第219話 昔みたい

平凡なサラリーマンの主人公・竹脇無我は、デパートで買い物をし、エスカレーターで降りていると懐かしい絵を見かける。妻に絵を見ていくといい、絵のほうに向かうと昔の恋人のいしだあゆみを見かける。久々に会った二人は、いしだの呪文で10年前に戻る。
いしだあゆみ「十年前に戻ってみない?」
 1,2,3.すると、十年前の風景に変わっていた。
 そこは公園らしき場所。二人で座ったベンチや近くの公衆電話でいしだがかつて10円玉をチャリン・チャリンと入れたこと、近くの木にふたりの名前が刻まれていたことなどをいしだは思い起こす。だが竹脇は覚えているはずもない。
 もう一箇所行って見たいところにいしだは竹脇を紹介した。それは、自分の済んでいたマンションであった。
 しかしいしだはずっと竹脇を待っていたことを告げると竹脇もだんだんいしだの不審な言動に驚いていく。「今忙しいから、あとで電話すると、ずっと電話もかけられないほど忙しかったのでは。電話を待つために電話番号も変えなかったんだよ」と言って抱きつくいしだ。いしだを突き飛ばす竹脇。
 怖くなって竹脇は逃げた。しかし、後ろ髪ひかれる思いもあり、いしだの部屋に戻る。(旧あらすじデータベースで、「腰が抜けて動けない」とありましたが、竹脇はいったん部屋を出ているので注意。)
いしだあゆみ「昔みたいにひざまくらしてあげる」そして、部屋の電気が消えた。
 近くのマンションのベランダで、男と女が話していた。
女「明かりが消えた。あのアパートは10年前に住んでた女が死んで以来、ずっと空家のはずだよ。おかしいよ。」
 アパートの中で、男が1人死んでおり、男の青白い顔には白骨化した女の手があった。

 デパートらしき場所(絵が飾ってある場所)で、いしだが言う。
「お久しぶり」(スタッフロール)

(あらすじ作成:くまっちさんThanks!)

キャスト: いしだあゆみ
放送日: 1990年 冬の特別編
 

コメント投稿

名前:

コメント:

コメント一覧 (61件)

774さん

いっそのこと、ここに投稿した全員をアクセス規制した方がいいんじゃない・・・と思う。

↓まるで、コメント数が10の倍数になるからって投稿したような、中身のないコメント。
投稿者:美少女マチコ駆除隊 2019-01-16 23:43:16
鮎川穂乃果のスクール水着
投稿者:名無し 2019-01-16 19:05:27
ハハハハハハハハハハハハ
投稿者:名無し 2019-01-16 19:02:28
美少女マチコ駆除隊さんが「アクセス規制」になるとしても、次の投稿者もアクセス規制になるから大丈夫です。もっとも自分については、別にどっちでもいいですが。

美少女マチコ、21才のおばさん、30代で独身のプー太郎おばさん、小春、小宮もなみ、ラン丸、大王幸太、名無し(鮎川穂乃果の水着みたいな投稿)など。
投稿者:774 2019-01-16 13:08:45
774さん

 俺は、このサイトの平和のためなら、たとえ強烈な言葉を書いて「アクセス規制」を食らっても構わないと思ってる。
 留衣さんの言葉のように、やさしく注意しても聞かないような無神経には、「対話」はダメ。むしろ「圧力」をかけるべき。とにかく美少女マチコを叩きのめす!
投稿者:美少女マチコ駆除隊 2019-01-16 12:58:11
外野で見ている者ですが、美少女マチコが変なコメントをして、「やめてください」と言ってもきかず、ますますひどくなっているために、罵声のような返答になっている様子です。

美少女マチコ駆除隊さんの言葉は汚いですが、荒らしてるのは美少女マチコの方ですね。
投稿者:留衣 2019-01-16 02:34:36
↓美少女マチコが変なコメントするから悪いんでしょう。

はっきり言って、美少女マチコ駆除隊さんが反撃しなかったら、美少女マチコは、あれ以上にやりたい放題だからね。過去そうだったし。むしろ、美少女マチコの投稿は、今少ない方・・・。

