第161話 いたれりつくせり

主人公の女性(早見優)が事故に遭う。
運ばれた病院は徹底した看護を
モットーとしており、女性もその方針に従う
内容の同意書に署名する。
 入院してみると、
空腹時には食事の時間でもないのに
食事が用意されたり、
服の着脱も全てしてくれたりと、まさにいたれりつくせり。
院内のテニスコートでは楽しくテニスする患者の姿も。
 だがある時、寝ていると頭から電子音がする。
こめかみのあたりに小さく点滅する光。
入ってきた看護婦(広田玲於名)が
「それは患者の脳波を詳細に読み取るセンサーなのだ」
と説明する。
だから患者の意に添う看護ができるのだと。
主人公は、はじめこそ頭の中を覗かれることに
拒絶反応を示すが、
しだいにその待遇に慣れていく。
 時々婚約者が見舞いにくるが、
その待遇に疑問を抱き、病院に
退院を求めるものの断られる。
病院は婚約者の存在を「患者のストレス」とみなす。
足が遠のく婚約者に電話をかけるが、
病室の電話は何故か途中で切れてしまう。
しょうがなくロビーの電話から掛けなおすと
繋がらない。背後から看護婦が歩み寄るが、
主人公は院内の異変に気付き逃げる。
が、走り回ってたどり着いたのは病室だった。

 ストレス解消にテニスを楽しむ主人公。
看護婦が車椅子を準備して待っていて、
湿疹がみられるという検査結果を告げる。
「嬉しい。まだ入院していられるのね」
車椅子で病室に戻る主人公。
それを押している看護婦のこめかみにも
センサーが光っている・・・。

(あらすじ作成:タモリスキーさんThanks!)

キャスト: 早見優
放送日: 1992.4.30
 

コメント投稿

名前:

コメント:

コメント一覧 (60件)

ブルギさんといい、何か裏があるよなあ
投稿者:名無し 2021-05-04 13:33:33
 youtubeに奇跡的に残っていた動画のリンクを載せてみる。
 観るなら今が好機かもしれない。
https://www.youtube.com/watch?v=JSpWAJ8KjQY








































































↓1(荒らしで偽者な(自称)美少女マチコ)
 こうして、荒らしで偽者な(自称)美少女マチコは自ら"皆が憧れる絶世の美少女"への道を諦め、永遠に"世界的には排泄物未満且つ空気未満の存在"兼"このサイト内では皆の嫌われ者な発狂悪質粘着妄言虚言荒らし"であり続けることを選びました。
 この輩が捻じ込んだ支離滅裂な文字の羅列でしかない醜悪な荒らし投稿は、皆のマトモな投稿で流して差し上げましょう。
 未来永劫、肥溜めの彼方(ブラウザの枠外)へさようなら!荒らしで偽者な(自称)美少女マチコ!!

投稿者:名無し 2021-05-04 00:08:45
思い出じゃなくて、女子小学生に売ってもらった、マチコサスペンス劇場だわ❗

2021年2月9日(火)
主演:平成1桁おじさん
小学生女児に純愛を捧げた男
主題歌:感謝カンゲキ雨嵐

 場所は国会。特定の性の子供ばかりを作った親には罰則が科される「ゆがんだ兄弟構成矯正クリニック関連法案」が全会一致で可決された。そのシーンを見た平成1桁おじさんの友人は、平成1桁おじさんの遺影をテレビに向けて、「ついに夢がかなったぞ」と感激していた。

ストーリーテラー「日本では、性犯罪が起きるとよく家庭が荒れているとか、その人が育った環境に影響があると言われてきました。しかし、家庭が荒れていなくても性犯罪は誰にでも起き得ます。意外と知られていないのが、兄弟構成による、性犯罪を起こす率。特に姉妹なき男2人兄弟は最悪です。小出恵介、狩野英孝、山本圭一、山口達也。確かに未成年の少女に手を出した彼らは悪いでしょう。しかし、そんな兄弟構成にした親も、あきらかに犯罪者を生み出した犯罪者です。全国の男2人兄弟に悩む人は、是非姉妹をもうけるために、人生を捧げてはどうでしょう。性犯罪兄弟構成にした親には発言権はありません。」

 場面は代わり、平成1桁おじさんが20歳。あるテレビドラマで男が女子小学生を神社の裏に連れていき、いかがわしいことをするシーンを見かける。そのシーンを見て、興奮してきた。ただ、通りがかりの女子小学生を襲う勇気がなかったので、仕方なくオリエント工業でロリコン用ラブドールを買い、いたずらをしていた。ちなみに平成1桁おじさんには弟が1人いる。

 平成1桁おじさんが21歳のとき、故郷山形で帰宅途中の女子小学生を見かけ、人がいないことを、いいことに胸や局部を触りまくった。突然の出来事に女児は叫ぶこともできず、平成1桁おじさんは触り済んだら、さっさと逃げていった。こうして山形県内だけで10件の被害が出てしまった。
 そんなことがあり、山形県内に防犯カメラを設置したこともあり、山形県内ではこの事件が起きることはなかった。
 しかし、平成1件おじさんは北海道遠征をしていた。女子小学生にわいせつをする遠征に。北海道でも同様に女子小学生へのわいせつ事件を起こす。「女子小学生は、大人の女やJKと違って胸は小さくてプニプニする、グワシ。」

 そして平成1件おじさんが実家に帰ると、自分の部屋にあったロリコンラブドールを、弟が勝手に使って射精したらしい。平成1桁おじさんは怒って、ラブドールを捨て、実家を飛び出した。そして栃木に引っ越し、弟を夜の郡山に呼び出し、そこで弟を刺殺してしまう。

 翌日、ニュースが流れるが、平成1桁おじさんは黒磯にいた。そこで女子小学生を一人連れ去り、ホテルでみだらなことをしていた。こうして、平成1桁おじさんは女子小学生に中●しをして気がすんだのか、3万円渡して帰っていった。しかし、こんな生活も長くは続かない。

 平成1桁おじさんが22歳になって3日後、児童福祉法違反と殺人容疑で逮捕された。しかし、平成1桁おじさんは最後まで、「僕に妹をもうけなかった親がすべて悪い、グワシ」と、自分が性犯罪者になったのは親が悪いの一点張り。「別に、小6のときに妹がほしいと言っても聞き入れられなかった親なんか不幸になっても構わない。被害に遭わせた女児には申し訳ないけど、この兄弟構成で何十年も苦しめられた僕の気持ちもわかってもらいたい。慰謝料はすべて親に払ってもらう」と、平成1桁おじさんは、刑事事件で訴えられてる一方、民事裁判で親を訴えることに。

 平成1桁おじさんが23歳のとき、民事裁判は結局負けてしまい、ついに親から勘当されることに。しかし、「扶養義務がある以上、そんな法的拘束力はないし、慰謝料はお前らが払え」と、裁判は修羅場になった。
 その半年後、刑事裁判の判決は懲役5年の実刑判決を受けた。ちなみに、女児たちにわいせつをした慰謝料は親が肩代わりしたというから、あきれて物が言えない。

 平成1桁おじさんが28歳のときに刑期を終えたが、早速女子小学生を物色し始めた。ただ、平成1桁おじさんは友人に会い、自分に小学生の娘がいて、そこで友人家族に話をして、自分の現状を説明した。
「僕は姉妹が欲しかったのに聞き入れてもらえず、しまいには性欲に勝てなくなって襲った。友人の娘を見て、取り返しのつかないことをしてしまったと。でも、時が経つと、姉妹がいない反動で女児にいたずらしたくなる。」これを聞いた友人は近くの精神科を紹介してくれて、そこでカウンセリングをすることに。

 しかし、平成1桁おじさんが29歳のときにやはり不満が爆発した。友人の女子小学生とは関係なんか持てないから、また女児を物色するしかないと。そして、岡山に遠征したとき、帰り道で見た女子小学生を連れ去った。ホテルに連れるまでは優しく振る舞い、わいせつな言葉をたくさん浴びせて快感を得て、やはりおさわりしまくり、最後は性行為。刑務所での矯正は無駄に終わった。そして5万円渡し、翌日最後に向かった先はなんと国会議事堂。
 その女子小学生とともに、国会議事堂まで向かうと、国会議事堂の前で平成1桁おじさんは奇声を上げた。「姉妹をもうけないクソ親を放置したのは政治家が悪い。僕のロリコンも性犯罪も政治家が悪い。」当然、ガードマンに止められ、その場で現行犯逮捕・・・にはならず、子供は泣き出し、その子供を人質に性犯罪兄弟構成にした親を裁け。性犯罪兄弟構成にさせられた僕は被害者だと訴えた。
 こうして6時間の人質の末、平成1桁おじさんは警察官に撃たれてしまった。断末魔「最後に、まーちゃんと関係が持ててうれしかった。僕が最初で最後に、まーちゃんを本気で愛してしまった。」そして絶命。

 このニュースは全国ネットで話題になり、ツイッターでは平成1桁おじさんの性犯罪を生んだバカ親というハッシュタグまで出る始末に。結局、岡山から国会議事堂に向かう交通費で全財産が1万円だったため、これまで女児にいたずらをしていた遺族は平成1桁おじさんの親に損害賠償を請求し、このバカ親は慰謝料払えず自己破産に。

 場面は戻り、国会議事堂。女子小学生が相次いで大人の男に襲われる、痛ましい事件を起こさないよう、性犯罪しそうだという悩みを打ち明けることができるよう「ゆがんだ兄弟構成矯正クリニック」をもうけること、子供の同意なしに特定の性の子供を作り、兄弟姉妹の性のバランスを崩した親には罰則を科す「ゆがんだ兄弟構成矯正クリニック関連法案」が全会一致で可決された。テレビを見ていた友人も、平成1桁おじさんの遺影を掲げて、「ようやく思いは叶ったよ。」

 皮肉にも、この年の流行語は「性犯罪兄弟構成」で、受賞者の故平成1桁おじさん代理の親は受賞を拒否。まもなく、このバカ親は心中してしまった。(エンドロール)

 場面は新たにできた、ゆがんだ兄弟構成矯正クリニック。そこにはなぜか小山トシオもいて、自分の性犯罪は親のせいだと、助けを求めた。マチコを冷たくしたのも、兄しか兄弟がいないせいで、マチコが離れるのが怖くて支配的になったと・・・。様々な性犯罪兄弟構成に悩む男女がやってきて悩み相談を受ける行政機関。そして、その悩み相談の裏に飾られている平成1桁おじさんの笑顔の写真。被害に遭った女子小学生は累計30人と悪質だが、それだけの息子にした親を絶対に許してはいけない。

 このスローガンでできたクリニックのおかげで、全国の性犯罪被害が前年比90%も抑えられ、平成1桁おじさんの死は、決して無駄にならなかった。今日も全国の女子小学生たちは防犯につとめるとともに、学業に遊びに励んでいた❗
投稿者:美少女マチコ 2021-05-03 22:29:30
 youtubeに奇跡的に残っていた動画のリンクを載せてみる。
 観るなら今が好機かもしれない。
https://www.youtube.com/watch?v=JSpWAJ8KjQY




































































↓1(荒らしで偽者な(自称)美少女マチコ)
 こうして、荒らしで偽者な(自称)美少女マチコは自ら"皆が憧れる絶世の美少女"への道を諦め、永遠に"世界的には排泄物未満且つ空気未満の存在"兼"このサイト内では皆の嫌われ者な発狂悪質粘着妄言虚言荒らし"であり続けることを選びました。
 この輩が捻じ込んだ支離滅裂な文字の羅列でしかない醜悪な荒らし投稿は、皆のマトモな投稿で流して差し上げましょう。
 未来永劫、肥溜めの彼方(ブラウザの枠外)へさようなら!荒らしで偽者な(自称)美少女マチコ!!

