第123話 冗費節減

主人公・山崎の勤める会社では全社挙げて冗費節減に励んでいた。

オフィス。
ぶつくさ言いながらミスコピーを裁断してメモ用紙を作る山崎たち。上司が怒鳴る。
「山崎!来い!」

社員教育ビデオ。
男がポケットから煙草を取り出して口に咥え、次にライターを取り出して火をつける。→【時間がかかる】というキャプション
両手で煙草とライターを同時に取り出し、咥えると同時に火をつける。→【時間がかからない】

会議室。
「・・・つまりそのぉ、何といいますかぁ・・・」だらだらとプレゼンをする中年社員。
重役が顔をしかめて言う。
「会議の時間がもったいない。言葉も冗費節減しなければ。お前はクビ、いや、『ク』だ。」
社員教育ビデオ。
喫茶店で注文「アイスミルクティーください」→【大変時間がかかる】
「アイミティーください」→【まだ時間がかかる】
「ア」→【時間がかからない】

オフィス。
「ヤマ!コ!」上司の怒鳴り声も省略語になっている。
「☆★○●はスベケツか?」
「は?・・・ケ、ケツです!」訳も分からず答える山崎。

その夜、酒場で同僚の女性に愚痴る山崎。しかし彼女はすっかり状況に順応している。
「スベケツ」は「全て解決」の意味と知らされて青くなる山崎。「解決なんてしてないよ・・・」
彼女に言われてしぶしぶ省略語の練習をする山崎。野菜サンドを指して「これは?」「・・・ヤ、ヤーサン」「・・・ま、いいでしょ。」
野菜サンドをかじって顔をしかめる山崎「おい、このヤーサンおかしいよ!」そのとたん後ろの席にいた本物のヤクザに殴られる。

オフィス。
社内放送で社長が演説している。
「ワシャ、トウキ!」(わが社は倒産の危機にある!)
危機を乗り越えるためにいっそう冗費節減に励むように、と(省略語で)言う社長の言葉に涙を流して頷く社員たち。山崎だけがついていけない。
その夜、山崎は歓楽街でクビになった中年社員と再会した。彼はホームレスになって酒に溺れていた。「家族にも冗費節減されちゃったよ」
泣き崩れる山崎。

オフィスはもやは異様な空間と化していた。早足で行き交い、省略語で会話する社員達。とうとう我慢できなくなった山崎が叫ぶ。
「みんないい加減にしろよ!こんなのおかしいよ!人間には無駄も必要なんだよ!」
一瞬空気が凍りつく。次の瞬間、フロアの全員が厳しい顔で詰め寄ってくる。気圧されて回転椅子にへたり込みながらも言い返す山崎。
「ヤマ!」
「俺は山崎だ!省略するな!」
「◎◇◆□■!」
「だから省略するなって!全然分からないんだよ!」
「冗費節減!」
「あ、それは分かる」
社員たちが山崎を押す。椅子に乗ったまま後ろ向きに滑っていく山崎。その背後に窓・・・。

社員教育ビデオ。
息を切らして階段を駆け降りる山崎→【大変時間がかかる】
エレベーターに駆け込む山崎→【まだ時間がかかる】
地面に向けて落下していく山崎→【時間がかからない】
(あらすじ作成:踏蹟さんThanks!)

キャスト: 嶋大輔/渡辺典子
放送日: 1991.9.19
 

コメント投稿

名前:

コメント:

コメント一覧 (38件)

↓だよね。
幾ら時間がかからずに降りられても死んだら意味ないじゃん!
投稿者:小春 2017-04-25 12:51:45
社員教育ビデオの最後の落下は命より時間の方が大事だとでも言いたいのか。
投稿者:名無し 2017-04-25 01:15:55
上司役はエド山口っていうの?この人、つまらない男っていう話にも出てたような
投稿者:名無し 2017-04-23 16:09:53
環境に適応できない(ってかする気がない)人が逆切れしてるようにしか見えなかったなあ…
投稿者:名無し 2017-03-14 04:29:24
初見で見た際はほんとに台詞が分かりづらい。リメイクする際は字幕をつけて分かりやすくしてほしい。

しかし、主人公をビルの窓に落とす社員たちを見て末恐ろしい狂気を感じたね。
投稿者:名無し議員 2016-10-25 14:26:35
チャップリンみたいな風刺を感じる作品だな。
あとコメント欄のエスカレーターが脈絡なさ過ぎてウケた
投稿者:名無し 2016-04-07 22:01:01
オフィスビルでエスカレーターってあんまり見ないような。
てか物語の主題はそこじゃないだろうに
投稿者:名無し 2016-04-04 16:14:38
昔は単純に言葉を短縮してたから出来た話だな
90年代後半のコギャルや2000年代入ってからのネットが生み出した言葉は、短縮じゃなくて別の言葉になってたりするし

