第175話 電気じかけの幽霊

死んでしまった元恋人が電気を媒体にして恋人を手助けするのですが、新しく出来た恋人に嫉妬して、新しい恋人を殺そうとするのですが、最後にバッテリーに閉じ込めようとするものの、逆に元恋人に体を乗っ取られ、助けようとした恋人の意識の方がバッテリーに閉じ込められてしまいます。最後の元恋人の「彼女、可哀想…」という台詞が良かった

キャスト: 喜多嶋舞
放送日: 1992.6.11
原作・脚本: しのらさとし
 

コメント投稿

名前:

コメント:

コメント一覧 (35件)

小山登志夫を廃止しな!
投稿者:長嶋一茂 2019-01-15 14:00:06
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
↓あらすじは、以上になります。(管理人さんに向けて)↓
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

※間違いがあったら、教えてください。
投稿者:テスト 2019-01-15 11:40:37
プロローグ「一般に、生き別れには嫁いでも、死に別れには嫁ぐなと申します。死んだ者の想い出は、それほど美しく、また根深く、あなたの胸の中に生き続けるということでしょう。まして、死んだはずのあなたの恋人が、どこかであなたを見守っているとしたら?そして、もしもその意志が何者かに宿り、あなたに殺意を抱き始めたとしたら?」


ある日、大学生の主人公(坂上忍)の家に玲子(吉野真弓)という彼女が遊びに来ていた。

坂上は玲子から心理学のレポートを借りて写していた。その間、玲子は放置された食器を洗っていた。そのとき、たまにしか使っていない炊飯器を見つけ、濡れた手でコンセントを差し込んだ。その瞬間、凄い音がして玲子が倒れた。坂上が写していたワープロの電源も切れた。坂上が近づいても動かない。「玲子ー!」玲子は感電死してしまったのだ。

玲子が亡くなって数日が経ち、坂上は未だに落ち込んでいた。坂上は大学内の自動販売機でジュースを買った。見事に当たってもう1本もらい、友人にあげた。

2人の姿をかたわらで見つめる喜多嶋。
「死に別れって、ずるいと思います。いつまでも相手の心の中に生き続けられるんだもん、永遠の命を。ずるいよ、玲子さん。」とぼやく。

場面は、居酒屋に変わる。坂上、喜多嶋と友人たちがコンパで盛り上がっているところで、坂上は先に帰る。その後、女子たちが「玲子も罪よね。濡れた手でコンセントを触れば感電するのは当り前よね。バカよ、玲子も。」と言うと、エアコンの調子がおかしくなる。

そして、喜多嶋は坂上の忘れ物(ライター)を見つけて届けに行く。坂上に憧れていた後輩・喜多嶋が優しく声を掛け、階段を降りようとしたときに電球が切れて、足元を滑らせた。

坂上は傷の手当てのため、喜多嶋を部屋に呼んだ。喜多嶋が部屋に入ると、電気が消えた。そして、消えたテレビの画面から死んだ玲子が映った。

亡くなった彼女の魂が電気に乗り移って2人を監視していた。コップが自然に割れ、破片で頬を怪我した喜多嶋。坂上とともに、部屋を出て逃げる。

電線もない人気のない雨上がりの工事現場まで逃げこんだ。すると、電気に吸い込まれた玲子が現れ、坂上の身の回りの世話をしてきたと言う。坂上は、やめる様に言うがまったく聞く気配はない。

やがて、「玲子は半年前に死んだ」と坂上が言うと、「あなたも許さない」と言い、電気で襲う。しかしその攻撃は外れて工事現場に置いてあったバッテリーに吸収される。

電気の攻撃は続き、それを見た喜多嶋は、近くにあったバッテリーを頭の上に掲げて、攻撃を受けてしまう。体中を電流が走り喜多嶋が倒れてしまう。

坂上が喜多嶋に駆け寄り、喜多嶋が言う。「私、生きてるわよね。」
坂上「生きてるさ、もちろんだよ。」
喜多嶋「よかった。彼女、あの中に入っちゃたのね。」
坂上「ああ。」
喜多嶋「あんなものに閉じ込めて。かわいそうに、睦美ちゃん(喜多嶋)。」

