第266話 思い出を売る男

男(小堺)の娘が手術しなけりゃ助からない病気に。
更に借金していた男は絶望するが、
個人の思い出をコレクションしてると言う
怪しい男(以後「コレクター」と記す)と出会う。
自分の思い出をコレクターに売れば、かなりの金になるという。
友人との思い出を売り、初恋の思い出を売る。
故に友人や初恋の同級生に久しぶりに会っても知らん顔。知人を失っていく。
が、金は確実に手に入れていた。借金取りに全額返し
(借金してた事も忘れていた)後は娘の手術費を作ればいい。
でも男は思い出を売り過ぎた。残る思い出は家族の思い出だけ。
コレクターが「よろしいんですか?」と念を押すが
男は娘の為に家族の思い出を売ると決める。
娘が生まれ、妻と3人で楽しく生活した数年の様子が走馬灯の様に流れる。
全ての記憶が消された。コレクターは約束を守り金を病院に渡す。(妻かな?)
月日が流れ、男は小汚いホームレスになっていた。

そこに妻と手術に成功した可愛い娘の姿。
どうやらコレクターに全部聞いたらしい。
「あなた」「パパ」
「誰ですかあなた達」おどおどする男。
男は、自分がこの二人を救った事も分からない。
「思い出は、また最初から創ればいいから」
妻と娘が男を抱きしめ、めでたしめでたし。

キャスト: 小堺一機/岡江久美子
放送日: 1994年 秋の特別編
 

コメント投稿

名前:

コメント:

コメント一覧 (223件)

志村けんで結構話題だったけど、この話を見ているとコロナで亡くなってしまった岡江久美子を思いだし、何だか悲しくなる。
投稿者:名無し 2021-04-18 01:05:53
死ねよ




















































































































































投稿者:偽物マチコ駆除隊 2021-04-12 04:32:10
4月29日(木)、5月3日(月)、5月4日(火)、5月5日(水)はどれも13時00分に秋葉原のドンキホーテ前でマチコ待ってるわ❗マチコとエッチしてくれるおーじ様ぼしゅーだわ❗なお5月1日(土)、5月2日(日)はいわき市内のホテルでパパと1泊2日ルマン6時間セックス旅行をするから、この2日間は秋葉原には行けないわ❗


●2021年4月3日実施のJJJ国家基本政策委員会合同審査会184だわ❗

木綱愛幹事長「私は、去年終わりごろから北別府総裁のもとで、北別府派の議論を交わしてきました。まさか、総裁にはならないと言っていた北別府さんが総裁になるとは夢にも思いませんでした。逆に言えば、今木曜日17時30分問題といい、危機的状況にあることは明らかです。さて、木曜日17時30分問題で副業にまでなる騒ぎでしたが、木曜日を総裁はどうするお考えか、お聞かせ願います。」

❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗

北別府総裁「私が総裁になると、2012年の岡山離職を思い出す人も多く、大変だと思います。しかし、老人講師の駄々には答え、有能な若手には不満なら副業したらと煽るハゲ社長には失望しかありません。アルコール消毒ひとつできない能なしにしかシフトが行かないなら、倒産まっしぐら、規模縮小するなら早く倒産して失業給付よこせ。世論のこういった、若手の芽を摘む悪質組織に対峙するコメントにこたえるべく、政権ができました。そもそも、有能な若手にシフトがまともに入れられず、謝罪すべき案件を、ハゲ社長は不満なら副業と抜かすが、副業するか否かは総裁の先見事項であり、それを口走ることは、自らが墓穴を掘り、自らの意志で倒産に向かっていることを意味する。なお、青年の見解は、木曜日19時00分でシフト少ないけど、どうしても今のコンビを卒業させたいという想いに答え、当面は我慢する意向。ただ、2022年度は木曜日どころか、金曜日も副業転職の槍玉にあげられるのではないかと考えている。」

❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗

木綱愛幹事長「木曜日17時30分問題は、夏休み前後にシフトがかかれば人事異動で再開はできます。運がよければ、問題17時30分早まるかもしれません。それを信じてGW拡散はつらいけど共有すべきだと思います。もしシフトが増えないのに、アルコール消毒すらしないアルバイト講師の尻拭いで人件費コストパフォーマーになると、フラストレーションがたまるでしょう。苦労してGW集め、集めたのを複製してあげても報われないなら、爆発しかねません。ただ、忘れてはいけないのは、お客様あっての自分の仕事。つらいけど入社9年目の今、社長以外の社員より長く勤務する青年に求められるのは授業だけではありません。新人講師は授業で手一杯でしょう。年数を重ね、回収業務やプラスアルファでできることを増やすことが、シフト増の近道です。王道はありません。今こそ、入社9年目の底力を見せるべく、つらいけど木曜日、金曜日のGW拡散をすべきだと思いますがどうですか。」

❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗

北別府総裁「昨日の江頭元総裁との公聴会でも議論しましたが、木曜日17時30分問題の何がまずいかと言うと、結局シフトが少ないから収入が少ないということではなく、老人講師の駄々が自分の実績に勝る現実が問題だということ。でも、幹事長が言うように、青年のワガママでGW拡散をやめ、結局自分だけの手柄にすれば、生徒がかわいそうだ。だって、その青年にしかGW拡散がなければ数学バカの老人講師と同じではないか。自分にしか作れないと高をくくるやり方で評価書を埋められ、数学専属ではなく数学しか教えられないと青年に軽蔑されている。そんな講師を大昔尊敬したせいでシフトを週6から週3まで減った。オンゲライターはもう死んだ。自分のシフトは自分で守れ、バカ者よ。茨木のり子みたいだが、青年にはそう伝え、GW拡散はやってもらう、これを特別通達として出すつもり。」

❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗

木綱愛幹事長「社員でない青年アルバイト講師は、入社9年目にして独自に客増にどう貢献するか考えている。これは、必ず副業転職にプラスになるし、客が増えれば上層部を黙らせることもできる。私たちは、老人講師の二の舞になって、シフトが少ないと嘆くのをやめ、ならば独自に客を増やしてやるという執念で来週からの仕事を乗りきってほしいと思いますが、総裁はどう考えますか。」

❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗

北別府総裁「まさに、幹事長の言う通りです。シフトが少ないと言っても、客が少ないならどうすることもできません。ならば、入社9年目の底力、副業転職できる力、気持ちがあるか、底力を来週から見せてほしい。GW拡散は全校合同でやる。新年度は、2種必須の、可能なら4種拡散でいこうと思う。有能な青年を蔑ろにしたら、絶対しっぺ返しがくる、青年の政策は社員には真似できないことを見せてやろう。木曜日17時30分問題でつらいけど、しばらくは他の曜日が多忙だからこそ、休息の意味合いかねて耐え抜いてほしい。我慢できないなら俺のとこに来い。副業させてやる。活躍の場を作る。そう青年に伝えたい。」

❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗

木綱愛幹事長「北別府さんの言う通り、木曜日17時30分問題の根本は給料面ではなく、活躍の場が少なく、おとといは駄々こね老人講師まで仕事をしている姿を見た屈辱です。ならば、18時40分ルールを適用し、グロンサン復帰して屈辱を抑えたらいいんです。だから、昨日は数学バカの老人講師より後に職場に着きました。無理して早く行くのではなく、マスタックスかねあいながら、時間調節し、出社すればいい。今はつらいけど、木曜日17時30分問題は必ず解決する。GW拡散でダメならそのとき考えたらいいと思います。」

❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗

北別府総裁「木曜日18時40分ルールは即議論に持っていきます。そして、GW拡散に失敗したり、勤務体系が改善されないなら第1校舎ボイコットも検討していく所存です。陣内亀蔵先生や木綱愛幹事長を弟子に持ち、2012年に一度正社員を離職に追い込んだ私には失うものがありません。ならば、自分自身やることをやったのなら様子を見ようではありませんか。3校合同でやっていながら、1校だけ結果が出ないのは、その校舎全体に問題があります。だから、入社9年目の青年には、愚痴を言う暇はありません。愚痴を言う暇があるなら改善策考えたらいいと思う。何度も言うけど、副業転職したければ俺に言えば何でもさせてやる。お前の気持ちと実力があれば言ってもらいたい。木曜日、金曜日問題にフラストレーションが改善されないならハゲ社長に言われる前にこっちに言ってくれ。いくらでも対策考える。」

❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗

木綱愛幹事長「北別府総裁のもと、確かにシフト減でやや荒れぎみだったけど希望の光が見えてきました。青年には、これからの飛躍を期待お祈りし、質疑を終わります。」

❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗
❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗

神岸あかり幹事長代理「私からは、木曜日17時30分問題と妹確保、所持金記録について質問します。まずは、木曜日17時30分問題について、木綱幹事長との討論にもあったように、18時40分ルールを作ることは賛成です。ただ、第1校舎の客減問題は組織ぐるみで議論すべきだと思います。なぜなら、GW拡散、問題分析、、鳩サブレプレゼントなど、これらの政策は3校合同です。つまり、同じ政策を打ち出しているのに、第1校舎だけ客減なのは、例えばGW運用不足や、いい加減なアルコール消毒など、青年自身の問題ではありません。北別府総裁の『自分のシフトは自分で守れ』は、2020年の流行語にもなりました。しかも木曜日は優秀な5人が2コマで、これ以上生徒が入らない状態、そのうち1人から紹介が来るなど、木曜日17時30分問題は明らかに青年のせいではありません。だからこそ、組織単位の問題は指摘をし、改善する道をたどるべきだと思います。仮に、シフトを失うリスクがあってもね。だって、不当な理由でシフトが減らされたら労働基準監督署に言えばいいし、もっと言えば倒産間際でがんばるより、頑張れば報われる場所に切り替えた方がいいと思います。告発は、するべきかどうか北別府総裁の見解を伺います。」

❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗

北別府総裁「月曜日や火曜日の方で話しても、結局社長経由になるから意味ないだろう。ならば、木曜日の第1校舎で直接指摘したらどうか。わざわざ別の校舎の問題を該当しない校舎で言うのもどうかと思う。話すなら、やんわりと話せばいいし、基本的にはGW拡散は全校合同である以上やる。あとは、各校舎でどう運用するか、手腕の問題。組織ぐるみでと言っても、それができてないから客減になってる。やっても無駄だと思う。言うだけ無駄だろう。青年にはつらいが、黙ってGW拡散をし、全校合同で客増に貢献していくしかない。その恩恵で木曜日17時30分問題解決するしかない。」

❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗

神岸あかり幹事長代理「来週はいよいよGW拡散スタートです。頑張ってほしいと思います。さて、次に、妹確保について、北別府総裁からは妹確保の言葉が聞こえません。新兄妹新党ながら、北別府総裁は人間の妹確保に消極的か。」

❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗

北別府総裁「関西三人娘はおそらく、人間の妹確保に全力を尽くす考えを持たれているけど、確かに人間の妹確保ができたらそれは理想的。しかし、実際兄活をするとなると、パパ活との境界線が曖昧で、その判断が難しく、決断を渋ることが見込まれます。そうなると、妹を確保する前に、財産が遺産になり性犯罪弟に財産を渡す事態になりかねない。それを避けるためには、人間の妹ではなく、恋人を作り、かつ子机安泰法永久法化法を維持すれば婚活戦線だけで遺産を性犯罪弟にやらなくて済むから、言うまでもなく生まれてこれなかった妹へのせめてもの供養になると思う。人間の妹は、恋人がその役割を果たすことができるため、婚活戦線のためには年収クリア目刺し、7-0や6-1に向かう方がいいと思う。」

❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗

神岸あかり幹事長代理「話が変わりますが、私のところには、高校英語の話が青年から来ます。高校英語さえできれば、駄々こね老人講師に太刀打ちでき、シフト安定につながる。これについて、総裁はどう思いますか。」

❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗

北別府総裁「青年が、これから先の努力で高校英語をクリアできたら、それも選択肢だと思うけど、今はGW拡散や数学拡充の方がいい。数学バカの老人講師は高校数学さえ微妙発言だから、シフト少ないのは当たり前。オンゲライターが壊れた今は、そこに重点を置くのもありだと思う。英検やTOEICで強化し、次のステージが見つけられれば、いよいよ副業転職もしくは自営も見え、脱サラが見えてくる。」

❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗

神岸あかり幹事長代理「最後に所持金記録について質問します。所持金1000万円記録の断念や、ヤフオクドーム禁止をうたいました。これは、何があったのか。また、福島県いわき市旅行はGWで行くのか。」

❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗

北別府総裁「所持金記録は、これ以上増やしても現状では性犯罪弟への相続が増えるだけ。とにかく今は性犯罪弟への相続ゼロを目指すべく、恋人確保ニアリーイコール妹確保としていく。だから、ノートパソコン等仕事で必要ならどんどん注ぎ込む。次の新時代に向けて動く。なお、いわき市旅行は計画通り行くので、そのつもりで。」

❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗

神岸あかり幹事長代理「以上で終わります。」

❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗
❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗

矢野杏政調会長「私からは、マスタックスだけ質問をします。所持金記録がなくなると、マスタックスは継続するのか。」

❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗

北別府総裁「てめえのミスで頑張る者を報わせられず、マスタックスになった。そもそもマスタックスは引き起こした側が悪い。俺の政権下ではマスタックス重罰化はやめない。そのつもりで。」

❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗

矢野杏政調会長「シンディ、ローパーおよび未遂の定義が決まり、打罰などが決まった今、OMニャンレーは帰宅を遅延させると思う。着席命令を適宜入れた方がいいと思う。」

❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗

北別府総裁「着席命令を下すのは青年自身であり、俺らが決められない。だから、マスタックス軍配に対しては、より毅然たる体勢でいくべき。特別快速法違反なら容赦なく3重殺以上、メリハリをつけるべき。」

❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗

矢野杏政調会長「時間が来ましたので、新たな時代を切り開いていこうと思います。コロナ車両に負けず、マスタックス軍配に注意しながら、全力投球でいく。質問を終わります。」
 
❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗
投稿者:美少女マチコ 2021-04-11 23:53:26
4月29日(木)、5月3日(月)、5月4日(火)、5月5日(水)はどれも13時00分に秋葉原のドンキホーテ前でマチコ待ってるわ❗マチコとエッチしてくれるおーじ様ぼしゅーだわ❗なお5月1日(土)、5月2日(日)はいわき市内のホテルでパパと1泊2日ルマン6時間セックス旅行をするから、この2日間は秋葉原には行けないわ❗

 
●2021年4月3日実施のJJJ国家基本政策委員会合同審査会184だわ❗

木綱愛幹事長「私は、去年終わりごろから北別府総裁のもとで、北別府派の議論を交わしてきました。まさか、総裁にはならないと言っていた北別府さんが総裁になるとは夢にも思いませんでした。逆に言えば、今木曜日17時30分問題といい、危機的状況にあることは明らかです。さて、木曜日17時30分問題で副業にまでなる騒ぎでしたが、木曜日を総裁はどうするお考えか、お聞かせ願います。」

❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗

北別府総裁「私が総裁になると、2012年の岡山離職を思い出す人も多く、大変だと思います。しかし、老人講師の駄々には答え、有能な若手には不満なら副業したらと煽るハゲ社長には失望しかありません。アルコール消毒ひとつできない能なしにしかシフトが行かないなら、倒産まっしぐら、規模縮小するなら早く倒産して失業給付よこせ。世論のこういった、若手の芽を摘む悪質組織に対峙するコメントにこたえるべく、政権ができました。そもそも、有能な若手にシフトがまともに入れられず、謝罪すべき案件を、ハゲ社長は不満なら副業と抜かすが、副業するか否かは総裁の先見事項であり、それを口走ることは、自らが墓穴を掘り、自らの意志で倒産に向かっていることを意味する。なお、青年の見解は、木曜日19時00分でシフト少ないけど、どうしても今のコンビを卒業させたいという想いに答え、当面は我慢する意向。ただ、2022年度は木曜日どころか、金曜日も副業転職の槍玉にあげられるのではないかと考えている。」

❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗

木綱愛幹事長「木曜日17時30分問題は、夏休み前後にシフトがかかれば人事異動で再開はできます。運がよければ、問題17時30分早まるかもしれません。それを信じてGW拡散はつらいけど共有すべきだと思います。もしシフトが増えないのに、アルコール消毒すらしないアルバイト講師の尻拭いで人件費コストパフォーマーになると、フラストレーションがたまるでしょう。苦労してGW集め、集めたのを複製してあげても報われないなら、爆発しかねません。ただ、忘れてはいけないのは、お客様あっての自分の仕事。つらいけど入社9年目の今、社長以外の社員より長く勤務する青年に求められるのは授業だけではありません。新人講師は授業で手一杯でしょう。年数を重ね、回収業務やプラスアルファでできることを増やすことが、シフト増の近道です。王道はありません。今こそ、入社9年目の底力を見せるべく、つらいけど木曜日、金曜日のGW拡散をすべきだと思いますがどうですか。」

❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗

北別府総裁「昨日の江頭元総裁との公聴会でも議論しましたが、木曜日17時30分問題の何がまずいかと言うと、結局シフトが少ないから収入が少ないということではなく、老人講師の駄々が自分の実績に勝る現実が問題だということ。でも、幹事長が言うように、青年のワガママでGW拡散をやめ、結局自分だけの手柄にすれば、生徒がかわいそうだ。だって、その青年にしかGW拡散がなければ数学バカの老人講師と同じではないか。自分にしか作れないと高をくくるやり方で評価書を埋められ、数学専属ではなく数学しか教えられないと青年に軽蔑されている。そんな講師を大昔尊敬したせいでシフトを週6から週3まで減った。オンゲライターはもう死んだ。自分のシフトは自分で守れ、バカ者よ。茨木のり子みたいだが、青年にはそう伝え、GW拡散はやってもらう、これを特別通達として出すつもり。」

❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗

木綱愛幹事長「社員でない青年アルバイト講師は、入社9年目にして独自に客増にどう貢献するか考えている。これは、必ず副業転職にプラスになるし、客が増えれば上層部を黙らせることもできる。私たちは、老人講師の二の舞になって、シフトが少ないと嘆くのをやめ、ならば独自に客を増やしてやるという執念で来週からの仕事を乗りきってほしいと思いますが、総裁はどう考えますか。」

❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗

北別府総裁「まさに、幹事長の言う通りです。シフトが少ないと言っても、客が少ないならどうすることもできません。ならば、入社9年目の底力、副業転職できる力、気持ちがあるか、底力を来週から見せてほしい。GW拡散は全校合同でやる。新年度は、2種必須の、可能なら4種拡散でいこうと思う。有能な青年を蔑ろにしたら、絶対しっぺ返しがくる、青年の政策は社員には真似できないことを見せてやろう。木曜日17時30分問題でつらいけど、しばらくは他の曜日が多忙だからこそ、休息の意味合いかねて耐え抜いてほしい。我慢できないなら俺のとこに来い。副業させてやる。活躍の場を作る。そう青年に伝えたい。」

❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗

木綱愛幹事長「北別府さんの言う通り、木曜日17時30分問題の根本は給料面ではなく、活躍の場が少なく、おとといは駄々こね老人講師まで仕事をしている姿を見た屈辱です。ならば、18時40分ルールを適用し、グロンサン復帰して屈辱を抑えたらいいんです。だから、昨日は数学バカの老人講師より後に職場に着きました。無理して早く行くのではなく、マスタックスかねあいながら、時間調節し、出社すればいい。今はつらいけど、木曜日17時30分問題は必ず解決する。GW拡散でダメならそのとき考えたらいいと思います。」

❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗

北別府総裁「木曜日18時40分ルールは即議論に持っていきます。そして、GW拡散に失敗したり、勤務体系が改善されないなら第1校舎ボイコットも検討していく所存です。陣内亀蔵先生や木綱愛幹事長を弟子に持ち、2012年に一度正社員を離職に追い込んだ私には失うものがありません。ならば、自分自身やることをやったのなら様子を見ようではありませんか。3校合同でやっていながら、1校だけ結果が出ないのは、その校舎全体に問題があります。だから、入社9年目の青年には、愚痴を言う暇はありません。愚痴を言う暇があるなら改善策考えたらいいと思う。何度も言うけど、副業転職したければ俺に言えば何でもさせてやる。お前の気持ちと実力があれば言ってもらいたい。木曜日、金曜日問題にフラストレーションが改善されないならハゲ社長に言われる前にこっちに言ってくれ。いくらでも対策考える。」

❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗

木綱愛幹事長「北別府総裁のもと、確かにシフト減でやや荒れぎみだったけど希望の光が見えてきました。青年には、これからの飛躍を期待お祈りし、質疑を終わります。」

❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗
❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗

神岸あかり幹事長代理「私からは、木曜日17時30分問題と妹確保、所持金記録について質問します。まずは、木曜日17時30分問題について、木綱幹事長との討論にもあったように、18時40分ルールを作ることは賛成です。ただ、第1校舎の客減問題は組織ぐるみで議論すべきだと思います。なぜなら、GW拡散、問題分析、、鳩サブレプレゼントなど、これらの政策は3校合同です。つまり、同じ政策を打ち出しているのに、第1校舎だけ客減なのは、例えばGW運用不足や、いい加減なアルコール消毒など、青年自身の問題ではありません。北別府総裁の『自分のシフトは自分で守れ』は、2020年の流行語にもなりました。しかも木曜日は優秀な5人が2コマで、これ以上生徒が入らない状態、そのうち1人から紹介が来るなど、木曜日17時30分問題は明らかに青年のせいではありません。だからこそ、組織単位の問題は指摘をし、改善する道をたどるべきだと思います。仮に、シフトを失うリスクがあってもね。だって、不当な理由でシフトが減らされたら労働基準監督署に言えばいいし、もっと言えば倒産間際でがんばるより、頑張れば報われる場所に切り替えた方がいいと思います。告発は、するべきかどうか北別府総裁の見解を伺います。」

❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗

北別府総裁「月曜日や火曜日の方で話しても、結局社長経由になるから意味ないだろう。ならば、木曜日の第1校舎で直接指摘したらどうか。わざわざ別の校舎の問題を該当しない校舎で言うのもどうかと思う。話すなら、やんわりと話せばいいし、基本的にはGW拡散は全校合同である以上やる。あとは、各校舎でどう運用するか、手腕の問題。組織ぐるみでと言っても、それができてないから客減になってる。やっても無駄だと思う。言うだけ無駄だろう。青年にはつらいが、黙ってGW拡散をし、全校合同で客増に貢献していくしかない。その恩恵で木曜日17時30分問題解決するしかない。」

❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗

神岸あかり幹事長代理「来週はいよいよGW拡散スタートです。頑張ってほしいと思います。さて、次に、妹確保について、北別府総裁からは妹確保の言葉が聞こえません。新兄妹新党ながら、北別府総裁は人間の妹確保に消極的か。」

❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗

北別府総裁「関西三人娘はおそらく、人間の妹確保に全力を尽くす考えを持たれているけど、確かに人間の妹確保ができたらそれは理想的。しかし、実際兄活をするとなると、パパ活との境界線が曖昧で、その判断が難しく、決断を渋ることが見込まれます。そうなると、妹を確保する前に、財産が遺産になり性犯罪弟に財産を渡す事態になりかねない。それを避けるためには、人間の妹ではなく、恋人を作り、かつ子机安泰法永久法化法を維持すれば婚活戦線だけで遺産を性犯罪弟にやらなくて済むから、言うまでもなく生まれてこれなかった妹へのせめてもの供養になると思う。人間の妹は、恋人がその役割を果たすことができるため、婚活戦線のためには年収クリア目刺し、7-0や6-1に向かう方がいいと思う。」

❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗

神岸あかり幹事長代理「話が変わりますが、私のところには、高校英語の話が青年から来ます。高校英語さえできれば、駄々こね老人講師に太刀打ちでき、シフト安定につながる。これについて、総裁はどう思いますか。」

❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗

北別府総裁「青年が、これから先の努力で高校英語をクリアできたら、それも選択肢だと思うけど、今はGW拡散や数学拡充の方がいい。数学バカの老人講師は高校数学さえ微妙発言だから、シフト少ないのは当たり前。オンゲライターが壊れた今は、そこに重点を置くのもありだと思う。英検やTOEICで強化し、次のステージが見つけられれば、いよいよ副業転職もしくは自営も見え、脱サラが見えてくる。」

❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗

神岸あかり幹事長代理「最後に所持金記録について質問します。所持金1000万円記録の断念や、ヤフオクドーム禁止をうたいました。これは、何があったのか。また、福島県いわき市旅行はGWで行くのか。」

❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗

北別府総裁「所持金記録は、これ以上増やしても現状では性犯罪弟への相続が増えるだけ。とにかく今は性犯罪弟への相続ゼロを目指すべく、恋人確保ニアリーイコール妹確保としていく。だから、ノートパソコン等仕事で必要ならどんどん注ぎ込む。次の新時代に向けて動く。なお、いわき市旅行は計画通り行くので、そのつもりで。」

❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗

神岸あかり幹事長代理「以上で終わります。」

❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗
❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗

矢野杏政調会長「私からは、マスタックスだけ質問をします。所持金記録がなくなると、マスタックスは継続するのか。」

❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗

北別府総裁「てめえのミスで頑張る者を報わせられず、マスタックスになった。そもそもマスタックスは引き起こした側が悪い。俺の政権下ではマスタックス重罰化はやめない。そのつもりで。」

❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗

矢野杏政調会長「シンディ、ローパーおよび未遂の定義が決まり、打罰などが決まった今、OMニャンレーは帰宅を遅延させると思う。着席命令を適宜入れた方がいいと思う。」

❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗

北別府総裁「着席命令を下すのは青年自身であり、俺らが決められない。だから、マスタックス軍配に対しては、より毅然たる体勢でいくべき。特別快速法違反なら容赦なく3重殺以上、メリハリをつけるべき。」

❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗

矢野杏政調会長「時間が来ましたので、新たな時代を切り開いていこうと思います。コロナ車両に負けず、マスタックス軍配に注意しながら、全力投球でいく。質問を終わります。」

❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗
投稿者:美少女マチコ 2021-04-11 23:52:22
4月29日(木)、5月3日(月)、5月4日(火)、5月5日(水)はどれも13時00分に秋葉原のドンキホーテ前でマチコ待ってるわ❗マチコとエッチしてくれるおーじ様ぼしゅーだわ❗なお5月1日(土)、5月2日(日)はいわき市内のホテルでパパと1泊2日ルマン6時間セックス旅行をするから、この2日間は秋葉原には行けないわ❗


●2021年4月3日実施のJJJ国家基本政策委員会合同審査会184だわ❗

木綱愛幹事長「私は、去年終わりごろから北別府総裁のもとで、北別府派の議論を交わしてきました。まさか、総裁にはならないと言っていた北別府さんが総裁になるとは夢にも思いませんでした。逆に言えば、今木曜日17時30分問題といい、危機的状況にあることは明らかです。さて、木曜日17時30分問題で副業にまでなる騒ぎでしたが、木曜日を総裁はどうするお考えか、お聞かせ願います。」

❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗

北別府総裁「私が総裁になると、2012年の岡山離職を思い出す人も多く、大変だと思います。しかし、老人講師の駄々には答え、有能な若手には不満なら副業したらと煽るハゲ社長には失望しかありません。アルコール消毒ひとつできない能なしにしかシフトが行かないなら、倒産まっしぐら、規模縮小するなら早く倒産して失業給付よこせ。世論のこういった、若手の芽を摘む悪質組織に対峙するコメントにこたえるべく、政権ができました。そもそも、有能な若手にシフトがまともに入れられず、謝罪すべき案件を、ハゲ社長は不満なら副業と抜かすが、副業するか否かは総裁の先見事項であり、それを口走ることは、自らが墓穴を掘り、自らの意志で倒産に向かっていることを意味する。なお、青年の見解は、木曜日19時00分でシフト少ないけど、どうしても今のコンビを卒業させたいという想いに答え、当面は我慢する意向。ただ、2022年度は木曜日どころか、金曜日も副業転職の槍玉にあげられるのではないかと考えている。」

❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗

木綱愛幹事長「木曜日17時30分問題は、夏休み前後にシフトがかかれば人事異動で再開はできます。運がよければ、問題17時30分早まるかもしれません。それを信じてGW拡散はつらいけど共有すべきだと思います。もしシフトが増えないのに、アルコール消毒すらしないアルバイト講師の尻拭いで人件費コストパフォーマーになると、フラストレーションがたまるでしょう。苦労してGW集め、集めたのを複製してあげても報われないなら、爆発しかねません。ただ、忘れてはいけないのは、お客様あっての自分の仕事。つらいけど入社9年目の今、社長以外の社員より長く勤務する青年に求められるのは授業だけではありません。新人講師は授業で手一杯でしょう。年数を重ね、回収業務やプラスアルファでできることを増やすことが、シフト増の近道です。王道はありません。今こそ、入社9年目の底力を見せるべく、つらいけど木曜日、金曜日のGW拡散をすべきだと思いますがどうですか。」

❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗

北別府総裁「昨日の江頭元総裁との公聴会でも議論しましたが、木曜日17時30分問題の何がまずいかと言うと、結局シフトが少ないから収入が少ないということではなく、老人講師の駄々が自分の実績に勝る現実が問題だということ。でも、幹事長が言うように、青年のワガママでGW拡散をやめ、結局自分だけの手柄にすれば、生徒がかわいそうだ。だって、その青年にしかGW拡散がなければ数学バカの老人講師と同じではないか。自分にしか作れないと高をくくるやり方で評価書を埋められ、数学専属ではなく数学しか教えられないと青年に軽蔑されている。そんな講師を大昔尊敬したせいでシフトを週6から週3まで減った。オンゲライターはもう死んだ。自分のシフトは自分で守れ、バカ者よ。茨木のり子みたいだが、青年にはそう伝え、GW拡散はやってもらう、これを特別通達として出すつもり。」

❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗

木綱愛幹事長「社員でない青年アルバイト講師は、入社9年目にして独自に客増にどう貢献するか考えている。これは、必ず副業転職にプラスになるし、客が増えれば上層部を黙らせることもできる。私たちは、老人講師の二の舞になって、シフトが少ないと嘆くのをやめ、ならば独自に客を増やしてやるという執念で来週からの仕事を乗りきってほしいと思いますが、総裁はどう考えますか。」

❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗

北別府総裁「まさに、幹事長の言う通りです。シフトが少ないと言っても、客が少ないならどうすることもできません。ならば、入社9年目の底力、副業転職できる力、気持ちがあるか、底力を来週から見せてほしい。GW拡散は全校合同でやる。新年度は、2種必須の、可能なら4種拡散でいこうと思う。有能な青年を蔑ろにしたら、絶対しっぺ返しがくる、青年の政策は社員には真似できないことを見せてやろう。木曜日17時30分問題でつらいけど、しばらくは他の曜日が多忙だからこそ、休息の意味合いかねて耐え抜いてほしい。我慢できないなら俺のとこに来い。副業させてやる。活躍の場を作る。そう青年に伝えたい。」

❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗

木綱愛幹事長「北別府さんの言う通り、木曜日17時30分問題の根本は給料面ではなく、活躍の場が少なく、おとといは駄々こね老人講師まで仕事をしている姿を見た屈辱です。ならば、18時40分ルールを適用し、グロンサン復帰して屈辱を抑えたらいいんです。だから、昨日は数学バカの老人講師より後に職場に着きました。無理して早く行くのではなく、マスタックスかねあいながら、時間調節し、出社すればいい。今はつらいけど、木曜日17時30分問題は必ず解決する。GW拡散でダメならそのとき考えたらいいと思います。」

❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗

北別府総裁「木曜日18時40分ルールは即議論に持っていきます。そして、GW拡散に失敗したり、勤務体系が改善されないなら第1校舎ボイコットも検討していく所存です。陣内亀蔵先生や木綱愛幹事長を弟子に持ち、2012年に一度正社員を離職に追い込んだ私には失うものがありません。ならば、自分自身やることをやったのなら様子を見ようではありませんか。3校合同でやっていながら、1校だけ結果が出ないのは、その校舎全体に問題があります。だから、入社9年目の青年には、愚痴を言う暇はありません。愚痴を言う暇があるなら改善策考えたらいいと思う。何度も言うけど、副業転職したければ俺に言えば何でもさせてやる。お前の気持ちと実力があれば言ってもらいたい。木曜日、金曜日問題にフラストレーションが改善されないならハゲ社長に言われる前にこっちに言ってくれ。いくらでも対策考える。」

❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗

木綱愛幹事長「北別府総裁のもと、確かにシフト減でやや荒れぎみだったけど希望の光が見えてきました。青年には、これからの飛躍を期待お祈りし、質疑を終わります。」

❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗
❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗

神岸あかり幹事長代理「私からは、木曜日17時30分問題と妹確保、所持金記録について質問します。まずは、木曜日17時30分問題について、木綱幹事長との討論にもあったように、18時40分ルールを作ることは賛成です。ただ、第1校舎の客減問題は組織ぐるみで議論すべきだと思います。なぜなら、GW拡散、問題分析、、鳩サブレプレゼントなど、これらの政策は3校合同です。つまり、同じ政策を打ち出しているのに、第1校舎だけ客減なのは、例えばGW運用不足や、いい加減なアルコール消毒など、青年自身の問題ではありません。北別府総裁の『自分のシフトは自分で守れ』は、2020年の流行語にもなりました。しかも木曜日は優秀な5人が2コマで、これ以上生徒が入らない状態、そのうち1人から紹介が来るなど、木曜日17時30分問題は明らかに青年のせいではありません。だからこそ、組織単位の問題は指摘をし、改善する道をたどるべきだと思います。仮に、シフトを失うリスクがあってもね。だって、不当な理由でシフトが減らされたら労働基準監督署に言えばいいし、もっと言えば倒産間際でがんばるより、頑張れば報われる場所に切り替えた方がいいと思います。告発は、するべきかどうか北別府総裁の見解を伺います。」

❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗

北別府総裁「月曜日や火曜日の方で話しても、結局社長経由になるから意味ないだろう。ならば、木曜日の第1校舎で直接指摘したらどうか。わざわざ別の校舎の問題を該当しない校舎で言うのもどうかと思う。話すなら、やんわりと話せばいいし、基本的にはGW拡散は全校合同である以上やる。あとは、各校舎でどう運用するか、手腕の問題。組織ぐるみでと言っても、それができてないから客減になってる。やっても無駄だと思う。言うだけ無駄だろう。青年にはつらいが、黙ってGW拡散をし、全校合同で客増に貢献していくしかない。その恩恵で木曜日17時30分問題解決するしかない。」

❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗

神岸あかり幹事長代理「来週はいよいよGW拡散スタートです。頑張ってほしいと思います。さて、次に、妹確保について、北別府総裁からは妹確保の言葉が聞こえません。新兄妹新党ながら、北別府総裁は人間の妹確保に消極的か。」

❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗

北別府総裁「関西三人娘はおそらく、人間の妹確保に全力を尽くす考えを持たれているけど、確かに人間の妹確保ができたらそれは理想的。しかし、実際兄活をするとなると、パパ活との境界線が曖昧で、その判断が難しく、決断を渋ることが見込まれます。そうなると、妹を確保する前に、財産が遺産になり性犯罪弟に財産を渡す事態になりかねない。それを避けるためには、人間の妹ではなく、恋人を作り、かつ子机安泰法永久法化法を維持すれば婚活戦線だけで遺産を性犯罪弟にやらなくて済むから、言うまでもなく生まれてこれなかった妹へのせめてもの供養になると思う。人間の妹は、恋人がその役割を果たすことができるため、婚活戦線のためには年収クリア目刺し、7-0や6-1に向かう方がいいと思う。」

❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗

神岸あかり幹事長代理「話が変わりますが、私のところには、高校英語の話が青年から来ます。高校英語さえできれば、駄々こね老人講師に太刀打ちでき、シフト安定につながる。これについて、総裁はどう思いますか。」

❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗

北別府総裁「青年が、これから先の努力で高校英語をクリアできたら、それも選択肢だと思うけど、今はGW拡散や数学拡充の方がいい。数学バカの老人講師は高校数学さえ微妙発言だから、シフト少ないのは当たり前。オンゲライターが壊れた今は、そこに重点を置くのもありだと思う。英検やTOEICで強化し、次のステージが見つけられれば、いよいよ副業転職もしくは自営も見え、脱サラが見えてくる。」

❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗

神岸あかり幹事長代理「最後に所持金記録について質問します。所持金1000万円記録の断念や、ヤフオクドーム禁止をうたいました。これは、何があったのか。また、福島県いわき市旅行はGWで行くのか。」

❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗

北別府総裁「所持金記録は、これ以上増やしても現状では性犯罪弟への相続が増えるだけ。とにかく今は性犯罪弟への相続ゼロを目指すべく、恋人確保ニアリーイコール妹確保としていく。だから、ノートパソコン等仕事で必要ならどんどん注ぎ込む。次の新時代に向けて動く。なお、いわき市旅行は計画通り行くので、そのつもりで。」

❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗

神岸あかり幹事長代理「以上で終わります。」

❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗
❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗

矢野杏政調会長「私からは、マスタックスだけ質問をします。所持金記録がなくなると、マスタックスは継続するのか。」

❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗

北別府総裁「てめえのミスで頑張る者を報わせられず、マスタックスになった。そもそもマスタックスは引き起こした側が悪い。俺の政権下ではマスタックス重罰化はやめない。そのつもりで。」

❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗

矢野杏政調会長「シンディ、ローパーおよび未遂の定義が決まり、打罰などが決まった今、OMニャンレーは帰宅を遅延させると思う。着席命令を適宜入れた方がいいと思う。」

❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗

北別府総裁「着席命令を下すのは青年自身であり、俺らが決められない。だから、マスタックス軍配に対しては、より毅然たる体勢でいくべき。特別快速法違反なら容赦なく3重殺以上、メリハリをつけるべき。」

❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗

矢野杏政調会長「時間が来ましたので、新たな時代を切り開いていこうと思います。コロナ車両に負けず、マスタックス軍配に注意しながら、全力投球でいく。質問を終わります。」

❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗
投稿者:美少女マチコ 2021-04-11 23:50:09
主人公滅茶苦茶格好良いわね。思い出を全部売って恐らく自分が誰なのかも分からなくなったって事。いくら家族の為にって言ってもね、思い出を全部売れないわよ私なら。






















投稿者:美少女マチコ 2021-04-11 23:49:52
2021年2月9日(火)
「あ」の献杯だわ❗イェーイ❗
主演:平成1桁おっさん(ハルンケア山形)
小学生女児に純愛を捧げた男
主題歌:感謝カンゲキ雨嵐

 場所は国会。特定の性の子供ばかりを作った親には罰則が科される「ゆがんだ兄弟構成矯正クリニック関連法案」が全会一致で可決された。そのシーンを見た平成1桁おじさんの友人は、平成1桁おじさんの遺影をテレビに向けて、「ついに夢がかなったぞ」と感激していた。

ストーリーテラー「日本では、性犯罪が起きるとよく家庭が荒れているとか、その人が育った環境に影響があると言われてきました。しかし、家庭が荒れていなくても性犯罪は誰にでも起き得ます。意外と知られていないのが、兄弟構成による、性犯罪を起こす率。特に姉妹なき男2人兄弟は最悪です。小出恵介、狩野英孝、山本圭一、山口達也。確かに未成年の少女に手を出した彼らは悪いでしょう。しかし、そんな兄弟構成にした親も、あきらかに犯罪者を生み出した犯罪者です。全国の男2人兄弟に悩む人は、是非姉妹をもうけるために、人生を捧げてはどうでしょう。性犯罪兄弟構成にした親には発言権はありません。」

 場面は代わり、平成1桁おじさんが20歳。あるテレビドラマで男が女子小学生を神社の裏に連れていき、いかがわしいことをするシーンを見かける。そのシーンを見て、興奮してきた。ただ、通りがかりの女子小学生を襲う勇気がなかったので、仕方なくオリエント工業でロリコン用ラブドールを買い、いたずらをしていた。ちなみに平成1桁おじさんには弟が1人いる。

 平成1桁おじさんが21歳のとき、故郷山形で帰宅途中の女子小学生を見かけ、人がいないことを、いいことに胸や局部を触りまくった。突然の出来事に女児は叫ぶこともできず、平成1桁おじさんは触り済んだら、さっさと逃げていった。こうして山形県内だけで10件の被害が出てしまった。
 そんなことがあり、山形県内に防犯カメラを設置したこともあり、山形県内ではこの事件が起きることはなかった。
 しかし、平成1件おじさんは北海道遠征をしていた。女子小学生にわいせつをする遠征に。北海道でも同様に女子小学生へのわいせつ事件を起こす。「女子小学生は、大人の女やJKと違って胸は小さくてプニプニする、グワシ。」

 そして平成1件おじさんが実家に帰ると、自分の部屋にあったロリコンラブドールを、弟が勝手に使って射精したらしい。平成1桁おじさんは怒って、ラブドールを捨て、実家を飛び出した。そして栃木に引っ越し、弟を夜の郡山に呼び出し、そこで弟を刺殺してしまう。

 翌日、ニュースが流れるが、平成1桁おじさんは黒磯にいた。そこで女子小学生を一人連れ去り、ホテルでみだらなことをしていた。こうして、平成1桁おじさんは女子小学生に中●しをして気がすんだのか、3万円渡して帰っていった。しかし、こんな生活も長くは続かない。

 平成1桁おじさんが22歳になって3日後、児童福祉法違反と殺人容疑で逮捕された。しかし、平成1桁おじさんは最後まで、「僕に妹をもうけなかった親がすべて悪い、グワシ」と、自分が性犯罪者になったのは親が悪いの一点張り。「別に、小6のときに妹がほしいと言っても聞き入れられなかった親なんか不幸になっても構わない。被害に遭わせた女児には申し訳ないけど、この兄弟構成で何十年も苦しめられた僕の気持ちもわかってもらいたい。慰謝料はすべて親に払ってもらう」と、平成1桁おじさんは、刑事事件で訴えられてる一方、民事裁判で親を訴えることに。

 平成1桁おじさんが23歳のとき、民事裁判は結局負けてしまい、ついに親から勘当されることに。しかし、「扶養義務がある以上、そんな法的拘束力はないし、慰謝料はお前らが払え」と、裁判は修羅場になった。
 その半年後、刑事裁判の判決は懲役5年の実刑判決を受けた。ちなみに、女児たちにわいせつをした慰謝料は親が肩代わりしたというから、あきれて物が言えない。

 平成1桁おじさんが28歳のときに刑期を終えたが、早速女子小学生を物色し始めた。ただ、平成1桁おじさんは友人に会い、自分に小学生の娘がいて、そこで友人家族に話をして、自分の現状を説明した。
「僕は姉妹が欲しかったのに聞き入れてもらえず、しまいには性欲に勝てなくなって襲った。友人の娘を見て、取り返しのつかないことをしてしまったと。でも、時が経つと、姉妹がいない反動で女児にいたずらしたくなる。」これを聞いた友人は近くの精神科を紹介してくれて、そこでカウンセリングをすることに。

 しかし、平成1桁おじさんが29歳のときにやはり不満が爆発した。友人の女子小学生とは関係なんか持てないから、また女児を物色するしかないと。そして、岡山に遠征したとき、帰り道で見た女子小学生を連れ去った。ホテルに連れるまでは優しく振る舞い、わいせつな言葉をたくさん浴びせて快感を得て、やはりおさわりしまくり、最後は性行為。刑務所での矯正は無駄に終わった。そして5万円渡し、翌日最後に向かった先はなんと国会議事堂。
 その女子小学生とともに、国会議事堂まで向かうと、国会議事堂の前で平成1桁おじさんは奇声を上げた。「姉妹をもうけないクソ親を放置したのは政治家が悪い。僕のロリコンも性犯罪も政治家が悪い。」当然、ガードマンに止められ、その場で現行犯逮捕・・・にはならず、子供は泣き出し、その子供を人質に性犯罪兄弟構成にした親を裁け。性犯罪兄弟構成にさせられた僕は被害者だと訴えた。
 こうして6時間の人質の末、平成1桁おじさんは警察官に撃たれてしまった。断末魔「最後に、まーちゃんと関係が持ててうれしかった。僕が最初で最後に、まーちゃんを本気で愛してしまった。」そして絶命。

 このニュースは全国ネットで話題になり、ツイッターでは平成1桁おじさんの性犯罪を生んだバカ親というハッシュタグまで出る始末に。結局、岡山から国会議事堂に向かう交通費で全財産が1万円だったため、これまで女児にいたずらをしていた遺族は平成1桁おじさんの親に損害賠償を請求し、このバカ親は慰謝料払えず自己破産に。

 場面は戻り、国会議事堂。女子小学生が相次いで大人の男に襲われる、痛ましい事件を起こさないよう、性犯罪しそうだという悩みを打ち明けることができるよう「ゆがんだ兄弟構成矯正クリニック」をもうけること、子供の同意なしに特定の性の子供を作り、兄弟姉妹の性のバランスを崩した親には罰則を科す「ゆがんだ兄弟構成矯正クリニック関連法案」が全会一致で可決された。テレビを見ていた友人も、平成1桁おじさんの遺影を掲げて、「ようやく思いは叶ったよ。」