それはそうと会社や店など、どの階でも人の乗り降りが多い建物でのエレベーターは、ヘタすると階段より時間が掛かる
投稿者:名無し 2016-03-25 09:06:01
怖かった1回で十分見たもう見たくないくらいむちゃくちゃな物語でした。
投稿者:Kota 2016-02-26 20:30:40
小春さん、発達障害とか言われてかわいそうだよ(・_・;)
投稿者:名無し 2016-02-14 16:51:08
サンドイッチマンの富澤じゃないけど、何言ってんのか分からない話だった。
投稿者:名無し 2016-02-06 16:35:20
↓奇妙な世界を現実の世界でのものさしで語ったのは間違いだったけど、いずれにしても階段とエレベーターの間にエスカレーターって段階が有るのにと思ったけど、考えてみりゃ登りのエスカレーターに乗ってさらに登り歩くことは有っても下りのエスカレーターに乗って歩いて降りるってあんまり見かけないし、まして駆け降りたりしたら事故につながるよね。
登りのエスカレーターでは歩いて登る人の為に歩かないで乗る人が、わざわざ左に寄って右にスペースを作るってよく有るけど、下りじゃ確かに見かけたことないね。
だけど小春、発達障害じゃありません。
投稿者:小春 2016-02-05 23:15:21
>小春 2016-02-04 19:56:31
別の世界の出来事を
自分の常識で語るのは発達障害なんだろうな
投稿者:名無し 2016-02-05 14:03:45
社員研修ビデオで流れてたレッキングクルー(ファミコン)のBGMが懐かしい。
投稿者:学生 2016-02-04 20:24:48
階段とエレベーターの間にエスカレーターってのが有るだろと思った。
自殺行為でない限り地面に向かって落下するってあり得ないから
階段を駆け降りる→大変時間がかかる。
下りのエスカレーターを駆け降りる→まだ時間がかかる。
エレベーターで降りる。→時間がかからない。
この三段階だろ。

投稿者:小春 2016-02-04 19:56:31
ワシャ、マゾ!
ワシャ、サド!
投稿者:名無し 2016-02-04 19:20:47
最終的には暗号のようになっていますね
投稿者:ヤモリ 2016-01-23 22:32:30
CSだけど近々再放送するみたいなので楽しみです。
投稿者:名無し 2016-01-09 14:29:54
最後怖かった〜(消えろと上司が言った後主人公がビルに転落するシーン)こういう省略言葉を使うと意味がわからなくなります。
投稿者:kota 2015-11-27 20:09:51
覚えてる〜♪
題名わからなかったのでスッキリしました!

周りが略語だらけになりついてけないという表情が印象深いです。
世にもらしい作品ですね
投稿者:名無し 2015-11-13 23:28:21
日本語ではなく、別の言語に吹き替えられているのかと思ったほど、面白いというよりは、見ていてイライラしてしまいました。
投稿者:名無し 2015-09-08 16:45:37
マリオの曲だったような気がする
投稿者:名無し 2015-05-29 17:00:14
冗費節減なんかいまいちです。しかも上司がムカつきます。
投稿者:名無し 2015-04-28 21:14:29
売りギャルのモラ上げの諸ブレムはスベケツか?
だったような気がする。
投稿者:名無し 2014-12-12 22:03:09
もはや日本語じゃないじゃんw
投稿者:名無し 2014-11-09 12:20:42
最後に地面に向けて落下していくのは怖い

投稿者:名無し 2014-08-21 20:51:00
なんとも風刺的な作品だと思いました。今時の人に観てほしいw「この作品と現代はなんら変わらないぞ」ってw
投稿者:9071490 2014-07-01 17:21:03
ごめんなさい、エピローグでした。↓
投稿者:しょう 2014-04-15 22:03:01
プロローグ
ビルの屋上にいるタモリ
「蹴落とし、蹴落とされるこの世の中、競争に打ち勝つには、確かに様々な無駄を省くことが必要でしょう。 そのためにこの会社では、言葉までもが変化してしまいました。
何をするにもスピードが要求される現代、 あなたの身の回りでは、もっと恐ろしいことが起こっているかもしれませんね。 それでは、また。」
投稿者:しょう 2014-04-15 22:00:50
嶋大輔さん若い!
投稿者:名無し 2014-04-15 20:43:22
「このヤーサンおかしいよ!」は笑えた

