第23話 超・能・力!

手も触れずにボルトを動かしたという有名な超能力者を、糸を使ったトリックだと暴いた超能力否定派の学者・岩瀬教授(仲谷昇)。

ある日「うちの息子はカードを透視できる」という親子連れが岩瀬の前に現れた。「○」「□」「☆」などが描かれたカードのマークを、息子に透視で当てさせるという実験を行っていた。
「じゃあこれは?」
「しかく」
「次は、これ」
「まる」
次々とマークを当てていく息子だったが、カードを持っている母親の問いかけ方が引っ掛かった岩瀬は、「次は何も言わない様にして下さい」と言う。
一瞬動揺する母親だったが、すぐに笑顔を取り戻し実験を再開する。母親が黙った後もカードのマークを当てていく息子。思わず「本物だよ」と呟く者も居たが、母親のまばたきと唇の動かし方でサインを送っていた事を、岩瀬が見破ってしまう。
激怒した母親は捨て台詞を残して去って行く。
「…疲れたよ。後はよろしく頼む」
岩瀬は自室に戻る。
席に着いた瞬間、誰かに首を絞められる岩瀬。
彼はハッと目を覚ます。「夢か…」

と、そこへ、自分は予知能力者だという男・加山(佐野史郎)が現れた。次の日に起こる事を、前の日の晩に夢で見るというのだ。
それは妄想だと言う岩瀬に、
「実は今日来たのは、僕が人を殺した夢を見たからなんです」
と不気味に笑みを浮かべる加山。「この部屋で僕が先生の首を絞めて殺している夢です」

岩瀬は君は妄想に操られているんだと言い、カードを使った実験を始める。加山の言う事が正しければ、カードの絵柄を全て知っているはずだからだ。
しかし、簡単に当ててしまう加山。
「まさか…偶然だ!予知能力なんてあるはずが無い!」
気が付くと加山がすぐ後ろに立っていた。
「じゃあこのカードはどうだ!」
岩瀬は慌てて別のカードを出す。
「分かりません」
「ほら見ろ!やっぱりトリックだったんだ!」
「いいえ…先生は夢の中でこのカードをめくる事が出来なかったんです」
岩瀬の首を絞める加山…。

そこで目を覚ます岩瀬。
今のは夢だった…。
「………予知夢か…そんなバカな」
ホッとする岩瀬。
そこにやって来る秘書。
「先生、ご面会の方が」
薄笑いを浮かべながら現れたのは、加山だった…。

キャスト: 仲谷昇/佐野史郎
放送日: 1990.8.9
原作・脚本: 吉沢景介「予知能力」
 

コメント投稿

名前:

コメント:

コメント一覧 (24件)

緊迫感のあるやり取りが見応えありました。
良作です。
投稿者:ヤモリ 2016-01-21 14:25:25
サスペンス系で面白かった
投稿者:名無し 2015-12-05 20:56:00
佐野史郎がでてるものはほぼ面白いです

投稿者:名無し 2015-07-03 00:07:52
考えると仲間由紀恵がやっていた「トリック」のコンセプトはまんまこれですね。えせ超能力者のトリックを見破る手品師。でも実は手品師自身が超能力者であったという。。。
投稿者:名無し 2014-10-18 05:11:42
一番怖かった
投稿者:名無し 2014-07-29 01:56:35
佐野史郎こええええーっ!
よく考えると、なんで自分の超能力を認められなかった腹いせに学者の首を絞めなきゃならんのかわからないが、佐野史郎の役なので異様な説得力があった。
教授のラストの予知も佐野史郎の能力の一つなんですかねえ。自分の見てる未来を他人に見せる能力みたいな……。これは認めざるをえないだろ?とでも言いたげな顔でしたね……。

投稿者:ねこ 2014-02-08 18:15:01
超・能・力は全宇宙で一番須原志位作品なので、ぜひ見てほしい。



そのあと。人口肉研究を検索して見てほしい。



少しでも多くの人が見るようなサイトに

できるだけ紹介してほしい

おねがいします。
投稿者:よゆやおえうあ 2013-03-17 07:54:54
なにこれこわい
投稿者: 2013-03-16 10:24:01
予知能力を持つ自分を信じるのか

超能力を否定してきた自分を信じるのか

岩瀬のお気持ちはー・・・どっちっ!?
投稿者: 2010-11-03 21:24:15
佐野史郎が不気味



あとモニターの画面にさりげなくタモリがでてた
投稿者:lash 2010-07-14 20:53:21
相変わらず佐野史郎が不気味だ。

当時、超能力とか流行ってたのかな?
投稿者:Burdock 2010-01-24 06:01:46
実は仲谷さん本人に予知能力があったのですね・・。

佐野史郎さん怖い・・。
投稿者:ユリ 2009-10-07 17:03:24
史朗が怖くてよい
投稿者:unio 2009-07-22 10:16:32
ネットは便利ですねぇ。

この話、当時見ていて、怖くて印象深い作品でした。

帰ってきたドラえもん並みの面白い短編です。(比較対象がおかしいか。。。)

またみたいですね。
投稿者:またえ 2009-05-06 16:02:23
深い・・・・・・(−¥−)


投稿者:わぉ! 2008-12-04 17:19:52
なかなか面白い作品
投稿者:かりけん 2008-08-29 16:46:37
序盤の仲谷がトリックを暴くシーンが好き
投稿者:ロベルト 2008-05-12 22:20:30
実は自分が予知能力者であったという話でしたね。

皮肉ですね・・・
投稿者:スノ 2007-11-18 14:22:22
最後のシーン、佐野さんが入ってくる時の笑顔が不気味すぎです。
投稿者:アリーナ 2007-10-10 21:32:25
怖い。あの後どうなったのか知りたい。
投稿者:ザンバラ 2007-09-28 14:15:35
この話だけは今でも鮮明に覚えている。一番怖くて大好きな話です。
投稿者:みっちぇる 2007-07-29 10:34:49
筒井康隆の同名の短編を改作したみたいだね。
夢のくだりなんか、そのままだし。
投稿者:152 2007-04-05 14:24:54
この話のオチは、奇妙な出来事の
「アップルパイシンドローム(ORラブソディー)」のオチに似ている気がする。
投稿者:くまっち 2007-03-07 13:07:56
超能力フェイクを暴く手法は面白い。
投稿者:purple 2007-02-11 00:00:26
あらすじ検索

キーワードを入力し、「検索する」をクリックしてください。複数のキーワードがある場合は、半角スペースで区切ってください。

クレジットカード比較の専門家
脱毛人気口コミランキング
青汁通販
車買取
車査定相場表
レーシック口コミ
FXとは
白髪染めランキング
フレッツ
楽天カード