第153話 佐藤・求む

「佐藤・求む」と書かれたチラシを
見つけた主人公の佐藤。
記された内容に従い集合場所に赴くと
親しげに扱われ「佐藤の会」会合に案内される。

「佐藤の会」とは一種の互助組織であり、
全国の「佐藤」姓の者だけが参加できる。
どこどこの「佐藤」さんにこんな事が
あったと発表されていく会合。
次第に全国の「鈴木」によって「佐藤」が
何らかの被害にあう例が報告される。
佐藤姓に愛着を覚えていた主人公は、
ライバルである「鈴木の会」に潜入し、
内部からの組織壊滅を企む任務を任される。

しかし、「鈴木の会」で出会った
一人の女性と恋に落ちる主人公。
彼女のために「佐藤」を捨てると決意する。
「鈴木」に寝返り、「佐藤の会」を潰す主人公。
「鈴木の会」で重鎮となる。
しかし主人公が恋した女性は、
実は「鈴木」ではなく「斎藤の会」から送られた刺客だった……。

[おまけ]
エンディング。
しきりに時間を気にしながら立ち去るタモリ。
何かの会合に出席しようとしているらしい。
招待状を取り出し、集合場所を確認する。
招待状には「森田の会」。

キャスト: 平田満
放送日: 1991.12.12
 

コメント投稿

名前:

コメント:

コメント一覧 (17件)

そういや、私の母方の姓が佐藤なので、妙に親近感がわいた。
投稿者:名無し 2016-02-15 01:52:34
何か若干ちがうような..
昨日CSで見たけど、佐藤の会の首謀者が
「この中に鈴木のスパイがいる!」と叫び主人公を佐藤の会に招き入れた女性が疑われ
主人公の会社のライバル鈴木と恋仲になった女性が結婚して鈴木になるというところでタモリ登場でしたよ。
投稿者:名無し 2016-01-15 14:53:32
川原和久さん(相棒の伊丹刑事)もいましたね
知っている人を脇役で見かけるのも世にもの面白さ
投稿者:ヤモリ 2015-12-24 07:46:06
あらすじ修正された方、ありがとうございます。
確かにそんなお話しでした。
放映時、裏切った女性にすんごいむかつきました。
投稿者:名無し 2015-12-19 14:10:57
時折流れるBGMがなんだか癒される。
投稿者:名無し 2015-12-18 15:43:31
エピローグ「いやぁ、よくある名字の方にはこういう苦労ってあるんでしょうねぇ。全国の佐藤さん、本当にご苦労様です。おっもう9時か、行かなきゃ。ちょっとわたくしこれから会合がありますんで失礼します」(電柱に「森田、求む」の貼り紙が)

投稿者:名無し 2015-12-17 23:08:22
刑事ドラマの相棒で伊丹役の人がいた。
投稿者:名無し 2015-12-17 22:57:12
そうそう刺客なんて書くから主人公が殺されると思って覚悟してみ
てた

投稿者:名無し 2015-12-17 22:47:01
あらすじ途中から違いますよ

主人公が佐藤の会に入ると取引先の佐藤さんに引き立てられて後輩の鈴木を出し抜けたり、チンピラに絡まれても佐藤の会カードで助かったり(チンピラも佐藤だった)良いことが続く。そして佐藤の会で出会った女性に恋をし良い感じになる。
ある日会合でこの会に鈴木の会から送られたスパイがいるという話になり、逃げ出そうとした会員達が捕まる。
「お前鈴木だったんな!」「違う田中だ」「田中のスパイか!」などと争いになる中、突然マスコミまでたくさん押し寄せて佐藤の会がめちゃくちゃに。
主人公がぐったり疲れて帰途につくと夜道で佐藤の会の恋仲の女性が待っている。
「無事でしたか。あの後大変だったんですよ、警察まで来て。佐藤の会はもうめちゃくちゃです」と駆け寄ると
「知ってます。マスコミと警察を呼んだのは私なの。
いろいろあったけど私この人と結婚することにしたんです。だから佐藤に頑張られると困るの。」
女性の隣にはなんと後輩の鈴木が!
鈴木は電柱の「佐藤求む」の張り紙をはがし「鈴木求む」に貼り替えると女性を連れて颯爽と去っていく。
呆然と取り残される主人公「そんな〜」
投稿者:名無し 2015-12-17 03:50:37
私の記憶では佐藤の会で出会い仲良くなった女性が,実は会社の同僚(後輩?ライバルだったかも?)の鈴木と婚約していて,「鈴木の会」から「佐藤の会」に送り込まれたスパイだった…という話だったような…。
投稿者:名無し 2015-12-13 23:40:58
↓本当ですか。

 では、今度行われる再放送はどっちか楽しみ・・・
投稿者:神岸協会 2015-11-20 00:57:59
これって再放送時では内容が変わっていた作品ではありませんか?

なのであらすじに違いがあるのだと思います。
投稿者:712 2012-03-28 22:52:27
僕これ動画で見ましたけど、斉藤の会なんてありましたっけ?
投稿者:勝巳 2009-09-22 09:41:13
北川悦子さん(この原作)以外に好きです。
投稿者:俊介 2007-05-07 17:17:57
あらすじ全然違いますね・・・・
『斉藤の会』なんて出てこないですよ。
最後は、『佐藤の会』でであった女性が実は『鈴木の会』にいる主人公の仕事仲間鈴木さんと付き合ってて実はその女性も鈴木で『佐藤の会』を潰して終わりです。
投稿者:k 2007-05-06 09:29:28
この撮影で使用した一部のシーンは、当時私が勤めていた会社を使ったので
最初から最後まで撮影現場を見ることができました。
(本当は見に来てはいけないと言われていたのですが、仕事がピークだと嘘をつき見に行きました(^^;)。

平田さんはとっても良い人、すばらしい人でした!
びっくりするくらい低姿勢な方で、撮影終了後にサインや写真撮影して頂いたときも
話すときはずっと丁寧な敬語でお話しをされていて
こちらが申し訳ない気持ちになってしまいました。

という、強い思い入れがあるせいもあるかもしれませんが(^^;
この話は面白かった!平田さんの配役はピッタリでしたね!

投稿者:シン 2007-04-30 12:53:59
このお話、もうひとりの次にかっこよかったです。
投稿者:シェパンディーマン 2006-10-27 23:25:55
あらすじ検索

キーワードを入力し、「検索する」をクリックしてください。複数のキーワードがある場合は、半角スペースで区切ってください。

クレジットカード比較の専門家
脱毛人気口コミランキング
青汁通販
車買取
車査定相場表
レーシック口コミ
FXとは
白髪染めランキング
フレッツ
楽天カード