投稿者:名無し 2021-05-03 15:41:35
メジリッチ軍配だわ❗
投稿者:美少女マチコ 2021-05-03 14:38:02
 youtubeに奇跡的に残っていた動画のリンクを載せてみる。
 観るなら今が好機かもしれない。
https://www.youtube.com/watch?v=JSpWAJ8KjQY

投稿者:名無し 2021-04-18 20:27:42
昨日偽物近親相姦マチコは自分が偽物と認めました













































































投稿者:偽物近親相姦マチコ駆除隊 2021-04-16 05:32:36
北別府総裁は、7-0を前提に存続、グロンサン再開とし、関西三人娘は、休業が切れて報われなくなったら副業投入と、バラバラだわ❗
投稿者:美少女マチコ 2021-04-16 02:16:10
見た時は特に何も感じなかったんだけど、入院してる時にこの物語を思い出したわ。患者さんに同意を求めてからなら有りかも。話す事ができない患者さんも居るから。



































投稿者:美少女マチコ 2021-04-15 07:48:19
2021年2月9日(火)
全然「あ」で消せてない、うっける~❗
主演:平成1桁おじじ、あのバカ(ロリコンビ)
小学生女児に純愛を捧げた男
主題歌:感謝カンゲキ雨嵐

 場所は国会。特定の性の子供ばかりを作った親には罰則が科される「ゆがんだ兄弟構成矯正クリニック関連法案」が全会一致で可決された。そのシーンを見た平成1桁おじさんの友人は、平成1桁おじさんの遺影をテレビに向けて、「ついに夢がかなったぞ」と感激していた。

ストーリーテラー「日本では、性犯罪が起きるとよく家庭が荒れているとか、その人が育った環境に影響があると言われてきました。しかし、家庭が荒れていなくても性犯罪は誰にでも起き得ます。意外と知られていないのが、兄弟構成による、性犯罪を起こす率。特に姉妹なき男2人兄弟は最悪です。小出恵介、狩野英孝、山本圭一、山口達也。確かに未成年の少女に手を出した彼らは悪いでしょう。しかし、そんな兄弟構成にした親も、あきらかに犯罪者を生み出した犯罪者です。全国の男2人兄弟に悩む人は、是非姉妹をもうけるために、人生を捧げてはどうでしょう。性犯罪兄弟構成にした親には発言権はありません。」

 場面は代わり、平成1桁おじさんが20歳。あるテレビドラマで男が女子小学生を神社の裏に連れていき、いかがわしいことをするシーンを見かける。そのシーンを見て、興奮してきた。ただ、通りがかりの女子小学生を襲う勇気がなかったので、仕方なくオリエント工業でロリコン用ラブドールを買い、いたずらをしていた。ちなみに平成1桁おじさんには弟が1人いる。

 平成1桁おじさんが21歳のとき、故郷山形で帰宅途中の女子小学生を見かけ、人がいないことを、いいことに胸や局部を触りまくった。突然の出来事に女児は叫ぶこともできず、平成1桁おじさんは触り済んだら、さっさと逃げていった。こうして山形県内だけで10件の被害が出てしまった。
 そんなことがあり、山形県内に防犯カメラを設置したこともあり、山形県内ではこの事件が起きることはなかった。
 しかし、平成1件おじさんは北海道遠征をしていた。女子小学生にわいせつをする遠征に。北海道でも同様に女子小学生へのわいせつ事件を起こす。「女子小学生は、大人の女やJKと違って胸は小さくてプニプニする、グワシ。」

 そして平成1件おじさんが実家に帰ると、自分の部屋にあったロリコンラブドールを、弟が勝手に使って射精したらしい。平成1桁おじさんは怒って、ラブドールを捨て、実家を飛び出した。そして栃木に引っ越し、弟を夜の郡山に呼び出し、そこで弟を刺殺してしまう。

 翌日、ニュースが流れるが、平成1桁おじさんは黒磯にいた。そこで女子小学生を一人連れ去り、ホテルでみだらなことをしていた。こうして、平成1桁おじさんは女子小学生に中●しをして気がすんだのか、3万円渡して帰っていった。しかし、こんな生活も長くは続かない。

 平成1桁おじさんが22歳になって3日後、児童福祉法違反と殺人容疑で逮捕された。しかし、平成1桁おじさんは最後まで、「僕に妹をもうけなかった親がすべて悪い、グワシ」と、自分が性犯罪者になったのは親が悪いの一点張り。「別に、小6のときに妹がほしいと言っても聞き入れられなかった親なんか不幸になっても構わない。被害に遭わせた女児には申し訳ないけど、この兄弟構成で何十年も苦しめられた僕の気持ちもわかってもらいたい。慰謝料はすべて親に払ってもらう」と、平成1桁おじさんは、刑事事件で訴えられてる一方、民事裁判で親を訴えることに。

 平成1桁おじさんが23歳のとき、民事裁判は結局負けてしまい、ついに親から勘当されることに。しかし、「扶養義務がある以上、そんな法的拘束力はないし、慰謝料はお前らが払え」と、裁判は修羅場になった。
 その半年後、刑事裁判の判決は懲役5年の実刑判決を受けた。ちなみに、女児たちにわいせつをした慰謝料は親が肩代わりしたというから、あきれて物が言えない。

 平成1桁おじさんが28歳のときに刑期を終えたが、早速女子小学生を物色し始めた。ただ、平成1桁おじさんは友人に会い、自分に小学生の娘がいて、そこで友人家族に話をして、自分の現状を説明した。
「僕は姉妹が欲しかったのに聞き入れてもらえず、しまいには性欲に勝てなくなって襲った。友人の娘を見て、取り返しのつかないことをしてしまったと。でも、時が経つと、姉妹がいない反動で女児にいたずらしたくなる。」これを聞いた友人は近くの精神科を紹介してくれて、そこでカウンセリングをすることに。

 しかし、平成1桁おじさんが29歳のときにやはり不満が爆発した。友人の女子小学生とは関係なんか持てないから、また女児を物色するしかないと。そして、岡山に遠征したとき、帰り道で見た女子小学生を連れ去った。ホテルに連れるまでは優しく振る舞い、わいせつな言葉をたくさん浴びせて快感を得て、やはりおさわりしまくり、最後は性行為。刑務所での矯正は無駄に終わった。そして5万円渡し、翌日最後に向かった先はなんと国会議事堂。
 その女子小学生とともに、国会議事堂まで向かうと、国会議事堂の前で平成1桁おじさんは奇声を上げた。「姉妹をもうけないクソ親を放置したのは政治家が悪い。僕のロリコンも性犯罪も政治家が悪い。」当然、ガードマンに止められ、その場で現行犯逮捕・・・にはならず、子供は泣き出し、その子供を人質に性犯罪兄弟構成にした親を裁け。性犯罪兄弟構成にさせられた僕は被害者だと訴えた。
 こうして6時間の人質の末、平成1桁おじさんは警察官に撃たれてしまった。断末魔「最後に、まーちゃんと関係が持ててうれしかった。僕が最初で最後に、まーちゃんを本気で愛してしまった。」そして絶命。

 このニュースは全国ネットで話題になり、ツイッターでは平成1桁おじさんの性犯罪を生んだバカ親というハッシュタグまで出る始末に。結局、岡山から国会議事堂に向かう交通費で全財産が1万円だったため、これまで女児にいたずらをしていた遺族は平成1桁おじさんの親に損害賠償を請求し、このバカ親は慰謝料払えず自己破産に。

 場面は戻り、国会議事堂。女子小学生が相次いで大人の男に襲われる、痛ましい事件を起こさないよう、性犯罪しそうだという悩みを打ち明けることができるよう「ゆがんだ兄弟構成矯正クリニック」をもうけること、子供の同意なしに特定の性の子供を作り、兄弟姉妹の性のバランスを崩した親には罰則を科す「ゆがんだ兄弟構成矯正クリニック関連法案」が全会一致で可決された。テレビを見ていた友人も、平成1桁おじさんの遺影を掲げて、「ようやく思いは叶ったよ。」

 皮肉にも、この年の流行語は「性犯罪兄弟構成」で、受賞者の故平成1桁おじさん代理の親は受賞を拒否。まもなく、このバカ親は心中してしまった。(エンドロール)

 場面は新たにできた、ゆがんだ兄弟構成矯正クリニック。そこにはなぜか小山トシオもいて、自分の性犯罪は親のせいだと、助けを求めた。マチコを冷たくしたのも、兄しか兄弟がいないせいで、マチコが離れるのが怖くて支配的になったと・・・。様々な性犯罪兄弟構成に悩む男女がやってきて悩み相談を受ける行政機関。そして、その悩み相談の裏に飾られている平成1桁おじさんの笑顔の写真。被害に遭った女子小学生は累計30人と悪質だが、それだけの息子にした親を絶対に許してはいけない。

 このスローガンでできたクリニックのおかげで、全国の性犯罪被害が前年比90%も抑えられ、平成1桁おじさんの死は、決して無駄にならなかった。今日も全国の女子小学生たちは防犯につとめるとともに、学業に遊びに励んでいた❗
投稿者:美少女マチコ 2021-03-31 11:30:01
発想がブルギさんみたいなんだよね
投稿者:名無し 2021-03-27 22:40:35
①老人講師が、シフト少ないとだだっ子やって、シフト増やすよてーらしーわ❗

2021年2月9日(火)
改行おばかなんかに負けないわ❗
皆様お待ちかねマチコサスペンス劇場だわ❗
主演:平成1桁おじじ
小学生女児に純愛を捧げた男
主題歌:感謝カンゲキ雨嵐

 場所は国会。特定の性の子供ばかりを作った親には罰則が科される「ゆがんだ兄弟構成矯正クリニック関連法案」が全会一致で可決された。そのシーンを見た平成1桁おじさんの友人は、平成1桁おじさんの遺影をテレビに向けて、「ついに夢がかなったぞ」と感激していた。

ストーリーテラー「日本では、性犯罪が起きるとよく家庭が荒れているとか、その人が育った環境に影響があると言われてきました。しかし、家庭が荒れていなくても性犯罪は誰にでも起き得ます。意外と知られていないのが、兄弟構成による、性犯罪を起こす率。特に姉妹なき男2人兄弟は最悪です。小出恵介、狩野英孝、山本圭一、山口達也。確かに未成年の少女に手を出した彼らは悪いでしょう。しかし、そんな兄弟構成にした親も、あきらかに犯罪者を生み出した犯罪者です。全国の男2人兄弟に悩む人は、是非姉妹をもうけるために、人生を捧げてはどうでしょう。性犯罪兄弟構成にした親には発言権はありません。」

 場面は代わり、平成1桁おじさんが20歳。あるテレビドラマで男が女子小学生を神社の裏に連れていき、いかがわしいことをするシーンを見かける。そのシーンを見て、興奮してきた。ただ、通りがかりの女子小学生を襲う勇気がなかったので、仕方なくオリエント工業でロリコン用ラブドールを買い、いたずらをしていた。ちなみに平成1桁おじさんには弟が1人いる。

 平成1桁おじさんが21歳のとき、故郷山形で帰宅途中の女子小学生を見かけ、人がいないことを、いいことに胸や局部を触りまくった。突然の出来事に女児は叫ぶこともできず、平成1桁おじさんは触り済んだら、さっさと逃げていった。こうして山形県内だけで10件の被害が出てしまった。
 そんなことがあり、山形県内に防犯カメラを設置したこともあり、山形県内ではこの事件が起きることはなかった。
 しかし、平成1件おじさんは北海道遠征をしていた。女子小学生にわいせつをする遠征に。北海道でも同様に女子小学生へのわいせつ事件を起こす。「女子小学生は、大人の女やJKと違って胸は小さくてプニプニする、グワシ。」

 そして平成1件おじさんが実家に帰ると、自分の部屋にあったロリコンラブドールを、弟が勝手に使って射精したらしい。平成1桁おじさんは怒って、ラブドールを捨て、実家を飛び出した。そして栃木に引っ越し、弟を夜の郡山に呼び出し、そこで弟を刺殺してしまう。

 翌日、ニュースが流れるが、平成1桁おじさんは黒磯にいた。そこで女子小学生を一人連れ去り、ホテルでみだらなことをしていた。こうして、平成1桁おじさんは女子小学生に中●しをして気がすんだのか、3万円渡して帰っていった。しかし、こんな生活も長くは続かない。

 平成1桁おじさんが22歳になって3日後、児童福祉法違反と殺人容疑で逮捕された。しかし、平成1桁おじさんは最後まで、「僕に妹をもうけなかった親がすべて悪い、グワシ」と、自分が性犯罪者になったのは親が悪いの一点張り。「別に、小6のときに妹がほしいと言っても聞き入れられなかった親なんか不幸になっても構わない。被害に遭わせた女児には申し訳ないけど、この兄弟構成で何十年も苦しめられた僕の気持ちもわかってもらいたい。慰謝料はすべて親に払ってもらう」と、平成1桁おじさんは、刑事事件で訴えられてる一方、民事裁判で親を訴えることに。

 平成1桁おじさんが23歳のとき、民事裁判は結局負けてしまい、ついに親から勘当されることに。しかし、「扶養義務がある以上、そんな法的拘束力はないし、慰謝料はお前らが払え」と、裁判は修羅場になった。
 その半年後、刑事裁判の判決は懲役5年の実刑判決を受けた。ちなみに、女児たちにわいせつをした慰謝料は親が肩代わりしたというから、あきれて物が言えない。

 平成1桁おじさんが28歳のときに刑期を終えたが、早速女子小学生を物色し始めた。ただ、平成1桁おじさんは友人に会い、自分に小学生の娘がいて、そこで友人家族に話をして、自分の現状を説明した。
「僕は姉妹が欲しかったのに聞き入れてもらえず、しまいには性欲に勝てなくなって襲った。友人の娘を見て、取り返しのつかないことをしてしまったと。でも、時が経つと、姉妹がいない反動で女児にいたずらしたくなる。」これを聞いた友人は近くの精神科を紹介してくれて、そこでカウンセリングをすることに。