美少女マチコ駆除隊さん、これからも美少女マチコの妙なコメントへの反撃をお願いします。このサイトの平和のために・・・。ただ、やりすぎだけは、本当気をつけてください!
投稿者:774 2019-01-16 02:07:43
荒らすなって言ってるそばから何言っちゃってるの
投稿者:名無し 2019-01-16 00:34:49
↓黙れ、カス!
投稿者:美少女マチコ駆除隊 2019-01-15 23:47:16
昔みたい・・・
小山登志夫クソみたい❗
投稿者:美少女マチコ 2019-01-15 22:47:20
https://www.youtube.com/watch?v=X03Na_AxjuY
(47:26~1:06:40・本編)
(1:06:40~1:09:17・エンディング)

↓OKだと思います。お願いですから、どうか、これ以上コメント欄を荒らさないでください!
投稿者:女銘女慈 2019-01-15 01:54:57
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
↓あらすじは、以上になります。(管理人さんに向けて)↓
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
投稿者:テスト 2019-01-15 01:46:12
世にも奇妙な物語・冬の特別編 【1991.1.3放送】エンディング

「世にも奇妙な物語・新春特別編、お楽しみいただけましたでしょうか。今から始まる一年が、あなたにとって幸多き一年でありますことをお祈り申し上げます。
 くれぐれも、奇妙な世界の扉を開けることのないように。それじゃあ、私はこれで。」

(タモリ、扉を開けて入る。扉を閉めたら扉から煙が出て消える。)

エンドロール。
投稿者:全伝協さんの引用 2019-01-15 01:44:35
プロローグ

(バーにて、タモリが一人。「星に願いを」がかかっている)

「あ、どうも失礼。思わず、聞き惚れてしまいました。あなたにも、思い出の曲の一つや二つあるんじゃありませんか。あの人と、あの時を思い出す。そして、少しせつなくなる。できれば、時の間に置いてきた恋人ともう一度会いたくなる。
 これから始まるのは、偶然昔の恋人に再会した、世にも幸運な男の話です。今宵、あなたも昔の恋人を思い出しながら、私と一緒にワインのグラスを傾けませんか。乾杯。」
投稿者:全伝協さんの引用 2019-01-15 01:42:25
 平凡なサラリーマンの主人公・竹脇無我は、家族でデパートにて買い物をし、エスカレーターで降りていると懐かしい絵を見かける。妻に絵を見ていくと言い、絵のほうに向かうと、昔の恋人のいしだあゆみを見かける。久々に会った二人は、いしだの呪文で10年前に戻る。

いしだあゆみ「十年前に戻ってみない?」
1、2、3。すると、十年前の風景に変わっていた。

 そこは公園らしき場所。二人で座ったベンチや近くの公衆電話で、いしだがかつて10円玉をチャリン・チャリンと入れたこと、近くの木にふたりの名前が刻まれていたことなどを、いしだは思い起こす。だが竹脇は覚えているはずもない。

 もう一箇所行って見たいところにいしだは竹脇を紹介した。それは、自分の住んでいたマンションであった。
 しかし、いしだはずっと竹脇を待っていたことを告げると、竹脇もだんだんいしだの言動に不思議がる。
「今忙しいから、あとで電話すると、ずっと電話もかけられないほど忙しかったのでは。電話を待つために電話番号も変えなかったんだよ」と言って抱きつくいしだ。いしだを突き飛ばす竹脇。

 怖くなって竹脇は逃げた。しかし、後ろ髪ひかれる思いもあり、いしだの部屋に戻る。
いしだあゆみ「昔みたいにうでまくらしてあげる」そして、部屋の電気が消えた。

 近くのマンションのベランダで、男と女が話していた。
女「明かりが消えた。あのアパートは10年前に住んでた女が死んで以来、ずっと空家のはずだよ。おかしいよ。」

 アパートの中に場面が変わり、男が1人死んでおり、男の青白い顔には白骨化した女の手があった。

 デパートらしき場所(絵が飾ってある場所)で、いしだが言う。「お久しぶり」(スタッフロール)