 皮肉にも、この年の流行語は「性犯罪兄弟構成」で、受賞者の故平成1桁おじさん代理の親は受賞を拒否。まもなく、このバカ親は心中してしまった。(エンドロール)

 場面は新たにできた、ゆがんだ兄弟構成矯正クリニック。そこにはなぜか小山トシオもいて、自分の性犯罪は親のせいだと、助けを求めた。マチコを冷たくしたのも、兄しか兄弟がいないせいで、マチコが離れるのが怖くて支配的になったと・・・。様々な性犯罪兄弟構成に悩む男女がやってきて悩み相談を受ける行政機関。そして、その悩み相談の裏に飾られている平成1桁おじさんの笑顔の写真。被害に遭った女子小学生は累計30人と悪質だが、それだけの息子にした親を絶対に許してはいけない。

 このスローガンでできたクリニックのおかげで、全国の性犯罪被害が前年比90%も抑えられ、平成1桁おじさんの死は、決して無駄にならなかった。今日も全国の女子小学生たちは防犯につとめるとともに、学業に遊びに励んでいた❗
投稿者:美少女マチコ 2021-04-01 22:45:15
古賀稔彦が亡くなった
投稿者:名無し 2021-03-24 16:05:19
思い出じゃなくて、女子小学生に売ってもらった、マチコサスペンス劇場だわ❗

2021年2月9日(火)
主演:平成1桁おじさん
小学生女児に純愛を捧げた男
主題歌:感謝カンゲキ雨嵐

 場所は国会。特定の性の子供ばかりを作った親には罰則が科される「ゆがんだ兄弟構成矯正クリニック関連法案」が全会一致で可決された。そのシーンを見た平成1桁おじさんの友人は、平成1桁おじさんの遺影をテレビに向けて、「ついに夢がかなったぞ」と感激していた。

ストーリーテラー「日本では、性犯罪が起きるとよく家庭が荒れているとか、その人が育った環境に影響があると言われてきました。しかし、家庭が荒れていなくても性犯罪は誰にでも起き得ます。意外と知られていないのが、兄弟構成による、性犯罪を起こす率。特に姉妹なき男2人兄弟は最悪です。小出恵介、狩野英孝、山本圭一、山口達也。確かに未成年の少女に手を出した彼らは悪いでしょう。しかし、そんな兄弟構成にした親も、あきらかに犯罪者を生み出した犯罪者です。全国の男2人兄弟に悩む人は、是非姉妹をもうけるために、人生を捧げてはどうでしょう。性犯罪兄弟構成にした親には発言権はありません。」

 場面は代わり、平成1桁おじさんが20歳。あるテレビドラマで男が女子小学生を神社の裏に連れていき、いかがわしいことをするシーンを見かける。そのシーンを見て、興奮してきた。ただ、通りがかりの女子小学生を襲う勇気がなかったので、仕方なくオリエント工業でロリコン用ラブドールを買い、いたずらをしていた。ちなみに平成1桁おじさんには弟が1人いる。

 平成1桁おじさんが21歳のとき、故郷山形で帰宅途中の女子小学生を見かけ、人がいないことを、いいことに胸や局部を触りまくった。突然の出来事に女児は叫ぶこともできず、平成1桁おじさんは触り済んだら、さっさと逃げていった。こうして山形県内だけで10件の被害が出てしまった。
 そんなことがあり、山形県内に防犯カメラを設置したこともあり、山形県内ではこの事件が起きることはなかった。
 しかし、平成1件おじさんは北海道遠征をしていた。女子小学生にわいせつをする遠征に。北海道でも同様に女子小学生へのわいせつ事件を起こす。「女子小学生は、大人の女やJKと違って胸は小さくてプニプニする、グワシ。」

 そして平成1件おじさんが実家に帰ると、自分の部屋にあったロリコンラブドールを、弟が勝手に使って射精したらしい。平成1桁おじさんは怒って、ラブドールを捨て、実家を飛び出した。そして栃木に引っ越し、弟を夜の郡山に呼び出し、そこで弟を刺殺してしまう。

 翌日、ニュースが流れるが、平成1桁おじさんは黒磯にいた。そこで女子小学生を一人連れ去り、ホテルでみだらなことをしていた。こうして、平成1桁おじさんは女子小学生に中●しをして気がすんだのか、3万円渡して帰っていった。しかし、こんな生活も長くは続かない。

 平成1桁おじさんが22歳になって3日後、児童福祉法違反と殺人容疑で逮捕された。しかし、平成1桁おじさんは最後まで、「僕に妹をもうけなかった親がすべて悪い、グワシ」と、自分が性犯罪者になったのは親が悪いの一点張り。「別に、小6のときに妹がほしいと言っても聞き入れられなかった親なんか不幸になっても構わない。被害に遭わせた女児には申し訳ないけど、この兄弟構成で何十年も苦しめられた僕の気持ちもわかってもらいたい。慰謝料はすべて親に払ってもらう」と、平成1桁おじさんは、刑事事件で訴えられてる一方、民事裁判で親を訴えることに。

 平成1桁おじさんが23歳のとき、民事裁判は結局負けてしまい、ついに親から勘当されることに。しかし、「扶養義務がある以上、そんな法的拘束力はないし、慰謝料はお前らが払え」と、裁判は修羅場になった。
 その半年後、刑事裁判の判決は懲役5年の実刑判決を受けた。ちなみに、女児たちにわいせつをした慰謝料は親が肩代わりしたというから、あきれて物が言えない。

 平成1桁おじさんが28歳のときに刑期を終えたが、早速女子小学生を物色し始めた。ただ、平成1桁おじさんは友人に会い、自分に小学生の娘がいて、そこで友人家族に話をして、自分の現状を説明した。
「僕は姉妹が欲しかったのに聞き入れてもらえず、しまいには性欲に勝てなくなって襲った。友人の娘を見て、取り返しのつかないことをしてしまったと。でも、時が経つと、姉妹がいない反動で女児にいたずらしたくなる。」これを聞いた友人は近くの精神科を紹介してくれて、そこでカウンセリングをすることに。

 しかし、平成1桁おじさんが29歳のときにやはり不満が爆発した。友人の女子小学生とは関係なんか持てないから、また女児を物色するしかないと。そして、岡山に遠征したとき、帰り道で見た女子小学生を連れ去った。ホテルに連れるまでは優しく振る舞い、わいせつな言葉をたくさん浴びせて快感を得て、やはりおさわりしまくり、最後は性行為。刑務所での矯正は無駄に終わった。そして5万円渡し、翌日最後に向かった先はなんと国会議事堂。
 その女子小学生とともに、国会議事堂まで向かうと、国会議事堂の前で平成1桁おじさんは奇声を上げた。「姉妹をもうけないクソ親を放置したのは政治家が悪い。僕のロリコンも性犯罪も政治家が悪い。」当然、ガードマンに止められ、その場で現行犯逮捕・・・にはならず、子供は泣き出し、その子供を人質に性犯罪兄弟構成にした親を裁け。性犯罪兄弟構成にさせられた僕は被害者だと訴えた。
 こうして6時間の人質の末、平成1桁おじさんは警察官に撃たれてしまった。断末魔「最後に、まーちゃんと関係が持ててうれしかった。僕が最初で最後に、まーちゃんを本気で愛してしまった。」そして絶命。

 このニュースは全国ネットで話題になり、ツイッターでは平成1桁おじさんの性犯罪を生んだバカ親というハッシュタグまで出る始末に。結局、岡山から国会議事堂に向かう交通費で全財産が1万円だったため、これまで女児にいたずらをしていた遺族は平成1桁おじさんの親に損害賠償を請求し、このバカ親は慰謝料払えず自己破産に。

 場面は戻り、国会議事堂。女子小学生が相次いで大人の男に襲われる、痛ましい事件を起こさないよう、性犯罪しそうだという悩みを打ち明けることができるよう「ゆがんだ兄弟構成矯正クリニック」をもうけること、子供の同意なしに特定の性の子供を作り、兄弟姉妹の性のバランスを崩した親には罰則を科す「ゆがんだ兄弟構成矯正クリニック関連法案」が全会一致で可決された。テレビを見ていた友人も、平成1桁おじさんの遺影を掲げて、「ようやく思いは叶ったよ。」

 皮肉にも、この年の流行語は「性犯罪兄弟構成」で、受賞者の故平成1桁おじさん代理の親は受賞を拒否。まもなく、このバカ親は心中してしまった。(エンドロール)

 場面は新たにできた、ゆがんだ兄弟構成矯正クリニック。そこにはなぜか小山トシオもいて、自分の性犯罪は親のせいだと、助けを求めた。マチコを冷たくしたのも、兄しか兄弟がいないせいで、マチコが離れるのが怖くて支配的になったと・・・。様々な性犯罪兄弟構成に悩む男女がやってきて悩み相談を受ける行政機関。そして、その悩み相談の裏に飾られている平成1桁おじさんの笑顔の写真。被害に遭った女子小学生は累計30人と悪質だが、それだけの息子にした親を絶対に許してはいけない。

 このスローガンでできたクリニックのおかげで、全国の性犯罪被害が前年比90%も抑えられ、平成1桁おじさんの死は、決して無駄にならなかった。今日も全国の女子小学生たちは防犯につとめるとともに、学業に遊びに励んでいた❗
投稿者:美少女マチコ 2021-02-07 01:51:59
↓そういえば岡江久美子は唯一、この話で世にも出ていたね。まだ若いのに・・・。

> 岡江の入院以来、夫、大和田獏と娘、大和田美帆はそれぞれの家で外出を自粛しております。現在症状は出ておりません。ただ、ショックが大きく、皆様に対応出来ない状態です。(ニュースより)

 赤の他人の自分でさえショックが大きいから、身内のショックは計り知れないでしょう。
投稿者:名無し 2020-04-23 19:56:52
 今日の早朝、この話の脇役でおなじみの岡江久美子さんが新型コロナウイルスで他界されるというニュースが衝撃的すぎました。
 岡江さんというと、かつて朝のワイドショーでやってた「はなまるマーケット」MCや、土曜ワイド劇場では、片岡鶴太郎主演「終着駅シリーズ」で片岡の妻役でおなじみでした。

 先日は志村けんさんが亡くなったばかりで、新型コロナウイルスの拡大が恐ろしい事態になってきました。外出禁止など、できることは尽くさないと本当に後悔するとこまできています。ご冥福をお祈りします。

PS 下から8番目の、以前動画紹介したサイトは削除されていました。また、この話が追悼などで見られたらと思います。
投稿者:女女会 2020-04-23 19:45:15
思い出は高く売れる様ですが、売ってしまうと当然忘れてしまいます。大体良い思い出程高く売れるが、悪い思い出は二束三文にしか成らないでしょうね。どうでも良い思い出とか、どうしても忘れてしまいたい思い出は良いですが、余り闇雲に売ると後悔しますよ。この物語ではハッピーエンドでしたが
投稿者:世界一の一般人 2020-03-02 11:22:53
↑あれ、息子じゃなかったっけ。娘はリメイク版でしょう。
投稿者:名無し 2019-10-18 01:40:04
男だけ兄弟親が悪い、ハイ、ハイ、ハイハイハイ、あるある探検隊、あるある探検隊❗
投稿者:美少女マチコ 2019-09-15 00:23:39
JE:オリジナルとリメイク版で、結末が少し違うのはよくある話だ。
投稿者:平成1桁マン チーム山形 2019-07-28 06:54:39
だから小山登志夫は例の店長さんのマチコとのステキな思い出も削って、マチコだけじゃなくて例の店長さんにも迷惑かけたのよ❗
小山登志夫は自分のイヤな思い出をマチコに植えつけてマチコからお金を取ったってわけじゃないから思い出を売る男じゃないけど、人が既に持ってるいー思い出も悪化させる男な上に、マチコの例の店長さんとの思い出も無理矢理取って自分のモノにした上にマチコにその分のお金も払わなかったから、つまり思い出の万引き男で、思い出を買う男でもないわ❗
思い出の押し買いに近いけど、お金出さなかったんだからマチコが売る気ないのに無理矢理マチコとの思い出を買ったってのよりももっとタチが悪くて思い出の強盗だわ❗
そしてマチコは小山登志夫からお金貰って小山登志夫にマチコとの思い出をあげたわけじゃないから「思い出を売る女」じゃなくて「タダで思い出を奪い取られた女」よ❗
投稿者:美少女マチコ 2019-07-05 16:44:21
小山登志夫に「お前は理屈っぽいし、すぐ怒るから所詮友達がいない!」の一言で片付けられて決めつけられて、マチコの学校でのお友達や先輩方とのいー思い出も悪い物として植えつけられた上に、例の店長さんの方からマチコにお願いしてきた転勤真際のデートのお互いのステキな思い出も削られたわ❗
投稿者:美少女マチコ 2019-07-05 16:22:54
元彼の小山登志夫と付き合った思い出を売って、そのお金で例の店長さんとの思い出を買いたいけど、トビ職エロガッパのドクロマン小山登志夫との思い出じゃお金を取れないどころか、こっちがお金を渡さなきゃ人に植え付けさせて貰えないわね。
投稿者:美少女マチコ 2019-05-16 17:25:25
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★動画紹介★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

https://www.youtube.com/watch?v=JnCCbQ9_Lzo(一部音なし)

 借金取りに追われている古川(小堺一機)は、ある日、思い出を買うという研究所のチラシを目にした。妻(岡江久美子)と息子に逃げられたことなど、みじめなことばかり思い出す古川は、研究所に行き初恋や、甲子園に出場した思い出を売り始める。古川は、思い出と引き換えに手にした金で、次々と借金を返済していくのだが…。(フジテレビ引用)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
投稿者:女女会 2019-05-12 02:43:06
https://www.youtube.com/watch?v=JnCCbQ9_Lzo

前の投稿から見つけました。詳細あらすじも、けっこう下の方にありました。人生はやり直せるという、すごくいい話でした。
投稿者:留衣 2019-03-04 00:05:09
★新元号のスタートまであと70日★

BISYOUJO MACHIKO LIVE❗
↓それは違う。小山登志夫の思い出を売るとなれば、金を請求されるだろう❗つまり、思い出を引き取るからお金を払ってみたいな❗粗大ごみ出すようなもんでしょう❗
そういう記憶は、どうしてもお金が欲しい人にお金を出すからその記憶入れる世みたいに逆の流れになるんじゃない❓小山登志夫の彼女だった思い出は、お金をもらう代わりに植え付けるんじゃない❗
投稿者:美少女マチコ 2019-02-20 03:21:50
小山登志夫と付き合った一年間の思い出なら売ってもいいし、寧ろ売ってなくしたいし、それでお金も貰えるなら最高だけど小山登志夫との思い出を、しかも小山登志夫の彼女だった思い出を買う(お金出してまで貰う)人なんているのかしら⁉
投稿者:美少女マチコ 2019-02-20 02:05:01
まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗
投稿者:美少女マチコ 2019-01-17 23:33:36
❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗

さーて、来週のマチコちゃんは・・・

波平です。サルの元カレと援助交際みたいになっちゃったけど、パパが止めてくれて別れられた。でも、頭に血が上って連投しまくり、ついには別れさせてくれたパパから口説かれる始末❗みんなのマチコちゃんは、注目されると快感になっちゃうの。