嶋大輔の必死さも笑えた。

個人的に5番目に好きな作品。
投稿者:ヤンアオ 2009-05-07 22:41:04
面白くなかったが、「時間がかからない」だけは満点。
投稿者:KBC 2007-08-04 12:30:12
ラストに主人公(嶋大輔)がビルから落下していくシーンは凄く笑えました。
今でもよく覚えています。
投稿者:シェパンダマン 2007-05-11 02:40:58
上司役はエド山口さんです。
投稿者:変装した情報部員 2007-05-03 16:39:11
クビにされた中年社員役は石井愃一さんです。
投稿者:シェパンディーマン 2006-10-30 17:46:55
その夜、山崎は歓楽街でクビになった中年社員と再会した。彼はホームレスになって酒に溺れていた。「家族にも冗費節減されちゃったよ」
泣き崩れる山崎。

オフィスはもやは異様な空間と化していた。早足で行き交い、省略語で会話する社員達。とうとう我慢できなくなった山崎が叫ぶ。
「みんないい加減にしろよ!こんなのおかしいよ!人間には無駄も必要なんだよ!」
一瞬空気が凍りつく。次の瞬間、フロアの全員が厳しい顔で詰め寄ってくる。気圧されて回転椅子にへたり込みながらも言い返す山崎。
「ヤマ!」
「俺は山崎だ!省略するな!」
「◎◇◆□■!」
「だから省略するなって!全然分からないんだよ!」
「冗費節減!」
「あ、それは分かる」
社員たちが山崎を押す。椅子に乗ったまま後ろ向きに滑っていく山崎。その背後に窓・・・。

社員教育ビデオ。
息を切らして階段を駆け降りる山崎→【大変時間がかかる】
エレベーターに駆け込む山崎→【まだ時間がかかる】
地面に向けて落下していく山崎→【時間がかからない】
投稿者:ザ・ゴールデン・カップス 2006-10-09 11:29:18
社員教育ビデオ。
喫茶店で注文「アイスミルクティーください」→【大変時間がかかる】
「アイミティーください」→【まだ時間がかかる】
「ア」→【時間がかからない】

オフィス。
「ヤマ!コ!」上司の怒鳴り声も省略語になっている。
「☆★○●はスベケツか?」
「は?・・・ケ、ケツです!」訳も分からず答える山崎。

その夜、酒場で同僚の女性に愚痴る山崎。しかし彼女はすっかり状況に順応している。
「スベケツ」は「全て解決」の意味と知らされて青くなる山崎。「解決なんてしてないよ・・・」
彼女に言われてしぶしぶ省略語の練習をする山崎。野菜サンドを指して「これは?」「・・・ヤ、ヤーサン」「・・・ま、いいでしょ。」
野菜サンドをかじって顔をしかめる山崎「おい、このヤーサンおかしいよ!」そのとたん後ろの席にいた本物のヤクザに殴られる。

オフィス。
社内放送で社長が演説している。
「ワシャ、トウキ!」(わが社は倒産の危機にある!)
危機を乗り越えるためにいっそう冗費節減に励むように、と(省略語で)言う社長の言葉に涙を流して頷く社員たち。山崎だけがついていけない。
投稿者:ザ・ゴールデン・カップス 2006-10-09 11:20:34
主人公・山崎の勤める会社では全社挙げて冗費節減に励んでいた。

オフィス。
ぶつくさ言いながらミスコピーを裁断してメモ用紙を作る山崎たち。上司が怒鳴る。
「山崎!来い!」

社員教育ビデオ。
男がポケットから煙草を取り出して口に咥え、次にライターを取り出して火をつける。→【時間がかかる】というキャプション
両手で煙草とライターを同時に取り出し、咥えると同時に火をつける。→【時間がかからない】

会議室。
「・・・つまりそのぉ、何といいますかぁ・・・」だらだらとプレゼンをする中年社員。
重役が顔をしかめて言う。
「会議の時間がもったいない。言葉も冗費節減しなければ。お前はクビ、いや、『ク』だ。」
投稿者:ザ・ゴールデン・カップス 2006-10-09 11:12:01
あらすじ検索

キーワードを入力し、「検索する」をクリックしてください。複数のキーワードがある場合は、半角スペースで区切ってください。

クレジットカード比較の専門家
脱毛人気口コミランキング
青汁通販
車買取
車査定相場表
レーシック口コミ
FXとは
白髪染めランキング
フレッツ
楽天カード