※くまっちさんの内容にコメント欄をもとに、訂正を加えています。ついでに、誤字脱字もチェックしました。
投稿者:あらすじ(訂正後) 2019-01-15 01:39:53
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
整理のため、ここより下のコメントは削除してください。(管理人さんに向けて)
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
投稿者:テスト 2019-01-15 01:32:05
小山登志夫は会社勤めをしてやってけるよーな男じゃない!
やっぱりトビ職がお似合いだ。
投稿者:名無し 2019-01-10 21:14:19
あっ、それからもしマチコが小山登志夫より人間ができていて優しい上にカッコいい、いかにも純心できれいなイメージの例の店長さんに会って、結婚できれば、それからあの店長さんと居る時間の方が小山登志夫と居た一年間よりずっと長くなるから小山登志夫に例の店長さんとのデートをふいにされた憎しみは薄れていくでしょうけど、あの店長さんとのデートの件を含めて小山登志夫と付き合った一年間小山登志夫にされたことは許せないわね❗
例の店長さんとの結婚生活が始まるなら、それを帳消しにするぐらい幸せになろうと思うから、まずもうあの店長さんと結婚してまで小山登志夫のことは考えないようにするけど小山登志夫が憎くて嫌いなことには変わりないわ。
投稿者:美少女マチコ 2019-01-06 01:56:36
小山登志夫ってホント超ウザいわ❗
マチコはホントに他の男なんか見ていなかったのに「あんた以外の男を見てたわ。ごめんなさい。」って言わなきゃいけなかったの⁉
でももしマチコがそう言ったら言ったで小山登志夫は凄く怒るでしょうし、どの男を見てたのか聞かれても、その時見てた他の男が実際にいないのに答えようがないじゃないの。
小山登志夫はマチコがどこまでも小山登志夫一筋で他の男なんか見ていないって言うのを聞きたくて、わざと問い詰めて何度もマチコに「他の男なんか見ていない❗」って言わせようとしたのかしら⁉
それにしても一回「たまたまそこに貼ってあるポスターを見ただけよ」って言ったんだったら他の男を見てないってことなんだから、もういいじゃないの。
普通はそこでそね話は終わるわよね。
最も他の男を見てたんかったらないって分かっても、小山登志夫がわマチコが自分だけを見てなきゃいけなくて、見ようとしてみたわけじゃなくてたまたまそこに有った物や居た人を見たってだけで、それも許さないんじゃ酷い話だけど。
普通マチコを好きで別れたくないなら、どんなにバカな男だたってマチコが否定しても否定しても信じないで問い詰めてマチコがうんざりして嫌がって怒った時点で「これ以上嘘だって言って問い詰めると嫌われて別れられる」と思って問い詰めるのをやめる筈だし、好きな女なら嫌がってるのを見て可哀相だと思って、自分が好きな女が嫌がることはやめるのが普通でしょ。
自分のせいじゃなくても自分の彼女がつらい思いしてると自分もつらくなるのが普通だから、まして自分の彼女が自分のせいでつらい思いをしてると思えば、なおさら彼女が嫌がることをやめるべきなのに。
それも自分のせいでも彼女が何でつらい思いをしてるかが分からなければ、どうしようもないけど、マチコが「違う❗」って否定してるのに小山登志夫が信じないで「嘘だろ!」って言った時から「違うって言ってるじゃない❗マチコはホントのこと言ってるんだから、それ以上言うことがなくて、これ以上どうしようもないわよ❗」って言って怒ったんだから、単純に自分のせいで自分がマチコのことを信じないで問い詰めるからだってことが明らかなんだから、それ以上マチコが言うことを否定して問い詰めるのをやめればいいのに。
自分のせいでマチコが嫌がってるって分かってて、マチコが嫌がっていることをやめないんじゃいじめじゃない❗
マチコを信じない男なんて嫌いだし、そんな男と付き合えないし、小山登志夫もマチコにネチネチけちつけるぐらいなら、マチコを信用してなくてマチコを嫌ってて別れるきっかけが欲しくてしょーがないってことだからマチコと別れた方が良かったんじゃないの⁉って思うわ。
そーすれば例の店長さんとの転勤真際のデートを思う存分楽しめたし。
大体こんなに捻くれた小山登志夫なのに、何で例の店長さんの転勤真際のデートの日も「マチコと居たい!」って言った時だけ愛情表現が素直なのよ⁉
投稿者:美少女マチコ 2019-01-06 01:38:28
この主人公はどうだか知らないけど、小山登志夫はデート中にマチコがたまたまちょっと目に入ったポスターを誰かしら⁉って思って見ただけで「俺とデートしてるのに何よそ見してんだよ?誰見てたんだよ?」ってケチつけたのよ。
しかも他の男を見てたってわけじゃないし、ポスターに写ってる人だって女性なのに。
それで「ちょっとあのポスターを誰かなと思って見ただけよ❗」って本当のことを言っても「嘘だろ!」「適当な嘘つくんじゃない!」って言って信じないでマチコを悪者にするし「本当よ❗マチコは正直だから嘘つく子じゃないわ。」って言っても散々問い詰めといてマチコが言ったことを無視して「本当は誰を見てたんだよ?」ってマチコを悪者にして困らせたのよ。
小山登志夫にそこまでは言えなかったけど「あんたと違ってマチコは素直だから嘘つかないわ❗」って言ってやりゃ良かったわ。
小山登志夫にしてみればマチコが見たのが他の男だと思ったのかも知れないし、そうじゃなくてもマチコがずっと自分だけを見てなきゃ気に入らなかったんでしょーけど。
いずれにしても小山登志夫はちっちゃなことをネチネチ言い過ぎるのよね。
小山登志夫はそのポスターにしても他の人や物や景色にしても、じーっと長く見てたわけじゃなくてもチラリとも小山登志夫以外見ちゃいけないってゆーの⁉
それじゃ別に始めから見ようとして見たわけじゃなくてたまたまマチコが居るそばに有ったり居たから見ることになっただけだって小山登志夫に言わせりゃ罪になるじゃない❗
それはあんまりよ❗
そんなの最高に酷過ぎるわ。
小山登志夫は全てがこの調子で、何かにつけてマチコの揚げ足取ってネチネチ言うから、そのたんびにいちいち説明するのも面倒だし、しかもホントのこと言っても信じないんだもん。
投稿者:美少女マチコ 2019-01-06 00:36:22
ふと疑問に思うのが、・・・

