第152話 まだ恋は始まらない

幼馴染の男女。
お互いに好意を持ってるのに
すれ違いを繰り返して恋仲になれないまま
離れ離れになる。

数十年後、すっかり年老いた二人は再会する。
男が告白を決意し、
明日またこの場所に来てくれるよう頼む。
承諾する女。

翌朝。二人とも現れない。
二人とも、その朝急死してしまったのだ。

二人の葬式の日。
偶然、お互いの孫が出会う。
タイトルテロップ「恋はまだはじまらない」。

キャスト: 大滝秀治
放送日: 1991.12.12
 

コメント投稿

名前:

コメント:

コメント一覧 (27件)

年齢毎に出て来るタイトルが面白かった
もう少し間を入れて長くしてくれても良かったのになあ・・
(と思うくらいが良いんでしょうかね)

投稿者:名無し 2016-11-20 17:12:51
秒速五センチメートル?
投稿者:名無し 2016-10-14 00:50:47
運命は輪廻するものなのか。
投稿者:名無し 2016-02-14 20:24:16
「突然炎のごとく」や「勝手にしやがれ」など映画のタイトルが使われたのが印象的です。
成長していくにつれてすれ違いの人生が始まり、年老いた時に再会する・・・
人生って長いようで短い

投稿者:ヤモリ 2015-12-23 21:54:13
本当だ。秋葉台公園だったのですね☆教えてくれてありがとうございました。落ち着いたら行ってみようかな。
投稿者:名無し 2015-12-18 15:42:26
公園は八王子にある秋葉台公園じゃないかな?
良い話でなんだか人生考えさせられる。
投稿者:名無し 2015-12-18 11:12:14
素敵な話でした。大滝さんがおばあちゃんの鞄に付いてた ボタンを見た時の表情がよかった。あのすごいすべり台がある公園って前にモヤさま2で見たような気がするけど違うかな。
投稿者:名無し 2015-12-17 22:51:07
年齢ごとに主人公の状態を映画や歌のタイトルが出てきて面白かった
急に第2ボタンねだられた年は「突然炎のごとく」
主人公がグレたら「理由なき反抗」
彼女が別の彼と幸せそうだと「勝手にしやがれ」だとか
投稿者:名無し 2015-12-17 02:50:38
これ、二人が生まれた日も産院も同じだったという設定でしたよね?
妙に印象に残る話でした。
投稿者:名無し 2015-11-15 00:59:19
これとても良い話でした。感動。
ロケ地の公園がどこだったのか気になってます…
投稿者:名無し 2015-11-07 22:39:20
綺麗な作品でとても感動しましたが、世にもっぽくはないかなと思いました。もう一捻り欲しかったなっていうのが本音です。
投稿者:9071490 2014-08-15 20:35:11
この話、当時見て感動しました。

もう一回見たいけど動画ないんですよね


投稿者:ryou 2012-04-20 12:56:52
このストーリーは本当に泣けました。一番、好きなストーリーです。
投稿者:泪 2012-04-18 16:43:59
この話感動しました!

動画ないかな〜
投稿者:masa 2010-06-01 13:22:01
大滝秀治さんはこういう恋の話によくでてきますね、『おじいちゃんの恋文』とかも名作で良い話です。
投稿者:K・K 2009-12-07 01:50:00
とてもいい話

僕も泣きそうでした
投稿者:あり 2009-09-21 21:11:04
とても綺麗な作品でしたね。

動画でもう一度見たいです。
投稿者:キャロライン 2009-04-12 21:12:13
もう一度見たい。
投稿者:ストレンジャー 2009-04-10 02:52:26
とにかく、味があるラブストーリー。

それだけでなく、人の一生はほんとうに短いものだと考えさせられる。大切に生きなければ。
投稿者:レンジの中のアイス 2009-03-18 04:26:18
やっぱラストのシーンで涙が・・・

いい話です。
投稿者:KM 2007-11-22 18:10:48
あらすじを見て感動しました♪

1回見てみたい!!


投稿者:由紀 2007-11-09 22:07:36
最高です。泣けます。
投稿者:ムク 2007-06-24 05:27:35
演出の勝利! 綺麗でなかなかお気に入りです。
投稿者:30代デビュー 2007-05-06 18:17:27
ボタンを欲しがったならどうにかなりそうなモンだけど、そうはいかないワケですね。老いてから成就してしまったら普通の話も、そうならないからいい。
投稿者:purple 2007-02-26 20:39:42
女性の主人公は岩本千春です。
投稿者:musabee 2007-02-25 06:13:30
彼女の方に好きな人ができて、それを知った彼がグレて道を踏み外してしまうんですよね。(その後若くして子持ちに)
彼女の方も結婚したはいいけれど、間もなく離婚したんじゃなかったかな。
じいちゃんばあちゃんになった2人の姿が微笑ましかったので、☆5つ!
投稿者:さう 2007-01-03 23:10:03
お葬式の日の青空とタイトルテロップが重なったとき、不覚にも涙がこぼれていました。
投稿者:すずめ 2006-12-07 22:04:16
あらすじ検索

キーワードを入力し、「検索する」をクリックしてください。複数のキーワードがある場合は、半角スペースで区切ってください。

クレジットカード比較の専門家
脱毛人気口コミランキング
青汁通販
車買取
車査定相場表
レーシック口コミ
FXとは
白髪染めランキング
フレッツ
楽天カード