第279話 地獄のタクシー

豪林総合病院の院長である主人公の豪林修が、診療室で若い医師の沢に対して「クピだ。」と強い口調で言っている。
沢は豪林から脚の切断手術を命ぜられている車いすの高齢の女性患者の脚が治療により回復の兆候を見せており、手術を見合わせることを説明しようとするが、豪林はこれを無視して、傍らにいる助手の近藤にその患者の脚の切断を命ずる。異を唱えようとする患者の言葉を無視して、豪林は実験スペースに向かう。

実験スペースでは助手の野田が耳に白い模様のあるネズミに新薬のテストをしている。豪林は野田に新薬の濃度を増やすよう命じ、ネズミが死ぬかもしれないという野田の言葉に対し、「やってみんことにはわからんだろうが、どうせネズミの命だ。」と言い放つ。そこに自分のペットのネズミを病院に持ち込んだ少年の入院患者が看護婦と共に現われ、野田が新薬のテストに使っているネズミが自分の逃げたペットネズミであると豪林に訴える。しかし、豪林は少年を払いとぼし、「医学進歩のために死ねるなら、ネズミも本望だ」と言って少年のペットネズミに注射を打ち、その結果死んでしまったネズミを少年に放り投げる。

場面が変わり、深夜の裏通りで酔っ払った豪林が野田、近藤らを連れて歩いている。豪林は自分の医は仁ではなく金である等の病院経営や医学に対する考えを大声で話す。やがて助手が豪林のためにタクシーを拾いに行き、一人残された豪林の目の前に風変わりでレトロなタクシー「HELLCAB」が止まり、ドアが開く。豪林は助手たちを呼ぶが返事がないため一人で乗り込んでしまう。

顔がよく見えずどこか不気味なタクシーの運転手は、豪林の職業が医師であると言い当てる。なぜ分かったのかと聞く豪林に対し、運転手は、豪林に死の匂いがするからだと答える。それを聞いて豪林は、自分の病院には重症の患者が多いし、新しい治療を試みれば時には失敗もあると説明し、一人の患者、一人のネズミの命で何万人もの命が救えるかも知れず、医学の進歩とはそういうものであり、自分にとっては患者もネズミも同じ実験動物であると述べる。そして、医者は現代の神であり、多少のことは許されると語る。運転手から何か大切な物を忘れてないかと尋ねられ、豪林は財布を忘れていたことに気つぎ、運転手に病院に向かうよう指示する。病院に着いてタクシーを待たせて走っていく豪林に対し、運転手は忘れたのは財布などではないでしょうとつぶやく。

豪林が病院に入ると、宿直看護婦が誰もおらず、呼んでも誰も返事をしない。突然電話が鳴り、豪林が取ると、「いたい、いたい」と苦しそうな人の声がする。電話の主は分からず不気味である。豪林は、ふざけるなと叫んで電話を切るが、さすがに気味が悪くなってくる。その後、豪林が診療室に入り、財布を探していると、廊下をこちらに向かって歩いてくる何者かの足音が聞こえ、それが診療室の前で止まる。豪林が思い切ってドアを開けると、そこには誰もいない。気のせいかと振り返ると、青白い顔の患者が立っている。患者が、「心臓が鼓動を感じない。」と言ってシャツをまくり上げると、心臓のあたりが丸く背中まで割り抜かれている。それを見て、それが年前に死んだ患者であることに気付いた豪林が、患者を突き飛ばし、診療室から飛び出すと、半透明の亡霊患者が廊下にあふれていて、豪林に対して、豪林の指示で切除された腕、腎臓、脚を返すよう訴えながら近寄ってくる。「医学のために犠牲はつきもんだ。」と言いながら手術室に逃げ込んだ豪林は、何者かに、後頭部をハンマーで殴られ、気を失う。

