第171話 もれパス係長

急にサトラレになってしまった主人公が
必死の思いで(>さいたまさんが書いたような)役員会議に出席するが、
やはり思ったことが他人に伝わってしまう。もう駄目だと観念するが
社長(会長だったかな?)は「正直者の面白い男だ」と褒めちぎる。
周囲の人間も安心して笑うが主人公の心に社長に対する悪意が芽生えてくる。
「実力も無いのに先代の娘婿というだけで偉そうに!」
いつの間にか心だけでなく、口で大声で叫ぶ主人公。周囲は沈黙する

キャスト: 小野寺昭
放送日: 1992.5.21
原作・脚本: 清水義範
 

コメント投稿

名前:

コメント:

コメント一覧 (12件)

これは傑作ですね
しかし実際こんなに考えが漏れてしまうと
サラリーマンとしては終わりでしょうね…
投稿者:名無し 2017-04-23 01:22:00
おもしろかった
投稿者:名無し 2016-07-25 19:33:59
これ見てみたい(^^;最近「太陽にほえろ!」で殿下の殉職シーンを見て、そういえばこの話に出ていたけど見たことないなぁとふと思った
投稿者:名無し 2016-06-10 21:34:38
ここでは殿下?の上司は裕次郎ではなくウルトラセブン=モロボシダンという組み合わせですな。
投稿者:トライ 2013-05-25 19:58:22
プロデューサーさん、「もれパス係長」はなかなか面白い作品であると思います。プロデューサーさんは他にどんな作品を作ったんですか?
投稿者:サタヌ 2010-05-07 17:39:05
この作品を企画プロデユースした者です。

そう、スケベ部長はモロボシダンこと森次晃嗣さんね。

なんで森次さんにしたかってーと、俺が会ってみたかったていうのと、監督が河崎実だから。

河崎実って、今だと「いかレスラー」「ヅラ刑事」「日本以外全部沈没」の監督ね。



清水さんの小説は映像化しづらいんだけど、これはうまく行ったなあ。
投稿者:P 2010-03-26 01:51:25
ブラック系じゃないと思うのだが…

正しくはコメディー系かと…
投稿者:Burdock 2010-01-29 06:20:30
すごく小さい時に見た。最後のハゲタヌキがのところげ大笑いした。
投稿者:じゃんぴんぐ回し蹴り 2009-05-11 16:41:46
これはかなりウケましたw

サトラレも見方によっては、

最高のコメディですね。



モロボシダンがスケベ部長というのも

なかなかシュール。
投稿者:むー 2007-12-14 18:26:51
これは 最高!!d(≧∀<**)Good!!
心の声が 実際 口に出出たって事でしょ??正直者だよ
投稿者:mairoのおしり 2007-01-15 09:33:43
もれ「バ」スではなくて、もれ「パ」スってのが正しい。
今で言うサトラレの話。
サトラレが話題になったときにパクりじゃん!と一人憤慨してたから印象が強い。
投稿者: 2006-11-21 01:42:23
これってウルトラセブンのモロボシ・ダン(森次晃嗣)が出てましたね。
投稿者:シェパンディーマン 2006-10-30 21:49:20
あらすじ検索

キーワードを入力し、「検索する」をクリックしてください。複数のキーワードがある場合は、半角スペースで区切ってください。

クレジットカード比較の専門家
脱毛人気口コミランキング
青汁通販
車買取
車査定相場表
レーシック口コミ
FXとは
白髪染めランキング
フレッツ
楽天カード