 もし、あの店長さんに会うことができるとしたら、美少女マチコさんは、小山登志夫を許しますか?自分だったら、死んでも許さないけどね・・・。



> 主人公は、小山登志夫に似てるかも

 たぶん、昔の出来事とかをネチネチ言う部分でしょう。この公衆電話は、あのとき電話した何とかみたいな。
投稿者:名無し 2019-01-05 17:53:59
↓小山登志夫は美少女マチコに「建設会社に勤めてる」といかにも建設会社の社員のような口っぷりでカッコつけてたし、まだ少女で一年前にしても、お嬢様育ちであまりに世間知らずで純粋な美少女マチコは小山登志夫に騙されたが、結局トビにすぎなくて、建設会社の社長に近い立場の美少女のパパに言わせりゃ下請けの下っ端もいいところだから、この主人公のような平凡なサラリーマンにも至らない存在だし、この主人公は自立して普通に家庭を築いている上に、奥さんとは別の昔の恋人もいるが、同世代の普通の大人の女性で小山登志夫と付き合う女もいるわけがないから、役柄とは言え、小山登志夫なんかと同列に見るのは、この主人公に失礼だ!
投稿者:名無し 2019-01-05 14:30:02
主人公は、小山登志夫に似てるかも

役柄が。
投稿者:名無し 2019-01-05 11:26:18
♪悪女 中島みゆき
投稿者:名無し 2018-03-17 01:13:01
要するに美少女はモテて困っちゃうってことよ!
投稿者:美少女マチコ 2018-02-13 13:02:01
これは、マジで懐かしい作品です。

私が社会人1年生の正月休みに見ました。

今は地元に戻り自分の家庭を持つ事ができましたが新卒で上京し年末年始休みで帰省してる時に見て何か私の中で衝撃的な内容だったんで20年以上たった今も覚えてます。

作品の中で2人がどういう別れ方をしたのか解らないけど10年たって再会して男はすっかり忘れてしまい女は10年間一途に思い続けたと言うのはキチンとハッキリ別れてなかったから…こういう事になったわけで女のとった行動も怖いと思ったけど男が曖昧な事したからこういう事になったと思います。

男の家族は気の毒だと思いますが女の10年間一途に思い続けた気持ちが上回ったのかな…一瞬怖いと思ったけど、よくストーリーや動画を見たら女の切なく一途な気持ちが印象的でした。
投稿者:名無し 2017-12-14 08:54:11
↓どうかな?
私も石田あゆみさん好きですよ。
年取ったけど年取ったからこそ、いい味出してたと思う。
投稿者:ラン丸 2017-10-13 20:44:45
いしだあゆみさん、元気かな?
投稿者:名無し 2017-10-13 05:34:09
見てみたときはいしだあゆみさんがはまりすぎて、オチが読めつつとてつもなく怖かったです。今思えばもの悲しくもあり、結局自分の意志で戻ってしまった男性はあれで満足、なのかな。ご家族にはお気の毒ですが。
投稿者:名無し 2017-07-12 21:08:26
世にも奇妙な物語 冬の特別編 【1991.1.3放送】・エンディング


