第186話 マジシャンのポケット

主人公は三流マジシャン。
ストリップの前座をしているが、
子供騙しの手品でさえタネを落として
ブーイングを受ける毎日。

ある日、芸に辟易した客が
「ひっこめー、○○ちゃんを出せー」
と野次る。
困り果てたマジシャンがポケットに手を突っ込むと何かの感触。
とりあえず出してみようとする。

同刻。控室のストリッパーは
自分の手が消えているのに気づいて驚くが、
次の瞬間、控室から姿を消してしまう。
ステージ上。
そのストリッパーをポケットの中から
引っ張り出してしまうマジシャン。
一気に盛り上がる客。
マジシャンは一躍人気者になり、
ストリップの前座から
ディナーショーの主役の座に着く。

その後も客からのリクエストされたものを
次々とポケットから出していくマジシャン。
その頃、巷では店頭から突如品物が消える事件が相次ぎ、
ある刑事がマジシャンに目を付けて捜査を開始する。

マジシャンが
「これなら、金だって出せるかも……」
と思った時、客から
「お金は出せますか?」のリクエスト。
ポケットに手を入れると札束の感触。
札束を取り出し拍手を浴びるが、
その一瞬後、会場のあちこちから上がる叫び。
「わしの財布が空に!」
「あっ、私の財布もよ!」
騒然とする客席。
泣き笑いを浮かべて立ち尽くすマジシャン。
刑事だけが冷たい目で
「あんたは最高のマジシャンだよ」
と言い残して去っていく。

キャスト: 井上順
放送日: 1992.7.9
 

コメント投稿

名前:

コメント:

コメント一覧 (13件)

井上順この役合ってたよね。
投稿者:名無し 2016-07-04 21:22:06
↓小春も小さい時、お母さんと一緒という教育番組でジャングルポケットとかいう歌を聞いた。
歌だけじゃなくて映像もおもしろくて歌と体操のおにいさん頑張ってたなあと思う。
「ジャングルポッケ、ジャングルポッケ、ジャングルポッケ、一匹目取り出した・・・ビックリ仰天大騒ぎ、うち中町中大騒ぎ」とかいうやつで、かわいいおもしろい動物たちがおにいさんのジーパンのポケットから出てきて、そのおにいさん一人で歌も指人形劇も同時にやっていた。
「不思議なポケット」とか言う「ポケットを叩くとビスケットが一つ・・・」という数え歌よりイケてると思う 。
投稿者:小春 2016-06-26 13:46:33
ジャングルポケットみたいな言葉です
投稿者:名無し 2016-06-26 08:12:42
これは名作
投稿者:名無し 2015-08-29 12:50:25
結局ボロ出したか
投稿者:てれたび~ 2015-06-15 19:50:36
手品ですね。
投稿者:名無し 2015-05-14 06:32:26
現在土豆に上がっていたので見ました。ラストいいですね。マジックが真性だとしたら「どこかの誰かが盗った金を出した」ことになり、マジックがインチキだとしたら「その金をどうやって盗ったのか立証できなくなる」というジレンマを綿引さんの一瞬の表情で描いていました。
投稿者:名無し 2014-07-29 01:37:20
あらすじを修正。



マジシャン・ジャッキー小泉(井上順さん)のラストショーの夜。

雨の中車で会場に駆け付け、そのポスターを複雑な思いで見つめる村上刑事(綿引勝彦さん)。

ラストショーの準備をするジャッキー。控室で葉巻を吸いながら呟く。

「ちょろいもんだぜ、人生って奴は」



3年前・・・売れないマジシャンだった彼は、その日もストリップ劇場の前座を務めていた。

皆には馬鹿にされ、本当の意味で応援してくれるのは売れっ子ストリッパー・ジプシーローズだけ。

いつも通り、客のリクエストに応えてポケットからウサギを出した(強引にウサギの方向へ持っていった)が、客からはブーイング。

「引っ込めよ、ジプシーローズを出せよ」「ローズ!ローズ!」

ヤジに困った彼はポケットに手を突っ込むと、何かの感触。引っ張り出すと女の腕だった。

一方、控室でラーメンを食べていたジプシーローズは、自分の腕が消えていくのを見て悲鳴。

気付くと、彼女はジャッキーのポケットの中から箸を持ったままステージに引っ張り出されていた。

客はみな拍手喝采。新聞にも掲載された。

次に行った旅館でのショーでも、老人が頼んだ入れ歯を出すことに成功。

そして彼は確信した。「自分以外の他人の欲望を叶えるポケット」なのだと。



こうしてジャッキーの人気はうなぎ上りに。各地で自分が主役のショーを開催できるまでになっていった。

しかし、同時にこのマジックは、望んだものを出す代わりに、必ずどこかでそのものが消えている事にも気付いていた。

(水を出せば近くのプールの水量が減り、ビキニのブラを出せばウォータースライダーの女性のそれが消える)