 しかし、平成1桁おじさんが29歳のときにやはり不満が爆発した。友人の女子小学生とは関係なんか持てないから、また女児を物色するしかないと。そして、岡山に遠征したとき、帰り道で見た女子小学生を連れ去った。ホテルに連れるまでは優しく振る舞い、わいせつな言葉をたくさん浴びせて快感を得て、やはりおさわりしまくり、最後は性行為。刑務所での矯正は無駄に終わった。そして5万円渡し、翌日最後に向かった先はなんと国会議事堂。
 その女子小学生とともに、国会議事堂まで向かうと、国会議事堂の前で平成1桁おじさんは奇声を上げた。「姉妹をもうけないクソ親を放置したのは政治家が悪い。僕のロリコンも性犯罪も政治家が悪い。」当然、ガードマンに止められ、その場で現行犯逮捕・・・にはならず、子供は泣き出し、その子供を人質に性犯罪兄弟構成にした親を裁け。性犯罪兄弟構成にさせられた僕は被害者だと訴えた。
 こうして6時間の人質の末、平成1桁おじさんは警察官に撃たれてしまった。断末魔「最後に、まーちゃんと関係が持ててうれしかった。僕が最初で最後に、まーちゃんを本気で愛してしまった。」そして絶命。

 このニュースは全国ネットで話題になり、ツイッターでは平成1桁おじさんの性犯罪を生んだバカ親というハッシュタグまで出る始末に。結局、岡山から国会議事堂に向かう交通費で全財産が1万円だったため、これまで女児にいたずらをしていた遺族は平成1桁おじさんの親に損害賠償を請求し、このバカ親は慰謝料払えず自己破産に。

 場面は戻り、国会議事堂。女子小学生が相次いで大人の男に襲われる、痛ましい事件を起こさないよう、性犯罪しそうだという悩みを打ち明けることができるよう「ゆがんだ兄弟構成矯正クリニック」をもうけること、子供の同意なしに特定の性の子供を作り、兄弟姉妹の性のバランスを崩した親には罰則を科す「ゆがんだ兄弟構成矯正クリニック関連法案」が全会一致で可決された。テレビを見ていた友人も、平成1桁おじさんの遺影を掲げて、「ようやく思いは叶ったよ。」

 皮肉にも、この年の流行語は「性犯罪兄弟構成」で、受賞者の故平成1桁おじさん代理の親は受賞を拒否。まもなく、このバカ親は心中してしまった。(エンドロール)

 場面は新たにできた、ゆがんだ兄弟構成矯正クリニック。そこにはなぜか小山トシオもいて、自分の性犯罪は親のせいだと、助けを求めた。マチコを冷たくしたのも、兄しか兄弟がいないせいで、マチコが離れるのが怖くて支配的になったと・・・。様々な性犯罪兄弟構成に悩む男女がやってきて悩み相談を受ける行政機関。そして、その悩み相談の裏に飾られている平成1桁おじさんの笑顔の写真。被害に遭った女子小学生は累計30人と悪質だが、それだけの息子にした親を絶対に許してはいけない。

 このスローガンでできたクリニックのおかげで、全国の性犯罪被害が前年比90%も抑えられ、平成1桁おじさんの死は、決して無駄にならなかった。今日も全国の女子小学生たちは防犯につとめるとともに、学業に遊びに励んでいた❗
投稿者:美少女マチコ 2021-03-27 00:30:53
↓1
 またも御言葉ながら、全てのセゾンカード所有者及び運営会社の全ての従業員に失礼だと思う。
 さしづめ"永久に空気未満の存在感且つ人類史上屈指の醜悪且つ害悪な発狂悪質粘着妄言虚言荒らし"でいいんじゃないかな?

投稿者:名無し 2021-03-26 23:25:50
↓5 お前はセゾンカードかwww
投稿者:名無し 2021-03-26 22:33:42
お前が千年に一度の美少女だったら他のみんなは万年に一度の美少女、美少年じゃ‼️
投稿者:名無し 2021-03-26 22:30:01
↓1~3
 御言葉ながら、(自称)美少女マチコを化け物扱とか妖怪扱いとか、流石に化け物や妖怪に失礼だと思う。
 寧ろ、どんな化け物や妖怪すらも圧倒的に美麗且つ善良に見えるレベルで、(自称)美少女マチコは醜悪且つ害悪極まりない存在と見做しても一切支障は無い。これは断言できる。

 御覧の通り、(自称)美少女マチコは今日もたっぷり叩かれたことを存分に喜べばいいんじゃないかな?

投稿者:名無し 2021-03-26 17:59:28
↓3大体さ、お前が美少女ならマントヒヒとかイボイノシシはもっと美少女。ってことでお前は世界一の不細工ちゃん。チーン…御愁傷様…え?目が三つあって?口は耳まで裂けてて?鼻がずんぐり低くて?舌先が二股に別れてる?…化け物ってか妖怪だな。よし、これからは美少女マチコじゃなくて妖怪マチコと呼ぼう
投稿者:名無し 2021-03-26 17:40:11
↓2間違いなく化け物だな。永久不滅って事は、ナイフで刺されても死なんし、鉄砲で撃たれても死なんし、車に轢かれても死なんし、飛び降りても死なんし、毒飲んでも死なんし、全身に火傷しても死なんし、溺れても死なんし、硫酸で溶かされても死なんし、タイヤローラーでぺちゃんこになっても死なんし、宇宙空間でも死なんと。人じゃなくて化け物だな。殺しても死なんならお前に恨みを持つ人等からリンチを受けりゃいいよ。んで生きたまま棺桶に押し込められて地中深くに埋められりゃいいんだ。酸欠でも死ぬ事はないし、餓死もせんのやろ?
投稿者:名無し 2021-03-26 16:56:05
消さないで





































って事はお前は化け物だな
投稿者:名無し 2021-03-26 16:26:03
それに↓2についても、マチコは世にもまれな、世にも並の千年に一人の美少女だから死なないわ❗
永久不滅よ❗
投稿者:美少女マチコ 2021-03-26 15:12:37
↓2のマチコサスペンス劇場に「そこにはなぜか小山トシオも居て」って書いてあるけど、小山トシオに仲間なんているわけないから集団の中に居るわけないじゃない❗
昨日平成1桁おじさんがハゲってゆーの以外は実話って言ったけど、小山トシオについても嘘だわ❗
投稿者:美少女マチコ 2021-03-26 15:08:47
消さないで




































































マチコが死ぬ方が先だよーん







投稿者:名無し 2021-03-26 12:31:07
⑳ついでに改行バーカも死ね、死ね、ティッシュオナニー、消えろ、バイビーアンドファックだわ❗

2021年2月9日(火)
改行おばかなんかに負けないわ❗
皆様お待ちかねマチコサスペンス劇場だわ❗
主演:平成1桁おじじ
小学生女児に純愛を捧げた男
主題歌:感謝カンゲキ雨嵐

 場所は国会。特定の性の子供ばかりを作った親には罰則が科される「ゆがんだ兄弟構成矯正クリニック関連法案」が全会一致で可決された。そのシーンを見た平成1桁おじさんの友人は、平成1桁おじさんの遺影をテレビに向けて、「ついに夢がかなったぞ」と感激していた。

ストーリーテラー「日本では、性犯罪が起きるとよく家庭が荒れているとか、その人が育った環境に影響があると言われてきました。しかし、家庭が荒れていなくても性犯罪は誰にでも起き得ます。意外と知られていないのが、兄弟構成による、性犯罪を起こす率。特に姉妹なき男2人兄弟は最悪です。小出恵介、狩野英孝、山本圭一、山口達也。確かに未成年の少女に手を出した彼らは悪いでしょう。しかし、そんな兄弟構成にした親も、あきらかに犯罪者を生み出した犯罪者です。全国の男2人兄弟に悩む人は、是非姉妹をもうけるために、人生を捧げてはどうでしょう。性犯罪兄弟構成にした親には発言権はありません。」

 場面は代わり、平成1桁おじさんが20歳。あるテレビドラマで男が女子小学生を神社の裏に連れていき、いかがわしいことをするシーンを見かける。そのシーンを見て、興奮してきた。ただ、通りがかりの女子小学生を襲う勇気がなかったので、仕方なくオリエント工業でロリコン用ラブドールを買い、いたずらをしていた。ちなみに平成1桁おじさんには弟が1人いる。

 平成1桁おじさんが21歳のとき、故郷山形で帰宅途中の女子小学生を見かけ、人がいないことを、いいことに胸や局部を触りまくった。突然の出来事に女児は叫ぶこともできず、平成1桁おじさんは触り済んだら、さっさと逃げていった。こうして山形県内だけで10件の被害が出てしまった。
 そんなことがあり、山形県内に防犯カメラを設置したこともあり、山形県内ではこの事件が起きることはなかった。
 しかし、平成1件おじさんは北海道遠征をしていた。女子小学生にわいせつをする遠征に。北海道でも同様に女子小学生へのわいせつ事件を起こす。「女子小学生は、大人の女やJKと違って胸は小さくてプニプニする、グワシ。」

 そして平成1件おじさんが実家に帰ると、自分の部屋にあったロリコンラブドールを、弟が勝手に使って射精したらしい。平成1桁おじさんは怒って、ラブドールを捨て、実家を飛び出した。そして栃木に引っ越し、弟を夜の郡山に呼び出し、そこで弟を刺殺してしまう。

 翌日、ニュースが流れるが、平成1桁おじさんは黒磯にいた。そこで女子小学生を一人連れ去り、ホテルでみだらなことをしていた。こうして、平成1桁おじさんは女子小学生に中●しをして気がすんだのか、3万円渡して帰っていった。しかし、こんな生活も長くは続かない。

 平成1桁おじさんが22歳になって3日後、児童福祉法違反と殺人容疑で逮捕された。しかし、平成1桁おじさんは最後まで、「僕に妹をもうけなかった親がすべて悪い、グワシ」と、自分が性犯罪者になったのは親が悪いの一点張り。「別に、小6のときに妹がほしいと言っても聞き入れられなかった親なんか不幸になっても構わない。被害に遭わせた女児には申し訳ないけど、この兄弟構成で何十年も苦しめられた僕の気持ちもわかってもらいたい。慰謝料はすべて親に払ってもらう」と、平成1桁おじさんは、刑事事件で訴えられてる一方、民事裁判で親を訴えることに。

 平成1桁おじさんが23歳のとき、民事裁判は結局負けてしまい、ついに親から勘当されることに。しかし、「扶養義務がある以上、そんな法的拘束力はないし、慰謝料はお前らが払え」と、裁判は修羅場になった。
 その半年後、刑事裁判の判決は懲役5年の実刑判決を受けた。ちなみに、女児たちにわいせつをした慰謝料は親が肩代わりしたというから、あきれて物が言えない。

 平成1桁おじさんが28歳のときに刑期を終えたが、早速女子小学生を物色し始めた。ただ、平成1桁おじさんは友人に会い、自分に小学生の娘がいて、そこで友人家族に話をして、自分の現状を説明した。
「僕は姉妹が欲しかったのに聞き入れてもらえず、しまいには性欲に勝てなくなって襲った。友人の娘を見て、取り返しのつかないことをしてしまったと。でも、時が経つと、姉妹がいない反動で女児にいたずらしたくなる。」これを聞いた友人は近くの精神科を紹介してくれて、そこでカウンセリングをすることに。

 しかし、平成1桁おじさんが29歳のときにやはり不満が爆発した。友人の女子小学生とは関係なんか持てないから、また女児を物色するしかないと。そして、岡山に遠征したとき、帰り道で見た女子小学生を連れ去った。ホテルに連れるまでは優しく振る舞い、わいせつな言葉をたくさん浴びせて快感を得て、やはりおさわりしまくり、最後は性行為。刑務所での矯正は無駄に終わった。そして5万円渡し、翌日最後に向かった先はなんと国会議事堂。
 その女子小学生とともに、国会議事堂まで向かうと、国会議事堂の前で平成1桁おじさんは奇声を上げた。「姉妹をもうけないクソ親を放置したのは政治家が悪い。僕のロリコンも性犯罪も政治家が悪い。」当然、ガードマンに止められ、その場で現行犯逮捕・・・にはならず、子供は泣き出し、その子供を人質に性犯罪兄弟構成にした親を裁け。性犯罪兄弟構成にさせられた僕は被害者だと訴えた。
 こうして6時間の人質の末、平成1桁おじさんは警察官に撃たれてしまった。断末魔「最後に、まーちゃんと関係が持ててうれしかった。僕が最初で最後に、まーちゃんを本気で愛してしまった。」そして絶命。

 このニュースは全国ネットで話題になり、ツイッターでは平成1桁おじさんの性犯罪を生んだバカ親というハッシュタグまで出る始末に。結局、岡山から国会議事堂に向かう交通費で全財産が1万円だったため、これまで女児にいたずらをしていた遺族は平成1桁おじさんの親に損害賠償を請求し、このバカ親は慰謝料払えず自己破産に。