 世にも奇妙な物語・新春特別編、お楽しみいただけましたでしょうか。今から始まる一年が、あなたにとって幸多き一年でありますことをお祈り申し上げます。

 くれぐれも、奇妙な世界の扉を開けることのないように。それじゃあ、私はこれで。

(タモリ、扉を開けて入る。扉を閉めたら扉から煙が出て消える。)

エンドロール。
投稿者:全伝協 2017-06-17 22:52:57
プロローグ

(バーにて、タモリが一人。「星に願いを」がかかっている)

 あ、どうも失礼。

 思わず、聞き惚れてしまいました。あなたにも、思い出の曲の一つや二つあるんじゃありませんか。あの人と、あの時を思い出す。そして、少しせつなくなる。できれば、時の間に置いてきた恋人ともう一度会いたくなる。

 これから始まるのは、偶然昔の恋人に再会した、世にも幸運な男の話です。今宵、あなたも昔の恋人を思い出しながら、私と一緒にワインのグラスを傾けませんか。乾杯。



→やだ(笑)
投稿者:全伝協 2017-06-17 22:44:39
小説だとなんだかエロチックな感じだった気がする
投稿者:名無し 2017-03-24 00:10:14
そして世にもの「絶対イヤ」って物語は過去に戻るとかじゃなくて、その場の状況がイヤで現状を変えたいというのは本人の望みだが、それで変わる場面や状況までは自分で選べないって物語だと思いました。
投稿者:名無し 2016-01-08 10:24:09
この物語は多分実際時間が昔に戻るワケじゃないが昔経験したような人生が繰り返されるという物語で、望むと望まないに関わらず(たとえどんなにイヤな場合でも)昔と同じ状態が繰り返されるということで、「あの日に帰りたい」は本人が望んで戻りたい場合を選んで戻るという物語だと思いました。

投稿者:名無し 2016-01-08 10:13:32
小泉八雲の「怪談」の中にある話に似てますね。
「和解」だっけな?