気がつくと、豪林は手術台にベルトで固定されている。豪林が驚いていると、医師、助手、看護婦らしき数人(実はネズミ)が近寄ってきて、そのうちの一人の医師が新薬実験のため患部を摘出すると言う。その医師は叫んでいる豪林を「うるさいネズミだ。」と呼び、「ネズミに麻酔など賛沢だ。」と言って、麻酔もせず、「ネズミ一匹の命で何万人救われるかもしれん。医学進歩のためにはネズミの命なんて安いもんだ。」と言うなり、豪林の右脚を切断し始める。隣にいた看護婦から、患部は左脚じゃなかったかと指摘され、その医師は、「新しい治療を試みれば時には失敗だってある。医者は神だ。多少のことは許される。」と、豪林が先に言った言葉と同じことを言い、それを受けて全員が大笑いする。その顔がネズミの顔になっている。それを見て豪林が絶叫する。

絶叫する豪林が気づくと、タクシーの中に座っている。豪林は「夢だったのか。」とつぶやき一瞬ほっとするが、運転手に夢の話をしながら脚を見てはっとし、脚に触れた手が血塗れになっているのに気づき、再び絶叫する。運転手は、豪林が医者でありながら命を粗末にした報いを受けるのだとし、このタクシーの行く先は地獄であると告げる。タクシーを探している助手たちに向かって窓を叩きながら助けを求める豪林を乗せたままタクシーは霧の中に消えてゆく。タクシーの行く手には「死」があることを暗示することで終わる。

キャスト: 佐野史郎
放送日: 1995年 秋の特別編
 

コメント投稿

名前:

コメント:

コメント一覧 (113件)

包帯でグルグル巻きのタクシー運転手は六平さんかと思ったら違った。
投稿者:名無し 2016-07-19 00:51:54
世にも奇妙な物語 '16春オフ会の特別編に参加できなかった者です。この作品を見たという皆様、羨ましいです。youtubeでアップされないでしょうか?一番気になっている作品ですが、見る機会が全くありませんので、タモリさんの冒頭の部分からぜひお願いします。できれば同じ回の「マエストロ」も見てみたいです。95年秋の特別編では「23歳の老人」「友子の長い夜」「殺人者の高橋さん」は動画で以前拝見しましたが、「地獄のタクシー」「マエストロ」はまだ拝見しておりません。
投稿者:名無し 2016-07-09 23:42:34
ここに書き込みしてる人で、オフ会に行った人いるかな?気になる・・
投稿者:そういえば 2016-07-09 23:29:00
世にも奇妙な物語 '16春オフ会の特別編に参加された皆様に質問です。この作品をついに見ることができたのですか?
投稿者:名無し 2016-07-09 20:00:35
「世にも」ではないですが東宝特撮映画の「獣人雪男」「ノストラダムスの大予言」と共にDVD化希望作品です。佐野さんの「世にも」の中でも一番好きな作品でもあります。どうかよろしくお願いします。
投稿者:名無し 2016-05-06 01:27:01
そろそろ誰かyoutubeにアップしてくれる人いませんか?一番見たい作品です。
投稿者:名無し 2016-02-12 19:51:11
今年こそは「地獄のタクシー」が再び見れる日が来ることを願っています。誰かお願いします。
投稿者:名無し 2016-01-01 20:00:45
誰か「地獄のタクシー」をyoutubeにアップできる方いらっしゃいませんか?(できればタモリさんの冒頭のストーリーテラーから)いろいろ問題があるかとは思いますが、一番見たい作品です。DVD化も難しそうなので。
投稿者:名無し 2015-12-08 11:16:45
大我さんへ
このコメントを見ていたらぜひこの「地獄のタクシー」をyoutubeにアップしてください!
そして「世にも奇妙なマニアトーク」みたいに解説してください!もう大我さんに頼るしかありません。この作品が復活する日は来るのでしょうか?
投稿者:名無し 2015-11-22 22:16:53
もし、「世にも奇妙な物語」が全話DVD化するとして、この作品だけ、削られてしまうのでしょうか?「怪奇大作戦」でも「狂気人間」という作品が収録されていなかった例がありますので。「地獄のタクシー」も入れて2014年秋まで作品数492本といっているので、ぜひ削らないでほしいところです。自分は本放送で1度きりしか見ていないので、ぜひ動画でもDVDでも、もう一度見てみたいものです。
投稿者:名無し 2015-11-22 22:05:05
裁判沙汰になったけどフジが勝って、司法からもパクリじゃないって認められた訳だから一応やれなくは無いんだけどね
まあやったらやったでネトウヨとかに叩かれそうだし
悲しいけど放送しない方が賢明なのかな。
投稿者:名無し 2015-11-22 01:35:41
これ覚えてる。子供のとき見て衝撃すぎて軽くトラウマ
投稿者:名無し 2015-11-21 23:47:01
EP「一人の悪しき男が裁かれます。男は奇妙な世界の囚人となったのです。裁きは永遠に続くでしょう。そこは、一度連れ込まれたなら二度と逃げられない世界なのですから」-終劇-