 場面は戻り、国会議事堂。女子小学生が相次いで大人の男に襲われる、痛ましい事件を起こさないよう、性犯罪しそうだという悩みを打ち明けることができるよう「ゆがんだ兄弟構成矯正クリニック」をもうけること、子供の同意なしに特定の性の子供を作り、兄弟姉妹の性のバランスを崩した親には罰則を科す「ゆがんだ兄弟構成矯正クリニック関連法案」が全会一致で可決された。テレビを見ていた友人も、平成1桁おじさんの遺影を掲げて、「ようやく思いは叶ったよ。」

 皮肉にも、この年の流行語は「性犯罪兄弟構成」で、受賞者の故平成1桁おじさん代理の親は受賞を拒否。まもなく、このバカ親は心中してしまった。(エンドロール)

 場面は新たにできた、ゆがんだ兄弟構成矯正クリニック。そこにはなぜか小山トシオもいて、自分の性犯罪は親のせいだと、助けを求めた。マチコを冷たくしたのも、兄しか兄弟がいないせいで、マチコが離れるのが怖くて支配的になったと・・・。様々な性犯罪兄弟構成に悩む男女がやってきて悩み相談を受ける行政機関。そして、その悩み相談の裏に飾られている平成1桁おじさんの笑顔の写真。被害に遭った女子小学生は累計30人と悪質だが、それだけの息子にした親を絶対に許してはいけない。

 このスローガンでできたクリニックのおかげで、全国の性犯罪被害が前年比90%も抑えられ、平成1桁おじさんの死は、決して無駄にならなかった。今日も全国の女子小学生たちは防犯につとめるとともに、学業に遊びに励んでいた❗

2021年2月9日(火)
改行おばかなんかに負けないわ❗
皆様お待ちかねマチコサスペンス劇場だわ❗
主演:平成1桁おじじ
小学生女児に純愛を捧げた男
主題歌:感謝カンゲキ雨嵐

 場所は国会。特定の性の子供ばかりを作った親には罰則が科される「ゆがんだ兄弟構成矯正クリニック関連法案」が全会一致で可決された。そのシーンを見た平成1桁おじさんの友人は、平成1桁おじさんの遺影をテレビに向けて、「ついに夢がかなったぞ」と感激していた。

ストーリーテラー「日本では、性犯罪が起きるとよく家庭が荒れているとか、その人が育った環境に影響があると言われてきました。しかし、家庭が荒れていなくても性犯罪は誰にでも起き得ます。意外と知られていないのが、兄弟構成による、性犯罪を起こす率。特に姉妹なき男2人兄弟は最悪です。小出恵介、狩野英孝、山本圭一、山口達也。確かに未成年の少女に手を出した彼らは悪いでしょう。しかし、そんな兄弟構成にした親も、あきらかに犯罪者を生み出した犯罪者です。全国の男2人兄弟に悩む人は、是非姉妹をもうけるために、人生を捧げてはどうでしょう。性犯罪兄弟構成にした親には発言権はありません。」

 場面は代わり、平成1桁おじさんが20歳。あるテレビドラマで男が女子小学生を神社の裏に連れていき、いかがわしいことをするシーンを見かける。そのシーンを見て、興奮してきた。ただ、通りがかりの女子小学生を襲う勇気がなかったので、仕方なくオリエント工業でロリコン用ラブドールを買い、いたずらをしていた。ちなみに平成1桁おじさんには弟が1人いる。

 平成1桁おじさんが21歳のとき、故郷山形で帰宅途中の女子小学生を見かけ、人がいないことを、いいことに胸や局部を触りまくった。突然の出来事に女児は叫ぶこともできず、平成1桁おじさんは触り済んだら、さっさと逃げていった。こうして山形県内だけで10件の被害が出てしまった。
 そんなことがあり、山形県内に防犯カメラを設置したこともあり、山形県内ではこの事件が起きることはなかった。
 しかし、平成1件おじさんは北海道遠征をしていた。女子小学生にわいせつをする遠征に。北海道でも同様に女子小学生へのわいせつ事件を起こす。「女子小学生は、大人の女やJKと違って胸は小さくてプニプニする、グワシ。」

 そして平成1件おじさんが実家に帰ると、自分の部屋にあったロリコンラブドールを、弟が勝手に使って射精したらしい。平成1桁おじさんは怒って、ラブドールを捨て、実家を飛び出した。そして栃木に引っ越し、弟を夜の郡山に呼び出し、そこで弟を刺殺してしまう。

 翌日、ニュースが流れるが、平成1桁おじさんは黒磯にいた。そこで女子小学生を一人連れ去り、ホテルでみだらなことをしていた。こうして、平成1桁おじさんは女子小学生に中●しをして気がすんだのか、3万円渡して帰っていった。しかし、こんな生活も長くは続かない。

 平成1桁おじさんが22歳になって3日後、児童福祉法違反と殺人容疑で逮捕された。しかし、平成1桁おじさんは最後まで、「僕に妹をもうけなかった親がすべて悪い、グワシ」と、自分が性犯罪者になったのは親が悪いの一点張り。「別に、小6のときに妹がほしいと言っても聞き入れられなかった親なんか不幸になっても構わない。被害に遭わせた女児には申し訳ないけど、この兄弟構成で何十年も苦しめられた僕の気持ちもわかってもらいたい。慰謝料はすべて親に払ってもらう」と、平成1桁おじさんは、刑事事件で訴えられてる一方、民事裁判で親を訴えることに。

 平成1桁おじさんが23歳のとき、民事裁判は結局負けてしまい、ついに親から勘当されることに。しかし、「扶養義務がある以上、そんな法的拘束力はないし、慰謝料はお前らが払え」と、裁判は修羅場になった。
 その半年後、刑事裁判の判決は懲役5年の実刑判決を受けた。ちなみに、女児たちにわいせつをした慰謝料は親が肩代わりしたというから、あきれて物が言えない。

 平成1桁おじさんが28歳のときに刑期を終えたが、早速女子小学生を物色し始めた。ただ、平成1桁おじさんは友人に会い、自分に小学生の娘がいて、そこで友人家族に話をして、自分の現状を説明した。
「僕は姉妹が欲しかったのに聞き入れてもらえず、しまいには性欲に勝てなくなって襲った。友人の娘を見て、取り返しのつかないことをしてしまったと。でも、時が経つと、姉妹がいない反動で女児にいたずらしたくなる。」これを聞いた友人は近くの精神科を紹介してくれて、そこでカウンセリングをすることに。

 しかし、平成1桁おじさんが29歳のときにやはり不満が爆発した。友人の女子小学生とは関係なんか持てないから、また女児を物色するしかないと。そして、岡山に遠征したとき、帰り道で見た女子小学生を連れ去った。ホテルに連れるまでは優しく振る舞い、わいせつな言葉をたくさん浴びせて快感を得て、やはりおさわりしまくり、最後は性行為。刑務所での矯正は無駄に終わった。そして5万円渡し、翌日最後に向かった先はなんと国会議事堂。
 その女子小学生とともに、国会議事堂まで向かうと、国会議事堂の前で平成1桁おじさんは奇声を上げた。「姉妹をもうけないクソ親を放置したのは政治家が悪い。僕のロリコンも性犯罪も政治家が悪い。」当然、ガードマンに止められ、その場で現行犯逮捕・・・にはならず、子供は泣き出し、その子供を人質に性犯罪兄弟構成にした親を裁け。性犯罪兄弟構成にさせられた僕は被害者だと訴えた。
 こうして6時間の人質の末、平成1桁おじさんは警察官に撃たれてしまった。断末魔「最後に、まーちゃんと関係が持ててうれしかった。僕が最初で最後に、まーちゃんを本気で愛してしまった。」そして絶命。

 このニュースは全国ネットで話題になり、ツイッターでは平成1桁おじさんの性犯罪を生んだバカ親というハッシュタグまで出る始末に。結局、岡山から国会議事堂に向かう交通費で全財産が1万円だったため、これまで女児にいたずらをしていた遺族は平成1桁おじさんの親に損害賠償を請求し、このバカ親は慰謝料払えず自己破産に。

 場面は戻り、国会議事堂。女子小学生が相次いで大人の男に襲われる、痛ましい事件を起こさないよう、性犯罪しそうだという悩みを打ち明けることができるよう「ゆがんだ兄弟構成矯正クリニック」をもうけること、子供の同意なしに特定の性の子供を作り、兄弟姉妹の性のバランスを崩した親には罰則を科す「ゆがんだ兄弟構成矯正クリニック関連法案」が全会一致で可決された。テレビを見ていた友人も、平成1桁おじさんの遺影を掲げて、「ようやく思いは叶ったよ。」

 皮肉にも、この年の流行語は「性犯罪兄弟構成」で、受賞者の故平成1桁おじさん代理の親は受賞を拒否。まもなく、このバカ親は心中してしまった。(エンドロール)

 場面は新たにできた、ゆがんだ兄弟構成矯正クリニック。そこにはなぜか小山トシオもいて、自分の性犯罪は親のせいだと、助けを求めた。マチコを冷たくしたのも、兄しか兄弟がいないせいで、マチコが離れるのが怖くて支配的になったと・・・。様々な性犯罪兄弟構成に悩む男女がやってきて悩み相談を受ける行政機関。そして、その悩み相談の裏に飾られている平成1桁おじさんの笑顔の写真。被害に遭った女子小学生は累計30人と悪質だが、それだけの息子にした親を絶対に許してはいけない。

 このスローガンでできたクリニックのおかげで、全国の性犯罪被害が前年比90%も抑えられ、平成1桁おじさんの死は、決して無駄にならなかった。今日も全国の女子小学生たちは防犯につとめるとともに、学業に遊びに励んでいた❗

2021年2月9日(火)
改行おばかなんかに負けないわ❗
皆様お待ちかねマチコサスペンス劇場だわ❗
主演:平成1桁おじじ
小学生女児に純愛を捧げた男
主題歌:感謝カンゲキ雨嵐

 場所は国会。特定の性の子供ばかりを作った親には罰則が科される「ゆがんだ兄弟構成矯正クリニック関連法案」が全会一致で可決された。そのシーンを見た平成1桁おじさんの友人は、平成1桁おじさんの遺影をテレビに向けて、「ついに夢がかなったぞ」と感激していた。

ストーリーテラー「日本では、性犯罪が起きるとよく家庭が荒れているとか、その人が育った環境に影響があると言われてきました。しかし、家庭が荒れていなくても性犯罪は誰にでも起き得ます。意外と知られていないのが、兄弟構成による、性犯罪を起こす率。特に姉妹なき男2人兄弟は最悪です。小出恵介、狩野英孝、山本圭一、山口達也。確かに未成年の少女に手を出した彼らは悪いでしょう。しかし、そんな兄弟構成にした親も、あきらかに犯罪者を生み出した犯罪者です。全国の男2人兄弟に悩む人は、是非姉妹をもうけるために、人生を捧げてはどうでしょう。性犯罪兄弟構成にした親には発言権はありません。」

 場面は代わり、平成1桁おじさんが20歳。あるテレビドラマで男が女子小学生を神社の裏に連れていき、いかがわしいことをするシーンを見かける。そのシーンを見て、興奮してきた。ただ、通りがかりの女子小学生を襲う勇気がなかったので、仕方なくオリエント工業でロリコン用ラブドールを買い、いたずらをしていた。ちなみに平成1桁おじさんには弟が1人いる。

 平成1桁おじさんが21歳のとき、故郷山形で帰宅途中の女子小学生を見かけ、人がいないことを、いいことに胸や局部を触りまくった。突然の出来事に女児は叫ぶこともできず、平成1桁おじさんは触り済んだら、さっさと逃げていった。こうして山形県内だけで10件の被害が出てしまった。
 そんなことがあり、山形県内に防犯カメラを設置したこともあり、山形県内ではこの事件が起きることはなかった。
 しかし、平成1件おじさんは北海道遠征をしていた。女子小学生にわいせつをする遠征に。北海道でも同様に女子小学生へのわいせつ事件を起こす。「女子小学生は、大人の女やJKと違って胸は小さくてプニプニする、グワシ。」

 そして平成1件おじさんが実家に帰ると、自分の部屋にあったロリコンラブドールを、弟が勝手に使って射精したらしい。平成1桁おじさんは怒って、ラブドールを捨て、実家を飛び出した。そして栃木に引っ越し、弟を夜の郡山に呼び出し、そこで弟を刺殺してしまう。

 翌日、ニュースが流れるが、平成1桁おじさんは黒磯にいた。そこで女子小学生を一人連れ去り、ホテルでみだらなことをしていた。こうして、平成1桁おじさんは女子小学生に中●しをして気がすんだのか、3万円渡して帰っていった。しかし、こんな生活も長くは続かない。

