第146話 悲鳴

暗闇を一人歩く男(佐藤浩市)。
現実と妄想をイメージした観念的な映像の連続で、ちゃんとしたストーリー
はなかったように記憶していますが、ご存じの方加筆をお願いします。
意図的に画質の粒子を粗くしたりと映像に凝っていたような記憶があります。

キャスト: 佐藤浩市
放送日: 1991.11.28
 

コメント投稿

名前:

コメント:

コメント一覧 (12件)

書き込み見ててラストが違うような
主人公佐藤浩市は妻白島靖代によく思われてないような演出があり、ラストは白島靖代がニヤリと微笑む
これは佐藤浩市の死を喜んでいるように見える
投稿者:名無し 2015-09-22 17:01:04
この話は悲しすぎます。
今詳細を見たけど2%気持ちがブルーになった
投稿者:名無し 2015-08-06 07:19:44
こうゆう最後までよくわからん系の話は初期に多くあった 葬式でシェイク啜ってる子供の顔が異様に怖かった
投稿者:ドライ 2013-01-09 15:21:29
そうそう。

小さいときのトラウマ作品です。

ほとんどストーリー覚えてないけど、血の混じったシェイクと、子供がすするシェイクと、主人公が撥ねられる際の無表情な妻と子供と、「明け方に見る夢は、正夢・・・」。

これだけがひたすら印象に残って、トラウマになった作品でした。

佐藤浩市だったんだ・・・。
投稿者:ピーター 2010-12-04 02:34:12
Feather moonのおっしゃる通り,つぐないによく似たホラーだったと思います.
投稿者:神岸協会 2010-09-13 16:27:08
佐藤浩市の髭が印象的。動画では見ていないが、画像連載で見ました。
投稿者:キノシタナオヒロ 2009-11-01 09:56:05
判明と言うか転載じゃないの?


投稿者: 2009-10-25 15:30:52
あらすじが判明したので追記。



夜道を歩いている主人公(佐藤浩市)…

そこに車が飛び込んでくる!



いつの間にか、眠っていた主人公。

気がつくと線路の上に腕が縛り付けられている。その時、突然電車がこちらに向って来る!



再び目を覚ます主人公、今度はビルの屋上にいる。そこへ誰かが彼を突き飛ばす!



またも気がつくと、今度は沼地。どこかで誰かの笑い声が聞こえる。声のする方へ向おうとする主人公だったが、底なし沼に嵌ってしまう!



布団の中で目を覚ます主人公。

「ここは……大学の時の下宿?」

起き上がった彼が布団を見ると、泥で汚れていた……。妙な不安を感じた彼は、外を覗く。そこにあるのは、葬式が行われている自分の家。自分の遺影を持った妻、そして息子。

「は?……そんな馬鹿な……俺の葬式やってやがる」

「俺はここだよ! 死んでなんかいないんだよ! いやだいやだいやだ! 俺は死んでない!」部屋の中で、妻や息子に泣き叫びながら呼びかける主人公。

彼は蜘蛛の巣だらけの廊下を歩き、下宿から出ようとする。辺りにはそんな彼を嘲笑うかのように、女子供の笑い声がこだましている。いつまで経っても出口は見えない。廊下をさ迷い続ける主人公……。



場面は代わり、公園を歩く主人公と妻、そしてラジコンで遊んでいる息子。

「私があなたの遺影を持って泣いてたってわけね」と妻。黙ってシェイクを啜る男。

「……でも、明け方に見る夢は正夢って言うから……」

突如スピードを上げて走るラジコンカー。

車道に飛び出し、ガードレールにぶつかって止まってしまう。

「危ないじゃないか」と主人公は急いで取りに走る。ふと、妻と息子の方を見る主人公。そこには不気味な表情でじっとこちらを見ている息子の姿が。そこへクラクションがけたたましく鳴り響く……。

主人公を見つめている妻と息子。歩道に撒き散らかされたシェイクに真っ赤な血が混じり、暗転……。



葬式が始まっている。遺影を持った妻。シェイクをすする息子。

「明け方に見る夢は、正夢って言うから……」

シェイクを啜る音だけが響く。



画面、ゆっくりと向かいの下宿の窓に寄る。悲しそうな目で葬式を見ている主人公の姿……。
投稿者:  2009-10-25 01:11:04
まだあらすじがはっきりしてないんですね・・・
投稿者:ぶんだばー斉藤 2009-09-21 20:56:54
旧あらすじデータベースから話をまとめると、

主人公は死にそうになる度に何度も別の場所に飛ばされる。

やがてアパートの一室で悪夢から目を覚ますが、目の前の建物が自分の家で、そこでは自分の葬式中で・・・と気付いた所でようやく本当に目が覚めた。

その後妻と息子と出かけるが、急に妻と息子が怖い顔をする。気が付いた時は主人公は車にはねられていた。(シェイクと血が混じりあっていく)

最後、主人公の葬式中息子はずっとシェイクを不気味な音を立ててすすっている。その近くのアパートの部屋から死んだはずの主人公が葬式を見ていた・・・。

といった感じです。「絶対イヤっ!」と「つぐない」、更にオチにまんが日本昔ばなしの「夜中のおとむらい」を連想させる話だったと思います。
投稿者:Feather moon 2009-06-20 23:54:51
これ、強烈に記憶に残ってます。

にもかかわらずストーリーが曖昧にしか思い出せないなと思ったらこういうストーリーだったんですね。

一番覚えているのは、主人公が車にはねられて、持っていたマックシェイクのようなものが地面にぶちまけられて、そこに血が混じりあっていくというシーンです。
投稿者:NSR 2008-12-02 16:30:05
暗闇を歩く主人公 現実と妄想が入り混じる
車にはねられたり、底なし沼にはまったり、線路に鎖で繋がれていたり、悪夢の様な状況が代わる代わる現れ、
主人公が死にそうになると次の場面に移る
が繰り返される。
色々な場所をうろついた後、主人公はアパートの一室で目が覚める。
だが彼はそこから出られない。
窓の外、遠くに妻と息子が。
必死で助けを求める主人公。
ようやく彼に気が付いた妻は……笑顔で手を振る。

「どうして……」

最後、主人公の葬式の場面でエンドロール

投稿者:人造人間18号 2007-05-12 21:39:54
あらすじ検索

キーワードを入力し、「検索する」をクリックしてください。複数のキーワードがある場合は、半角スペースで区切ってください。

クレジットカード比較の専門家
脱毛人気口コミランキング
青汁通販
車買取
車査定相場表
レーシック口コミ
FXとは
白髪染めランキング
フレッツ
楽天カード