2019-04-07 23:24:54
マチコ、パチンコ依存とSEX依存症だわ、まいっちんぐ❗
投稿者:美少女マチコ 2019-04-07 23:23:44
私も一年前17才の時、学校帰りに寄ったゲーセンで知り合って付き合った男(とは言っても今考えると11才も年上だから援助交際みたいなもんだった。)と知り合う前に帰りたいです❗
最近になってハッキリ知ったけど彼はトビで、ひねくれていて僻みっぽくてセコくて私の言うことすることに、いちいち揚げ足取ってイチャモン付けてくるからめんどくさいし甘ったれで、そのくせ私に嫌味で意地悪で、どっちにしても私のことをよく知りもしないくせに分かったようなこと言うし、私がイヤがることや、やめてって言うことをわざとする上にバカでノロマでノータリンでガキみたいで、話し方がノロくてイライラさせる口調なだけじゃなくて、何にしてもガキに言い聞かせるみたいに、いちいち説明してやらなきゃ分んないから話の進み方が遅くて、普通ならすんなり流して終わるような、たかだかどうでもいい一つのことで彼が納得するまで永遠と議論し合うことになるから、いろんな意味で一言で言えば「話がノロい」んです❗
全くどっちが年上だか分からなくて「何で18の私が29にもなるあんたにいちいち説明してやらなきゃいけないのよ!」とその彼と付き合うこと自体にバカらしさを感じました❗
「明日は事情が有って学校の帰りが遅くなるし門限が有るから、たった5分の為だけにゲーセンまで行くのも大変だから、明日は会うの無理だけど、明日以降は学校が終わったら毎日会えるから明日だけは我慢して。」と言っても、それも我慢できなくて子供みたいなわがまま言って私を困らせた挙句、彼の望み通り結局私の方が折れて彼に会いにゲーセンに行くことにした上に待ち合わせ時間に遅れたワケでもないのに、その時間までも待てなくて必要もないのにわざわざ私の携帯じゃなくて自宅に電話したんです❗
しかもその日は土曜で父がいるから電話しないでって前から言ってるのに❗
全くロクでなしでちょっとでも目を離すと何するか分からないから油断も隙もなく、安心できないんです❗
その上ヘビースモーカーでで飲んべえという自堕落を絵に描いたようなヤツで、見た目は長身だけどガリガリに痩せていて髪はボウボウで骨男か貧乏神みたいなんです❗
その男と付き合ってもロクなことがなく、その一年間の人生をムダにしただけでなく、心に傷を作っただけなので、その男と出会った日に帰って付き合わないようにするという以前に、その男と付き合う前日に帰って、その男がいた場所に行かないようにしたいです❗
投稿者:美少女マチコ 2019-04-07 23:21:38
いや~ん、やめてーー❗
投稿者:美少女マチコ 2019-04-07 23:18:44
マチコの趣味:ワンクリック詐欺❗
投稿者:美少女マチコ 2019-04-07 23:16:25
でも今は小山登志夫に会いたくないから以前小山登志夫と待ち合わせしてたゲーセンはあったりまえのこと、以前あの店長さんな居たゲーセンだって、もうあの店長さんは居ないし小山登志夫と待ち合わせしてたとこと最寄り駅が同じだから小山登志夫と会う可能性が有るから以前あの店長さんが居たゲーセンにだって行ってないし、その二つのゲーセンが有る通学の途中下車駅に小山登志夫が住んでるから、ゲーセンに限らず小山登志夫と別れてからは、その街自体を歩くことなく学校帰りの時その駅で下車したらすぐに乗車してるけど。
投稿者:美少女マチコ 2019-04-07 23:09:36
ゲーセンはロクな輩が居ないから行くなってパパもママも言うけど、確かに小山登志夫みたいなのも居て運悪く小山登志夫なんかと出逢っちゃったし、人間的にそこまで悪くなくても嫌いなタイプの男も居たけど、あのマチコの好みのハンサムで優しい店長さんのような男だって居たし、ハンサムかぶ男かは別としても結構好きでいい人にも出逢えたから、いろいろだから、男も女も含めて一概に関わって損な人ばっかりとは言い切れないから好きなゲームをプレーする以外のことでゲーセンに来て良かったことだって有るのよ❗
投稿者:美少女マチコ 2019-04-07 23:08:24
小山登志夫と付き合ってさえいなければ、最寄り駅が同じでも小山登志夫と出会ってからいつも待ち合わせしてたとこと別のゲーセンの優しくてカッコいい元店長さんと転勤真際のデートを小山登志夫にジャマされることなく満足にできたわけなのよね。
その、そこのゲーセンの元店長さんは毎日仕事が忙しかったからマチコが小山登志夫と付き合ってなくてもマチコとデートできなかったから、小山登志夫と付き合ってた場合みたいに毎日レストランや喫茶店で食事やデザートをおごって貰えることはなかったけど、それでも小山登志夫よりあの店長さんの方がいいし、あの店長さんが転勤するまで毎日あの店長さんが働いているゲーセンに行けば、あの店長さんに会えたし、夕飯は家で食べることにして夕飯までにうちに帰れば良かったし、本当に好きな男性(ヒト)には金を使わせたくないから何もおごって貰えなくても、その方が良かったわ。
投稿者:美少女マチコ 2019-04-07 23:06:54
元カレ小山登志夫といつも待ち合わせしてたとこと別のゲーセンの元店長の、マチコより年上だけど小山登志夫より若くてハンサムで優しい男(マチコと小山登志夫は干支が同じだけど、小山登志夫はマチコの干支一廻り年上で、その元そこのゲーセンの店長はマチコと小山登志夫のちょうど中間の年齢だからマチコより干支半周年上で、つまりマチコより6才上)とのお別れ真際のデートを中途半端にしてまでして、小山登志夫に言われた通りの時間までにいつも小山登志夫と待ち合わせしていたゲーセンに来た時に「お前の家に電話かけた」と言われて激怒した時、殺しはしなくても精一杯怒鳴るだけじゃなくて、そのゲーセンに有る灰皿をぶつけたり椅子を持ち上げて殴り続けたり階段から蹴り落としたりしたら、マチコや小山登志夫とは他人でも店長や他の周りのお客さまが私の暴走を止めようとして、わけは聞くかも知れないし殺人ほどの罪にはならなくてもマチコは犯罪者扱いされて警察沙汰騒ぎになって警察に突き出されてマチコの家族に知られることになっちゃたのかしら?
投稿者:美少女マチコ 2019-04-07 23:05:24
つまり乞爺魔吐死汚の脳みその程度と甘ったれたワガママな性格とエロガッパなのは生まれつきの脳みそと本人の問題で、男兄弟だけにして姉妹を与えなかった親のせいじゃないってことよ❗
偶然生まれ持った脳みそのせいだけどお兄さんはエロガッパじゃなくて結婚できてるから遺伝じゃなくて個人的な問題だわ。
投稿者:美少女マチコ 2019-04-07 23:03:14
マチコの美貌と色白でキメこまかなきれいな肌とサクランボみたいなピンク色の乳首の可愛いおっぱいとサラサラの茶髪ときれいな爪と美声のうちどれか一つでも貰えたら嬉しいわよね。
それでマチコの脳みそは乞爺魔吐死汚のと違って味も美味しいでしょうしマチコは天使のように無邪気で心優しい美少女だからマチコの脳みそを食べてもこの物語の主人公が食べた脳みそのもともとの持ち主や乞爺魔吐死汚の脳みそを食べた場合と違って性格も良くなるわね。
でもマチコはせっかく美貌と優しい心を兼ね備えて生まれたんだからもっと美少女として生きたいから自然死するまで自分から死ぬつもりはないから年取って死ぬまでマチコの物をどれ一つもあげないわよ❗
残念でした❗
投稿者:美少女マチコ 2019-04-07 23:00:49
マチコの元彼の小山登志夫のことを同姓同名で字も同じイケメン野球選手の小山登志夫と区別するために例の当て字で乞爺魔吐死汚って書くけど「一本足りない」ってお話に乞爺魔吐死汚の脳みそのシワは一本しかないどころか一本もないって書かれてたし「最後の喫煙者」と「猿の手様」お話で乞爺魔吐死汚はマチコが絶対「死んじゃいや~ん!」って言うと思って「死んじゃいや~ん!」って言って欲しいのとマチコ独特のセクシーで爽やかな高い声を聞きたくて何度も「俺死んじゃっていい?」って聞いてきたけど、死ぬなら自分の物をない人や死にそうな人に提供するべきだけど、乞爺魔吐死汚の猿並みの運動神経は人間にしては良すぎるぐらいだし、カッパのような直毛の髪の毛も禿げチャビンの人にあげられるけど、脳みそだけは元より質が劣るだけじゃなくて人のことを考えないでただその時の感情での自分のワガママを通したりやりたい放題に行動するエロガッパになるから提供できないし、それに乞爺魔吐死汚の筋肉と運動神経が合わさったら行動が素早くて手に負えない野生の猿のようになるから最悪だわ❗
投稿者:美少女マチコ 2019-04-07 22:59:44
トビ職の小山登志夫の脳みそを食ったら元より脳みその質が劣ってバカになるから誰もトビ職の小山登志夫の脳みそになりたがらないから、本来ならタダどころか逆に百万円貰うのが筋で、トビ職の小山登志夫の脳みそでも必要なのは、どうしてもすぐに百万円が必要な人か超貧乏人だが、安値でも値段があって買って食うとしたら極貧で死ぬ寸前の生きたい人が生きる為の最低限の手段でしかないが、元より脳みその質が落ちるという以前に、トビ職の小山登志夫の脳みそなんか食ってもマズかろう❗
投稿者:美少女マチコ 2019-04-07 22:57:58
30代で独身のプー太郎おばさん