「心臓が鼓動を感じないんです」と言っていた患者の胸の穴から佐野史郎の顔が見えていた所と悪夢?(夢じゃないって言ってたから現実なんでしょうけど)から覚めた佐野史郎が足を触った時の「べちゃ」っていう音が不気味で怖かった。この頃の佐野史郎は沙粧妙子でもインパクトのある役をやってました。コメントの名前が役名なんですよ。
投稿者:池波宗一 2015-11-21 20:39:09
リメイク企画は逃しました。25周年記念なのでいろいろと話題が出てくるかと思っていましたが、例の問題がありますのでそれは実現しませんでした。しかし、いつか必ず本放送以来、観られる日があることを信じています!そしてどうかDVD化をよろしくお願いします!
投稿者:名無し 2015-11-21 12:07:49
↓の方、画像が粗くてもいいのでぜひyoutubeにアップしてください!
投稿者:名無し 2015-11-04 21:48:21
当時VHSに録ったのを10年くらい前にDVDへダビングしたのがあるけど画像が粗いです。今CSが見られる環境にあるので是非放送して欲しいですm(__)m
投稿者:名無し 2015-10-26 16:53:27
大我さんにぜひ解説してもらいたい作品ナンバー1です。もちろん視聴もしたいです!どこか見られるサイトはありますでしょうか?過去の事は忘れてぜひDVD化も希望します!次に投票企画がある際はぜひ30位以内にランクインしてほしいです!
投稿者:名無し 2015-10-11 22:53:07
「急患」と並ぶ世にも史上屈指の名作ホラーなだけに、とある諸事情で東宝特撮映画の「獣人雪男」「ノストラダムスの大予言」みたいに幻の作品となってしまったレアな作品です。25周年秋のリメイクが無理でもDVD化は実現してほしいです。20年前の今頃放送していたのを思い出すと録画しておけばよかったと悔やんでいます。また見たいので誰かyoutubeにアップしてください。
投稿者:名無し 2015-10-08 21:10:48
世にも奇妙な物語25周年記念の「世にも奇妙なマニアトーク」でぜひ大我さん?にこの作品について触れてほしいです。というかむしろわかっていて触れられないのでしょうか?すべての作品を3回以上見ているということはこの作品のことも詳しいはず。自分はオンエアで一度きりしか観てなく大我さんが羨ましいです。誰かyoutubeでアップしてください。
投稿者:名無し 2015-09-26 23:13:04
それは難しいですねこの話の脚本が盗作問題で裁判ざたになってますから
でも見てみたいなー
みんなもそう思わないかい!誰か動画にアップしてくれないかな
投稿者:名無し 2015-09-22 20:08:11
この作品は一番好きな奇妙作品として投票しました。残念ながら30位以内にはランクインしてなかったですが。もう一度見たいので誰か動画でアップしてください。DVD化するのはもはや難しいのでしょうか?
投稿者:名無し 2015-09-22 14:27:56
>善人ぶって現実も見えないのかよ
それはどっちだろうな。
その『医療発達で助かるようになった命』の所為で『人口過多と高齢社会』が問題になってるんだが。
目先の命を救うために、種としての滅びを招いているのが医療技術。
投稿者:名無し 2015-08-05 17:24:37
先生僕ですよ
投稿者:名無し 2015-04-11 11:39:16
「志村けん」だったら、絶叫すると思う。
投稿者:名無し 2015-01-21 13:01:28
え・・・マジに足ギッチョンされるの?それもゴールデンで?
今じゃ映画でそれやれば指定つくのに
90年代恐ろしや・・・
投稿者:名無し 2014-11-17 15:21:23
怖い……
投稿者:hentai 2014-06-29 22:14:18
看不懂求翻译!!qwq
投稿者:名無し 2014-06-29 19:48:26
谁给翻一下啊。。
投稿者:名無し 2014-06-29 15:56:33
普通...
投稿者:名無し 2014-06-29 14:40:44
看不懂…很吓人?
投稿者:名無し 2014-06-29 13:10:27
蛮吓人!
投稿者:名無し 2014-06-29 11:34:31
その「擁護できない部分」が原因で地獄行きなんだけど分かんないのかな
投稿者:名無し 2014-05-24 17:57:02
なーにフィクションにマジギレしてんだよ
投稿者:名無し 2014-04-07 03:24:26
こういう人がいたから、文明が発達して命が助かってるかもしれないのに
マウスでの実験が禁止されてたらお前らはインフルエンザで死ぬかもな。マウスを殺せないのであなたは死にますって言われたらマウスぐらい殺してもいいだろって思わないか?