喜多嶋「これからもずっと一緒にいようね、亮(坂上)。」
坂上「玲子・・・。」

最後は、玲子が乗り移った喜多嶋のアップで終わり。


※投稿者:名無し 2015-11-20 11:31:24さんのプロローグ、投稿者:こま 2009-06-29 15:48:22さん、投稿者:けい 2010-06-17 22:47:23さんのあらすじと、女銘女慈さんの動画サイトをもとに作りました。長文で失礼しました。
投稿者:あらすじ(訂正後) 2019-01-15 11:39:15
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
整理のため、ここより下のコメントは削除してください。(管理人さんに向けて)
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
投稿者:テスト 2019-01-15 11:34:44
電気製品を都合よく操作してくれる彼女の幽霊はありがたいな。もっと早く言ってくれれば、主人公化他の女を作らなかったはず。
ただ、実体に触れられないと、彼女の意味ないか。
投稿者:名無し 2019-01-13 12:26:16
> ♪せつない想い出に~ 縛られ~たくな~いの♪

「ZARDの不思議ね」か・・・。
投稿者:名無し 2019-01-03 19:51:42
小山登志夫は「電気じかけの幽霊」じゃなくて、生身のホンモノの幽霊よ❗
あと小山登志夫と付き合って良かったことと言えばパパが小山登志夫のことを「なんじゃ、あの男は?」「全然いい男じゃないじゃないか!」「あの男はサルか幽霊か貧乏神みたいだよ!」って言ったことだわ。
投稿者:美少女マチコ 2019-01-03 03:23:59
小山登志夫は見た目もマチコに言ったりすることも超ムカつくし、マチコがすることや、しようとすることを邪魔するし、マチコのことに余計な口出しするし、マチコに嫌がらせをして、マチコがやめて❗って言うことをするし、自分の方がマチコをいじめてるくせに立場が逆みたいにマチコを悪者呼ばわりして怒鳴りつけるし、明らかに嫌がらせで、しかもやめてって言ってマチコが嫌がって怒ることをわざとするし、キザで自惚れが強い嫌味な道化師みたいな顔で見るからにムカムカしてきてただいじめてらやりたくなるのよ❗
そもそも小山登志夫が好きだからとか、同情心があるからとかじゃ全然なくて、後先のことを考えて小山登志夫に暴力は奮えなくて、気に入らなけりゃことあるごとに怒鳴りちらしただけだったからホントはスッキリしてないけど、小山登志夫と付き合ってて良かったことはムカつくイライラする存在の小山登志夫を怒鳴ってけなしていじめてやれたことと、パパが小山登志夫に直接会ってマチコと別れさせてくれたことぐらいだわ。
パパは勿論マチコの為に小山登志夫と別れさせたんだけど、それだけじゃなくて、マチコがあんなヤツと結婚しちゃったら家族中、親戚中に迷惑がかかるからよ。
投稿者:美少女マチコ 2019-01-03 03:18:01
小山登志夫って人の弱味に触れるイヤなヤツで「お前なんかと付き合ってやるほどの、こんな優しい男他にいねえだろ!」って言ったり、マチコ自分に友達がいないなんて一言も言ったことないのに「お前友達いねえから誕生日を祝って貰える俺のことが羨ましんだろ!」って言ったり「マチコが言うその先輩は他の人には普通に接してて、マチコにだけ意地悪なんだろ!」って言って、悪気があってわざと弱味に触れることが殆どだったけど、まあ悪気はないと思われるけど気にしてることをズバリ当てられたこともあったわ。
その嫌味が外れてたらバカのくせにとか、何も知らないくせに分かったようなこと言ってマチコを侮辱して❗って腹がたったし、小山登志夫がマチコに言った嫌味がズバリ図星を突いていたらいたで、人の気にしてることズバリ言って、なんてイヤなヤツなの❗って思ったし、どっちにしても気に障ったわ。
どっちにしても、けなすような嫌味を言うのは悪いことだし
小山登志夫と付き合っちゃった一年間精神的に傷つけられたし、ムカついたし、地獄だったわ。
小山登志夫がマチコについて思ったことをハッキリ言ったことが当たってるか当たってないか以前に「人の話何聞いてたのよ⁉」ってことがあって、複雑でもないマチコの話を理解してないだけじゃなくて、そもそもその話そのものをロクに聞いてなかったくせに偉そうに分かったようなこと言って人を悪く言わないでって思うわ。
何通りかに解釈できるような曖昧な話だったり、どう考えてもマチコの言い方の方に問題があって、小山登志夫じゃなくたって誰だって小山登志夫と同じように受け取るし、マチコが伝えたいように解釈しろと言う方が無理だってゆーなら、マチコの話し方に問題があってマチコが悪いし、それで思うように解釈されなかったからって怒るのも悪くて無理があるけど。
投稿者:美少女マチコ 2019-01-03 02:52:09
生き別れには嫁いでも死に別れには嫁ぐな