これで生活保護もらってたら、ゴミだな❗
投稿者:美少女マチコ 2019-04-07 22:55:54
要するに小山登志夫の脳みそを食べるとしたら、頭脳の質を高める為じゃなくて、せいぜい死ぬ直前でお金がない人が生きる為の最低限の手段ね❗
投稿者:美少女マチコ 2019-04-07 22:54:52
この物語でお味噌屋さんの店主が売ってた脳みそは少なくともみなんな人間の物だったけど、小山登志夫の脳みそはサル程度だから、人間は小山登志夫の脳みそを食べたら元より知能が劣るから、まず買う人はいないでしょうから売らないでしょうけど、小山登志夫の脳みそならタダね❗
投稿者:美少女マチコ 2019-04-07 22:53:41
「百円の脳みそ」のもともとの持ち主は頭はいいけど性格が悪かったのね。
私は珍しいぐらい完璧に整った美少女で性格もいいわ❗
投稿者:美少女マチコ 2019-04-07 22:52:39
いや~ん、もっと罵ってよ❗今あそこが濡れてるわ、まいっちんぐー❗
投稿者:美少女マチコ 2019-04-07 22:51:35
二度とこのサイトにくんな、ボケ!
投稿者:名無し 2019-04-07 22:49:07
うるっさいわねー❗頭にきた、小春のマネしてやるわ❗

まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗
まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちん
投稿者:美少女マチコ 2019-04-07 22:45:31
↓みんな、ホンモノの美少女マチコを信じて、もし元カレの悪口とか、世にもに関係ないコメントしたら、ニセモノマチコを攻撃しようぜ!害虫駆除や!
投稿者:名無し 2019-04-07 22:32:47
↓おい、出てこいニセモノマチコ!ホンモノの美少女マチコを泣かせて、世にもに関係ない元カレのくだらない話ばっかしやがって!
仮眠じゃなくて永眠しろ、迷惑だ、本当に謝らないといけないのは、小山登志夫の悪口ばっか、このサイトにぶちまけ、あげく動画紹介を偽りアダルトサイトを紹介したり、くだらないクイズ番組でコメント欄荒らしやがって。
二度と来るな。それができないなら、どんな罵声にも反発すらせず黙って従え、バカモン!
投稿者:名無し 2019-04-07 22:31:34
さて、ちょっと仮眠しよう❗今日も夜通し投稿するわ❗まいっちんぐー❗
投稿者:美少女マチコ 2019-04-07 22:21:02
マチコ、オイルショックの時代にトイレットペーパー買いに行ったの覚えてるわ❗
投稿者:美少女マチコ 2019-04-07 22:20:01
https://www.youtube.com/watch?v=es_V3hKCRD8