投稿者:名無し 2015-11-27 09:51:10
映像が見たい。小説は持ってるけど中島みゆきの悪女という曲に主人公の女を当てはめてるところがあった。バス通りっていう曲にも当てはまりそうだなと思いました。
投稿者:中島みゆきファン 2015-11-27 00:44:54
高校が絡むことではなく高校時代が絡むの間違いでした。
最低レベルにしてもそうでないにしても公立高校に行けば部活に入ろうと入らなかろうと高1の時点で年下がいないから年下にいじめられることは、なかったし(ラン丸さんが行った学園でも違う私立でも中学生がいる部活に入らなきゃ良かったが)この先ラン丸さんが行った学園にいた2才下に会って関わり合わなきゃいけない状況になっても高校時代のイメージで見られたり高校時代を持ち出されることはなかったんです。
投稿者:美少女マチコ 2015-11-15 18:35:23
ラン丸さんが言った通りその学園に入学しても中学生がいる部活に入らなければ良かったが、公立高校に行けばいずれにしても高1の時点で年下がいないし万一どこかでラン丸さんが行った学園の2才下の生徒らに会っても彼女らはラン丸さんを知らないから「気づかれない女」の存在だったし、ラン丸さんが高校卒業後年月が経って学園外で高校時代同じ学園の中等部にいた2才下の一人に偶然出会ったように彼女らも働ける年齢になってバイト先や就職先が一緒になって関わり合わなきゃいけなくなっても、互いに初対面だから先入観なしで白紙の状態だから、それからのことはともかく高校が絡むことはなかったし。
投稿者:美少女マチコ 2015-11-15 18:21:04
ラン丸さんは私と年代が違うと思いますし、なぜ中学生がいる私立の女子校に行ったのかは知りませんし(たまたまだったのかも知れませんが)公立高校は最低レベルの学校にしか行けない成績ではなかったかも知れませんから、それを前提に話しては失礼ですが、ラン丸さんの学園の中等部にいた2才下の連中に会わずに済んだという点では公立の最低レベルの高校に行った方が、ラン丸さんが行った学園に行くより良かったと思います。
公立の最低レベルの高校だと世間体は悪いけど月謝も安いし。
まあ最低レベルの公立高校だとススムやラン丸さんが行った学園の中等部にいた2才下の連中のように精神年齢が低くてタチの悪いヤツが多いと思いますが。
投稿者:美少女マチコ 2015-11-15 18:05:12
最終目的は大学だけど、そのススムよりレベルの高い公立に行けば月謝が安いだけでなく、またそいつと同じ学校に行かずに済むし、
そいつを見下せたと思います。
投稿者:美少女マチコ 2015-11-15 12:56:55
中の時じゃなくて中3の時でした。
3がないだけでワケが分からなくなるよね。
そいつと同じクラスだった小学校4年の時だって、私の方がそいつにいじめられていて、決してそいつに恨みを買われるようなことをしていないから尚更です。
同じクラスだった時いじめられるだけじゃなくケンカもしたから私もそいつをけなすようなことを言ったけど、それだってそいつの方からケンカを売ってきたんだし、私がそいつの悪口を言ったことより、そいつが私の悪口を言ったことの方が全然多かったのに。
それからは同じ学校でも教室の階が違うほどクラスが離れていたから、そいつにいじめられることはなかったけど、中3になってからは隣のクラスなので同じクラスじゃなくても、わざわざ私のクラスに来てまでいじめたんです。
そいつは中3になって私をいじめた時、自分から私を殴ったり蹴ったり私の物を汚して傷つけたり壊しておいて私が「あんた今幾つだと思ってるの?」と言ったら「だから黙れ!お前の声なんか聞きたくねんだ。」と言いました。
とにかく口きくなと言われたから、その何も言えなくなったけど「何勘違いしてんのよ!あんたこそやめてよ!あんたがいじめてきたからでしょ!あんたがいじめるのやめたら何も言わないわよ!何もしないのに私の方から喋ってるワケじゃないじゃない!」と言いたかったです。
それにそもそもなんでそいつに話すことを禁じられなきゃいけないのかとも思いました。
このことをそいつの担任と学年主任の先生に言ってからは、そいつに関わられなくなったけど、私じゃどうしょもないからそいつの件を言いつける前に担任の先生に「◯◯(そいつのフルネーム)は、どうしょもないですね。」と言ったら「俺もそう思う。」と言いました。
その中3の時そいつのクラスの担任の先生は生徒に人気の有る先生だったのに、そいつはその先生にも態度が悪かったんだと思いました。
そいつは男三人女一人のきょうだいの末っ子で甘やかされてきたから、どうしょもない男だったというのもあるだろうから、事情を話ても、どうせそいつの親もそいつに何も言わず、私に「あなたに原因が有るんじゃないの?」と言ったかも知れないけど、そいつの親に「ススム君(個人を特定する漢字のフルネームを書きたい気持ちですが。)には困っているんです。」と言えば良かったです。
その後私も公立の高校に行けば月謝が安くて済んだけど私の成績で
行く公立が、そいつが行った公立と同じだし、中学時代ほどではないにしても小中学校が同じだった男子がいるのはイヤだから私立の女子校に行きました。





投稿者:美少女マチコ 2015-11-15 12:29:23
実は私も小学校4年の時に同じクラスでそれ以降学校が同じだっていうだけで関係ない男子が中の時私のクラスに入って来て私の机を蹴ったり暴力を奮ってきたりしたんです。
私は「もういい加減にしてよ!なんで今頃になってあんたにいじめられなきゃいけないのよ?4年5組はもうとっくに終わったでしょ。いつまでもこんなガキみたいなことしないで!」と言ったら、そいつは「うるせえ!黙れ!」と言って尚も机を蹴り続けたので「昔みたい」と思いました。
この物語のように本当に時代が昔に戻ったワケじゃないけど。

投稿者:美少女マチコ 2015-11-15 11:31:07
幸いってゆーか、勿論そうだが地球にいる人全員が私の2才下の女連中のように精神年齢が低くて幼稚でタチの悪いヤツらじゃないから、それでもヤツら以外にはからかわれることはなかったが、ヤツらに付けられた私のあだ名を知らなくて私がヤツらにからかわれ、いじめられてることを知らない私の知人や、元々私を知らなかった人までヤツらに呼ばれてる私のあだ名と年下に、しかも大勢にいじめられてることを知ってしまったのだから、その人たちにもバカにされることになっただろう上に、騒いでいたヤツらの方は全く悪く思われなかったのが気に入りません。
ヤツらが私に会うたびに騒ぐことによってヤツら以外の人たちまでヤツら側になってしまうので、相手が年下でも私の被害は決してヤツらだけの範囲で小さくなかったから問題なんです。
他の人たちに知られなくてヤツらだけの範囲でも、どうでもいいことならともかく、大事の損害を与えられるのも勿論困るんです。
投稿者:ラン丸 2015-11-15 11:20:10
高校時代でも登校中や下校中なら学園外でもヤツらに会うことが有ったが、高校卒業後学園とは別の場所で偶然再会した2才下は、その女だけだったが、つまりヤツ一人で充分に高校時代2才下の一人一人(または一度に数名で、毎回違う人物)やその学園の2才下の全員に同時にからかわれていた時と同じ印象を与えたということです。
しかもヤツ一人と長く接した分、高校時代以上に徹底的にいじめられることになったんです。
高校時代のように私に会うたびに団体で私のあだ名を騒がれることはないから大勢の人の恥にはならなかったけど、そこにいる人たちには恥になり名誉を傷つけられたのは同じです。
つまりヤツ、もしくはヤツらと私だけのことじゃなかったんです。