麻酔等擁護できない部分はたくさんあるけど、命を殺す=地獄に行くべきというのは短絡的すぎて滑稽。善人ぶって現実も見えないのかよ
投稿者:名無し 2014-03-15 08:14:20
「HELL CAB」だって...Wwwwwwwww
投稿者:ヒッチコック 2013-06-10 15:34:12
殺されて当然だとは思うが、この経験から医者が最期に改心した話ならもっと良かった。

SAWのゴードン医師みたいに。
投稿者:  2013-01-25 21:28:27
今の時代だからこそ、こういう作品を放送して欲しい。
投稿者:sin 2012-11-11 05:52:54
ハッピーピープルだなぁ。

原作になってるのかな、ちゃんと。
投稿者:h 2012-08-14 02:49:59
豪林しねー
投稿者:ひす 2012-08-13 13:39:09
小学校低学年のときに夜見て漏らしたわ
投稿者:これ 2012-05-15 00:56:26
怖いですね。 実験に使ったねずみからの仕返し。 命を粗末にしちゃいけない。 そのことが、すごくよく分かりました。
投稿者:島崎紗枝 2011-01-04 17:02:55
この話しの主人公が志村けんだったらどんなリアクションとるかな〜
投稿者:妄想野郎 2011-01-04 10:39:20
「先生、僕ですよ」コワカッタねえ。「地獄」もコワカッタけど。
投稿者:悩殺ぼいん 2010-12-26 05:26:40
「クピ」ですか。

怖えぇぇぇぇぇ……





たしかこの話裁判にかけられt(ry
投稿者:貞革遺志紋字 2010-09-17 17:46:51
久しぶりの投稿となります。

今更思い出したことですが、豪林医師(佐野史郎)がいきなり気絶させられ、目が覚めるとそこは手術台…これを見て思い出したドラマがあります。それはかつてテレ朝系で放映された「ザ・ハングマン」で、似たようなシーンが毎週展開されていました。
投稿者:まつよう三枝史浩 2010-09-01 20:54:34
あと覚えているのは、豪林医師(佐野史郎)は一人称が「私」だったのが、最後のところで「俺」に変わっていることです。
投稿者:まつよう三枝史浩 2010-08-09 21:41:00
当時見れなかっただけにこの話を見たいのにあの事件さえなければ・・・・