粗末に扱っていいのは、サイト荒らしくらいにしよう。
投稿者:名無し 2019-03-31 18:35:23
昭和漫画のまいっちんぐマチコ先生に片想いしてるエロ教師山形先生が林間学校の時にケン太に海パンに「生き蟹」を入れられて蟹にハサミでチンポコを切られたように小山登志夫のチンポコよ、「生き蟹」にハサミでチョン切られろ!
投稿者:名無し 2019-01-10 21:24:08
岡田奈々かわいい
投稿者:名無し 2019-01-10 19:45:40
小山登志夫は、カニを食べてないのに、カニのハサミで刺される。

これを「祟り」という。
投稿者:名無し 2019-01-04 17:58:07
AKB48に岡田奈々が居た
投稿者:名無し 2018-10-26 14:09:20
ただのテレビドラマ(しかも奇妙なのに)
何おまえらいちいち教訓話しと結び付けようとしてるんだ?
カニ並みに頭の固いヤツらだな

感想は一言「岡田奈々かわいい」で十分だろ

投稿者:名無し 2016-09-08 16:08:59
お隣さんの名はきょうこさん
投稿者:名無し 2016-02-16 13:43:32
松岡家にいたカニが泡吹くころ泥棒も泡を吹いてた。
投稿者:名無し 2016-02-16 13:41:12
主人公は松岡家の主婦 松岡ゆかりさん

ケンイチを寝かしつけるとき「カニさんがね、ケンイチにありがとうって言ってるよ」って言った。

カニはかわいいことこの上ない。
投稿者:サブゼロ 2016-02-16 13:35:45
プロローグ

とあるレストランのテラス席で食事するタモリ

「人間は生きるために食べなくてはなりません。
朝、昼、夜。それ以外にもいろんなものを食べます。
しかし、人間が生きるために食べる食べ物も、」
ここでカニ料理のカットに切り替わる。
「また、生き物なんです」
そして頭に絆創膏貼ったタモリがアップ
「食べ物はその生命力を食べる人間に与えてくれます。
今私はカニ一匹分の生命力を貰ったわけです。だから、食べ物を粗末に扱うとその食べ物から復讐されるに違いありません。そう、奇妙な物語もそんなとこから始まるんです」

そういって、レストランをあとにする。
そして、「フッ」としゃっくり
「ンン?もう復讐されたか?」

彼がカニ料理食べていた場所は東京海鮮市場であった。

本編スタート
投稿者:名無し 2016-02-16 13:25:54
「おのぼり物語」という映画で、上京してきた主人公が同じアパートの住人から引っ越し祝いで生きた毛蟹をもらったが可愛そうに思ったのかすぐには食べずに暫く飼っていたのだけど、やがて仕事が無くなり食べるものもなく結局はその蟹を煮て食べたのを思い出しました。
投稿者:学生 2016-02-01 20:34:23
生き蟹を買う家庭ってあるのかな?
そもそも生き蟹を車で売ってるのも見たことない。