生き別れ・・・早く忘れたほうがいいから、嫁ぐべき。
死に別れ・・・根深いから、嫁ぐとケガをする。

こんなとこですかね。

ただ、美少女マチコさんに関しては、小山登志夫が生き別れでも死に別れでも嫁いだほうがいいかも。悪夢の1年間は消さないとね・・・。
投稿者:名無し 2019-01-03 00:51:26
https://www.youtube.com/watch?v=Alif3-PblHI

もう一度、見たいと思ったので、感動!
でも、改めてこの話を見てたら、切なくなってきた。

♪せつない想い出に~ 縛られ~たくな~いの♪
投稿者:女銘女慈 2019-01-02 23:24:58
坂上がこのドラマきっかけで喜多嶋を共演NGにしたらしい

投稿者:名無し 2016-10-12 20:52:42
どうやら牙狼で有名な雨宮慶太が監督をしているそうだ。
投稿者:名無し 2016-10-10 22:25:19
当たり付き自販機が懐かしい
投稿者:名無し 2016-06-12 22:12:22
冒頭に出てくる坂上忍さん演ずる主人公の部屋、
素だったら、本人呆れるレベル。
投稿者:名無し 2016-05-21 00:44:00
この放送の翌月くらいにやった「本当にあった怖い話」で坂上忍が幽霊になってた。
投稿者:ほん呪 長田明子さんが大好き 2016-02-19 15:30:39
タコ足配線半端なかった。ズボンにシャツはインの懐かしい時代。
投稿者:名無し 2016-01-07 23:09:13
坂上忍もおそわれてますね
投稿者:名無し 2016-01-03 16:50:35
愛車物語には出演してないし
投稿者:名無し 2016-01-03 03:09:49
なかなか面白い話だった。
投稿者:夢はプリズム 2015-12-08 07:20:34
吉幾三の歌みたいなところまで逃げないとダメだったのか。主人公らが逃げてるとき幽霊になった彼女が何かかっこよく見えた。
投稿者:名無し 2015-12-01 20:09:33
おもしろいないようだった
投稿者:パラダイス 2015-11-24 12:02:42
確かに元彼女可愛かった
愛車物語にも似てた
投稿者:名無し 2015-11-20 19:14:15
結構おもろかった
世にもらしい後味の悪い話
投稿者:名無し 2015-11-20 19:13:25
プロローグ。

「一般に、生き別れには嫁いでも、死に別れには嫁ぐなと申します。
死んだ者の想い出は、それほど美しく、また根深く、
あなたの胸の中に生き続けるということでしょう。
まして、死んだはずのあなたの恋人が、どこかであなたを見守っているとしたら?
そして、もしもその意志が何者かに宿り、あなたに殺意を抱き始めたとしたら?」
投稿者:名無し 2015-11-20 11:31:24
死に別れ、こわいなあ。