さて次回は、

1.オー●ルセッ●スに夢中
2.3時間1万円で体売るマチコ
3.近親相姦マチコの思い出

の3本です❗

来週もまた見て下さいね。まいっ、ちん、ぐ~❗
いや~ん❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗❗
投稿者:美少女マチコ 2019-01-17 01:41:20
そうよ、小山登志夫なんてメス猿とやればいいのよ❗
小山登志夫でも相手にするようなってか、要するに小山登志夫より見た目がカッコいいか中味がハイレベルな男と付き合いたくても相手にされなくて付き合えないような、小山登志夫程度のお子ちゃまや知恵遅れみたいな低レベルで、且つ小山登志夫が望むような美女で、且つ小山登志夫が私にしたり言ったことと同じことを小山登志夫にされたり言われても怒らなくて、小山登志夫の言いなりになる小山登志夫に都合のいい小山登志夫が満足する女なんて人間の女でいるわけないもの。
投稿者:美少女マチコ 2019-01-17 01:39:03
小山登志夫と付き合ってた時は結婚と子作りの約束まで交わしたから、この物語と同じように、将来結婚相手に困らなくて一生専業主婦で家事と育児以外で働かなくても生活してける保証が有る代わりに一日たりも、他の男とデートできないってな目に遇わされたのと同じだわ❗
しかもそれに子作りする前にパパが直接小山登志夫に会って別れさせたしってか、この場合(相手が小山登志夫の場合)「別れさせてくれた」って言うべきだし、どっちにしても小山登志夫なんかと結婚したら貧乏な上に不幸になって、まして子供までもいようものなら別れられないわ❗
私は若い上に珍しいぐらいの美少女なんだから小山登志夫なんかと付き合わなくたって、これから幾らでもいい男と付き合えるチャンスが有るし、結婚しなくても女優さんやモデルや歌手になって充分稼いで生活してけて、小山登志夫と結婚して専業主婦になるより全然贅沢な生活ができるのよね。
自分一人で生活してけても、いい男と結婚する方がいいし、いい男と結婚してしたい仕事をするのが一番いいけど、小山登志夫と付き合ってた当時は小山登志夫以外生涯共に生活する男が考えられなくて、そーゆーふーに視野を広げて考えられなかったから、そのことに気がつかなかったのよね。
投稿者:美少女マチコ 2019-01-17 01:37:54
小山登志夫は人や動物に迷惑かけるって言ったけど、世にもの「復讐クラブ」って物語に投稿した小山登志夫の住む寮で飼うことになった白地にグレーの虎模様の仔猫を可愛がってたら、小山登志夫のやつ仔猫の上に寝ようとして私に仔猫のことを「こいつ潰していい?」って聞いたんだもの。
仔猫が現に小山登志夫に潰されそうになるのを見て焦って心優しい私は勿論「ダメーーー❗やめてー❗あんたそんなこと聞かなきゃ分かんないの⁉大人のくせにしていいことと悪いことの区別もできないほどあんたバカなの⁉」って言ってやったわ❗
投稿者:美少女マチコ 2019-01-17 01:36:33
まいっちんぐ〜♡
投稿者:美少女マチコ 2019-01-17 01:28:53
小山登志夫のように五体満足どころか、人間離れした運動神経で、登りに関しては人間業とは思えない猿並の能力の持ち主でありながら自ら命粗末にするよーなやつに「死んじゃイヤ」なんて言う必要なかったし、五体満足な人は生きるにしても死ぬにしても人の為に尽くすべきだから死ぬなら自分の体をこの物語の主人公のよーな人に捧げるべきだし、小山登志夫なんて役にたたないどころか人や動物に迷惑かけるから、いなくてもいいどころかいない方がいいし、マチコは小山登志夫が死んでも悲しくないし、自ら死ぬことを望んだなら「死なないで」なんて言ってあげる必要ないし、寧ろ自殺を止めない方がいいでしょ❗
だから小山登志夫に「死んでいいわよ❗」って言ったってマチコはちっとも悪くなかったわ❗
それに小山登志夫に「俺死んでいい?」って聞かれてから「いいわよ」って言ったまでで、マチコの方から「死になさい」って言ったわけじゃないし直接マチコが殺したわけじゃなかったらマチコのせいじゃないわ❗
小山登志夫は顔だけじゃなくて頭も運動能力も猿だから、五体満足で、しかも頭はともかく優れた運動能力を生まれ持っているなら、この物語の主人公のよーな生きられない人の分まで運動すべきだし、運動神経を活かして世の為人の為に働いて尽くすべきで、死ぬなら自分の体の機能や髪の毛をない人に捧げてから死ぬべきなのよ❗
投稿者:美少女マチコ 2019-01-17 01:27:45
https://www.youtube.com/watch?v=JnCCbQ9_Lzo

あらすじ、感謝です。無理のない範囲でお願いしますね。本当、美少女マチコの荒らしに耐えられなくなったら、投げ出してくださいね。
投稿者:女銘女慈 2019-01-16 02:48:38
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
↓あらすじは、以上になります。(管理人さんに向けて)↓
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

※美少女マチコの意味不明なコメントがなくなることを求めます。
投稿者:テスト 2019-01-16 02:15:11
プロローグ「私たち人間の脳は、生まれてから経験したあらゆる出来事を記憶という形で保存しています。あなたの脳に収められた記憶は、この宇宙でたった一つしか無いのです。そして、それはあなたがあなた自身であるという証拠でもあるのです。」


主人公の古川(小堺一機)は、借金を抱えた貧乏人。
血液採取をしてお金を溜めて生活はしているのだが、
借金取りに追われる毎日を送っている。腎臓を買い取りたいという話が持ちかけられる。
借金取りがドア越しに催促してくるため、窓から逃走する。
そして外を歩いていると、足元に一枚のチラシがひっかかる。そこには「あなたの思い出 高価にて購入」と書かれていた。
「思い出?そんなものが売れるのかよ」と苦笑する古川だが、目の前にはその思い出を購入するお店(というより屋敷)が建たれており、怪しみながらも、中へ入ってゆく。

店内には、店長ともいうべき怪しい人物がおり、説明をしてくる。他人の思い出を、移植させて再体験させるというのが流行っているらしく、まず最初は初恋の思い出を売って欲しいと要求する店長。
古川がリスクを聞いてみると、その人の思い出が記憶から永久に消えるという事らしい。
だが、高価で買い取ってくれるということで了承し、古川は初恋の思い出を売ってしまう。

・・・ソファでぐったり休んでいる古川。
そこへ先ほどの店長が現れ、分厚い札束を本当に渡してくれた。これには大満足の古川。屋台のおでん屋で酒を飲んでいながら、他にもいろんな忘れたい思い出を思い出す。
①30%の人員整理によって、会社をクビになったこと。
②ハローワークでは、「一流の大学を出て才能がある」と職員に言うが、「そういう方が一番余ってる」とはね返される。
③家で、やけ酒をしている小堺に、妻(岡江久美子)が「いいじゃない、どんな仕事でも恥ずかしいと思わない」と言うが、「お前に俺の気持ちがわかってたまるか」と激怒。夫婦喧嘩をしてしまい、それが原因で妻と息子と離ればなれになってしまった。「ダイキ・・・」。
おでん屋にて、借金取りが来て今回のお金を利息として取っていった。

次の日。「スポーツの思い出は?」と聞かれ、最初は拒んでいたが、お金に目がくらみ、ついに甲子園に出場した大事な思い出を売ってしまう。
その帰り道に旧友とバッタリ会い、同窓会に同席させてもらうことに。
そこには一人の女性がおり、親しげに話しかけてくるが、見覚えの無い古川は友人に「彼女、誰だっけ?」と問う。
その女性は古川の初恋の相手のようだが、初恋の思い出を売ってしまった古川は、「本当に覚えてないんだ」と言って、周りの空気を悪くしてしまう。
「ごめん・・・」と古川。
気を取り直して、友人たちは野球部での思い出を振り返りながら乾杯するが、甲子園の思い出を売ってしまったため、それさえも覚えておらず、「野球部だったけ?」と問い、再び空気を悪くしてしまい、困った古川はそこから立ち去ってしまう。
だが、心配した友人が追いかけてきてくれ、人事不足の会社の面接を紹介してくれた。

部屋に戻ると、アルバムを開いてみるもその記憶がなくなってしまった。そんなとき、借金取りが部屋を訪ね、生命保険契約申込書を差し出す。
「金返せないならさ、保険に入って死んでもらうしかないじゃない。冷たいよ、東京湾の水は。」
小堺「数日中に全額返します」と言った。

それからというもの毎日毎日思い出を売ってしまう。
誕生日の記憶、両親の記憶、少年時代の記憶、なにもかもを。そのために、いくらかの金を手に入れた。

人間は、何かを得るために、別の何かを失わなければならない。

失ったものはあまりに大きかった。友人が紹介してくれた面接へ行くの事も覚えていなかったため、友人に怒られるが、その友人すらも覚えていない始末。

これで、ついに借金を全額返済することができた。が、借金をしていたことすら覚えていなかった。

どこで生まれたのか、どこで育ったのか、両親は、学校は、仕事は、どうしていたか、どうやって生きてきたか。そんな何もかもを思い出せない事に絶望してしまう古川。

唯一覚えているのは、妻と息子のダイキだけであった。
「お前の思い出だけは絶対売ったりしない!絶対に・・・」と、ここで一本の電話が入る。
それは妻からで、ダイキが重い病気で倒れてしまったということらしい。
病院へ行き心臓弁膜症にかかり、手術をすれば治るけれど、手術費が高くてどうにもならないとのこと。

妻は、「何とかするわ。あなたには関係のないことだから。たとえ体を売ってでも何とかするわよ。」と悲しみのあまり泣く。妻を抱きしめ、そして室内のダイキの手を強く握り締め、「ダイキ、忘れないでくれよ、パパの事・・・」と優しく話しかける。古川はついに決意する。

場面は変わり、例のお店にいる古川。
妻とダイキの記憶だけでなく、全てを買い取ってくれと頼む。昨日の記憶、今日の記憶、今ここに座っている記憶。

最初は店長も「そんなことをしたら、廃人になってしまいます。」と抵抗していたが、
古川「構わないって言ってるじゃないですか!」
と返し、了承して思い出を消す作業を開始する。
だが、その前に古川は妻と息子の写真を眺め、様々な思い出を振り返る。
ダイキが生まれてきた瞬間、初めて立ち上がった時、庭のプールで遊んだ時、キャッチボールで遊んだ時。
涙を零す古川だが、ついにその思い出は全て消え去ってしまった。

もう何ひとつ思い出が無い古川は完全な廃人となってしまい、妻と息子との写真をポトッと落とすが、それに気づかずに歩き続ける。

それから1年後。すっかりホームレスになってしまい、ゴミ箱をあさってると、別のホームレスに「ここは俺たちの縄張りだ。」と追い出される。それでも、あさったお菓子を食べる古川。

すると、そこへ「パパ?」という子供の声が聞こえてくる。声のほうを向くと、そこには妻と小学1年生になった元気な息子の姿が!
妻と息子は古川の元へかけより、話しかけるが古川は何も覚えていないために無視して立ち去ろうとする。
妻はそんな古川に「あなた覚えてないかもしれないけど、家族なのよ、私達。家族なの!」と言い、
ダイキは「パパー!」と笑顔で抱きつく。
妻も「もう一度やり直しましょう、初めから。三人で新しい思い出作るの!」といい涙ながらに抱きしめる。
そんな状況に少し戸惑いながらも、「か、ぞ、く?家族・・・。家族。」と口ずさみ、ハッピーエンド。


※出典
投稿者:名無し 2015-11-21 20:12:39 さん
投稿者:あらすじ 2007-04-21 22:26:58 さん
投稿者:あらすじ2 2007-04-21 22:27:33 さん
投稿者:あらすじ3 2007-04-21 22:27:57 さん
のコメントを編集させていただきました。
投稿者:あらすじ(訂正後) 2019-01-16 02:13:25
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
整理のため、ここより下のコメントは削除してください。(管理人さんに向けて)
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
投稿者:テスト 2019-01-16 02:10:35
↓×2
本当だ、やめてくれ!
投稿者:774 2019-01-16 01:08:54
もうやめろっての❗
投稿者:名無し 2019-01-16 00:35:58
なんつったって美少女マチコが例の店長と転勤真際のデートをする約束の日だって、一日の間もあけずに何だかんだ毎日俺に会いに来い!って聞かなかったぐらいの小山登志夫だから、本来ならある筈がない身分不相応にも美少女マチコと付き合えた貴重な夢のような一年間の思い出を売るわけないし、この世にまれな珍しいぐらいの美少女のマチコと付き合っちゃったら小山登志夫でも贅沢になって、他の女と付き合おうと思うわけないじゃん!
小山登志夫はおそらく一生美少女マチコ一筋だよ。
投稿者:名無し 2019-01-15 23:54:10
↓それは言えてる。
なんてったって世間知らずって以上に常識がなくて普通と感覚がズレていて時代錯誤で浮いている箱入り娘のお嬢様だから。
投稿者:名無し 2019-01-13 16:00:28
美少女マチコは悪い男に関わらないのが身の為だぜ!
投稿者:クラーク・スティル 2019-01-13 15:03:23
小山登志夫は美少女マチコと付き合った一年間の思い出を売って第二の美少女マチコを見つけて付き合って、美少女マチコと付き合ってた時みたく第二の彼女を束縛していじめているのかな?
小山登志夫じゃ付き合い続ける女誰もいないだろうが。
投稿者:名無し 2019-01-13 01:52:40
https://www.youtube.com/watch?v=JnCCbQ9_Lzo

結局、ここに戻ってしまうんだよね。
投稿者:女銘女慈 2019-01-13 00:20:08
「思い出を売る男パート2」と同じく世にもで泣けた。
物語のストーリーからもだけど、主人公がどっちもいいから。
小堺さんも木梨さんも。
投稿者:小春 2018-11-09 23:41:46
小堺版も木梨版もどちらも良いが
木梨版は最後の「思い出は、また最初から創ればいいから...」がカットされてしまってるのは残念。
あのセリフに集約されてる話といっても過言ではないのに。。。。
投稿者:名無し 2018-09-23 01:54:29
マチコと両想いの例の店長さんとのデートはお互いの最後の思い出作りだったけど、例の店長さんは小山登志夫にマチコとの「思い出を売る男」じゃなくて、ご親切にも小山登志夫にマチコとの「思い出をあげた男」だわ❗
投稿者:美少女マチコ 2018-09-08 01:31:49
それに小山登志夫は毎日マチコに会えて、例の店長さんはその日がマチコと会える最後の日だし、それまでだって小山登志夫ほどはマチコと居られなかったし、従ってマチコも例の店長さんには例の店長さんと同じだし、たとえその日は例の店長さんだけと会って小山登志夫に会いに行かなくて小山登志夫はマチコに全く会えなくても、小山登志夫はその日を除いて毎日マチコに会えて、例の店長さんはその日がマチコに会う最後の日でマチコも例の店長さんには例の店長さんと同じで、それまでだって例の店長さんは小山登志夫ほどマチコと居られなくて、従ってマチコも例の店長さんには例の店長さんと同じなんだから小山登志夫が文句言う筋合いない筈よ❗
投稿者:美少女マチコ 2018-09-07 14:09:42
例の店長さんと約束した最後のデートのチャンスのあの日に小山登志夫がマチコのおうちに電話した時に親が出ちゃったらパパじゃなくてママにしても、小山登志夫だけじゃなくて他の男との付き合いがバレて二俣だと思われて、おまけにあの日は土曜だったからパパも居て、従って同時にパパも事情を知ることになって、マチコに彼氏が居たことと他の男とも付き合ってたことがバレるだけじゃなくて、例の店長さんとのデートの帰りにマチコが小山登志夫が待つゲーセンに来たとたん小山登志夫にも「今日学校が遅く終わるってのは嘘で、いつも通りもっと早くから俺に会いにこれた筈なのに何してたんだ?」って問い詰められるハメになって「何でで嘘ついたのか?」「そもそも何で嘘ついてまで今日俺に会いに来るのを避けようとしたのか?」「俺が駄々こねたら来る約束して来たけど、何で嘘ついてまでいつもより遅く来て、いつもより少ししか会おうとしなかったのか?」って問い詰められるハメになって他の男が絡んだ裏事情がバレるハメになってマズかったのよ❗
小山登志夫だってマチコが学校が終わるのが遅いんだったら仕方がないと思うけど、それが嘘だったとなると、例の店長さんとの貴重なデートの時間を短縮してまでせっかく小山登志夫に会いに来てあげたって小山登志夫に「本来ならもっとマチコと居られたのに悔しい!」と思われるけど、マチコだって、本来ならもっと例の店長さんと居られたのに悔しいし、例の店長さんこそ小山登志夫さえ駄々こねないでその日一日だけでもマチコに会えないのを我慢してくれれば本来なら本来ならもっとマチコと居られたんだから悔しい筈よ❗