投稿者:ヤモリ 2016-02-01 16:00:10
たまに父親が「〇〇ガニ」という蟹用語を使ってるのがうざいと感じた人もいるんじゃないカニ??
投稿者:名無し 2016-01-21 13:22:05
※撮影終了後スタッフ全員で美味しくいただきました(嘘)
投稿者:名無し 2016-01-21 13:16:27
タモリさん 犯人だったのか
投稿者:名無し 2016-01-21 08:31:45
カニあわ吹きすぎや〜
凶器のカニバサミありえへん
投稿者:カンニンやでぇ 2016-01-21 06:12:42
これ見てしばらく蟹食べれなくなりました…
投稿者:名無し 2015-11-08 01:51:48
プロローグ(レストランで食事中のタモさん。テーブルにはカニが。)「人間は生きるために食べなくてはなりません。朝昼夜、それ以外にもいろんなものを食べます。しかし、人間が生きるために食べる食べ物もまた生き物なのです。食べ物はその生命力を食べる人間に与えてくれます。今私はカニ1匹分の生命力をもらったわけです。だから、食べ物を粗末に扱うとその食べ物から復讐されるに違いありません。そう、奇妙な物語もそんなところから始まるのです。」その後席を立ちしゃっくりをするタモさん。「ん~?もう復讐されたかな...」(※そういえばタモさんの額に絆創膏のようなものが貼ってあったのが印象的でした。)
投稿者:マサムネ 2015-11-06 11:59:05
もしかして俺が蟹食べれないのはこの話のせいかも

つるの恩返しとアリとキリギリスを混ぜたような道徳的な話ですけど、さすがに「なんで蟹!?」って感想ですよね。魚は夕飯で食べてるし(^^:
投稿者:五飛 2015-05-10 03:06:01
↓ のあらすじのほうがわかりやすい!
投稿者:名無し 2015-03-04 22:21:04
早い話が駄作
昔話みたいにしたかったんだろうが無駄な描写が多過ぎて現実味のあるショートドラマには全く向いてない
投稿者:名無し 2015-01-22 13:07:57
カニは火なんか知らないと思うんだが
投稿者:名無し 2015-01-16 17:54:47
あらすじに加筆。

当初主人公は生きた蟹を購入するのを渋っていたが、隣家の夫人に押し切られ購入(この時、蟹がビニール袋を爪で破く伏線有)。生きたものを捌くのに抵抗のある主人公は息子とどうするかを思案し、息子の懇願を聞いた夫ともども食べるのをやめる。蟹は息子の手で洗面器に入れられ、いずれ海に返すつもりで洗濯機のそばに置かれる。

一方、隣人夫妻は「ただの好物」して抵抗もなく切り刻み、鍋にして美味しく食した。しかしその夜、強盗(タモリさん)が侵入。隣家の主人と取っ組み合いになるが、強盗が三角コーナーから蟹の鋏を手に取り蟹の如く振り上げると、そのまま主人を刺し殺した。逃げる隣人も背後から刺されて断末魔が響き渡った。

その頃主人公家では、「人は常に他の生物の命を食い、命に命を重ねて生きてきたんだ。ケンイチ(息子)にもいずれきちんと教えてやらなきゃな」という夫に頷く主人公。
その時隣家からの悲鳴に、2人何事かと居間を飛び出し玄関でゴルフクラブで武装しつつ、隣家に向かう。
その時火のついたタバコが新聞紙の上に落ちた事を2人は気付いていなかった。
息子は子供部屋で眠り、居間では新聞紙が燃え始めていた・・・

到着した主人公夫妻は隣家夫妻の死体を発見し、夫が通報に向かう。1人残された主人公の前に潜んでいた犯人が出現し、主人公は無我夢中でゴルフクラブを振り回した。

その頃主人公宅では息子が眠る中、居間の煙に気付いたのか、洗濯機の傍から蟹が居間へ移動。火元へ向かって消火器の如く泡を噴出していた。

隣家では主人公のクラブが当たって強盗が泡を吹いて気絶。警察も到着して一件落着。
自宅へ帰ると、異臭を感じる主人公。息子には何事もなかったが、居間のドアから廊下にはみ出す泡。居間に入ると床一面がびっしり泡で覆われていた。
「何だったんだろうなあれ」「新型の消火設備じゃない?」と推測する2人。

次の日、主人公は車で海に蟹を返しに行く夫と息子を見送っていた。
「いずれ恩返ししてくれるかもしれないぞ」という夫に、息子は「昨夜、そんな夢を見た」。どうやら息子は、泡塗れになって遊ぶ素敵な夢を見たようだ。


