第120話 仙人

ある店屋に仙人になりたい若者が志願してきた。
主人夫婦は
「5年経ったら仙人になる方法を教えてやる」
と若者を騙して散々こき使う。

5年後。
仙人になる方法を相変わらず尋ねる若者を
疎ましく思う夫婦。
殺してしまうつもりで高い木に登らせ、
てっぺんまで登りつめた若者に
「そこから飛び降りろ」
と命ずる。

意を決して飛び降りた若者は
空中で静止し、意のままに飛空術を
操れるようになる。
仙人になれたと夫婦に礼を言い、
彼方に飛び去る若者。呆然とする夫婦。

キャスト: 金山一彦
放送日: 1991.9.5
原作・脚本: 芥川龍之介
 

コメント投稿

名前:

コメント:

コメント一覧 (39件)

サルトビ小山登志夫!
投稿者:美少女マチコ 2018-05-11 19:27:27
木登りしか能がないサル男で鳶職の小山登志夫、木か高層ビルのてっぺんから落ちておしまいっ❗
投稿者:美少女マチコ 2018-05-11 19:24:46
木登りに限らず同じ意味でも、間違っても小山登志夫には「弘法も筆の誤り」なんて表現は使わないわ!
死んでも使わない!
小山登志夫は外見だけでなく内面的にもサルやカッパと同等だから。
投稿者:美少女マチコ 2018-04-17 11:35:25
マチコは上の上の女で、あの店長さんも上の上の男で、小山登志夫は下の下の男だわ!
投稿者:美少女マチコ 2018-04-15 15:44:00
「小山登志夫なんて高木のてっぺんから落ちておしまいっ❗」って思ったけど、てか、やつはトビだから仕事でしょっちゅう建物に登ってるわね。
だったらちょうどいいわ。
マチコが好きなハンサムで優しい店長さんとやっとまともにデートできる日が来るわ❗と思ったその店長さんの転勤真際の初デートをふいにした上に、普段から「土日はパパがうちに居るから電話しないで!」って言ってるにも関わらず、その日は土曜な上にやつに指定された時間までに遅れたわけでもないのに、うちに電話したことと日頃から私に嫌がらせをして困らせてた罰として、仕事中に高層ビルから転落して死んでおしまいっ❗
あんなやつ生きてる価値なくて何の足しにもならない(役に立たない)どころか、あいつが生きてるとマイナス(害)になるわ。
あいつがいなくなったって、そんな仕事の代わり人は幾らでもいるんだから何もあいつじゃなくたっていいし、トビなんて誰だっていいのよ!
誰がやっても同じ仕事でも、よっぽどその人特有の魅力が有って気に入られれば、かけがえのない存在になって「どうせ同じ寮で生活する仕事仲間なら、この人じゃなきゃイヤ」ってことになるけど、小山登志夫にとてもそんな魅力が有るとは思えないし、それどころか、寧ろ建設業界の人全員「やつだったら別の人の方がいい」って思うでしょうね。
投稿者:美少女マチコ 2018-04-15 15:38:33
「サルも木から落ちる」ってことで、小山登志夫も高木のてっぺんで両手を放したら落ちるわね❗
ウフフ
投稿者:美少女マチコ 2018-04-12 17:38:52
マチコの元カレ小山登志夫は人生においての小さな山さえも登る志しもない名前と逆の男だから、そんなのが夫になったら大変だから結婚しなくて別れて良かったけど、サル顔でトビをやってるから外見、性質共にサルで、まさにサル男だから木登りは得意の筈だから、そういう意味では名前通り登りを志す夫・・・じゃなくて男ね。
小山登志夫が高所恐怖症なわけないから、てっぺんまで登りつめて下を見たって怖くないでしょうし手を離す勇気だってあると思うわ。
小山登志夫は髪質は硬い直毛で河童頭だから河童にも似た外見だけど泳ぎは得意かどーか分からないわ。
「サルも木から落ちる」と「河童の川流れ」は同じ意味で、得意なことを褒めてるようで、サルや河童に喩えてサルや河童と同等に見ているようだってことと、失敗もするって意味でバカにした響きがあるのも同じだし、サルも河童も小山登志夫の外見に似ているのよね!