 平成1桁おじさんが22歳になって3日後、児童福祉法違反と殺人容疑で逮捕された。しかし、平成1桁おじさんは最後まで、「僕に妹をもうけなかった親がすべて悪い、グワシ」と、自分が性犯罪者になったのは親が悪いの一点張り。「別に、小6のときに妹がほしいと言っても聞き入れられなかった親なんか不幸になっても構わない。被害に遭わせた女児には申し訳ないけど、この兄弟構成で何十年も苦しめられた僕の気持ちもわかってもらいたい。慰謝料はすべて親に払ってもらう」と、平成1桁おじさんは、刑事事件で訴えられてる一方、民事裁判で親を訴えることに。

 平成1桁おじさんが23歳のとき、民事裁判は結局負けてしまい、ついに親から勘当されることに。しかし、「扶養義務がある以上、そんな法的拘束力はないし、慰謝料はお前らが払え」と、裁判は修羅場になった。
 その半年後、刑事裁判の判決は懲役5年の実刑判決を受けた。ちなみに、女児たちにわいせつをした慰謝料は親が肩代わりしたというから、あきれて物が言えない。

 平成1桁おじさんが28歳のときに刑期を終えたが、早速女子小学生を物色し始めた。ただ、平成1桁おじさんは友人に会い、自分に小学生の娘がいて、そこで友人家族に話をして、自分の現状を説明した。
「僕は姉妹が欲しかったのに聞き入れてもらえず、しまいには性欲に勝てなくなって襲った。友人の娘を見て、取り返しのつかないことをしてしまったと。でも、時が経つと、姉妹がいない反動で女児にいたずらしたくなる。」これを聞いた友人は近くの精神科を紹介してくれて、そこでカウンセリングをすることに。

 しかし、平成1桁おじさんが29歳のときにやはり不満が爆発した。友人の女子小学生とは関係なんか持てないから、また女児を物色するしかないと。そして、岡山に遠征したとき、帰り道で見た女子小学生を連れ去った。ホテルに連れるまでは優しく振る舞い、わいせつな言葉をたくさん浴びせて快感を得て、やはりおさわりしまくり、最後は性行為。刑務所での矯正は無駄に終わった。そして5万円渡し、翌日最後に向かった先はなんと国会議事堂。
 その女子小学生とともに、国会議事堂まで向かうと、国会議事堂の前で平成1桁おじさんは奇声を上げた。「姉妹をもうけないクソ親を放置したのは政治家が悪い。僕のロリコンも性犯罪も政治家が悪い。」当然、ガードマンに止められ、その場で現行犯逮捕・・・にはならず、子供は泣き出し、その子供を人質に性犯罪兄弟構成にした親を裁け。性犯罪兄弟構成にさせられた僕は被害者だと訴えた。
 こうして6時間の人質の末、平成1桁おじさんは警察官に撃たれてしまった。断末魔「最後に、まーちゃんと関係が持ててうれしかった。僕が最初で最後に、まーちゃんを本気で愛してしまった。」そして絶命。

 このニュースは全国ネットで話題になり、ツイッターでは平成1桁おじさんの性犯罪を生んだバカ親というハッシュタグまで出る始末に。結局、岡山から国会議事堂に向かう交通費で全財産が1万円だったため、これまで女児にいたずらをしていた遺族は平成1桁おじさんの親に損害賠償を請求し、このバカ親は慰謝料払えず自己破産に。

 場面は戻り、国会議事堂。女子小学生が相次いで大人の男に襲われる、痛ましい事件を起こさないよう、性犯罪しそうだという悩みを打ち明けることができるよう「ゆがんだ兄弟構成矯正クリニック」をもうけること、子供の同意なしに特定の性の子供を作り、兄弟姉妹の性のバランスを崩した親には罰則を科す「ゆがんだ兄弟構成矯正クリニック関連法案」が全会一致で可決された。テレビを見ていた友人も、平成1桁おじさんの遺影を掲げて、「ようやく思いは叶ったよ。」

 皮肉にも、この年の流行語は「性犯罪兄弟構成」で、受賞者の故平成1桁おじさん代理の親は受賞を拒否。まもなく、このバカ親は心中してしまった。(エンドロール)

 場面は新たにできた、ゆがんだ兄弟構成矯正クリニック。そこにはなぜか小山トシオもいて、自分の性犯罪は親のせいだと、助けを求めた。マチコを冷たくしたのも、兄しか兄弟がいないせいで、マチコが離れるのが怖くて支配的になったと・・・。様々な性犯罪兄弟構成に悩む男女がやってきて悩み相談を受ける行政機関。そして、その悩み相談の裏に飾られている平成1桁おじさんの笑顔の写真。被害に遭った女子小学生は累計30人と悪質だが、それだけの息子にした親を絶対に許してはいけない。

 このスローガンでできたクリニックのおかげで、全国の性犯罪被害が前年比90%も抑えられ、平成1桁おじさんの死は、決して無駄にならなかった。今日も全国の女子小学生たちは防犯につとめるとともに、学業に遊びに励んでいた❗

2021年2月9日(火)
改行おばかなんかに負けないわ❗
皆様お待ちかねマチコサスペンス劇場だわ❗
主演:平成1桁おじじ
小学生女児に純愛を捧げた男
主題歌:感謝カンゲキ雨嵐

 場所は国会。特定の性の子供ばかりを作った親には罰則が科される「ゆがんだ兄弟構成矯正クリニック関連法案」が全会一致で可決された。そのシーンを見た平成1桁おじさんの友人は、平成1桁おじさんの遺影をテレビに向けて、「ついに夢がかなったぞ」と感激していた。

ストーリーテラー「日本では、性犯罪が起きるとよく家庭が荒れているとか、その人が育った環境に影響があると言われてきました。しかし、家庭が荒れていなくても性犯罪は誰にでも起き得ます。意外と知られていないのが、兄弟構成による、性犯罪を起こす率。特に姉妹なき男2人兄弟は最悪です。小出恵介、狩野英孝、山本圭一、山口達也。確かに未成年の少女に手を出した彼らは悪いでしょう。しかし、そんな兄弟構成にした親も、あきらかに犯罪者を生み出した犯罪者です。全国の男2人兄弟に悩む人は、是非姉妹をもうけるために、人生を捧げてはどうでしょう。性犯罪兄弟構成にした親には発言権はありません。」

 場面は代わり、平成1桁おじさんが20歳。あるテレビドラマで男が女子小学生を神社の裏に連れていき、いかがわしいことをするシーンを見かける。そのシーンを見て、興奮してきた。ただ、通りがかりの女子小学生を襲う勇気がなかったので、仕方なくオリエント工業でロリコン用ラブドールを買い、いたずらをしていた。ちなみに平成1桁おじさんには弟が1人いる。

 平成1桁おじさんが21歳のとき、故郷山形で帰宅途中の女子小学生を見かけ、人がいないことを、いいことに胸や局部を触りまくった。突然の出来事に女児は叫ぶこともできず、平成1桁おじさんは触り済んだら、さっさと逃げていった。こうして山形県内だけで10件の被害が出てしまった。
 そんなことがあり、山形県内に防犯カメラを設置したこともあり、山形県内ではこの事件が起きることはなかった。
 しかし、平成1件おじさんは北海道遠征をしていた。女子小学生にわいせつをする遠征に。北海道でも同様に女子小学生へのわいせつ事件を起こす。「女子小学生は、大人の女やJKと違って胸は小さくてプニプニする、グワシ。」

 そして平成1件おじさんが実家に帰ると、自分の部屋にあったロリコンラブドールを、弟が勝手に使って射精したらしい。平成1桁おじさんは怒って、ラブドールを捨て、実家を飛び出した。そして栃木に引っ越し、弟を夜の郡山に呼び出し、そこで弟を刺殺してしまう。

 翌日、ニュースが流れるが、平成1桁おじさんは黒磯にいた。そこで女子小学生を一人連れ去り、ホテルでみだらなことをしていた。こうして、平成1桁おじさんは女子小学生に中●しをして気がすんだのか、3万円渡して帰っていった。しかし、こんな生活も長くは続かない。

 平成1桁おじさんが22歳になって3日後、児童福祉法違反と殺人容疑で逮捕された。しかし、平成1桁おじさんは最後まで、「僕に妹をもうけなかった親がすべて悪い、グワシ」と、自分が性犯罪者になったのは親が悪いの一点張り。「別に、小6のときに妹がほしいと言っても聞き入れられなかった親なんか不幸になっても構わない。被害に遭わせた女児には申し訳ないけど、この兄弟構成で何十年も苦しめられた僕の気持ちもわかってもらいたい。慰謝料はすべて親に払ってもらう」と、平成1桁おじさんは、刑事事件で訴えられてる一方、民事裁判で親を訴えることに。

 平成1桁おじさんが23歳のとき、民事裁判は結局負けてしまい、ついに親から勘当されることに。しかし、「扶養義務がある以上、そんな法的拘束力はないし、慰謝料はお前らが払え」と、裁判は修羅場になった。
 その半年後、刑事裁判の判決は懲役5年の実刑判決を受けた。ちなみに、女児たちにわいせつをした慰謝料は親が肩代わりしたというから、あきれて物が言えない。

 平成1桁おじさんが28歳のときに刑期を終えたが、早速女子小学生を物色し始めた。ただ、平成1桁おじさんは友人に会い、自分に小学生の娘がいて、そこで友人家族に話をして、自分の現状を説明した。
「僕は姉妹が欲しかったのに聞き入れてもらえず、しまいには性欲に勝てなくなって襲った。友人の娘を見て、取り返しのつかないことをしてしまったと。でも、時が経つと、姉妹がいない反動で女児にいたずらしたくなる。」これを聞いた友人は近くの精神科を紹介してくれて、そこでカウンセリングをすることに。

 しかし、平成1桁おじさんが29歳のときにやはり不満が爆発した。友人の女子小学生とは関係なんか持てないから、また女児を物色するしかないと。そして、岡山に遠征したとき、帰り道で見た女子小学生を連れ去った。ホテルに連れるまでは優しく振る舞い、わいせつな言葉をたくさん浴びせて快感を得て、やはりおさわりしまくり、最後は性行為。刑務所での矯正は無駄に終わった。そして5万円渡し、翌日最後に向かった先はなんと国会議事堂。
 その女子小学生とともに、国会議事堂まで向かうと、国会議事堂の前で平成1桁おじさんは奇声を上げた。「姉妹をもうけないクソ親を放置したのは政治家が悪い。僕のロリコンも性犯罪も政治家が悪い。」当然、ガードマンに止められ、その場で現行犯逮捕・・・にはならず、子供は泣き出し、その子供を人質に性犯罪兄弟構成にした親を裁け。性犯罪兄弟構成にさせられた僕は被害者だと訴えた。
 こうして6時間の人質の末、平成1桁おじさんは警察官に撃たれてしまった。断末魔「最後に、まーちゃんと関係が持ててうれしかった。僕が最初で最後に、まーちゃんを本気で愛してしまった。」そして絶命。

 このニュースは全国ネットで話題になり、ツイッターでは平成1桁おじさんの性犯罪を生んだバカ親というハッシュタグまで出る始末に。結局、岡山から国会議事堂に向かう交通費で全財産が1万円だったため、これまで女児にいたずらをしていた遺族は平成1桁おじさんの親に損害賠償を請求し、このバカ親は慰謝料払えず自己破産に。

 場面は戻り、国会議事堂。女子小学生が相次いで大人の男に襲われる、痛ましい事件を起こさないよう、性犯罪しそうだという悩みを打ち明けることができるよう「ゆがんだ兄弟構成矯正クリニック」をもうけること、子供の同意なしに特定の性の子供を作り、兄弟姉妹の性のバランスを崩した親には罰則を科す「ゆがんだ兄弟構成矯正クリニック関連法案」が全会一致で可決された。テレビを見ていた友人も、平成1桁おじさんの遺影を掲げて、「ようやく思いは叶ったよ。」

 皮肉にも、この年の流行語は「性犯罪兄弟構成」で、受賞者の故平成1桁おじさん代理の親は受賞を拒否。まもなく、このバカ親は心中してしまった。(エンドロール)

 場面は新たにできた、ゆがんだ兄弟構成矯正クリニック。そこにはなぜか小山トシオもいて、自分の性犯罪は親のせいだと、助けを求めた。マチコを冷たくしたのも、兄しか兄弟がいないせいで、マチコが離れるのが怖くて支配的になったと・・・。様々な性犯罪兄弟構成に悩む男女がやってきて悩み相談を受ける行政機関。そして、その悩み相談の裏に飾られている平成1桁おじさんの笑顔の写真。被害に遭った女子小学生は累計30人と悪質だが、それだけの息子にした親を絶対に許してはいけない。

 このスローガンでできたクリニックのおかげで、全国の性犯罪被害が前年比90%も抑えられ、平成1桁おじさんの死は、決して無駄にならなかった。今日も全国の女子小学生たちは防犯につとめるとともに、学業に遊びに励んでいた❗

