第161話 いたれりつくせり

主人公の女性(早見優)が事故に遭う。
運ばれた病院は徹底した看護を
モットーとしており、女性もその方針に従う
内容の同意書に署名する。
 入院してみると、
空腹時には食事の時間でもないのに
食事が用意されたり、
服の着脱も全てしてくれたりと、まさにいたれりつくせり。
院内のテニスコートでは楽しくテニスする患者の姿も。
 だがある時、寝ていると頭から電子音がする。
こめかみのあたりに小さく点滅する光。
入ってきた看護婦(広田玲於名)が
「それは患者の脳波を詳細に読み取るセンサーなのだ」
と説明する。
だから患者の意に添う看護ができるのだと。
主人公は、はじめこそ頭の中を覗かれることに
拒絶反応を示すが、
しだいにその待遇に慣れていく。
 時々婚約者が見舞いにくるが、
その待遇に疑問を抱き、病院に
退院を求めるものの断られる。
病院は婚約者の存在を「患者のストレス」とみなす。
足が遠のく婚約者に電話をかけるが、
病室の電話は何故か途中で切れてしまう。
しょうがなくロビーの電話から掛けなおすと
繋がらない。背後から看護婦が歩み寄るが、
主人公は院内の異変に気付き逃げる。
が、走り回ってたどり着いたのは病室だった。

 ストレス解消にテニスを楽しむ主人公。
看護婦が車椅子を準備して待っていて、
湿疹がみられるという検査結果を告げる。
「嬉しい。まだ入院していられるのね」
車椅子で病室に戻る主人公。
それを押している看護婦のこめかみにも
センサーが光っている・・・。

(あらすじ作成:タモリスキーさんThanks!)

キャスト: 早見優
放送日: 1992.4.30
 

コメント投稿

名前:

コメント:

コメント一覧 (14件)

駄作

投稿者:名無し 2016-10-29 14:09:26
看護師のこめかみにセンサーがあったのは、看護師も最初はこの病院に入院していた患者だったんじゃ。
投稿者:名無し 2016-08-03 21:26:17
これ隠れた名作だろ
面白かった
西川忠志は結局殺されたのか気になる

投稿者:名無し 2016-04-07 03:32:24
間違えた。×:病院 ○:病気
投稿者:名無し 2016-03-18 23:34:52
多少の病院やストレスも人間には必要なのだ。
投稿者:名無し 2016-03-18 23:33:41
こめかみが光ってはいたが、それがセンサーかどうかという事は触れられていない
投稿者:名無し 2016-01-03 03:40:40
広田玲於名は巨乳
投稿者:名無し 2014-10-19 12:34:34
看護しの、こめかみにセンサーがあるのはなぜ?
投稿者:ジョーぃ 2012-09-04 21:14:42
看護しの、こめかみにセンサーがあるのはなぜ?
投稿者:ジョーぃ 2012-09-04 21:14:25
よしおさんかわいそー(ノω`;)


投稿者:福袋 2012-04-28 11:10:27
見てみたいですねー
投稿者:狂い道化 2010-07-04 19:38:12
西川忠志さんも出てました。
投稿者:シェパンダマン 2007-05-15 19:11:05
洗脳って怖い。
投稿者:PADDLE 2007-04-02 22:34:38
かなり適当
投稿者: 2007-03-26 00:05:40
あらすじ検索

キーワードを入力し、「検索する」をクリックしてください。複数のキーワードがある場合は、半角スペースで区切ってください。

クレジットカード比較の専門家
脱毛人気口コミランキング
青汁通販
車買取
車査定相場表
レーシック口コミ
FXとは
白髪染めランキング
フレッツ
楽天カード