投稿者:美少女マチコ 2018-04-11 00:44:02
このお話をYouTubeで観たけど、小山登志夫はトビ職の
サル男だから木登りなんてお茶の子さいさいだし、マチコの憧れのあの店長さんとのデートの転勤真際で最後のチャンスの日に「その日は学校が遅く終わるから、たった五分程度しか会えないわよ」って言っても「それでも俺はマチコと居たいから何だかんだ会いに来い!」って言って聞かなかったんだから、小山登志夫にマチコの為に、このお話の主人公が何だかんだ仙人になりたかったから登ったほどの高い木のてっぺんまで登って両手を放せたら、その勇気を認めて、落ちた時マチコがあんたを受け止めて結婚してあげるわ❗って言えば絶対に小山登志夫はマチコの言うとおり木登りしててっぺんで木から両手を放したでしょうけど、勿論マチコには、そもそもその通り小山登志夫が地に落ちる前に抱き止める気はないから、この手を使えばマチコの望む通りに憧れの店長さんとの最初で最後のデートを邪魔した小山登志夫を殺せるわね❗
ってゆーか、この方法ならマチコは小山登志夫に指一本も触れないで口で小山登志夫に木登りするように言っただけで、小山登志夫が自分で登って手を放して落ちて死んだんだから、ただの自殺ってことになってマチコが殺人の容疑に問われることはないわ。
マチコが木登りするように言ったのが元でも死人に口無しだし、しかもマチコは木登りを強制したわけではなくて「マチコと結婚したいならマチコの為にこの木のてっぺんまで登って手を放して勇気を示して!そうすれば結婚してあげる」って言ったまでだから、小山登志夫に木登りを拒否る選択だって有るんだから。

投稿者:美少女マチコ 2018-04-08 14:02:20
当時、読売新聞のテレビ欄で写真付きで紹介されてたのを思い出した。
投稿者:名無し 2018-03-06 00:54:39
親は私に理系科目なんかより、どうせなら徹底的に英語の勉強をした方がいいと言うし、この主人公は、この夫婦の言う通りにすれば絶対仙人になれるものと信じてこの家に来てから雨の日も風の日も毎日毎日働いたわけで、仙人になれるかわからなければ言いなりにならなかったわけだが、私は今自分が勉強してる事を活かせる仕事に就きたいが、たとえ医師や薬剤師や数学者になれやしなくても英語も日本語(日常会話語)も勉強する上で病名とその症状を覚え、化学や生物学や保健体育と数学を勉強しようと思っている。
でもやっぱ英語を活かす職の方が就ける可能性有るかな?
オヤジや昔の元カレをモデルにした漫画家でもいいし、とにかく一生プー太郎は困る!
投稿者:30代で独身のプー太郎おばさん 2017-10-24 00:08:30
↓下のコメントの人、私にきをかけてくださって、ありがとうございます。
男も友達もいない人生だと思っていたが。
私は高校時代から仏教の授業が時間割りに組み込んである仏学校いや、仏学園に入ったから座禅とかやらされて超つまんなかった。
少しでも気を抜こうものなら、あの平べったい木の棒で肩や背中を
叩かれて骨にまで響くような痛さで思わず悲鳴を上げそうになったものだった。
ときめきというものが全くない男も友達もいない典型的な誰もが暗い道が続くというイメージを持つ人生でも理不尽なことやムカつくことがないだけでもいいと思います。
トンネルの出口があるのかは分からないが何もしないで生きるより起きてる時は毎日ひたすら勉強しようと思う。
学生時代私に対してスッゲームカつく女が何人かいて、そいつらを殺したいと思ったが、せっかく殺さなかったんだから殺さなかったからこそできる生活を目指そうと思う。
その憎い女どもを殺さないでおいてムショ暮らしと変わらない人生を送るんじゃ、何の為にヤツらを殺さずに我慢したのかが分からない。
だったらどうせならあの時殺せば良かったってことになる。
まあ人殺しなんてしたら自分だけじゃなくて家族にまで迷惑かけることになるから兄弟姉妹が結婚できなくなるし、従って甥もこの世に存在してなくて甥にも会えなかったわけだが。
それはそうと贅沢できず、友達もいない人生だから週に一度決められた時間だけ外出できる日にやりたいことを行う計画が親バレせずにうまくいって今じゃ本屋やブックオフじゃ手に入れられない昭和時代の欲しい漫画を無事に手に入れられることを祈る。