2021年2月9日(火)
改行おばかなんかに負けないわ❗
皆様お待ちかねマチコサスペンス劇場だわ❗
主演:平成1桁おじじ
小学生女児に純愛を捧げた男
主題歌:感謝カンゲキ雨嵐

 場所は国会。特定の性の子供ばかりを作った親には罰則が科される「ゆがんだ兄弟構成矯正クリニック関連法案」が全会一致で可決された。そのシーンを見た平成1桁おじさんの友人は、平成1桁おじさんの遺影をテレビに向けて、「ついに夢がかなったぞ」と感激していた。

ストーリーテラー「日本では、性犯罪が起きるとよく家庭が荒れているとか、その人が育った環境に影響があると言われてきました。しかし、家庭が荒れていなくても性犯罪は誰にでも起き得ます。意外と知られていないのが、兄弟構成による、性犯罪を起こす率。特に姉妹なき男2人兄弟は最悪です。小出恵介、狩野英孝、山本圭一、山口達也。確かに未成年の少女に手を出した彼らは悪いでしょう。しかし、そんな兄弟構成にした親も、あきらかに犯罪者を生み出した犯罪者です。全国の男2人兄弟に悩む人は、是非姉妹をもうけるために、人生を捧げてはどうでしょう。性犯罪兄弟構成にした親には発言権はありません。」

 場面は代わり、平成1桁おじさんが20歳。あるテレビドラマで男が女子小学生を神社の裏に連れていき、いかがわしいことをするシーンを見かける。そのシーンを見て、興奮してきた。ただ、通りがかりの女子小学生を襲う勇気がなかったので、仕方なくオリエント工業でロリコン用ラブドールを買い、いたずらをしていた。ちなみに平成1桁おじさんには弟が1人いる。

 平成1桁おじさんが21歳のとき、故郷山形で帰宅途中の女子小学生を見かけ、人がいないことを、いいことに胸や局部を触りまくった。突然の出来事に女児は叫ぶこともできず、平成1桁おじさんは触り済んだら、さっさと逃げていった。こうして山形県内だけで10件の被害が出てしまった。
 そんなことがあり、山形県内に防犯カメラを設置したこともあり、山形県内ではこの事件が起きることはなかった。
 しかし、平成1件おじさんは北海道遠征をしていた。女子小学生にわいせつをする遠征に。北海道でも同様に女子小学生へのわいせつ事件を起こす。「女子小学生は、大人の女やJKと違って胸は小さくてプニプニする、グワシ。」

 そして平成1件おじさんが実家に帰ると、自分の部屋にあったロリコンラブドールを、弟が勝手に使って射精したらしい。平成1桁おじさんは怒って、ラブドールを捨て、実家を飛び出した。そして栃木に引っ越し、弟を夜の郡山に呼び出し、そこで弟を刺殺してしまう。

 翌日、ニュースが流れるが、平成1桁おじさんは黒磯にいた。そこで女子小学生を一人連れ去り、ホテルでみだらなことをしていた。こうして、平成1桁おじさんは女子小学生に中●しをして気がすんだのか、3万円渡して帰っていった。しかし、こんな生活も長くは続かない。

 平成1桁おじさんが22歳になって3日後、児童福祉法違反と殺人容疑で逮捕された。しかし、平成1桁おじさんは最後まで、「僕に妹をもうけなかった親がすべて悪い、グワシ」と、自分が性犯罪者になったのは親が悪いの一点張り。「別に、小6のときに妹がほしいと言っても聞き入れられなかった親なんか不幸になっても構わない。被害に遭わせた女児には申し訳ないけど、この兄弟構成で何十年も苦しめられた僕の気持ちもわかってもらいたい。慰謝料はすべて親に払ってもらう」と、平成1桁おじさんは、刑事事件で訴えられてる一方、民事裁判で親を訴えることに。

 平成1桁おじさんが23歳のとき、民事裁判は結局負けてしまい、ついに親から勘当されることに。しかし、「扶養義務がある以上、そんな法的拘束力はないし、慰謝料はお前らが払え」と、裁判は修羅場になった。
 その半年後、刑事裁判の判決は懲役5年の実刑判決を受けた。ちなみに、女児たちにわいせつをした慰謝料は親が肩代わりしたというから、あきれて物が言えない。

 平成1桁おじさんが28歳のときに刑期を終えたが、早速女子小学生を物色し始めた。ただ、平成1桁おじさんは友人に会い、自分に小学生の娘がいて、そこで友人家族に話をして、自分の現状を説明した。
「僕は姉妹が欲しかったのに聞き入れてもらえず、しまいには性欲に勝てなくなって襲った。友人の娘を見て、取り返しのつかないことをしてしまったと。でも、時が経つと、姉妹がいない反動で女児にいたずらしたくなる。」これを聞いた友人は近くの精神科を紹介してくれて、そこでカウンセリングをすることに。

 しかし、平成1桁おじさんが29歳のときにやはり不満が爆発した。友人の女子小学生とは関係なんか持てないから、また女児を物色するしかないと。そして、岡山に遠征したとき、帰り道で見た女子小学生を連れ去った。ホテルに連れるまでは優しく振る舞い、わいせつな言葉をたくさん浴びせて快感を得て、やはりおさわりしまくり、最後は性行為。刑務所での矯正は無駄に終わった。そして5万円渡し、翌日最後に向かった先はなんと国会議事堂。
 その女子小学生とともに、国会議事堂まで向かうと、国会議事堂の前で平成1桁おじさんは奇声を上げた。「姉妹をもうけないクソ親を放置したのは政治家が悪い。僕のロリコンも性犯罪も政治家が悪い。」当然、ガードマンに止められ、その場で現行犯逮捕・・・にはならず、子供は泣き出し、その子供を人質に性犯罪兄弟構成にした親を裁け。性犯罪兄弟構成にさせられた僕は被害者だと訴えた。
 こうして6時間の人質の末、平成1桁おじさんは警察官に撃たれてしまった。断末魔「最後に、まーちゃんと関係が持ててうれしかった。僕が最初で最後に、まーちゃんを本気で愛してしまった。」そして絶命。

 このニュースは全国ネットで話題になり、ツイッターでは平成1桁おじさんの性犯罪を生んだバカ親というハッシュタグまで出る始末に。結局、岡山から国会議事堂に向かう交通費で全財産が1万円だったため、これまで女児にいたずらをしていた遺族は平成1桁おじさんの親に損害賠償を請求し、このバカ親は慰謝料払えず自己破産に。

 場面は戻り、国会議事堂。女子小学生が相次いで大人の男に襲われる、痛ましい事件を起こさないよう、性犯罪しそうだという悩みを打ち明けることができるよう「ゆがんだ兄弟構成矯正クリニック」をもうけること、子供の同意なしに特定の性の子供を作り、兄弟姉妹の性のバランスを崩した親には罰則を科す「ゆがんだ兄弟構成矯正クリニック関連法案」が全会一致で可決された。テレビを見ていた友人も、平成1桁おじさんの遺影を掲げて、「ようやく思いは叶ったよ。」

 皮肉にも、この年の流行語は「性犯罪兄弟構成」で、受賞者の故平成1桁おじさん代理の親は受賞を拒否。まもなく、このバカ親は心中してしまった。(エンドロール)

 場面は新たにできた、ゆがんだ兄弟構成矯正クリニック。そこにはなぜか小山トシオもいて、自分の性犯罪は親のせいだと、助けを求めた。マチコを冷たくしたのも、兄しか兄弟がいないせいで、マチコが離れるのが怖くて支配的になったと・・・。様々な性犯罪兄弟構成に悩む男女がやってきて悩み相談を受ける行政機関。そして、その悩み相談の裏に飾られている平成1桁おじさんの笑顔の写真。被害に遭った女子小学生は累計30人と悪質だが、それだけの息子にした親を絶対に許してはいけない。

 このスローガンでできたクリニックのおかげで、全国の性犯罪被害が前年比90%も抑えられ、平成1桁おじさんの死は、決して無駄にならなかった。今日も全国の女子小学生たちは防犯につとめるとともに、学業に遊びに励んでいた❗

2021年2月9日(火)
改行おばかなんかに負けないわ❗
皆様お待ちかねマチコサスペンス劇場だわ❗
主演:平成1桁おじじ
小学生女児に純愛を捧げた男
主題歌:感謝カンゲキ雨嵐

 場所は国会。特定の性の子供ばかりを作った親には罰則が科される「ゆがんだ兄弟構成矯正クリニック関連法案」が全会一致で可決された。そのシーンを見た平成1桁おじさんの友人は、平成1桁おじさんの遺影をテレビに向けて、「ついに夢がかなったぞ」と感激していた。

ストーリーテラー「日本では、性犯罪が起きるとよく家庭が荒れているとか、その人が育った環境に影響があると言われてきました。しかし、家庭が荒れていなくても性犯罪は誰にでも起き得ます。意外と知られていないのが、兄弟構成による、性犯罪を起こす率。特に姉妹なき男2人兄弟は最悪です。小出恵介、狩野英孝、山本圭一、山口達也。確かに未成年の少女に手を出した彼らは悪いでしょう。しかし、そんな兄弟構成にした親も、あきらかに犯罪者を生み出した犯罪者です。全国の男2人兄弟に悩む人は、是非姉妹をもうけるために、人生を捧げてはどうでしょう。性犯罪兄弟構成にした親には発言権はありません。」

 場面は代わり、平成1桁おじさんが20歳。あるテレビドラマで男が女子小学生を神社の裏に連れていき、いかがわしいことをするシーンを見かける。そのシーンを見て、興奮してきた。ただ、通りがかりの女子小学生を襲う勇気がなかったので、仕方なくオリエント工業でロリコン用ラブドールを買い、いたずらをしていた。ちなみに平成1桁おじさんには弟が1人いる。

 平成1桁おじさんが21歳のとき、故郷山形で帰宅途中の女子小学生を見かけ、人がいないことを、いいことに胸や局部を触りまくった。突然の出来事に女児は叫ぶこともできず、平成1桁おじさんは触り済んだら、さっさと逃げていった。こうして山形県内だけで10件の被害が出てしまった。
 そんなことがあり、山形県内に防犯カメラを設置したこともあり、山形県内ではこの事件が起きることはなかった。
 しかし、平成1件おじさんは北海道遠征をしていた。女子小学生にわいせつをする遠征に。北海道でも同様に女子小学生へのわいせつ事件を起こす。「女子小学生は、大人の女やJKと違って胸は小さくてプニプニする、グワシ。」

 そして平成1件おじさんが実家に帰ると、自分の部屋にあったロリコンラブドールを、弟が勝手に使って射精したらしい。平成1桁おじさんは怒って、ラブドールを捨て、実家を飛び出した。そして栃木に引っ越し、弟を夜の郡山に呼び出し、そこで弟を刺殺してしまう。

 翌日、ニュースが流れるが、平成1桁おじさんは黒磯にいた。そこで女子小学生を一人連れ去り、ホテルでみだらなことをしていた。こうして、平成1桁おじさんは女子小学生に中●しをして気がすんだのか、3万円渡して帰っていった。しかし、こんな生活も長くは続かない。

 平成1桁おじさんが22歳になって3日後、児童福祉法違反と殺人容疑で逮捕された。しかし、平成1桁おじさんは最後まで、「僕に妹をもうけなかった親がすべて悪い、グワシ」と、自分が性犯罪者になったのは親が悪いの一点張り。「別に、小6のときに妹がほしいと言っても聞き入れられなかった親なんか不幸になっても構わない。被害に遭わせた女児には申し訳ないけど、この兄弟構成で何十年も苦しめられた僕の気持ちもわかってもらいたい。慰謝料はすべて親に払ってもらう」と、平成1桁おじさんは、刑事事件で訴えられてる一方、民事裁判で親を訴えることに。

 平成1桁おじさんが23歳のとき、民事裁判は結局負けてしまい、ついに親から勘当されることに。しかし、「扶養義務がある以上、そんな法的拘束力はないし、慰謝料はお前らが払え」と、裁判は修羅場になった。
 その半年後、刑事裁判の判決は懲役5年の実刑判決を受けた。ちなみに、女児たちにわいせつをした慰謝料は親が肩代わりしたというから、あきれて物が言えない。

 平成1桁おじさんが28歳のときに刑期を終えたが、早速女子小学生を物色し始めた。ただ、平成1桁おじさんは友人に会い、自分に小学生の娘がいて、そこで友人家族に話をして、自分の現状を説明した。
「僕は姉妹が欲しかったのに聞き入れてもらえず、しまいには性欲に勝てなくなって襲った。友人の娘を見て、取り返しのつかないことをしてしまったと。でも、時が経つと、姉妹がいない反動で女児にいたずらしたくなる。」これを聞いた友人は近くの精神科を紹介してくれて、そこでカウンセリングをすることに。