一躍時の人となった彼はTV番組のインタビューでトリックを訊かれたが、

トリックではなく「お客さんに迫られて、切羽詰まった時にしか出せない『火事場の馬鹿力現象』」と答えた。



ある日、とうとうジャッキーが望むリクエストが来た。「お金」である。

呟く客の言葉を何度も確認し、他の客からも「お・か・ね!」「お・か・ね!」とヤジ。

おそるおそるポケットに手を入れると・・・予想通り、札束が出てきた。

それも、ショーが終わっても止まらないほどに(客の人数分?)。

しかし、出てきたからには必ずどこかで金は消えているはず。

怖々TVを点けると、「昨日の深夜、有明銀行西新宿支店で10億円が盗まれました」とニュース。

金が本物だと確認した彼はほくそ笑むが、いま使うと足が付いてしまう。

ニュースは続く。「現場には指紋も無く、盗まれた形跡などは一切残されておりません」」

そこで、時効が来るまで待とうと考える。「外国で・・・老後はのんびりと」

映像は、警察の記者会見へ。

「どんな事があっても、この事件は解決してみせます。必ず、犯人を追いつめるつもりです」

と誓う村上刑事。

ジャッキーは金をトランクに詰め、森に埋めて隠した。そして、そのまま仕事を続行。

各地の学校で子供たちを笑顔にしていく。

一方、銀行強盗の行方を追う村上刑事。手掛かりはなかなかつかめない。

ただ、雑誌に載っていたジャッキーの事が気になっていた。



そして月日は流れ――今日は銀行強盗事件が時効を迎える日。

「お客さんです」の声に動揺するジャッキー。だが来たのはジプシーローズ。

「引退したら、一緒にお店をやらない?」という彼女に、冷たく接するジャッキー。

いつも通り、客のリクエストを聞く時間。

指す間もなくステージに上がってきた村上刑事は、

今夜の午前0時、3年前に起きた10億円事件の時効を迎えることを話した。

犯人の目星は付いているらしいが、物的証拠はないらしい。

それを聞いて、初めてジャッキーは目前の男が記者会見に出ていた刑事であることを悟った。

「小泉さん、貴方のマジックでその消えた10億円を出していただけませんか?」

ジャッキ-は躊躇。村上刑事もステージを去りかけるが、観客から「10億円」コール。

ポケットに手を入れかけて止めるが、勝手に1万円札が大量に飛び出てきた。

空中に舞ったそれをつかみ始める観客。冷やかに見上げる村上刑事。

やがて1枚をつかみ取った村上刑事は、番号が奪われた万札と同じNZなのを確認。

満足げに微笑み、厳しい顔でジャッキーに寄る。が、

「貴方は、世界一のマジシャンです」

とだけ告げて、去って行った。

万札が舞い散ったステージに、呆然と立ち尽くすジャッキー。


投稿者:  2012-06-03 14:50:23
ニコ動で見たけど、これは堺正章か井上順にしかできない作品だと思った。



あらすじが違うように思えるのだが・・・
投稿者:ぬらりひょん 2012-02-05 02:03:30
僕こうゆうの結構好きです!
投稿者:狂い道化 2010-07-04 20:38:31
この話動画で見ました

こんなんあったんか!と思いました

世にもはネタがつきませんね・・・
投稿者:あり 2009-10-10 18:54:16
レギュラー放送時に30分近くあった力作です。ニコ動にアップされていたので、見たことない人はぜひ。
投稿者:ノリス 2009-01-30 03:00:05
これは演出が浮ついていなくて、すごく良かったです。あらすじは↑は違っていて、「旧あらすじデーターベースのコメント」に正しく書いてあります。皮肉なようでいて、なんだか哀しい、かなり出来の良い話だと思います。
投稿者:ポケット 2007-03-04 03:22:45
あらすじ検索

キーワードを入力し、「検索する」をクリックしてください。複数のキーワードがある場合は、半角スペースで区切ってください。

クレジットカード比較の専門家
脱毛人気口コミランキング
青汁通販
車買取
車査定相場表
レーシック口コミ
FXとは
白髪染めランキング
フレッツ
楽天カード