投稿者:ラン丸 2015-11-15 10:58:31
「昔みたい」と言えば、高校卒業後年月が経ってから学園とは別の場所で偶然、高校時代同じ学園の中等部にいた2才下のイメージを象徴するかのような、ヤツらの中でも最悪なヤツを割り当てられたかのように2才下の女の共通のシンボルめいた女に再会した時「昔みたい」と思いました。
投稿者:ラン丸 2015-11-15 10:32:42
この物語はテレビで観たことはないが本で読んだことは有って、主人公の男の昔の恋人は昔に戻ったつもりになろうという意味で「10年前に戻ってみない?」と言ったんだろうから本当に戻ったワケではないと思いますが、私も高校に入学する前ってゆーか、年下に、しかも同じ学園の2才下の女全員にいじめられることから始まり数々の悲劇の幕開けとなる顧問に惚れたのがきっかけで部活に入る前に戻りたいです。
今からだと相当な年月前ということになるが、部活に入って一ケ月後の2才下の連中にいじめられただけの段階なら戻るのが一ケ月前で済んだし、それから2才下の連中とのことを先生らに知られず、私も親や会社の女の先輩にヤツとのことを言わなけりゃそれ以上理不尽な思いをして人を恨んで後々不幸になることはなかっただろうに。
しかし大昔だろうと一瞬前だろうと戻れないのが人生。
部活に入ってから一ケ月が経ってヤツらにからかわれ、いじめられるハメになってからでも(現に高校卒業後、学園外で同じ学園だった2才下の一人の女に偶然再会した時に高校時代のことを言われていじめられたように、その先高校時代に限らず会えばいじめられるハメになったとしても。)あの頃は若いというだけで希望が有ったから部活に入った後でも高校時代になら戻りたいです。
今はあの頃と違ってヤツらに会うことがないし、若い時とは言っても希望が有るのは将来の可能性が有る素質を持っている場合だけだが。
投稿者:ラン丸 2015-11-15 10:17:37
済→住
投稿者:名無し 2015-06-09 18:59:49
今観た
ヒロインのヤンデレぶりもそうだけど
序盤奥さんに「一緒にご飯行かないの~?」とか言われてるあたり
主人公の男はかなり女性に愛されるモテ男なんだろうなと羨ましく思った
投稿者:名無し 2015-04-19 21:15:55
怖いというよりは切ない。
同棲してたアパートの表札が映されるあたりから嫌な予感がして、どんどんありえなくなっていって、最後は殺されてしまった……。
でも、自然消滅させた男のほうも悪いんだものね。よくある話だけど。
投稿者:ねこ 2014-02-15 11:00:10
面白そうなんだが文章の書き方がまずくて内容が分かりにくい。
投稿者:名無し 2013-01-19 18:54:41
竹脇無我は再放送してた『大岡越前』の榊原伊織だから知ってるけどいしだあゆみって『ブルーライトヨコハマ』歌ってた人?



下の書き込みにもあるけど、あらすじだけ見ると古典で習った上田秋成の『雨月物語・浅茅が宿』に話の骨格が似てる。



これでいくと下手したら『蛇性の淫』『吉備津の釜』『夢応魚』あたりいけるんじゃないか?
投稿者:ぬらりひょん 2012-02-05 02:37:29
当時、小学生だったけど、ものすごく印象に残っています。

いしだあゆみが「哀しみの女」(1987年TBS)というドラマをやっていたのを今日知りました。

今頃知ったことになんかビックリw



そんな今は外が雪景色〜。
投稿者:晴れた日の空 2012-01-23 22:56:56
20年前の作品だったのですか・・・

子供の頃に見て、いしだあゆみさんが出てて、

白骨のシーンだけがずっと頭に残ってたので

検索してここにたどり着きました。

最近コメントしてる方もいらっしゃったり、びっくりです。

あらすじや、作品名が知れてよかったです!!