 しかし、平成1桁おじさんが29歳のときにやはり不満が爆発した。友人の女子小学生とは関係なんか持てないから、また女児を物色するしかないと。そして、岡山に遠征したとき、帰り道で見た女子小学生を連れ去った。ホテルに連れるまでは優しく振る舞い、わいせつな言葉をたくさん浴びせて快感を得て、やはりおさわりしまくり、最後は性行為。刑務所での矯正は無駄に終わった。そして5万円渡し、翌日最後に向かった先はなんと国会議事堂。
 その女子小学生とともに、国会議事堂まで向かうと、国会議事堂の前で平成1桁おじさんは奇声を上げた。「姉妹をもうけないクソ親を放置したのは政治家が悪い。僕のロリコンも性犯罪も政治家が悪い。」当然、ガードマンに止められ、その場で現行犯逮捕・・・にはならず、子供は泣き出し、その子供を人質に性犯罪兄弟構成にした親を裁け。性犯罪兄弟構成にさせられた僕は被害者だと訴えた。
 こうして6時間の人質の末、平成1桁おじさんは警察官に撃たれてしまった。断末魔「最後に、まーちゃんと関係が持ててうれしかった。僕が最初で最後に、まーちゃんを本気で愛してしまった。」そして絶命。

 このニュースは全国ネットで話題になり、ツイッターでは平成1桁おじさんの性犯罪を生んだバカ親というハッシュタグまで出る始末に。結局、岡山から国会議事堂に向かう交通費で全財産が1万円だったため、これまで女児にいたずらをしていた遺族は平成1桁おじさんの親に損害賠償を請求し、このバカ親は慰謝料払えず自己破産に。

 場面は戻り、国会議事堂。女子小学生が相次いで大人の男に襲われる、痛ましい事件を起こさないよう、性犯罪しそうだという悩みを打ち明けることができるよう「ゆがんだ兄弟構成矯正クリニック」をもうけること、子供の同意なしに特定の性の子供を作り、兄弟姉妹の性のバランスを崩した親には罰則を科す「ゆがんだ兄弟構成矯正クリニック関連法案」が全会一致で可決された。テレビを見ていた友人も、平成1桁おじさんの遺影を掲げて、「ようやく思いは叶ったよ。」

 皮肉にも、この年の流行語は「性犯罪兄弟構成」で、受賞者の故平成1桁おじさん代理の親は受賞を拒否。まもなく、このバカ親は心中してしまった。(エンドロール)

 場面は新たにできた、ゆがんだ兄弟構成矯正クリニック。そこにはなぜか小山トシオもいて、自分の性犯罪は親のせいだと、助けを求めた。マチコを冷たくしたのも、兄しか兄弟がいないせいで、マチコが離れるのが怖くて支配的になったと・・・。様々な性犯罪兄弟構成に悩む男女がやってきて悩み相談を受ける行政機関。そして、その悩み相談の裏に飾られている平成1桁おじさんの笑顔の写真。被害に遭った女子小学生は累計30人と悪質だが、それだけの息子にした親を絶対に許してはいけない。

 このスローガンでできたクリニックのおかげで、全国の性犯罪被害が前年比90%も抑えられ、平成1桁おじさんの死は、決して無駄にならなかった。今日も全国の女子小学生たちは防犯につとめるとともに、学業に遊びに励んでいた❗

2021年2月9日(火)
改行おばかなんかに負けないわ❗
皆様お待ちかねマチコサスペンス劇場だわ❗
主演:平成1桁おじじ
小学生女児に純愛を捧げた男
主題歌:感謝カンゲキ雨嵐

 場所は国会。特定の性の子供ばかりを作った親には罰則が科される「ゆがんだ兄弟構成矯正クリニック関連法案」が全会一致で可決された。そのシーンを見た平成1桁おじさんの友人は、平成1桁おじさんの遺影をテレビに向けて、「ついに夢がかなったぞ」と感激していた。

ストーリーテラー「日本では、性犯罪が起きるとよく家庭が荒れているとか、その人が育った環境に影響があると言われてきました。しかし、家庭が荒れていなくても性犯罪は誰にでも起き得ます。意外と知られていないのが、兄弟構成による、性犯罪を起こす率。特に姉妹なき男2人兄弟は最悪です。小出恵介、狩野英孝、山本圭一、山口達也。確かに未成年の少女に手を出した彼らは悪いでしょう。しかし、そんな兄弟構成にした親も、あきらかに犯罪者を生み出した犯罪者です。全国の男2人兄弟に悩む人は、是非姉妹をもうけるために、人生を捧げてはどうでしょう。性犯罪兄弟構成にした親には発言権はありません。」

 場面は代わり、平成1桁おじさんが20歳。あるテレビドラマで男が女子小学生を神社の裏に連れていき、いかがわしいことをするシーンを見かける。そのシーンを見て、興奮してきた。ただ、通りがかりの女子小学生を襲う勇気がなかったので、仕方なくオリエント工業でロリコン用ラブドールを買い、いたずらをしていた。ちなみに平成1桁おじさんには弟が1人いる。

 平成1桁おじさんが21歳のとき、故郷山形で帰宅途中の女子小学生を見かけ、人がいないことを、いいことに胸や局部を触りまくった。突然の出来事に女児は叫ぶこともできず、平成1桁おじさんは触り済んだら、さっさと逃げていった。こうして山形県内だけで10件の被害が出てしまった。
 そんなことがあり、山形県内に防犯カメラを設置したこともあり、山形県内ではこの事件が起きることはなかった。
 しかし、平成1件おじさんは北海道遠征をしていた。女子小学生にわいせつをする遠征に。北海道でも同様に女子小学生へのわいせつ事件を起こす。「女子小学生は、大人の女やJKと違って胸は小さくてプニプニする、グワシ。」

 そして平成1件おじさんが実家に帰ると、自分の部屋にあったロリコンラブドールを、弟が勝手に使って射精したらしい。平成1桁おじさんは怒って、ラブドールを捨て、実家を飛び出した。そして栃木に引っ越し、弟を夜の郡山に呼び出し、そこで弟を刺殺してしまう。

 翌日、ニュースが流れるが、平成1桁おじさんは黒磯にいた。そこで女子小学生を一人連れ去り、ホテルでみだらなことをしていた。こうして、平成1桁おじさんは女子小学生に中●しをして気がすんだのか、3万円渡して帰っていった。しかし、こんな生活も長くは続かない。

 平成1桁おじさんが22歳になって3日後、児童福祉法違反と殺人容疑で逮捕された。しかし、平成1桁おじさんは最後まで、「僕に妹をもうけなかった親がすべて悪い、グワシ」と、自分が性犯罪者になったのは親が悪いの一点張り。「別に、小6のときに妹がほしいと言っても聞き入れられなかった親なんか不幸になっても構わない。被害に遭わせた女児には申し訳ないけど、この兄弟構成で何十年も苦しめられた僕の気持ちもわかってもらいたい。慰謝料はすべて親に払ってもらう」と、平成1桁おじさんは、刑事事件で訴えられてる一方、民事裁判で親を訴えることに。

 平成1桁おじさんが23歳のとき、民事裁判は結局負けてしまい、ついに親から勘当されることに。しかし、「扶養義務がある以上、そんな法的拘束力はないし、慰謝料はお前らが払え」と、裁判は修羅場になった。
 その半年後、刑事裁判の判決は懲役5年の実刑判決を受けた。ちなみに、女児たちにわいせつをした慰謝料は親が肩代わりしたというから、あきれて物が言えない。

 平成1桁おじさんが28歳のときに刑期を終えたが、早速女子小学生を物色し始めた。ただ、平成1桁おじさんは友人に会い、自分に小学生の娘がいて、そこで友人家族に話をして、自分の現状を説明した。
「僕は姉妹が欲しかったのに聞き入れてもらえず、しまいには性欲に勝てなくなって襲った。友人の娘を見て、取り返しのつかないことをしてしまったと。でも、時が経つと、姉妹がいない反動で女児にいたずらしたくなる。」これを聞いた友人は近くの精神科を紹介してくれて、そこでカウンセリングをすることに。

 しかし、平成1桁おじさんが29歳のときにやはり不満が爆発した。友人の女子小学生とは関係なんか持てないから、また女児を物色するしかないと。そして、岡山に遠征したとき、帰り道で見た女子小学生を連れ去った。ホテルに連れるまでは優しく振る舞い、わいせつな言葉をたくさん浴びせて快感を得て、やはりおさわりしまくり、最後は性行為。刑務所での矯正は無駄に終わった。そして5万円渡し、翌日最後に向かった先はなんと国会議事堂。
 その女子小学生とともに、国会議事堂まで向かうと、国会議事堂の前で平成1桁おじさんは奇声を上げた。「姉妹をもうけないクソ親を放置したのは政治家が悪い。僕のロリコンも性犯罪も政治家が悪い。」当然、ガードマンに止められ、その場で現行犯逮捕・・・にはならず、子供は泣き出し、その子供を人質に性犯罪兄弟構成にした親を裁け。性犯罪兄弟構成にさせられた僕は被害者だと訴えた。
 こうして6時間の人質の末、平成1桁おじさんは警察官に撃たれてしまった。断末魔「最後に、まーちゃんと関係が持ててうれしかった。僕が最初で最後に、まーちゃんを本気で愛してしまった。」そして絶命。

 このニュースは全国ネットで話題になり、ツイッターでは平成1桁おじさんの性犯罪を生んだバカ親というハッシュタグまで出る始末に。結局、岡山から国会議事堂に向かう交通費で全財産が1万円だったため、これまで女児にいたずらをしていた遺族は平成1桁おじさんの親に損害賠償を請求し、このバカ親は慰謝料払えず自己破産に。

 場面は戻り、国会議事堂。女子小学生が相次いで大人の男に襲われる、痛ましい事件を起こさないよう、性犯罪しそうだという悩みを打ち明けることができるよう「ゆがんだ兄弟構成矯正クリニック」をもうけること、子供の同意なしに特定の性の子供を作り、兄弟姉妹の性のバランスを崩した親には罰則を科す「ゆがんだ兄弟構成矯正クリニック関連法案」が全会一致で可決された。テレビを見ていた友人も、平成1桁おじさんの遺影を掲げて、「ようやく思いは叶ったよ。」

 皮肉にも、この年の流行語は「性犯罪兄弟構成」で、受賞者の故平成1桁おじさん代理の親は受賞を拒否。まもなく、このバカ親は心中してしまった。(エンドロール)

 場面は新たにできた、ゆがんだ兄弟構成矯正クリニック。そこにはなぜか小山トシオもいて、自分の性犯罪は親のせいだと、助けを求めた。マチコを冷たくしたのも、兄しか兄弟がいないせいで、マチコが離れるのが怖くて支配的になったと・・・。様々な性犯罪兄弟構成に悩む男女がやってきて悩み相談を受ける行政機関。そして、その悩み相談の裏に飾られている平成1桁おじさんの笑顔の写真。被害に遭った女子小学生は累計30人と悪質だが、それだ
投稿者:美少女マチコ 2021-03-26 11:07:46
小山登志夫死ね
投稿者:大石麻由子 2021-02-13 18:34:30
↓だからあの糞餓鬼は相手にすんなってんだよ!!結婚するんだよ!!さっさと着替えろ!!十二単だよ!!十二単って何て読むか分かるか?分からんかったら馬鹿だぞ!!
投稿者:名無し 2021-02-12 23:04:22
このサイトは無料でマチコサスペンス劇場が見れて、いたれりつくせりだわ❗

2021年2月9日(火)
主演:平成1桁おじさん
小学生女児に純愛を捧げた男
主題歌:感謝カンゲキ雨嵐

 場所は国会。特定の性の子供ばかりを作った親には罰則が科される「ゆがんだ兄弟構成矯正クリニック関連法案」が全会一致で可決された。そのシーンを見た平成1桁おじさんの友人は、平成1桁おじさんの遺影をテレビに向けて、「ついに夢がかなったぞ」と感激していた。

ストーリーテラー「日本では、性犯罪が起きるとよく家庭が荒れているとか、その人が育った環境に影響があると言われてきました。しかし、家庭が荒れていなくても性犯罪は誰にでも起き得ます。意外と知られていないのが、兄弟構成による、性犯罪を起こす率。特に姉妹なき男2人兄弟は最悪です。小出恵介、狩野英孝、山本圭一、山口達也。確かに未成年の少女に手を出した彼らは悪いでしょう。しかし、そんな兄弟構成にした親も、あきらかに犯罪者を生み出した犯罪者です。全国の男2人兄弟に悩む人は、是非姉妹をもうけるために、人生を捧げてはどうでしょう。性犯罪兄弟構成にした親には発言権はありません。」

 場面は代わり、平成1桁おじさんが20歳。あるテレビドラマで男が女子小学生を神社の裏に連れていき、いかがわしいことをするシーンを見かける。そのシーンを見て、興奮してきた。ただ、通りがかりの女子小学生を襲う勇気がなかったので、仕方なくオリエント工業でロリコン用ラブドールを買い、いたずらをしていた。ちなみに平成1桁おじさんには弟が1人いる。