だれか持っている人いないかなぁ・・・・

「懲役30日」と1、2を争う主人公を見て心の中で「ざまあ見ろ。ククク・・・・」と笑いたい。

見ていないので評価は保留。
投稿者:s 2010-08-04 11:04:03
あと、当時の週刊TVガイドに確か「豪林は利益のために患者をモルモット扱いする悪徳医師」とあった記憶があります。「病棟で動物を飼うのは禁止」とか言って入院患者のペットのモルモットを殺す医師は酷いと思います。このあと出てくるチェーンソーで足を切られるシーンはまさに“ネズミの祟り”でしょうか。
投稿者:まつよう三枝史浩 2010-08-03 20:41:01
私の佐野史郎のイメージは、やっぱり“冬彦さん”です。しかし、この物語は見たくなかった。運転手といい、ネズミ医師といい…夢に出そうでした…。
投稿者:まつよう三枝史浩 2010-08-02 22:47:01
動物の命を大切にしないなんて、酷い院長です。本当にそんな院長がいたら、この物語のような目にあっても文句は言えませんね。
投稿者:ハリー 2010-07-31 21:46:37
「クピ」だ。
投稿者:プ 2010-05-12 20:58:02
地獄少女で似たようなやつ見た。

腹部チェーンソーで腹が膨れるシーンだけだからそんなに衝撃じゃなかったけど・・・

もしこれを見てたら、間違いなく夜眠れなかっただろう・・・でもその「演技」を見てみたい・・・
投稿者:でって 2010-04-09 17:05:57
この話だけは忘れられない

1本15分とは思えないくらい重い話だったよ・・・

もう見たくないです
投稿者:  2010-04-05 14:20:36
面白そうだけど、再放送は無理なんですよね…

見てみたかった…
投稿者:   2010-03-27 20:54:57
小4の時に2、3日寝れなくなった。

今でもトラウマ作品のひとつ
投稿者:F 2010-03-13 23:10:31
まだ見たことのない作品なのでとりあえず星ひとつで。

下に「ハッピーピープル」の中の「先生、僕ですよ」のパクリとコメントしてる人がいますが、そうだったらこの作品も結構エグイのかな?

漫画のほうは小学生の頃に偶然読んで以来、トラウマです・・。(ものすごくグロかった。)
投稿者:ユリ 2010-02-19 16:00:16
クピってどういういみですか?
投稿者:みず 2009-11-15 14:14:20
たしか地獄のタクシーってなんかが原因で

ちょっとした裁判になったんだよね

中村樹基さんとか
投稿者:カルボナーラ 2009-10-05 10:07:40
ハッピーピープルじゃん
投稿者:こ 2009-09-13 20:16:38
こえーーーー。

でも、主人公も悪だよな。


投稿者:てんこ 2009-08-23 12:10:11
これは絶対に本当にすごく怖いですから見ないほうがいいです。
投稿者:冨岡紘大 2009-08-05 12:29:26
最近、法学部の知的財産法の授業で題材に上げられました。

「HAPPY PEOPLE」という漫画に非常によく酷似していて、裁判沙汰にもなったそうです。
投稿者:リリパッド 2009-07-23 20:40:19
もう10年近く前に見たのに未だに内容を全て覚えているほど強烈な作品でした。当時はもう怖くて怖くて…今でもけして夜には思い出しません(笑)
投稿者:maki 2009-04-07 18:28:17
医者むかつく
投稿者:いいきk 2009-04-01 11:57:09
誰かようつべにアップしてくださいm(__)m
投稿者:トミー 2009-03-15 05:00:48
演出きもすぎるww
投稿者:るるぷ 2009-01-31 01:37:38
とてもおもしろ!
投稿者:ききききききく 2008-12-27 12:10:15
電話の「イタイイタイ」の声は足を切断されたおばあちゃんの声だった記憶がある
投稿者:asako 2008-10-05 16:02:37
これがほんとの自業地獄
投稿者:  2008-09-24 00:41:25
自業自得…
投稿者:ミユ 2008-06-01 20:19:50
地獄少女自体、基本「幻覚を見せて被害者と似た立場にさせて懲らしめる」ばかりだからなぁ