投稿者:30代で独身のプー太郎おばさん 2017-09-29 23:26:10
プー太郎おばさんよそなたもひたすら座禅を組めば必ずや立派な仙女になれるであろう。
投稿者:名無し 2017-09-29 20:18:09
この物語の主人公は5年間修行を積んで仙人になったが、毎日家に閉じ込められっぱなしで常に親の監視の下にあるムショ暮らしに等しい監禁状態の私に未来なんて有るのかしら!
投稿者:30代で独身のプー太郎おばさん 2017-04-08 01:49:05
一寸の光陰軽んずべからず!
千里の道も一歩から。
塵も積もれば山となる。
投稿者:ラン丸 2017-02-21 00:57:38
確かに薪割りや水汲み、掃除は禅宗では修行とされている。これを見て、今の僧侶も精進すべき。
投稿者:名無し 2017-01-08 04:37:06
↓元々仙人だったら医者の夫婦の家で彼らの為に無報酬でひたすら働いて人生を20年も無駄にするワケないじゃん。
それとも彼は衣食住のないこじきだったのか?
それにしたって元々仙人という設定ならそんなことする必要ないじゃん。

投稿者:名無し 2016-04-03 02:22:53
金山一彦は元々仙人で主人夫婦を最後に懲らしめたという解釈の方がいいと思います。二十年働き続けることなぞ常人の為せる業ではないと思うので。
投稿者:名無し 2016-04-02 20:58:42
この物語は奇妙かつ感動が同時の結末でダブル効果だと思う。
投稿者:小春 2016-02-26 12:28:59
未来を目指してゆけ!



ロボットマーチより。
投稿者:名無し 2015-12-27 02:24:17
芥川龍之介の小説でこんなのありそう…と思っていたら原作でしたね(笑)
投稿者:名無し 2015-12-13 23:43:00
世にも奇妙な物語では珍しいまんが日本昔ばなし風の話
嘘をついてこき使った夫婦にバチが当たることもなく主人公は仙人になったし平和な終わり方だと思う
投稿者:ヤモリ 2015-12-06 17:56:03
エピ「奇跡なんてありえない、大抵の人はそう思ってるはずです。果たしてそうでしょうか?単純なトリック撮影だと皆さんは思われたでしょう。物事には何かしら理路整然とした仕掛けがあるはずだと。それがどんな仕掛けだか分からなくても人はそう思い込んでます。そんな思い込みが本当に起こっている奇跡を見過ごさせているのかもしれません。」♪ガラモンソング・・・
投稿者:学生 2015-12-03 20:48:54
タモリさんがナレーションをしているという貴重な話です。面白かった。
投稿者:学生 2015-12-03 20:40:48
BGMが面白い
投稿者:名無し 2015-11-15 03:57:35
私はこの物語をYouTubeで観て、インチキ夫婦に奉公してきた主人公の20年間は無駄にならなかったように私も高校卒業後に高校時代同じ学園の中等部にいた2才下の女の一人に偶然再会して散々いじめられバカにされ、劣等感という心の傷を付けられてから、それをバネに今まで毎日自分向上に励んでいたら、今はヤツといた時の自分と全然違って今が違っていただろうと思いました。
だからこそ今からでも頑張ろうと思うけど、これから20年って言ったら私はババアだよ!
投稿者:ラン丸 2015-11-14 23:43:22
仙人になりたいというのを利用して彼を散々こき使った夫婦のうち特に奥さんの方は悪賢いが人間としていかがなものかと思います。
投稿者:名無し 2015-11-14 09:49:58
この物語って主人公も医者の夫婦も共にハッピーエンドってことですよね。あらすじキャストデータベースのは店屋の夫婦とあるがYouTubeで観たら医者の旦那とその奥さんという夫婦だった。
夫婦は主人公に働いて貰った分ラクできたんだから。