投稿者:名無し 2014-12-30 00:50:18
でもまあ「生き物を殺して食べたら、死ぬ」というなら
どちらの家族も、泥棒も、他のあらゆる人々も、とっくの昔に全員死ぬはずだけどね()

植物も生き物に含めるなら、菜食主義者も死ぬ
投稿者:名無し 2014-11-21 01:10:13

ここは野生じゃないし人間ならかわいそうと思う心は自然。獣みたいな人間にはわかるはずもないか笑
投稿者:名無し 2014-11-20 22:00:30
理不尽に殺される夫婦カワイソス

投稿者:名無し 2014-11-17 20:30:05
理不尽だね
この世界に生まれたなら食うか食われるかそれは今の人間にも言える支配しているようだがまだまだ隙はある
野生はそれを承知(?)で生きているかわいそうなんて邪道とも言える
人としては善だけど
大事だと思うのは命の尊重
「殺さない」ではなく「支配しない虐めないこと」こそが尊重
「どうせ殺すから・死ぬから虐待してもいいよね」
「殺すのはかわいそう・美しいのに」は命のある今を理解し大切にできていない
「殺し方が残酷」は代案を怠けて出さない侵略者
投稿者:名無し 2014-11-13 11:23:21
ifもしも風なタイトルなら、

『買ってきた生きた蟹、食べるか生かすか?』というような奴だと思います。
投稿者:K・K 2011-01-30 23:16:14
泥棒(タモリ)が咄嗟に両手に蟹バサミを持って、珍妙な姿勢で蟹好き夫婦を刺殺したり、逆に金属バットで殴られて

“泡を吹いて”気絶したり、消防の人間が蟹の泡を『新型の消火剤』と呼んでいたり…とブラックユーモアの効いた描写が楽しいですね。
投稿者:オヤシロ 2011-01-27 15:29:01
今でも毛ガニは食べられません。
投稿者:ドナドナ 2010-10-07 14:59:14
見てないから評価は3ですけどこれって昔話がモチーフなんですかね?

漁師に生け捕りにされた蟹を助けた娘が蛇に娶られそうになって、蟹に助けられるというのを思い出しました。

見てみたいなー。
投稿者:も 2010-10-06 13:56:40
見ていないけど、簡単にまとめると

蟹食べなかったから助かってよかったねって

話だね。
投稿者:こま 2009-06-16 17:43:01
この作品のラストの曲が良かった。

もう一度観てみたいな〜
投稿者:rumi 2008-09-07 10:19:07
見てはいませんが、主婦2人が買ったのがすでに死んでいる蟹じゃなくて、生きたままの蟹と言うのがポイントみたいですね。



蟹を逃がすか食べるかで運命が変わると言うある意味「if〜もしも〜」な話。



でも、食べるにしてもちゃんと自分が殺す生命に対して、何らかの敬意を見せていれば、隣の夫婦は死なずに済んだ(主人公夫婦は生命を重んじて殺すのをやめて逃がした)のかも知れませんね。
投稿者:Feather moon 2008-08-23 14:31:51
懐かしー。

かにがしばらく食べられなくなった思い出が。。。
投稿者:ぴっぴ 2008-02-13 04:00:37
凄い話ですね(笑)霞食って生きてろってのか?
投稿者:あき 2008-01-05 20:33:15
主人公の夫役は五代高之氏では?
投稿者:info 2007-07-15 06:38:42
買ったんだから食べても良いんじゃない蟹

これで助かったり殺されたりで因果応報いわれても・・・
投稿者:  2007-06-16 00:51:06
おも

投稿者:みっつー 2007-05-13 17:32:07

投稿者:p 2007-03-31 22:26:29
なんだ、そりゃ。。。
投稿者:purple 2007-02-13 21:02:03
あらすじ検索

キーワードを入力し、「検索する」をクリックしてください。複数のキーワードがある場合は、半角スペースで区切ってください。

クレジットカード比較の専門家
脱毛人気口コミランキング
青汁通販
車買取
車査定相場表
レーシック口コミ
FXとは
白髪染めランキング
フレッツ
楽天カード