投稿者:美少女マチコ 2018-09-07 13:52:36
それに私はあの店長さんが転勤しちゃったら幾ら両想いでも会えないから最後のデートのチャンスを小山登志夫に大事に値しないワガママな都合で邪魔されたら小山登志夫を一生恨むに値するけど、たとえその日一日ぐらい私が小山登志夫と会うのを断ったって、始めから「その日だけは会えない」って言ったなら約束しといてすっぽかしたわけじゃないしその次の日からまた今まで通り毎日会えるなら、小山登志夫は私と居たいんだから、その次の日から私に会えば、それからは小山登志夫は満足するんだから私は小山登志夫に怨まれるに値しない筈だわ。
それでもし小山登志夫があの日一日私が会いに来なかったことを憾んで怒るとしたら間違ってるわ❗
投稿者:美少女マチコ 2018-09-06 16:48:55
小山って苗字の人はよくいるし、登志夫って名前の人も珍しくないし、前にも言ったように男でも女でも、そして特に男なら「山」っていう字がある苗字だと「登」という字が入った名前をつけられやすいし、マチコが世にものコメントに綴ってきた「小山登志夫」以外にも小山登志夫って名前の男がいると思うけど、万が一その人が今までマチコが世にもに投稿してきたコメントを読んでも、そういう覚えがなければ自分のことだと思わなくて同姓同名の別人だと思うでしょうし、マチコの言う小山登志夫がマチコが世にもにしたコメントを読んだとしたって、あいつ鈍いから自分のことだと思わないでしょうね。
例の店長さんとマチコのデートの日の件で、マチコの元カレの小山登志夫に他の男が絡んだ裏事情を言ってないから、現にあいつ、例の店長さんが絡んだ事情を知らないし。
たとえマチコの言う小山登志夫がマチコがしてきたコメントを読んで自分のことだって分かったとしても怖くないし、それどころか例の店長さんとの最初で最後の貴重なデートのチャンスを小山登志夫のワガママでふいにしたことと、理不尽で勝手な理由で小山登志夫がその日にうちに電話して、その時たまたま出たのがお姉ちゃんじゃなくて親だったら、パパにしてもママにしても二人の男との交際がバレて、二人ともマチコの親にとって望ましくない相手だから大変なことになってマチコに迷惑がかかっていたってことが小山登志夫が与えた中で一番大きな被害だけど、それ以外にも小山登志夫と付き合ってた間いろんな嫌がらせをされていたから小山登志夫はマチコのコメントを読んでマチコにこんなに怨まれていることを恐く思って、マチコに悪いことしたと思う筈だし、マチコの元カレの小山登志夫はマチコのコメントを読んだらそう思うべきだわ❗
投稿者:美少女マチコ 2018-09-05 23:25:07
今年は夏の世にもはなかったけど、平成最後の秋の世にもには誰が出るんだろう?
クリスマスの特別編をやるならそれが今年最後、そして平成最後の世にもになるな。
投稿者:ラン丸 2018-09-01 22:55:36
最新の世にものコメント欄が久しぶりに殆どラン丸一色に染まったと思ったら、美少女マチコもまた続いて投稿して巻き返してきた!
投稿者:名無し 2018-09-01 22:47:50
まったく神も仏も有りゃしないわ❗
投稿者:美少女マチコ 2018-09-01 00:43:51
他の男に会いに行くって言うのに、わざわざマチコを車で待ち合わせ場所近くまで送ってくれた例の店長さんもマチコに負けないぐらいお人好しだけど、例の店長さんだって少しでも長くマチコと居たかったのよね。
投稿者:美少女マチコ 2018-09-01 00:34:13
元カレ小山登志夫と付き合い始めてから例の店長さんとのデートの約束のあの日以外の小山登志夫と居た時間に関しては、お互い同意の普通のカップルの関係だから、小山登志夫にマチコと居た時間分のお金をマチコに払うことないけど、あの日の件で小山登志夫がその日も俺に会いに来い!って駄々こねたことによってせっかくの例の店長さんとの、しかも今までも何度か誘って貰いながら親とかいろんな条件によって邪魔されて最初で最後のデートを短縮してまで小山登志夫に会いに行って会ってあげた分のお金は小山登志夫に払って貰いたいわ❗
そうよ、まさにこの物語の主人公の「思い出を売る男」みたいに小山登志夫に会った分削られた例の店長さんとの思い出に値する金額のお金を小山登志夫から貰いたいわ❗
あの日例の店長さんは車で小山登志夫といつも待ち合わせしてたゲーセンの小山登志夫に見られない程度に近くまでマチコを送ってくれたから、例の店長さんと別れてマチコ一人で小山登志夫が待つゲーセンに行ったわけじゃないから、あの日に小山登志夫と会った時間分だけでいいからマチコにお金を払って欲しいわ❗
小山登志夫さえ駄々こねなければ例の店長さんと居られた例の店長さんとの思い出の時間はマチコにとって小山と居るのとは比べ物にならないぐらい高値だし、それプラス約束した時間までに小山登志夫に会いに行く為に急がせて肉体的にも疲れさせて精神的にも焦らせた分のお金と、例の店長さんと本来デートできた時間を削られた精神的慰謝料をマチコと例の店長さんの二人分払って欲しいわ❗
投稿者:美少女マチコ 2018-09-01 00:30:29
男が涙ながらに記憶を売る事を決心した事、子供が必死に父親に呼びかける所に感動しました。

男が記憶を失った後にノコノコと笑顔で現れた所に腸が煮えくり返りました
投稿者:名無し 2018-08-31 22:27:58
バブル崩壊からまだ立ち直れてなかった頃だな
投稿者:名無し 2018-01-31 22:22:35
仙台駅前にいた背の高い浮浪者みたいなおっさん見なくなったけどどこ行ったのかな?いつも一人でぶつぶつしゃべってたけど。
投稿者:名無し 2017-12-03 18:15:57
これは感動したわ世にも奇妙なはこれだから面白い
投稿者:名無し 2017-04-28 21:56:18
最後のシーンは「朝一の砧(きぬた)公園だった」と小堺さん本人が言ってた(^^;かたらふって番組で当時の映像を見ている小堺さんの方がレア映像だった気がする。
投稿者:名無し 2016-12-03 17:31:39
こんなたった20分ぽっちで、なんだか人生の深淵を垣間見たような名作だと思う。
この激動の時代、いつ自分も小堺のようになるか、神のみぞ
知る。男には、ほんの少し運が足りなかっただけだ。別に、ギャンブルや女に手を出して借金を作ったわけでもなく、ただ人力ではどうしようもない時の運が、男をああさせただけなのだ。俺は一流大学を出て一流企業まで行ったんだ!あの言葉があれほど虚しく聞こえるものか。
本当に、運というものはイタズラだ。その前では、誰もひれ伏すしかない。

それでも結局、廃人のホームレスとなり、ゴミ箱をむさぼる男に待っていたのは紛れもなくハッピーエンドだった。記憶喪失の廃人と暮らすことになるのだからバッドエンドじゃないかと言う人もいるけど、そんな次元の話ではないだろう、あれはやはりハッピーエンドだと俺は信じる。
そして何より、男は、イタズラで意地悪な運になど頼らず、自分の力で最後には幸せを手に入れたのだ。そこが今回の1番のポイントなんだろう。
息子、そして妻を自分のできうる最大限の力で守ったあの時点で、実はもうこの物語の結末は決まっていたんだろう。

しっかし、あの最後のセリフ!
『想い出はまた最初からつくればいいか』
にはシビれたぜぇ〜〜〜〜♪



投稿者:シュールちゃん 2016-10-18 13:31:55
ちょっとカイバっていうアニメが頭をよぎった
投稿者:名無し 2016-06-10 02:56:03
これはヘビーなストーリー。予想したラストとは異なるエンディングだったのも印象的。

この作品を名作に上げる人が多いのも納得です。リメイク版も観てみようかな。
投稿者:名無し 2016-05-30 09:20:56
忘れたい記憶を買い取ってくれるヤツはおらんかね?
( ̄ω ̄)

つか、この物語りの最後はめでたしどころか、こんな廃人を引き取って暮らす妻と子供の今後は過酷極まりないだろう☆
┐( ′-`)┌
投稿者:猫屋敷千億 2016-04-24 13:14:29
憲さんはどんな気持ちで演じたのかな?演じながらアートの世界を考えてたのかもしれません。
投稿者:名無し 2016-02-10 17:15:39
借金取りは罪悪感から金渡したんじゃないのかな
主人公は借金あったことすら覚えてないんだから借金取りは余ったお金まで持ってったんだと思った
記憶売ったお金が丁度借金の額になるわけないし
投稿者:名無し 2015-12-20 03:30:12
世にも奇妙な物語には「そっちかよ!」的なオチが多い気がするから

最後に記憶の売人が「目が覚めましたか?」
つって起きたら、実は自分が思い出を買った方の人でした…

的なオチになるのかと想像していたら
素直に感動出来なくて損した…
投稿者:名無し 2015-12-03 20:59:48
最後のシーンは子供もいいけど木梨の涙溜める表情も良いね
投稿者:名無し 2015-12-02 00:53:09
もし今回のリメイク版がDVD化されるのであればどさくさ紛れにオリジナル版もお願いしますm(__)m
投稿者:名無し 2015-11-30 16:57:15
最後の方での子供の「パパ」←泣いた。。。
投稿者:名無し 2015-11-30 16:44:46
最後のシーンマジ感動したわー。超泣ける
投稿者:名無し殺せんせー 2015-11-30 16:08:21
昔私が4歳の時に見たほうは小堺さんだったんですね!
子供心にショッキングでちょっぴり怖い話だったので、朧気に憶えてて…^^;今回、憲武さんのリメイク版すごく良かったです(*^_^*)大人になった現在になって観ると、ノスタルジックな雰囲気の作品でホロリときました。LIFE好きなので、奥さん役の西田尚美さんヨカッタですwww 今回は怖い思いせず、じっくりと観れましたよ^ ^
投稿者:名無し 2015-11-30 05:30:17
いや最後は木梨のほうが良いだろ
投稿者:名無し 2015-11-29 21:22:09
わーいわーいわーいわーいわーいわーいわーいわーいわーいわーいわーいわーいわーいわーいわーいわーいわーいわーいわーいわーいわーいわーいわーいわーいわーいわーいわーいわーいわーいわーいわーいわーいわーい早く見たいんだけど
投稿者:名無し 2015-11-29 10:27:41
思い出と受験知識を交換してしまい本末転倒になるショートショートのオマージュですよね。
この話も元の話も大好きです。
投稿者:名無し 2015-11-29 09:29:45
小堺版の後に見たら木梨版しょぼかった。
最後も子役で引っ張りすぎ
投稿者:名無し 2015-11-29 07:07:13
小堺版とノリタケ版どっちもいいけど最後のシーンは断然ノリタケ版が良い
あの子役の女の子の声が可愛くて余計涙を誘うんだよ…
録画何回見返しても泣いてしまうわ
投稿者:名無し 2015-11-28 19:40:41
小堺さんのは今再放送してますね。こちら関東ですが地方によってなのかな。
投稿者:名無し 2015-11-28 15:03:12
いや、借金取りは別に良い人ってわけじゃないでしょ
主人公を憐れんでというよりも、自分の罪悪感を減らすためにやったんだと思うよ
投稿者:名無し 2015-11-28 12:57:26
小堺さんの「思い出を売る男」が頭から離れず違和感があったのがこのサイトで解決しました☺のりさんの「記憶を売る男」との違いが理解できました☺どちらも良いです。ただ、自分の立場が前の人と同じで売る立場になっていた事に驚愕を覚えました
投稿者:あっちゃん 2015-11-27 20:49:22
こわいか分からなーい。



投稿者:丸井 2015-11-26 20:12:20
↓そうなのよ
旧作が好きだったから、年頃の子供達に「これ良い話だから見よう」って一緒に見てたら、いきなり・・・
お茶の間シーンだったよ
投稿者:名無し 2015-11-26 07:50:08
借金取りかっこよかったwあといきなりセックスとか言い出すから気まずくなっただろうが!
投稿者:名無し 2015-11-25 21:15:02
ちょ、めっちゃ泣けた。
特に思い出を全部売るときとか、「パパ」って泣いてる所とか。
いい話でした。
投稿者:名無し 2015-11-23 22:42:48
感動しましたわ……
金が無いからって記憶を売るとは…悲しい。
本当に泣けましたね。

それにしても借金取りの人かっこよかったなあ。。(すまん)
投稿者:名無し 2015-11-23 22:37:24
マジそれなwwいきなりセックスとか言ってたからあせったわwww
投稿者:名無し 2015-11-23 22:26:25
難病発覚の所でなんてベタな、と思いつつも最後の写真を見返すシーンは泣けた。
「俺,借金あったのか」からの借金取りとのやり取りも味があった。
投稿者:名無し 2015-11-23 12:49:55
それなりに働いてて失業保険とかこれまでの貯えだってあっただろうに
なんでそんな莫大な借金が、、っていう疑問はあるが
でもノリさんの演技が良かったです
子役の女の子も上手で泣けました
投稿者:名無し 2015-11-23 11:13:42
これ、藤子不二雄のパクリだろ?
ウジテレビ
投稿者:名無し 2015-11-23 09:45:00
改めて、昨日録っておいたやつ見たが、最後の家族の記憶を売るところからすごい感動しましたわ・・・
投稿者:名無し 2015-11-22 23:42:53
ラストに娘を触れる指先が愛しい記憶を体で感じているようでマジに泣けたよ。
木梨憲武さんの演技力に改めて惚れました。
投稿者:名無し 2015-11-22 20:56:57
ラストが凄い感動した(;_;)