そういう意味じゃ大雑把な意味合いで毎回被ってる気もする

まぁ仕方ないよね
投稿者:  2008-05-22 05:34:15
確か、地獄少女の漫画に似たような話があったと思います。そっちは獣医さんでしたが。
投稿者:ひつじ 2008-05-17 11:54:44
ていうかタクシー、動物と立場逆転とかは地獄少女にまんまありましたね

ベタなだけか、それとも地獄少女側が真似たのか
投稿者:あ 2008-05-15 14:47:46
著作権上の問題で再放送は無いでしょう。

youtubeもやってないし。
投稿者:クチナシ 2008-03-28 11:43:38
これ、オレも昔観ました!

って言うかグロイ!!「行き先は地獄ですよ!」って言う運転手さんもかなり不気味でしたしね。(汗)



佐野さんの演技も上手すぎ!!
投稿者:DAIKI 2008-02-14 07:20:53
これ、地獄少女にありそうな

シュチュエーション。

そういえば地獄少女の一巻に

悪徳医師にペットを殺された人が

地獄通信を使うって話があったなぁ
投稿者:地獄の使い 2008-01-13 09:45:54
これマジで怖かった。。。
投稿者:ak 2007-12-29 21:27:14
先日、棚の中を探し回ってやっとビデオを見つけて久しぶりに見ました。あれは生きたまま地獄に流されたんですよね? あれだけの罪を償うとすれば、想像を絶する苦痛を与えられるんでしょうね。そういえば、地獄少女でもこれと似たような話がありましたね。たしかコミックの初期くらいで、標的が悪徳獣医だったような・・・。


投稿者:奇妙堂 2007-12-15 03:37:15
行き先は・・・じぃごぉくぅだああああああああああああああああああああ
投稿者:運転手 2007-12-12 13:06:00
怖い!佐野さんが足をチェーンソーで切られるシーンは今でも覚えているほど強烈にショッキング・・・・
投稿者:怪奇大作戦 2007-11-10 22:17:24
佐野さんの演技力は凄い!いい作品でした。
投稿者:アリーナ 2007-09-30 22:00:39
タクシーのメーターがマイナスになっていってたのはどうしてだろう。
投稿者:ザンバラ 2007-09-28 12:53:40
これってハッピーピープル、「先生 僕ですよ」のパクリだよね
投稿者:f 2007-08-31 01:41:59
「見たら最期」に比べたらまだまだ。。。
投稿者:ヨッシ 2007-08-27 20:36:38
「見たら最期」に比べたらまだまだ。。。
投稿者:ヨッシ 2007-08-27 20:36:26
プロローグ、〜霧の立ち込める夜の路上にて〜



タモリ「神は死んだ。これは哲学者ニーチェの言葉です。神は死んだ。もしそうだとして、悪しき者が神によって裁かれないとするならば、一体誰が裁くのでしょうか?・・・霧が出てきました。こんな夜は奇妙な世界の扉が開いて、やってくるはずです。心悪しき者を悔い改めさせる者が。」そして霧の中から現れる一台のタクシー・・・
投稿者:区間快速! 2007-08-15 20:28:25
今のご時世を考えると再放送は難しいだろうなぁ・・・
投稿者:区間快速! 2007-07-27 21:39:20
こわいですねぇぇ〜(>_<)
投稿者:しぃ仔 2007-07-25 13:09:48
怖かったね


投稿者:こうたくん 2007-07-18 21:20:32
佐野さんの演技ってこういう鬼気迫る役が多いな・・・。
投稿者:宵 2007-06-13 22:10:46
これ系の話ってよくあるね。
佐野さんの演技がよかったからまぁ楽しめた。
かちゃんさんの言うとおりまさに因果応報って感じ。
投稿者:pinky 2007-05-09 08:36:45
かなり怖い作品だったかもしれないけど、
命を粗末にして金をむさぼる院長に
残酷な結末を迎えるのは当然のことだ。
かえってスッキリするかも。

