第222話 朝まで生殺人

名取裕子はサスペンスドラマのシナリオ作家です。
過激な殺人シーンを書くのですが、プロデューサーに殺人シーンの書き直しを命ぜられ、頭に来ながらも渋々自宅で書き直し始めます。

アイデアに煮詰まる主人公の元に、女性が現れます。
テレビ局の封筒を持つその女性(渡辺えり子)を、テレビ局がお目付け役として来させたと思った名取は、その女性を家政婦代わりに掃除をさせます。

散らかった室内を隅々まで片付ける山田正子と名乗る女性(渡辺)。
スパナで窓の鍵まで直します。
エアロバイクをこぎながら、家政婦がスパナを使って殺人をするしなりを書く名取。
しかし、山田は「そのアイデアは以前先生が書いたものとそっくりです。」と、部屋にあったビデオを見せます。
その後も色々アイデアを出す物の、「それは何年前のシーン○○番です」と、ビデオを見せながら却下する山田。
そのうち、本当に先生の首まで締め上げたりします。

どんなアイデアもビデオを見せ却下する山田は
「最後にこのビデオを見てください」と、持ってきたビデオを名取に見せます。
そこには名取がデビューしたての頃に書いた、撮影中の女優の事故でお蔵入りになったドラマが映っています。
そのドラマの主人公は作家で、机に向かって作品を書いている時、
突然背後から襲われ、驚き振り返ります。

振り返った女優と、同じ顔の山田正子に驚く名取。
封筒に入っていた事故の事が載った新聞の切抜きで、その時亡くなった女優の名前が山田正子だと言う事を思い出します。
「先生は殺人のアイデアはもう出尽くしました。でも私の殺され方が一番最低だ。襲われた作家が逃げ出して車にはねられて死ぬなんて、一番練られていない」と言います。
「今度は殺される側になったらいかが?」と、名取に詰め寄る正子。
恐くなった名取はマンションから飛び出します。
名取の机に座る正子は、「私が書いてあげましょう」と、シナリオを書き始めます。
止まっていたビデオの続きが流れ始め、恐怖に逃げ出した作家役の女優(山田正子)が、車にはねられるシーンで本当に跳ねられてしまた所が映ります。
慌てて山田に駆け寄るスタッフ。

マンションの階段を駆け下りる名取。
よろよろと道路に飛び出ます。
そこへ走ってくる車。
キーーーー!!!ドンッ!!と言う鈍い音…。

翌朝テレビ局にFAXが流れてきます。
それを読むドラマのスタッフは、「先生もやるじゃない」とご機嫌です。

誰もいない名取の部屋で、ビデオの続きが流れています。
「大丈夫か!」と駆け寄るスタッフ。
口から血を流しながらニヤっと不気味に笑う山田正子。
ビデオが止まり、砂嵐が流れるテレビ…。

(あらすじ作成:仔猫さんThanks!)

キャスト: 名取裕子
放送日: 1991年 春の特別編
 

コメント投稿

名前:

コメント:

コメント一覧 (15件)

逆恨みにも程がある
馬鹿すぎて時間無駄にしたわ

投稿者:てれたびーず 2016-11-23 11:39:50
最初のシーンは、確かセクシーな女の人がナイフを投げつけて男を倒した後、首をハイヒールでへし折るんじゃなかったっけ?かなりトラウマになった…。
投稿者:Mike 2010-09-14 00:35:23
これYOUTUBEであったけど今もあるかな?
投稿者:あり 2009-10-11 11:57:02
ヤマダマサコに非難の嵐wwwww

まあ、これも世にもでいう"不条理"系か?だいぶ違う気もするが。



タイトルが強烈すぎる割に話はたいしたことないな、っていうのが第一印象。



個人的にはラストカットのTVには山田を映すんじゃなくて脚本家(名取)を映してほしかったかも?

なんの脈絡も無いけど。
投稿者:季 2009-07-01 00:09:05
ヤマダマサコとかいう女は、脚本家を恨んでどうする。



お前は、それまで何で飯食ってたんだ。

逆恨みが見苦しい。
投稿者:qwerty 2009-06-27 15:29:47
リアルタイムで見た話。

当初はありきたりな幽霊話と思っていましたが、ウーゴさんの書き込みを見て改めて考えると「これ、本当に女優の幽霊を見たのか?」と思えて来ました。もしかしらたら「連載小説」の主人公の様に極限状態に追いつめられて見た妄想だったのかもしれない…と。そう考えると最期に送られた原稿の内容はもしやこの話その物だったりして…
投稿者:Feather moon 2009-06-24 22:55:28
なんで死んだ女優そんなに脚本家を呪う理由

あるんだ?

お化けなのに生き生きしすぎで怖くないよ。

雰囲気も何もないし。
投稿者:ねこ 2009-05-05 15:51:10
朝まで生殺人 怖そうなタイトルでも あの女(渡辺えり子)掃除しに来たのに何であんな話しするんだろう名取裕子
投稿者:森田和正 2009-03-28 19:22:01
タイトルが強烈すぎる!

今だったらこんなタイトルは付けられないだろう。
投稿者:緊急非難 2009-03-16 22:03:19
プロローグ ある放送スタジオ タモリが座っている                         「今やサスペンスドラマは花盛りです。ゴールデンタイムに洪水のように流れるあの殺人シーンが、もしもブラウン管のこちら側で起こったとしたら。お茶の間は血の海になり、日本中の人口がたちまちいなくなるのかもしれませんね。さて、今夜の殺人メニューは・・・」
投稿者:翔 2009-03-15 11:08:34
これを探してました!
わたしが7歳の頃に見た
初・世にものトラウマ作のはず。

・女性が二人でてくる。
・片方がホラー系の物書き。
・最後に物書きの女性が
階段を駆け降りながら逃げようとしたが死に、
テレビ画面に死んだ女性の不気味な笑い顔が映される。

たしかラストは
雨が降ってた場面だったような...

YOUTUBEにないですかね??
投稿者:とおりすがり 2009-03-03 00:41:56
う〜む、たしかにホラー系・・・
投稿者:ミユ 2008-12-14 10:33:12
見たこと無い。

でもあらすじ読んだらおもしろそ〜!

見てみたい><


投稿者:うにょ 2008-04-13 21:41:32
ノベライズ本だけ読んでいるが

パッと見、ジョニデが出ていた「シークレットウィンドウ」を思い出してしまった
投稿者:ウーゴ 2008-03-27 21:03:28
渡辺えりこがそこまで脚本家の女を呪う理由がどうにも分からない。
管理のずさんな?スタッフにたたれ。
投稿者:高速道路 2006-10-30 01:15:45
あらすじ検索

キーワードを入力し、「検索する」をクリックしてください。複数のキーワードがある場合は、半角スペースで区切ってください。

クレジットカード比較の専門家
脱毛人気口コミランキング
青汁通販
車買取
車査定相場表
レーシック口コミ
FXとは
白髪染めランキング
フレッツ
楽天カード