第131話 死にたくない

ひなびた山中の旅館。
以前女性の自殺者を出してしまってから
評判が落ちて閑古鳥が鳴いている。
そこに、宿泊を希望する
一見の一人旅の女性が現れる。
彼女も自殺するのではないかと危惧する
旅館の女将と仲居は、
彼女の挙動に注意することにした。

部屋で寛いでいた女性だったが、
何かと理由をつけて覗きに来る女将や
やたら付きまとう仲居を不審に思う。
やがて、この辺りに鬼婆伝説が
広く知られていることを思い出し、
あの二人は鬼婆なのではないか
自分を殺そうとして監視しているのではないか
と思うようになる。

夜中。そっと旅館を抜け出す女性。
鬼婆の犠牲になる前に逃げ出そうとする。
女性が抜け出したことに気付く女将と仲居。
自殺を止めるため夜着のまま裸足で駆け出す。
背後から呼びかけられる女性。
振り向くとざんばら髪で追いかける二人。
女性はやはり鬼婆と確信し、スピードを上げる。
谷に出てしまい、吊橋を渡り始める女性。
吊橋の前で止まる二人。
この橋は老朽化がひどく、通行禁止となっていたのだ。

橋の半ば迄来て動きが取れなくなる女性。
橋の手前、女将と仲居が呼びかける。
「ね、こっちにいらっしゃい。話せばわかる」
「そうよ、若いのに自殺なんて考えないで」
「だ、誰が自殺なんか……」
「ごまかさなくてもいいのよ、心配しないで」
意を決して一歩を踏み出す仲居。
「いや、来ないで!」
恐怖の余り後じさりする女性の足元で板が割れる。
バランスを崩して谷底に落ちていく女性。
「いやぁ、死にたくなーいー……」
エコーする女性の声。

顔を見合わせ溜息をつく女将と仲居。
「あーあ、なんでうちばっかりこうなるんでしょうねぇ……」
「本当にねぇ……」

キャスト: 石田ひかり/片桐はいり
放送日: 1991.10.24
 

コメント投稿

名前:

コメント:

コメント一覧 (11件)

この話で思い出した話。ボーちゃん溺死ww
投稿者:名無し 2017-10-09 08:37:47
怖い
投稿者:名無し 2017-06-17 07:38:25
あまり面白くない
投稿者:んんん 2010-07-04 09:57:09
ん〜ちょっと面白くない
投稿者:否定 2009-09-21 20:15:23
ターミネーターのBGMが使われていました。
投稿者:区間快速! 2008-08-01 01:12:20
少し気持ち悪いシーンがあった。
投稿者:ザンバラ 2007-09-28 21:50:44
最後に「死にたくない」って言わなかった気がする。
投稿者:たりも 2007-08-05 23:13:47
当時の主人公は髪が長く、数年後のナニワ金融道ではショート。



あと、世にものエンドロールが山から出てきた。

お墓参り、サイゴノヒトトキ、3日間だけのエースのように、ただエンドロールを表示させるだけという単純なものを脱している点で世にもの多様性を感じる。
投稿者:くまっち 2007-08-05 00:18:49
コナン馬鹿か?
ちがう、これは人の思い込みが人を滅ぼすってことよ
投稿者:h 2007-02-09 17:09:01
オチは本当に鬼婆なのか人間なのか?というオチ
投稿者:コナン 2006-11-23 18:43:08
今、十何年ぶりに「世にも」にこんな話があったなあ〜(たぶん幼稚園の時)と記憶が蘇り感動してます。
投稿者: 2006-10-13 01:52:22
あらすじ検索

キーワードを入力し、「検索する」をクリックしてください。複数のキーワードがある場合は、半角スペースで区切ってください。

クレジットカード比較の専門家
脱毛人気口コミランキング
青汁通販
車買取
車査定相場表
レーシック口コミ
FXとは
白髪染めランキング
フレッツ
楽天カード