・・・怖かったというより、元恋人かわいかったなあ。
投稿者:神岸協会 2015-11-20 00:55:15
潔癖症で有名な坂上忍の部屋が汚かったの。あの頃は平気だったのか。
投稿者:名無し 2015-11-19 23:47:46
最後こわいわ
投稿者:名無し 2015-11-19 08:30:05
『愛車物語』と基本設定が似通っているね
投稿者:エレクトリック・ワーク・ゴースト 2015-11-19 05:47:50
うろ覚えでしょ?
投稿者:名無し 2014-11-28 19:31:28
うる覚え?
うろ覚え?
日本語?
投稿者:小学生 2013-05-26 09:51:34
私もうる覚えなので正確じゃないけど

結末を追加します



電線をたどって追いかけてくる元カノ。

人気のない雨上がりの工事現場に逃げ込んだ2人。

その時元カノの電線電気攻撃が喜多嶋を襲う。

しかしその攻撃は外れて工事現場に置いてあったバッテリーに吸収される。

抱きあう2人を見た元カノは、頭上の電線に顔を表し「もう許さない」と叫びながら坂上を襲ってくる。

それを見た喜多嶋は、坂上を突き飛ばし、

そこにあったバッテリーを頭の上に掲げて、攻撃を受ける。

体中を電流が走り喜多嶋が倒れてしまう。

坂上が喜多嶋にかけよります。

喜多嶋が言います。

「私、生きてるわよね」

坂「生きてるよ当然じゃないか」

喜「よかった」

喜「彼女あの中に入っちゃたのね」

坂「ああ」

喜「かわいそうに、喜多嶋も」

喜「これからも2人一緒にいようね」



驚き元カノの名前をつぶやく坂上のアップで終わり。




投稿者:けい 2010-06-17 22:47:23
小さい頃見たのでうる覚えですが、

こんな感じだったと思います。



ある日、大学生の主人公(坂上忍)の家に彼女が遊びに来ていた。

坂上と話をしながら彼女は濡れた手でドライアーの電気コードのコンセントを差し込んだ。

その瞬間、凄い音がして彼女が倒れた。坂上が近づいても動かない。

彼女は感電死してしまったのだ。



彼女が亡くなって数日が経ち、坂上は未だに落ち込んでいた。

授業の出席日数が足りないのもあり、沈んだ気持ちを振り切る為にも大学へ行った。心配する仲間たち。

以前から、坂上に憧れていた後輩・喜多嶋が優しく声を掛けた事がきっかけとなり、

坂上もしだいに喜多嶋に引かれて付き合う事になる。



2人が付き合う事になってから奇妙な出来事が起こり始めた。

いい雰囲気になったり楽しそうにしていると、急に電化製品が騒がしくなる。



そう、亡くなった彼女の魂が電気にのりうつって2人を監視していたのである。



初めは驚かせたりする嫌がらせだけだったが、坂上の部屋に喜多嶋が来た時についには喜多嶋を狙い始めた。

元彼女の仕業だと気付く坂上。やめる様に言うがまったく聞く気配はない。



2人で外に逃げ出した。

電線をたどって追いかけてくる元カノ。



電線もない人気のない雨上がりの工事現場へ逃げこんだ。もう襲って来ないと安心する2人。



その時、油断していた喜多嶋を電線剥き出しの切れたコードが襲ってきた。

すぐに気が付いた坂上がほぼ同時に、雨水をかけるかなんかする。

その瞬間凄い音がする。



倒れる2人。しばしの沈黙。。



喜多嶋に駆け寄る坂上。坂上のおかげで2人は助かった。



起き上がった喜多嶋が最後につぶやく。

「彼女、可哀想…」



そう、あの瞬間、今度は喜多嶋の身体を元カノが乗っ取ってしまったのだった。
投稿者:こま 2009-06-29 15:48:22
詳しいあらすじを知っている人がいたら教えてください。
投稿者:シェパンダマン 2007-05-09 00:50:16
坂上忍も出てるんだ。
投稿者: 2006-12-26 17:35:12
あらすじ検索

キーワードを入力し、「検索する」をクリックしてください。複数のキーワードがある場合は、半角スペースで区切ってください。

クレジットカード比較の専門家
脱毛人気口コミランキング
青汁通販
車買取
車査定相場表
レーシック口コミ
FXとは
白髪染めランキング
フレッツ
楽天カード