投稿者:名無し 2015-11-22 20:27:43
感動しました。
投稿者:名無し 2015-11-22 19:14:03
エンディング
木梨憲武主演の「思い出を売る男」の映像を映すTV画面からタモリへとスクロール。
タモリ「これで497話、さすがに私も疲れました。たまには休暇をとって、南の島にでも・・・。」
TVを乗せたコンベヤーが動き出し、新たに5つのTVが出現。その5つのTVの画面には来週の世にも奇妙な物語の映像が映し出される。
竹内結子「うっ、あっ、誰かー!!」
妻夫木聡「幸せを運ぶメガネなんだ。」
中谷美紀「あの子どうしたの?」
阿部サダヲ「・・・バツだ。」
満島真之介「うおーっ!!」
タモリ「やれやれ、特別な年は私を休ませてくれないようです。まだまだ奇妙な物語は続いていきます。また来週、お目にかかりましょう。」
そういうとタモリの映るTV画面を皮切りに497のTVの画面には次々と「奇」という一文字が映し出される。
投稿者:名無し 2015-11-22 18:12:45
プロローグ
タモリ、札束を手に取る。
タモリ「お金というものは素晴らしいものです。これさえあれば、地位、名誉、愛、何でも手に入ります。・・・いや、本当にそうでしょうか?この紙切れを手に入れるために我々は今まで多くの者を失ってきてはいないでしょうか?」
タモリ、札束をかばんにしまう。
タモリ「お金より大切なものは他にもたくさんあります。」
タモリの背後に扉が出現。扉には「あなたの人生 高価にて購入」と書かれた張り紙が張られている。
たもり「ほほ~、ちょっといってきます。」
タモリ、札束の入ったかばんを手に取り、扉に入る。
投稿者:名無し 2015-11-22 17:53:59
1994年の放送当時、思い出を作る側だったのが
いつの間にか思い出を売る側になってしまった自分に気がつき泣きながら作品を見ていました

投稿者:名無し 2015-11-22 16:40:49
主人公の境遇や木梨さんの雰囲気が父と重なって見えて、胸が苦しくなりました。
特に、家族との記憶を売る直前、最後にもう一度だけと思い出すシーンは、嗚咽と涙と鼻水で大変でした。
この作品を見られて良かったです。
投稿者:名無し 2015-11-22 15:41:19
木梨がホームレスになってから食べてた茶色い汁が気持ち悪くて、他のところ飛んでしもた。(-_-;)
投稿者:名無し 2015-11-22 14:39:55
リメイク版、最後の「思い出は、また最初から創ればいいから」って台詞がカットされてたのが少し残念
投稿者:名無し 2015-11-22 14:08:42
リメイク版のあらすじ、新しく作らないんですかね……。あらすじそのものは同じだけど、ストーリーテラーは新しい1話として数えてたので作った方がいいと思うんですが……。
投稿者:名無し 2015-11-22 14:01:06
ラストは嗚咽でヒックヒックしながら、ドバドバ涙が出て、終わってもしばらく止まなかったです。自分でびっくりしました。
投稿者:たまご丼 2015-11-22 13:07:20
記憶を売る男でですが、主人公は、唯一病室での娘との最後の別れの場面だけ覚えていた。なぜなら、記憶を買う男が哀れんでそれだけ残してあげたから。非情な借金取りのやくざも、記憶を買う男も人の子だったといことではないでしょうか?
投稿者:DrK 2015-11-22 11:28:57
小堺さんのも木梨さんのもどっちも好き。
凄い感動した。
投稿者:名無し 2015-11-22 10:15:51
借金取りイケメソ
何これ時間
投稿者:名無し 2015-11-22 09:39:38
何かを得るには何かを失う。深い話だな。登場人物の人間味溢れる行動に感動した。
投稿者:名無し 2015-11-22 09:06:52
よかった〜。
思い出しても涙が出ちゃう!
気になって調べてたらこのサイト見つけた!
木梨さんの演技すごかった。
投稿者:名無し 2015-11-22 08:18:58
全ズンベロが泣いた...
投稿者:ハイ・ヌーン公園さん 2015-11-22 06:33:03
下の下の人
今回のリメイク版もタイトルは同じ「思い出を売る男」ですよ
投稿者:名無し 2015-11-22 02:47:35
とりあえずラストはオリジナルの方がいいね
これはハッピーエンドにすべき話
リメイク版のラストは演出過剰
投稿者:名無し 2015-11-22 02:40:49
1994年って書いてあるだろ?
今日放送したのは1994年のやつを撮り直したやつで
タイトルも違う。昔のは「思い出を売る男」で
今日放送したのは「記憶を売る男」
それと両者で最も違う点は最後。
昔のはセリフから新しい思い出を作っていこうとなっているが、
今日のは新しい記憶を作っていうハッピーエンドと、
記憶を無くしてしまいもう家族になれないという
バットエンドと両方に捉えることができるようになっている。
投稿者:名無し 2015-11-22 02:20:33
オリジナルの方が良かった、もちろん借金取りも
高杉亘の方が良かったね。
古川ちゃーん、メーターぐるんぐるん回っちゃってんだから、明日からあんた脅せなくて寂しいよ、等名台詞だよ。
投稿者:ロベルト 2015-11-22 01:26:14
とてもいい話でした。
投稿者:名無し 2015-11-22 01:19:33
この話すごく良かった!!!って衝動で自分もここへ辿りついてしまった。ハッピーエンドを明確に提示しないところで終わる演出も良かったね。うん、最高だったよ。
投稿者:名無し 2015-11-22 01:12:43
ありがとうございます!
投稿者:名無し 2015-11-22 00:37:47
借金取りの俳優さんは三浦誠己さんですよ。
投稿者:名無し 2015-11-22 00:36:19
借金取り役の方かっこ良かった。
フルネーム教えて下さい。
投稿者:名無し 2015-11-22 00:24:05
借金取りの俳優さん、三浦さんって人で千原ジュニアの後輩。格好良くて好き。アウトレイジにも出てて超格好良かったらすぐに分かった!
投稿者:名無し 2015-11-22 00:18:47
てか、借金取りイケメンw
投稿者:名無し 2015-11-22 00:08:25
木梨さんの表情よかった。
回想シーン、、あれは泣く。子供可愛くてずるい。
投稿者:名無し 2015-11-22 00:04:07
木梨 って呼ぶのかよ
投稿者:名無し 2015-11-21 23:59:40
のりさんの演技で泣いたよ~!
良かった~

投稿者:ミッツ 2015-11-21 23:56:29
たしかSFジュブナイルにあったなぁ。
ヒロインはタイムトラベラー男との記憶を消されてしまう。
しかしその男が戻ってきてすれ違ったとき、なにかを感じて振り返る。
投稿者:名無し 2015-11-21 23:52:14
ここでまで論争してるとか草
投稿者:名無し 2015-11-21 23:44:26
( ;∀;)イイハナシダナー
投稿者:名無し 2015-11-21 23:44:26
世にも奇妙な物語で泣いたのは初めてだな
投稿者:名無し 2015-11-21 23:41:13
のりさん良かった‼
久々にテレビで本気で泣いた。
物語自体泣けるけどのりさんの演技がこれまた良かった

投稿者:名無し 2015-11-21 23:40:03
木梨の芝居素晴らしかったな。
人間らしさが出てた。
投稿者:名無し 2015-11-21 23:35:29
小林が良いやつすぎて惚れた
投稿者:名無し 2015-11-21 23:33:46
木梨さん良かった。。
借金取りやさしくて惚れた。。
投稿者:名無し 2015-11-21 23:30:13
子供のパパって呼ぶ声で、さらに涙ドバドバ
・゜・(ノД`)・゜・。
投稿者:名無し 2015-11-21 23:29:57
泣いた。最後、めでたしだったのかな?
娘の顔ぎゅっとして涙ぐんで終わったけど。
これから幸せになってほしいと心から思った。
(ドラマなのにー笑)
投稿者:名無し 2015-11-21 23:29:24
ガチ泣きした
投稿者:名無し 2015-11-21 23:27:56
最後、懐かしい感覚に襲われたんだろうね。
投稿者:名無し 2015-11-21 23:26:56
ハッピーエンド・・・なのか・・・?

結局男の記憶は戻らなかったんでしょ?
投稿者:名無し 2015-11-21 23:26:46
すごく良い話でしたよ
投稿者:名無し 2015-11-21 23:25:39
リメイクで初めて見たけど面白かった!
最後震えていたのは、思い出したのか、体が覚えていたからなのか。どちらにしろこれを最後に持ってきたのは凄く良かったな、と思った。
投稿者:名無し 2015-11-21 23:25:32
うん。よかった。
すごい演技だった。
投稿者:名無し 2015-11-21 23:22:43
木梨良かったな
投稿者:名無し 2015-11-21 23:21:59
感動した。
投稿者:名無し 2015-11-21 23:20:46
マジで泣きました
木梨ってところが良かった
投稿者:名無し 2015-11-21 23:20:45
こんなサイトがあったのね
投稿者:名無し 2015-11-21 23:18:49
マジで感動した大泣きした
投稿者:神 2015-11-21 23:18:31
マジで感動(泣)
投稿者:名無し 2015-11-21 23:17:11
セックスって言ってて焦ったwww
投稿者:名無し 2015-11-21 23:16:44
不覚にも泣いた
投稿者:名無し 2015-11-21 23:16:38
借金取りまじイケメン
投稿者:名無し 2015-11-21 23:14:30
声出して泣いてしまった
投稿者:名無し 2015-11-21 23:14:16
いい話すぎだろ
投稿者:名無し 2015-11-21 23:13:58
ホームレスすぎるw
投稿者:名無し 2015-11-21 23:13:28
借金取りの人がさりげなく「たまには良いもん食えよ」と言ってる所が格好良かった

投稿者:名無し 2015-11-21 23:12:58
これは泣くわ
投稿者:名無し 2015-11-21 23:12:42
借金取りの人好き
投稿者:名無し 2015-11-21 23:12:37
泣いた
投稿者:名無し 2015-11-21 23:11:48
借金取り何気優しかったね
投稿者:名無し 2015-11-21 23:11:17
↓俺もww
投稿者:名無し 2015-11-21 23:06:15
借金取りの優しさにないた
投稿者:名無し 2015-11-21 23:05:17
いい話だよな
25周年記念で今見てるけどやっぱいいな
投稿者:名無し 2015-11-21 23:04:21
先にネタバレを見に来てしまった
投稿者:名無し 2015-11-21 23:01:43
プロローグ。

タモリ「私たち人間の脳は、生まれてから経験したあらゆる出来事を記憶という形で保存しています。あなたの脳に収められた記憶は、この宇宙でたった一つしか無いのです。そして、それはあなたがあなた自身であるという証拠でもあるのです。」
投稿者:名無し 2015-11-21 20:12:39
泣くに決まってんだろこんなもん
借金取りの兄ちゃんが好みだった
投稿者:名無し 2015-11-21 02:33:11
そういえば借金取りの一人は「お金がない!」でも同じようなキャラ(オカマみたいな口調)で出てたなぁ。
投稿者:世にもファン 2015-11-18 12:42:55
94年放送ってことは古畑任三郎で犯人役として出ていた頃だね。そこでは、殺し損ねた政治家が記憶喪失になってたけど。
投稿者:世にもファン 2015-11-18 12:37:49
思い出を取り除いてくれる人いいひとだね
投稿者:名無し 2015-11-18 08:34:46
木梨リメイク楽しみですね。
投稿者:タモリクラブ 2015-11-17 02:17:49
リメイクはノリさんだったんですね。これも楽しみ♪
投稿者:マサムネ 2015-11-14 01:11:49
木梨の久しぶりの主演作品になるので、楽しみです。
投稿者:名無し 2015-11-13 20:36:07
リメイク主演はファンサイトで見たところ木梨憲武さんでした
投稿者:名無し 2015-11-13 20:13:12
当時見て泣けた。
投稿者:名無し 2015-11-08 01:36:37
佐藤浩市さんか香川照之さんあたりにやって欲しい。
投稿者:名無し 2015-11-02 01:59:58
リメイク決定おめでとうございます。
いったい誰が主役になるのやら。
投稿者:名無し 2015-10-25 09:50:47
このお話しも本当に小堺一機さんの演技が素晴らしくて、感動したのを覚えています。これも、家族がテーマでした。家族を思う愛に溢れた作品です。もう一度見たいです。
投稿者:きぬ 2015-09-03 16:20:54
小堺さんはだいじょうぶだぁに出てコントで志村さんに怒られたシーンでミスをしたとこが面白いです。
投稿者:名無し 2015-05-11 21:02:53
小堺さんバカですね。岡江さんと別居して借金作るなんて…

投稿者:名無し 2015-01-27 17:59:25
家族の肖像とこれは泣けた
投稿者:名無し 2014-10-18 17:11:35
当時、小学生でしたが感動してずっと心に残りました。
投稿者:まーくん 2014-04-13 16:55:34
時の女神とこの思い出を売る男だけは本当に感動する。。

投稿者:名無し 2013-10-21 15:55:32
悲しいねぇー。家族も両親も友人も全て失うのは
投稿者:名無し 2013-10-21 15:53:19
思い出を換金ねぇ・・・
投稿者:ヒッチコック 2013-06-09 00:38:30
思わずラストの息子の回想シーンで泣いてしまった。。



個人的には

初恋の思い出はなくしたくない・・

感受性がとても豊かなあのときの

あの胸のどきどきを忘れてしまったら、

悲しいと思う
投稿者:lalala 2012-04-22 20:30:10
家庭が崩壊してしまった自分としては、言葉で言い尽くせない思いがあります。

何年経とうとも、心をそこに置いてきてしまった様に、後ろを振り返ったままです。


投稿者:haya 2010-10-03 04:01:17
初めて視聴したときより、今になってからの方がより感動した

新しい思い出を構築していくのは、大変な作業だが、また素敵な思い出つくってほしいな

個人的には「帰れない」と1,2を争うぐらい好きな作品
投稿者:ghjuy 2010-09-20 18:03:27
この話は本当に感動モノです.
投稿者:神岸協会 2010-09-13 17:24:05
傑作です!


投稿者:あり 2009-12-06 19:24:24
素直に面白かったです!!! 感動ーーー(*^_^*)
投稿者:アズキ 2009-11-21 14:04:05
>>名無し | 2009-07-30さん



いやいやいや(笑)

僕の文章読めてますか?