 平成1桁おじさんが21歳のとき、故郷山形で帰宅途中の女子小学生を見かけ、人がいないことを、いいことに胸や局部を触りまくった。突然の出来事に女児は叫ぶこともできず、平成1桁おじさんは触り済んだら、さっさと逃げていった。こうして山形県内だけで10件の被害が出てしまった。
 そんなことがあり、山形県内に防犯カメラを設置したこともあり、山形県内ではこの事件が起きることはなかった。
 しかし、平成1件おじさんは北海道遠征をしていた。女子小学生にわいせつをする遠征に。北海道でも同様に女子小学生へのわいせつ事件を起こす。「女子小学生は、大人の女やJKと違って胸は小さくてプニプニする、グワシ。」

 そして平成1件おじさんが実家に帰ると、自分の部屋にあったロリコンラブドールを、弟が勝手に使って射精したらしい。平成1桁おじさんは怒って、ラブドールを捨て、実家を飛び出した。そして栃木に引っ越し、弟を夜の郡山に呼び出し、そこで弟を刺殺してしまう。

 翌日、ニュースが流れるが、平成1桁おじさんは黒磯にいた。そこで女子小学生を一人連れ去り、ホテルでみだらなことをしていた。こうして、平成1桁おじさんは女子小学生に中●しをして気がすんだのか、3万円渡して帰っていった。しかし、こんな生活も長くは続かない。

 平成1桁おじさんが22歳になって3日後、児童福祉法違反と殺人容疑で逮捕された。しかし、平成1桁おじさんは最後まで、「僕に妹をもうけなかった親がすべて悪い、グワシ」と、自分が性犯罪者になったのは親が悪いの一点張り。「別に、小6のときに妹がほしいと言っても聞き入れられなかった親なんか不幸になっても構わない。被害に遭わせた女児には申し訳ないけど、この兄弟構成で何十年も苦しめられた僕の気持ちもわかってもらいたい。慰謝料はすべて親に払ってもらう」と、平成1桁おじさんは、刑事事件で訴えられてる一方、民事裁判で親を訴えることに。

 平成1桁おじさんが23歳のとき、民事裁判は結局負けてしまい、ついに親から勘当されることに。しかし、「扶養義務がある以上、そんな法的拘束力はないし、慰謝料はお前らが払え」と、裁判は修羅場になった。
 その半年後、刑事裁判の判決は懲役5年の実刑判決を受けた。ちなみに、女児たちにわいせつをした慰謝料は親が肩代わりしたというから、あきれて物が言えない。

 平成1桁おじさんが28歳のときに刑期を終えたが、早速女子小学生を物色し始めた。ただ、平成1桁おじさんは友人に会い、自分に小学生の娘がいて、そこで友人家族に話をして、自分の現状を説明した。
「僕は姉妹が欲しかったのに聞き入れてもらえず、しまいには性欲に勝てなくなって襲った。友人の娘を見て、取り返しのつかないことをしてしまったと。でも、時が経つと、姉妹がいない反動で女児にいたずらしたくなる。」これを聞いた友人は近くの精神科を紹介してくれて、そこでカウンセリングをすることに。

 しかし、平成1桁おじさんが29歳のときにやはり不満が爆発した。友人の女子小学生とは関係なんか持てないから、また女児を物色するしかないと。そして、岡山に遠征したとき、帰り道で見た女子小学生を連れ去った。ホテルに連れるまでは優しく振る舞い、わいせつな言葉をたくさん浴びせて快感を得て、やはりおさわりしまくり、最後は性行為。刑務所での矯正は無駄に終わった。そして5万円渡し、翌日最後に向かった先はなんと国会議事堂。
 その女子小学生とともに、国会議事堂まで向かうと、国会議事堂の前で平成1桁おじさんは奇声を上げた。「姉妹をもうけないクソ親を放置したのは政治家が悪い。僕のロリコンも性犯罪も政治家が悪い。」当然、ガードマンに止められ、その場で現行犯逮捕・・・にはならず、子供は泣き出し、その子供を人質に性犯罪兄弟構成にした親を裁け。性犯罪兄弟構成にさせられた僕は被害者だと訴えた。
 こうして6時間の人質の末、平成1桁おじさんは警察官に撃たれてしまった。断末魔「最後に、まーちゃんと関係が持ててうれしかった。僕が最初で最後に、まーちゃんを本気で愛してしまった。」そして絶命。

 このニュースは全国ネットで話題になり、ツイッターでは平成1桁おじさんの性犯罪を生んだバカ親というハッシュタグまで出る始末に。結局、岡山から国会議事堂に向かう交通費で全財産が1万円だったため、これまで女児にいたずらをしていた遺族は平成1桁おじさんの親に損害賠償を請求し、このバカ親は慰謝料払えず自己破産に。

 場面は戻り、国会議事堂。女子小学生が相次いで大人の男に襲われる、痛ましい事件を起こさないよう、性犯罪しそうだという悩みを打ち明けることができるよう「ゆがんだ兄弟構成矯正クリニック」をもうけること、子供の同意なしに特定の性の子供を作り、兄弟姉妹の性のバランスを崩した親には罰則を科す「ゆがんだ兄弟構成矯正クリニック関連法案」が全会一致で可決された。テレビを見ていた友人も、平成1桁おじさんの遺影を掲げて、「ようやく思いは叶ったよ。」

 皮肉にも、この年の流行語は「性犯罪兄弟構成」で、受賞者の故平成1桁おじさん代理の親は受賞を拒否。まもなく、このバカ親は心中してしまった。(エンドロール)

 場面は新たにできた、ゆがんだ兄弟構成矯正クリニック。そこにはなぜか小山トシオもいて、自分の性犯罪は親のせいだと、助けを求めた。マチコを冷たくしたのも、兄しか兄弟がいないせいで、マチコが離れるのが怖くて支配的になったと・・・。様々な性犯罪兄弟構成に悩む男女がやってきて悩み相談を受ける行政機関。そして、その悩み相談の裏に飾られている平成1桁おじさんの笑顔の写真。被害に遭った女子小学生は累計30人と悪質だが、それだけの息子にした親を絶対に許してはいけない。

 このスローガンでできたクリニックのおかげで、全国の性犯罪被害が前年比90%も抑えられ、平成1桁おじさんの死は、決して無駄にならなかった。今日も全国の女子小学生たちは防犯につとめるとともに、学業に遊びに励んでいた❗
投稿者:美少女マチコ 2021-02-07 15:58:45
コケコッコーのおばばは、ガタがきてるんだわ❗女女会追い出すわ❗
投稿者:美少女マチコ 2020-12-17 00:03:14
まともなコメントすると邪魔されるサイトはこちらです┐(-。-;)┌
投稿者:名無し 2020-12-16 23:12:47
お前、どさくさに紛れて荒らすなよ
投稿者:名無し 2020-12-16 23:07:43
うるさいねん。
投稿者:名無し 2020-12-16 23:07:14
いやーん、まいっちんぐ❗
投稿者:平成1桁マン チーム山形 2020-12-16 23:04:57
女女会追い出すわ❗
投稿者:美少女マチコ 2020-12-16 23:03:50
最近エンドロール見て分かったのだけど、所沢の病院でロケしてたみたいでわりと近所だったから今頃びっくりした。
投稿者:名無し 2020-12-16 19:55:25
久々の投稿じゃ。毎年恒例の検査入院をしていたのじゃが、悪い所は全然無かったわい。体は大切にせんと長生き出来んからのう。女女会様は態々調べてくれたのか。手数を御掛けして申し訳ない。日本総合医療研究所附属病院は無いのじゃな。実際に有ったとしたら受付が毎回舌を噛んで大変かも知れんの。然し、この物語の脳波を詳細に読み取るセンサーは必要な時も有るじゃろうな。意思を伝えられる患者には必要無いが、意思を伝えられぬ患者も居るからの。
投稿者:孤高の老婆 2020-12-16 19:37:22
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★動画紹介★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

https://m.youtube.com/watch?v=JSpWAJ8KjQY

 交通事故にあった早坂明子(早見優)は、車を運転していた議員秘書・三宅のはからいで、日本総合医療研究所付属病院に入院することに。この病院は、患者を完全な健康体にする医療システムを研究している施設で、患者に何一つ不自由な思いをさせないために、あらゆる配慮がなされていた。明子は、このシステムに慣れ、次第に心地よさを感じるようになる。(フジテレビ引用)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

病院に洗脳されたってことかな。↓2私が尊敬する、孤高の老婆様のコメントについて、調べたところ日本総合医療研究所附属病院は実在せず、ファンサイトに出向き調べたところ、ロケ地は「所沢明生病院」とのことでした。「手には技術 頭には知識 患者様には愛を」ですから、あながち至れり尽くせりかもしれませんね。
投稿者:女女会 2020-12-12 23:03:21
患者に着けるセンサーと、看護師に着けるセンサーとは違う物みたいだね。患者に着けるセンサーは、患者のプライバシーを侵害する物以外の何物でも無く、看護師に着けるセンサーは看護師を洗脳する為の物。頭の中を覗かれて正常で居られる訳無いよ。特にオイラの頭の中なんて黴だらけの埃だらけなんだから
投稿者:世界一の一般人 2020-02-28 11:31:08
日本総合医療研究所附属病院…舌を噛み切りそうな長い名前の病院じゃな。入院するなら絶対この病院じゃ。一々あれをしてくれこれをしてくれって言わんでもしてくれる。儂はそう言う病院を待ってたんじゃ。で…何処にあるのかの?
投稿者:孤高の老婆 2019-06-24 07:20:07
FD:おそ松さぁ〜ん!!
投稿者:平成1桁マン チーム山形 2019-06-23 19:12:58
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★動画紹介★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

https://www.youtube.com/watch?v=LO3ZVIwgzgE

 交通事故にあった早坂明子(早見優)は、車を運転していた議員秘書・三宅のはからいで、日本総合医療研究所付属病院に入院することに。この病院は、患者を完全な健康体にする医療システムを研究している施設で、患者に何一つ不自由な思いをさせないために、あらゆる配慮がなされていた。明子は、このシステムに慣れ、次第に心地よさを感じるようになる。(フジテレビ引用)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
投稿者:女女会 2019-05-14 14:13:40
https://www.youtube.com/watch?v=LO3ZVIwgzgE

裏があった…。
投稿者:名無し 2019-04-27 00:54:21
美少女マチコは嫌われ者になった
投稿者:名無し 2019-01-18 00:07:52
まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗ まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗まいっちんぐ~❗
投稿者:美少女マチコ 2019-01-17 23:31:42
小山登志夫にご機嫌をとらされたの。
投稿者:美少女マチコ 2019-01-17 01:13:36
小山登志夫にいちいちいちゃもんつけられるたびに小山登志夫のご機嫌をとったもの。
投稿者:美少女マチコ 2019-01-17 01:12:16
小山登志夫と付き合ってた時、マチコは小山登志夫にいたれりつくせりだったわ。
投稿者:美少女マチコ 2019-01-17 01:10:37
小山登志夫と付き合っちゃったのは人生の汚点だわ❗
投稿者:美少女マチコ 2019-01-12 23:10:36
駄作

投稿者:名無し 2016-10-29 14:09:26
看護師のこめかみにセンサーがあったのは、看護師も最初はこの病院に入院していた患者だったんじゃ。
投稿者:名無し 2016-08-03 21:26:17
これ隠れた名作だろ
面白かった
西川忠志は結局殺されたのか気になる

投稿者:名無し 2016-04-07 03:32:24
間違えた。×:病院 ○:病気
投稿者:名無し 2016-03-18 23:34:52
多少の病院やストレスも人間には必要なのだ。
投稿者:名無し 2016-03-18 23:33:41
こめかみが光ってはいたが、それがセンサーかどうかという事は触れられていない
投稿者:名無し 2016-01-03 03:40:40
広田玲於名は巨乳
投稿者:名無し 2014-10-19 12:34:34
看護しの、こめかみにセンサーがあるのはなぜ?
投稿者:ジョーぃ 2012-09-04 21:14:42
看護しの、こめかみにセンサーがあるのはなぜ?
投稿者:ジョーぃ 2012-09-04 21:14:25
よしおさんかわいそー(ノω`;)


投稿者:福袋 2012-04-28 11:10:27
見てみたいですねー
投稿者:狂い道化 2010-07-04 19:38:12
西川忠志さんも出てました。
投稿者:シェパンダマン 2007-05-15 19:11:05
洗脳って怖い。
投稿者:PADDLE 2007-04-02 22:34:38
かなり適当
投稿者: 2007-03-26 00:05:40
あらすじ検索

キーワードを入力し、「検索する」をクリックしてください。複数のキーワードがある場合は、半角スペースで区切ってください。

クレジットカード比較の専門家
脱毛人気口コミランキング
青汁通販
車買取
車査定相場表
レーシック口コミ
FXとは
白髪染めランキング
フレッツ
楽天カード