投稿者:hide 2007-04-30 01:28:23
佐野さんグレート!
投稿者:30代デビュー 2007-04-29 18:34:01
残虐な事をすると残虐な事が帰ってくる。
「因果応報」とはこのことですな。
・・でも恐い世〜
投稿者:かちゃん 2007-04-21 20:44:33
自分が子供のころ初めて見た「世にも〜」の作品。かなりトラウマになったが、最近You-tubeで見たらやはり怖かった。最後のミイラ(?)の運転手の微笑がヤバい

投稿者:カロン 2007-03-30 15:18:38
これ、いろんな事情で再放送、ソフト化がされないであろう作品で、僕も1回しか見たことがないのですが、今でも強烈に覚えてます。
ネズミの被り物は今思うとチープかもしれないが、何より演出が巧い!
やっぱり、今の世にもにはこういう話を求めます!!
投稿者:淘汰 2007-03-28 16:52:05
幼い頃、見たような気がしたけど、記憶に無い。
投稿者:シーブック 2007-03-27 14:37:08
youtube
投稿者: 2007-03-23 15:53:44
この作品の佐野史郎、嫌なヤツだねぇ(笑)。
この作品はいわく付き(裁判になった)だし、ちょっとキツイ映像もあるから、再放送は期待できないかな。
投稿者:クラリス 2007-03-08 12:01:30
そういえばタクシーの運転手って、「恐竜はどこへ行ったのか?」の看守さんでしょうかね?

子供のころに見て、ずっとそうだと思い込んでいたのですが…
投稿者:ラガー 2007-01-14 23:03:09
うわー、グロいっすね。おもしろかったけど。
投稿者:まるふぉめいしょん 2007-01-14 14:30:46
なんか地獄少女に似ていますね・・・   でもおもしろそうです
投稿者:なな 2007-01-02 15:07:02
これも急患と同じ様に映画化して欲しいなぁ・・・。
投稿者:ユートピア 2006-12-31 21:29:57
佐野さんの演技だけで、絶妙な仕上がりに。
内容は、トワイライトゾーンとかの洋物にありがちでしたね。
投稿者:りりか 2006-12-20 12:31:08
今見ると大して怖くも無いんだが
初めて見た時(小学校低学年)は怖すぎて大泣きしたなぁ…
投稿者: 2006-12-17 02:07:41
発見!
ここにもニーチェのことばがでてきますね
投稿者:hamori 2006-12-03 23:42:05
佐野史郎がこの話の残酷性を高めているといってもやまない。恐怖映画という意味でこれが大好きな作品にはならないが、非常な傑作作品に代わりならない。
投稿者:hamori 2006-12-03 23:36:07
院長残酷すぎです。地獄行きのタクシー運転手が怖かったです
投稿者:豊楽殿 2006-12-03 18:31:04
滅茶苦茶怖かったです!!
佐野さんの悪な演技がすごいうまかったですし、
チェーンソーで両足を切断されたときの、絶叫と飛び散る肉や血がグロテスクで物凄く怖かった!
近づいてくる亡くなった患者さんたちも。。。
最後の運転手も衝撃的でして、行き先は「死」ではなく、
二度と逃げられない場所らしいです。
一生両足が無い状態で地獄に暮らすなんて怖すぎる。。。。
大好きな作品になりました!
投稿者:INA 2006-11-23 01:48:46
おもしろそう!!!
投稿者:コナン 2006-11-21 16:42:02
なんだかなぁ
投稿者:月光 2006-10-18 11:22:26
なんか地獄少女にありそうな感じだなー
投稿者:kz 2006-10-14 01:42:06
「クピだ。」
投稿者: 2006-10-10 16:53:26
あらすじ検索

キーワードを入力し、「検索する」をクリックしてください。複数のキーワードがある場合は、半角スペースで区切ってください。

クレジットカード比較の専門家
脱毛人気口コミランキング
青汁通販
車買取
車査定相場表
レーシック口コミ
FXとは
白髪染めランキング
フレッツ
楽天カード