投稿者:なな 2010-01-08 17:37:37
僕のお気に入りの話の一つ。

怖くもあり切なくもあり、何より全体の雰囲気がとてもいいんですよね。
投稿者:クワトロ 2010-01-02 18:46:27
主人公がいしだの部屋に戻ったのは上着(冒頭で奥さんにコートを買うと言われた時に「これでいいよ」といったもの)を忘れたからですよね

それがまさに「命取り」になったわけで・・・
投稿者:のる 2010-01-02 15:50:01
小説版では怖がる男を見て、「魔法を解いてあげるから帰って」と女は言う。でも男は思い直して引き返す。そしてラスト…って感じだったと思います。

雨月物語の「浅茅ヶ宿」(私が見た民話集では「捨てられた女房」となっていました)のバッドエンド版と言った所でしょうか?あ、でも男自らが覚悟の上で留まったんだからなぁ…
投稿者:Feather moon 2009-06-28 13:39:41
さっき、探しあてて観ました・・・

白骨化した手がリアルすぎて、怖い!

家を飛び出してそのまま逃げていれば、主人公は死なずに済んだのかなぁ?(あの世へ連れていかれずに?)

ラストは本当にトラウマになりそう><
投稿者:ごま 2008-10-08 19:03:29
「ひざまくら」ではなく「うでまくら」ですね。
投稿者:tm 2008-01-08 21:41:32
これも星新一ですね
投稿者:とまほーく 2007-06-25 22:25:33
これはなかなか奇妙でした。題名を見て
オチがなんとなくわかりましたが、
最後の白骨化した手はゾッときました(ブルブル
投稿者:マッチ 2007-04-26 14:25:08
 出演は竹脇無我ではなく、いしだあゆみ です。お間違えなく!

 平凡なサラリーマンの主人公・竹脇無我は、デパートで買い物をし、エスカレーターで降りていると懐かしい絵を見かける。妻に絵を見ていくといい、絵のほうに向かうと昔の恋人のいしだあゆみを見かける。久々に会った二人は、いしだの呪文で10年前に戻る。
いしだあゆみ「十年前に戻ってみない?」
 1,2,3.すると、十年前の風景に変わっていた。
 そこは公園らしき場所。二人で座ったベンチや近くの公衆電話でいしだがかつて10円玉をチャリン・チャリンと入れたこと、近くの木にふたりの名前が刻まれていたことなどをいしだは思い起こす。だが竹脇は覚えているはずもない。
 もう一箇所行って見たいところにいしだは竹脇を紹介した。それは、自分の済んでいたマンションであった。
 しかしいしだはずっと竹脇を待っていたことを告げると竹脇もだんだんいしだの不審な言動に驚いていく。「今忙しいから、あとで電話すると、ずっと電話もかけられないほど忙しかったのでは。電話を待つために電話番号も変えなかったんだよ」と言って抱きつくいしだ。いしだを突き飛ばす竹脇。
 怖くなって竹脇は逃げた。しかし、後ろ髪ひかれる思いもあり、いしだの部屋に戻る。(旧あらすじデータベースで、「腰が抜けて動けない」とありましたが、竹脇はいったん部屋を出ているので注意。)
いしだあゆみ「昔みたいにひざまくらしてあげる」そして、部屋の電気が消えた。
 近くのマンションのベランダで、男と女が話していた。
女「明かりが消えた。あのアパートは10年前に住んでた女が死んで以来、ずっと空家のはずだよ。おかしいよ。」
 アパートの中で、男が1人死んでおり、男の青白い顔には白骨化した女の手があった。

 デパートらしき場所(絵が飾ってある場所)で、いしだが言う。
「お久しぶり」(スタッフロール)

・・・世にも奇妙な物語vol3にもvol4にもなかったストーリーということだが、恋のロマンはすばらしいと感じる1話でした。
投稿者:くまっち 2007-03-10 15:00:32
あらすじ検索

キーワードを入力し、「検索する」をクリックしてください。複数のキーワードがある場合は、半角スペースで区切ってください。

クレジットカード比較の専門家
脱毛人気口コミランキング
青汁通販
車買取
車査定相場表
レーシック口コミ
FXとは
白髪染めランキング
フレッツ
楽天カード