結構違いますね。



例えば、「この作品の主人公は女性でした」というくらいの修正したくなる多々の間違いですよ。

(↑これはあくまで例えですよ。意味解るかな…。これくらいに書かないとピンと来てもらえない気がして)







ってか、



>あらすじ | 2007-04-21 22:26:58 p6076-ipad203funabasi.chiba.ocn.ne.jpさん



>あらすじ2 〃 さん



>あらすじ3 〃 さん



のをそのまま採用すれば済む。
投稿者:Tundie 2009-09-04 15:18:47
>>Tundie



うん、「突っ込みどころが多すぎる」って言うほどの事じゃあないね。

こまけぇこたぁいいんだよ!!
投稿者:名無し 2009-07-30 16:11:16
>>通りすがり(2009-06-04)さん



>男(小堺)の娘が手術しなけりゃ助からない病気に。



物語の始めに、元家族の存在は出てこない。なお、娘じゃなく息子





>更に借金していた男は絶望するが、



恐らく「更に」は「既に」の間違い。根本が間違ってしまっているのでこの訂正は意味なし





>個人の思い出をコレクションしてると言う

怪しい男(以後「コレクター」と記す)と出会う。



記憶を買う男(佐戸井けん太さん)は個人の思い出を“コレクション”してる訳ではない。「コレクター」と呼ぶのは相応しくないと思われ。この記憶を買う男は、記憶をコレクションするお客さん(劇中ではこちらを「コレクター」と言っている)に記憶を売る為に、ストック・仲介する人です。





>全ての記憶が消された。コレクターは約束を守り金を病院に渡す。(妻かな?)



「妻かな?」って; 妻ですね。病院ではありません。





>月日が流れ、



「1年後…」(劇中テロップのまま)





なぜ他の部分に一切空きを入れてないのに「月日は流れ…」と「そこに妻と…」の行間を空けているのでしょうか。





実際の作品よりも全体として家族ネタのボリュームが大き過ぎる。
投稿者:Tundie 2009-06-21 15:03:32
このあらすじで十分ですが?
投稿者:通りすがり 2009-06-04 17:15:23
小堺さんの演技が素晴らしい。とてもジーンと来る切ない作品でした。90年代半ばはこの他にもにぎやかな食卓、時の女神、怪我、ホームステイマイホームなど感動系の良作が沢山ありました。最近の感動系はあまりジーンとこないのが残念。またこうゆう作品放送してもらいたいです。
投稿者:カズ 2009-05-08 12:31:45
この作品は素晴らしいです。



しかし、何だかこちらの「あらすじ」が相当突っ込みどころがある気が…。色々変ですよ?
投稿者:Tundie 2009-05-07 02:11:06
小堺さんはいい味だしてましたよ。

良かった

特に記憶がなくなったあと昔の同級生とあった時 リアリティがある表情で、素晴らしかったです



しかしうっとうしいガキよ 黙れ
投稿者:OHOHOH 2009-04-21 05:12:11
感動というよりなんか悲しいな。
投稿者:ok 2009-04-05 15:31:30
最後男が公園で明後日の方向を

向いてるだけじゃなかったっけ?
投稿者:あ 2008-10-06 22:40:02
主人公が家族の記憶を売ったあと,大事にしていた家族の写真を落として,歩いていく姿がすごく切なかった。

この作品,大好きです
投稿者:怪奇大作戦 2008-10-04 13:18:56
小堺さんの演技はすごいですねぇ

好きな作品です
投稿者:かりけん 2008-09-08 17:49:59
さっきYou Tubeで見ました

泣けました;;

小堺さんの演技最高です
投稿者:世にもファン 2008-08-10 02:23:06
>小堺の演技は素直に認めましょう。大変良かったです。

>あなたが一番大切にしているものは何ですかと聞かれた時、あなたはなんと答えますか?思い出は過去と未来をつなぐ梯です。

>思い出を捨てることは、未来をも捨ててしまう事です。

>その後は、幸せに暮らしたのだと考えましょう。あら探し、中傷はご自由ですし、色々な考えがあっていいんじゃないかな。



色々な考えがあっていいんじゃないかな、と言いつつ「幸せに暮らしたのだと考えましょう」ってどういう事ですか。もう見てないでしょうが思考停止して文章を書くのはやめたほうが良いと思いますね。


投稿者:?? 2008-05-23 20:32:16
最後に家族の記憶を売ったときの演出にはしびれますね
投稿者:ロベルト 2008-05-12 22:17:58
最後は少し泣きました。

家族の大切さがわかりました。

この作品もけっこうよかったかな
投稿者:カービィ 2008-04-01 01:08:13
小堺の演技は素直に認めましょう。大変良かったです。
あなたが一番大切にしているものは何ですかと聞かれた時、あなたはなんと答えますか?思い出は過去と未来をつなぐ梯です。思い出を捨てることは、未来をも捨ててしまう事です。
その後は、幸せに暮らしたのだと考えましょう。あら探し、中傷はご自由ですし、色々な考えがあっていいんじゃないかな。
投稿者:ひろ 2008-02-09 21:31:48
最後は記憶が戻ったのかが分からないですね。

そのへんが世にも。
投稿者:katayama 2007-11-18 03:11:55
かなり感動しました。

小堺さんは演技が上手ですね。

ユーチューブで見ましたが、涙が出ました。

最近の作品より昔のほうがいいですね!
投稿者:Dr、名無しマン 2007-11-11 18:08:58
感動ではあるがオチが読める素直なもの。面白くなくはないがそれほど印象には残らないかぁ。
投稿者:ASK 2007-10-04 12:20:25
やはり小堺さんは演技が上手い。ああいうビジネスが本当にあったら忘れたい事が多い人にはいいですね。ただあの機械は「トータルリコール」の盗作でオリジナルが欲しかった。
投稿者:ザンバラ 2007-09-28 19:52:16


最後の家族の記憶を消そうとする瞬間、忘れ難く待ってください!とポケットの中の家族の写真をもう一度眺める場面がとても心に残っています。涙がこぼれました。ほんとうに素晴らしいお話です。
投稿者:繭 2007-08-12 20:17:58
世にもで感動モノというと、真っ先にこの話を思い出します。


投稿者:撫肩 2007-07-31 01:51:42
今まで見てきた中では最高と言っていい作品だと思います。

自分の愛する子供が命に関わる難病で、何をしてでも手術費が欲しかったとしたら…。それがかけがえのない記憶を売ることだとしても、きっと誰でもためらいなく売ることを選択するでしょう。それで助かるのであれば。
投稿者:れいか 2007-06-09 23:26:12
ストーリー的には名作です。
主役が小堺というのがミスキャストですね。
お笑い芸人は、コメディドラマにだけ出してください。感動ドラマには出さないでください。
最後にギャグがあるんだろうと思ってしまいます。


投稿者:げんごろう 2007-04-30 00:28:46
場面は変わり、例のお店にいる古川。
妻とダイキの記憶、昨日の記憶、今日の記憶全てを買い取ってくれと頼む。
最初は店長も「廃人になってしまいますよ」と抵抗していたが、
古川が「かまわないっていってるじゃないですか!」
と怒鳴ったため、了承して思い出を消す作業を開始する。
だが、その前に古川は妻と息子の写真を眺め、様々な思い出を振り返る。
ダイキが生まれてきた瞬間、初めて立ち上がった時、キャッチボールで遊んだ時。
涙を零す古川だが、ついにその思い出は全て消え去ってしまった・・・

もうなにひとつ思い出が無い古川は完全な廃人となってしまい、
妻と息子との写真をポトッと落とすが、それに気づかずに歩き続ける。
それから1年後。
すっかりホームレスになってしまい、ベンチでゴミ箱からあさったお菓子を食べる古川。
すると、そこへ「パパ?」という子供の声が聞こえてくる。
声のほうを向くと、そこには妻と小学1年生になった元気な息子の姿が!
妻と息子は古川の元へかけより、話しかけるが古川は何も覚えていないために無視して立ち去ろうとする。
妻はそんな古川に「あなた覚えてないかもしれないけど、家族なのよ、私達。家族なの!」と言い、
ダイキは「パパー!」と笑顔で抱きつく。
妻も、「もう一度やりなおしましょう。三人で新しい思い出作るの!」といい涙ながらに抱きしめる。
そんな状況に少し戸惑いながらも、「か、ぞ、く?家族・・・。家族。」と口ずさみ、ハッピーエンド。
投稿者:あらすじ3 2007-04-21 22:27:57
次の日は、スポーツの思い出は?と聞かれ、最初は拒んでいたが、
お金に目がくらみ、ついに甲子園に出動した大事な思い出を売ってしまう。
その帰り道に旧友とバッタリ会い、同窓会に同席させてもらうことに。
そこには一人の女性がおり、親しげに話しかけてくるが、見覚えの無い古川は友人に誰?と問う。
どうやらその女性こそが古川の初恋の相手のようだが、初恋の思い出を売ってしまった古川は、
「本当に覚えてないんだ」と言って、周りの空気を悪くしてしまう。
「ごめん・・・」と古川。
気を取り直して、友人たちは野球部での思い出を振り返りながら乾杯するが、
甲子園の思い出を売ってしまったため、それさえも覚えておらず、「野球部だったけ?」と問い、
再び空気を悪くしてしまい、困った古川はそこから立ち去ってしまう。
だが、心配した友人が追いかけてきてくれ、人事不足の会社の面接を紹介してくれた。

しかし、また借金取りに追われてしまい、「必ず返します」と言い、
それからというもの毎日毎日思い出を売ってしまう。
誕生日・・・両親・・・少年時代・・・なにもかもを。
そのため友人が紹介してくれた面接へ行くの事も覚えていなかったため、
友人に怒られるが、その友人すらも覚えていない始末。

だが、お金は相当溜まったため、ついに借金を全額返済することができた。
・・・・が、借金をしていたことすら覚えていなかった。

そんな何もかもを思い出せない事に絶望してしまう古川。
唯一覚えているのは、妻と息子のダイキだけであった。
「お前の思い出だけは絶対に売ったりしない!絶対に・・・」
と、ここで一本の電話が入る。
それは妻からであり、ダイキが重い病気で倒れてしまったということらしい。
病院へ行き、事情を聞くのだが手術費が高くてどうにもならないとのこと。
悲しみのあまり泣く妻を強く抱きしめ、古川はついに決意する。
そして室内のダイキの手を強く握り締め、
「ダイキ、忘れないでくれよ、パパの事・・・」と優しく話しかける。
投稿者:あらすじ2 2007-04-21 22:27:33
主人公の古川(小堺一機)は、借金を抱えた貧乏人。
血液採取などをしてお金を溜めて生活はしているのだが、
借金取りに追われる毎日を送っている。
今日もまた借金取りがドア越しで恐喝してくるため、窓から逃走する。
そして外を歩いていると、足元に一枚のチラシがひっかかる。
そこには「あなたの思い出 高価にて購入」と書かれていた。
「思い出?そんなものが売れるのかよ」と苦笑する古川だが、
目の前にはその思い出を購入するお店(というより屋敷)が建たれており、
怪しみながらも、中へ入ってゆく。

店内には、店長ともいうべき怪しい人物がおり、説明をしてくる。
他人の思い出を、移植させて再体験させるというのが流行っているらしく、
まず最初は初恋の思い出を売って欲しいと要求する店長。
古川がリスクを聞いてみると、その人の思い出が記憶から永久に消えるという事らしい。
だが、高価で買い取ってくれるということで了承し、古川は初恋の思い出を売ってしまう。

・・・ソファでぐったり休んでいる古川。
そこへ先ほどの店長が現れ、分厚い札束を本当に渡してくれた。
これには大満足の古川。
屋台のおでん屋で酒を飲んでいながら、他にもいろんな思い出をおもいだす。
会社をクビになり、就職できずに困っている時に夫婦喧嘩をしてしまい、それが原因で
妻と息子と離ればなれになってしまった思い出・・・
「ダイキ・・・」と一言。
古川にとって息子のダイキだけは忘れられない存在のようだ。
と、そこへ運悪く例の借金取りが来てしまい、今回のお金を取られていってしまった。
投稿者:あらすじ 2007-04-21 22:26:58
感動系のベスト3堂々の一位になるほどええ話でした。
ちなみにランキング
1位思い屁を売る男
2位回想電車
3位8分間

投稿者:かちゃん 2007-04-19 17:34:17
世にも奇妙な物語の中より、他のドラマ、映画の中で、この「思い出を売る男」が一番感動しました。
投稿者:はやと 2007-04-07 18:49:05
感動したー思わず泣いちゃった。
投稿者:PADDLE 2007-03-29 15:08:32
2007春の番宣で記憶を売るストーリー予告があったので
久しぶりに思い出しました。
好きな話です。
個人的にはオリジナルの『トワイライトゾーン(ミステリーゾーン)』のほうが
ラストが救われなくてゾッとするので好きです。
投稿者:海砂海砂 2007-03-25 21:55:08
佐戸井けんたさんも何気にちょこりちょこりと
世にもに出てらっしゃいますよね。。(うろ覚えだけどあとは確かリフレインとか)
投稿者: 2007-03-14 00:01:34
不覚にも泣いた。
今一度写真を見て、家族の記憶を消すシーン。
投稿者:30代デビュー 2007-03-06 19:04:48
その後のことを考えると、周りはいいけど小堺は。。。などと思ってしまって今ひとつ感動はできませんでした。
記憶が戻るっていうんじゃ、あまりにも都合が良すぎるのはわかるんですが。
投稿者:purple 2007-02-11 18:15:35
手紙?!w日記bw
投稿者:豊楽殿 2006-12-03 17:32:23
最高の一言に尽きます。自分は「過去からの手紙」よりもこっちが好きです。
投稿者:kame 2006-11-28 02:09:45
うーん、感動しました。
記憶を買い取る人役は佐戸井けんたさん、昔の友人役は山崎一さんですね。
個人的には山崎一さんがいい味出していました。
ただ惜しむらくは、廃人だった男に、記憶を買い取る男役の人が
ほんの記憶の切れ端だけでも残してくれてたら、と思いました。
で、奥さんの「家族なんだから・・・」という言葉に
一瞬だけ家族の記憶がよぎって、無意識のうちに涙を流す、
ってラストだと、個人的には良かったなと思いました。
まあ今のままでも十分感動しましたけどね。
投稿者:san 2006-11-25 20:03:48
最近、久しぶりにYouTubeで見ました。
家族の思い出を売ろうとするときの
小堺さんの涙に、こちらもやられました。
自分が廃人になったとしても
息子を救うという父の思い。筆舌しがたい名作。
最後のシーンも多くの解釈があるでしょうが、
僕はその後新しい思い出を作っていったと思います。
ちなみに、上のあらすじで訂正すべき箇所を。

・娘ではなく息子
・息子が病気になるのは借金を返した後
・売った記憶の順番は、
 「初恋の人」→「高校野球」→「友人」
投稿者:むー 2006-11-13 01:46:19
いい話です。
ちなみに娘じゃなくて息子ですよ。
このあらすじ間違ってます。
投稿者:ゆゆ 2006-11-11 04:27:37
屈指の感動ものエピソード。小堺の演技がBGMで少々ごまかされてはいるもののそこらへんはご愛嬌
投稿者:dare 2006-11-10 16:54:33
今日初めて見ましたが、めちゃくちゃ感動しました。
世にもで一番泣けます。なんせ、今までで一番大切な家族の思い出が1つ残らず消されてしまうのですから・・・・。
でも息子は助かり、家族と生活を1歩目から再び始める。すごく好きです。
投稿者:INA 2006-11-10 14:38:05
中身のストーリーがなんか違う気がしますよ。w?
投稿者:豊楽殿 2006-11-04 14:27:32
あらすじ検索

キーワードを入力し、「検索する」をクリックしてください。複数のキーワードがある場合は、半角スペースで区切ってください。

クレジットカード比較の専門家
脱毛人気口コミランキング
青汁通販
車買取
車査定相場表
レーシック口コミ
FXとは
白髪染めランキング
フレッツ
楽天カード