投稿者:名無し 2015-11-14 02:26:48
医者の嫁の奥さんが医者の旦那以上に賢いと思った。
まあ殺せず失敗の結果だったが。
投稿者:名無し 2015-11-14 02:22:26
テレビで観た時は5年じゃなくて20年だったけど物理的には現実に有り得ない事でも、この話の教訓は「長年積んだ努力はムダにはならない」ということですね。
投稿者:小春 2015-10-07 17:29:39
まさに奇妙ジャン!!!!!


投稿者:トラブルメーカー 2012-10-21 17:48:00
世にもは感動目的の話ではなく、奇妙な物語、もしくは怪談系分野だが、世にもで感動したのは、この物語だけだった。

毎週見てきたが。
投稿者:虹の架け橋再び! 2012-10-21 13:20:16
決心して木のてっぺんから飛び降りた若者が落ちずに空中に浮かんだ場面を見た時は感動したし、礼を言って空の彼方へ飛び去った若者を見て涙しました。

私は若者が彼方に飛んで行った別れのシーンが悲しかったのと、彼が仙人になれたのが嬉しくて涙したのだが、店屋の夫婦は彼にとって本当は涙を流して別れる相手ではなかったし、勿論店屋の主人夫婦にとっても彼は涙の別れをする人物ではなかったけど。


投稿者:虹の架け橋 2012-10-21 13:13:54
世にもの物語の一つの「精神力」という話に似ていて継続は力なりという事で、千里の道も一歩からで、一寸の光陰軽んずべからずではあるが、この物語と「精神力」という物語との違いはオチで散々騙してこき使った夫婦のインチキが主人公にバレないという事だ。

主人公の長年積んできた苦労はムダにはならなかったが「精神力」という物語と違って最後の最後まで騙しこき使った側のインチキがバレず、かつ死ぬ事も無いというのは割りに合わんだろうと思いました。
投稿者:あやる 2012-10-15 00:48:02
芥川龍之介の本に載ってた。
投稿者:人間 2009-10-31 20:20:02
思い込みなのか?それともその人の20年間の努力なのか?

しかしどちらに仙人なりたいという夢を持ち続けることでその夢が現実になったのかもしれませんね。
投稿者:K・K 2009-10-20 21:11:54
芥川さんの斬新さが伝わる。
投稿者:リッキー・パスワード 2009-01-27 21:26:58
これ、芥川龍之介のパクリと思ったけど、原作だった。
投稿者:ブラウン 2007-05-21 18:00:58
修行をしたのは5年ではなく20年です。
投稿者:すずめ 2007-03-04 19:16:07
タモさんの語りで話は進みます。
ちなみに店屋の主人は竜雷太さんではなく、
出光元さんでした。
投稿者:区間快速! 2007-02-27 02:23:08
あらすじ検索

キーワードを入力し、「検索する」をクリックしてください。複数のキーワードがある場合は、半角スペースで区切ってください。

クレジットカード比較の専門家
脱毛人気口コミランキング
青汁通販
車買取
車査定相場表
レーシック口コミ
FXとは
白髪染めランキング
フレッツ
楽天カード